<   2012年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

一日ずつ<春遠からじ>噛みしめて
平成24年1月31日(火) 曇り

 ひどい寒さが続いている。
一月ももうお終い、なんて日々は早く過ぎ去るのだろう。

思えば一年前の一月にがん宣言されてから一年がすぎた。
医者の指示であれよあれよと入院して手術が行われて、そして退院後の通院。

もうずっと昔のことのような気がするがまだ一年しかたっていないのだ。
でもこの一年の心身の変化は、どう考えても何十年もの変わりような気がしてならない。
一年でもう十年分くらいの老化現象が来てしまったような気がする。

これが年を重ねることなのだと何度も言い聞かせてはいるのだが、まだその現実について行けない自分がいる。

これをもう少し掘り下げてしまうと、重症メランコリック症候群に陥ってしまうから、
最後の一歩でとどまって、楽しいことを考える。
父が残してくれた本で、少しむずかしい人間の生き方、死に方の事を少し学ぶことにしよう。

雪害が日本中を覆っているが、それだってまもなく春は確実にやってくるのだ。
ひも一日一日長くなってきている、、、。
もう少しの辛抱だ、、、、。

<冬来たりなば春遠からじ>「If winter comes, can spring be far behind 」

a0031363_452382.jpg

日は沈みゆく、、、、でもすぐに朝がやってくるのだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/12017558
2011年1月28日 金曜日
のブログへ

地方の病院に出かけたのだが、、、

http://keico.exblog.jp/12018237/
2011年1月28日 金曜日のブログへ
病得て外も内にも空っ風

http://keico.exblog.jp/12022921/
2011年1月29日 土曜日 晴
のブログへ

昨日の続きでまた東北新幹線に乗って、、、
by pretty-bacchus | 2012-01-31 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris2005 その二
2012年1月30日 月曜日 雪模様 のち晴れa0031363_21252852.gif

http://keico.exblog.jp/14568477/
2012年1月29日 日曜日 のブログへ
☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris2005

http://keico.exblog.jp/14549102
平成24年1月28日(土) のブログへ
<木村伊兵衛天然色でパリを撮る、秘蔵写真でよみがえる58年前の町並み>を見て

からの続き、、、

2005年10月の巴里の続きは、
小さな巨人LUMIX DMC-LX1で撮ったものから、、、
小さくてバックにも入るので、どこへでも持って行かれて便利だった。
でみ、これはやっぱり色も空気感もなんだかカメラの限界ですね。

a0031363_1321960.jpg
(Cathédrale Notre-Dame de Paris, 27October 2005、ポンサンルイから手持ちで)
(この初期のLX1は手ぶれ防止もなかったので、これが限界か、、、)


a0031363_2350226.jpg (18 October 2005, Paris カフェの赤シャツおじさん)

a0031363_23505657.jpg (23 October 2005, Paris サンジェルマン近くの文房具やさんにて)

a0031363_2355649.jpg(23 October 2005, Paris カサンジェルマンの交差点、犬とおじさん)

la0031363_23565861.jpg

a0031363_23592330.jpg(25 October 2005, Paris 枯れ葉の路肩、、、生粋の江戸っ子で粋を好んで野暮を嫌ったという木村伊兵衛!
“マロニエの枯れ葉が石畳の上にちってましてね、、、おつなものですよね〜〜。と。



a0031363_014259.jpg(25 October 2005, Paris サンセヴラン教会の前のカフェにて)


http://keico.exblog.jp/2482837/
2005.10.23 巴里にて
サンセヴラン教会の椅子

http://keico.exblog.jp/2385178/
2005年10月23日 日曜日

巴里 サンセヴラン教会



a0031363_04877.jpg(23 October 2005, Paris 教会の椅子にて)

a0031363_061822.jpg(23 October 2005, Paris  公園ではおじさん達が話に興じている午後、、、)

a0031363_09497.jpg(23 October 2005, Paris )

a0031363_0102049.jpg(24 October 2005, Paris サンルイから橋を渡ってノートルダム寺院の後ろにでる。アコーディオンのおじさんがなんとも楽しそうに、、、)



