<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

七分咲きの東京の桜の一時に祈りをこめて ✿ฺ´☆`✿ฺ
2016年3月30日 水曜日 曇り時々晴

 愛車のない生活になって十年もたったかしら?
少しでも歩くようになったし公共交通機関も使えるようになったから、それで良いのかもしれと思っている。
でも花の鉢を買いたいときとか桜の季節には、やっぱり車であちこち廻りたいと思ってしまう。

お願いすればすぐに車で走ってくれる友人もいるが、なぜかそれに甘えるのも申し訳ないと時には思って、
今年は遠慮してしまった。

 せめて部屋の中から超望遠で見える限りの桜を探す。
右奥の方の瓦の屋根にかかっていた古木の桜は数年前にきられてしまって、今ははるかかなたの
緑の屋根の手前にみえる桜だけ。
玄関を出て裏道を歩けば何分もかかってしまう場所なのに、裏の方の借景では遠くにその桜色を
かいま見られて嬉しいの限り、、、。
それにしても手持ちでガラス越しにこんな風に<花>の訪れを楽しむことができるって素敵です!

a0031363_2324389.jpg
(午後一に遠くの桜に陽が当たり始めた。座ったままで、望遠で手持ちで、こんなふうに楽しめるのです)

a0031363_2354553.jpg
(そのずっと手前のシデに枝に鳥さんがとまりました、、、、カシャッ〜〜〜)(

 どんよりしていた午後遅くに太陽が顔をだしたようで、
借景の花芽を照らし始めた。

 どうしよう、行ってみようか、、、、せめて少しだけ歩いて、、、。
日没時間一時間前に家をでた。久しぶりのX-T1を首からかけて、、、、。
大通りに出るまでの桜を楽しんで、新宿区>港区>四谷見附橋を渡って千代田区。
ソフィア通りの桜はまだ七分咲き位かしら?

a0031363_2363875.jpg
(四谷見附橋から中央線の四車線にすべて車両が入るのは珍しい、、、)

a0031363_2375289.jpg
(大通りを右に上智大学の角を曲がるとすぐにこの標識がある)

a0031363_2551660.jpg


a0031363_238383.jpg(さよなら〜〜元気でね〜〜〜と声をかけあっているのは卒業生だろうか、、、、
何十年も前が懐かしい〜〜〜)

 前にすてきなカップルが歩いていた。
そう思うのは私だけではなかったようで、なんとなく隣を歩く女性とうなずき合った。

 下の道を少し歩いて上智の土手に上った。
桜色のさくら、黄色のレンギョ、紫のむらさきはなな、白のシャガ、そっと地にはう黄色いタンポポ、、、。
夕陽が西の新宿のビルの間に沈み行くその数分の光と空のページェントに桜の花が喜んでいるようだった。

a0031363_2405648.jpg(そっと手を繋いでゆっくりと歩いている二人ずれは素敵だった!)

a0031363_2542932.jpg
(紫はなな、レンギョ、シャガ、そして桜、、、、、今年の桜は色が濃いような気がする)

a0031363_2584069.jpg


a0031363_2594322.jpg


a0031363_302231.jpg

(今日というヒモ終わりを告げて、、、、陽は沈みゆく)
a0031363_3153890.jpg


 少し疲れたので教会前に椅子に座って休んでいたら、イグナチオ教会の六時の御ミサの鐘が鳴り始めた。
そっと木の扉を開けて最後列の席に。
賛美歌が始まった。久しぶりのこの静けさは何だろう、、、。
今年最初の桜を母校の土手で愛でることができたことに感謝を込めて祈りを捧げた。

「願わくば花の下にて春死なん その望月の如月の頃」 父も好きだった西行の和歌。
明日は体長を整えて千鳥ヶ淵までいってみたいな、、、、。


by pretty-bacchus | 2016-03-31 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(6)

桜満開宣言の千鳥ヶ淵の夕暮れザクラの速報 ✿ฺ´☆`✿ฺ
2016年3月31日 木曜日 晴れたり曇ったり

 桜の満開宣言の千鳥ヶ淵の夕暮れザクラの速報です

 東京は桜の満開宣言。
開花から十日もたっての満開だそうだが、まだまだ八分咲きくらいの処が多いようだ。

 昨日やっと少し思いカメラに変えて上智の土手あたりを歩いたが、まだその写真の整理が終わっていない。
それなのに、今日の午後三時にとつぜんに出かけた。
今日のこの日を逃したら今年はあの桜を撮れないのではないか? 来年を思ってはいけないのだ、、、と、
悲壮な気持ちに襲われて、体調いまいちなのに三時に家をでた。

