せっかくの会をまたまたお断りしてしまいました
2017年12月11日 月曜日 晴れ

 またまた不義理をしてしまった。
どうもいけない、、、。最近は食事会やワイン会にお呼ばれしても、足踏みしてしまう。
すてきな方々の会なのに、ついついお断りさせていただくことになってしまう。

でも今日の会はぜひと思っていたのに、やっぱりお断りしてしまった。
どうも体と心がいうことをきかない感じだったし、知らない方もいらっしゃるようなので、ついつい、、、。
ごめんなさい〜〜〜。
昨日のうちに連絡してあったのでドタキャンではないのだが、なんだか申し訳ないし、
後ろ髪を引かれる思いが残ってしまった。

 華やかに見えてもほんとうは人見知りで、一人遊びをしていたほうが楽しかったりするのは昔からだった。
それなのに、ずいぶんと沢山の会をつくったり、招かれたりの何十年でしたね、、、。
もうそろそろいいのではないかな、、、って思ってるのかもしれません。


 午後からゆっくりできて、借景の木々の寂しさを満喫して、ときどきカシャカシャ。
夜になって、一昨日オンラインで聴講した?
<アドビクリエイティヴクラウドの<クリエイターの熱気が蘇る!
Adobe MAX Japan 2017キーノート録画大公開|>を、もう一度見てしまった。
(一昨日のブログはまだアップ出来ていませんね、これから書きましょうか、、、)



a0031363_23523605.jpg

a0031363_23521920.jpg

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
追記:

<ナショナル ジオグラフィック日本版
<ngj@nikkeibp.co.jp>
動物のページに
イヌはネコより賢い? 科学が出した答えとは
イヌの大脳皮質にあるニューロンの数は、ネコの約2倍と判明>

面白そう〜〜〜また徹夜してしまいそうな予感。





# by pretty-bacchus | 2017-12-11 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

遡って七日の後発白内障の手術と眼科の記録を
2017年12月7日 木曜日 晴れ ヒヨドリ 眼科 伊勢丹 アップルウオッチ 
(遡ってウェブ日記に記録しておきたくて、、、、、)

 先月の予定だった眼科の治療。
ここ十数年は網膜裂孔とか眼底出血とか、いろいろお世話になっている。
ともかくこれだけ目を酷使していると(目だけではないが、、、、)治療をうけるのは
いつもぎりぎりになってしまう。

 右目は十数年前の緊急手術で九死に一生をえたというか失明を免れたのだが、
シリコンで網膜を吊られている。
仕事でのパリ滞在の時に、寒さに震えて宿に帰った翌日に、顔回りのどこかでプツンと音がした。
なにか解らなかったが、どうも右目がおかしい。
一週間後に帰国してゴールデンウィークが明けてT先生に話したら、すぐにT医大眼科へ。
そのまま入院で、夜中に緊急手術。網膜裂孔(孔原性網膜剥離)だったようで、
あと一日〜二日遅れたら脳の方に液状が流れ込んで失明だったようだ。

 大きな手術室で手足は固定されていて動きがとれなかった。
火箸みたいな注射器で目の脇にブスッ¡
これが局部麻酔だったようで、手術の全ての会話が聞こえていたのを覚えている。
十数名の見学ドクターが見る中ですごい手術だったのだろう。

液体酸素かな窒素かなを使って、網膜にあいた穴回りと目ん玉を凍らし孔を一度ふさぎ水をだし、
それから硝子体と一緒になったぐしゃぐしゃの網膜を少しづつ縫いもどし、
シリコンのつっかえ棒を両脇につけ、そこにシリコンの輪っかを回して網膜を固定したのだそうだ。

最期は高圧ガスをいれて、網膜全部がおちてこないようにして、それが落ち着くまで下向きのまま
三日間絶対安静とのこと。
その手術のすごさに、途中から痛みもわすれて、感動して涙がでそうになったものだ。
“すごい!! 先生の手をぎっしりと握りしめていた。
当時ではそれが最新端の手術だったろうが、今ではどうやら別の方法があるようだ。

 緊急手術の一夜があけて、とりあえず、失明の危機が脱したと解り、妙にハイになり、
一日中一人でおしゃべりをしていた。
その後は、早速入院ライフを楽しんで新しく出たMacブックを買ってきてもらっだものだ。
飛行機に乗るのを半年ほど禁止されたが(目が破裂してしまうらしい、、、)、
数年は怖くて乗れなかった。(今世紀初めのことかしら?)

