<   2014年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

久慈川支流の雪の「袋田の滝」を見に撮りに
2014年1月30日 木曜日 曇り後雨

 昨日の三菱一号館美術館の後の夕食で突然に決まった今日の予定。
日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」の凍った姿を見に行こう撮りに行こう!
AさんMさんはどうやらすでに決めていたようだが、私には嬉しいトツゼン! 
でも昨夜帰宅してからが大変。持っていくカメラの電源を充電したり、SDカードに入ったままのデータを
新しい外付けハードに移して空にしたりと、、、。
結局朝方すこしだけうとうとしただけでモーニングコール。
雨天決行と決まって、なんだかピクニックのウキウキ感一杯の朝。

 飯田橋十時半集合なのに、家まで迎えに来て下さっていざ出発。
スカイツリーを右に見ながら東京を抜けて一路北上。
お二人とも初めてなのに、走り慣れていて迷いもせずに袋田着。スッカリ雨になってしまった田舎の道の
右に左に滝川を見ながらブルーの鉄橋に歓声をあげながら赤い橋を通過。

a0031363_1365396.jpg

まもなく進入禁止の橋に到着してここで一日何時間でも五百円のパーキンへ車を止めて歩き始めた。
滝川には雪が残っていて、細くなった道を歩くこと五分ほどでトンネル入り口に到着。

a0031363_137137.jpg

a0031363_1372489.jpg

観瀑券は三百円で袋田の滝観瀑トンネルに入ることができる。
数十メートルのなだらかな上り勾配を進んで正面の観音様まで。
その右が第一展望台でゴーゴーという滝の音、ということは凍った「氷瀑」観ることは不可!

紅葉が残っているような感じの両岸壁の間を垂直に落ちる水爆はやがて大きな幅となって滝壺に落下していく。

a0031363_1382537.jpg

a0031363_1393897.jpg

a0031363_1403144.jpg

a0031363_1411898.jpg

a0031363_142096.jpg

a0031363_1431046.jpg

a0031363_143406.jpg

a0031363_1465446.jpg
(深淵の濃い緑の滝壺なのに、、、色が出ない)

 袋田の滝は、茨城県久慈郡大子町袋田にある久慈川支流の滝川上流。高さ120m幅73mあるのだそうだ。
大岩壁を四段に流れることから別名「四度の滝」とも呼ばれているそうで、立て看板の説明によると、
地質学的には新生代の中新世の中頃およそ1500万年前頃に堆積した地層でできて、
下位では川や沼などの淡水だが、上位では海に棲む貝の化石が発見されているという。
大昔には太平洋の方から海がこのあたりまで侵入していたと思うと地球のロマンを感じてしまう。

 江戸時代には水戸藩の領地内であったのだから、水戸黄門こと徳川光圀さんも訪れていたのだろう。
もっと昔に西行法師が訪れた時に「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と
絶賛したというから、桜の時期にも紅葉の時期にももう何度か来てみたい!

a0031363_158465.jpg
(メリルで滝壺の色が出た!)

a0031363_153818.jpg

a0031363_1535833.jpg


 ここで半時ほど写真を撮りながら遊んだが、この第一観瀑台かは滝の上から三段目の目の前にあって
最上段は見えないというので、数年前に出来たというエレベーターに乗って新観瀑台の第二観瀑台へ。
三人の貸し切りでかなりのスピードで上昇。第一デッキまでの約44メートルを上がったことになる。
第二デッキ、第三デッキへは板の階段を上って約51メートに到着。
ここからは滝の全景を観賞することができるというわけ。
傘をさしながら三台のカメラでスナップ。
 今日のカメラは、ニコンD7000に広角のNikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm
 Nikon D5000には望遠のNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm、
 そしてSIGMA DP1 Merrill+Foveon X3。

a0031363_255051.jpg (右下に見える吊り橋からの滝全体のながめも良いという、、、)

a0031363_241989.jpg
(ようやく全景が見渡せる、、、)
a0031363_251537.jpg

a0031363_2104372.jpg


 まだまだパワーが残っているようで一安心。
来た道を戻って途中のお社に手を合わせて、橋を渡ってパークした手前の茶店で一休み。
感じの良い女将さんがこの街の歴史などを話して下さり、再会を約して帰途に着いた。

a0031363_2125275.jpg

a0031363_214294.jpg
(雨のなか、低い山の間だあいだに霞がたなびいてとても美しい中を車でひた走り、、、、、)
(性懲りも無く走る車窓からカシャカシャ、、)
a0031363_2142187.jpg

