久々のJET STREAMジェットストリーム、ああ旅に出たくなりました〜〜〜!
2017年7月3日 月曜日 晴れたり曇ったり 都心では三十三度

 梅雨末期の日本列島は猛暑と少雨、そして豪雨が同居しているのだそうだ。
都心では猛暑日となって、その上湿度が高く過ごしにくい一日だった。

 日経の全面広告に、一面の星空と雲海の上をJALの飛行機が飛んでいた。
今年の九月に就航する新しい二つの路線の広告だったのだが、
その全面を飾った文字は、
50周年のその先へ
JET STREAM
- 50th Anniversary Special -

そして縦読みで、
今夜はどんな景色を聴けるだろう。
のあとに、読めないような少し小さい字で十七行、
最後の二行は少し大きくなって
ジェットストリームは、本日五十周年。
感謝の気持ちをこめて、特別な時間をあなたに。

<50周年を迎える当日は、放送時間を1時間繰り上げ、夜11時からアニバーサリーの特別番組を放送。
50年の旅の軌跡をたどり、未来の旅の夢をみつける、 2時間のドリームフライトへ貴方をご案内します。
前半はJET STREAM50年間のクロニクル。初代機長・城達也氏のナレーションなど、貴重な音源もご紹介>
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/jetstream/50th/

a0031363_03143184.jpg
 あのきりきりという金属音から始まるなつかしい放送が始まった。
番組の歴史は飛行機の歴史でもあるようで、まず1964年4月8日のハワイ便のお話しからで、
まだ私は学生のころでなんともなつかしい。

 ジェットストリーム始まりは1967年7月3日とのこと。
その後の1972年のボーイング 747ジャンボ機の就航のお話しでは、遠いとおい昔を思い出していた。
私はもうエールフランスのパリの駐在員としてフランスに住んでいたのだ。
1978年には、海外への旅行旅行者は400万人突破したという。
1989年11月にはベルリンの壁が解放され、ソヴィエト崩壊後のシベリア便就航。

 城達也さんの最後の番組は1994年12月だったという。
何人かを経て、2009年4月からは大澤たかおさん。
そして本日2017年7月4日が五十一周年。
半世紀の歴史を語ることになった番組でもあったが、残念なことに機長・大沢たかおのナビゲートは、
話題の内容も、声の質も初代パーソナリティ・城達也にはとうていおよばなかったような気がする。
むしろ城達也の語りを踏襲しないほうがよいと思うのだが、、、。

 後半のヴァイオリニスト古澤巌さんとギタリストの方のライブ音楽はとてもよかったので、
それを聴きながら、私の旅をブログ内で巡ってみた。

ジェットストリームといえば、まずNKさんのことを書いたブログを思い出す。
http://keico.exblog.jp/20199735/
三連休は勝手気ままに読書とネットサーフィン、ジェットストリーム
2014年9月15日 月曜日 晴れ

このブログに書いたNKさんの思いは
http://k7003.exblog.jp/11938007/

満天の星を見たことがありますか☆彡
発声された日本語の魔力にボクが酔わされたもう一人は:「ジェットストリーム」の城達也であった。
異国の空に、ジェットストリームでの城達也のナレーション:
「満天の星をいただく、はてしない光の海を ゆたかに流れゆく風に 心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。」

http://k7003.exblog.jp/11938007/<br>
<a href="http://k7003.exblog.jp/11938007/" target="_blank">満天の星を見たことがありますか☆彡</a><br>
<br>
 異国の空に、ジェットストリームでの城達也のナレーション:<br>
<br>
a0031363_2133760.jpg
<br clear="all"> <br>
「満天の星をいただく、はてしない光の海を ゆたかに流れゆく風に 心を開けば、<br>
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。
a0031363_214879.jpg
<br clear="all">
a0031363_2142778.jpg
<br clear="all">
 NKさんの最後の一行に、
<この写真の夕空に、ご自分の想像力で、いっぱいの星を散りばめてご鑑賞ください!>
素直な私は、YouTubeに飛んでジェットストリームのいろいろをクリックしてネット遊び。
最終回の城達也さんは、最後の言葉は、
<JET STREAM 城達也 最終回 4/4 1994年12月30日、城達也機長のラストフライト>
<又いつの日か夢も遙かな空の旅でおあいいたしましょう。
では皆さまさようなら、良いお年をお迎え下さい>だったのです。
YouTubeよありがとう!
あたかも真夜中に生の放送を聴いているような錯覚に陥っています。