大通りにでたらちょうど都バスがやってきて飛び乗り。
麹町警察前でおりて、半藏門、英国大使館、乾門への道まででもう心臓パクパク。
無理をして三台のカメラを首から下げてきたのが、むりだったのだろう。
(わかっているのですが、、、懲りないオンナですね〜〜)
どこかに座りたいが椅子もない、タクシーに乗って帰ろうと思うも車は混んでいて動いていない。

北の丸公園を少し入った処にベンチがあるはずだ、といつもの道をすこしいって一休み。
ここまできたら、丘をあがって桜を追いながら進むしかない。
ちょうど夕陽も沈み始めて桜とお堀の水を照らしている。
去年よりきれいなベンチがいくつもできていて、途中なんどか休すみながら進んだ。

このあたりの桜はまだ満開ではなく、八分九分咲き。
風がでてきて午後のボートは禁止になっているのに、水ノ上には天井の桜はひとひらも散っていないのだ。
花筏も素敵だが、こうした凛とした花が桜の真情なのかもしれない、と妙に納得して妙に感激。

 行き止まりで右に降りて赤い椿の小径を進んで武道館脇へ。
和田蔵門をくぐったところで夕陽が桜を呼んでいた。PM5:47
靖国神社脇でようやくタクシーに乗れて帰路に。

 三時間の花逍遙は疲れ果てましたが、、、、、後悔のない一時となりました。(歩いた歩数は4,800歩)

今日のカメラは
 ☆Fujifilm X-T1+FUJINON XF18-135mmF3.5-5.6 R L
 ☆FujiX30+FUJINON4x28-112mmF2.0-
 ☆SIGMA DP1 Merrill(Foveon X3)

まずSIGMA DP1 Merrillの数枚をアップしましょう。

a0031363_503082.jpg
(pm3:59 毎年の定点から、今年は手前の桜はまだ三部咲きくらいで、菜の花とこでまりが風に揺れていた)

a0031363_4565746.jpg
(pm4:40)

a0031363_4575093.jpg
(pm5:13)

a0031363_4585140.jpg
(pm5:43)



by pretty-bacchus | 2016-03-31 23:58 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(6)

桜はまだ三部咲きで花曇り、、、、花疲れ ✿ฺ´☆`✿ฺ
2016年3月29日 火曜日 晴れたり曇ったり

 花曇り、花冷え、花筏、、、、花疲れなんている言葉もあるのかしら?
春眠暁を覚えずは、ここ数年感じているが、なんだかだるくて眠くてどうしようもない。

 九段にすむ友人から写メが入った。
北の丸公園口の桜はまだ三部咲きくらいのようだが、なぜか冷え冷えと美しい!

 借景のシデの木の芽は花房になってきた。
日没の少し前にばたばたとオナガがやってきた。
枝の間にしばしとまって何をしているのだろう?
手元の望遠で激写。 どうやらまた巣を作り始めたようで、口に何かくわえている。
このオナガも去年のこのあたりの巣から巣立ったのかも知れない、、、。
いいな、、、

a0031363_2312198.jpg

(ソファーに座ったままでガラス越しに遠くの木の枝を超望遠で)
a0031363_23124027.jpg


 年々歳々花相い似たり  歳々年々人同じからず
しかし鳥たちはまたやってくる。
明日こそは桜狩りに出かけたい〜〜〜です。

<春風の 花を散らすと 見る夢は さめても胸の さわぐなりけり> 西行



by pretty-bacchus | 2016-03-29 23:58 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(4)

桜の木の近くにみつけた枯れ古木のクロガネモチ ✿ฺ´☆`✿ฺ
2016年3月28日 月曜日 晴れ後曇り夜に小雨

 お昼過ぎに家をでた。
車で御所の道を走ったら国旗が青空にたなびいていた。
赤坂見附の方まで続いていたから、どこかの国の国賓が来日しているのだろう。
 追記(ロバート・ガブリエル・ムガベ・ジンバブエ共和国大統領及び同令夫人が
公式実務訪問賓客として来日とのこと)

 二時から始まったあるセミナーに参加させていただいた。
ほとんどが男性だったが、私たち女性はほんのかぞえるほどだった。
三時からはカクテルレセプション。
昼の時間なのでお茶会の感じで、この後はほとんどの方が仕事場におもどりになるのだろう。

 会場は東京プリンス、少し早くついたので前庭あたりを一回り。
遠くに見えるのは増上寺かしら?

