<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

アップルサポートのTSさんありがとうございました。
2013年2月28日 木曜日 晴れ

 一昨日ペンディングになっていたいくつかについてアップルサポートのTSさんからお電話をいただけた。
この四日間、毎日何時間もサポートスタッフと話をしてようやく移行はうまくいって
新しいマックを使い始めたが、まだまだ問題点はいろいろ残っていた。

 曰く、<スノーレパードで作ったテキスト原稿を同期して、新MacBookプロ13で見たいし、
出先でiPadで訂正して、それを同期させたい>
<メールを一つにまとめて、MacBookプロ15と13とiPadで同期しておきたい>
<Numbers for iPadとマック間をiCloud を使用して複数のデバイス間でスプレッドシートを
最新の状態に保ちたい>
<古いマックで購入したアプリが新マックではうまくいかない>、
<サイドバーのDropboxや新機能>etc,エトセトラ。

 時にはサポート側では初めてのケースもあってしばらく待ったりしたことがあったが、
Apple Care Saupport-Senior AdvisorのTSさんは、丁寧に対応してくださった。
こちらの二つのマックとiPadの画面が見えていないのだからそれは大変な事だろうに、
どんなにかストレスになるだろうに、、、。
三つのデバイスで作業が続行して風車が回っている時には少しだけ世間話しができて、、、、、
そんなとき私の目は借景の木々を見つめて、
“まあ、今日は暖かで春の目がみえてます、、、もうすぐ桜の季節ですね、、、。
“あ〜〜そうだ、サイドバーのダウンロードの上に急に桜マークが出て、
桜、さくら、、とありますが、これは何ですか?
私の脳内希望がサイドバーに出てしまうとは、今度の新マックのシステムは凄いですね〜〜!”
“そんなアイテムは無いはずですが、、、、”
でも本当にあるので証拠を、耳から電話を一瞬離して左手でコマンド+シフト+4でカシャッとキャプチャー。
(TSさんとApple Careの方がこのブログを見てくださることを祈ります)

a0031363_20523243.jpg

dommnad + iで情報をみると、/Users/keikatagiri1/Library/Saved Searchesにあり、
種類は<保存された検索クエリー>とあり、中には123の項目が入っている。
“検索クエリーってなんでしょう? 始めて見る言葉ですが、、、”
結局これもサポートでは初めてのことで調べていただくことになった。

 どうやら今回の原因は二つのマックのオペレーションシステム、前のマックOS10.6.2の
スノーレレパードと新のOS10.8.2のマウンテンライオンの違いから来るものと、
その新機能を私が熟知していないことに寄るらしい。
その上わたしがかなり高度な段階でマックを使いこなそうとしているので、
いろいろぎくしゃくが出てきてしまうのだろう。

あとひとつわかったことはやはり一台は旧OSのまま残して置いた方が昔の記録がみられるということ。
なにしり漢字トーク7.5時代やOS9.2.2時代のものからいろいろ入っているのだから、、、。
(これはサポートもはっきり言ってはくれないのだが、言葉にはしばしでそう理解した)

 アップルは昔のアップルではなくなってしまったと多くの人が思っている。
iPod、iPhone、iPadがでてからは、そちらの方へのサービスがメインになって、昔からのマックユーザーは隅っこに押しやられてしまったのだ。
OSXになってから新しくマックを始めた人たちはハッピーなのかもしれないが、以前からのマックユーザーは悲しい思いをしているのだ。
スティーブジョブズ亡き後はとくに変わってしまったと思うのは私だけではないだろう。
でも今回のトラブルをめぐって何人かもサポートの人と話したが、とてもよくトレーニングされていて顧客に満足をあたえることができるのは素晴らしいことだ。

 とにもかくにも何日かぶりで使えるようになったのだから一安心。
あとはバックアップの体制を作れば良いし、、、。
きれいなレティナ画面の新MacBookプロで写真ライフを楽しもう〜〜。仕事は旧マックでぼちぼちと、、。
thunderボルトとファイアーワイアーのコネクターがもう一ついるので夕方の都バスで有楽町ビックカメラへ。
この数日の模様とアップルのKeiさんに報告しておきたかったのだがあいにくオフであえなかったし、
コネクターも在庫切れ。

a0031363_2041313.jpg

 どっと数日三台のマックと格闘した疲れがどっとでたようで、、、
帰りにジョインして大好きなお刺身をいただいてから帰宅。
ヒカリモノのオンパレードが美味しく、カマスの焼き物も抜群。
お隣さんは、ホタルイカなどは先週いただいたお寿司やよりもぐっと味が濃厚で美味しかったと、、、。

 感激したのは夜になってアップルサポートからメールが入っていたこと。
<このたびは Apple にお問い合わせをいただき、誠にありがとうございます。
以下は担当のサポートアドバイザー、Appleからのフォローアップメッセージです。

 この度はお問い合わせありがとうございました。
今回ご案内しました内容の一部になりますが、今後のご参考としていただける記事をいくつかお送り致します。
併せて、下記ヘルプ記事になりますが、リンクもお送り致しますのでお手数ですが、一度ご確認をよろしくお願い致します。
不明点等がありましたらご遠慮なくApple Careまでご相談下さいませ。

今後もApple Care をよろしくお願い致します。(後略)>

 夜中までバックアップをして、久しぶりに良い夢をみられそうです、、、。

a0031363_2042727.jpg  (ボタン海老は頭としっぽを後から揚げてくださる)

a0031363_204238100.jpg

a0031363_20431450.jpg (カウンターのコーナーでいつもお料理をつくってくれたタカシ君が今月いっぱいで渋谷店にうつってしまうのはなんとも寂しい)


〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/17379493/

2013年2月24日 日曜日 晴れ

MacBook Pro 13 Retinaがやってきたが、、、

http://keico.exblog.jp/17386492/
2013年2月26日 火曜日 晴れか曇か
三日ぶりにマックが使えるようになった



by pretty-bacchus | 2013-02-28 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

熱気球の事故が起きてしまった(気球の思い出)
2013年2月27日 水曜日 雨後ち曇り

 朝の六時には雪でしょうという予報なので、のそのそと起きだした。
白い雪はなく雨のよう、、、。

a0031363_428592.jpg (真夜中にも見に来たが真っ暗。ガラスにカメラをつけて撮ったらこんなふうに撮れました)

 今朝はどの新聞もテレビもトップは、エジプトのルクソールの気球の惨事の事。
六十代のご夫婦方が巻き込まれて亡くなられたとのこと。
右肩上がりの日本経済を支えた後に定年を迎えた後の旅だっただろうに言葉がない。