 このカルティエに数日いると、毎日ノートルダム寺院やサンジェルマン近くを歩くことになる。
a0031363_0151917.jpg(25 October 2005, Paris このシェークスピア専門店は巴里で一軒だとか?) (このおじさんにはよくあった、、、))

a0031363_0183023.jpg(29 October 2005, Paris , 地下鉄は危険だといわれても一人でないときは時には利用する)

a0031363_0195858.jpg (この出入り口も今はない、、、)

a0031363_0212625.jpg

a0031363_0324640.jpg(29 October 2005, Paris ,  サンジェルマン近くではこのカフェはどうしてもスナップしたい一つ、、、カフェ・ドゥー・マゴー)


 1994年の銀塩時代の、コンタックスでのしゃしんがスキャンしてあった。

a0031363_21121340.jpg
1994.oct. Paris Deux Magots, Contax ST (サンジェルマン広場のカフェ ドゥーマゴー)

a0031363_21175395.jpg
 1994.oct. Paris Deux Magots, Contax G1 with viogon24
 (ガラスの中の写真を撮っていたら、ギャルソンの写真もどうぞ、、、、って、ポーズをつってくれて、、
こういうのがまたパリのカフェの楽しいところだ。
左のギャルソンはもう二十年もここで仕事をしていると話していた)

この写真は
http://keico.exblog.jp/13199478/
2011年8月2日 火曜日 曇り その二のブログへ
次の簡易スキャニングはサンジェルマン広場のカフェ ドゥーマゴー


http://keico.exblog.jp/7788542/
2009年1月3日 土曜日 のブログへ
おだやかな三が日が過ぎましたMemoires du Voyage 2008Paris

http://keico.exblog.jp/4183923/
2006.08.25のブログへ、
こんなのも書いて他のですね

夏の夜に歴史彩るアンリ・カルティエ=ブレッソン


a0031363_0354555.jpg(29 October 2005, Paris ,  サンジェルマン近くではこのカフェのもうひとるはカフェ・ドゥ・フロール)

a0031363_0394769.jpg

a0031363_0431026.jpg  (野菜の盛り合わせいろいろのクリュディテは、私も大好きだが、この大通りではどうもですね、、、、)

a0031363_042487.jpg

a0031363_0472650.jpg(29 October 2005, Paris ,  サンジェルマン近くのマルシェはレパートリー豊かでそれは楽しい、、、)


マルシェの写真は一部アップしてあるが、
http://keico.exblog.jp/i34
カテゴリ:JourneyAbroad旅海外2008

まだまだ未現像のが沢山ある、、、いずれ整理をしたいものだ。

 そして今夜もやはり夜景で締めよう、、、、!

a0031363_1272829.jpg
(Cathédrale Notre-Dame de Paris, 25October 2005、夜のノーとれダムを手持ちです)
by pretty-bacchus | 2012-01-30 23:58 | ♧Journey海外2004~05仏伊 | Trackback | Comments(6)

☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris2005
(ブログ書きかけて出かけて、帰宅したらきえてしまっていました。
ほとんど終わっていたのに、、、)

2012年1月29日 日曜日 雪模様 のち晴れa0031363_21252852.gif

 静かな日曜日。でも寒い。
日本中が寒気におおわれてしまっているようで、北国も日本海側も大雪の被害が出始めているという。
友人の妙高あたりも三メートルを上回ったという。
雪かきだけでも大変だろうに、暖房が充分でない被災地はどんなにか辛いことであろうと思いながらも何も出来ないわたし。

 工事の音が無い日曜日で久しぶりにゆっくりと寝ることが出来たようだ。
巴里の写真集を抱いたまま寝てしまっていて、痛い腕が痛い痛い、、、。

 昨夜から始めてしまった写真の整理、、、
木村伊兵衛さんの泣けてくるような幽玄なコンコルド広場を何でもみてしまうと、自分の写真の稚拙さを思い、全てを滅却したくなる誘惑にかられてしまう。

 しかし、、、いやまてよ、巨匠とアマチュアの違いは承知の上で、せめて一個人の趣味の世界の写真と思いなおそうではないか、とぶつぶつ言いながらマックに向かって写真の整理をはじめた。