 大きな木の元に枯れ果てた木かぶが大切に守られていた。
ちゃんと枠に入れられていて、<クロガネモチ>と名札がついていた。
冬の公園で 赤い果実をたくさんつけたクロガネモチの樹を見たことがある。
あの枯木?
都会のホテルの駐車場の一隅にこんなふうに残されているって、なんだかとっても嬉しいな、、、。

 調べてみたら、モチノキ科モチノキ属の木で 関東以西の暖かい地方に分布して、
鉄(くろがね)のような黒味を帯びた葉色が名前の由来で、赤い実は小鳥の好物なのだそう。
きっとこの地に昔から育っていた大切な木の一本だったのだろう。
そういえば、半世紀も前にこのホテルが建てられた時の社長は連れ合いの友人で、
なるべく自然を残していきたいと言ってらしたことも思い出している。

 多くの人にお目にかかったし、、、なんだか少し疲れてしまって桜の名所にも寄らずに帰宅。
だらしがなくなりました、、、、ね。

a0031363_1445690.jpg

a0031363_1453425.jpg

a0031363_1461379.jpg


a0031363_1463418.jpg


a0031363_147395.jpg

a0031363_1472727.jpg


 日没の少し前に借景の木々が光に揺れ始めた。
なんと、イヌシデの木の芽がいつの間にか花房をつけている!
自然のうつろいって素晴らしい〜〜〜!

a0031363_3132497.jpg


a0031363_3125985.jpg


a0031363_3134628.jpg


by pretty-bacchus | 2016-03-28 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(1)

 <さまざまなこと思い出す桜かな>なんといい句だろう! ✿ฺ´☆`✿ฺ
2016年3月27日 日曜日 晴れ

 和田蔵門の桜を観に撮りにいこうと思って、九段の高層住宅に住む友人にメールをだしたら、
桜はまだ三分も咲いてないですねー。でも、凄い人。(~_~;)という返事で、外出をあきらめた。
乾門への桜の道も午前中ですでに七千人を越えているというお昼にニュースで辟易ぎみ。

 久しぶりに時間ができた日曜日は、一日Macの中のデータの整理に時を費やしてしまった。
ときどき遠くの外をみながら時のうつろいを思いをはせて、一日が過ぎていった。

 <さまざまなこと思い出す桜かな>
いくたもある桜を詠った句で、やはりこの句が一番好きだ。

 明日は横着をせずに桜行脚をせねばなるまい、、、、、。

a0031363_1501830.jpg
(イヌシデの芽も日に日に大きくなっていき、、、、)

a0031363_1401014.jpg
(pm2:50 遠くとおくの一本のサクラはまだ二部咲きかな?))

a0031363_1414057.jpg
(pm3:14 イヌシデの枝の芽が出てきていて、、、、、あらヒヨドリがやってきたようです)


a0031363_139635.jpg
〔西日が燦々とカーテンを照らすことには、、、、)

http://keico.exblog.jp/22599269/ 
2016年3月13日 土曜日 曇り
桜前線は早まりました、さて今年はどのカメラで観ましょうか

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 05時34分  : 日の入 17時59分
  月の出 21時19分  : 月の入 07時37分

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2016-03-27 23:58 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)

週末の真夜中は桜カクテルと特別ドライマティーニで
2016年3月26日 土曜日 晴れたり曇ったり

 オープンしてそろそろ三ヶ月になるお蕎麦やさん<SAKURAGI>には、すっかりお世話になっている。
お酒がお好きなお二人だが、仕事場ではあまりおのみになれないので、昨日はというより今日の
シンデレラタイム頃に、オーナーシェフのNさんと着物でお仕事だったOさんをお連れして、
高田さんのカウンターバーにご案内した。