 ルクソールではいくつもの事件が起こって、ようやくまた観光地として旅が復活した矢先の
事故だったようだが、あの気球が危ないことは旅行エージェントも承知していたはずなのに、、、。
海外の旅にはハプニングはつきもの。旅への思いを描いて一歩家をでると、後はいろいろの乗り物に乗る、、
飛行機、バス、タクシー、車、汽車、船、、、時には路上での事故もあるだろう。
でも今回は気球という珍しい乗り物でまた悲しい事故となってしまった。
ご家族はどんなにか力を落としていることだろうと胸が痛む。

 ほんとうは、気球に乗るってほんとはとっても心が躍るもの、、、。
地上を離れる瞬間にふわ〜〜と籠が揺れるあの瞬間はなんともロマンティック! 
空への憧れが昇華される瞬間なのだ。
十数年前になるがフランスで一度だけ乗ったことがある。
もう一度のってみたいと思うが、その時に危ない経験をしているから怖いような気がして
きっとしりごみするだろう。

 飛行機のいろいろのハプニングや事故の経験豊かな?私だが、(more>>に)
実はこの気球での不時着という経験もある。
エールフランスの機内誌<Bon Voyage>の取材の旅でのことだった。
グルッとブルゴーニュの大地や葡萄畑、世界遺産を上からながめて元の乗り場への帰りだった。
気球が強風に揺れて沼地に不時着して、泥沼に太ももくらいまで引き込まれてしまったのだ、、、。

この時の気球が落ちた事故のことは何年か前に一度ブログに書いたことがある。
ありました、、、、、、ブログの中で<モンゴルフィエ 気球>を検索したら出てきました。
http://keico.exblog.jp/7096176/
2008年5月10日 土曜日 のブログへ、
思い出を引き戻しつつ緑雨

a0031363_0222576.jpg

 気球の動きにあわせて下の緑豊かな土地に遊ぶ牛が走っていくのがおもしろかった。
(この写真は後にCDジャケットに使われました)

a0031363_0475213.jpg
  (色がおかしい、、、)

http://keico.exblog.jp/7096176/
2008年5月10日 土曜日 雨雨あめ、、、、
思い出を引き戻しつつ緑雨

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 気球はフランス人のモンゴルフィエ兄弟が成功した。それてフランス語で気球は「モンゴルフィエ」という。
熱気球は人類が初めて空中を飛行した乗り物で、モンゴルフィエ兄弟Montgolfierが、1783年6月5日に世界で始めて有人飛行を行ったのだそう。
南フランスのアノネでモンゴルフィエ兄弟が大きな風船に薪をいぶした煙を詰め、
熱気球を約 2.4キロメートル離れた隣村まで飛ばすすことに成功し、これが世界初の熱気球の実験とされることから設けられた記念日が6月5日。

a0031363_0363782.jpg  

(空へのロマンはレオナルド・ダ・ヴィンチの素描にもあるが、実現はしていない。

左はダヴィンチの素描。2000年にミラノでの特別展で現物を見てきた、、、、)
a0031363_037584.jpg
 飛行船の登場が1850年代で、ツェッペリン伯爵の硬式飛行船から100年以上前のこと。
ライト兄弟が世界で始めて飛行機による動力飛行を成功させたのが1903年だから、この熱気球は大変なことだったろう。
(日本では、まだ江戸時代の中頃だ)

その三ヶ月後には、国王の命で、二つめのモンゴルフィエ・バルーンがベルサイユ宮殿前の広場から上昇して、
広場には国王ルイ16世、マリーアントワネットをはじめ宮廷人と大観衆で埋められていたという。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 私たちは、地上で籠に乗り込んだあと、バナーがたかれて、気球の内部が暖めてられて上昇していく。
地上を離れる瞬間にふわ〜〜と籠が揺れるのは、空への憧れが昇華される瞬間だ。

六人乗りくらいの小さな籠があるだけで、その中にカメラを数台首から下げて乗り込んだ私。
エールフランス航空の機内誌“Bon Voyage"の編集著の菊池丘さんと、専任プロカメラマンの青山進さんと
フランス人の女性で、私はお供(というより、私の担当はこの雑誌の“ワインと旅とアート"の頁の4頁の
写真と文だったから、それ以外は、なるべくプロの撮影の邪魔にならないようにしてついていって、、、でも
私もバンバン撮っていた)

 遥か眼下に広がる緑の大地、遠くの山々、家や教会はあっというまに遠くになっていき、
道路も川も箱庭のよう〜〜〜。
気球の動きにあわせて、動物達が下を走っていて、その雄大さに感動したものだった。
うわ〜〜〜ステキ! と歓声をあげてもバナーの音でかき消されていく、、、、。
(このとき撮った気球の籠の内部の赤色と地上の緑と蒼い空の幾何学的な写真は、
コンタックスサロンの鬼沢さんにとても褒めていただいたのを思いだした〜〜〜〜。
あの時のポジはどこにあるのだろう、、、、)

a0031363_4324484.jpg (エールフランス機内誌 BON VOYAGE の1998年夏号はブルゴーニュ特集だった。
気球の記事の一頁)

 好事魔多し! その後まもなく、気候が急変して気球が揺れた。地上から連絡があったのだろう、
バーナーを調整しているフランス人が、少しあわてた様子でキョロキョロしはじめた。
どうやら予定した着地点には降りられないらしい。慣れているのか、あまりあせってはないが、
おしゃべりになったのはやっぱり心配だったのかしら、、、、
“八十歳のおばあさんが乗ったときにはね、、、、やっと着地できたときは、
農家の庭のトイレだったよ、、、"とか、“教会の屋根のこともあったし、、、、"

え〜〜? 慣れない私たち三人の日本人は真っ青!
地上でコントロールしているジープが猛スピード走ってくるのがみえる、、、
かなりの予定変更なのだろう、、、。
風の動きを見て、地上をきょろきょろとバーナーマン、、、そして、やっと着地したのは沼地の端っこ。
“こっちまで歩いて、、、、大丈夫だから、と遠くで叫んでいる。
“昨日雨が降ったから大丈夫かな、、、といいながら歩き始めた菊池さんがまず叫んだ。
“足が抜けない〜〜、、、沈んでいく〜〜〜う、、、。
いつも落ち着いている彼がかなりあせっている様子に、もう私はとっても心配になった。
身軽な青山さんは別の方向にまわって無事に陸地に到着したようだ。
(その傾いている気球を撮った写真もあって機内誌に使われたのだから、さすがにプロだ!)

