<   2012年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

暑かった八月がすぎていきます
2012年8月31日 金曜日 晴れ

 昨夜は今月二度目の満月。
夜中の雲一つ無い空に浮かぶ満月は美しかった。
でもまん丸ではないようで、調べてみたら、本当に十五夜は明日の真夜中を一時間ほど過ぎた頃が15:00月のよう。
晴れていたら2日の午前零時に西の空をみてみよう。

 朝方目覚めると、iPadで外気温度を見るようになってしまった。
熱帯夜が何日つづいているのだろうか、、、。

 前日にちょっと疲れてしまうと、最近は翌日は家でゆっくりしてしまうことが多くなった。
読みかけの本をよんだり、マックのバックアップをしたり、、、。
明日からは少し忙しくなりそうだから、こんな日も良いのだろう、、、と、ちょっと甘えて、、、、。

 八月も今日でお終い。
暑いあつい夏だった。
子供の頃の夏休みの宿題の追い込みを思い出しながら、、、。

a0031363_2351548.jpg

(窓辺の空箱、、、)
by pretty-bacchus | 2012-08-31 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

病院の帰りの楽しみいろいろ
2012年8月30日 木曜日 晴れ 暑し

 朝からオーシンツクツクが激しく鳴いている。
いよいよ秋口なのだろうか。

 病院の日。
整形外科と内科。
回復しない手首のため、手首、足首、膝にいたるまでのレントゲンを撮らされた。

両方の先生ともとてもしっかりと診てくださってありがたい。
血液検査は大部分はパス。便利な世の中になってしまったといつも思う。
なにやら抗体は、時間がかかるので、また再来週いくことになった。

 左手首には、装具がつけられた。
いつもしている必要はないようだが、ついつい無理をしてしまうから、外出時や旅の時には役立つかもしれない、、、。

 八ヶ月治らない右手のド・ケルバン病には、初めて腱に注射が打たれた。
“痛い〜〜〜思わず声に出してしまった。
針が指された後に、数分腱を伝ってずずっと薬が動くのがわかる、、。
どうやらステロイド系の治療注射のようだ。
“すみません我慢強くなくって、、、って謝ったら、先生が
“大丈夫ですよ、もっと大騒ぎをする人がいますから、、、”って変な慰め方。

a0031363_1543784.jpg

a0031363_155663.jpg (pm5:55)

a0031363_1554596.jpg (pm6:15)病院の帰りの樹やキザかで暗くなってしまうのはめずらしい)


 全て終わったのは日没前。
病院がよいの帰り道の楽しみになっている写真展も虎屋さんにもよらずに帰宅。
家に着いてしまうと何も無いし、また出かける元気がないだろうからと、途中で合流して久しぶりにお寿司屋さんへ。
自家製のあゆやさんまの半乾きの干物がとても美味しくて、中国からの松茸をいただいて舌鼓。
ゆっくりと美味しい物をいただくとすっかりげんきになった(みたい)。
(昔からまいりそうになると、美味しい物をいただいて元気を取り戻していたものです、、、。)

a0031363_14502976.jpg (台所に押し入って裏側をカシャッと)

a0031363_14514479.jpg

a0031363_1452119.jpg


 その後は途中でわかれて、気になっていた友人の店に寄って少しおしゃべり。
不況の波はどんどん浸透して、二十年前のバブル崩壊、10年前、さらにリーマンショックの後と、
閉めねばならないお店がどんどんふえてしまっているという。

a0031363_1505332.jpg (地元生まれのよりこさんのお店はカウンター十席で、バーと言うより小料理屋さん)

 古き良き時代のカウンターバーも、一時には銀座や赤坂で一世を風靡したクラブも今は消えてしまっているという。
なんだかとても寂しい時代になってしまったのだ、、、。

 雲一つ無い天空に昇った十三夜とTさんに送られて夜の道を帰った。
明日もまだ暑いのだろうか、、、。
 
#IMAGE|a0031363_1525229.jpg|201209/01/63/|left|700|523#] (iPadで初めて之試写)









by pretty-bacchus | 2012-08-30 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

朝顔がないってとっても寂しいものです、、、
2012年8月29日 水曜日 なんだか晴れたり曇ったり

 なんだか疲れてしまって、一日中だらだらと、、、。

一昨年の今頃は毎日朝顔がいろいろ咲いていたのに、、、今年は何もない。この寂しさは如何せん、、、。

 ようやく昨日の写真の整理が出来たのに、、、、 ブログアップまではいたっていない。
だらしがないな、、、でも明日は病院だから少し早寝をいたしましょ!