 黒いカウンターと黒いカッシーナの革の椅子は、しっとりと赤坂の夜を演出してくれる。
彼はドライマティーニ、彼女は今夜の桜カクテル。私は強いお酒はドクターストップなので、
赤ワインを開けて皆んなでご一緒に。
お若い二人はさすがに強い。
おつまみはチーズ、ペンネゴルゴンゾーラなどなど。
そのあとで、高田さんお薦めのモルトなどをいただいて、さらに生姜のモスコニュールをいただいて、
赤坂の夜はふけていきました。

 高田さんのプロの技と味が、彼らの参考になってくれると嬉しいな、、、。
花冷えの真夜中すぎに送っていただき、彼らはまたお店に帰っていったのです。

a0031363_025717.jpg


a0031363_021929.jpg
(桜カクテルをつくる高田さん)

a0031363_03377.jpg
(特製ドライマティーニ)

a0031363_052542.jpg



 追記*夜が明けてお礼のメールをいただいた。
そういうところがチャンとしている若者で嬉しいな!



by pretty-bacchus | 2016-03-26 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

桜待ちの午後に今のフレンチ業界のことをいろいろ
2016年3月25日 金曜日 花曇り花冷え

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 05時37分  : 日の入 17時57分
  月の出 19時32分  : 月の入 06時30分

 月が綺麗ですよ〜〜〜。
隣の部屋から声が聞こえた。私の寝室からは見えないので、おきだしてリヴィングルームへ。
明け始めるまえの黎明の西の空に、立待月が笑っていた。
ガラス越しにカシャッ〜〜!

a0031363_2223590.jpg


a0031363_15967.jpg


 開花宣言のあとも、花冷えが続いて、そのうえ花曇り。
花曇り、花冷え、花筏、花の付く言葉ってなんとも素敵。
<花>といえば平安以前は梅だったそうだが、その後は桜なのですって!

 午後一に友人のフレンチレストランの新しいシェフ候補の面接に立ち会い。
今は日本のフレンチのほとんどがフランスで修行した方で、その経歴に目を見張るが、
果たしてお味はどうなのだろう?
それぞれなのだろうが、あまりにもA.D.の傾向にありすぎるような気がしているのは私だけだろうか、、、。
ここ十数年は、新しいお店がオープンしても訪ね歩くことはなくなったので、私たちの情報も前世紀のもの。
それでも少しお役にたったのかしら?

 三部咲きくらいの桜を愛でながら家路に。
明日はもう少し花開くのかな? 花待ちの一時です。



by pretty-bacchus | 2016-03-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

午前中は病院、夕方からは<書道>の二回目、夜は魚にワイン
2016年3月24日 木曜日 雨のち曇

 それではロビーで待ち合わせましょう、、、。
ロビーって素敵なホテルではなくて病院のロビー。
二人とも別の科にかかっているので、朝一から病院で、終わってから合流。

こんなことがいつまで続くのだろうか、、、とふと考えてしまうが、それが無くなった頃には
この世の終わりなのかも知れない、、、、。
お互いに不安をかかえながら、家の近くのお寿司屋さんまでいってランチ。

 夕方にお迎えの車がついて、芝のサロンへ。 今日は二回目の書道の日。
楷書からはじまったお習字は、すでに先生はそれぞれの弟子の様子がおわかりのようで、
私は草書になってお稽古を。

<夫唱婦随>!  なんでこの四文字熟語なの?
松川玉堂先生は連れ合いの先輩なのです、、、、。

(一回目と松川先生については)
http://keico.exblog.jp/22596326/
2016年3月10日 木曜日 雨 のち曇り
染めと織りのお教室の後は、古希の手習いで再び書道を

(帰宅してから記録を)
a0031363_237129.jpg

a0031363_238722.jpg

a0031363_2411961.jpg
(わが国の書き物はほとんど毛筆だった。行書や草書の判読には苦労したというが、
「書体字典があれば便利だ」ということで、大正五年わが国初の書体字典が誕生したのだという。
それが現在の『五體字類』の原型となった)


二時間はあっというまにたってしまって、先生をお見送り。
誰から言うまでもなく、Sさんも一緒にお蕎麦屋さんへ一直線。
山口県からついたタイなどのお刺身に、ひじきや厚揚げで家庭のお味をいただいて、
仕上げは打ちたてのお蕎麦でした。