 左目はその半年後に、飛蚊症のひどいのになって病院にいったら、結局眼底出血だったようで、
数日入院で硝子体の入れ替えをした。
その時に、当時スーパードクターをいわれたイワサキ教授が、回りの先生達を集めて
“この例が今西欧での失明のトップなんだ、、、”と説明してしていた。
「60歳を過ぎた人の失明のほとんどがこれだ。でも貴方は50代でしょ。
加齢性黄班変更症だ」
網膜の裏にある胸膜の一番中心部の血管が破れたのだそうだ。黄班血腫ということだだった。
驚く私はただ呆然。その言葉はトラウマになってしまって時々怖くなっている。

2001年だった。ブログに記録していた。
<日記から目の手術の記録をブログに移行>
http://keico.exblog.jp/1751646/
2001年11月17日土曜日 ハ晴れ

蝉の声日の出の時を告げて鳴く(2002年入院の記録)
http://keico.exblog.jp/751284/
27 July 2004 火曜日

失明の危機を脱した思い出
http://keico.exblog.jp/2163794
2005.8.11

悲しみの記憶の秋のニューヨーク(三年前の目の手術)
http://keico.exblog.jp/1010919/
2004.09.11

2001年の失明の危機の思い出その二
http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11

 その左目は三年半前に白内障手術を受けた。
通常は透明な組織が、白内障では白く濁ってしまい集めた光がうまく眼底に届かなくなり、
視界が全体的にかすんだり視力が低下したり、光をまぶしく感じて暗いときと明るいときで見え方が違う
などの症状がでるのだという。

手術が終わって初めて学ぶ最新の白内障手術
http://keico.exblog.jp/19625673/
2014年3月28日 金曜日 晴れ

 その後、数年前からMacの枠や窓枠がくねくねして見え始めて、また眼科にお世話になった。
加齢黄斑性の網膜疾患で、今回は画像が波打ってみえるのがひどくなったので受診をしたのだが、
一年前から網膜専門の女医さんに毎月みていただいて経過をみていて、数ヶ月前からまたMacをみるのが不自由になってきた。
K女医さんへ回してくださってから三年になったのかしら?

K先生は、そのあたりの日本人と欧米人との違いも説明くださった。
網膜硝子体や黄斑変性は十数年前の治療とは違い、定期的に注射をする方法も出来ているようだが、
その後遺症にいたるまで説明をしてくださっていまにいたっている。
そして月に一回の検診に通っているのだが、、、。

眼科の新しい女医さんに感謝です
http://keico.exblog.jp/20969230/
2015年3月5日 木曜日 晴れ

 数週間前からの症状で、両目では全体をかろうじて読めるのだが、左目だけでは、
文字として認識できずに、ルーペを目に近くにもってくるとまあなんとか絵ではなく
文字と見えるくらいになってしまった。

加齢黄斑変性&ロービジョンという視覚障害
http://keico.exblog.jp/22313077/
2016年1月28日 木曜日 晴れ

そして今年の四月に網膜にできている小さなポリーブをレーザーで焼とる小さな手術が
行われたのだ。

左目の小さな手術は二十四発のレーザー治療でした。
http://keico.exblog.jp/23836116/
2017年4月21日 金曜日 曇りときどき晴れ 眼の手術? 土手のコックリコ
失明の危機を脱した2001年の手術からのの思い

これ以上よくはならないようなのだが、これ以上悪くならないための一ヶ月に一度の病院通い。
最先端の十数万もする高い注射を月に一度打つという方法があったのだそうだが、
私の体調を考えてくださって、月に一度の検査で様子をみてくださっていた。

 今日のレーザー手術のことは先月に告げられていた。
後発白内障は白内障の手術後、水晶体嚢(眼内レンズを固定している膜状の袋)が
水晶体上皮細胞の増殖により混濁を起こす病気で、これにより霧視(かすんで見える)となるにだそう。

