結局iWatchはやめにすることにした。
2017年10月27日 金曜日 晴れ

 ドコモへ。
iPhone Xは購入するつもりはないが、今のiPhone5sを使って、iWatch で電話が可能というので
興味がわいてきた。
男の子のガジェットがいつも好きになるのは子供の頃からかな、、、。

ドコモはいつも一杯で予約を取るのが大変で、週初めtにお願いしておいたので、担当のDさんと
十二時から一時間のアポが取れた。
紆余曲折ともいえる話しが続き結局iWatchはやめにすることにした。
十数年前からの<らくらくフォン>とiPhone5.5sゴールドとiPadPro10.5を持ち歩いた方が
愉しめることが解ったので、、、。
それよりも本体のMacブックプロをそろそろ買い換えないといけないかも、、、、。

a0031363_21012256.jpg

 久しぶりの青空を愉しみながら土手の路を少し散歩して帰宅。
北海道の友人から段ボールが着いていた。
ハローウィンのこの時に、大地の恵みのカボチャ、ジャガイモ、タマネギが沢山入っていて、
ありがとうございます!
a0031363_21000072.jpg

 ケネディ暗殺から五十三年がたって、機密文書2800件の公開許可だでたというが 一部はまだ
非公開というから歴史の闇はまだまだしっかりと眠っているのだろう。

そのアメリカでは、配送に力を入れるAmazonが留守でも家の中まで配送する新サービス
「Amazon Key」を始めて、留守でも家の中に安全に荷物をとどけてくれるというし、
掃除や犬の散歩にも参画とか。
日本では、アマゾン、アマゾンプライム、アマゾンフレッシュ、とかいろいろ出てきて便利になってきた。
でも急に大きくなった組織にはほころびが出てくると思っていたら、さっそくにワタシにもいろいろあって、
まだブログに書けていないが、私は今のところ不満足。

先だっても配送のオジサンがちょっと変で、俺はバカだからと言って、彼がセンターに電話をかけたら、
下請けのその又下請けの会社の人だったようで話が通じない。
AIを駆使しての先端を行っているとうたっているが、それを使うのは人間なのだ。
ますますこういうことは増えるかもしれないな、、、。

 先週からお願いしていた仙鳳趾の牡蠣が明日ようやく着くことになった。
さてさて、、、、




# by pretty-bacchus | 2017-10-27 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

広辞苑が十年ぶりに改訂されて第七版を来年一月に
平成29年10月26日(木) 木曜日 晴れ

  西日が奥の方に伸びるようになってきた。
ああ、、、、冬になったのだな、、、ってしみじみ思う。

 広辞苑が十年ぶり改訂されて、第七版を来年一月十二日に発売すると発表された。
全部で二十五万項目を収録しているというからとても楽しみ。
ここ十年の新らしい言葉が一万語も追加されて入っているという。
「がっつり」「クラウド」「フリック」「お姫様抱っこ」「パンデミック」「雇い止め」などなど。
インターネット上で記事などに非難や中傷が多数届く「炎上」も入っているというから時代の波を
うかがうことができるだろう。
「ビックマウス」や「ごちになりますも」とか!

 224人の専門家に執筆・校閲を依頼して、2008年に刊行した第六版で見送った言葉と、
その後に収集した言葉など計十万項目の候補から、検索エンジンや新聞記事データベースなどで
使われる頻度も調べて一万項目に絞ったのだそう。
広辞苑は新村出氏の編集で「国語辞典と百科事典を一冊に」とのコンセプトで、1955年に初刊行されて、
初版は二十万項目収録されていたという。
それ以来、改訂のたび項目を増やして「日本語として定着した言葉」を厳選してきたという。

 広辞苑が新しいのが刊行されると、いつもが買ってくれていた。
何冊かが残っているが、今家にあるのを定位置で撮ってみたが、段ボールと本の間に囲まれていて
抜き取ることは出来なかった。いかに使っていないかだ。
父は二十五年前に亡くなっているから多分1991年の第四版だろうか。
きっと最後のページには、父のサインが入っているに違いない。
パパありがとうございました。