 夜桜にはまだ早く夜はふけていきました、、、。

a0031363_0393711.jpg

a0031363_0385838.jpg

a0031363_0404234.jpg
白はシャトー・ドゥ・ティルガンのソーヴィノオンブラン)
a0031363_04152.jpg

a0031363_0414898.jpg
(一日熟成の魚には、わさびをたっぷりつけていただくと、この赤にも絶妙にあう!)



by pretty-bacchus | 2016-03-24 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(0)

開花宣言から三日目は一部咲きの桜でした ✿ฺ´☆`✿ฺ
2016年3月23日 水曜日 晴れ

 東京の桜の開花宣言から三日目なのに
どうやら寒の戻りで一部咲きの処が多いという。

 土手の道もそんな感じ。
桜の頃には不思議にムラサキハナナが顔を出してくれて季節感一杯。

 少し疲れている週の半ば、、、。

a0031363_281971.jpg


a0031363_274945.jpg


by pretty-bacchus | 2016-03-23 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(10)

未明にアップルスペシャルイベントをライヴで見て、午後はお墓参りに
2016年3月22日 火曜日  晴れ お墓間入り

 午前二時。Mac上の真っ暗な画面にわずかな光がうごめいて、ほんの何十秒かビデオが流れて消えた。
四十年のアップルの歴史や機種とかの文字がものすごい勢いで流れた。
そして、ティム クック氏が拍手に迎えられて登場した。

a0031363_2245318.jpg
(am1:54)
a0031363_2271969.jpg
(am2:01)

 カリフォルニア州クパチーノの本社でのアップルスペシャルイベントが開催されたのだ。
スティーブジョブズの頃は毎年見ていたライブをクックになってはじめてみた。

 “何度アップルが世界を変えたことだろう、
とその歴史を語り、今後の方針を語り始めた。
Envirament環境とForestryとReciclingリサイクル。

こうしたイベントはいつもは、優れた製品機能の説明からはじめるのに、Cook氏は今回、
iPhoneのセキュリティの問題でAppleは米連邦政府と対立する気はないが、かといって引き下がる
つもりもないという話から始めた。
「iPhone」のロック解除問題でユーザーのデータを守ると明言したのだ。

 次にLisa(Appleの環境、ポリシー、社会イニシアチブ担当バイスプレジデントを務める
Lisa Jackson嬢)が登場した。
「iPhone」を分解してその内部の部品や材料を再利用またはリサイクルするロボット「Liam」について
映像で説明した。 素晴らしい〜〜!

そして中国やシンガポールでのソラーシステムを映像で説明。
さらに人に変わって今後iPhoneを使ってできる医療の説明。

世界中のアップルの施設の93%が再生可能エネルギーで稼働しているし、米国と中国を含む
23カ国ではその割合が100%に達しているといるのだとうからなんと素晴らしいことだろう。

 新しい製品は「iPhone SE」と9.7インチの「iPad Pro」、各種OSの新バージョンなど、
アップルウオッチは新ベルトだけかしら?
Apple Watch Sportモデルを値下げ--3万6800円に。

a0031363_2311436.jpg
(プレゼンターも代わり代わり席に着く)
a0031363_2341864.jpg

a0031363_2344390.jpg
(iPad Proが欲しい〜〜〜!)
 
 一時間少しで終わってしまったが、大学の時に英語の授業を聞いた何十年も前のことを思い出していた。
上智大学の外国語学部英語科では、英国史も宗教ももちろん英語の授業もすべて英語で行われた。
受験時代の高校は県立の男子校で、バートランドラッセルとかの英語を勉強させられていたのに、
突然にTIMEを毎週買わされて、どこがあたるかわからないのに、毎週ある項目の要約をさせられた。
まったくもって大変だった、、、、、、。
クラスメイトは聖心、双葉、女子学院、お茶の水大などの優秀なお嬢様が多く、
一浪をしても、男子校の県立佐倉第一高校の<マドンナ>もたじたじだった。

 今日のこのようなライブがPCでいとも簡単に聞くことが出来るような時代になるとは、
その頃は誰も想像しなかったろうが、今こうして海を越えたカリフォルニアで行われている講演を
難なくライブで公聴できることに感謝。

戦後の右肩上がりの頃とはいえ、日本中が決して豊かではなかったあの時代に、
大学に通わせてくれた両親とその環境に心から感謝。
お馬車にのって日傘をさして麹町の女学校に通って嫁いだのに、時代で苦労をしたおばあちゃん、
佐倉高校でいまだに記録を破られていない成績を残した叔母様、そして体を壊して苦労をしたパパ、
それを支えて子供達に教育の場を受けされてくれたママ本当にありがとう。
(その母は九十六歳で健在!)

