<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東京都知事に初の女性誕生、おめでとう小池百合子さん
2016年7月31日 日曜日 晴れのち曇り

 借景の朝の光に咲き始めるベランダの朝顔はなんとも愛しい。
前日に蕾を膨らましていた一輪一輪が日の出時間を待つように開き始める。
日の出時間ほんの少し前のまだ暗闇のなかで目をこらしてみても、まだまだ開き始めていないのに、、、、

それが太陽の恵みをうけて、直接に光があたらなくとも、あたりが白々と明け始めると、
そっとまわりを見渡すように花房を開き始める。
やがて陽が高くなり、午後の時間になると、朝顔たちはそっと首をかしげて萎み始める。
桜よりも雛芥子よりも何よりも短い命なのだ。十時間にも満たない一つの生命!

ソファーから立っていってガラスにおでこをくっつけて、
“朝顔さん、ありがとう〜〜〜ゆっくり眠って下さいね”と声をかける。
翌朝には萎れたかけらはひとつづつ落ち始める。
なんとも切ない夏のページェント。

 (朝の光はなんともさわやかだ、、、、)
a0031363_22595956.jpg


a0031363_231118.jpg

a0031363_2314554.jpg

(青い空に白い雲が、、、、)

a0031363_2323813.jpg


a0031363_2334149.jpg(am9:25)

a0031363_2344986.jpg


a0031363_2374919.jpg


a0031363_23105962.jpg

a0031363_2395818.jpg

a0031363_2392679.jpg


 午後八時には当選確実のニュースが踊った。
小池百合子さんおめでとうございます。

過半数に近い291万票を得手の圧勝だった。
自民公明などが推薦組織戦を展開した増田寛也を約110万票引き離す大勝だった。
崖から飛び降りた気持ちで、、、と立候補をして、最後まで一所懸命選挙運動をなさっていた。

元知事の石原なにがしには<ばばあの厚化粧>と完全にセクハラ発言をされ、
自民党都議連中にも酷いことをいわれつづけての選挙戦を、彼女は緑のアイテムで輪を広げていった。
ここまで保守分裂となった選挙はめずらしかったのではないだろうか。

当選確実になった八時すぎの中継をみた。すてきな初スピーチだった。
当選インタビューのあと共同インタビューも中継でみた。
記者達の質問に、緑のハンカチーフで汗をふきながら、次々に答えていくスーツ姿の彼女はまぶしかった。
“これまでにない都政を進めていきたい、
男同志の密室の会議で結論がでているといわれている男社会の都議会を開いてでは、
まだまだ針のむしろに座ることが多いだろうが、開かれた都議会で東京の大改革をしてほしい。
頑張って欲しいと切に思う。


http://keico.exblog.jp/22999948/
2016年7月13日 水曜日 雨
朝顔の開き始める時間に東京都知事選を思って


by pretty-bacchus | 2016-07-31 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(9)

パリの友人はアルプスに,東京の友人は北海道に,ワタシは暑い東京
2016年7月30日 土曜日 晴れ 三十三度

 友人達はこの暑い都会を逃げ出し始めている。
パリの友人はフランスとスイスの国境あたりのアルプスの村のようで、写真を沢山送ってくださった。
最近はiPhneで撮ってすぐに送れるので便利になったようで、時々旅の様子を送ってくださる方が増えた。

a0031363_15561552.jpg
(Envoyé de mon iPhone)

a0031363_1775949.jpg


 Kちゃんは北海道の高原へ、でも都会っ子の彼女は虫が多くてちょっとこまっているみたい。

a0031363_15593552.jpg
(小さいワンチャンと一緒なので、ワンチャンずれオーケーのコテッジをみつけるのはたいへんだったようだ)


 日の出時間ごろに白々と明け始めると、ベランダの朝顔たちがうごめき初めて、
やがて花開き始めるのはなんとも嬉しく心が満たされる。
半日の命と知りながら、朝顔たちは懸命に花開いていく、、、可愛いな〜〜〜でも切ないな〜〜〜。
今朝は青い朝顔が十三もジャスミン用の支柱から立ち上がって黎明の借景に揺れていた、、、。

a0031363_16495147.jpg


a0031363_16503527.jpg


(別の鉢の朝顔は、ガラス越しの朝の光に妖艶に咲き始めた、、、、)
a0031363_16514294.jpg


(そして夕陽がベランダに入り込む頃に、、、、ひよどりじょうごの葉が揺れていた)

a0031363_16533998.jpg


 東京はすごい暑さが始まった。
どうしよう〜〜〜どうしましょう〜〜〜。



by pretty-bacchus | 2016-07-30 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

今年のお中元のお礼状はエルメスの名入り便箋に筆書きで
2016年7月29日 金曜日 晴れ

 梅雨明け二日目。
朝からミンミンゼミがけたたましく鳴いている。
西の空はあおく、朝から入道雲?