a0031363_2363885.jpg
2010年10月のオーシャンブルー(蕾は明日への希望だ!)

a0031363_2248164.jpg


http://keico.exblog.jp/12907454/
2011年6月16日 木曜日 曇り時々雨
オーシャンブルーか天上の藍か?

a0031363_2248861.jpg (夜が明けるとベランダの天井近くに天上の藍が)

伸びてしまった蔓がからまり、蒼とピンクの朝顔がいっしょになって咲いていて、とてもカラフル。
青と赤朝顔伸びて比翼連理の「連理の枝」よう、、、、。

a0031363_7431575.jpg


http://keico.exblog.jp/10961125/
2010年7月11日 日曜日 曇り

朝顔や「連理の枝」なの赤と青

a0031363_1242242.jpg

http://keico.exblog.jp/10824217/
2010年6月16日 水曜日 雨のち曇り
天にても朝顔あらんや「天上の蒼」

a0031363_5384181.jpg
  (オリンパスブルーといわれる色がこの朝顔を浮かび上がらせた。白いジャスミンが香って、、、)

http://keico.exblog.jp/10816814/
2010年6月15日 火曜日 晴れ
朝顔が十も咲いたの!




by pretty-bacchus | 2012-08-29 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(85)

友ありて魚づくしの夕食とカクテルサイドカー
2012年8月28日 火曜日 晴れ

 午前4時には外気二十八度、八時にはすでに三十一度。
本当に暑い!
 
 “ケイコサン〜〜、根室のサンマが食べたいです〜〜今の時期のアワビも、、。
ケイコさんのブログにある四ッ谷の魚真さんに連れてって下さい〜〜”
“え〜〜?あそこのお魚は、オーナーの魚やさんからのネタだから新鮮で美味しいけど、
あそこはいわゆる居酒屋さんの感じで、いつもがやがやしているから貴女にはあわないと思うわ、、、”
“でもケイコサンが行ってるんだから大丈夫、、、私もいってみたい〜〜”

 先だってK嬢からぜひにと言われていて、それではと今夜お連れすることにした。
なにしろ彼女は、ご家族との行きつけは、いつも高級和食とかフレンチやイタリアンで、
お寿司は今は銀座の超の<鮨 あら輝>という超お嬢様。

http://keico.exblog.jp/14615014/
2012年2月5日 日曜日 晴のブログ
銀座の話題のお寿司やさんにお招きをうけました
2012年2月5日 日曜日 晴

 昨日のうちに予約をして三席カウンターの禁煙席をおさえてもらっていた。
7時に待ち合わせて、半地下の感じのお店に降りた。

a0031363_2348364.jpg

 店長、副店長さんが待っていてくれて、なんだかいつもとちょっと違う。
(あゆ、きんき、たかべ、かさご、等がならぶカウンター内、この前に十席の禁煙席がある)

a0031363_0105453.jpg

a0031363_0133939.jpg
(お寿司やさんと違うのは、活魚がそのまま並んでいる、、、)
a0031363_0141267.jpg

 私たちのいつものようにカリカリしらすが乗った野菜サラダからはじめた。
次は彼女の念願の根室のサンマとたかべのお刺身、そして二種の鮑のお刺身。
この時期は比較的リーズナブルなお値段でいただけるが、あと一月もするともう高くて手が出なくなる。

a0031363_23502068.jpg (一つはお刺身で、、三人でわけるとちょうどよい、、、)
(今夜の白ワインはピュリニーモンラッシェ)
a0031363_23512286.jpg (もう一つはステーキで、、、)

 鰯の南蛮漬けも美味しそうに食べて、サンマの塩焼きもあれよあれよというまにきれいに平らげてしまった。
活いかの姿煮は三人でわけて、最後は稲庭うどんをいただいて〆。

a0031363_23534411.jpg

 当日の仕入れのお魚がどんどん売れていき、目の前の魚達がみるみる無くなっていく。
世田谷にある魚屋さんがオーナーで、仲買sんとか河岸の顧客が200軒も有り、
直営のお店が今では都内に9軒あって、ここの四谷店は一年半前にオープンした。
私たちは、今年の初めから何度もいってしまっている。

http://keico.exblog.jp/14450535/
2012年1月16日 月曜日 曇りのブログ
新しいお店をみつけました

以降はmore>>に、、、

 “お家の近くにあって、店内全部が禁煙だったら、年中来たいです〜〜〜”
すっかりお気に入りの彼女を連れて、またまた高田さんのお店に。
今夜の高田カクテルはブランデーベースのカクテル サイドカー。
ブランデー 、ホワイト・キュラソー -、レモン汁、なのだが、今夜は、私のボトルのバー・アルマニャック、
フランシスダローズ1983年をつかってのスペシャルヴァージョン。
なんと贅沢なことでしょう!
(動画はのちほど、YouTubeにアップします)

a0031363_23583497.jpg

a0031363_23594664.jpg

a0031363_011733.jpg

a0031363_014490.jpg(最初は少し泡が立つ、、、)