ジェットストリーム(夜間飛行)城達也<br>
<iframe width="853" height="480" src="//www.youtube.com/embed/S45sZVbKm-g" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br>
http://www.youtube.com/watch?v=iIK8vsH4Mfs&amp;feature=relmfu<br>
この最終回の四分の一は十五分と長いですが、この中にはユーロスターが開通したお話しがでてきます。

 そして、、、、、
http://keico.exblog.jp/2463035/
2005.10.31
帰国日は 寒さ始まる けじめの日
a0031363_8251851.jpg
<br>

http://keico.exblog.jp/4473144/<br>
<a href="http://keico.exblog.jp/4473144/" target="_blank">2006.10.10 午後2時40分</a><br>
デコラージュ すすきの波に 送られて
a0031363_16521681.jpg<br clear="all">
(機内で初めてネット環境を愉しんで、google Earthで、地上との画像を愉しんだ日に、、、)<br>
<br>
a0031363_16525362.jpg
 (翼をあれがパリの灯か)<br clear="all">

http://keico.exblog.jp/9187764/
2009年11月1日 日曜日 曇り
☆回想のわが巴里>凱旋門に励まされての遠いパリの日々
http://keico.exblog.jp/14228306/

2011年12月20日 火曜日 雨上がり その二 機内にて
☆回想のわが巴里の街〜帰りの機内にて
 
http://keico.exblog.jp/19990751/<br>
<a href="http://keico.exblog.jp/19990751/" target="_blank">2014年7月12日 土曜日 明け方に</a><br>
台風一過、大阪と東京で台風の香港を思い出している写友がいました
<br>
a0031363_711090.jpg
<br clear="all"><br>
<br>
 そういえば、<☆回想のわが巴里の街1990~2000>の中で、まだアップしていない飛行機からの空が<br>
あるかも?  ありましたね〜〜。<br>

a0031363_2232075.jpg
(Sep 1995 アルプス越え!)<br clear="all"><br>
a0031363_2251341.jpg
<br clear="all"> (April 2001 ミラノからパリへ。パリ到着数分まえに、そして銀塩最後の空からの一枚)<br clear="all"><br>

a0031363_262645.jpg















(2010.06.25 東京からパリへのJAL405便内で。<br>
<パリ時間のちょうど12時(日本時間7時に)時計を現地に時間にあわせる。<br>
窓をそっと開けてみるが雲ばかり)<br>
雲間からのぞく下界は梅雨模様白い雲がきれいでカシャッと>とある。<br clear="all"><br>
〜〜〜〜〜〜〜〜<br>
2011.12.20<br>
a0031363_7442389.jpg (pm12:20)<br clear="all"> <br>

http://keico.exblog.jp/20145317<br>
<a href="http://keico.exblog.jp/20145317" target="_blank">2014年8月29日 金曜日 真夜中に</a><br>
真夜中に数年前の飛行機の窓からの宇宙の神秘を思い出して<br clear="all"> <br>
a0031363_894748.jpg
(Dec. 2011 東京>パリのJALにて。パリ時間22:57、日本時間6:57 朝日が昇る!)<br>
<br>
 夜の静寂があけて、新しい日が昇る!<br>

ああ〜〜旅に出たくなりました〜〜〜!<br>
<br clear="all"><br>


# by pretty-bacchus | 2017-07-03 23:58 | ♪JourneyAbroad海外旅の思い | Trackback | Comments(0)

都議選は小池知事「都民ファーストの会」が圧勝、iPad Proと緑の魔法びん
2017年7月2日 日曜日 雨

 雨の日曜日は、ゆっくりした日曜日。
夜半からは、東京都議選の結果一色のテレビだった。

a0031363_01454379.jpg
小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」が大勝利。
自民党は歴史的敗退 を喫した。
政権運営が問われた安倍晋三首相の求心力が低下したといわれている。

でも小池百合子都知事はこれからが大変だろう。
築地市場の移転や五輪費用など課題は山積しているのだから。

選挙カーの中の小池さんへのインタビューで
七つ道具について訪ねられたら、
 第一にiPad Pro
 ポストイットの日めくり
 魔法瓶で温かい紅茶
 緑のスカーフ(日焼止め)
 断酒(勝ったらビール)
 緑色のハチマキ
と、デジタルとアナログの見事な組み合わせだった。
お見事!

