ベランダの雑木の枝にヒヨドリジョウゴの白い花をみつけました
2017年9月3日 日曜日 晴れ

 蝉の声が消えた東京は、なぜか別の都のよう。
ほんの数日家をあけただけなのに、ベランダの朝顔が消えてしまって、なぜか別の家のよう、、、、。
一輪咲いていた青い朝顔を撮ろうとして、あら、、、ヒヨドリジョウゴの白い花をみつけました。

a0031363_22152318.jpg

a0031363_22154234.jpg

 たまってしまった新聞を読みながらの週末は、あいかわらずの目の酷使。
先週新しくつくってもらったメガネが両方ともなんだかあわなくて、
また今週にみていただくことにして、、、、、。
きっと少しゆっくりと眼を休めた方がよいということかもしれませんね、、、、。



# by pretty-bacchus | 2017-09-03 23:56 | Trackback | Comments(2)

海の見えない東京へは四十八分で着いてしまいました
2017年9月2日 土曜日 晴れ

 相模湾に淡い太陽がのぼる頃までゆっくりとできた。
強い太陽がなかった三日間だったが、この雲のおおい海はなかなかなごむさざめきだった。

a0031363_23270963.jpg

 東京に午後一で用事ができてしまって、あたふたと宿の朝食をすませて、早くに宿をでた。
駅では小一時間時間ができてしまったが、新しい駅ビルの散策ができた。
熱海の駅は昨年末から新しくなっていて、三フロアーからなる駅ビルは、お土産物やさんであふれていた。

a0031363_23272188.jpg
a0031363_23272188.jpg

 土地のお土産物店が多い中で、カフェの近くにあった日本手ぬぐいやガーゼの手ぬぐいセットのお店が
素敵だった。<濱模様 HAMAMONYO>という横浜の会社のようで、店員さんもとても感じが良くて、
ついついパンダ模様違いのガーゼのタオルセットのお買い物をしたりしてしまって、、、、。
でも、こういうのも旅の楽しみなのかもしれないな、、、って、一人納得。

a0031363_23274819.jpg
                  (新しいiPad10.5で!)
 (こだまは、小田原で七分も泊まってしまった。線路っておもしろい〜〜〜カシャッ!)

 駅に迎えの車をだしてくださって、Sさんのサロンで昼食抜きのミーティング。
世の中はどんどん変わりゆき、、、、かなりついて行っている私たちだが、そのファジーな世界に
どうもまだ慣れずにいる。

 少し疲れて帰宅。
ベランダと借景のの緑が嬉しい。  でも海が見えない!
数時間前とはまったく違った借景!
時の流れってほんとうにおもしろいものだ。



# by pretty-bacchus | 2017-09-02 23:58 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(0)

相模湾を腕の中にかかえて源泉掛け流しの朝風炉に
2017年9月1日 金曜日 曇り後ときどき晴れ

 この宿には、高級旅館にあるようが個人風呂がないので、屋上の大きな溫泉を
利用しなければならないのが少し残念。

一昨日までは夏休みの子供達も多かったようだが、昨日の泊まり客は少なくなっていたので、
今朝は少ないはずと、
一番風呂は朝の五時からなので、頑張って起きだした。

 まだ明けきれぬ朝の相模湾はうす曇り。
左の方は房総半島かしら? 正面には初島、右の方にはまた低く半島がみえている、、、どこだろう、、、。
そんな相模湾の広漠さを十五分ほど一人占めできた。
四十度位の源泉に体を預けて肘をついて足をばたばた、、、、気持ちが良い〜〜〜!

 部屋に帰ることには朝日は昇り始めていた。
今日は少し晴れるのかしら?