“甘さと酸っぱさとお酒のあじが素敵なカクテルです”
“ジンベースにするとホワイト・レディ、ウォッカベースにするとバラライカ、ラムベースにすると、X-Y-Z
になります。と高田さん。

 こんな強いカクテルを飲みながら、今夜の三人の話は、なんと生物学と遺伝子の話しとなって、
生まれ持った遺伝子で、共和党を選ぶか否かは、進化政治学によるのだ、、、などと、まあ、
信じられない方向に進んでいき、真夏の夜はふけていきました。

a0031363_0202486.jpg






More>>魚真での魚三昧いろいろ
by pretty-bacchus | 2012-08-28 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

秋の空なのに猛暑日ですね
2012年8月27日 月曜日 曇り晴れ

 日の出が午前五時を過ぎた。
これからはどんどん遅くなるのだろう。
すでに朝一で27度、湿度80パーセント。
ミンミンゼミのけだるそうに鳴き始めている。
“夏は暑いものですよ。そう暑いあついというのではありません、、、”って母に言われるが、
そうはいきませんね〜〜。

 空はそろそろ夏の色が抜けてきたのに、風はまだ熱風。
予報では九月まで続くという。
じっと耐え抜くしかないだろう。

a0031363_16265892.jpg

a0031363_16454264.jpg (バス停のざっそう)


.
by pretty-bacchus | 2012-08-27 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(8)

猛暑の宵にカジュアルイタリアンで
2012年8月26日 日曜日 晴れ

 なんだか少し秋めいてきたのかしら?
朝から黒揚羽が借景の木から木へ舞っている。

 ミンミンゼミとオーシンツクツクの鳴き乱れる小さな公園を過ぎると御所の上空、西南の空に半月の月がでていた。
夕方の空はもう秋の色、、、でも暑さはやみそうもない。

a0031363_1926213.jpg

a0031363_1926558.jpg


 “カジュアルなイタリアンに行きませんか〜〜、とのお誘いをいただいて、
久しぶりに広尾を通って恵比寿にむかった。
元自社ビルの前を通ってウェスティンホテル近くの細い一方通行を入った右手にその店はあった。
ナポリの裏通りにでもありそうな、本当にカジュアルなピッゼリア&トラットリアの感じ。

a0031363_1928420.jpg

a0031363_19285440.jpg

a0031363_19293614.jpg

奥にはプロシュートが何本も下がっていて美味しそう〜!
その奥にはピッザを焼く窯がある。

 友人はもう着いていて一人でスプマンテを楽しんでいた。
三人用のお得セットメニュー(一人3,800円)をいただくことにした。
前菜二品はアンティパストミストとムール貝、その後にピッザが一枚、パスタが二種類で、
メインはコトレット・アラ・ミラネーズ。
どれもとっても美味! 高級イタリアンとはひと味違うが、それがまたなんともオイシイ!

a0031363_19305616.jpgアンティパストミスト

a0031363_19325052.jpg

a0031363_19332320.jpgコトレット・アラ・ミラネーズ

a0031363_19362276.jpg
 (最後にまたプロシュートと水牛のモッツアレーラをアンコールしてしまって、、、


ワインはバローロでした)

 今夜の三人の話といったら、美味しいお品を次から次へといただいているのに、ずっと食材やお料理やワインのこと。
ほんとにまったくどうなってしまったのでしょう〜〜〜!
これでは痩せるはずはありません〜〜〜。

でもこうして気のおけい友人と猛暑の一夜をすごせたのはとっても幸せ〜〜!
今年の春からディナータイム全席禁煙になったそうでそれも嬉しい。
もう少し近かったら時々行きたいお店なのだが、、、。

月が西に傾き始めた頃に帰宅。



by pretty-bacchus | 2012-08-26 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(6)