(都庁への初登庁の折に握手を拒んだ幹部都議は落選した)
「小池氏、国政脅かす」と、海外でも都議選の自民大敗報じたという。

女性故に足を引っ張られることもまだまだあるだろうが、頑張って欲しい!
# by pretty-bacchus | 2017-07-02 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

訓読みの雨、音読みの雨、そしてフランス語では?
2017年7月1日 土曜日 小雨のち曇りのち晴れ

 七月になった。旧暦で文月、とても好きな名前の月。
文月の由来は七月七日の七夕に詩歌を献じたり書物を夜風に曝す風習があるからというのが
説となっているという。
それに自分の誕生月ですもの!

 週末を少しゆっくりできて、たまっていたメールにも返事が書けたし、写真の整理もできた。
ブログ友のいろいろも見ることが出来た。
オカモトさんが数日前に送ってくださった、フェイスブックの
<パイロットだけが合格できる視覚テスト>で遊んでみた。
十の画像の質問に順番に答えていくだけ。
a0031363_21511392.jpg

 結果は、、、、すごい〜〜〜! と思うより、オカシイ〜〜〜!
私は眼がかなり悪いのに、どうしてクリアーしたのかしら?
それともパイロットの試験がぬるいのかしら?
どうやら眼の善し悪しだけではなく、脳内とか感性とかも加味されるようだから、ふむふむ納得。

a0031363_21514813.jpg

 梅雨の雨も夕方には晴れてきた。
小雨、大雨、霧雨、小糠雨、涙雨、俄雨、通り雨など雨の訓読みのやまと言葉の<雨>は沢山ある。
かたや音読みの漢語では煙雨、穀雨、弾雨、氷雨、雷雨、隠雨などで、日本には雨の言い方が沢山ある。

万葉集時代では九割以上が和語で表現が成立しているそうで、それが平安時代ぐらいから
少しずつ漢語が増えてきて、戦後あたりでは漢語の方が和語を上回るという。

昔パリに住んでいた頃に、日本語を学んでいるフランス人の友人に、この雨のことをフランス語で
なんというか良く聞かれた。一言で置き換わるフランス語はなく、
いまなら翻訳ソフトを参考にできるのだろうが、とうじは辞書を引き引き説明したものだ。
小雨Faible pluie、雷雨orage、煙雨brumeux、、、、などなど。
通り雨はdoucheというが、これはdoucheはシャワーのこと。

ジャクリーヌと一緒にあるいていて、にわか雨にあうと、“ケイコ、これはドゥーシュですから、
少しあのカフェで雨宿りしましょう、なんて言われたのを思い出した。

 雨の時期には十分な雨の恵みをいただき、その後の太陽の恵みがないと果物も穀物も
美味しく育たないのですね。
もちろんワインとなる葡萄も、今ごろの天気がとても重要なことなのです。
令子さんとお話ししたことをよく覚えている。

 雨があがった夕方に少し歩いて美容院へ。
さっぱりとして梅雨をのりきりましょう、、、、。

a0031363_17371778.jpg
(雨上がりの土手の道には赤い花が咲いていました)
a0031363_17374264.jpg

a0031363_17375483.jpg

道を渡りながら、、、、東の空と北の空を、、、、

a0031363_17381533.jpga0031363_17380577.jpg





# by pretty-bacchus | 2017-07-01 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

激動の六月も今日が最後の一日になりました
2017年6月30日 金曜日 曇り

 暗い朝だ、、、梅雨の時期は暗い朝のことが多い。
暗い朝が多い一週間だった。

a0031363_03403658.jpg

a0031363_03404688.jpg

 ネットの記事で、
好きなのはそうめん? 冷やし中華?
夏のお昼の定番といえば冷やし麺。そうめんは、祖先とされる「索餅(さくべい)」が
奈良時代から食されたのに対し、冷やし中華は、昭和になって登場した新参者。
でも、最近は「桜前線」ならぬ「冷
やし中華前線」が発表されていたほど親しまれています
というのがあった。
どちらも好き派のワタシはどうしよう?