私はカメラを守りたかった。買ったばかりのコンタックスのRTSとSTとレンズ群首に二重巻き、
もう一台はたすき掛け、最後はカメラバックに入れて肩から提げた。
ずぶ、うううう、ずぶ、、、ずぶう〜〜〜〜〜、、、
“あ〜〜〜沈んでいく、、、助けて〜〜〜。
泥に膝まで沈むと、交互に足をぬいて先に進むのは至難の業、、、、。

そのころには、陸から別の人が助けに来てくれていた、、、。まず肩のカメラバックを渡して、
“これを先に助けて、お願い〜〜〜。驚くフランス人。
陸にカメラをおいて、すぐに戻ってきてくれて、今度は私の手を取って(手が抜けそうだった、、)
陸まで連れ戻してくれた。

農家の水道を借りて、膝から下を洗った。靴も洗って裸足で土の上を歩いてジープまで、、、。
なんとジープでは、キャンプ用の机の上にシャンパンが用意されていて、
“お疲れさま〜〜〜、ア・ヴォートル・サンテ、乾杯!
ほんとにこんなときまでフランス人はシャンパンなの〜〜〜、、、とイイながら、
全員が膝上まで生足で、皆なで大笑いしながら乾杯!
泥だらけの靴をしばらくかわかして、、、と。

 気流が悪い季節だったようで、翌日はヴォルビックのスルス(水源の源)を、
熱気球で眼下に見るはずだったのが、数時間まっても許可が出ずに、帰国の予定を変えられない私たちは、
急遽クレルモンフェランの空港まで車を飛ばして、ヘリコプターで空撮をすることになってしまった。
内心気球でなくてよかったと思ったのだが、これがまたまたハプニングで、、、(後日書いておきましょう)

 旅の思いでは尽きない、、、。
大変な経験も愉しい思い出として残っている、、、
でも命を失わなかったからそんなことも言えるのだ。

 この時撮った泥だらけの靴とか、しぼんでしまった気球とかの写真はどこにあるのだろう、、、、
きっと、あの段ボールの中にあるはずだ。

http://keico.exblog.jp/17228761/
2013年1月28日 月曜日 晴れ
1990年代のフランスとイタリアのネガ・ポジ

このポジをデータ化するとその時の様子がいろいろアップ出来るだろう。

〜〜〜〜〜
 青山さんと思い出話をしていたら、その時のポジをスキャニングして送ってくださったので数枚を
アップします。
a0031363_4394525.jpg (出発準備、、、萎んでいた4000立方の気球がだんだん大きくなっていく、、、)

a0031363_443863.jpg (気球が暖まって昇っていくが、ずっと火は燃えっぱなしなのだ)

a0031363_4443730.jpg (彼が全てをしきっている。景観の説明もしてくれる)

a0031363_4462093.jpg (着陸は沼地に着いてしまった。青山さんはよくこの最後も撮りましたね、、、さすがプロです)

〜〜〜
http://keico.exblog.jp/8363159/
2009年6月5日 金曜日 雨
モンゴルフィエ 熱気球の記念日

http://keico.exblog.jp/5770820/
2007.06.22 金曜日 
夏至きたり 古の旅はるかなる

この時に私が書いた記事は、
http://keico.exblog.jp/13208454/
2011年8月4日 木曜日 その二
ブルゴーニュの栄光の三日間<トゥロワ・グロリューズ>

http://keico.exblog.jp/690561/
2004.07.18
フランスは発見の旅我もまた「フランスの発見の旅・西編」

〜〜〜
(追記;青山さんの記録だと1996年6月10日のことでした)




More>>旅の事故いろいろ
by pretty-bacchus | 2013-02-27 23:59 | ♣Journey海外96ピレネオリエン | Trackback | Comments(9)

三日ぶりにマックが使えるようになった
2013年2月26日 火曜日 晴れか曇か

http://keico.exblog.jp/17379493/
2013年2月24日 日曜日 晴れ
MacBook Pro 13 Retinaがやってきたが、、、

http://keico.exblog.jp/17383798/
2013年2月25日 月曜日 晴れ
MacBookProを残して外出、法務省へ

 新マックへの移行失敗は、結局最後にAppleCareのアップルサポートの
シニアアドヴァイザーに変わっていただいた。
最初にこちらのマックの中のエトセトラをいろいろ説明したときに、そうしてくだされば
こんなに時間はかからなかったのかもしれないのに、、、。

a0031363_16395162.jpg

 どうやら理由はわからないが、移行の結果、デバイス欄にターゲットモードのHDの他に
Macintosh HDが二つできてしまっていたようで、とりあえず一つを削除。
(これだけではLibraryなどは削除されないと思うのだが、、、)
ここまでに二時間ものあいだ携帯電話を左にもって、右手で二台のマックの面倒を見て、、、。
昨日のうちにマウンテンライオンのシステム環境設定のなかで聞いておきたいことをメモしておいたので、
それも色いろ質問。このシニアアドヴァイザーのSさんはなかなかの方で、
時には初歩的なことを聞いてもとても親切に応えてくださる。
トライしてうまくいくと“よかったですね、、”と安堵感を与えてくれる。

 どうやら今回もまったく珍しいケースがいろいろ起こっていたようで、まだ解決しないことは
調べて後日ご連絡をいただくことになった。
マックってこうして苦労しながらの中に楽しみをみいだして次のステップにいくのかもしれない。

 心配していたアドビ関係の認証もすぐできたし、ほとんどのアプリも以前のままつかえるようで一安心。
画面が小さくなったが美しいレティナディスプレイでブログ友達の写真を拝見している。

 一段落して夜の散歩へ。
明日の朝はまた雪の予報で寒い寒い夜。

a0031363_16392625.jpg

a0031363_16421741.jpg


(デザートのとちおとめが美味しかった〜〜)


by pretty-bacchus | 2013-02-26 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(2)

MacBookProを残して外出、法務省へ
2013年2月25日 月曜日 晴れ

 http://keico.exblog.jp/17379493/
2013年2月24日 日曜日 晴れ
MacBook Pro 13 Retinaがやってきたが、、、

 新しいマックへの移行をそのままに就寝したが、心配になって早くに起きてしまった。
なんとまだあと七時間もとあって、どうやら遅々として進んでいないようだ。

 とにかくそのままにして約束があるので出かけることに。
朝の光がある内にでかけるのは久しぶりだ。
土手に燦々と太陽があたって春の野草が輝きだした。春はもうそこまで来ている。

a0031363_3262415.jpg

a0031363_327261.jpg

a0031363_3273250.jpg

a0031363_3275728.jpg

 法務省にいったのは何十年ぶりだろうか。
1970年代の初めだからもう四十年も前?
突然のパリへの出張命令で(それの翌々日とかで)パスポートが切れていたのだ。
会社がどんな風にしたか覚えていないが、必要書類をもって旧法務省のある部署に行ったことがあった。