シリアとルーマニアで亡くなった日本女性のご冥福を祈って
2012年8月25日 土曜日 晴れ

 この暑いさなかに数日前から海外での日本女性の事件ががいくつも報じられていてなんとも辛く頭から離れない。
 
戦場のシリアのアレッポでの四十五才女性ジャーナリストの死、ルーマニアでの二十歳の聖心女子大生の死と、
どちらも日本女性故に狙われたに違いない。

 a0031363_2074245.png

アレッポは、シリアの首都ダマスカスの北約300キロメートルのトルコ国境に近い古代都市。
アレッポ城は、紀元前10世紀に最初に建築され、12世紀から14世紀にはモンゴル帝国の侵入や
十字軍の攻撃にも耐え歴史を持つ街。
クラック・デ・シュヴァリエやパルミラ遺跡 などとともに世界遺産に指定されている。
(私は1997年に訪れている)

 根の深い宗教戦争が絶えない国で、ここ数年は政府と反体制との内戦で多くの人々が理由もなく
殺害され続けていることに心を痛めていた。
そこに取材に入った日本人女性ジャーナリスト山本美香さんが銃撃戦に巻き込まれ命を落とした。
戦地取材のベテランと一緒に活動し、亡くなった日に撮影した映像には、銃声が鳴り響く現場や、
戦火の街で暮らし続ける市民の姿が収録されていたという。

以前にもイラク戦争のさなに倒れたロイターの記者を助けようと活躍して、
空爆の第一波をバグダッドからリポートした女性。
“危険を冒しても伝えたい思いを持つ人がいる。それを受け取ったら伝える責任がある”という信念で
仕事をしてらしたという。
四十五歳という曲がり角の年齢で、これからの道を考えていた頃なのだろう。
早稲田の大学院での講師も始めていたと言うから、そのさなかになんともたまらない悲劇のニュースなのだ。

道半ばにして倒れたご本人はどんなにか虚しかったろうが、ご家族も関係者の方々も
はらわたを引き裂かれる思いに違いない。
心よりご冥福をお祈りいたします。

(実は時代が違うとは言え、三十年前に世界を駆け回っていた私が、突然その第一線の仕事を辞めることを
決心したのは四十五歳の時だった。なぜか少し気持ちがオーヴァーラップしているのだ)

 この世のなか女性は、相手は女性は女性として見られるから、女性であることの危険はどうしても付いて回る。
日本人だけではないだろうが、時として日本人故に狙われることも多いだろう。 

a0031363_202639.jpg
 
 (ローマ帝国を敵にまわしたゼノビア女王。シルクロードの中継地点であったパルミラ王国は、やがて
4世紀にローマに滅ぼされた。そのシリアのパルミラの遺跡には今も夕陽が毎日沈む。
1997年撮影)

http://keico.exblog.jp/3220372/
2006.2.23のブログ
旅の記録、幻のエピローグ

http://keico.exblog.jp/12135645
2011-02-17 23:58
シリア、ヨルダン、レバノンへの旧約聖書の旅

http://keico.exblog.jp/14175732/
2011年12月13日 火曜日之ブログ
☆回想のわが巴里の街1980~1990 〜メリディアンチェーン

    〜〜〜〜〜〜〜〜
 もう一つの悲劇は、今月15日に二十歳の聖心女子大二年生の益野友利香さんがルーマニアで殺害された事件。
千人も会員がいるというNPO法人から海外で就業経験を積もうとの企画で夏休みに出かけたのだという。

首都ブカレスト空港から車で約5分の両側を森に囲まれた幹線道路近く、道からほんの数メートル入った
森の中で遺体が発見されたのだという。
益野さんは午後8時すぎにブカレスト空港に着いてタクシーを探していたときに、
犯人として逮捕された男性に声をかけられたようなのだ。

彼女はツイッターで「ルーマニアに着いてから一人で深夜電車に3時間乗らなきゃだから、それが最大の不安」
「たどり着けたら奇跡だと思う」などとつづっていたというから、危険な事は重々注意していたのだろうが、
人を信じてしまいがちな日本女性の美徳があだになってしまったのだろうか。
現地社会にも大きな衝撃を与えていて新聞に大きく報道されているという。
昼間でも寂しい場所で、「夜間はほとんど人通りがない」と住民も話している。