 眼底を開いて、いつもより時間をかけて検査の後、暗い狭い部屋で機械に目を押しつけられる。
麻酔をかけられて、にょろにょろレンズが入れられて、それから十数発のレーザーが打ち込まれた。

(どうしてこんなに狭いのだろう?)と考えながら、昔のことを思い出していた。
 最初に目が悪くなったのは大学に入ってからで、御茶ノ水にある順天堂大学の眼科に行った。
その頃はマガタニ先生と言う方が有名でアドヴァイスをいただき、結局当時では最先端のの
コンタクトレンズをつけることになったのは十八歳の時。
さてそれから六十数年経っているであろう。
一番のすごいのはパリを旅をしているときに突然未明に音がして孔があいたが裂肛性網膜剥離。
この時の手術もすごかったが、壊れた網膜がつられて落ちてしまうと困るのでシリコンでつられて
結ばれその中にガスが入れられ、このまま上を向いて寝ると目が飛び出すといわれてビックリ。
ベットには丸い穴が開けられてその中に顔を入れて手を真横にしてそこに24時間寝ることが始まった。

普通なら手術の順番は何日も後なのだそうだが、真夜中の緊急で入れてくださっての真夜中二時に
病室に戻った私であったが、朝がまだあけないうちに、丸山先生がいらしてくださったのを覚えている。
暗い部屋で眼帯を取った先生は、“よかった〜〜、と。
この先生の一言が私の視覚を回復したんだと今でも思って感謝している。
(いま先生はK先生の手前のコーナーにいつもいらっしゃるので毎月お顔をみている!)

