<   2015年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

皆様今年一年ご覧いただきありがとうございました。
2015年12月31日 木曜日 最後の一日です

 皆様今年一年ご覧いただきありがとうございました。

 あとほんの十数分で2015年も過ぎていきます、、、。
いろいろと世界が動いた年でした。
この一年はテロ、災害、難民問題など多くの問題を突きつけられた年でした。
安全に旅をすることのむずかしさを痛感した一年でもあり海外への旅を控えた年でもありました。
二人の日本人ノーベル賞受賞と、今日のニュースでは113番目の元素の命名権をいただいた日本です!

 いろいろあった一年でした、、、本当に、、、!。
ほんとうにとっても大変な一年でした。
二人とも二度の入院と復帰。
ブログにはその一部しか書けなかったが、人生の終演の一歩手前を歩いていたのかもしれません、、、。
多くの方に助けられて、いまこうして今年最後の日を食欲旺盛に<2015年最後の晩餐>を楽しめています。
感無量です!

 羽生結弦君が審査員ででている<紅白>を聴きながら、今年最後の食事は、
夕方に魚真さんから届いた最後の魚河岸のお魚、そして御大から届いたお節の前食と、母からのお餅をすでに、
そして年越蕎麦をいただきました。

a0031363_23491776.jpg


 そしてこうして年の瀬の最後のブログを書いているのは早や十一回目になります。
三日坊主の私がよくもまあ、毎日撮って毎日書いてきたことかと、こちらも感無量。
この十一年のあいだに、ブログを通して芽生えた友情は沢山たくさ〜〜〜んあって、
時には大笑いし、時には涙して、そしていつも多くの事を教えられて、私のWEB日記は少しずつ
太ってきています。
(それにもまして本人は極太りでどうしようもなくなっているのだが、、、)

 母と弟に今年最後の電話をして、最後の小一時間をブログサーフィンしていて、またまた涙ぐんでいる。
私のこのブログを毎日見てくださっている方々は、今では多くの国の方がいらっしゃり、
時には5000人以上のこともあり、平均では1500~2000人、ともかくとまどい一杯の日々なのです。
少し緊張して、毎日のブログの最後に現れる<同じ日>とか<同じカテゴリ>とか画像に時には進入して、
変換の間違いやタイプミスをなおしたりしているが、いっこうにおいついていられません。
そんな時は突然にアップするのをやめてしまおうかと
思う事もありますが、その度多くの方々になにげなく気がつかれて励まされて次の新しい朝がやってきます。

そう、、、今や、このエクスブログ
生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく
keico.exblog.jp
>は、私のウェブ日記としてはなくてはならない存在になっていて、
それはここ十一年だけでなく、私の人生の記録として燦然といぶし銀のように輝いているような
気がしています。
恥を忍んで書き綴ることも、それは間違いなく私の生き様であり、生きてきた一日一日の諸々なのだと、、、。

 読者の皆様、、、、<ゆく年くる年>のイントロの画面と永平寺をみながら、、、、
最後の御礼を申しあげます!

 来る年もどうぞよろしくお願いいたします。

a0031363_16121298.jpg
(シャガールのリトグラフコレクションより)
#IMAGE|a0031363_23491776.jpg|201512/31/63/|mid|873|583#


 〜〜〜〜〜〜〜〜
more>>>最後に今朝見いだした、ホロゴンさんのブログから、
 ホロゴンさん、ありがとうございました。



Moremore>>>最後に今朝見いだした、ホロゴンさんのブログから
by pretty-bacchus | 2015-12-31 23:58 | about myblogブログ考、その他 | Trackback | Comments(8)

さくらさんの赤いショールとKさんのチャーシュウとかけて
2015年12月30日 水曜日 晴れ

 最後の行動の一日は、さくらさんから先だって送っていただいた赤いショールを首にまいた。
手づくりでひとはりヒトハリ編んで下さったよう。
その上にはこれも手創りの葉っぱのブローチ!

a0031363_18301468.jpg
(さくらさんからのパッケージはいつも楽しい。フランスの切手が貼ってあったり、オペラの半券がはいっていたり、、、、)