 来年は自分で買ってみようかな、、、、。

a0031363_20592797.jpg

http://keico.exblog.jp/2117867/
2005.07.23
夏休み 蝶にとんぼに 父母と祖母
a0031363_2504449.jpg
                 (これは俳句の本、、、、)

http://keico.exblog.jp/3268612/
2006年 2月28日 夜に
遅き春父の思いを引きずりて

http://keico.exblog.jp/6805711/
2008年2月17日 日曜日 晴れ
「恋するフェルメール―36作品への旅 」を読んで、父の思い出


# by pretty-bacchus | 2017-10-26 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

小雨の日にいにしえのローマの旅を想いだして
2017年10月25日 水曜日 小雨

 今日も雨、、、、ベランダの石もしっとり濡れて、、、雨なのですね。
ほんとうによくふります、、、、。

a0031363_05480736.jpg


 パリに住む画家の友人がローマへ旅するというメールをいただいた。
昔彼の絵のモデルをしていた美しいイタリア女性とあうようだ。
私は、その昔彼女にフィレンツェであったことがあった。
凛としてとても美しい女性だった。

 ローマのことをいろいろメールで交換して最後に、私の一番最近のブログを送った。

http://keico.exblog.jp/12361933/
2011年4月2日 土曜日 晴
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ

http://keico.exblog.jp/11133956/
2010年8月14日 (土曜日) 晴れ
鳴けよ鳴け命の限り蝉たちよ (ヴァチカンの御ミサ)

 <ローマ>で、このブログの右サイドバーの検索をかけてみtら、まあありますね、、、、。

http://keico.exblog.jp/23765857/
三月のローマではヴィーニャローラ、初めてのお料理に感激
2017年3月31日 金曜日 晴れ後曇りのち雨

http://keico.exblog.jp/237835274/
暑い一日の終わりに半世紀の旅の事故の記録に酔っている。
2017年10月2日 月曜日 晴れ 暑い一日

http://keico.exblog.jp/23513906/
皆様今年も一年ご覧いただきありがとうございました。
2016年12月30日 金曜日 晴れ
 そのローマでの一枚の写真は数年前にHさんから送られた写真!<br>
なんともなつかしいことごとだろう!<br>
<br>
http://keico.exblog.jp/14105468/
2011年12月5日 月曜日 パリへ出発
☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris

 (初めてのローマは1996年?)
a0031363_23583973.jpg
(40年前なのに、なんとモダンなコットンピケのアンサンブルを着ているのでしょう!<br>
デザイナーだった叔母が創ってくれたのでしょう。 <br>
そしてこの波打つ帽子、もうこんな帽子があったのでしょうかね〜〜?<br>
そしてなによりも、なんと細かったことでしょう〜〜〜〜!<br>
<br>
ハンドバックと一緒に下げているのはカメラ? 機種はなんなのでしょう? <br>
ミノルタかオリンパスペン?)<br>
<br>

http://keico.exblog.jp/21853528/
借景の木々をみながら危険だった旅の思い出に、、、
2015年11月18日 水曜日 小雨 魚真

http://keico.exblog.jp/20648271/
お正月に子供の頃のことをいろいろ思い出されて、、、
2015年1月3日 土曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/14105468/
☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris
2011年12月5日 月曜日 パリへ出発

http://keico.exblog.jp/10946009/
帰国して、旅を振り返って、、、、
2010年7月7日 水曜日 曇り

http://keico.exblog.jp/10437146/
残る花散るを忘るるみぞれかな(飛行機事故の記憶)
2010年4月16日 金曜日 曇り時々雨、みぞれで寒い

まだまだありますね、、、

 ついつい昔を思い出して、ネットサーフィンです。
他にすることが沢山あるのに〜〜〜〜〜困ったことです。


# by pretty-bacchus | 2017-10-25 23:58 | ♪JourneyAbroad海外旅の思い | Trackback | Comments(0)

散歩を途中であきらめて久しぶりに蕎麦ビストロの桜季さんへ
2017年10月24日 火曜日 曇りのち晴れ

 雨の記録が十九日も続いているのだという。
なんとしたことだろう、、、、。
なんだか季節が足踏みしているようで、借景のシデの木や梧桐の木の葉はまだ黄葉していない。

a0031363_22560204.jpg

 少し歩いて近くの秋を探しに行こうとでかけてみたが、途中でつかれてダウン。
帰り道に、久しぶりに桜季さんで手打ちのお蕎麦をいただくことにした。
“久しぶりにお蕎麦やさんに行くきましょうよ。
“でも混んでるんじゃないかなぁ〜〜お席があるかしら?