 その後のことはブログに記録してあったので、読み返してみたら、まあなんとも凄まじく、
現代医学の進歩がなかったら私はもうかなり以前から目が見えなくなっていたことでしょう。
ありがたいことである。
下のmoreに
More>>>失明の危機を脱した2001年の手術からのの思い出

~~~~~
 夕方までかかって、まだ瞳孔が開いたままタクシーに。
そうだ新しい口紅を買っていこう〜〜〜、伊勢丹でおりてエスティーローダーの売り場へ。
いつものSさんがいらしたので、少しゆっくりお話しできて癒しの時間。
お化粧はしないが乳液とかクリームはときどき相談にのってもらっている。

a0031363_02472873.jpg

a0031363_03535351.jpg

 またタクシー乗り場までと思ったら、その手前にアップルウオッチのコーナーがあって
お客様が誰も居ないので、ちょっと入り込んでモデルをいろいろみせていただいた。
iPhoneをもっていれば、アップルウオッチで電話が出来るんですって!
そのうえ心臓の数値や体重管理とかもできるとのことで、とりあえず四種類の候補を
選んで、
あとはドコモの契約を終わってからということに。
数万円ということで自分でクリスマスプレゼントをしようかしら?

 レーザー手術のあとに、こんなふうに愉しむって、やっぱり私はオプティミストですね〜〜^!

a0031363_02475662.jpg



More>>>失明の危機を脱した2001年の手術からのの思い出
# by pretty-bacchus | 2017-12-11 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

この冬初めてのキジバトが借景のシデの木にとまりました
2017年12月10日 日曜日 晴れ

 数日少しゆっくりしたら、だいぶ体調が元にもどってきたようだ。
回復力があるって未だ若いのかな? ウッフ!

 借景の木々の葉はすっかり落ちで、Macのキーボードをブラインドてたたきながらの右前方の楽しみが
なくなってしまった。

あ〜〜〜ばたばたと音がして何か鳥がとまったようだ。
Mac用のブルーライトカットの眼鏡では、遠くははっきり見えない。
そばに置いてある昔のカメラでカシャッ〜〜〜〜!
すぐにPC上に移してみてみたらキジバトだった。 今年初めてかしら?

a0031363_00061574.jpg

a0031363_00063603.jpg
(トリミングして縦にしてみた)

 ひよどりは一昨日に撮れているので、嬉しい〜〜〜。
キジバトはどっしりと数分鎮座ましていてくれたので、カシャカシャ、
なんとも背羽根が美しく、すこしどう猛な目をしている。

a0031363_00060337.jpg
(十数メートル先の動く枝上の鳥をガラス越しに手持ちでこんなふうに撮れるって素晴らしい〜〜〜!)

 野鳥はリンココさんのブログがすばらしく、いつも愉しませていただいているが、
今日はなんとも美しいアカゲレが!
<凛☆として rinkoko77.exblog.jp>

 真夜中寝しなに頼んでおいたアマゾンフレッシュのお野菜達が夕方に沢山届いた。
AmazonプライムNowに加えて、先々週からアマゾンフレッシュを使い始めた。
野菜や果物の種類が多く新鮮で、その上一つとか二つとかも頼めて、値段は近くのスーパーと変わらないのだから、
少し時間をかけてMacに向かえば良いだけだ。
あとは配達希望の時間を二時間おきにセットするだけ。

 毎回長崎や島根鳥取などの新しい野菜園のものをいろいろ試しているが、どれもとても気に入っている。
時に気に入らない物があると次は別のを試してみたりしている。なにせ17,000種類もあるというのだから、、、、。
これが自分でデパ地下まで行ったらどんなにか
探す時間や往復に時間がかかってしまうことだろう、とWeb時代に感謝している。

a0031363_22362134.jpg
(サン・グリーンズ ピュアヴェール レタス もお気に入り。
サラダクラブのはカット野菜でも衛生管理がよいというので、重宝している。
値段も80円から108円!)

 注文がおわるとすぐ確認メールが入って、時間前になると、これからお届けします。と。
さらに配達が終わったと同時に、荷物をお客様に直接手渡しました、というメールでカラーでアイテムが
メールされてくる。
プリントして家人に見せておくのにもとても便利。

 ニュース番組で、このアマゾンフレッシュの現場にテレビクルーが初めて入ったのを写していたが、
その広さと品数の多さと、注文から出荷までのシステムはすばらしい。
オムニとかセブンもが新しい事を始めたが、さてどちらが生き残るのだろうか、、、、。

 数日ブログをアップ出来ていないし、八重子さんのライブのことも
スコットさんの写真集のこともまだ書けていない、、、。
来週は少し時間ができると良いのですが、、、、。

a0031363_22360125.jpg
(リストは続く、、、、)