 行きは三時間弱、帰りは少し混んで三時間半ほど。
車内では三人でい写真の事、ブログのこと、蝶々のことなどいろいろ話して(私は後ろで少し
うとうとしながら、、、)愉しい一時。
ありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜
 南さんはデザイナーで青山さんとはもう三十年も前からのお友達。
「蝶の道プロジェクト®」を十年ほど前からなさっていて、子供達と一緒に路地にプランターを置いたり
道路脇の植え込みを活用したりして、チョウが羽を休める花壇と食草園をつくっていく
「校庭結びチョウの道~広がる食草園プロジェクト」を計画なさり、広い緑がある皇居から
丸の内のビル街を抜けて東京湾岸にある浜離宮庭園まで、チョウの道をつくる計画も温めていらっしゃるのだ。
「一つひとつの『点』は小さくても、間隔を縮めていけば線になり道になる。
ビルの谷間でチョウが舞うようにしたい」と。
格好いい〜〜!




by pretty-bacchus | 2014-01-31 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback(1) | Comments(4)

ウェブ日記with写真が少し遅れている
2014年1月31日 金曜日 晴れ

 一月も終わりになってしまった。
なんとも一月が早く過ぎてしまってほんとうにどうしたらよいのだろうか!

 最後の二日のウェブ日記が書き終わっていない。
その日の夜半に写真の整理をして日記を書いて、翌日の夜までにアップするのが習慣になって早や十年。
それが出来ないということは、体調があまり良くないか翌日が多忙か、あるいは充実しすぎて写真や日記の整理が間にあわないかどちらかなのだ。
今回はその両方の理由で一昨日からのブログがアップされていない。

一昨日の
2014年1月29日 水曜日
三菱一号館美術館で<ザ・ビューティフル
― 英国の唯美主義1860-1900>を鑑賞
>>>>>http://keico.exblog.jp/1225○○××/ (後述)

a0031363_23352617.jpg
(ホームページより)

昨日の
2014年1月30日 木曜日
<袋田の滝>の「氷瀑」を撮りに
>>>>>http://keico.exblog.jp/1225xxxx/ (後述)

a0031363_2336731.jpg

a0031363_055215.jpg

 今夜は少し進めるだろうか、、、。




by pretty-bacchus | 2014-01-31 23:23 | about myblogブログ考、その他 | Trackback(1) | Comments(0)

三菱一号館美術館<ザ・ビューティフルー 英国の唯美主義1860-1900>
2014年1月29日 水曜日 晴れ

 三菱一号館美術館で明日から始まる<ザ・ビューティフル― 英国の唯美主義1860-1900>の
内覧会ヴェルニサージュにお招きいただいた。
 
英国の唯美主義はあまり親しんでなかったジャンルで、フランスや印象派の時とは違う楽しみででかけた。
SさんとAさんMさんとご一緒。
三時半からの始まりでいつものように開会式とレセプションがあり、顔見知りの美術家もいらっしゃり
さりげなく会釈、、、。歓談なさっているときにこちらから声をおかけするのはあまり好きでない。
(館長の高橋さんとはAさんも私もエールフランスの機内誌<BON VOYAGE>の十数年前からのお知り合い)

 唯美主義の時代とは十九世紀半ば、産業革命後の物質至上主義がはびこ る頃にロンドンで巻き起こった
壮大な美のムーヴメントで、前衛芸術家たちによって人々のライフスタイルを変革したといわれる
先進的な芸術運動が のことを言うらしい。
芸術はただ美しくある ために存在すべきだとされて、一般家庭のインテリアに変革をもたらすとともに、
革新的な美術とデザイン が生み出されたと説明されている。
フランスではガレやドームが活躍していたころで、日本の江戸時代の最後から明治の中頃までの頃だ。

 今回の展覧会は、英国のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館などの美術館&博物館の所蔵品を
中心として構成されていて、絵画や素描、家具や工芸、 宝飾品など約150点が展示されている。

a0031363_4234969.jpg

(カタログより、、、)