 音楽活動、お教室、ご主人様のお食事、お庭の手入れ
やお家のお掃除、そしてお二人揃って教会へと超ご多忙の方が少しづつ時間を見つけて編んで下さったという。



a0031363_1832988.jpg


 そっと頬づりしてから首にまいた。
暖かい〜〜〜〜! お心と毛糸の暖かさが重なったすてきなぬくもりにありがとうとつぶやいていた。

 五時に母へのお節をピックアップして、ヤマトへ。
明日の午前には着くという。
ほんとうに便利な世の中になったものだ。

 その足で駅でKさんとあう。
お正月ようのチャーシューを届けて下さった。
今日はお洒落をしていて、沙の黒いストッキングにハイヒール。若いな!
これから外でお食事なのだろう、、、。

 五月に東京に帰ってからすっかり元の生活感にもどったようで、いい顔をしていた。
どうぞ来年も良いお年でと、祈りを込めた。

#IMAGE|a0031363_18335424.jpg|201512/31/63/|mid|1004|670#](オジサマははいポーズと嬉しそう〜〜〜!)

 あと一日の今宵は家ですき焼き。
今日のお肉とトヨヨシさんからいただいた下仁田葱は絶品。

さくらさんの赤いショールとKさんのチャーシュウとかけて
>>>
多くの方々のありがたい思いに心より感謝して、、、、。


by pretty-bacchus | 2015-12-30 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)

<007-スペクター>最終回と<スティーブジョブズ>予告編
2015年12月29日 火曜日 晴れ その二

 仕事の最後の一日にしたい、、、それには手分けをして事務処理と銀行と海外との連絡。

 ほっとしてがっくりして帰宅。
日没一時間前の太陽が借景の白いビルの後ろに隠れ始めていた。
カシャッ〜〜pm3:36
(今日の日の出 06時49分 日の入 16時36分)
a0031363_4595245.jpg


a0031363_502966.jpg


 そしてソファーにバタンキュウ〜〜!
うとうとしていたら、あっちのソファーでiPadを見ていた連れ合いが、
“ね、、、ね、007-スペクターを観に行こうよ、、、、”
“え〜〜? もうくったくたです〜〜〜。それに年内にかたづけたいことがまだ沢山ある〜〜のです〜〜”

 それが、突然、
“今年は一度も大きなスクリーンで映画もみなかったですね、、、行きましょ〜〜〜う”

(前回一緒にみたのは確か<アルゴ>かしら)
http://keico.exblog.jp/16734620/
2012年11月3日 土曜日 晴れ
「志村ふくみ展〈野の果て〉」そして映画『アルゴ』

(もう一つみていましたね、、、、。
http://keico.exblog.jp/21021744
2015年3月18日 水曜日 晴れ
「パリよ、永遠に」、七十年前巴里の美しさはこんなふうに守られたのでした!

 ネットで時間を調べると東邦シネマのスクリーン一で六時から、、、。
まだ着替えをしていなかったので、カメラだけもって家を出た。
五時半の都バスに乗れて十五分で有楽町着。

a0031363_511331.jpg


 ところが、スクリーン一は別の映画でスクリーン三の<007-スペクター>は七時から。
めずらしく二人でお茶をしておしゃべり。

a0031363_513983.jpg


a0031363_524669.jpg


 席は、前には誰もいないというので、前から六番目の中頃の通路側とその隣。
席に座って少し沈むと視界に入るのは横長のフルスクリーンだけ。
右隣に一人座っているので、通路椅子下のオレンジの非常灯も見えない。
よしよし、、、でも予告編が始まって、これはしまった!なんという音響の悪さ。
数本の予告編のなかに<スティーブジョブズ>があった。
アカデミー賞候補だそうで、二月のオンエアーが楽しみだ。

 『007 スペクター』は148分と長丁場だった。
「007」シリーズの第二十四作目となるという。
オープニングはメキシコでのカーニバル、そしてローマでのカーチェイス、凄い!。
<ダブルオーセブン>の映画の醍醐味はなんといってもそのロケの景色のすばらしさ!
そして色の美しさだ!今回のこのカラーはは何と言うのだろう、、、全体にわたり画像がとても綺麗だ。
広大な大地と砂漠のなかを、横長のスクリーンの左上からずっと対角線を右下へ向かって走る列車の躍動感と砂漠の色と空の色がなんともいえず美しかった。
椅子に深く座り画面を一人占めしていると、空からながめているようだった。

今回もオーストリーの雪の山、モロッコのカスバ。砂漠、、、、そしてロンドン。
スキービジネスで何十回も何ヶ月にオーストリーに仕事で、ザルツブルグに事務所もおいていた連れ合いも
嬉しそうに画面に魅入っている。
山頂のドクター・スワンのガラス張りの医療施設はどこにあるのだろう?