# by pretty-bacchus | 2017-12-10 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(8)

クリスマスリースをいただき、インスパイアーされて年賀状の作成
2017年12月8日 金曜日 曇り後雨
(遡ってウェブ日記に記録しておきたくて、、、、、)

 嬉しい〜〜〜!
フラワーアーティストの安藤はくぶんさんから素敵な贈り物が届いた。
金の麦が数本と蔓の可愛いクリスマスリース。
クリスマスの贈り物にそっと添えたらどんなにか素敵なことだろう。
さっそくに数個をお願いしてしまった。

さて、どなたにお送りしようかしら?
今年は、トスカーナに初搾りのエキストラヴァージンオイルを注文したので、
まもなく
ヤマト国際便で届くので、それと一緒に送ったら素敵ですね!

a0031363_00351108.jpg
(何十年も前にパリのリューカンボンのシャネル本店で求めたオフフォワイトに赤と黒に近い紺の縁取りの
ジャケットの上でカシャッ!)


 安藤さんは、去年このブログに突然鍵コメントをいただいて、三十年ぶりに交友が甦った方!
昨年に、“今デザインのプランニング中に何故か急にカタギリさんのことを思い出して、ネットで
検索してみたらこのブログに行き着きました”とのことで感動!

当時ワタシはエールフランスから出向で、ホテルメリディアンチェーンの日本代表として世界中を
飛びまわっていた頃で、ケイフローリストのオーナー栗原さんとともに、
彼にはお花のギフトの時には随分とお世話になった。
ワタシは七十年代初頭にエールフランスのパリ駐在経験を四年したことがあるので、
フランス的お花には少しばかりうるさかったかも知れないのに、、、彼らはとても良くしてくださった。

http://keico.exblog.jp/23513906/
2016年12月30日 金曜日 晴れ
皆様今年も一年ご覧いただきありがとうございました。

 彼は、ケイフローリストでのお仕事、オランダでも花修行もなさって、今は独立なさり、ハイセンスな
フラワーギフトや、舞台やジュエリーブランドイベントなどでも活躍なさっていらっしゃる方で、
今年はさっそくに、吹田夫人のご法事のお花をお願いしたりしている。

http://keico.exblog.jp/237083942/
2017年6月7日 水曜日 N先生 梅雨入り
吹田百里子さまの一周忌でした。安藤はくぶんさん作のお花をお送りしました

私の<最後の花>をお願いすることにしたのだが、それより前にもいろいろお願いしたいな、、、と
思っているのだが、昔のようにお花を贈ることも少なくなってしまっている。

http://flowerarts-unblack.com/
安藤さんのホームページ

a0031363_03581013.jpg

 そんなことを思い出していたら、ワタシも何かアーティスティックなことがしたくなってきた。

さすがに体力を消耗しているようで、やはり先生のおっしゃるように、
今日は一日家でゆっくりと、思っていたのに、午後には起き出してぼっとしながらMacに向かった。
(今日一日はあまり目を酷使しないようにいわれているのに、困ったことだ)

 ワタシはもう何年も前から年賀状を書くことはやめてしまっているが、連れ合いは
相も変わらず毎年枚数を更新していて、どうやらそれが楽しいらしい。

 その年に撮った写真をつかい、イラストレーターでレイアウトをして、家庭用プリンターで
プリントするようになってもう何年になるかしら?
その前は、世界遺産とか、その年に旅した異国の写真をつかい、年賀葉書ではなく、
横長とか縦長のレイアウトで印刷を知りあいにお願いしていた。
わたしの一つの歴史かもしれない。

器用貧乏といわれておだてられて、そのうえ楽しいから
敬子の<デザイン工房プレジールドゥヴィーヴル>は、年に何日かオープンする?
デザイナーぽい、ちょっとしたお洒落をしてMacに向かう。
でも今日はだらだらと普段着で、なんとなく力もなく来年の年賀状が出来上がった。
これではいけない、と思って、最後は力を入れてエイ〜〜〜!

明日に表通りのプリントハウスにデータをわたしましょう。
来年になったら、このJPGを、この日のブログにアップしましょう。

#IMAGE|a0031363_6245014.jpg|201712/13/63/|mid|966|640#

http://keico.exblog.jp/20629923/
2015年1月1日 木曜日
未年の新しい年を迎えました。今年もよろしくお願いいたします。
平成27年1月1日(木)  未年 元旦  曇り

http://keico.exblog.jp/21951315/
2015年12月18日 金曜日 晴れ
久しぶりに<デザイン工房 プレジールドゥヴィーヴル>のオープンで年賀状を
このブログに今までの歴史がいろいろ書いてありました。
申年年賀状
a0031363_529041.jpg
葉書の方は、十月に嵯峨釈迦堂のふくみ先生のアルスシムラ総会の会場の廊下でふ目にとまった
猿の板絵を枚だけ撮ったのを使うことにした。
(左下は一言手書きで)