そして卒業後エーフランスでの二十四年間にお世話になった先輩方に感謝。
Macにこれほどまでにのめり込ませてくれたスティーブジョブズさんに感謝!
“皆さんありがとう〜〜〜ジョブズさんありがとう〜〜〜と、つぶやきながら、
画面でティム・クックの講演を聴いていた真夜中の春の宵でした。

a0031363_2282350.jpg
(五十年ほどまえの写真、当時のエールフランスのクリスチャンディオールのユニフォームを着ている)
http://keico.exblog.jp/12777122/
2011年6月6日 月曜日 晴
スティーブジョブズさんの姿を見ただけで安心>バタンキュウ〜〜〜

http://keico.exblog.jp/13771252/
2011年10月7日 金曜日
スティーブ・ジョブズ氏の逝去=忘れられない日となりました。

http://keico.exblog.jp/21679973/
2015年9月24日 木曜日 曇り 曇りのち雨
涙雨そぼふる朝に、麗人がガンでまた一人早世しました。 

http://keico.exblog.jp/13771252/
2011年10月7日 金曜日
スティーブ・ジョブズ氏の逝去=忘れられない日となりました。

http://keico.exblog.jp/13760097/
2011年10月6日 木曜日 晴れ
ジョブズさん天の高きに永遠に

http://keico.exblog.jp/12892831/
2011年6月14日 火曜日 曇り
「懈怠比丘不期明日(懈怠の比丘明日を期せず)」

a0031363_2441011.jpg


 午後にお墓間入り。
墨田区太平にある日蓮宗寺院 の法恩寺。日蓮宗の平河山法恩寺は1458年の建立で、
大田道灌の墓や平河清水稲荷大明神、鐘楼三重塔などがあり、江戸十祖師の一つ。
山門脇の桜はまだ蕾で少し残念。

まだお彼岸の七日の内でご住職様にもおあいできた。
今後の事をゆっくりとご相談にあがらねばならないのだが、、、それはまた後で。
 
 帰宅してまもなくベルギーでのテロ事件の速報。
夜までにはその悲惨さがネットニュースで伝えられて唖然!
ニュースの伝わり方がすっかり変わってきていて、旅にはiPhoneが必携となるだろう。

 初めての桜は土手の一本の木の枝に。
土手の道の桜が一輪開いていて、十四夜の月とあそんでいました。

a0031363_246013.jpg


a0031363_2462923.jpg


http://keico.exblog.jp/6592053/
2007年12月22日 土曜日  曇後雨
寒い一日だった

http://keico.exblog.jp/14931452/
平成24年3月25日(日) 晴
法恩寺にお墓参りの午後でした

http://keico.exblog.jp/16846605/
2012年11月21日 水曜日 晴れ
五千歩をめざして秋の墓参り



http://keico.exblog.jp/19049120/
2013年11月24日 日曜日 晴れ
紅葉の平河山法恩寺さんへお墓参りに

http://keico.exblog.jp/19363393/
2014年1月18日 土曜日 晴れ
池波正太郎の「鬼平犯科帳」と「日曜日の万年筆」

http://keico.exblog.jp/14931452/
平成24年3月25日(日) 晴
法恩寺にお墓参りの午後でした

http://keico.exblog.jp/20242490/
2014年9月28日 日曜日 晴れ
数日遅れのお墓参りで法恩寺さんへ

http://keico.exblog.jp/21040728/
2015年3月22日 日曜日 晴れ
お彼岸のお詣りは、鬼平犯科帳<尻毛の長衛門>の法恩寺さんでした

http://keico.exblog.jp/21561017/
2015年8月16日 日曜日 晴れ
お盆の頃の東京の空は澄んでいる



More>>>スティーブ・ジョブスのことは何十回も書いていた
by pretty-bacchus | 2016-03-22 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(2)