 ボンド役ダニエル・クレイグもボンド六代目かのボンドを頑張っていたし、
ボンド・ガールのレア・セドゥもなんとも美しいラインを持っていて魅力的で、パリジェンヌならではの
着こなしにうっとり。

 でもなぜかあのMがいないし、顔ぶれがまったく違って、初代ボンドのショーン・コネリーがなつかしい!
イアン・フレミングのスパイ小説およびこれを原作とする映画の主人公のイギリス情報部のエース諜報員の
ジェームズ・ボンドが映画化され始めたのはまだ学生の頃だった。
第一作<007 ドクター・ノオ>
第二作<007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love>
第三作<007 ゴールドフィンガー> 
第四作<007 サンダーボール作戦> 
第五作<007は二度死ぬ>
第七作<007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever>は全部見ている。

二代目ジョージ・レーゼンビー、三代目ロジャー・ムーア、四代目、五代目は誰でしたかしら?
(多分あまり見ていない、、、)
そして第二十一作目の<007 カジノ・ロワイヤル>からは六代目がダニエル・クレイグ。
タイトルロールの最後に、007 will return,とあったから二十五作めが予定されているのだろう。

 いつものウオッカマティーニは、素敵に演出されていた。
“Shaken, not stirred.” (ステアではなくシェイクで)は、世界中に知られているウォッカ・マティーニを
所望する際の台詞。
今回は、スバらしい「007コレクターズ エディションボトル」のラグジュアリーウォッカ
”BELVEDERE(ベルヴェデール)”からが数量限定で販売された。

http://keico.exblog.jp/22014514/
2015年12月26日 土曜日 晴れ Kちゃんと忘年会
「007コレクターズ エディションボトル」ラグジュアリーウォッカのベルヴェデール

a0031363_4101344.jpg

a0031363_4115730.jpg


 それにしてもいつもながら、このシリーズは。短い英語のフレーズがなんとも粋で美しい。
その日本語訳もすばらしい!
戸田奈津子さんはもう過去の翻訳者だと言っていた人がいるがとんでもない。

This is who you are!
It's beside of you.
いくつも頭の中に残したのに、この二つしかおぼえていないとは、なんともなさけない、、、。

 終わったのは十時四十分。
急いでタクシーで近所のヴァレットへ。
何ヶ月かご無沙汰してしまっていて、今日が最後の日とかで、軽くパスタとピッツアで、
“今年もありがとうございました”
オープンして一年半がたってとても成功を収めている。
串本漁港からはあまり良い魚が入らなくなって、来年は
金沢あたりから入れる予定だという。
三十代になった岡田シェフと山下マネージャーを一度イタリアに連れて行ってあげたいです、、、。
“お父さん、ママ、来年も沢山刺激をくださいね、、、、”
“来年も頑張りましょうね〜〜〜”

 流れる雲に月が揺れて、、、、土手の道を帰途につきました。

a0031363_592541.jpg


a0031363_553114.jpg

a0031363_544197.jpg

a0031363_571580.jpg
(グランドの網に向こうに月が揺れて、、、、)


a0031363_584982.jpg

by pretty-bacchus | 2015-12-29 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(4)

寒空の借景の枝にひよどりがやってきました
2015年12月29日 火曜日 晴れ その一

 借景の木々はすっかり葉を落とし、やって来る鳥も少なくなってしまった。
ソファーでMacを前にキーボードはブラインドタイプをしながら、ガラス越しに時おり右遠方の
借景の緑を楽しむことも出来なくなった。

 それでも右脇にはいつもTamron16-300mm DiII VC PZD MacroがついたNikon D7100をおいてあり、
時々望遠でのぞいてみたいする。

 あれ〜〜カーテンの隙間から見える遠くの枝にヒヨドリがやってきました。
歌ったり踊ったり、、、、
ほんの十数秒で飛び去ってしまいました。

それでも忙中閑ありの楽しい一時なのでした。

a0031363_1192278.jpg


a0031363_1195647.jpg


a0031363_1203071.jpg
(何を歌っているのでしょう〜〜?)

a0031363_1212737.jpg


a0031363_1242695.jpg
(少しトリミングしてみた、、、)

by pretty-bacchus | 2015-12-29 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

月夜の晩に、町の<火の用心若衆>と<ほろ酔い女>
2015年12月28日 月曜日 晴れ

 母からお正月のお餅が五枚届いた。
昔は釜土で何段も大きなお重に餅米をふかし、お餅はおばあちゃんがこねて、若い衆がつく。
長いながい作業板をお台所から裏庭に並べて、つきたてをあんころ餅とごろべ餅にしてすぐにいただき、、、
後は板にしてご近所にお配りしたものだ。 といっても六十年も前のこと!

