<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

五月も最後になってしまった。山下洋輔さんと久しぶりに
2017年5月31日 水曜日 晴れ Nの会

 五月も最後になってしまった。
男性だけの会のお手伝いも三十数年になるだろうか。
数年前から事務局は若い世代に受け継がれたが、ワインとお料理のマリアージュは
担当させていただいて嬉しい。

 今夜は四十人以上の出席があり、連れ合いの同級の山下洋輔さんが久しぶりにおいでになった。
随分昔によく食事会にご一緒させていただいたり、ある音楽会のコーディネートもさせていただいたりと
思い出は一杯。

洋輔さんは、日本のジャズピアニスト&作曲家であり、エッセイスト&作家としても活躍なさっている。
麻布高校在学中にジャズバンドを結成してプロとしての演奏活動を始めたというから、
ほんとうに自由が学校だったのだ。

洋輔さんのお爺さま山下 啓次郎氏は、は明治大正期の建築家で、五台刑務所を作ったことは知られている。
今日のお話しでは、お爺さまは12カ国を回り80もの刑務所の視察をしたあとでの
設計建築だったとのこと。
千葉監獄、長崎監獄、金沢監獄、鹿児島監獄、奈良監獄の内、四つはすでに正面だけを残して
壊されてしまったが、奈良監獄だけは残っていた。
赤煉瓦の素晴らしい建物であり、なんとかそれを後世に残しておきたいという彼らの思いが、
素晴らしい友人の連携で実現して壊されずにすみ、さらに重要文化財と指定されたのだ。

 東大寺から一キロ北西にある奈良少年刑務所は1908年に完成。
重厚な煉瓦造りの外観が特徴で、明治政府が建設した「五大監獄」で唯一全体が現存することになった。
建物が老朽化したため、受刑者の収容は停止されて、今後はホテルや博物館など観光資源として
保存活用される予定だという。
今年二月に重要文化財に指定され保存が決まり、このほどようやく業者が決まり、
2020年にもホテルとして生まれ変わることになったのだそう。
刑務所の建物がホテルとして活用されるのは日本で初めてのことで<プリズンホテル>が
どんなふうになるか楽しみだ。

その裏話を語る洋輔さんはとっても素敵だった。
ますますのご活躍をお祈りしたい。

a0031363_0573889.jpg


a0031363_058189.jpg


a0031363_23263321.jpg
(素敵なスピーチでした!)


by pretty-bacchus | 2017-05-31 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

メジロ君が陣中見舞いに来てくれました
[2017年5月30日 火曜日 晴れ 
 
 予定が変わり、会のペーパーを作らねばならなくなった。
器用貧乏でイラストレーターもこなすので、こういう時は常におはちが回ってくる。

 先方のオフィスでは勝手が違うので、自宅のPowerBookに夕方まで首っ引きで二つを仕上げた。

 時おり目を上げて借景の緑を見るのがただ一つの慰めに時間。
あれ〜〜〜べらんだの鳥がやってきたみたい、、、ソファー脇のカメラで、ノーファイだーでカシャリ!
メジロかしら?
ありがとう〜〜〜陣中見舞いに来てくれたのね!

a0031363_1534539.jpg


a0031363_1545442.jpg



 夕方に連れ合いの友人のAさんからお電話をいただき、数年ぶりでご一緒させていただいた。
ふくさんでお席をおとりいただいて、お料理をいただきながらの一時となりました。
男友達って本当にいいなって、思う一時。
もっともあまりお酒が強くない連れ合いなので、彼らはワイン付きで私をいつもお誘いくださる。

 明日の会には彼はこられないそうで、そんなわけでの急なお呼びだしとなったようでした。
ありがとうございました!

a0031363_213527.jpg


a0031363_2142265.jpg


a0031363_2144583.jpg


a0031363_215490.jpg



 そして、次は高田さんの処で、カクテルを!
みなさんお強いですね〜〜〜!

a0031363_216494.jpg


a0031363_2162931.jpg


a0031363_2164653.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-30 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

時がその行く末を決めてくれるのだろうか
2017年5月29日 月曜日 晴れ

 何かが回り始めた。
すごい勢いで回り始めた。
頭もくるくると回り始めた。
こんな時は眠っていても、<そのこと>を脳のどこかで考えているのだろうか?