 デジタルに移った2000年以前のポジ&
ネガは、おそらく生きている間には整理ができないであろうとことは確実になりつつある。
せめてデジタルカメラを使い始めた2000年からの旅の写真の整理だけでも少ししようではないか、、、と、心を新たにして外付けハードをマックにつなぐ。

 二十一世紀になってからの海外の旅は、2000年、2001年、2004年、2005年、2006年、2008年、2010年、2011年。
カテゴリの<JourneyAbroad旅海外2005>
http://keico.exblog.jp/i44
<JourneyAbroad旅海外2005>以降からは、すでにこのブログをはじめていたから日時の記録はできているが、旅上での数行と一~二枚の写真だけの日が多い。

Journey abroad旅の思い出
Journey abroad旅1960~
Journey abroad旅1970~
Journey abroad旅1980~
Journey abroad旅1990~
Journey abroad旅2000~
JourneyAbroad旅海外2005
JourneyAbroad旅海外2006
JourneyAbroad旅海外2008
JourneyAbroad旅海外2010
JourneyAbroad旅海外2011
JourneyAbroad旅海外2012

 エプソンの当時のP2000にバックアップしたデータの内2005年以降の巴里の部分だけでも少しづつ現像をすませよう。
この時は、出たばかりの
= ニコンD70にNikon AF-S VR Zoom 24-120mm、
= LUMIX DMC-LX1 そして
= Olympus E-300にZUIKO DIGITAL ED 7-14mm
それから望遠用に
= CanonEOS 20Dに 出たばかりのEF70-300mm F4-5.6 IS USM
といういでたちだった。

私たちが使えるデジタル一眼レフが出て数年のことで、いろいろ試写=挑戦をしたいという気持ちもあったのだろう。

http://keico.exblog.jp/2418575/
2005.10.22のブログ
EOS 20D 望遠テスト

http://keico.exblog.jp/2385012/
2005年10月19日のブログ
車窓から 枯れ葉のパリは 我が街か

 バックアップを二カ所に置いているので、一つを手元に置いて時々六年前の<☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage>を回想することにしよう。
カテゴリの<JourneyAbroad旅海外2005>のそれぞれの日に写真を加えながら、、、、。

おやおや、、、、おもしろい、、、巴里の空も空気もいっしょのはずなのに、なぜか今の巴里と違う。
粗末な、いや素朴なバス停が今ではガラス張りのバス停になっていたり、アレキサンダー三世橋のエンジェルが金色に変わっていたりと、パリの街の変遷がいろいろかいま見られるではないか!

 巨匠は巨匠、私はわたし!
巨匠が語っていたように、
“カメラのファインダーをのぞく人間に、
感受性と観察力さえあれば、誰でも時代や文化を切り取れる記録者になれる”

その上わたしは好奇心旺盛だし、少し言葉ができるから彼らの生活に入っていくことができる。
そしてデジタルの時代なのだから、撮った写真を写真友&ブログ友と享有することが出来る。
めげずに趣味のアマテュア写真を続けましょうね、ね!
  〜Memoires du Voyage〜
   La Ville de Mon Paris!

 まずは、2005年の出発前に発売されたばかりの
= Olympus E-300にZUIKO DIGITAL ED 7-14mm
= CanonEOS 20Dに EF70-300mm F4-5.6 IS USM
すでにブログにアップしたモノは除いて、、、。

a0031363_23402918.jpg
 ( rue de Furstenberg Paris, 29October 2005)

a0031363_23423239.jpg( Place Furstenberg Paris, 29October 2005)

a0031363_23435761.jpg

a0031363_23465211.jpg
(Quai de Montebello,29October 2005)a0031363_23475945.jpg

a0031363_23482982.jpg

a0031363_23515329.jpg

a0031363_23504687.jpg

a0031363_18214682.jpg
(Cathédrale Notre-Dame de Paris, 24 October 2005 ポンサンルイから夕陽に輝くノートルダムを)

a0031363_055687.jpg

a0031363_0844100.jpg(Notre Dame de Paris ,24 October 2005)

a0031363_0111458.jpg

a0031363_365835.jpg (北側のマリア様は大好き)