桜木さんはこのところいつもいっぱいでなかなか行かれていない。
三卓十二席とカウンター五席のお店なのだが団体のお客様が十人ほど入ってしまうと、
もう外のお客様はとらないようにしているようで、なかなかいかれる機会が少ない。
でもそれはとても良心的なことだろうが、近所のおなじみさんにはちょっと寂しい。

一昨年の十二月にそっとオープンしてからそろそろ二年が経つ。
最初はそば割烹で和食的なものが多かったが、半年ほど前からまさに<そばビストロ>に変身?
フランス料理の経験のある若いシェフが入って、最初は少しもたついていたが、なかなか良心的な
お料理を作ってくれるようになっている。
お野菜のクリュディテや、シェフ風サラダには砂肝が入ったりしていて、これをオードブルに、
その後お魚かお肉をとってシェア-していただき、最後は打ちたてのおそばで締めるというのがいつもの感じ。 

日本酒はお隣の鈴伝さんから季節の地酒が入り、美味しいワインもあって、コストパーフォーマンスに
飛んだ良いお店になっている。

 請われるままにフランス料理のことやワインのことを話して、時には毒舌もはいて驚かせることがあったが、
素直に受け入れてくれて直してくださっている。
若い人達が育っていくのはなんとも嬉しい!

ある日の桜季さんは、
http://keico.exblog.jp/22270700/
2016年1月22日 金曜日 はれ
帰り道に新しい蕎麦会席のお店をみつけました

http://keico.exblog.jp/22334435/
2016年1月30日 土曜日 雨のち曇
寒い夜のスッポンのお鍋はピエモンテ地方のバローロ2001

http://keico.exblog.jp/22520410/
2016年2月22日 月曜日 晴れたり曇ったり
お蕎麦とヴァシュラン モンドールとピエモンテの赤ワイン

http://keico.exblog.jp/23568431/
寒い夜は打ちたてのお蕎麦で、、、、
a0031363_20112349.jpg

a0031363_20114833.jpg

a0031363_20121714.jpg(送ってくださて、、、、)

http://keico.exblog.jp/237101123/
2017年6月14日 水曜日 曇りのち晴れ
病院通いのあとは、一人でリヨン風サラダと赤ワイン
a0031363_00474555.jpg
(クルディテの後には、リヨン風サラダをいただいて。砂肝が美味しい。
ワインはシャトー・ドゥ・ティルガンの赤2012.銀賞をとった美酒!)



# by pretty-bacchus | 2017-10-24 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

台風一過の東京では青い空でした
2017年10月23日 月曜日 晴れ 台風一過か青い空

 台風一過の東京では青い空の朝だった。
各地で大きな爪痕を残している今回の台風、これからは進路を北にまだまだ予断許さぬ状況という。
台風と寒波が一緒になって北海道では雪にみまわれているようだ。

a0031363_22554442.jpg
(お部屋の中から青空をカシャカシャ、、、)
a0031363_22562169.jpg

 昨日のアマゾンプライムナウのクレイムの件で(ブログはまだ書けていない)メールが入ったり
電話がはいったりで気分が悪い週の始まりとなってしまった。

 そのうえ昨日からMacの調子がおかしいのでタイムマシーンを二台つけ直してバックアップ。
ところが外付けハードディスクの一つがおかしく、バックアップができない。
<-36>という理由というだけでわからない。困った。

今メインに使っているこのMacBook Pro 13インチRetinaはもう4年前に帰っているから
そろそろ買い替えの時期とかわかっているのだが、なかなか次のにできないでいる。
ひどい話でOSはMountain Lionのまま10.8.3かしら、、、。
それでもともかくいつもバックアップがちゃんととって大事に備えているが。

もうずいぶん前は外付けハードディスクはラシーとかバッファローとかも使っていたが、
数年前からウエスダンデジタルの超小型のMy Passport for Macの2か3テラバイトにしている。
その一台がどうも様子がおかしい。

 真夜中にヨドバシから新しいMy Passport for Macを注文した。
そういえばWDは東芝傘下だったので、昨年から一時中止で今は別の会社になっていた。
いつものようにすぐに注文受領のメールがあり、これで明日の朝には到着するだろう。
ほんとうに便利な世の中になってしまった。
こういう時は助かるが、なんだか昔がなつかしいですね〜〜〜!