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 05時13分  : 日の入 18時09分
  月の出 14時44分  : 月の入 00時16分

 今日9月1日は防災の日。関東大震災がこの日に起きたこととや台風シーズンを
迎える時期でもあることから制定されたというが、
幼いころ、関東大震災を経験した祖母から、その日のことを良く覚えていて、時々話を聞いた記憶がある。

下総の長だった実家から、若い衆を連れて東京の親戚の家や友人に食料を届けたという。
皇居のお堀まわりには多くの犠牲者がいたこともぼつりポツリと、、、。

お婆ちゃんは、「寝る前には明日着るものを枕元にたたんで置きなさい。
夜中に何があってもすぐ着替えられるように」と、よく注意されたことを思い出す。

 この日にも台風やハリケーンや地震のニュースは絶えない。
地球はいつまでもつのだろうか、、、、と、相模湾の海を見ながら考えていた。


a0031363_23262770.jpg

a0031363_23263458.jpg

a0031363_23264212.jpg

a0031363_23264794.jpg

a0031363_23265573.jpg

a0031363_23270271.jpg

 お昼は、友人のステークハウスに板長さんをお誘いしてでかけた。
この街の人気者の地元の彼の親戚も料亭旅館をしていてお世話になったこともあるが、
もう十年ほど前に今の宿をご紹介いただき、それ以来、気のおけない会員制のような<普段着>の
この宿を気に入っている。

 食事中なのに、オトコ二人は心筋梗塞で担ぎ込まれた話に花が咲いていた。
板長さんは宿のすぐ近くに大きな病院があり、命拾いをしたのだという。


a0031363_23271283.jpg
              (天板から中庭をのぞんで、、、、)

a0031363_23271853.jpg
(中庭で、ショウタロウさんの奥様のサトコさん。前回は山の上の陶芸教室にごいっしょくださった)


 それならば私たちはますます安心してお世話になれる宿となりそうだ。
アドリア海も、北海道の山並みもあきらめて、相模湾になったのだが、友あり、海あり、食材あり、
そして万が一の時の病院があるのだからマストの旅の宿になりそうだ。
次は母達を連れてきましょう、、、。

 夜は、今夜も心入りのフルコース。
ちょっといただきすぎていますね、、、と話しながら、、、感謝です。

a0031363_23261282.jpg



# by pretty-bacchus | 2017-09-01 23:58 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(0)

相模湾で祖母の夢見たヴェニスをなつかしみ
2017年8月31日 木曜日 曇り

 一日中海を見て過ごした。
刻々と変わっていく海、、、、。
眼前に広がる相模湾は暗く深かった。
太陽がないこういう日の海もなかなか良いものだ。

 やがてその日がやってくることを感じて、この海の向こうのやすらぎの街を思い、
こうしてこの海を一緒に見られるのだろうかと、ふと不思議に思ってしまう。

a0031363_22263229.jpg

a0031363_22263820.jpg

a0031363_22262456.jpg

a0031363_22270272.jpg

a0031363_22261747.jpg

a0031363_22264689.jpg

 海は広いな 大きいな
  月がのぼるし 日が沈む
   海は大波 青い波
    ゆれてどこまで続くやら
 海にお舟を浮かばして
  行ってみたいな よその国

子供の頃におばあちゃんと一緒に歌った唱歌を口ずさんでいる。
そのお婆ちゃんは、ヴェニスの舟歌を時々そっと歌っていた。
きっと夢の国だったのだろう、、、。

おばあちゃんが良く口ずさんでいた<ヴェニスの舟歌>を思い出して、、、

 春はヴェニスの 宵の夢
    涙に夢も 泣きぬれて
     さざれの真珠と
      なぞろう うたかたの
        哀しき船出を 慕うらん
   (ヴ ェ ニ ス の 舟 歌 昭和初期に流行した歌だという)

お裁縫をしながら、“恋はヴェニスの宵の夢〜〜〜”と歌っていたおばあちゃんの声が
聞こえてくるようだ、、、、。

http://keico.exblog.jp/19691175/
;2014年4月15日 火曜日 晴
春はヴェニスの宵の夢 涙に夢も泣きぬれて

http://keico.exblog.jp/10808135/
;2010年6月13日 日曜日 曇り
はやぶさ>に夢ふくらませ梅雨を待ち<はやぶさ>に夢ふくらませビールかな

http://keico.exblog.jp/21648773/
真夜中のネットサーフィンは雨のサンマルコ広場

http://keico.exblog.jp/20045778/
1995年8月28日のヴェニスの朝、海と空と、、、幻か!