 しかし未成年でないとはいえ二十歳のうら若い女性が<奇跡を信じて>現地におもむく際に、
NPO法人は何もしなかったのだろうか?
たとえば日本人の旅行会社から車を回して空港まで出迎えるなどは、たやすく出来たのではないだろうか!
数年前からパリではルーマニアの難民が多くなって事件が起きているこの時期なのだから、
主催者はもう少し注意ができなかったのだろうか。
ご両親のことを思うとなんともいたたまれない気持ちに陥ってしまう。
メディアが興味本位でいじわるな記事を書かないことを切にに願ってしまう。

(三十台後半に仕事で世界中をあるいていた時に経験した恐ろしい思い出がいくつも走馬燈のように巡っている。
飛行機がスリランカの首都コロンボに真夜中に到着して、出迎えの人がかえってしまった後で、たった一台あった
おんぼろのタクシーに乗り込ん事、嵐の香港でたった一機到着成功してその後やっとたどり着いた事、
一人残った桂林の空港からの真夜中のタクシー、テルアビブでの不時着、
アラブゲリラがしかけた爆弾が不発に終わって命拾いをしたローマのフミチーノ空港の事件などなど、
旅の危険をいくつも遭遇した。
 <人生一寸先は闇>と常々思っているが、今こうして生きながらえているのは、
ただただ幸運であったからに他ならない。
万物霊長の神にいつも手を合わせている。)

http://keico.exblog.jp/6042978/
2007.08.23のブログ
旅での波瀾万丈の出来事いろいろ

 午後にとっても宵ニュースが入った。
もう一人とても気になっていた北海道の友人の手術は無事に終わって、手術前にドクターから説明された
胃の全摘には至らずにすんだとのことでホット胸をなで下ろしている。
手術の翌日の今日には看護婦さんに支えられて歩行がはじまったとのこと。
本当によかった。

 今夜も熱帯夜は続いている。
早くすこやかな秋になってほしいものだ。

祈りを込めて、震災の後に、非公開にしてあった聖堂の写真をアップしたもの、、、

a0031363_15562974.jpg

(ランスのシャペルフジタの内部。
藤田嗣治最晩年の力作のフレスコ画で覆い尽くされている小さな祈りのシャペルの正面、、、、。
十数年前にエールフランスの機内誌の取材の折りに許されての撮影)



by pretty-bacchus | 2012-08-25 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

青い空とブランコと宇治金時
2012年8月24日 金曜日 猛暑日

 午前四時の東京の気温は27度、湿度89パーセント。
なんともすさまじい熱帯夜がつづいている。

 夕方に家を出た。空はまだ青い、そして暑い!
いつもと違う道を歩き、港区に数歩でてUターン。西日をさけて小さな公園の側を歩いた。
この時間になると夕方に散歩をしている人もちらほら、、、。
用事をたしたころには頭から汗が流れ落ちでぐっしょぐしょ。
汗かきの私にはことのほか辛い今年の夏。

初めて入ったコージーコーナーで、宇治金時のミニをいただいた。
混んでいていくつも一緒につくったようで、テーブルに来たときにはアイスは流れているし、
氷も固まってしまっていて美味ではなかった。

神楽坂に、日光の氷室の氷をふわっとかいたなんともいわれぬ宇治金時を出すお店があるようなのだが、
まだ探せていない。

 少し涼んでから、二階の美容院でさっぱりとシャンプー&ブローでさっぱりしてようやくひとごこちを着いた。

 早く来い〜〜〜早く来いこ〜い、、、秋の風。
a0031363_18243658.jpg

a0031363_18131255.jpg (柵の中に咲くピンクの花は何だろう、、、あとで<花しらべ>でみてみよう、、、)

a0031363_18144390.jpg (夕陽にまどろむ、、、ブランコ)

a0031363_18163939.jpg

a0031363_18172623.jpg

a0031363_18175687.jpg

a0031363_18183546.jpg

by pretty-bacchus | 2012-08-24 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(3)

今夜も熱帯夜がつづくのだろう。
2012年8月23日 木曜日 猛暑日

 明けきらないうちにすでに27度。
なんとしたことだろう。
処暑というのに、まだまだ猛暑そのものだ。
外の暑さと湿度と室内の空調のギャップにどっと疲れが出てしまっている今年の夏。

 夕方に鳴く蝉もミンミンゼミが早い時間に狂ったようになき、そのあと夜遅くまでオーシンツクツクが鳴いている。
なんだか蝉の鳴く時期も時間も狂ってしまっているようだ。

 今夜も熱帯夜がつづくのだろう。

a0031363_23365561.jpg

by pretty-bacchus | 2012-08-23 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