 法務省旧本館は、霞が関にある歴史的建造物(重要文化財)で、最高裁判所庁舎とともに
明治の近代公共建築を象徴する建物でいつも車で通っている。赤レンガの美しい建物だ。
江戸時代に米沢藩上杉家藩邸であった場所で、ドイツ人建築家の基本設計のドイツ・ネオバロック様式で
1895年に竣工。1923年の関東大震災でも煉瓦外壁が鉄材補強されていたことでほぼ無傷で残ったという。
おばあちゃんがその当時の事を話していたのを覚えている。赤煉瓦の建物の前のお堀には沢山の死者が
いたのだそうだ。歴史の一場面だ。

 第二次世界大戦の1945年の最後の空襲ではレンガ壁と床を残して全焼したが数年後に改修工事がなされ、
法務省本館として再利用されるようになったようだ。
1994年の改修工事では創建時の外観に戻され、文化財として国の重要文化財に指定された。
a0031363_330156.jpg

a0031363_3305021.jpg

a0031363_331256.jpg

a0031363_332593.jpg

 桜田門の交差点を右折してすぐの左側、右側は警視庁。
ガードマンが何人もいる表門で名前を告げて中庭に通され、赤煉瓦の建物の中央のトンネルを抜けると
広い広場があってその先の二十階の近代建築が法務省関係のオフィスのようだ。
今日は連れ合いのお供で連れてきてもらったのだが、わたしはいろいろと興味津々。
ガードマンに聞いたら写真は撮っても良いということで時々カシャカシャ、、、。

a0031363_3342920.jpg

a0031363_3352116.jpg


a0031363_3361343.jpg

(上層階からの一八〇度パノラマには素晴らしい)

 三十分ほどで大切なご用がが終わって一階へ。
帰りは裏門からでると向かい側は日比谷公園。
お昼時期で散歩の人がちらほら。
松本楼はいっぱいなので、初めての白い建物のお店で軽くランチ。
七年前にオープンいたというが、これだけの建物なのにお味はまあまあだが、
ホスピタリティーに欠けていてなんだか残念。 

a0031363_3381748.jpg

a0031363_3384643.jpg

a0031363_340282.jpg

 マック二台を繋いだママなのが気になって早々と帰宅。
画面にはあと一分とでていてほっと安心。
それが何十分たってもその数字は変わらず、初めてAppleCareに電話をした。
事情を説明したが、レアーケースのようで、どうも要領を得ない。
結局、再度今度はターゲットモードで立ち上げてから<移行アシスタンス>順にすることにしたが、
うまくいかないのだ。
<もう一台のマックから応答がありません>を繰り返すだけ。
あ〜でもないこうでもないとアップルケアーのスタッフと試行錯誤の結果、ようやく応答があり
<二時間半>とでて、ここまでにアップルケアーの人は三人変わっていた。

a0031363_3431174.jpg

#IMAGE|a0031363_3412831.jpg|201302/28/63/|right|888|560#]

 夕方にやっと終わった。ようやく移行が終わったと思ったがどうもおかしい。
それからがまた大変で、一人で悪戦苦闘。
二十五年前には、誰もわからないと友人と一緒にアメリカアップルに電話をしたことを思い出していた。

 二台は移行時のままにして置いた方が良いとのアドヴァイスで結局何も出来ない。
こんな日があってもよいと思うのだがなんだか妙に倦怠疲労感の一日となってしまった。
 


by pretty-bacchus | 2013-02-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

MacBook Pro 13 Retinaがやってきたが、、、
 
 どうしてこうなるの〜〜。
二五年以来のMacユーザーでパワーユーザーを自負しているのに、
マックを交換する度にトラブルに巻き込まれる。

 新しいマックがやってきて旧マックから移行を始めたのにうまくいかずに、
ブログ更新もメールも不可になってしまっていた。
今日が何曜日かはテレヴィのニュースで聞かないとわからないほどだ。

 ようやく半分解決でまずメールチェックとバックデートでブログアップしておこう。

2013年2月24日 日曜日 晴れ

 昨日選んだ新Macは結局、先週新機種がでたばかりの13インチ:2.6 GHz Retinaディスプレイにした。

 メインの目的は重い写真データの現像が今のマックでは心細くなったことと、
レティナディスプレイの美しさのひかれたこと、そしてメインマックを守るためだ。
現在MacBookプロ15/500Gは2010年後半からでこれに入っているデータは、
漢字トークの時代の1980年代後半からの原稿とかもあってApple Worksで書いたものもあり、
どうやらこれらはOS10.6.8スノーレパードで、かろうじて工夫して読めることが出来るらしいことが
わかったので、このままにしておくしかない。
(このあたりはアップルのジーニアスもはっきり言ってはくれないのだが、、、)

問題はハードディスクの寿命で、もう二年半になるからそろそろ危ない。
昔と違ってTimeMachineでバックアップができているが、大きな写真のデータでいじめない方が
よいような気がしてきたのだ。

 現時点では11インチMacBook Airはすでに十万円をきって八万、13 MacBook Proが十万と以前に比べたら、
なんと安くなったのだろう。
二十五年のマック歴の中で思うと、なんとMacは求めやすくなったのだろうとつくづく思ってしまう。
1990年初めにはマックとスキャナーとプリンターを揃えたら何百万もかかってしまったものだ。
 
 今回悩んだのは13インチにするか15にするか、そしてもう一つはMacBook Proにするか
MacBook Pro Retinaにするかだった。
Retinaモデルの問題もいろいろあるようだし躊躇していたのだが、先週の新機種ではバグが密かに
なおされているようだし結局これに決めた。
〜〜〜〜〜
13インチ:2.6 GHz Retinaディスプレイ
2.6GHzデュアルコアIntel Core i5
(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
8GB 1,600MHzメモリ、256GBフラッシュストレージ1
Intel HD Graphics 4000
内蔵バッテリー(最大7時間駆動)2
〜〜〜〜〜
 アップルのKeiさんが奨めたのはプラス25,000円でのアップルケアーだが、いまだかって
こういう有料サポートに入ったことがないし、パワーユーザーを自負する私には必要はないと断言した。
しかし彼は自分も入っているし、一緒にいってくれたAさんも、シグマのUさんも入っているし、
これは今のマックの世界ではどうやら必要なことらしいということがおぼろげにわかった。
テクニカルサポートに加え、ハードウエアーの製品保証も三年間あるのだそうで、彼は言わないが、
今のアップル機はそれだけ問題が多く又レティナがフラジルかもしれないということなのだろうと推測して、
このAppleCareに入ることにした。
(この事がとてもあとで有効になったのだ)