 朝顔は今朝も元気にベランダをにぎわしてくれていて、ありがとう〜〜〜!
オーシンツクツク オーシンツクツク オーシンオーシン、、、え〜〜?
夏の終わりに鳴き始めるツクツクボウシの声まで聞こえてくるのはどうしてなのかしら?

(ガラス越しに定点観測の朝顔たち、、、)

a0031363_22294658.jpg


a0031363_22283692.jpg

a0031363_22385539.jpg

a0031363_22304953.jpg


(フーシャ色の朝顔も花開いていました!)
#IMAGE|a0031363_22312641.jpg|201607/31/63/|mid|984|657#]
a0031363_22331139.jpg


 (午後になって光が変わってきました、、、、)
a0031363_22355098.jpg


 ちょとのあいだ冷房をきっていたら、部屋の中はなんと三十三度。
しなければいけないことが山積みなのに、体調いまいちと自分のあまえてしまっている昨今。
今日はようやくお中元のお礼状を数通書くことができた。
数が多い時期には主な文面を写真を下地にプリントして最初と最後と封筒を筆書きしていたのだが、
最近は数が少なくなったし、墨をすって心を静めたいと思うとついつい書く時を逸してしまう。
今年の便箋と封筒は何十年も前にパリのエルメスで特製した名入りのもの。
こんなふうに文房具に凝っていたのだと、なんだか昔をなつかしみ来し方をしのんでいる、、、、。

 明日も暑いという。
苦手な夏に到来なのだ、、、、頑張らねば!


(文房具も思い出は下記のブログで、、、)

http://keico.exblog.jp/10682101/
2010年5月24日 月曜日 雨
思い出の千代紙遊び五月雨 >>五月雨千代紙遊びの思い出や

http://keico.exblog.jp/10187504/
2010年3月12日 金曜日 晴れ
通い路や今日も惹かるる春の彩

http://keico.exblog.jp/12648666/
2011年5月23日 月曜日 雨
<小満>の雨はお部屋で紙遊び  

http://keico.exblog.jp/21510673/
2015年8月1日 土曜日 晴れ 猛暑日
週末は本とレターペーパーと万年筆の思ひ出に酔うて
a0031363_253497.jpg
(下の箱は二十数年前にエルメスでレターヘッドをつくったときの残りと箱。
なにしろ紙と布がすきで大好きで、、、)
パリに住んでいるときは、エルメスとキャスグランの名前入り特製の便箋と封筒だった。

(手製の便箋は)
http://keico.exblog.jp/20443040/
2014年11月28日 金曜日 晴れ
「和紙 日本の手漉き和紙技術」無形文化遺産への登録おめでとう!


a0031363_442618.jpg
  数年前につくった自作のレターペーパーは、和紙に志村ふくみさんの織物の一部をレイアウトしたもの。


by pretty-bacchus | 2016-07-29 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

今年最初の宇治金時は梅雨明けに虎屋菓寮で
2016年7月28日 木曜日 晴れ 梅雨明け 32度とか

 朝顔さん、おはよう〜〜〜さん!

a0031363_1155922.jpg


 暑い中を一時半のアポイントで溜池の某商社あとへ。
日本ではまだまだ女性は=主婦という考えは全男性にあると再実感。
でも同窓生ということで沢山時間をとっていただいて、いろいろ相談にのっていただけるのは
ありがたく嬉しいものだ。

 疲れ果てていたが、思い切ってミッドタウンまで。
地下の虎屋さんは長蛇の列。それでも半時ほど待って席に座れた。
疲れ切って少しお腹がすいた連れ合いは、夏スペシャルの小盛りご飯&小餡蜜のセット。わたしは今年の最初の宇治金時に挑戦。でも頭にツンがつらいから小盛りでお願いしました。

a0031363_1155579.jpg

a0031363_11575591.jpg

 地下の奥にある食料品やさんでお買い物。
慣れないお店は疲れるが、近くのスーパーとかにはない食材がいろいろあって楽しいな、、、。
二人で両手一杯の袋を持って帰宅。

 梅雨が明けて本格的な暑さがやってくるだろう。
暑がりで汗かきにわたしには辛い数ヶ月になるに違いない。
]
]

by pretty-bacchus | 2016-07-28 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