 たしかに先週から毎日お昼は家でおそうめん。
奈良の友人(聖林寺のお嬢様)から送ってくださる三輪のおそうめんが定番。
オオバ、ミョウガ、生姜、キュウリは欠かせないし、時にはトマトや有機のレモンやアスパラも。
最近こりだしたのは熟成したアボカドをざっくざくと切って生ワサビをおろして別皿でお隣に。

そうめんつゆは日の出味噌のKさんからわけていただく特製おかかでダシをとるが、
めんどうだと到来もののでいただくこともある。 

でも不思議〜〜〜そういえば寒くなるとこのお昼はいつのまにか稲庭うどんになってしまっている。
ふしぎだ!

 六月も今日でお終い。激動の一ケ月だったが、なんとか持ちこたえた。
“六月も終わりだね、、、、ありがとう! と、ひとこと残して連れ合いは
さっき自分の寝室に引き上げた。
“ボンニュイ〜〜!”と明るく見送ったが、そのあとで“よく元気になってくれましたね、
ありがと〜〜”と手をあわせた。
突然に心筋梗塞に倒れて緊急手術で三日も集中治療室にいた本人は、ワタシより
もっと辛かったはずなのにあまり愚痴もいわずにいる。カテーテルの術後後遺症か、
右手はまだ腫れはひかずにワイシャツのボタンがかからないが、とても元気になってきた。
来月もう一本の動脈の治療で、また数日入院のようだが、
ともかく高齢者ということをじっくりと実感しはじめたようだ。

 今年の半分が終わってしまったのだ。なんとも早い!
さあ、ワタシは席を替わって、Macでブログを書きながら、BGMで
<朝まで生テレビ>でもみましょうか、、、。
最近はますますこの生番組に出たがらない政治家や政治学者やジャーナリストが
増えたそうだが、それだけ直に激しい意見の交換が行われるからなのだろう。
1987年スタートの月一度の深夜討論番組。今夜は<激論!安倍政権と官僚。
“もりかけ"問題で明らかになった官僚たちの実態と、その使命と本音を官僚経験論客大集合で徹底討論!>
面白い生テレビとなるだろう。
a0031363_03402347.jpg


# by pretty-bacchus | 2017-06-30 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

松川玉堂先生の二十八回目のお習字の後はパリへ帰る友人と懐石みちばさんへ
2017年6月29日 木曜日 曇り お習字の日でした

 松川玉堂先生の二十八回目のお習字でした。
六月の第二週は、突然の事故でお休みになってしまったので、ほんとうに久しぶり。

 最初の半時はずっと、今回の連れ合いの緊急入院の話しで、
同窓の方々のお話に及んで、皆さんの消息を知ることになった。
松川先生も傘寿を過ぎて麻布高校の委員も引かれたようで、世代の移りかわりを
しみじみと感じますねえというお話になった。

 お話しのあとは、まず楷書で前回の岑參の<四角礙白日>に続いて
<七層摩蒼穹>、これは<下窺指高鳥>と続く。
そして行書は<           >

a0031363_03345734.jpg
#IMAGE|a0031363_03363618.jpg|201707/01/63/|mid|862|575#]
a0031363_03352259.jpg

  先生がお書きになられるのを拝見していると、いともすらすらと書けるように思えるのだが、
さて自分で書くと、これがなかなかむずかしい。
今夜は一時退院して生還した連れ合いの書く字がのがなかなか良かったようで、先生も
とても嬉しそう。
反して今日のワタシは全然ダメでどうしたことでしょう。

a0031363_03360611.jpg

a0031363_03365164.jpg
a0031363_03370680.jpg


a0031363_03362152.jpg
(先生が書いてくださった今日の二文字は)