 いつもなら新しい機種が手元に入ると嬉々としてすぐに立ち上げてあの
〜Welcom,Bonjour,こんにちは等の動画に興じるのに、昨日は疲れてバタンキュウ。

http://keico.exblog.jp/11618770/
2010年11月24日 水曜日 晴れ のブログへ
Mac Book Pro マックブックプロの始動儀式ですな、、、

a0031363_9312836.jpg

a0031363_9325653.jpg

a0031363_9321674.jpg


 今日の午後からようやく始動とデータの移行を始めたのだが、これが大変だった。
500ギガを持つ旧マックのデータの一部を今度の256ギガのマックに移す。
それもOSが違うマックだから、Libraryの全てがうまくはいかないだろうと言われていて、
最低移行項目を決めておいてそれを移すことにした。
一番恐れているのはメールが消えてしまうことと(MobileMe移行の時には全世界で1%の一人に
入ってしまってほとんどのメールが消えてしまったにがい経験があるので)、
既にCDなどは机の奥にはいってしまっているフォトショップやイラストレーターのアドヴィ関係が
うまく移行して欲しいのだ。
ともかくアップルのKeiさんのアドヴァイスで、立ち上げてすぐにでるマック上の
移行アシスタンス指示通りしたら、なんと予定時間が十時間五十分と出てしまった。
途中ではやめられない。真夜中にまだ九時間、、、。

a0031363_9341852.jpg


ここで床に着いてしまったのだが、翌日が大変だったのだ。
続きは明日に、、、
 
 それにしてもこのブログを書き始めた2004年以降のブログのマックの記録をつらつら見返してみると、
二年おきくらいにマックのトラブルに巻き込まれているのに、なんでこうして使っているのだろうと、
今更ながらにお馬鹿なマックファン、いやスティーブ・ジョブズファンの自分にあきれてしまう。

〜〜〜〜〜
以下、マック関係の事を書いた記事を古いものから順番に。
私のマック歴をこうして振り返ることができるのもブログのおかげかしら?
書き直したいのもあるが、あえてえそれをしないで、、、

http://keico.exblog.jp/2116056/
二階のGENIOUS BARの最初の頃
2005-07-22 19:05 | Pho

http://keico.exblog.jp/2124653/
2005.07.25
夏の宵 熱女二人の マック狂

http://keico.exblog.jp/2134579/
2005-07-29 23:59
夏きたり 機械の嫉妬に 悩まされ
(OS9.2.2は今や新しいタイガーへの頃 マック入院)

http://keico.exblog.jp/2220392/
2005.09.04
どんよりとひとひ一日に  夏が逝く
(新しいOSXのタイガーで日本語語入力がだめに,
PowerBookG4/800は2002年11月>>iMacG5の20インチを購入

http://keico.exblog.jp/2153706/
2005.08.6
炎天にマックと遊ぶ狂女かな
(Mac OS X v10.4 "Tiger"の講習でスポットライト
アウトルックエックスプレスをMac OS X のメイルに移行)

http://keico.exblog.jp/2298166/
2005.10.09
秋雨の銀座華やぐライヴショー(マック不調の歴史)
(87年のPLUS以来、ⅡCI,7600,G3、パワーブックG4につづいて第六代目)

http://keico.exblog.jp/4293080/
2006年9月16日 土曜日 07:23 AM
秋の虫 夕げの香りに 色を添え
(Macに新機能のBackupハードディスクは必ず壊れる!)

http://keico.exblog.jp/5183540/
2007.03.01 木曜日 晴れ
弥生三月
(アップルのCEOスティーブジョブスi-phoneのCMをアカデミー賞で公開)

http://keico.exblog.jp/5201826/
2007.03.05 月曜日 晴れ
落ち椿 仰ぎ見る間に 又一輪
(ADOBE関係の講習会)

http://keico.exblog.jp/5733671/
2007.06.14 木曜日 曇
スティーブ・ジョブス氏のスピーチに酔いながら、マックと格闘
(WWDC 2007のニュース)

http://keico.exblog.jp/5942406/
2007.07.31 火曜日 7月最期の一日  朝顔六つ七つ
梅雨明けか十六夜凜と東んがしに

http://keico.exblog.jp/5975238/
2007.08.08 水曜日 立秋
秋立つも変わり無きかな さわぐ風
(Mac ウェブギャラリー登場)

http://keico.exblog.jp/6150082/
2007.09.11 火曜日 雨になってしまった。
雨の午後にネット環境を振り返って
(20年前のMac PlsuからのPCライフで、まず記録や日記をMacで書くようになった)

http://keico.exblog.jp/7529654/
2007.09.29 月曜日 雨
銀座アップルストアーにて

http://keico.exblog.jp/6461032/
2007年11月18日 日曜日 晴れ
病得て伏して見上げる天高し
(TineMachine が)

http://keico.exblog.jp/6656480/
2008年1月9日 am2:22
真夜中にマックのニュースで右往左往
(アップル、新しいMac Proを発表)

http://keico.exblog.jp/6682599/
時計の針が、2008年1月16日になった。
Macworld Conference & Expoが開幕した。

http://keico.exblog.jp/6748721/
2008.02,02 土曜日 曇り
寒風に鳥遊ぶ午後ゆったりと過ぎ
(AirMacの設定)

http://keico.exblog.jp/6809346/
2008年2月18日 月曜日 晴れ
マックとカメラとレンズの整理

http://keico.exblog.jp/6839018/
2008年2月26日 今日は二度目のアップ
真夜中にグーグルアラートで新マックブック

http://keico.exblog.jp/6986913/
2008年4月8日 火曜日 雨の朝だ
グーグルアースで桜前線を✿ฺ´☆`✿ฺ花祭りに桜餅を食べながら

http://keico.exblog.jp/8210111/
2008.04.24 金曜日 晴れのち曇り pm6:00
アップルストアー銀座にて

http://keico.exblog.jp/7088390
2008.05.08 木曜日 午後5時23分
アップルストアー銀座店にて

http://keico.exblog.jp/7102651/
2008.05.12 月曜日 雨のち曇り
マッキントッシュMacのクラッシュその後
(タイムマシーンtime machineという、、、)

http://keico.exblog.jp/7106608/
2008年5月13日 火曜日 曇りか雨か
ひたすらに 雨にもまけず アップルストアーへ

http://keico.exblog.jp/7110511
2008年5月14日 水曜日 雨 今日も雨
マックブックへのデータの移行が一日かかった

http://keico.exblog.jp/7298150/
2008年7月12日 土曜日
究極のガジェット=i Phoneがやってきた!