(杖をついた老人がゆっくりと広場を渡り海に向かって歩いていって、長い間海を見ていた、、、)<br>
a0031363_23441393.jpg
<br clear="all"><br>
 午後になって少し青空が顔を出した、、、、。

a0031363_22271793.jpg

a0031363_22272333.jpg


 板長さんの心温まるお料理を今夜もいただいて感謝の夕べ。

a0031363_22273105.jpg




# by pretty-bacchus | 2017-08-31 23:58 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(0)

突然の小さな旅は、アドリア海をあきらめて相模湾の青い海
2017年8月30日 水曜日 曇り

 ここ数年来いつも話していることは、
“もう一度一緒にヴェニスに行きたいね! アドリア海の青い海が見たいね、、、、。

もう何十回と一緒に行っていても二人だけだったことは最初の一度だけで、あとはいつも
どなたかと一緒だった。
空港からシータクシーで一気にサンマルコ広場まで入り、ヴェネティアで数日すごしてから
ショファー付きの車で途中各地の食を楽しみながらイタリア半島を南下する。

どなたもとても喜んで下さり、それが私たちの歓びとなっていた。
ミラノに駐在事務所を持ってからは、マサオ君、キムラさん、タケヒサ君、そして最後まで頑張ってくれた
ハルコさん!
ユウジさんはいつも留守を守ってくれていた。

 そんな思い出多いイタリア。
ワタシは数年ごとになにやかにやと出かけているが、連れ合いはもう十数年でかけていなかった。

 二年前の大手術、そして今年は二回の救急入院で、だいぶ力がなくなってしまったよう、、、、。
“海がみたいね、、、碧い海が、、、、と急に言い出した。
(今週はお墓参りの予定だった、、、、)
 
 それならば、、、、と、友人に連絡すると、ゲストルームが空いているよう、、、。
でも急なことでは奥様にご迷惑。
それならばと、最近お世話になっている宿に電話をすると、ちょうど夏休みも最後は空いていますよと、
すぐに大きなお部屋をとってくださった。

 東京駅から38分。
あっという間に車内の読書もままならない内に、、、、海が迫ってきた。
雨模様の海! 雨模様の海、、、でも海は美しい!

a0031363_10165144.jpg
〔車内の雑誌の地図で海の名前を、、、相模湾、駿河湾、遠州灘、、、と続く、、、)

 その昔は伊豆山の蓬莱、湯河原の海石榴や、そのすこし上にある五部屋の料亭旅館とか、
その前にできた指月などを定宿にしていたが、それも今はしなくなった。
時代が変わったこともあろうが、大仰な女将や仲居頭の挨拶などが面倒くさくなってきたのかもしれない。

 六階の一番右の二部屋続きの洋間のお部屋。
奥にはダブルベッドが二つゆっくりと入り、内風呂もある。
手前はゆったりとしたソファーがいくつもありバーカウンターもあり、両方の部屋にテレビがついている。
このお部屋は三度目で、すっかりお気に入り。

 “いいね、、、、海は!
そうつぶやく<人>は何を考えているのだろうか、、、、。
来し方の活躍を思い出しているのだろうか、、、、それともこれからのことを案じているのだろうか、、、。
それでも嬉しそうに海を見つめる眼には力が少しもどってきたようだ。

 海よありがとう! そして友よありがとう!
ここはアドリア海ではなく、太平洋、相模湾!
黄昏の海に手を合わせている。

 こういう旅っていいな! 
宇宙よ、友よ、、、、ありがとう!