新しいiPadアプリ『花しらべ 花認識/花検索』を試す
2012年8月22日 水曜日 晴れ

 どことなく風も空も秋の気配なのに、気温は朝から三十度をぐんぐん上がっていった。
外出をさけて家ですごした。

a0031363_2356466.jpg


 久々にiTunesをいろいろ探ってみた。
日々何百何千というアプリが出来ていると言うし、私のiPadにはアプリは二百ほどダウンロードしてあって楽しんでいる。

ニュース、旅関係、語学関係、美術関係、メディカル、天気予報などなど、時にはとても便利にしている。
iBooksでは<Steve Jobs>を読破した。
美術館関係は、Musee du Louvreなど海外の美術館から根津美術館まで、いろいろいれてあるので、
待ち合わせ時間などは退屈をしないし、就眠儀式の読書がこちらに置き換わったりする。

「根津美術館」は東京・表参道にあり、四季折々の表情豊かで美しい日本庭園をもつ私立美術館。
国宝や重要文化財の屏風画や水墨画、仏教絵画など東洋の古美術品がたくさん所蔵されている。
2009年にリニューアルされ建築家の隈研吾氏が手掛けた新展示棟は美しい。
ここでの特別茶会には何度か出させていただいたことがあるし、フィリピーヌ・ロッチルドが数日の東京で
ぜひ観たいといって案内したこともある。

アプリではその所蔵品を高解像度画像のスライドショーでじっくりと鑑賞できる。
カメラがぐっと作品に寄っていく感覚もいいし、画面をタップして作品の詳細や解説を見ることもできる。

 iPhone、iPadアプリは雑学アプリが続々登場しているが、もうこれ以上いらないと思っていたのだが、
日々此新たなりで、おもしろいのがた〜くさん出ている。
今日発見したのは、現在地の歴史検索、今いる場所の情報を検索できるアプリ「goocus(グーカス)」。
でもこれはiPhoneを持ってのお散歩には良いかもしれないが、今私は使っていない。

 今日の素敵な発見は、『花しらべ 花認識/花検索』というアプリ。
スマホで花の写真を撮ると、その花が何という花なのかを探してくれるアプリだ。600円也。

a0031363_2358961.png

1752種の花を登録していて、花の写真を撮って画像認識で花の名前を調べたり、
図鑑で検索して花の名前を調べることができる。
似ているのがあるときには候補をいくつか提示して、その中から自分でどの花かを判別する。
花や木の大きさや花びらの枚数、環境などの細かい条件を入力すれば候補はどんどん絞り込まれる。

 花の名前はかなり詳しいと自負しているが、最近は新種のカタカナ名前の花が増えていて、
よく知らないのも多くなった。
ブログ友のブログを見ていても名前の知らないのも多々ある。
このソフトが画像で判断するということは花を直接撮った写真でなくとも良いはずだ! と思って楽しい試みをした。

 名画を撮るNKさんが時々花もお撮りになる。それは独特の美しさでファンを魅了している。
2012.08.16日の<落日の一閃を受けて>もその一枚。
一瞬の光を見逃さずに作品になさったこの花の名前はなんだろう?

http://k7003.exblog.jp/16645036/
NKさんのブログ
a0031363_0181522.png

a0031363_23595698.jpg

この頁を立ち上げて、iPadの『花しらべ 花認識/花検索』アプリで花の写真の部分をカシャッ。
次へ>を何度かクリックして、候補が出て、はいお終い。
この花の名前は、アスクレピアス?
でも何だか葉の形が少し違うみたいだな、、、。
花の説明は
<熱帯アメリカ原産で江戸時代末期に移入された一年草。属名は、紀元前1世紀のギリシア人医師
Asclepiadesに因む。南北アメリカに約120種分布する。別名のトウワタは、トウ(唐)は外来の意で、
花後に種子からワタのような冠毛がでてくることから。茎頂に散形花序をだし、黄色、橙色の花を多数つける。
葉は互生し、葉身は線状披針形。花壇、鉢植え、切り花として利用される>


 植物用語、365日の誕生花もあり、万葉植物とその和歌が花の写真と楽しめるのもなかなかだ。
鳥の鳴き声を調べるアプリ「さえずりナビ」も登場したというし、
「フライトレーダー24」は、飛行機はどこに向かっているのかを地図上にリアルタイムで飛行情報が
表示されるのだという。
 
凝りだしたら切りがないが、楽しいのがたくさんありそうで、目が離せなくなりそうだ、、、。

 今夜も熱帯夜という予報で十三日続いているという。



by pretty-bacchus | 2012-08-22 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(14)