数時間の会議のあとは夏祭りの道を通って神楽坂の大川やさんへ
2016年7月27日 水曜日 どんより曇り空 N先生

 どんよりした朝の借景に水色の朝顔がベランダの天井までとどかんばかりに立ち上っていた。
朝の光のなかにたった一日の命いっぱいに咲く花はなんと切なく美しいことか、、、。

ガラス越しにでも愛でるこの夏の花!

a0031363_18184662.jpg


a0031363_18192530.jpg


a0031363_1820819.jpg



 午後からN先生のオフィスへ。
小一時間いろいろとミーティング。廊下鳶で別のお部屋へうつって、Sさんたちとの会議に出席。
若い方々のユニヴァーサルなお考えとお仕事に感動しつつ、また私たちが培ってきた人生&仕事の経験を
こうした方にテイクオーバーしていけるのがとても嬉しい。

 先週の渡しのブログをご覧になって是非にと言うことで、今日は四人で
新星<手打ちそば神楽坂大川や>さんへ。

http://keico.exblog.jp/23036782/
2016年7月20日 水曜日 曇りのち小雨 、大川やさん 
大川英児さんの蕎麦処<大川や>が神楽坂に新しいお店を!

おりしも夏祭りの神楽坂商店街はゆかた姿の若い人が一杯で夜店もでていて、昔の夏祭りがなつかしい〜〜〜。
あら、、、この調べはひょっとこ踊りかしら?

a0031363_1820525.jpg
(車窓から、、、、)


 カウンターを貸し切りにしてくださって大川さんの蕎麦会席を堪能させていただきました。
お酒はお若い方は三千盛、私たちは菊政を常温で。
みんなそれぞれ悩みをかかえているのに、こうして楽しく夕食をできることに感謝の一時でした。
ありがとうございました。

a0031363_18212843.jpg
(お造りは赤貝と稚内の帆立貝)

a0031363_18215857.jpg
(途中の汁椀としては小ぶりなにしん蕎麦が! なんともお洒落で美味!)



by pretty-bacchus | 2016-07-27 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

毎朝のニュースを静かに見られる日が早く来ることを願って
2016年7月26日 火曜日 小雨

 ここ数日ミンミンゼミの声がおおくなった。
ベランダの赤いゼラニウムや、朝顔の花に時々黒揚羽超がやってきている。
カメラを構える頃にはとびさってしまい、その美しき勇姿をとることができていないがとても残念。

 毎朝入るウェブニュースは、テロとかむごい事件とか、悪い経済状況ニースとかばかり、、、。
欧州では今月になった七つも八つもテロが起きている。
そして今朝は、なんと日本での凄まじくむごいニュースで朝を迎えた。
この相模原の事件は、犯罪史上でも特筆される異様な事件で、
「世界で最も安全な国、日本にショック」と海外でも速報されたという。

 自然も人間もどこかで軸がずれはじめているのだろうか、、、。
世紀が変わって十六年、歴史上ではその世紀が一つの落ち着きを迎えるのはその位かかると言われている。

 毎朝のニュースを静かに見られる日が早く来ることを願ってしまう小雨の朝に。

a0031363_18133317.jpg


a0031363_17582446.jpg
(ひよどりじょうごの花が揺れて、、、、

a0031363_18121691.jpg
(カネノナルキに紫の朝顔がからんでしまった、、、、)



by pretty-bacchus | 2016-07-26 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

キジバトに朝顔とひよどりじょうごの白い花、そして会食
2016年7月25日 月曜日 曇り 

朝一番にバタバタと鳥の通過の感じがした。
カメラをかまえて借景の木々をレンズ越しに一巡り、、、、。
いました、いましたキジバトでした。
止まって、あっちむいてこっち向かずに飛び去ってしまいました。

a0031363_1325583.jpg


(ガラス戸越しに遠くにみえるキジバトを望遠で活写できるのは嬉しい、、、、)
a0031363_1326044.jpg



 朝の朝顔の定点観測はなんとも癒されて嬉しいもの、、、、、、。
青、白、えんじ、ピンク、、、、。
鐘の鳴る木にも白縁のフリンジの青い朝顔が咲きました。

a0031363_13295618.jpg


a0031363_1331199.jpg


a0031363_1332262.jpg


(ひよどりじょうごの花も咲いています!!)

