x
 寒い朝。
鳥達が窓を開けると鳥達が一斉に集まってきてこちらに向く。
きっとパンくずが欲しいんだな〜〜〜。
 まずぱちりとスナップ。
a0031363_62228100.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-12-25 09:18 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ノートルダムのクリスマスツリー
2004.12.24

 巴里の友人からノートルダムのクリスマスツリーの写真がとどいた。
今までノートルダムにはクリスマスツリーなどなかったですね〜〜という
メールに添付されて、、、。
 
a0031363_615526.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-12-24 23:59 | ☆Life in Paris巴里に暮らし | Trackback | Comments(0)

 ようやく写真展の案内ができた。
2004.12.24

 ようやく写真展の案内ができた。
自作自家プリント。
つづく、、

a0031363_7192135.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-12-24 07:18 | ◉PhotoExpo写真展東京奈良Jan | Trackback | Comments(0)

数日を残す週末賀状刷る
2004.12.23

 徹夜で一月の写真展の案内と来年の年賀状の案を練る。
年賀状は十数年前から自分で撮した世界遺産の写真をつかって少し大きめの賀状を創っている。
今年は、数年前に取材したランスのチャペル藤田であった。レオナール藤田画伯が最晩年に自ら造った
小さなチャペルフジタは、静謐な美しさを持っている。
 シャンパーニュ地方の葡萄畑と、今年の干支の猿。烏帽子をかぶった二匹の猿が葡萄畑でワインを愉しんでいる
図柄は友人の吹田恭啓ヤスヒロ画伯が12年前に描いてくれたもの。なんと酔った私がモデルだという、、、、。
 昭和天皇がご逝去された歳以来、迎春をつかい、フランス語でメイユール・ヴーをいれている。
a0031363_19442881.gif

 昨年は、最後の晩餐。ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの
この作品の修復が完成した2001年の暮れに訪れて撮った写真。これに午年だったのでダヴィンチの戦闘場面に
あった馬の絵をつかった。
 さ〜〜て、来年はどうするか、、、まだ写真の選択は終わっていない。

 一昨日の冬至を境に急に寒くなった。
風邪もようやく治ってきた感じ。
あと数日を頑張ろう。
a0031363_19354086.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-12-23 19:32 | πWorld Heritage世界遺産 | Trackback | Comments(0)

柚湯あび 幼き頃を 振り返り
 冬至である。一陽来復。

イタリア料理とサンテミリオンを愉しんで帰宅。
柚湯にゆっくりと浸る。幼い頃からの季節の風習はいくつになっても
なんとなく続いていて嬉しい。
# by pretty-bacchus | 2004-12-22 03:47 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

黄昏れて 家路に向かう 冬ごろも
x
a0031363_2545432.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-12-21 01:54 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

寒空に 我が身に鞭を 打ちならし
 一週間の始まり、、、というか、一年の終わりの最後の10日。
あとすこし、、、、頑張り抜こう。
# by pretty-bacchus | 2004-12-20 06:44 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

寒空に 君は雀か 鶯か
 寒空に 鳥達が遊ぶ。
雀、鶯、メジロ、モズ、ヒヨドリ、、、。
 静かな日曜日。
a0031363_22111416.jpg

    ベランダの通称鐘のなる木に止まる鳥を望遠460ミリ(デジカメ)にて
# by pretty-bacchus | 2004-12-19 22:11 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

Somewhere in the beatles (ビートルズ)
2004.12.17

Somewhere in the beatles
Beatles
a0031363_14563069.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-12-17 06:00 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(0)