 早くに眼が覚めてリビングに移って、今度はソファーにすわったままでじっと考えている自分を、
もう一人の自分が見つめている。
その人はじっと借景の庭の緑とその遠くの青い空と白い雲とながめて、大きな三本の木の間を飛び回る
鳥の声に心を奪われている。
それなのに、<そのこと>をずっと考え続けている。

 今日中に決めなければいけない突然の案件に、まだ頭は回ったまま、、、、。
メールが飛び交い、どんどん時が流れて、、、、
やがて夕闇が訪れてきた、、、、。
時がその行く末を決めてくれるのだろうか、、、、。

a0031363_1292362.jpg

(午前八時の借景はまだ充分に陽が当たってこない、、、、、、)

a0031363_1295283.jpg


a0031363_1302553.jpg
(am8:55)

(午後になって、ベランダに陽がさしはじめると、、、、)
a0031363_1314026.jpg


(午後六時二十分、日没の時間に)
a0031363_1334561.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-29 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!
2017年5月28日 日曜日 晴れ

 白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!
一年ぶり三十八回目の優勝。
千秋楽の横綱日馬富士との一戦は一分三十秒と長かった。
戦い終わったときの顔はなんとも素敵だった。
どんなにかうれしかったこどでしょう!

 髷を直して戻ってきての観衆の拍手に白鵬さんの顔がほころんでいた。
優勝杯と盾を受け取り君が代斉唱。優勝インタビューの初めての言葉は、
“ただいま帰ってきました。
“国歌を久しぶりに歌えることができて最高!
だった。
ひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってきた!
涙なくしてはこの場面をみてはいられなかった。

a0031363_0321643.jpg


a0031363_0325874.jpg


 横綱になって初めての怪我での休場のあいだのこの一年間は、彼の名前はメディアでは
ほとんど見られなかった。
それというのも、日本人横綱と騒がれた稀勢の里の世界が続いていたからだが、それにしても
その言い様はひどかった。
そこには、今までのある時期からの相撲界を一人横綱として相撲界をひっぱってきた白鵬にも
モンゴルの相撲人達にたいしての尊敬などは一切なかった。
彼らはどんなにか悔しいと思ったことだろう、、、、。

 昨日の照ノ富士の一戦を勝ち優勝をきめた白鵬は、
“長かったのかな〜。怪我あっての痛さは自分自身しかわからないからね。
断食したり、ヨガをしたり、リハビリから体作りから、ようやくと云う感じ”
モンゴルにも戻って体作りに励んだという。
横綱の責任と意地がすばらしいカムバックを生んだのだろう。

うるさがたの解説の北の湖さんも、今日の取り組みに“おもわぬイイ相撲をみせてもらった。
“白鵬の必死さが伝わってきた場所だったと、前の海さんが解説していた。

 今場所は鶴竜が早くに球場、つづいて稀勢の里も休みとなって二横綱が頑張っていた。
“ホントニ頑張りました。
“今場所をひっぱっていかなければいけないなと思った、とそこには横綱の責任と意地があったのだろう。

インタビューは、いつもより少し長かった。
休場の間に入院もして、その間に検査をしたら、
“血管年齢は二十五歳といわれたと、ほんとうに嬉しそうに語っていた
大台四十回、千四十七勝利を目指していきたいと語る大横綱に拍手を送った。

 今、若い新力士や、遠藤、よし風、勢、正代、豪栄道、玉鷲、高安など中堅の力士、
宇良などの体の小さい力士の活躍もあり、国技の相撲が盛り上がるのは嬉しいことだ。

 以前日経新聞の<春秋>にあったが、チカラビトの系譜に繋がるモンゴル出身の力士達は
たどたどしいこともあるが立派な日本語で優勝の歓びを語り相撲の心を語るモンゴル人力士、
君が代を一緒に歌い、国技を盛り上げてくれている。
角界の屋台骨を支えているのは、言葉や文化の壁を越えて、親元を離れて遠くの草原の国からやって来て
苦労を修行をしている元少年たちだ。
インタビューを受け、たどたどしさの残るがしっかりとした日本語で力士たちの姿には感動すら覚える。
白鵬さん、四十回の優勝まで頑張って欲しい。前人未踏の記録までいってほしい。