 メール用の横長は、十二年前に使ったデータのままで、申年元旦に変えただけと横着を決め込んだ。
シャペルフジタのマリア様の写真が好きなこと、同じ時にシャンパーニュ地方で撮ったシャルドネの
葡萄の上で二匹の猿が葡萄とワイングラスをもって遊んでいる吹田泰啓さんのイラストが
気に入っているから。
いずれも自分が撮った写真で、これは二十数年前からの恒例になってしまっている。

http://keico.exblog.jp/1742762/
2005.03.13
レオナルド・ダ・ヴィンチ 最後の晩餐で年賀状を
 
a0031363_8354611.jpg

http://keico.exblog.jp/23512609/
2016年12月29日 木曜日 晴れ
何も出来ないままあと二日を残すだけとなってしまいました



# by pretty-bacchus | 2017-12-10 23:58 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)

友は能登の名湯への旅を愉しんでいるようです
2017年12月6日 水曜日 晴れ

 冬の夕空はときにきれいなピンク色の染まることが多いような気がする。
あっというまに日が暮れて、ふと見上げると木々の向こう、遠くに一瞬空が燃えて、まもなく
しっとりと暮れて闇になる。


a0031363_04031282.jpg

a0031363_03572675.jpg

 今頃パリはどんな色だろう、、、、。
無事に着きましたという友人からのメールに旅心がうずく。


 Kちゃんが冬の旅を能登に愉しんでいるようで、
美味しそうな写真が届いた。
良く知られている宿なのだそうだが、

なにしろ、部屋にテレビも電話もトイレもない。スリッパもない。
冷房設備もないから、夏は団扇と木立をぬける風がたより。
冬は囲炉裏と薪ストーブだけ。そう、いたらない、つくせない宿なんです。
もしかしたら、さか本は大いに好き嫌いを問う宿です

 でも彼女はとても気に入っていて二度目なのだそう。
夏の豪華な海外の海の旅とのギャップを愉しんでいるのかしら?

若い時にしかできない旅を満喫してくださいね。

a0031363_02093069.jpg



# by pretty-bacchus | 2017-12-06 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

気がつけば師走ももう五日目!早すぎる、、、早すぎますね
2017年12月5日 火曜日 晴か曇りか 

 気がつけば師走ももう五日目!早すぎる、、、早すぎますね。


a0031363_04003170.jpg
(春になると遠くに咲くサクラの木の葉も黄葉しています。超望遠で)


a0031363_04024813.jpg
(数年前に一度切られてしまった桜がまた大きくなってきました。
春になるのがたのしみです)

a0031363_04001880.jpg

 ここ数日借景の黃葉が落ちて、朝夕に大きな鳥がやってくるのが見られるようになった。
やはりヒヨドリ?十数メートルも先の枝に止まる鳥をカシャカシャ、、、、。
あらもう一羽やってきました、、、、。 

a0031363_04034783.jpg

a0031363_03474972.jpg

 予定が変わって、ボージョレ未着の後始末でT先生と。
まっとうに生きるって、時にはとても疲れがたまることになるのだと、妙に納得しての帰り道。
今夜も月がみえませんでした。


# by pretty-bacchus | 2017-12-05 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

今夜のスーパームーンは、ブログ右サイドバーのLIVE MOONをキャプチアーして
2017年12月4日 月曜日 曇り 病院から歯医者さんへ

 昨夕方は炊きたてのユメピリカに、同じく北海道の友人からの男爵とタマネギ。
広島の友人からのウルトラ和牛のタタキで幸せな夕食をとっていたら、ガリッ〜〜!
え〜〜? どこに何が入っていたの? と思ったら、どうやら自分の歯が壊われたようだ。
こんなところに金を被せられた歯があったのか?
あまり覚えが無いからもう十数年たっているのだろう。

 すぐに歯医者さんに留守電をいれておいなので、どうやら夕方に時間をとってくださった。
そのまえにT大学病院へ。長いこと待たされて検査し点滴をしていただいた。
この時期はぎりぎりまで頑張ってしまうので、その後のケアーをしっかりしておかないと、また悪い病気に
忍び込まれると怖いので、以前より少しだけ気をつけている。

a0031363_02510188.jpg
(車窓からつかの間の黄葉狩り?)

 よたよたしながら新宿の病院から九段の歯医者さんへ。
臨時に直していただいて、ちょっとだけ時間ができたので、またよろよろとタクシーで移動して
ビョウインからビヨウインへ。
おまかせでヘッドスパとイオンスティームをしていただき、しばし夢の中、、、、。