http://keico.exblog.jp/7301382/
2008年7月13日 日曜日 晴れ
むくげに元気をもらおう、、、
(新しいMobileMeという、データ共有ソフトがどうもおかしくてネット環境がぎくしゃくしている)

http://keico.exblog.jp/7373414/
2008年8月6日 水曜日 晴れだったが、、、
今夜は、スティーブジョブズ氏に杯をあげよう。

http://keico.exblog.jp/7529156/
平成20年9月28日(日) 曇り
マックブックが、また急に立ち上がらなくなった

http://keico.exblog.jp/7805190/
2009年1月9日 金曜日 小雪のち雨
初雪の曇天の空パリ想い
(ジョブズ氏は5日、自らの健康問題に関する書簡を公開)

http://keico.exblog.jp/8409901/
2009年6月14日 日曜日 曇り後雨
花一輪梅雨の新宿マック買い

http://keico.exblog.jp/8936787/
2009年9月8日 火曜日 晴れ
東京湾では何のお魚がとれるのかしら
(マック上の爆弾マークのこと)

http://keico.exblog.jp/9045263/
2009年9月30日 水曜日 雨
雨の銀座はアップルストアー銀座へ

http://keico.exblog.jp/9157529/
2009年10月25日 日曜日 曇り
秋の新製品マックの新しい機種,テレビとブルーレイに興味津々

http://keico.exblog.jp/11092775/
2010年8月06日 金曜日 晴れ 猛暑
真夜中に鳴く蝉あわれ我重ね

http://keico.exblog.jp/11142190/
2010年8月16日  月曜日 猛暑日
猛暑日や歩く能わず泳ぐよう
(暑さでマックもダウン)

http://keico.exblog.jp/11353788/
2010年09月28日(火) 雨のち曇り
日経BP主催の講習会< iPhone/iPadでビジネスが変わる/経営が変わる>

http://keico.exblog.jp/11442096/
2010年10月17日 日曜日 曇り
マックOSXの次期バージョンは「Lion」?

http://keico.exblog.jp/11599448/
2010年11月21日 日曜日
日曜日冬のひよどり休みなく
「日没から24時間ネットを切断しよう」

http://keico.exblog.jp/11609763/
2010年11月22日 火曜日 曇り後晴れ
新しいマックブックプロがやってきた。

http://keico.exblog.jp/11618770/
2010年11月24日 水曜日 晴れ
Mac Book Pro マックブックプロの始動儀式ですな、、、

http://keico.exblog.jp/11658857/
2010年12月4日 土曜日 晴
「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」
(iPhotoがすごく進化)

http://keico.exblog.jp/12209581/
平成23年3月1日(火) 雨  手術九日目
手術あと春の訪れ足踏みし
(MacBookエアー)

http://keico.exblog.jp/12217562
2011年3月3日 木曜日 晴 手術十一日目
雛祭りはジョブズ氏の日、アップル「iPad2」発表でした。

http://keico.exblog.jp/12752843
2011年6月4日 土曜日 晴 暑い
WWDCを前にアップルの動きがいつもと違う

http://keico.exblog.jp/13054782/
平成23年7月9日(土) 晴 その二
アップルストアー銀座のあとは節電で暗い銀ブラで

http://keico.exblog.jp/13128759/
平成23年7月23日(土) 曇り
MAC OS X - v10.7 Lionへの移行はどうしようかな?

http://keico.exblog.jp/13185825/
2011年8月1日 月曜日 曇り
思い出の昔のパリを簡易スキャニングして

http://keico.exblog.jp/13280311/
2011年8月12日 金曜日 晴
今夏はアップルがヒートアップ&百獣の王Lion狂奏曲

http://keico.exblog.jp/13280311/
2011年8月12日 金曜日 晴
今夏はアップルがヒートアップ&百獣の王Lion狂奏曲

http://keico.exblog.jp/13285695/
2011年8月14日 日曜日 どんよりとした朝
猛暑より燃えるマックとカメラ道

http://keico.exblog.jp/13760097/
2011年10月6日 木曜日 晴れ
ジョブズさん天の高きに永遠に

http://keico.exblog.jp/13859952/
2011年10月21日 金曜日 曇り後あめ、、、、
スティーブ・ジョブズさんの追悼いろいろ

http://keico.exblog.jp/13918753/
2011年10月30日 日曜日 曇り その二
スティーブ・ジョブズさんを思いながら、、、

http://keico.exblog.jp/13987497/
2011年11月11日 金曜日 雨、雨
アップルストアー銀座の対応に怒り心頭

http://keico.exblog.jp/13998074/
2011年11月12日 土曜日 晴
アップル騒動 & 朝の光の優しさ

http://keico.exblog.jp/14050637/
2011年11月22日 火曜日 晴れ
再びアップルストアー銀座へ

http://keico.exblog.jp/15452337/
2012年5月27日 日曜日 晴れ
MobileMe からiCloud への移行はしないことにしたが、、

http://keico.exblog.jp/15581798/
2012年6月15日 金曜日 曇り
梅雨の空遊ぶはマックと雀の子

http://keico.exblog.jp/15667404/
2012年6月28日 木曜日 晴れのち曇り
アップルストアー銀座でiCloud への移行作業をすませた

http://keico.exblog.jp/15898752/
2012年8月1日 水曜日 猛暑日
新iPad & 新OSのMountain Lion

http://keico.exblog.jp/16197469/
2012年9月13日 木曜日 晴れ 病院の日
iPhone5>>病院で装具>>蝉の合唱

http://keico.exblog.jp/16633725/
平成24年10月19日(金) 雨のち曇、晴れ
土手の道は金木犀の香りが充ち満ちています
(マウンテンライオンのサファリでブログがアップ出来なくなった)

http://keico.exblog.jp/16950059/
2012年12月8日 土曜日 晴れv
マックと格闘した数週間でした

http://keico.exblog.jp/17321980/
2013年2月14日 木曜日 曇のち晴れ 病院 
午前八時から午前七時まで二十三時間ぶっつづけ

http://keico.exblog.jp/17368317/
2013年2月23日 土曜日 晴れ
初めてのソフマップとマックとカメラ
by pretty-bacchus | 2013-02-24 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(2)

初めてのソフマップとマックとカメラ
2013年2月23日 土曜日 晴れ

 朝から良いお天気。
どうしてもマックの環境が芳しくなくなった。
スタッフの仕事用のiMacはもうだいぶ前から使っていないからこれも処分しよう。

 二年半前のMacBookプロ15の500Gには今までの仕事関係のデータのほとんどと
趣味の写真関係の一部がはいっている。漢字トーク時代からの原稿とかも入っているから
ジーニアスの方と相談してスノーレパードのままにしてあるが、どうも動きが緩慢になっているし、
レインボーが回ったままのことが多くなって時間の無駄。
その上一枚が何十メガとデータの重くなったSIGMA DP1 Merrill の現像にはぎくしゃくしている。