 七年前に国技館の「溜席」で白鵬優勝の千秋楽を見て以来、以前よりもお相撲に興味がでてきていて、
マックでものを書きながらのBGMも、制限時間いっぱいの時は顔を上げてみてしまう。

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
(七年前の記録から)
横綱白鵬の土俵入りは美しい!
どすん、どすんと足を踏み、パッパッとたたく手の音がすぐそこで臨場感満開
a0031363_425022.jpg


a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)

http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。

http://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 一月二十五日のサンケイ新聞
今朝の<春秋>は、ウィンブルドン現象と稀勢の里の横綱昇進などについて。
日本出身の横綱誕生は十九年ぶりだが、それまでの国技相撲界をになってきたのモンゴル人力士たちの姿を
力士=チカラビトと讃えている。良い記事だ。
(前略)
▼チカラビトの系譜に連なる男たちが東から西から集い来て、同じまわしを締め土俵でぶつかり合う。
ここに至る悠久の時を思えば、大相撲の取り組みが壮大な絵巻のように思えてくる。
宮本は同書でこうも記している。
「相撲が国技だなんて、小さい、小さい」。チカラビトの一人としての稀勢の里の横綱昇進を祝いたい。

http://keico.exblog.jp/23580889/
2017年1月25日 水曜日 晴
日経新聞の<春秋>で稀勢の里とチカラビトなどに感動
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。


by pretty-bacchus | 2017-05-28 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

一段落して、借景の緑を愛でています
2017年5月27日 土曜日 曇り後晴れ

 なんという一週間だったことか!
一日もブログをアップ出来ずに土曜日になってしまった。

 週末の暗い朝はなんとなく嬉しく、ゆっくりと休むことができた。
午後四時になって陽が射してきた。

 懸案事項もようやく一段落した感じで、この週末は少しプライベートなことが出来るかも知れない。
毎日のお天気とメモは書いてあるので、遡ってブログをアップいたしましょうか、、、。
(あまりにもいろいろあって大変でしょうね、、、、)

 ソファーにゆっくりした午後四時の借景の緑を撮ってさっそくにブログに取りかかった。

a0031363_170638.jpg

(ジャストこの時この時間に撮ったのをすぐにアップしたのは初めてかもしれない)
by pretty-bacchus | 2017-05-27 16:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

朝の緑から夕方の緑まで
2017年5月26日 金曜日 小雨のち曇り

 借景の緑が眩しい朝、、、、。
昨夜からとんでもないことを始めてしまった。

災い転じて福と成す、、、って大好き!
ここ一ヶ月悩まされたが、この際に、久しぶりにパスカルデュフェートルの銘酒を日本の皆さんに
再びご紹介したくなってきた。
そんな時に偶然、いや必然のようにSさんからお電話をいただいた。
“今年もボージョレブラン入らないのですか? あの樹齢六十五年のシャルドネは最高なのですのに、、”
いつも今頃にお電話をいただく方。
すっかり仕事をやめたのに、まだ数社はお手伝いしていて、特にパスカルと
サンテグジュペリ伯爵のワインは、しっかりと私の元に残っているのだ。

 調べたら、この十年とっていないし、数年前からのロゼ、<ロゼドゥソワレ>
<黄昏時のロゼ>は、
今年のワインコンペで銀賞をとっているのだそう。

メールが何どか行き来して、何枚ものフランス語のテイスティングレポートが送られてきて、
翻訳をしてレイアウトを考えて結局二日二晩徹夜!をしてしまった。
プリティーバッカスのデザインオフィスを久しぶりに立ち上げて、イラストレイターと首っ引き、、、、。
やっぱり私ってちょと凝り性すぎますね、、、。

 記録として次のページに非公開で載せておきましょう。


a0031363_16381598.jpg
(鳥の気配がしてカメラをかまえるが、鳥はいない!)