# by pretty-bacchus | 2017-10-23 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

雨の週末は冷蔵庫をからにして、、、、
2017年10月21日 土曜日 雨

 今朝も雨。その飴のベランダに小さいちいさい青い朝顔がまた一輪さいていた。
ヒヨドリだろうか、、、、朝から鳥たちがシデの木にやってきている。

 雨がつづくこともあるし、月曜日の外食にがっかりしたこともあって、今週はずっと家での食事だった。
アマゾンプライムナウで食材をいろいろとれるし、なににもまして昨日届いたヴィーニャマッジオの
エキストラヴァージンオイルがあるので楽しくてならない。
東川からのユメピリカ、イルビアンコさんのパスタとバルサミコも十分あるし、、、。

a0031363_05520511.jpg
(開け縁のポッチをそっと一番上まで引き上げると、注いだときにもらない、、、)


a0031363_05513947.jpg

 朝も昼も夕食も久しぶりに腕前発揮で美味しくいただいた。
冷蔵庫の整理をすっかりして、カラカラなのもイイモノですね。

 夜は羽生結弦くんのスケートを観戦。
四回転ルッツに初成功しておめでとう!
ストイックに自分を追い込めでいく彼の選手としての生き方に拍手!

良い週末となりました、、、!


# by pretty-bacchus | 2017-10-21 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

トスカーナからエキストラ・ヴァージン・オイルが着きました
2017年10月20日 金曜日 雨

 今日のまた雨。その雨のなかに、イタリアからクロネコヤマトの大きな箱が二つ着いた。
ほっと胸をなでおろしている。

a0031363_18205672.jpg

 モナリザの里 Villa Vignamaggio からの初搾りのエキストラ・ヴァージン・オイルが切れてから
六ヶ月がたった。
もう何年もまえに日本に輸入したことがあるトスカーナのヴィッラヴィーニャマッジオの
エキストラヴァージンオイル。
その美味しさが忘れられない年老いた友人がどうしてもまた欲しいと賜っていた?

手間が大変だし、、、今年はもう止めようかなって思っていたら、10月の始めにお電話をいただいたのだ。
“あんね〜〜オリーヴオイルだが、またとってもらえるかね、、、。なくなってしもて、
その後、百貨店でいろいろ買ってもらったが、どれもあれほどは、おいしゅうないしね、、”

この御大は、美味しいものは日本でもフランスでもベルギーでもどこでも取り寄せてしまう方で、
もう何十年も前からいろいろ教えを請うている御仁。
そういっていただくだけで嬉しい〜〜!
“わかりました。仕事ベースでは出来ませんが、個人で輸入しましょうね、、、、と。

 すぐにイタリアの造り手と連絡をとって、送ってもらうことにした。
前回は三種類をとったのだが、
(DOP エキストラヴァージンオイル PrimeGocce、プリモゴッチェ=初搾り
DOP エキストラヴァージンオイル、DOP エキストラヴァージンオイル AROMA)
今回は、DOP エキストラヴァージンオイルの缶だけにした。
データによると、DOPで決められている数字をはるかに上回る、低い酸性と高いポリフェノールのレベル、
高いトコフェロールとオレイン酸に恵まれたエキストラ・ヴァージン・オイルなのだ。
御大が美味しいという理由がこの辺にあるのだろう。

 Villa Vignamaggio ヴィッラヴィーニャマッジオは、あのレオナルドダヴィンチのモナリザのモデルの
ゲラルディーニ家のリザが1479年にこの館で生を受けた生家(その当時の記録の書類が残っていることが
わかっている)。
銘酒カステロディモナリザを造っているワインナリーで、アグリルーリズモのトスカーナの頂点にある館。
600年間も前からワインを生産していて、オリーブオイルの生産は何世紀も遡る。
3000種以上の植物が生育されている土地で、三十数ヘクタール葡萄の樹、二十数ヘクタールの
オリーブの木立がある。