http://keico.exblog.jp/14194928
2011年12月19日 月曜日 晴れ その一
のブログへ

☆回想のわが巴里の街2000~2010〜 Paris ノートルダム寺院

a0031363_0212745.jpg( Paris ,23 October 2005


巴里は犬を連れている人が多い)

a0031363_0223672.jpg(サンジェルマン近くの道で ,20 October 2005)

a0031363_0243373.jpg( Paris ,29 October 2005)

a0031363_0312484.jpg ( Paris ,25 October
2005,ノートルダム寺院の南側の遠景、望遠一杯で)

a0031363_034352.jpg( Paris ,25 October
2005,ノートルダム寺院の屋上の獣たちを、望遠一杯で)

a0031363_0381398.jpgCathédrale Notre-Dame de Paris, 29October 2005)

a0031363_04269.jpg (Place de Vosge Paris, 28 October 2005)

a0031363_581283.jpg (26 October 2005 Place de Vosge, Paris)

a0031363_594272.jpg (26 October 2005 Restaurant L'Ambroisie ,Place de Vosge, Paris)


a0031363_5101744.jpg

a0031363_1253253.jpg (Cathédrale Notre-Dame de Paris, 28October 2005)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次は、
小さな巨人LUMIX DMC-LX1で撮ったものから、、、
でみ、これはやっぱり色も空気感もなんだかカメラの限界ですね。

a0031363_1321960.jpg
(Cathédrale Notre-Dame de Paris, 27October 2005、ポンッサンルイから手持ちで)
(この初期のLX1は手ぶれ防止もなかったので、これが限界か、、、)


続きは明日、、、
by pretty-bacchus | 2012-01-29 23:58 | ♧Journey海外2004~05仏伊 | Trackback | Comments(10)

<木村伊兵衛天然色でパリを撮る、秘蔵写真でよみがえる58年前の町並み>を見て
平成24年1月28日(土) 曇りa0031363_21252852.gif

 寒い、午後になっても外気は零下一度。
東京では珍しいことかもしれない。

 先週の日曜日に録画をしておいた日曜美術館の
<木村伊兵衛 天然色でパリを撮る、秘蔵写真でよみがえる58年前の町並み>をまた見てしまった。

微妙な光を捕らえて、なんともいわれぬ渋いパステル画にような美しさで巴里の街角や人々の表情を捉えていてさすがとしかいいようがない。
半世紀以上も前の巴里の空気を見事に残していて切なくすらなってしまう。
デジタルでは絶対に表現できないであろう半世紀前の巴里!私の知らない巴里!

 日本写真界の巨匠木村伊兵衛(1901~1974)は写真を一般の身近な物とした写真家としても知られている。
常に愛用のライカを首から下げ、一瞬の表情を逃さずサッと居合抜きのように撮影してしまう「スナップ写真の達人」だったという。
彼が撮った高峰秀子の写真は有名だが、いつ撮られたかわからなかったと、その時のことを高峰秀子さんが書いてらっしゃるのも読んだことがある。

 モノクロの世界で日本人の日常や日本美をリアルに撮った彼が、1954年と1955年に巴里を、日本のカラーフィルムの創世記にカラーで撮っていたのは、写真集でみたことがあったし、
一昨年の写真展でその原版をも見る機会があった。
http://keico.exblog.jp/9608331/
2010年1月7日 木曜日 のブログへ
「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 〜東洋と西洋のまなざし〜」

 まだ民間人の海外渡航がまだ制限されていた頃の事。
(エールフランスのパリ・東京路線一番機ロッキードコンステレーションが羽田空港に到着したのは1952年11月26日で、私はまだ小学生の頃で、南回りで所要時間50時間だった)
http://keico.exblog.jp/14105309/
2011年12月4日 日曜日のブログへ
☆ Memoires du Voyage ~なつかしの羽田空港から巴里へ出発

 開発間もないカラーフィルムの試写の為に、当時のアサヒカメラの編集長の津村秀夫氏(注☆)
のすすめで巴里に送られた彼は、巴里がすっかり気に入り、二年続けて巴里の人々を撮ったのだという。53歳。

カメラはライカ、レンズは50ミリF1.5だが、フィルム会社から託された試作品のカラーフィルムは、
感度がASA10という低感度のものだったからどんなにか大変だったろうに(そして三脚は使わずというのに)あの写真群の見事なこと!