a0031363_1333945.jpg


a0031363_13362694.jpg


 夕方から男性だけの会のお手伝い。
事務局は昨年から若い世代にお願いしたのだが、ワインと食事のマリアージュとかは、
まだコーディネイターをさせていただいてちょっと嬉しい、、、、。

a0031363_1341495.jpg


a0031363_13382135.jpg

a0031363_13384979.jpg


a0031363_13391433.jpg

 お料理は、フレンチレストランアルゴの特別カクテルディナーメニュー。
  まず、冷菜は
   サラミ
   ビーツのタブレ
   魚介のゼリー寄せ
   パテ ド カンパーニュ
  温かいのは
   マスの温燻(1匹丸ごと)
   グージョネット
   鹿肉のソーセージ
   牛蒡の肉巻き
   マカロニグラタン
   仔羊の香草パン粉焼き
   自家製パン
   デザート
   珈琲
a0031363_13452630.jpg
(事務局は脇のライブラリーカフェでそっといただきます、、、、)

 ワインはこの暑さを考えて、白は12度位に冷やしたシャトー・ドゥ・ティルガンのソービニオンブラン。
フランスのエコ有機栽培の先端をになっているこの造り手のサンテグジュペリ伯爵は、
十二年前に白ワイン用の葡萄をすべて抜いてしまいました。土地の改良をし新しい葡萄
を植えて、
化学肥料などは一才使わない葡萄造りに励みました。
それから八年後にその成果が実り、2015年は五回目のヴィンテージ。
ロバートパーカー氏も絶賛している新星ベルジュラック ブランは生産量は2000本で
日本には200本だけ入ってくる希少品。
ソーヴィニオンブランのアロマとセミオンの絶妙なバランスは素晴らしい。
そんなサンテグジュペリ伯爵の情熱をお話しさせていただいきました。

赤はトスカーナのヴィッラヴィーニャマッジオ Villa Vignamaggio のDOCG ゲラルディーニ。

a0031363_13435681.jpg


 今夜のゲストルピーカーのお話しは、IoTとBtoB,PtoPなどと時代の先端をいくいろいろの経済効果などで、
ますます時代はウェブインターネット時代と〜〜〜。
最近のスリーレターアブリビエイションを含むフレーズが多く、PC経由で写し出される図面がなかったら
理解しがたいこともあり、果たして皆さん理解してらしたのかしら?

 皆さん和気あいあいと会はすすんで、大人の男達の素敵さをそっと見守りました。
政財官界美術音楽IT界などで活躍なさる三十代から八十代までの某男子高校の同窓会的なこの会は
なんとも佳いものでした。



by pretty-bacchus | 2016-07-25 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

青い朝顔さんありがとう〜〜〜!
2016年7月24日 日曜日 晴れ

 これほど長く(といって数日)ブログを書けなかったのは久しぶりかもしれない。
心身共にいろいろ重なってMacに向かう時間も少ないし、撮った写真の整理もできていない。
メールの返事も何十も書けていなくて、それがまたストレスになってイ〜ラ〜〜〜イラ!

 それでも夏の絵日記よろしくベランダの朝顔の定点観測は忘れていない。
この朝顔の清らかさにどんなにか慰められていることか、、、。
ありがとう〜〜〜朝顔さん!

a0031363_20105355.jpg
(日の出二時間後には朝顔が元気に開き始める、、、)

a0031363_20131779.jpg

a0031363_20151493.jpg

a0031363_20141981.jpg

a0031363_20185457.jpg


a0031363_20204810.jpg


 (午後にあれれ、、、見知らぬ鳥がやってきました、、、)

a0031363_2022016.jpg


 (夕陽をあびて、、、、カーテンが燃え始めた、、、)

a0031363_20263797.jpg


 夕方に母から何度も電話。
終戦の時の天皇陛下のお言葉と、二重橋と坂下門で自害した数人の陸軍将校のドキュメンタリーを
テレビでみているらしい。
いつもはそんな母ではないのに、昔のことをいろいろ思い出しているのだろう。
涙もろい母と一緒に、そのDMAをひいた私も一緒になってうるるんの一時でした。