 お味噌もそれはそれは大きな平たい樽のような器に大量の大豆をいれ、何人もの若い衆が足で践み、
大きな樽にいくつも造って納戸に収納していた。
熟成してくるときの、あのふくよかな香りを今でも忘れられない。
あの熟成香は、葡萄酒が発酵熟成するときの香りと相通じるものがあるのかもしれない、、、と
大きくなって思ったこともある。

 お正月飾りは九飾りも一夜飾りもいけないとされているから、今日あたりが一番あった日のようで、
街は門松であふれていた。

a0031363_5114877.jpg


a0031363_6155032.jpg


 せんだっての新宿伊勢丹脇でスリにあってから、道を一人で歩くのがとても怖くなっている。
銀座や新橋の爆買いバスはもちろん、新宿の歌舞伎町から千代田区の麹町にいたるまでC国のグループのバスが
ひっきりなしに並んでいて、言葉の違う人たち数人とすれ違うのもストレスになっている。
ハンドバックを持つのもやめて、トートバックの中はカードと少しの現金とカメラだけにしたが、
それでも恐怖心はあるので、なるべく一人では歩かないことにしている。

 今夜は、ヒデさんとユタカさんに年末挨拶のダブル夕食で、ほろ酔い気分での夜道の帰路に
大失敗を演じてしまった。
大通りから中の道に入ったので、もう安心ですねと連れ合いはさっさと先に行ってしまった。
私は土手の夜の花と空の月をカシャカシャ、、、。

a0031363_463787.jpg


 遠くから、“火の用心、火の用心〜〜〜”と拍子木の音が聞こえてきた。
あらめずらしや、、、、三栄町とかもっと奥の方では聞こえてきたことがあるが、
中学校のすぐ裏なのに、、、。近づいてきたが逆光で人の顔は見えなかったので、
“ご苦労様〜〜〜お若い方ですか〜〜〜?”と声をかけた。
“はい、四谷の若者三人ですよ〜〜〜”
近くなって、“あ〜〜らオジサン達ではないですか! すみません、こちらもオバサンですが〜〜〜”

a0031363_471694.jpg


 トートバックの中には、シャトー・ドゥ・ピゼイが一本まだはいっていた。
“寒い夜にご苦労様です〜〜〜。世界一美味しいボージョレヌーヴォーですよ。
お帰りになって皆様でどうぞ〜〜〜。
私は酔うとますます気前が良くなる、、、。
(そういえば何年か前には、お寿司屋さんでお隣になった素敵な女性にブローチを褒められて、
さしあげてしまったこともある、バカだ!)

 子供の頃には、火の用心さんが廻ってくると、おばあちゃんはお茶やオチャケを入れたり、
時にはおひねりを包んだりしていましたし、町内にはなかった消防団の寄り合い所をおじいちゃんが
寄付したりでしたので、火の用心さんにはなんだか親近感があるのでしょう。

どうやら新宿区議会と町内会の方のようで、陽気に立ち話をして別れ際に、
“区議さんだったら何人か存じ上げてます〜〜〜Aさんとかオグラさんとか〜〜〜”
“私がオグラです、、、” “え〜〜?”
近づいてみると確かに彼!
“失礼いたしました〜〜〜少し酔ってまして〜〜〜”
(私は少し酔うととっても陽気になってしまうのです)
彼も気がついて、“あ〜〜麻布の先輩のKさんの奥様ですね、、、”
“はい、、、すみません〜〜〜”
平身低頭して三人を見送ったのでした。

別に変な風に酔っているわけではなく、気持ちよく月夜の晩に帰路についているのですが、
日本ではまだまだ(世界中そうかもしれませんが)女性がほろ酔いで歩くのはご法度なのです!