そしてすごいのは、カルティエブレッソン(「サン=ラザール駅裏パリ」や、パリの子供たちや雨の中を歩くサルトルなどの代表作)が身請け人で、彼と写真を語り、そして付けてくれた街の写真撮りの案内人がロヴェールドアノーというのだから凄い!巨匠が三人!
(たしか、ピエールカルダンにいた高田由さんが、通訳をつとめたはずだ)

 この番組でのおもしろい試みで、彼が撮った場所を追体験して撮り歩き(メニルモンタン、ムフタール広場、コンコルド広場)シャッターを押した状況を再現しながら、この異邦人がファインダー越しにのぞいた巴里を案内してくれるという志向。

 番組構成もなかなかで、木村が書いたものが時々彼が話しているような感じで語られているのも良かった。
生粋の江戸っ子で粋を好んで野暮を嫌ったという木村伊兵衛!
“マロニエの枯れ葉が石畳の上にちってましてね、、、おつなものですよね〜〜。

“渋いパステルの色がパリの色をだすのにふさわしいと思った。
“創造していたよりもプラス何かが撮れている。

“カメラのファインダーをのぞく人間に、感受性と観察力さえあれば、誰でも時代や文化を切り取れる記録者になれる。
というのが彼の持論だったという。

 皮肉なことに、その日本のフィルム会社は生き残り、当時すでに存在していたイーストマンコダック社が倒産したのだから、、、、。

 死蔵していた2005年と2006年の巴里を現像し始めてしまっている。
彼の写真集はないので、手元には緑川洋一の巴里を見ながら床に着くことにしよう。

a0031363_18144767.jpg
(テレビをカシャッ、木村伊兵衛の1955年の夕暮れのコンコルド広場 絞りF11,1/30秒だそう)

そして私のコンコルド広場は車窓からのスナップ

a0031363_2212618.jpg
#IMAGE|a0031363_18193910.jpg|201201/29/63/|mid|643|428#] (29 October 2005 Paris,空港からの車窓から)

a0031363_1834880.jpg
 (19 December 2011 Paris,Place de la Concorde バスの車窓からのスナップ)

a0031363_18214682.jpg
(Cathédrale Notre-Dame de Paris, 24 October 2005 ポンサンルイから夕陽に輝くノートルダムを)


私の巴里の夕焼けはロダン美術館の窓ごしに、、、

a0031363_18374163.jpg

18 December 2011 Paris Musée Rodin

a0031363_4182441.jpg




続きは明日に、、、、、

〜〜〜〜〜〜
☆津村秀夫氏
(その彼の依頼で戦後すぐにライカを揃えたのがサンモトヤマの茂登山長次郎さんだった)

http://keico.exblog.jp/8920246/
2009年9月4日 金曜日 のブログへ
大正生まれの男性二人に魅了されて

http://keico.exblog.jp/7306016/
2008年7月14日 火曜日 のブログへ
"Le Quatorze Juillet"=マイ・バースデーイヴに、、、

〜〜〜〜

(追記)
再放送が明日の夜20時からあるという。a0031363_20102028.jpg
案内役の緒川たまきさんも適役だった。

by pretty-bacchus | 2012-01-28 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback(6) | Comments(103)

『スティーブ・ジョブズI』第一巻をiPadで読み終わった。
2012年1月27日 金曜日 曇り

 iPadで566ページの本をようかく読み終わった。a0031363_2111318.jpg
ウォルター・アイザックソン著、井口耕二訳の
『スティーブ・ジョブズI』



 iPadの生みだしの親の伝記はどうしてもそのメディアで読みたかった。
でも
疲れた!


 iPadで電子書籍が読めるようになって、わずかに一年半しかたっていないのに、
その進化はすごいものがある。
今やアマゾンでの書籍化の数は増えに増えているそうで、書籍化の自由さ便利さに加えて、
その印税も十パーセントではなく七十パーセントと言うことが大きな理由らしい。

 iPadの初期の時代(といってもわずか十八ヶ月前だが)にiBook上にダウンロードしたものは、
ほとんど短編が多かった。
マックや写真の雑誌もあったし、時には便利なこともあった。
雑誌の中の写真やグラフのデータをコピペすることができるし、その文章を参照することも出来る。
でも、それ以上ではなかった。