 エレヴェーターで三階にあがり小さな第一室からはじまり、まずエドワード・ バーン・ジョーンズの
<ヘスペリデスの園>に目を奪われる。

a0031363_4244840.jpg

そしてアルバート・ムーアの<花>、桜の花だろうか?をバックにすくっと立つ等身大の女性の衣装の波は
どこかミロのヴィーナスのようであり、また十一面観音像のようでもあり、しばし立ちすくんでしまった。

a0031363_4254089.jpg

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの<愛の杯>は元松方コレクションの作品だが実物を観たのは初めて!
(松方コレクションを初めて観たのはたしか小学生の頃に父に連れられていった記憶があるが
作品については良く覚えていない)

a0031363_4262431.png (HPより)

 オーブリー・ビアズリー、ウィリアム・モリス、オスカー・ワイルドにいたるまで、
そして二階へと移りジャポニズムやギリシャの影響を受けた作品まで初めて観る作品が続いた。
また、サロメのシリーズにも、目をこらしてじっと観て初めて全体像がわかる、
ホイッスラーの黒の作品<ノクターン 黒と金 輪転 花火>にも立ちすくんだ。

 唯美主義の総合的な展覧会としては日本初であり、今回の展覧会のもう一つの面白さは、
英国で唯美主義最盛の同時代に建てられた(1894年竣工)の三菱一号館
(英国人ジョサイア・コンドル設計)の展示空間で行われているということで、小さな絵画作品が
それぞれにあったチムニーの上に飾られていたりして素敵な同時代感だった。

 本展覧会のホームページ上で、1850年のロンドン万博から1900年のラスキン、ワイルドの死去までの
時代を追った説明は良くできている。

http://mimt.jp/beautiful/movement.html
時代の説明

     〜〜〜〜〜〜〜〜
 夕闇がおりた中通りにでて、AさんとMさんとビックカメラへ。
二月に出るカメラをいろいろ手にとって楽しんた後に夕食をご一緒した。
ここで、明日の予定が急にたてられて、、、私もご一緒させていただくことになってしまったのだ。

a0031363_433395.jpg
 (このカタログの顔<フレデリック・レイトン《 パヴォニア》には、
マイセンクリスタルのブランデーグラスが妙にあっていた)



by pretty-bacchus | 2014-01-29 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback(1) | Comments(2)

一足早い桜餅と柳桜園の久田宗匠お好みの<和敬の白>
2014年1月28日 火曜日 晴れ

 温かい一日だった。
冬の夕暮れは光がきれい、、、。

 夕方一緒に少し歩いた。
歩くには今頃の季節が汗をあまりかかなくて一番良いような気がする。

 坂本やさんではもう季節の先取りの桜餅が出ていた。
久しぶりに自分でつくねたお茶碗でお抹茶をいただいて、、、。
お薄は暮れにお送りいただいた柳桜園の久田宗匠お好みの<和敬の白>

かってのなつかしい特別なお稽古の思い出が甦ってきて、宗匠と若宗匠をしのんで涙がとまらない、、、。
写真の整理をして少しだけでもブログの記録に残しておきたい、、、。

a0031363_5385413.jpg

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 06時44分  : 日の入 17時04分
  月の出 03時47分  : 月の入 14時12分


by pretty-bacchus | 2014-01-28 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

寒い朝に鳥と遊んで、寒い夜はワインとウイスキー
2014年1月27日 月曜日 晴れ

 やっぱり暗い朝よりも明るい朝がいい。
日が大分長くなったようだ。
朝夕に借景の木々に渡りくる鳥たちは今はヒヨドリと雀さん。
ソファーに座ったまま膝にはMacをのせたまま、カメラをかまえて超望遠手持ちで、ガラス越しのかなたの、
おちつきのないヒヨドリを一瞬とらえるのはなかなかむずかしい。

#IMAGE|a0031363_1235923.jpg|201401/29/63/|mid|864|574#]

a0031363_1245842.jpg


 久々のワインは、優しさの中にも味わい深いシャトー・ドゥ・ティルガンの今夜は2003年。
かるくつまんで待ち合わせは高田さんのお店。
前回は飲めなかったので、今夜は久々のウイスキーでダルウィニーDALWHINNIEの十五年。
マイグラスは四十年前のサンルイのティッスルで。
Hさんと久々にアンリ四世とディアヌ・ド・ポワティエや、ダンブラウンの全作の話に花が咲いて、、、
夜は深けていきました。