 六時までしっかりと学び、送っていただいてヤスヒロさんをピックアップして夕食へ。
画家の吹田泰啓さんは、お母上の一周忌で帰国してらしたが、それを終えられ京都のお寺さんにも参られて、
明日パリに発つので今夜は一緒にお食事。
<懐食みちば>さんで、銀座の街並みが見られるお席をおとりくださってので、今の東京の街とパリの街のことを
話しながら楽しい時がすぎていきました。

“ボンヴォワヤージュ! 次はパリであいましょうね!

a0031363_03372023.jpg
(銀座四丁目を通過)
a0031363_03373334.jpg
(銀座シックスが輝いている)

a0031363_03375053.jpg
(かねまつビルの前で。ハンディキャップの彼は杖をついているのです)

a0031363_03380880.jpg
(カエルが一杯のショーウィンドー)

a0031363_03382402.jpg
(一皿めはカラフルなオードブル)

a0031363_03384083.jpg
(ハモですね)

#IMAGE|a0031363_03384083.jpg|201707/01/63/|mid|862|575#]
a0031363_03395640.jpg
(このトマトの溶岩焼は美味しいですね、、、けいこさん)

〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/2401355/
巴里にての再会祝う豊穣の(サンテグジュペリ伯爵と再会)
2005.10月25日 火曜日 雨のち晴れ 巴里にて 

a0031363_0205065.jpg
パリの三つ星最高のレストラン<ランブロワジー>で、
サンテグジュペリ伯爵、支配人のピエール・ル・ムラック氏,と吹田恭啓画伯

<羊飼いはミレーの世界ね>と画伯言い
2006.01.19 写真展にて
ミレーの絵のようですね。と<br>
ラングドックの南は画家が愛した可愛い街がたくさんある。<br>
a0031363_12412456.jpg
<br>
パリと日本で活躍する画家吹田恭啓さん<br>

http://keico.exblog.jp/3225485/
静かなる 楽器は春を 奏でけり
2006.02.19
吹田恭啓さんは独特の静かな絵を描く画家である。
a0031363_3112396.jpg
<center><br>

http://keico.exblog.jp/4262526/
明けゆくや十六夜西に雨に消え
 2006年9月11日 月曜日

http://keico.exblog.jp/8797735/
“緊急地震速報、ドミニックフランス、シャトードゥティルガン2005
2009年8月11日 火曜日 曇り

http://keico.exblog.jp/21951315/
久しぶりに<デザイン工房 プレジールドゥヴィーヴル>のオープンで年賀状を
2015年12月18日 金曜日 晴れ




More>>松川玉堂先生のお稽古の記録
# by pretty-bacchus | 2017-06-29 23:58 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)

夏至の一日はとても長いが残された日々は少ないのだろうか
2017年6月28日 水曜日 雨のち曇り N先生オフィスへ

 片付けておきたい事は山ほどある。
ひとつづつ始めないと残された時は少ないかも知れない。

 山梔子の香りに送られてでかけた。
N先生オフィスで一時を過ごして今後のことを相談。
こんなふうにして最後の時までよろよろと一歩一歩なのだろう。
 
a0031363_00090053.jpg


 夏至の一日はとても長い。
東京の日の入りが午後七時をすぎることってあまり実感としてないので、
帰宅してすぐに屋上に上がってみた。
太陽は西の空に沈み行くのをはばかるように雲のあいだを泳いでいた。

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 04時27分  : 日の入 19時01分
  月の出 08時50分  : 月の入 22時18分

 眠くて眠くてどうしようもない、、、💤💤💤。
若い時には感じなかったこの眠さはなんなのだろうか、、、、。

a0031363_00110289.jpg

a0031363_00092413.jpg




# by pretty-bacchus | 2017-06-28 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

ブラン、ロゼ、モルゴンのあとはカリフォルニアオレンジのジュースで
2017年6月27日 火曜日 雨 

 何事もなく過ぎゆく一日はそれはまたそれで良いのかもしれない。
雨の日は雨の日でよしと思えるのは、当たり前の事が当たり前と思えるのとはちょっと違うかも知れないが、
雨の日の落ち着きをしみじむ思えるのは、この歳になってみてわかるのかもしれない、、、。

 めずらしく連れ合いが高田さんの処のカリフォルニアオレンジの生ジュースが飲みたいと言い始めた。
退院をしてきてから少し食べ物の味わいが変わってきたのかも知れないし、、、。