写真用&旅用に一昨年の暮れのパリの旅の前に、友人から新品同様を譲り受けたMac Book Pro 13は
最新のOS Mountain Lionにしてあるのだが、これがどうもいけない。
何度かOSを入れ替えたり内部のクリアーとかもしていて調子はまあまあで悩んでいた。
友人達のアドヴァイスでこの際それも相談にのってもらおう。
でもソフマップという処には行ったことがないし、一人では心細いと思っていたらAさんが
一緒に行ってくれることになった。

 重いiMacとMacBookプロ13を持って夕方のビックカメラへ。
もうすごい人でそれだけでも疲れてしまう。
五階のソフマップで小一時間>アップル売り場で半時>四階でのプリンター備品>地下二階の
フジのプリント工房、シグマの売り場でSIGMA DP3 Merrilleをいじってみて担当のUさんといろいろお話し。
こういう方との雑談が一番参考になる。やはり彼もMacBookプロ15とウィンドーズの最速機を
使っていたが、SIGMA のSPPで現像のためにMacBook Pro Retinaに変えて快適になったという。

a0031363_1574029.jpg

 ソフマップの引き取り額のあまりの安さにもショックで、よろよろと寒い夜の有楽町へ。
タクシーで行きつけのお店までなんとかいってお魚三昧でマック&写真談義で少し元気になって帰宅。
なんだか疲れてしまって着替えて直ぐバタンキュウ〜〜。
だらしがなくなったものです、、、こんなことで疲れてしまうとは。

a0031363_1584293.jpg

a0031363_159763.jpg

 (アスパラやま〜〜。公魚らすまえ〜〜。カツオおろします〜〜。
このかけ声にも慣れてきた私。土曜日なのに満席近くで、
“もうこの頃評判になっているようで、、、”と忙しくも嬉しそうな店長。
オープンして三年目の春がきているのだ。

a0031363_21025.jpg




by pretty-bacchus | 2013-02-23 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(6)

日没時間がどんどんのびて春はすぐそこ、、、。
2013年2月22日 金曜日 晴れ 北風強し

 寒い。本当に寒い。明け方前の気温が零度をきって北風が強い日はほんとうに寒い。
寒気団が居座っているという北の国はどんなにか厳寒なことだろう。

 結局またメガネの度を直すことにした。
先週のW先生の説明に納得がいかず、十数年お世話になっている眼鏡屋さんのヤマナカさんに相談に行った。
彼は病院の眼科にずっとつめているので事情もわかってくれている方でありがたい。

十二年前の加齢黄斑の網膜手術は実は加齢ではなかったようで、今は網膜はきれいに元に
戻っているというから、まあこれは一安心。
“まだお若いのです、、、”と言われて悪い気はしない。
彼のアドヴァイスはやはり左の白内障が進んでいるようで左だけ手術をした方が良いだろうということ。
ともかくもう一度だけ遠くを見るメガネとマック用のをあつらえた。
こんなふうにして段々年を重ねていくのだろう。

 夕方にまた有楽町へ。
先週頼んでおいた昔の写真の銀塩ポジのデータ化10本が出来たのだがなんとマックでは開けない。
ウィンドーズだけとは誰も言っていなかったし、私はマックで頼んだのに、、、。

 でも、同じ階で新しいオモチャが発売されていて触って撮って楽しんできた、、、。
FUJIFILM X20. もう中途半端なコンデジはいらないとおもっているのに、中途半端どころか
完成度がすばらしいカメラで春の第一番のり。
明後日のSIGMA DP3 Merrillも興味があるし、ニコンD7100の発表もあって春の悩みはつきることがない。

 明日も寒いという。
日没時間がどんどん延びている、、、が、春はまだ遠いのかしら、、、。

a0031363_18541742.jpg (エンジェルが笛を吹くと、、、、一足早い春の女神かしら?)

a0031363_18555119.jpg (やがて夕陽がカーテンを染めて、、、、一日も終わってしまうのだ、、、)




by pretty-bacchus | 2013-02-22 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

最新版SPP=SIGMA Photo Pro 5.5が公開された
2013年2月21日 木曜日 眼鏡

 朝起きたらマック上に新しい頁があった。
シグマのWhat' Newで、<2013.02.21最新版SIGMA Photo Pro 5.5ダウンロード開始のご案内>
http://www.sigma-photo.co.jp/new/new_topic.php?id=487
シグマのWhat' New
本日より、最新のRAW現像ソフトウェア「SIGMA Photo Pro 5.5 Windows版」及び
「SIGMA Photo Pro 5.5 Macintosh版」のダウンロードサービスを開始いたしましたのでご案内申し上げます>
http://www.sigma-dp.com/jp/download/photopro.html
シグマフォトプロ

 22日だと思っていたので嬉しい驚き。
すでにシグマを持っている、SD1 Merrill、DP1 Merrill、DP2 Merrillユーザーに、
一日早い歓びをくださったのかしら?
午後には、RSSで<デジカメWatch>にも発表されていた。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130221_588756.html
デジカメウオッチ

 モノクロームモード搭載の「SIGMA Photo Pro 5.5」が公開されて楽しみが数倍増しそうだ。
今までのカラー画像から色を抜いただけのモノクロ画像とは違い、専用の画像処理を行なうので、
モノクロ画像で重要になるトーン、グラデーション、ディテールをきちっと残すことができるのだという。
(more2に>>>「Monochrome Mode」詳しくは1月18日のシグマの山本社長のインタビューにある)

その上、すでに普通のカラーで撮っていてもFoveonセンサーで撮影したデータは色情報を持っているので、
RAWで撮ってあれば新モノクロームモードで処理できるのだというので、さっそく試してみた。

 なるほど、、、なるほど。
少しずつモノクロ独特の感性脳を養い大きくしていって、次の旅では
SIGMA DP1 Merrillを駆使してみたくなった。
DP3 Merrillも明日には出るし、これは春の悩みがまた一つ増えそうだ。

a0031363_4154239.jpg
(2012.11.07 DP1 Merrillの最初の試写は吹上御所の森とお堀だった)

a0031363_4163044.jpg

a0031363_417922.jpg

a0031363_418166.jpg

a0031363_4241131.jpg(2012.11.08 DP1 Merrillの次の試写は御所のあたりを、、、)

a0031363_4264458.jpg
(2013.2.21 DP1 上智大学の土手の夕陽の頃)

a0031363_4274290.jpg

a0031363_4281763.jpg


(以上モノクロ左がいままでの彩度だけをいじったもの、右が今回のモノクロームモード搭載の新「SIGMA Photo Pro 5.5」で現像したもの)