少し酔ったかな? 弱くなったものです、、、。

a0031363_127281.jpg

a0031363_1272266.jpg

a0031363_1274847.jpg


http://keico.exblog.jp/12252212/
2011年3月9日 水曜日 晴たり曇ったり
アンリ四世とディアヌ・ド・ポワティエの遺体鑑定

~~~~~~~~~~

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 06時45分  : 日の入 17時03分
  月の出 02時45分  : 月の入 13時11分


by pretty-bacchus | 2014-01-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

日が延びて早や春の芽生えかしら、、、、?
2014年1月26日 日曜日 曇り時々雨

 雨模様の日曜日は静か。
鳥たちもなんだかお休みの感じ、、、。
日が延びて早や春の芽生えかしら、、、、?

 ようやく小さな<喪>があけた感じ。
この十日間新しいお薬を飲んでいたので<酒類>は禁止になっていた。
小さい頃から父の晩酌になれていたしお客様も多かった。
長じてその後も食事の時にはお料理にあうワインやお酒はいつもお供だった。
白ワインは殺菌作用があるから生ものの時にいいの、、、。赤ワインはポリフェノール効果があって
フレンチパラドックス、、、などと言いながら、まあ、、、楽しんできたわけだ。
無いとなんだかさびしくて水ものを何か飲んでもどうも口が満足しない。

 さて今夜はなにをいただこうか、、、久しぶりにワインセラーをのぞく楽しみを満喫できそう、、、。

a0031363_4332699.jpg

a0031363_4335536.jpg

(瘤の木、梧桐にも春のきざし、、、、







by pretty-bacchus | 2014-01-26 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

週末は昔のフランスの旅の思い出に酔って
2014年1月25日 土曜日 曇りa0031363_21252852.gif

 なんだかほっとした週末。
一週間がたつのはなんとも早い。

 母としばらくぶりに話してパワーをいただく。九十三歳の老女恐るべしだ。
明日はお仲間のお初釜で高田馬場までくるそうだが会えないかもしれない。

 昨日の友人のサロンで120インチに写し出された旅の数枚がわすれられずにここでその一部を
アップいたしましょう。

http://keico.exblog.jp/19386562/
若いカップルとITのこと美術のことお茶のことなど

今では絶対に不可能なタイトなスケジュールと重いコンタックスのカメラ三台&レンズと、
ご一緒したプロに教えられて、真夜中までのポジの整理&一日のメモ書き。
若い時にしておいてほんとうによかったと、、、昔を振り返っている。

 この旅の記録は、東京書籍から本になり、専属カメラの青山進さんとともに、
「フランスの発見の旅・西編」(フランス発見の旅 西編 菊池丘/文 青山進/写真 片桐敬子/写真)として
形になり、私は四地方の写真を担当させていただいた。

 その後2005年には、日仏会館で<ペリゴール地方写真展 「ドルドーニュ・ペリゴールへのいざない
−魅力あふれるフランスの地方を めぐるno.1」として2005年1月11日〜28日 日仏会館にて開催された。
フランス大使館の後援という形もいただけてありがたいことである。
東京の最終日前には、フランスからペリゴールのサンテグジュペリ伯爵をお招きして
<日仏文化の夕べ>でのレセプションを行うことができた。
その後奈良で数日、半年先には神戸でもお披露目できた。
伯爵をその後奈良と京都にもお連れできて、大きな民間外交ができた。

 写真展は第十回まで行ってフランスをずっとしたかったのだが、諸事情で三回で終わってしまったのは
ほんとうに残念!
もう決して出来ないであろう過去の旅の記録の一部がiPadの<写真>に入っていたことで、
昔の思い出に少しばかり酔っている。

 iPadに電子書籍を入れると、ついつい朝方まで読んでしまうので、しばらくはガマンして床につこう。

a0031363_3175176.gif
(高台からドルドーニュ河をのぞんで、、、)

a0031363_3183291.gif
(人々が水辺を楽しんでいた、、、)

a0031363_3242840.png
(通りかかった小路のバーをカシャッ〜〜)

a0031363_3253582.gif

奈良での会場にて
a0031363_3263544.jpg
(奈良での会場にて)

a0031363_3271576.jpg



http://keico.exblog.jp/1470215/