あ〜〜大変、明日あたりは男衆の井戸端会議で噂話になってしまうのでしょう。
人混みもスリも怖いし、火の用心も怖くなりました。
嗚呼!

a0031363_48253.jpg
(左がオグラさん、中は大通りのカフェのお兄さん! 私が学生の頃からあるRという喫茶店)



by pretty-bacchus | 2015-12-28 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

少し気持ちがあせる今年最後の日曜日、、、。
2015年12月27日 日曜日 晴れ

 え〜〜? 今年最後の日曜日! そんな、、、、。

 借景の寒空に鳥がやってきた。
雀より大きいし、、、なんだろう。

 ばたばたと一日が終わり、日没になってしまった。
少し気持ちがあせる最後の日曜日、、、。

a0031363_2223585.jpg


今日も暮れゆく、、、、

a0031363_223255.jpg


by pretty-bacchus | 2015-12-27 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

「007コレクターズ エディションボトル」ラグジュアリーウォッカのベルヴェデール
2015年12月26日 土曜日 晴れ Kちゃんと忘年会

 毎週のように手料理を届けてくださるKさんに感謝の宴。
まず三人でお寿司屋さんで夕食。
白ワインで通し、牡蠣、お刺身のあとお寿司を数巻にぎっていただいた。

 女二人は赤坂のバーBへ。
カウンターの上にあったザクロでカクテル。彼女の好きなサンジョヴェーゼの赤ワインをあけていただいて
“今年も一年ありがとう〜〜〜!”
高田さんにもあがって、いただいて、“素敵な時をありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします〜〜〜”

a0031363_472999.jpg
(ザクロのカクテルを)

a0031363_455938.jpg
(ヴィッラヴィーニャマッジオ Villa Vignamaggio のグランドセレクションが今宵の赤ワイン。
バーマン一年生のタカラ君もワインのサービスがとても上手になりました!)

 今夜の話題は、十二月の映画「007」シリーズの24作目となる「007 スペクター」。
高田さんもKさんももう観たという。
目の前には、映画を記念して数量限定で販売された
ラグジュアリーウォッカのBELVEDERE(ベルヴェデール)の「007コレクターズ エディションボトル」。
ダブルオーセヴンの象徴的なロゴとブラックオクトパスの紋章が描かれている。
ボトル中央奥の覗き窓(銃口柄)にはベルヴェデール宮殿が描かれている。
なんともクールなボトルに頬ずりだけして、お預け。
強いお酒はドクターストップなのです。

 ジェームズ・ボンドがウォッカ・マティーニを頼むときの有名な台詞は、
“Shaken, not stirred” (ステアではなくシェイクで)。ワタシも言ってみたいな!
 
 シンデレラタイムぎりぎりにご帰還となりました。

a0031363_484041.jpg
(「007 スペクター」のスペシャルエディションです)

a0031363_4101344.jpg

a0031363_4105750.jpg

a0031363_4115730.jpg


a0031363_4285111.jpg


a0031363_430382.jpg



 今年も一年ありがとうございました。

a0031363_4313592.jpg
(高田さんと、ブログ初登場のタカラ君)



by pretty-bacchus | 2015-12-26 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

十三夜の凍れる夜はレクロで鰤シャブでした
2015年12月25日 金曜日 晴れ 望月

 Kさんからなんともキザな確認メールが届いたのは、、、、、。
敬子姉様、
明日の宴にご参加願うことになりまして誠にありがとうございます。
麻布学園卒業生全員になりかわりまして、厚く御礼申し上げます。 

宴の説明をここに簡単にご説明申し上げます。
(1)時間:午後7時に当社オフイスにお着きいただきたく存じます。
(2)当社オフイスの住所は、〒102-
東京都千代田区平河町○○○、携帯電話番号は090-○○○○
でございます。
(3)参ります小料理屋は「△魚」で当社ビルの隣です。

この料亭?にて、当店自慢の「鰤シャブ」をいただくという趣向です。
そこに敬子姉さまのとこから特別分けていただいたフランスの高級White Wine を持ち込んで、
皆様で飲んじゃおうという仕掛けです。
勿論「鰤シャブを食べるんだったらやっぱ日本酒がええ、、、」なんてなことを仰る向きには
ちゃーんと当店には用意してございますのでご心配は無用です。
是非是非みなさまと楽しい宴になることをお祈り申し上げ、これにてご挨拶とさせていただきます。YK