 一冊の本をiPad上のソフトで完読したのは初めてだった。
iPadを世に送り出した<スティーブ・ジョブス>の本だから、ぜひiPadで読んでみたかった。
いくつかの選択技のなかで
VOYAGEEBOOKSを選んで、ダウンロードしたのはずっと前だった。
時にはソファーに座り、時には寝室での就眠儀式としてだが、なかなか前に進まなかった。

 スティーブ・ジョブスの凄さ=奇人さには心酔していたのだが、少年時代から三十代前半までの
一巻目を読み終えるにはつねに大きな驚きと疲労感がつきまわった。
いや~~ききしに勝る奇人=天才は、時には多くの人を傷つけながらも、世の中の多くの人に使えるような
コンピューターを造りたいという思いに情熱を傾けたのだ。
インド放浪、禅、ヴェジタリアン、現実歪曲フィールド、アーティストなど、、、。
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏との対立、アップル社内での人間関係、そして女性遍歴、ジョブズ氏本人の思いがなども赤裸々に明かされている。
著者は何百人もの関係者への取材を重ねたうえでの執筆で、美点も欠点をも含めたジョブズ氏の生きざまを描いている。
二十世紀から二十一世紀への最も重要な架け橋をかけ時代を変えた「人間スティーブ・ジョブズ」の
後半生をすぐに読みたくなったが、しかし今度は紙の書籍で読むことにしよう。
時には親指でぱらぱらと前にもどったりしながら、紙の香りを感じながら読みたいと真から思ったので、、、。
IT機器を使いこなし享受している私だが、やはり読書の楽しみは紙媒体というのは譲れそうもない。

 、、、が、その間にも書籍をデジタル化することが進化をして、先週のアップルの発表によると、
ついに誰でも電子ブックや電子教科書が作れる時代に突入した。
「iBooks Author」
スティーブ・ジョブスの置き土産がいよいよ歩き出したのだ。
                    
 電子教科書にも使える電子ブック作成のためのアプリ「iBooks Author」は無償でApp Storeからダウンロードできる。
発表が教育機関向けというスタンスだったようだが、これが社会に与える影響力は、今後の出版界には
重要な大きな影響を与えるに違いない。

 文や写真やデータグラフなどを、3Dグラフィックや動画さえも、ドラッグ&ドロップするだけで本を作れ、
それをiPad向けに最適化されたインタラクティブな電子本としてアップして、誰でもダウンロードできて、
iPad上でタッチして読み進められる使える時代がやってきてしまったのだ。

サンプルをiTunes Storeからダウンロードすると
六種類の電子ブック作成のためのテンプレートが出て来て、気に入った物を選択すると、
あとは自分のデータを入れ込み差し替えるだけのようで、あっという間に電子ブックが完成するようで、
近々試してみよう。
教材作りだけでなく、誰でも簡単に写真集や電子ブックが作れる新しい時代が始まったのだ。

a0031363_2282350.jpg
(iPadの中は若い頃のKeiko!)


〜〜〜〜

本のなかのジョブズ氏に交友のなかには、パリのルーヴル美術館のガラスのピラミッドの設計家の
イオミンペイとのことも書かれている。

a0031363_240273.jpg
 19 December 2011 Paris


ルーヴル美術館の地下のガラスのピラミッドの向こうに見えるのはアップルストアーパリの一つ。
このストアーの二階へはジョブズデザインのガラスの階段で上って、ジーニアスバーへ行くのだ)