零下二十五度という異常気象の1984-1985の冬の霜によって多くの樹が破損させられと思われた大地には、
まだ根が残っていて命の再生がされたのだ。自然の営みは驚異である。

 ヴィーニャマッジオのエキストラヴァージンオイルは伝統的なキャンティオリーブの品種である
フラントイオ、モライオロ、レッチーノ、ペンドリーノの四種のオリーブのブレンドにより、
みずみずしいオリーブそのもの風味と、バランスのある苦みと辛みの深みのある芳醇な味わいが生みだされた
トスカーナらしいオリーブオイル。

30ヘクタールのエリアに樹齢数百年も含め5000本のオリーブの樹がオーガニックファーミングで育てられ、
11月と12月にかけて手摘みされたオリーブは、収穫から24時間以内に連続サイクル方式でプレスされる。
毎年行われる指定機関の定期分析で、ポリフェノール、トコフェロールおよびオレイン酸含量が高いことが
確認されている。
製品の長期保管も保証されている。
ポリフェノールは赤ワインでもよく知られているゆに天然抗酸化物質であり、 フリーラジカルの製品に対する
防衛を与え、人間の食事の重要な部分、心臓病を予防して免疫系を高めることが立証されているし、
皮膚を保護することでもその性能がすばらしいとのこと。
トコフェロールは、老化を遅らせる細胞の抗酸化能を高めるために必要な化合物を含有するビタミンE。
心臓病の予防、免疫システムのサポートおよび皮膚の健康状態における役割は十分に証明されている。

 あのモナリザのモデルのゲラルディーニ家のジョコンダ・ゲラルディーニも飲んでいたに違いない
同じオリーブの老樹から採れたエキストラ・ヴァージン・オイルだって思うとなんだか楽しくなりますね〜〜。

 数年前の前回は荷物がミッシングしたりと大変だったので、もうやめた〜〜〜と思っていたから、
今回は少量だけヤマトの国際宅急便で送ってもらおうと思った。
ところが、今回もまた新しい難題が起こった。
一回に個人に送れる液体ものの限定量は10リットル以内という。
ということは500mlの缶だと18本? 国際宅急便の料金は170~200ユーロプラスいろいろ手数料。
40缶くらいは入る箱なのに、容量規定があるとはなんとも残念。
その上にインヴォイスとか、造り手証明書とか必要で、支払いは前払い。
(これではデパ地下で6000円以上になってしまうのは仕方がないかもしれませんね)

もうやめようと思ったのだが、ヤマトのフィレンツェの皆さんは親切だった。
前回はミラノまで送ったのだが、今はフィレンツェにもオフィスができたようでいろいろ奔走してくださった。
ありがとうございました。

 週末にはフィレンツェを出て、週初めに羽田に着いて通関が終わって、ようやく到着!
さっそくに試飲?をした。
芳香が立ちあがり、ほどほどにピカンテでこれぞトスカーナのエキストラヴァージンオイル。
(今、日本で売られている多くの低価格のエキストラヴァージンオイルは本物のエキストラヴァージではなく、
単にピュアーオイルというからちょっと注意ですね)

 ここでやめておけば良いのに、さっそくにプレジールドゥヴィーヴル・デザインオフィスをオープン?。
前回創った説明書に新しい写真と品種の説明とかを入れて愉しんだのです!