 ま〜〜なんと楽しい!
連れ合いの後輩で国際的に活躍なさっている方。
二昔前までは、こんな風な志向のワイン会を年に何度もしたのに、このところは
とんとお招きも招かれる会も少なくなってしまっている。

 彼はバツイチで今はお一人なので、赤いバラをおみやげに持ってもいかれない。(フランスではないので、、)
代わりに冷やしておいたシャブリの最高級のレクロを抱えてでかけた。

 十三夜の月が御所の森から昇り始めた頃、凍れる月影がなんとも美しい!
新しいお住まいで半時をアペリティフで過ごして、お隣の和食屋さんへ。
“今年もお世話になりました〜〜〜乾杯!”
突き出しやお刺身のあとに、ご自慢の鰤しゃぶ。
なんと五人でシャブリフルショーム三本とレクロ一本をあけてしまったのでした。

 Kさん、ありがとうございました。
早く素敵な方を見つけて下さいね、、、と最後の乾杯!

a0031363_65916.jpg


 すてきなクリスマスとなりました。
月は西に傾いて、、、、ビルの影に。
街灯にわずかに見える山茶花が葉のあいだから恨めしそうにこちらを見ていました。
“サザンカさん〜〜なに怒っているの〜〜〜?いや〜〜ね〜〜ワタシ酔ってますかしら?

隣で連れ合いが“真夜中になに独り言いってるの〜〜? 久しぶりに酔ってますね〜〜!”
“メリークリス〜マス!!”

a0031363_72433.jpg


 〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時48分  : 日の入 16時34分
  月の出 16時39分  : 月の入 06時01分


by pretty-bacchus | 2015-12-25 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

師走の街を母と手をつないて歩きました
2015年12月24日 木曜日 曇り後晴れ 

 お昼に母と一緒にお寿司屋さんへ。
一通りいただいたのに、さらに二巻もたべてもうビックリ。

 冷たい手をつないで少し一緒にあるいた。
どうして手袋をしないの、、、、って聞いたら、
“いつも車ですし、ケイコチャンのイタリア土産の革の手袋はタンスにしまってありますね、、、と。
昔の人はそうなのね〜〜〜。

 来年は年女の母は九十六歳になる。
池坊のお家元からお電話をいただき、お正月の五日に年女としてお祝いの席にでることになったという。
全国で四百人いらっしゃるそうで、関東では母を含めて三人だけとのことで、母はとても喜んでいる。

“新しいお洒落な眼鏡がほしいですね〜〜〜”ということで早速につくりに来た。
アサクラ眼鏡の山中さんがわざわざ出てくださり検眼をしてくださった。
今風の少し細長のフレームを選んでご満悦の母。

 東京駅まで送って手を振って別れた。
来年も再来年もその次もずっと元気でいて欲しいと、、、そっと目頭をおさえたクリスマスイヴ。

a0031363_54451100.jpg

(日没前のほんの一瞬遠くの空が燃えた、、、、)

a0031363_5451135.jpg






by pretty-bacchus | 2015-12-24 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

冬の花の山茶花に力をいただいて
2015年12月23日 水曜日 雨 天皇誕生日。

 今日は天皇誕生日。
天皇陛下の誕生日にあたってのお言葉は平和の尊さを訴えていらした。
一言一言を噛みしめて、、、、。

 久しぶりに寒い冬らしい一日。
那覇では真夏日の26度、富良野ではマイナス21度とか。日本の北と南では、なんと五十度弱も気温が違うのだ。

 いよいよあと十日。
なにもあせる必要はないのに、どうしてこう気ぜわしいのだろう、、、、。

 毎年必ずすることは、大掃除をはしょっても、この一年間、食の歓びをいただいたお店に
ご挨拶かたがたうかがうのだが、どうやら今年は全部はまわれそうもない。

 疲れ果てて夜の道を家路のむかうと宵闇の中に光る花色。
パーキングへのエントランスにサザンカがおいでおいでをしていた。
この季節は私が主役よとも言いたげに凛として輝く姿はなんともいい!

       山茶花の こぼれつぐなり 夜も見ゆ   加藤楸邨

a0031363_1656209.jpg


a0031363_16564165.jpg


by pretty-bacchus | 2015-12-23 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)