a0031363_19462234.jpg (おそるおそる数段だけ上ってみた、、、I


パリには、オペラ座の脇にもう一軒アップルストアーパリがある。

http://keico.exblog.jp/14133072/
平成23年12月6日(火曜日)  曇り その二 のブログへ
今日の巴里 06December 2011 Paris

~~~~~~~~~

http://keico.exblog.jp/13918753/
2011年10月30日 日曜日 のブログ
スティーブ・ジョブズさんを思いながら、、、

more>>にジョブズさん関係いろいろ
by pretty-bacchus | 2012-01-27 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(77)

雪踏みて銀座の夜の誕生日
平成24年1月26日(木) 晴

 とっても良いお天気。でも寒い。
雪がハレーションして白いカーテンがきらきら光っていて静かな朝。

でもまもなく工事の音がけたたましく始まった。
外の用事をしにでかければよいのかもしれないが、寒いし危ない。

 夜になって銀座へでかけた。
今日はUさんのお誕生日でご招待を受けていた。
今月は銀座方面が多いのはなんだか嬉しいな、、、。
皇居の塀を見ながら日比谷の交差点を渡り晴海通りを銀座に向かう。
今年も銀座の柳がまだあおい。
数日前の雪がところどころに残っている寒い銀座。
ネオンサインも昔の華やかさはないし、運転手さんの話によると夜の蝶も少なくなっているそうで、
これでは銀座も日本も立ち直れないとのこと?

 三十代の彼は今仕事に乗っているが、悩みも多いようで、少しばかり?年上の私たちとの食事をいつもとても
楽しみにして下さっている。
身内のように歯に衣を着せぬわたしの話も喜んで聞いてくださって、なんだか息子みたいだな、、、。

 お店の閉まる時間まで板長さんと女将ともお話しをしながら、暖かい一時を過ごすことができ、
お腹も胸もほっかほか。
来年のお誕生日が早く来ないかな~~~!

a0031363_20394072.jpg
(カウンターは六席しかないが、やはり板長さんとお話ししながら食材を目にしながら食事をするのは最高!)

a0031363_2040448.jpg
(愛媛からの鯖は、今朝の漁港で獲れた鯖は朝一便で東京には午後一に着くという、、、新鮮な上に、値段なこなれているという、、)

a0031363_20403318.jpg    (さばき始めた鯖は明日のお昼用なのだそうで、、、、明日もまた来たくなりますね〜〜〜

a0031363_2041141.jpg
 (和食のおまかせ料理の後半に、ローストビーフを少しいただいた。美味しい!)

by pretty-bacchus | 2012-01-26 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

屋根に雪ねぐらに帰る鳥一羽
平成24年1月25日(水) 寒い夜が明けた

 日の出時間の前は零下一度。寒い。
雪の後遺症で東京では事故がいくつも起こっているというので外出をひかえた。
あばらの打撲はまだ痛むし、右手首も不自由なので、これで転んだらどうしようもないだろう。

 日没がかなり遅くなったようで五時をすぎてもまだ明るさが残るようになった。
西の空が焼けてきておもしろい雲がぽっかりぽっかり、、、、
あら鳥が一羽やってきて遠くの枝にとまったみたい、、、何の鳥かしら?
南東の建物が赤く染まり始めた。
屋根の雪は今夜もとけないで明日の朝まで残るのだろう。
明日も道はすべるのだろうな、、、、。

a0031363_3592882.jpg


a0031363_401057.jpg
(望遠一杯で鳥にスポット測光で)

(窓際に置いてあるカメラでカシャカシャ~)
by pretty-bacchus | 2012-01-25 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

東京にも雪がふりました
2012年1月24日 火曜日 雪がやんで、、、

 少しゆっくり寝ていたいのに、朝早くから工事の音で起こされる。
一つ上のお家が大きな工事に入ったようで、工帯が続いている我が家は、音だけでなくぎしぎしとさえ感じてしまって、
寝ているわけにいかない有様。

 一夜明けたら東京も雪景色。
午後には少しとけ始めて木の上に積もった雪からぽたぽたと水が落ちる、、、。

a0031363_23571812.jpg


 午後遅くに日本橋に向かった。
半蔵門から祝田橋への道では、皇居の雪景色が楽しめた。

a0031363_2359301.jpg

a0031363_005714.jpg

a0031363_013368.jpg