                                 (28日に記す)

by pretty-bacchus | 2016-07-24 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

週末は朝顔と借景の木々に癒されて
2016年7月23日 土曜日 曇りのち晴れ

 雨上がりの週末はなにもせずにボケット借景の緑と朝顔と鳥さんとお話し。
夕食の約束もおことわりしてしまって、、、ごめんなさい。

 こういう日がだんだん多くなるのだろうか、、、とふと不安にもなるが、
まあそれはそれでよしとしましょう。

a0031363_1221502.jpg
(朝の光に輝き始めています、、、)

a0031363_1223587.jpg
(ひよどりじょうごの花が小さく、、、小さく、、、、)

a0031363_1224418.jpg





More>>未整理のブログ
by pretty-bacchus | 2016-07-23 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

大川英児さんの蕎麦処<大川や>が神楽坂に新しいお店を!
2016年7月20日 水曜日 曇りのち小雨 歯医者さん、大川やさん  (遡って、、、)

 九段の歯医者さんの帰りにはいつも手打ちそばく九段大川や>さんに寄っていた。
今日は歯医者の予約時間がいつもより早かったので、その前に軽んでランチ。

http://keico.exblog.jp/21312676/
2015年6月3日 水曜日 雨のち曇り
歯医者さんのあとKちゃんと大川さんの酒、肴、蕎麦をいただきに 

http://keico.exblog.jp/19535433/
2014年3月4日 火曜日 晴れたり曇ったり
久しぶりの大川やさんでお蕎麦の舌鼓

 その大川英児さんが、先週新しいお店を神楽坂に出された。
十五年たった市ヶ谷九段の「手打ちそば 大川や」はお弟子さんにまかせて、
大川やさんご自身がカウンターに立つ蕎麦処!を神楽坂の一軒家にオープンなさったのだ。

 お爺さまがうどんの徳島、草加のおせんべいやさんがご実家の彼が、突然蕎麦の神様に召されて
上京して二十数年。
「本陣房」という老舗手打ち蕎麦やで数年修行のあと、更に修行を重ねて、三十歳の時にだされたのが
九段の<大川や>さん。
靖国通り裏の奥まった小通りのこの店は、またたくまにプロも食通も通う店となり現在にいたっていた。

<蕎麦の美味しさを沢山の人に味わってもらいたい。そのためには廉価であることが大事な条件だ>との
考えで、味と値段の絶妙なこだわり蕎麦屋である。

 蕎麦前には日本酒で前菜小鉢やお造りや生ものをいただき、最後は蕎麦という粋な食事を堪能できる。
旨い皿と旨い酒。十割蕎麦のそのしなやかな腰のよさは見事!
「酒飲まずして蕎麦屋に入るなかれ、、、、蕎麦屋好きだった作家池波正太郎の有名な言葉だそうだが、
大川さんが選んだ珠玉の酒もまた肴!
そして蕎麦料理に新しい工夫や創作を生み出しつづけ、多くのファンを魅了してきた。
タモリさんが<笑っていいとも>収録のあとにはいつもいらしていたとか、、、。

 私たちが通い出したのはオープンして間もなくの十数年前で、何度もこのブログで書いている。

(moreにいろいろ、、、、大川やさんのこのブログ内いろいろは下記へ)

 二十席に満たないこの店は、十五年の間に小上がりが出来、カウンターを造ったり、何度か改装をして、
去年には、店の前面の花処だった場所に石臼を移して、そこで蕎麦を打っていた。

a0031363_2315231.jpg
(2015年6月3日に、エントランスはすっかり変わって、右側にはガラスに囲まれた小さなお部屋ができて、
蕎麦粉をひく石臼と、蕎麦打ちの場所が!)
(その日使う分だけの蕎麦の素を石臼にて自家製粉しているのだから、、、美味しいはずですね!
 