[#IMAGE|a0031
a0031363_1641799.jpg

a003363_16401924.jpg


a0031363_16431475.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-26 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

松川玉堂先生の二十七回目のお習字でした
2017年5月25日 木曜日 曇り後雨 お習字の日

 松川玉堂先生の二十七回目のお習字でした
一時のお話しのあとは、まず楷書で、岑參の<慈恩寺の浮圖に登る>から

四角 白日を 礙(ささ)へ,
  七層 蒼穹(さうきゅう)を摩す。
    下窺して 高鳥を指し,
      俯聽して 驚風を聞く。

松川先生がお手本をかいてくださる。

a0031363_23583498.jpg
(先生は衣更えをなさっていらっしゃる!)
今日は動画を撮ってみました。あとで載せておきましょう。

a0031363_0225064.gif


 最初の一枚は形を学ぶように、二枚目が終わったところで、先生が、
“はい、見せてください”
“いいね、いいですね。貴女の字には潤いと深みがありますね!”
ひあ〜〜〜! 先生は生徒をこんなふうにしてお褒めになるのがお上手なのです。

a0031363_23594426.jpg


a0031363_00983.jpg


 草書に移って、恒例の千字文の松本芳翆先生のお手本から。
宮殿盤鬱(キュウウデンバンウツ)樓觀飛驚(ロウカンヒキョウ)
<圖寫禽獸>トシャキンジュウ<畫綵仙靈>ガサイセンレイ>に続き、
丙舍傍啟(ヘイシャボウケイ)甲帳對楹(コウチョウタイエイ)
 
 <天地玄黄 宇宙洪荒 日月盈昃 辰宿列張)>からはじまる千字文は、尽きるところを知らず。
 千字文はほんとうに素晴らしい<書>と毎回思う。
<千字文>はその名のとうり千文字あり、二百五十の四字一句からなる四言古詩。
南朝の梁 (502–549) の武帝が、文章家として有名な文官の周興嗣 (470–521) に
文章を作らせたものと伝えられる千字文。
皇帝の命を受けて一夜で千字文を考え,皇帝に進上したときには白髪になっていたという伝説がある。

 <千字文>は、まず「天地玄黄 宇宙洪荒」宇宙は果てしなく広いと、
当時すでに天地や宇宙のことろ論じていたのはすごい!
次は、日月盈昃(ジツゲツエイショク)辰宿列張(シンシュクレッチョウ)
じつげつはみちかたむき、ほしぼしはならびひろがる。

http://keico.exblog.jp/23276027/
2016年10月7日 金曜日 晴れ
昭和三十六年発刊の松本芳翠の<草書千字文>をヤフオクで落札
a0031363_2247712.jpg
(天地玄黄 宇宙洪荒 日月盈昃 辰宿列張)

a0031363_22574539.jpg


 お習字のあとはSさんのディナーミーティングに参加。
二世代若い彼らがどんどん成長していっている姿はほんとうに素晴らしい。
そしてこうしてご一緒させていただけることに深い感謝の一夜でした。



http://keico.exblog.jp/page/3/
http://keico.exblog.jp/23864196/
2017年5月4日 木曜日 曇りのち晴れ
松川玉堂先生の二十六回目のお習字でした

http://keico.exblog.jp/23847978/
2017年4月27日 木曜日  曇り その一
松川玉堂先生の二十五回目のお習字でした

More>>松川玉堂先生のお稽古の記録
by pretty-bacchus | 2017-05-25 23:58 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(0)

朝一で与謝野馨氏逝去のニュース、私は病院の日でした。
2017年5月24日 水曜日 晴れ 病院

 朝一で与謝野馨氏の逝去のニュース。享年七十八歳。
官房長官・財務相など歴任した素晴らしい政治家だった。

1938年生まれ。歌人の与謝野鉄幹と晶子の孫。麻布高校、東京大学法学部を卒業後、
会社員や元首相の中曽根康弘氏の秘書などを経て、1976年の衆院選で自民党から出馬し初当選。
文相や通商産業相などを歴任し、政界きっての政策通として知られていた。
2009年の麻生内閣では、財務・金融・経済政策担当の三大臣も務めた。