 よろよろと、それでもかなり体に力がはいってきての帰路の道。
このまま雨がふらなければ今夜は月の出にスーパームーンがみられるはず。
望遠を持って屋上のあがったのに、なんと雨が降り始めました。嗚呼!

a0031363_19164565.jpg

 真夜中の満月時にブログの右サイドバーにあるLIVE MOONをキャプチアーしてフムフム、、、。
さすがにこれ以上は起きていられずダウンとなりました。

a0031363_03590312.jpg


# by pretty-bacchus | 2017-12-04 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

ダウンしてしまった日曜日でした
2017年12月3日 日曜日 晴れか曇りか 借景の紅葉いろいろ

 数日東京をあけただけなのに、街の黃葉は寂しくなって、借景のシデの木はちらほらと黃色を残して
あとは枝だけとなってしまった。

a0031363_03595034.jpg

 完全にダウンかな?
例年なら妙高のボージョレヌーヴォー樽の会を最後にほっと一息つけて、数日はゆっくりできるのだが、
今年は事情が違ってしまった。

 妙高への旅立ちの前日に起こった事件!(と言っていいだろう)
14日着の<生もの扱いのボージョレヌーヴォー>が、27日になっても友人弁護士さんの処に着いていない
ことわかった。
先生は、なにか事情があるのだろうと、それまで私に連絡をなさらかったという。
なんとも複雑な気持ちだ。
いつもクリスマスの頃にお召し上がりになられるとは聞いていたが、それにしても解禁当日に何人かの方に
さしあげるはずなのに、、、、。(すみません!)

 今年も配送の諸々はT運輸にお願いしていた。
すぐに連絡をして日本郵便と話してもらったが、伝票の受け取りのCopyはだせないということ。
局に照会しても伝票の照合にも応じないのだそう。(そんなことはないことはあきらかなのだが、、、、)
スタッフがいないときで、先週に肋骨骨折で静養をよぎなくされた連れ合いだったが、麹町郵便局に
でむいて頼んだが拒否され、本局の市ヶ谷局にいくようにいわれて、、、。

 そのあいだに局は自分のほうでいろいろ調べたようで、誤配の可能性があることがわかり、
同じ千代田区のレストランを勝手に訪ねて、勝手に取り戻そうとしていたのだ。
(過ちを求めずに隠そうとしているのは明らかだ)
今回の日本郵便の対応の悪さはひどすぎた。

 それに反してT運輸の対応は見事だった。
担当の方とメールと電話連絡をとり、あとは留守にまかせて私は東京駅に向かった、
そのすぐ後に、部長さんがオフィスにわざわざいらしてくださり、とりあえずスペアーとしてとりおいてあった
1ケースを、ご本人がタクシーで弁護士事務所に届けてくださったのだ。
その迅速なアクションとともに、彼の真摯な対応とメールでのフォローもすばらしく、
久しぶりの<仕事のプロ>に感激。

 まだ最終的にことはかたずいていないが、なんだかほっとしたら、とたんに疲れがどっと出た感じ。
起き上がれずに一日ダウンしてしまったソンブルディマンシュ!

(だらしがないぞケイコ! と自分に言い聞かせても、体が言うことは聞かないのだ、、、、、歳なのだ!)

a0031363_04004140.jpg

a0031363_04013916.jpg


a0031363_04020958.jpg





# by pretty-bacchus | 2017-12-03 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

青い包み紙の箱がとどいて、冬の苺があらわれました
2017年12月2日 土曜日 曇り

 がっくりとしてしてしまって、ぐったりしていると、ピンポン〜〜!
突然明るい日差しが差し込むようにM先生からの贈り物が届いた。
いつもおそろしくなるブルーの包装紙は銀座千疋やさんのそれ!

うわ〜〜〜! 青い包み紙の中も青い箱で開けてみて驚いた。
真っ赤な苺が十五個!
もうびっくり~~~です。この寒空に真っ赤な苺だったのです!
緑の葉がちゃんと残ったままで、、、。

冬の苺、なんてお洒落なことだろう。
すぐに奥様にメールをいれた。
今年は何となく気分が苺でした。
「森は生きている」という物語のように、季節ハズレですが、実はこの時期って苺のシーズンなんです。
クリスマスのためなんでしょうか。凄いですね
そうなのですね。ハイソの方々はクリスマスに赤い苺を贈るのですね! すごいですね〜〜〜!

 マルシャークの「森は生きている」 なつかしいですね。
久しぶりに読みかえしたくなっています。

 もう何年も前からお中元お歳暮のやりとりは止めにしているのに、こうして季節の果物いただくと
とってもうれしいですね。
ありがとうございました。

a0031363_03343937.jpg


# by pretty-bacchus | 2017-12-02 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)