 機が熟したとでも言うのだろうか。あるいは蕎麦の神様の采配か!
堀を挟んだ向こう側の神楽坂の坂を上った中程の一角に一軒家がみつかり、お蕎麦やさんをという
大家さんのたってのご希望で、数ヶ月の内装改築を終わり先週にオープンしたというわけだ。
a0031363_539526.jpg


 ガラガラとくぐり戸を開けると小さな土間。ここで靴を脱ぐ。
お祝いの胡蝶蘭や花々が一杯におかれた一階は二人掛けの席が二卓。

a0031363_5412367.jpg

 数段あがると一面に板場が広がっていた。
肌触りのいい栃の木のカウンターには肘掛けのあるコンフォタブルな椅子が六席。
奥には台所もかいまみられる。

a0031363_5421087.jpg
(六人揃えば、このカウンターを貸し切り状態にできるのです!)

a0031363_5425679.jpg(カウンターからエントランスを見る)


“おめでとうございます。いよいよですね、、、
“ありがとうございます”。さっそくとりあえずビールで乾杯!
(ここにはお酒だけでシャンパンもワインもないのです。お酒も九段のお店に比べると
数種だけになっていました)
メニューもコースと追加の数品だけで、蕎麦前としての板わさ、鳥わさ、玉子焼など。

九段のお店とは少し違うことを匂わせたら、
“蕎麦処ということにしましたので、、、”と大川さんご自身は納得のご様子。
メニューには九段時代のお造りなどがないのですが、それはちゃんとコースの中にでてきました。

 今夜のお皿は蕎麦前には小鉢が五点、
オカラから始まり、ふき、板わさ、生ものは赤貝、途中で小さい茶碗蒸しもでてレパートリーは豊か。

a0031363_5444781.jpg(まずオカラから)

a0031363_5453882.jpg(季節のフキ)

a0031363_546374.jpg(湯葉と生わさび)

a0031363_5484243.jpg(追加で板わさを)

a0031363_549303.jpg(さらに追加で鴨! 美味!)

 これで酒を飲まないわけにはいかないでしょう、、、。
菊政をいただいたら、すてきな木の徳利とお猪口。

a0031363_5503799.jpg

(このお猪口は口紅が付かないとか)


 目の前の大鍋で大川さんが揚げてくれる天ぷら!

(さあ、これから天ぷらです。 織部焼の感じのお皿に大根おろしも)
a0031363_5532682.jpg


最初の生しらすの大葉包みから始まり、季節の天麩羅が三〜四点、
揚げ具合抜群でどれもこれも美味しく、九段のお店ではその手元をみられなかった技も堪能!
お酒は当然二本目の徳利! そして三本目へ!

a0031363_5562198.jpg
(生しらすの大葉巻き、美味しい〜〜!)

a0031363_55905.jpg

最後は東京湾の「活き〆江戸前穴子天」 衣はさくさく中はふっくらと一匹ままの天ぷらで締め。

ここで終わりで、次は打ちたての蕎麦のはずなのですが、なんと私たちは最初からもう一度
おかわりをお願いしたのです。
店主もビックリ、私たちもビックリです!

 そして最後は打ちたての蕎麦。
さすがにこちらは一人前にしましたが、お隣のお客様はおかわりをしていました。

a0031363_69495.jpg(かわゆい茶碗蒸しも)

a0031363_634848.jpg


a0031363_655755.jpg(最後は蕎麦湯をいただいて、、、)
(右の小窓から、彼は下の階のお客様の様子がみられるようです)

a0031363_644484.jpg

 (明日は検査の日なのに、三本目のお酒も空にして、最後はデザートに最中いりのアイスクリームを
いただいてようやく終わりに)


 二階に四席と二席の二卓あって、お手洗いも二階。
少し急な回り階段でおりるのがよろよろ、、、もう酔っていたのでしょうか?

a0031363_615638.jpg


(二階のお席で店のお品書きをカシャッ。大川さんがが自筆で書いています)
a0031363_616890.jpg

 
   板わさ、天種、玉子焼き
   今日は升酒にするか
     燗でもつけるか
   蕎麦やならではの
     思案酒
   どうぞごゆるりと
     お過ごしください。


a0031363_617216.jpg

a0031363_6173516.jpg


 一階に四席、カウンターが六席、二階は六席と全部で十六席だが、おそらく満席にはしないでしょう。
朝の出勤時に靖国通りを歩く大勢のサラリーマンを見て、「あの人達に美味しい蕎麦を食べさせたい」と、
お蕎麦の美味しさを、沢山の人に味わってもらうには、廉価であることが大事な条件だと
考えていいるそうだから値段はおさえたまま!
(これでは経営は大変だろうな、、、って心配になってしまう、、、、)
 
 すてきなお店ができたものです!
タクシーを使ってでも行ってみたいお店。
ミシュラン的に言うと、<わざわざ回り道をしても訪ねる価値のあるお店>=イコール、
それは三つ星というわけです!