2004.12.24
ようやく写真展の案内ができた。

http://keico.exblog.jp/1530038/2005.01.10
初春の 写真展嬉し 我が最晩

〜〜〜〜〜〜〜〜
☆写真展の三回の記録☆
カテゴリ:PhotoExpo写真展東京奈良Jan

カテゴリ:PhotoExpo展東京2006Lang
 <ラングドック=ルーシヨンへの誘い>

カテゴリ:PhotoExpo写真展2008
 <シャンパーニュアルデンヌ地方へのいざない>




by pretty-bacchus | 2014-01-25 23:59 | ♣Journey海外Jun97ペリゴール | Trackback | Comments(4)

若いカップルとITのこと美術のことお茶のことなど
2014年1月24日 金曜日 晴れ

 アップルが最初の「Mac」を発表したのはちょうど三十年前の1984年1月24日。
翌年そのMacPlusが私たちのところにやってきた。
もう三十年もなるのだ。感無量だ。
それ以来ずっとMacで遊んできた。
ウエヴの世界は1990年中頃には特別メールアドレスを得て、身内の会社のホームページを作り始めて、
もう二十年になる。

 初めてコンピューターを使い始めたのは、1970年代初めのパリの駐在員時代で、
αトロワといわれた予約システムだった。
それまでは予約の確認は(当時は72時間以内リコンファームが必要だった)パリでは
パリ本社の予約課と電話で行われ、東京からはテレックスが使われていた。
ファックスがこの世に現れたのもちょうどその頃だった。
それ以前は作家さんとかがパリにいらして原稿を送るのは郵便で、時には空港のカウンターでお預かりして
東京行きの飛行機に積んだりしたこともある。

 ネイサン・ロスチャイルドが富を築く基となったのは、ウェリントン率いるイギリス軍が
ワーテルローで勝利したことを伝書鳩で情報を送り、イギリス証券取引所で公債をお売りに売った後に
突然買いに走って相場の操作をした1815年とされている。
電話が発明され使われ始めた五十年も前のことで、ロスチャイルド財閥の繁栄は
一羽のハトによってもたらされたのだ。
それから二百年がたって、今や世界はいくつもの衛星が飛び交い駆使されて、
全ての情報が集められてしまう時代になってしまった。
この先はどんなふうになるのだろう。
かろうじてついていっているが、そろそろ限界かもしれないと思う昨今なのだが、、、。

 今夜は、久しぶりにUさんとSさんとお食事。彼のお誕生日で岡半さんにお招きをいyただいた。

#IMAGE|a0031363_05835.jpg|201401/26/63/|right|864|577#] (長い廊下をさっそうと登場なさり、、、)

a0031363_1501665.jpg

a0031363_0593443.jpg (額は廬山人)
(このお店はどの個室も美術品であふれている)

a0031363_102228.jpg(1964年の東京オリンピックの年に作られた特別洋食器)

a0031363_113551.jpg (お店の名づけ親はO氏だが、このマッチは吉川英治さんの筆による、、、)

a0031363_131068.jpg
(三年前のご法事の時に吉川英治夫人が編まれた<吉川英治余墨>に載せられていて、、、)
現オーナーの柴田さんはとても喜んでいらっしゃる。

a0031363_144669.jpg

#IMAGE|a0031363_164047.jpg|201401/26/63/|right|864|578#] (お祝いのシャンパンをついて下さる柴田さん)

a0031363_173924.jpg

 三十代後半の彼は仕事のしざかり。
ここ数年IT関係のお仕事も始められて、今夜はずっとその関係のお話しをうかがうことができた。
今一番の問題はセキュリティー関係でありその経費であり、それらは個人の範囲にまでも
大切なことになっているという。
ほとんどの話についていって、逆に私は四十年前に訪ねた、ニース郊外の
フランスのこんぴゅーたーセンターの話などをして(当時はそこで陸海空をも
操っていたと聞いている)あっというまに三時間がたっていた。

#IMAGE|a0031363_1124676.jpg|201401/26/63/|right|864|578#] (最後に誕生日ケーキのロウソクを吹き消して、、、)


 岡半さんで最高のすき焼きをいただいた後は、彼らの新しいサロンにお招きいただいた。
東京タワーが見えるビルの三階。

a0031363_1145392.jpg

江戸の浮世絵コレクションと流礼のお茶席のあるウェルカムルームで歓談。
渋いお茶碗も拝見して、、、。
次にエンジェルルームもみせていただいて、その後は十数人の同時通訳付きの会議もできる
コンフェレンスルームへ。

a0031363_1171019.jpg(大きな水槽に数匹の錦鯉が!)