消費税の必要を説き、民主党政権では内閣府特命担当相、社会保障・税一体改革担当相に就任した。
2010年4月に離党届を提出し、新党「たちあがれ日本」を結成。自民党から除名処分を受けたていたが、
この四月に自民党に復党したばかりだった。

実はいくつものガンの手術をうけていて、最後の咽頭がん手術のあと2012年12月には政界を引退していた。
地元の選挙事務所が近く、連れ合いの先輩でもあり、何度もお目にかかっている。
カメラの趣味もプロはだしだったり、食やワインのことにも精通していらした。
与謝野さん主賓のワイン会を何度かさせていただいて、食とのマリアージュをお褒めいただいたこともあった。
もう少しお元気でいらいて欲しかった。

a0031363_16552426.jpg
(病院のロビーからの定点観測?)

 消化器外科の検査の日だった。
逆流性食道炎と憩室の持病があるので、数ヶ月に一度Y先生に見ていただいている。
今年の大腸内視鏡では、日帰り入院とかで五つも大きなポリーブを採ってちょっと驚き。

 先生とゆっくりお話しさせていただいて、先々週に別の科で撮った16列のCTも
丁寧に見てくださって一安心。

http://keico.exblog.jp/23602413/
2017年2月2日 木曜日 冷たい風が身にしみる一日
<日帰り入院>で大腸内視鏡検査でした

http://keico.exblog.jp/23659350/
2017年2月15日 水曜日 晴
消化器センターの検査の結果はセーフで一安心
 
カテゴリ:★Hospital 病院、病い、お洒落

 帰りは夕方になって、まずチーバスでけやき坂まで。
この六本木ヒルズの夕方の光はとても好き。
お散歩の家族連れもこのあたりはとてもお洒落ですてきで、一時をベンチで時をすごしたあと家路に向かった。
 
a0031363_16591481.jpg
(ケヤキ坂のケヤキも緑の色をましてきた)

a0031363_1703167.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-24 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

疲れると借景の緑に癒されて、なぜか涙ぐんでいます
2017年5月23日 火曜日 晴れ 今日も真夏日

 暑い。
突然の暑さは、暑さに弱い身にとってはとても辛い。

 ことの結果を何本ものメールでフランスサイドに知らせる諸々で
一日が終わってしまった。
英語のメールがこんなにも疲れるとは、これも歳をとったということなのだと
納得をしながらも、なんだか妙に情けない、、、。

 疲れると借景の緑に癒されて、なぜか涙ぐんでいるって、やっぱり
かなり疲れていますね〜〜〜〜〜。

 明日は病院の日。少し早寝をいたしましょう。

a0031363_0292021.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-23 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

突然にやってきたメールの件は突然に終わった
2017年5月22日 月曜日 晴れ (遡って)

 今日も真夏日! 午前八時には二十五度をうわまわっていたというから、
ほんとうに地球はどうなって今っているの?

 先月下旬の起こったちょっとした事件がまだ終わっていない。
突然のメールと同じように、最後のメールもあっけないほどで、この三週間はいったいなんであったのかと
思ってしまう。
さんざんに相手を悩ませて、取り締まり会で決まりましたからと、自分達の方針を述べて
この件はお終いという一本のメールで、セフィニ。
一部上場の会社が、こんなことで多くの人を悩ませているとしたら許せることではない。

 でもこの三週間は、私の甘さを反省する機会にもなったし、これからのことを再考するよい時期と
なったかもしれない。

 相談した何人かの方々には数日かけて報告行脚をしなくてはならないから
忙しい一週間になりそうだ。

http://keico.exblog.jp/23862717/
(2017年5月2日 火曜日 晴れ
突然ふりかかった事件には心優しくいどむことにしました 

(あれ〜〜〜雀がやってきた、、、、カシャッとしたが間に合わなかった)

a0031363_02420.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-22 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)