 嬉しいやら困ったやらの感激の一夜でした。
お祝いの花々が自然消滅して、大川やさん本来の野草の楚々とした花入れの花がお店の自然となる頃には
予約を取るのがむずかしいお店となっていることでしょう。

 (最後のお客にならないように気をつけて、おいとまを、、、、、、)

a0031363_6224397.jpg
(大川さんに送られて、、、、)

 まだ、グーグル検索では、このお店のことは出てきませんし、食べログにもありませんので、
このブログをアップすると、友人達がすぐにかけつけるでしょうね。
九段のお店も、豊橋とか京都から友人が訪ねたそうですし、東京のIさんは何度行ってもまだ試食が
おできになっていないようなのです。

 いずれにしてもぐ予約がすとれなくなってしまうでしょう。
今のうちにアニヴァーサリーの予約をいれておかねば、、、、、、。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

More>>大川やさんのこのブログ内いろいろ(古い順に)

http://keico.exblog.jp/3768521/
2006.06.19 月曜日 晴れ 暑し
海山の友の便りよ実りあれ


http://keico.exblog.jp/5793101/
2007.06.26 火曜日 曇り、雨
夏蕎麦も友と語らい味深し 

http://keico.exblog.jp/5823767/
2007.07.03 火曜日 一日曇り
オーナーの大川英児さんと、すごいギターの話がデザート!

http://keico.exblog.jp/6167560/
2007.09.14 金曜日 晴れ
月なくも 虫の音と一緒 散歩道

http://keico.exblog.jp/6980400/
2008年4月6日 日曜日 晴れ
散る花の誘いに惹かれ夕陽追い ✿ฺ´☆`✿ฺ

http://keico.exblog.jp/7272307/
2008/07/03 Thu 晴れ  暑い一日だった
真夏日も 友の輪が呼ぶ 涼風や

http://keico.exblog.jp/7450024/
2008年9月1日 月曜日 晴れのち曇り雨
日常茶飯事となった青天の霹靂

http://keico.exblog.jp/7682948/
2008年11月22日 土曜日 はれ
大川やさんで岸部眞明さんのアコースティックギターの夕べ

http://keico.exblog.jp/7879345/
2009年1月30日 金曜日 雨
友と酒雨の週末春を呼び

http://keico.exblog.jp/8039595/
2009年3月6日 金曜日 雨
春宵一刻 女二人で沈沈とふけてゆく

http://keico.exblog.jp/8143340/
2009年4月4日 土曜日 曇り時々晴れ、夜半雨
桜花 市ヶ谷見附まで ✿ฺ´☆`✿ฺ

http://keico.exblog.jp/8169633/
2009年4月11日 土曜日 晴れ
夕陽を追いながら花絨毯と戯れて ✿ฺ´☆`✿ฺ
 
http://keico.exblog.jp/8943525/
2009年9月9日 水曜日 曇り
重陽の節句にお蕎麦とワインと日本酒で

http://keico.exblog.jp/9290710/
2009年11月21日、土曜日 曇り
岸部眞朗さんのサロンコンサート
a0031363_92136.jpg
(休憩時間にお客様と話す大川さんを隙間から盗み撮り?)


http://keico.exblog.jp/19535433/
2014年3月4日 火曜日 晴れたり曇ったり
久しぶりの大川やさんでお蕎麦の舌鼓
a0031363_19243224.jpg


http://keico.exblog.jp/19718818/
2014年4月24日 木曜日 晴れ イタリア文化会館
イタリア文化会館で「文学の町、トリエステ」の講演にでかけました

http://keico.exblog.jp/20270123/
2014年10月7日 火曜日 晴れたり曇ったり
Fujifilm X-T1にFUJINON XF10-24mm とNikon D7100にTamron16-300mm

http://keico.exblog.jp/20784369/
2015年1月21日 水曜日 雨  歯医者
霙ふる寒い一日の最後は大川やさんで蕎麦割烹

http://keico.exblog.jp/21312676/
2015年6月3日 水曜日 雨のち曇り
歯医者さんのあとKちゃんと大川さんの酒、肴、蕎麦をいただきに 


 〜〜〜〜〜〜〜〜
新宿区神楽坂6-25
03-3269-5011
11:00~14:00 / 18:00~22:00 日曜定休
禁煙



More>>大川やさんのこのブログ内いろいろ(古い順に)
by pretty-bacchus | 2016-07-23 23:20 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)