〜〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/17341939/
2013年2月18日 月曜日 曇かすかに小雪 後雨
SPP(SIGMA Photo Pro)5.4でSIGMA DP1 Merrillの試写をモノクロ化

http://keico.exblog.jp/
2013年2月17日 日曜日 晴れ
シグマSPPの新モノクロームモードを前にSIGMA DP1 Merrillで

いままでいろいろ試みたパリの写真の<オペレーションモノクロ化>と同じように、
フォトショップで試みたように単純に彩度を限りなくゼロにしたもの。

http://keico.exblog.jp/17317193/
2013年2月13日 水曜日 晴れ 風強し
<オペレーションモノクロ化>の次はシグマの新SIGMA Photo Proモノクロームモード
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

More1>>更新内容,more2>>山本社長のインタビューに記事
by pretty-bacchus | 2013-02-21 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(14)

屋久島たんかんは日本一美味!
2013年2月20日 水曜日 晴れ

 屋久島たんかんをお送りいただいた。
昨年もいただき、その美味しさは舌がしっかりと覚えている。

自然の恵みをたっぷり受け、無農薬でのびのびと育てられた屋久島タンカンは日本一の絶賛を受けていて、
この時期にしか食べられない最高品質のフルーツとして人気がどんどんあがっているのだという。
その美味しさと貴重さで店頭には出ること無く早い時期からの予約だけなのだそう。

 その香りと風味はオレンジに似ているが、もっとジューシーで糖度が高く、
濃厚な果汁にあふれていて、なんとも美味しい!
一日にいくつもいただいてしまって、ちょっと果実糖分のとりすぎかしら?

a0031363_0131218.jpg

a0031363_0135794.jpg      (右は数日前にいただいた小粒のめずらしい蜜柑?)

a0031363_0143948.jpg
(Sigma Photo Pro5.4で普通のモノクロ化。明後日には、5.5にヴァージョンアップされての新モノクロ化。
どんな風になるか楽しみだ)


http://keico.exblog.jp/14764894/
昨年の平成24年2月27日(月) 曇り
<屋久島たんかん>とあんこう鍋




by pretty-bacchus | 2013-02-20 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

小雪の中を病院へ、夜に「かんだやぶそば」が火事
2013年2月19日 火曜日 霙 風強し

 横殴りの小雪の中を病院に向かった。
今日の病院は診察というよりむしろお世話になった先生にお別れをするため、、、。
一昨年の手術の時に一緒に膝下の溜を取ってくださった皮膚科のY先生。
(この病院でも五年で二件しかなかった珍しい種類の神経の中に膨らんで出来た<血管平滑筋腫>で
表皮近くだと激痛が走り痛みの中でもトップの溜だった)
その後術後のチェックで時々予約をいれていただいていて、
その度トータル的なアドヴァイスをいただいていた。

総合内科とかは無いこの病院で、血液検査やCTやMRIをご覧になり、
全体的に的確なコンサルをしてくださったのだ。
こういう先生がいらっしゃるからこの病院でいろいろ今後もお願いしようと思っていたのに、
今月末でおやめになってしまう。とても残念。
新しい組織になってまだ十年とたっていない病院だから先生方の動きが多いのはいたしかたないとしても、
私たちが知らないドクター達の間のいろいろは、きっと<白い巨塔>時代と変わっていないのかもしれない。

 さらに強くなった冷たい風と霙の中を帰宅。
(この病院に通うようになって港区のチーバスというのを知った。今では病院の帰りに乗って
六本木ヒルズ経由で赤坂まで乗るのが楽しみになっている。
運転手さん達もとても親切で、立っている人がいるときには車が曲がる注意のアナウンスをしたり、
乗る人たちもとても礼儀正しくて、お年寄りが乗ってくると若い人はすぐに席を譲ったり
荷物をもってあげたりととっても暖かいのだ。
中には大根や葱を持って乗ってくるおじさんもいるから、きっと区民の足になっているのだろう。
(区民はパスがあり一般の人は100円)

a0031363_2323059.jpg


 夜になって火事のニュースが走った。
神田淡路町の老舗のおそば屋さん「かんだやぶそば」が燃えている〜〜〜。
赤い火が燃えさかるニュースはショック。
幸いにもお客さまと従業員は、全員避難しけが人はなく、二時間後に消し止められて全焼をまぬがれたが
周囲の四棟がかなり類焼したという。

「かんだやぶそば」はお蕎麦の<藪蕎麦御三家>の筆頭。
明治の初めに創業して今の木造2階建ての店舗は大正の関東大震災があった1923年に建設されて、
十年ほど前から東京都の歴史的建造物に指定されている、風情ある佇まいのお蕎麦屋さん。
塀で囲まれた入り口を入り左手の植え込みを楽しんで数個の踏み石を歩くと玄関。
いつ行ってもお客さんが並んいるが、屋根付きの寄り付きがあってそこで待てるのはなかなか。
席について注文すると、大きな声で注文の口上を言ってなんだか蕎麦やがお芝居の場のようで
とっても楽しくなってしまう。
お蕎麦の他にも酒の肴もいろいろあって酒好き蕎麦好きにはたまらないお店なのだ。

 昔むかし此処でお見合いをして友人がいたし、あの鬼平犯科帳の池波正太郎、
ドナルドキーンさんなどもご贔屓にしていた老舗。
一番最近は2009年と2008年にTさんにこの界隈のお店でご馳走になったときにのぞいてみた。
この辺りには明治時代の建物のお店が四軒残っているが、大丈夫だったのだろうか、、、。
一日も早い修復と再開店を心から願いたい。

 (父は浅草の<並木藪蕎麦>の方が好きだったので、よく連れて行ってもらった。
父はあそこにある大きなこもかぶりの日本酒が好きだったのだ。)

a0031363_15255739.jpg
(2008年10月21日 火曜日 撮影
神田の淡路町の、かなり前に近代ビルになってしまった中に、かんだやぶそばは、明治のままの感じで健在だった)

http://keico.exblog.jp/8488357/
2009年6月23日 火曜日 晴れ 暑い一日
浅草吉原に残る最期のお茶屋&料亭「金村」を再訪

http://keico.exblog.jp/7594199/
2008年10月21日 火曜日 晴れ
神田淡路町界隈と浅草吉原の最期のお茶屋さん

http://keico.exblog.jp/7123842/
2008年5月18日 日曜日 晴れ
浅草神社の浅草三社祭と浅草見番での「くみ踊り」



by pretty-bacchus | 2013-02-19 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(80)