いずれにしてもタクシーでツーメーターくらいで行かれる食事処や憩い処があるのは
なんともありがたい。
こうして一緒に時をすごせることに感謝を込めての雨の一日、、、、。

a0031363_00112310.jpg

a0031363_00083988.jpg





# by pretty-bacchus | 2017-06-27 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

梅雨の雨もなかなかいいものですね!
2017年6月26日 月曜日 雨

 梅雨の雨の朝がなんともイイ!
静かに深く沈んだ借景の緑を愛でながら一日が暮れていった。

 土手の道の夜は、雨に湿った山梔子の香りが広がっていて
これもまたヨシ!

 ナカジマさんのお店はすっかり落ち着いてきて、今や我が家のキャンティーンとなっている。
若者がどんどん育っていくのを陰ながら応援するのも私たちの役目かも知れない。
これもまたヨシ!

 明日も一日雨模様のよう、、、
それはそれで梅雨なのだからそれもまたヨシ!

a0031363_18145106.jpg

a0031363_18151780.jpg


a0031363_18153741.jpg

a0031363_18155887.jpg

a0031363_18162407.jpg



# by pretty-bacchus | 2017-06-26 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

銀座六丁目の道場六三郎さんのお店<懐食みちば>さんへ
2017年6月25日 日曜日 雨 道場さんへ

新しいフォームで試みたが、写真の配置がうまくいかないし、youTubeも見られない

 フランス映画祭2017が終わった。
二十五回になるという。
オープニングでの壇上のカトリーヌ・ドヌーヴのスピーチが素敵だった。
出品作品十一の内四つが女性監督だったということも話してらした。

“安倍晋三です、、、、と、ゲストで現れた北野武監督のスピーチはあまりにも場違いだったようが
気がするが、それが彼のギャグをとるやり方なのだろう。二十人以上のフランス人映画界を後ろにして、
日本人としてはちょっと残念。
カトリーヌ・ドヌーヴも他の監督達人もきょとんとしていた。
http://www.france-jp.net/02info/03video/149.html
https://youtu.be/Vbz7wRtfzAw
<iframe width="853" height="480" src=
"https://www.youtube.com/embed/Vbz7wRtfzAw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

(フランス映画祭2017団長 カトリーヌ・ドヌーヴ & 北野武監督のオープニングセレモニーの舞台挨拶です。
たけしの時事ネタジョークで爆笑!)

 かたやフランスからはアラン ドロンの引退のニュース。
最後の映画と舞台の予定を説明したうえで、「もう年を重ねた。人生の終わりではないが、キャリアの終わりだ」
と語ったという。八十一歳になったという。

最初の代表作<太陽がいっぱい>は一世を風靡した。
甘いマスクで、世に背を向けたニヒルな役柄は世界中のファンを魅了した。
オルリー空港で会ったことがあったが、あれは1970年初めだったろうか?
握手をした手を彼の唇にもっていかれて、当時はそんなことには慣れないワタシはもうビックリ!
なつかしいですね〜〜〜!

 雨があがった夕方に銀座へ向かった。
銀座六丁目の道場六三郎さんのお店<懐食みちば>へ。

a0031363_18075877.jpg
昨夜着いたばかりのシャトー・ドゥ・ピゼイのロゼでまずアペリティフ。a0031363_18084200.jpg
 









a0031363_18101859.jpga0031363_18134694.jpg















海老サフラン寄せ、床節磯焼、魳炙り寿し、豚足生姜、水蛸五色ピクルス)

a0031363_18111876.jpg(とまと姿焼き)

a0031363_18132308.jpg
 






a0031363_13163475.jpg



 お料理は、おすすめの野菜中心の女将献立コースをいただき、白はボージョレブラン。
久しぶりの六三郎さんのお料理に舌鼓をうちました。
a0031363_18125759.jpg


(八階の窓際からは銀座の明かりがみえる)
a0031363_18114444.jpga0031363_18122435.jpg 日曜日の夜の銀座は静かで、しばらく歩いてタクシーで帰宅。
おつき合いでしたが、嬉しい食事となりました。
ありがとうございました。





















a0031363_18141885.jpg

# by pretty-bacchus | 2017-06-25 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)