 早速に御大と友人に送りましょう。
喜んで下さるお顔が眼にうかぶようです。嬉しい〜〜!

a0031363_21360384.jpg

http://keico.exblog.jp/9421844/
2009年12月12日 土曜日 雨の日曜日
モナリザのモデルのリザの生家からのオリーブオイルとワインが着いた

http://keico.exblog.jp/4567217
2006年の秋に訪ねた

a0031363_144433.jpg
〜〜〜〜〜


前回は、
http://keico.exblog.jp/22790635/
2016年5月6日 金曜日 曇り
トスカーナからエキストラヴァージンオリーヴオイルが着きました



# by pretty-bacchus | 2017-10-20 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

氷雨の東京で厳寒の大雪山の旭岳を想って
2017年10月19日 木曜日 雨 十二月の気温

 今日も雨で寒い一日だった。十二月並みの冷え込みで、十月には七十九年ぶりとか六十年ぶりの寒さとか!
東川の友人と話した。
この時期に大雪山の旭岳に登ったご夫妻が道を失いSOS.
途中であった外国人と一緒に一日ビバークして、翌日ヘリで四人とも無事に助けられたというニュースに、
よかったと無出をなでおろした。

現地の人ですらこの寒い時の登山は控えるというのに、どうしたのだろう、、、?
夏ですら寒かった二年前の山の麓を思い出している。

 いよいよ夏物の下着などを冬物に換えた。
ヒートテックが幅をきかせることになっていよいよ寒くなる。
ヒートテックは毎年新しい機能が加わったのがでるので、
母にも新しいヒートテックを送った。
九十七歳になる母。もっともっと元気でいてくださいね、ママ!

(夏でもすぐに雪がやってくる、、、、二年前の晩秋に)
http://keico.exblog.jp/21848496/
2015年11月15日 日曜日 雨と霧の大雪旭山源水の水源
北海道最後の日は<大雪旭山源水>の水源と大雪山の麓まで
a0031363_2154399.jpg


a0031363_2145493.jpg


 雲に隠れた頂上をながめて一休みして、帰りは中別湖の左側の道を走ってくれた。
迫りくる霧の中を車は進む。皆んなその静けさと荘厳さに無言。やがてSさんが、
“ベットに寝たままで、この人工湖にすっと入って死ねたらイイデスネ〜〜!”
そういえば旭川と東川町には葬儀屋さんが多いような気がしていたのだが、、、。

a0031363_217463.jpg
(pm13:13)
a0031363_2183062.jpg
(十分後ますます霧は深くなっていき、、、、)
http://keico.exblog.jp/23159023/
2016年8月24日 水曜日晴れ 帰京
台風一過、帰京の朝は真っ青な青空、機上の太陽はぎらぎらと

http://keico.exblog.jp/23137505/
2016年8月17日 水曜日 大雨 台風
台風七号北上中の北海道東川町のケビンに蟄居



# by pretty-bacchus | 2017-10-19 23:58 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(2)

六日ぶりの青空に枯れ葉が舞って、、、、
2017年10月18日 水曜日 晴れ 六日ぶりの青い空

 窓からの光が明るくて眼が覚めた。
スコットさんがアメリカにお帰りになる日。

青い空だ! 良かった!
日本滞在中の後半はずっと雨だったので、今日の青空がなんとも嬉しい。
短い日本でのご滞在で、お仕事にご趣味のご交遊にと満喫なさった様子は、
お友達のフェイスブックへの書き込みでちらほら拝見していた。

 フランスとかアメリカに住んでいる海外からの友人が一時帰国するときは、良いお天気で
すてきな滞在になるといいなっていつも祈ってしまう。
皆んな年を重ねてきていて、それぞれの思いを秘めて母国での何日かを過ごしているに違いない。
毎回会えなくとも、その様子がなんとなくわかって、ご無事でよかったなって胸をなでおろす。

怖ろしい時代になったもので、ご自分で書かなくとも、ご一緒なさったお友達がFaceBookにアップすると、
それは友達の友達あたりまでも見られるわけだから、ちょっとしたプライヴァシーは
ディスクローズしてしまうわけだろう、、、。
(かきゆう私のWeb日記のブログでもそうなのだが、、、、)

 今頃は一万メートルの空の上からどこの山並みを見ているのかしら、、、、。
ボンヴォワヤージュ!


a0031363_18212256.jpg

a0031363_18213755.jpg

 寒くなるのに、かなり短く髪をカットしてもらった。どうしてだろう〜〜〜?
木枯らしで大通りにも枯れ葉が舞って、人々は家路を急ぐ夕べにワタシもとぼとぼと歩いて家里にむかった。



# by pretty-bacchus | 2017-10-18 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)