a0031363_10195664.jpg

a0031363_10201862.jpg

a0031363_10200243.jpg
(海も広いが空もひろい〜〜〜〜!)
a0031363_11374189.jpg

夕食は、まず大森料理長の特別メニューの始まり、、、、、
(こういう形のお膳回りって旅の一つの形なのでしょうね、、、)

a0031363_11375431.jpg




# by pretty-bacchus | 2017-08-30 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(6)

一週間前にやってきたiPad Pro 10,5と遊んで、、、、。
2017年8月29日 火曜日 曇り

 (書きかけて、、、、、)

 世界一美しい広場とナポレオンも絶賛しヴェニスのサンマルコ広場。
124島を438の橋で結ぶ浮き島の国。
ヴェニスを思い出しながらの一夜。

 一週間前にやってきたiPad Pro 10,5と遊んで、、、、。



# by pretty-bacchus | 2017-08-29 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

オーシンツクツクが鳴き始め秋の気配が感じられます。
2017年8月28日 月曜日 晴れ

 本当にハラガタツ。
友人達は完全にJALをやめてANAに移ってしまった。
長年のグローバルの恩典が全然ないのだ。
特にマイレージで旅をしたいときの対応が最低。

 それでも三十年以上のあいだグローバルクラブで旅をしてきたので、いまさらANAに移ったって、
それはそれですぐには満足な旅はできないだろう、、、って思ってしまう。

 夕方に数時間、電話にしがみついた。
あきらめているとはいえ、希望の日はおろかその前後も全然席がみつからない。
半年以上先にしたのに、これでは別の方法を考えなければならないかもしれない。

 去年も、今年の旅もキャンセルしているので、マイレージはたまったままで、消化したいなって
思っているのに残念。

 まだ暑い日が続いている。
でも今夕はオーシンツクツクが鳴き始めた。
つらい夏だったが、ようやく秋がやってくるだろう、、、。

 今夜は「夏の大三角」がきれいに見えるといわれたが、それも見つからなかった夏の宵でした。

a0031363_22094510.jpg
              (ピンクの朝顔が楚々と咲きました)


# by pretty-bacchus | 2017-08-28 23:58 | Trackback | Comments(0)

曇天に青い朝顔が数輪咲いて、、、、、
2017年8月27日 日曜日 曇り後晴れ

 曇った朝にオーシンツクツクが響いていた。
暑い一日だった。
かなり辛い体調で、二人ともまいっているが、ここでつぶれるわけにはいかないではないか、、、、、。

 それでも週末という脳の納得でゆっくり出来たような気がする。
脳っておもしろいものだ、、、、。

a0031363_22073751.jpg


a0031363_22072024.jpg


# by pretty-bacchus | 2017-08-27 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

パリに住む友人はお仲間とサヴォアのアルプスにヴァカンス
2017年8月26日 土曜日 晴れ

 かたや南の島でヴァカンスをとった友、かたやパリに住む友人はお仲間達とサヴォアのアルプスに
旅をしているようで、ここ数日iPhoneフォトを送ってくれている。

 パリからのヴァカンスのツアーは今ではいろいろあるようで、それもとてもリーズナブルで、
彼らは毎年夏の十日ほどの旅を満喫しているようだ。


 今回のサヴォア地方はスキー場もたくさんあり、私たちも言った記憶がなるので、写真が着く度に
一緒に愉しんでいる。
オーヴェルニュ地方は、食にも恵まれチーズ造りも盛んで、毎日食べても一年中違う種類を
愉しめるという。

二十年前の写真があるはずなので、ワタシも探してみようかな、、、、、。















a0031363_00472942.jpg

a0031363_00480898.jpg


a0031363_13152397.jpg

a0031363_13154445.jpg

IPhoneで撮ってすぐ送ってくれるようで、Envoyé de mon iPhone とある。



# by pretty-bacchus | 2017-08-26 23:58 | ♪JourneyAbroad海外旅の思い | Trackback | Comments(0)