a0031363_1192268.jpg(お手洗いのコーナーにエンジェルフィッシュ! じっと見つめられて、、、、)

a0031363_1223745.jpg

 コンフェレンスルーム正面の120インチ位の液晶には小黒さんのアフリカの様子が
アップルTVで写し出されている。
思わずiPadをとり出して、少しだけ入っている私の<写真>フォルダーにwifiで繋げてもらった。
iPhotoは使っていないのだが、三年前までの二万枚ほどの写真が少しだけ整理されて入っている。
ジェジェジェ! 自分が1990年代後半に重いコンタックスを三台首からぶら下げて旅した
ドルドーニュ&ペリゴールの写真が、が〜〜んと眼前に!
すごい迫力に、Sさんは“
え〜〜?これkeikoさんが撮ったの〜〜?え〜〜!”
(別項に)
a0031363_1272891.gif

 その後は彼の新しい車で深夜の東京を走って赤坂の高田さんのお店へ。
ドクターストップでワインは一滴も飲んでいないのに、若いカップルとのお話しに知的満足一杯の私は大興奮!
金曜日の東京の夜は深けていきました。




by pretty-bacchus | 2014-01-24 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(3)

2014年1月23日木曜日午後5時の日没を追って
2014年1月23日 木曜日 晴れ

 寒い一日だった。五時少し前に借景の遠くの空が色づいてきた。
今日の日の入りは16時59分とある。 少し陽が長くなったような気がする、、、、、。
西の空がまだ明るい。
それ〜〜〜。メリルを首にかけてエレヴェーターに乗って七階の踊り場へ。

 寒い! 家着のセーターのままだから、、、すーすーする。
遙か新宿のビルの谷間にいままさに今日の太陽が沈み込もうとしていた。

a0031363_1659699.jpg
(pm5:01)

a0031363_16594678.jpg(pm5:02)

a0031363_1702778.jpg(pm5:03)
フェンスの端っこに体をよせて一枚、二枚、、、瞬く間に冬の太陽は沈みゆく。

a0031363_1705350.jpg(pm5:04)

a0031363_1711858.jpg(pm5:05)

a0031363_1714728.jpg(pm5:06)


 今日も静かに終わってしまった。
私は何をしたのだろうか、、、しなければいけない事が沢山あるのに、今日も
根を詰めては出来なかった。
しなければいけないことより、したいことを先にしてしまう、、、。
意志が弱いのだ。

 Macのデスクトップにある母の写真におやすみなさいをして寝室へいこう。
今夜はiPadでダンブラウンの続きを読みのはやめにしよう。
(数日前にダビンチコードの前に書かれた<デセプション・ポイント>の
ウェブ版をダウンロードしてしまったのだ。大統領選挙とNASAの陰謀がおもしろい!)

http://keico.exblog.jp/19354960/
ダン・ブラウンの「パズルパレス」の世界は現実だった
2014年1月16日 木曜日 晴れ

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 06時47分  : 日の入 16時59分
  月の出 23時38分  : 月の入 10時14分




by pretty-bacchus | 2014-01-23 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(10)

ヤンキースと契約合意7年1億5500万ドルと板前見習の青年
2014年1月22日 水曜日 晴れ 

 真夜中にニューヨークタイムズのメルマガが着いた。
<Yankees Sign Japanese Pitcher Masahiro Tanaka for 7 Years, $155 Million>
<田中将大投手がヤンキースと契約合意、7年1億5500万ドル >

a0031363_0505155.png

 昨年の24勝0敗1セーブ防御率1.27でプロ野球史上初めて無敗で最多勝を獲得したのは
それはそれは凄いことだが、総額1億5500万ドル(約161億円)の契約とは!

 同じ頃テレビでは、 細川護煕さんの都知事選挙出馬のニュース。
かって<オリンピックは辞退するべきだった>と語った彼の元での七年後はどうなるのだろうか

 わからない世界の事が多すぎる今の日本だ。

a0031363_0514139.jpg

(朝から夜遅くまで働く、マー君と同い年の板前見習の青年がなんとも輝かしい!)


by pretty-bacchus | 2014-01-22 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)