車窓からスナップをしながら左に曲がると二重橋前の松の木は静かに雪の中にたたずんでいた。
日がかなり長くなって日没は午後五時ごろかしら?

 H銀行で行われた災害関係のセミナーに出席。
なかなかおもしろい講演が二つ、クラウド時代は否応なしに進んでいるのだ。
(>>>続く、、、)
by pretty-bacchus | 2012-01-24 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

カクテル アレクサンドラor アレクサンダー
平成24年1月23日(月) 曇り後夜半から雪

 思い返せば、今回の昨年十二月のパリは写真に関して言えばかなり後悔の感つよしだ。
あばら骨打撲と腱鞘炎で、到着五日目から少し動けなかったので、その後は行動が制限されて<写真を撮りにでかける>
というアクションをしなかったのだ。
サクレクールからのパリ眺望、サンルイ島の夕陽、サントシャペル、ノートルダム寺院での一時、マレ地区の壁、
北ホテルのあたり、下町のおじさん達、そして今回は四十数年ぶりにエッフェル塔にのぼってみようと思っていたのに、
どれもこれも出来なかった、、、いやしなかったのだ。レイジーケイコ!

その上ほぼ毎日の雨。
でも雨だって、ブリストルのバーや、ホテルリッツの
バーなら行くことが出来たではないか、、、嗚呼、、、なんというテイタラク!

a0031363_16185468.jpg
 (若かりし頃のブリジッドバルドーが微笑むが振り返る人は誰もいない、真夜中の雨の巴里、、、、、)

  ホテルリッツのバーへイングウェイの<アレキサンドラ>は、“文豪の大デュマ&小デュマに由来するのですよって、
何十年も前に静かに語ってくれたギャルソンおじさんはもういないだろうが、
あのブランデーがたっぷりの独特のリッツヴァージョンのカクテルを久しぶりに味わいたかったな。

 カクテル アレクサンダーは、“チョコレートのような味わい深い、、、と言われてぐっと喉をとおすとこれが大変。
生クリームとクレーム・ド・カカオの甘さで、飲みやすく味わい豊かなのだが、アルコール度数が高いから
かなり酔いが回ってしまうことうけあいの特異なカクテル。

映画『酒とバラの日々』で、夫から勧められたこのカクテルの口当たりの良さに惑わされて、
アルコール依存症に陥ってしまった人妻の物語。怖い怖い!

 凝り性のわたしは、ある時期から普通のブランデーではなく、バー・アルマニャック、
それも年代物のフランシス・ダローズでスペシャルヴァージョンをつくってもらうようになった。
創ってくれるのは日本でただ一人で、円通寺通りのザ・クォーターハウス <THE QUARTER HOUSE>の高田さん。

度数が四十度以上アルから、かなりきついので、最近はぐ~~とは飲めないが、
あの焦げたようなダローズアルマニャックの香りとカカオの香りのおり混ざった<液体>を静かに傾けるときは至福の一時。
波瀾万丈の過ぎ去った過去を想うだけでなく、希望と不安の混じる未来の事も少しだけ考えながら、、、。

a0031363_16202068.jpg

a0031363_16211684.jpg   (フランスではアレクサンドラで アレクサンダーって言ったって通じないかもしれない)

<アレキサンダー ケイコヴァージョン>のレシピは
フランシスダローズ 1/3強強
生クリーム - 1/3弱弱
クレーム・ド・カカオ - 1/3
ナツメグ - 少量


〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/14483401/
2012年1月20日 金曜日 高田vさんのことはこのブログのmore>>にいろいろ
初雪の東京の宵に
by pretty-bacchus | 2012-01-23 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(16)

道場六三郎さんの<新春のお料理>スペシャルヴァージョン!
平成24年1月22日(日) 曇り後雨

 昨日は、三越劇場で行われている初春新派公演の<東京物語>の観劇のあとは、雨の中を銀座へ。
十四人の皆さんと八重子さんもご一緒の今夜の宴は<懐食みちば>さんで、
道場六三郎さんが特別にお創り下さった<新春のお料理>スペシャルヴァージョン!

 前菜から始まり、お椀はスッポン、刺身は久恵薄造り、

a0031363_2132399.jpg


a0031363_214366.jpg

a0031363_2143982.jpg

a0031363_2152191.jpg

a0031363_2183385.jpg

温物のあとの珍しい口直しは<芹バラ子和え>。

a0031363_2165441.jpg


 強肴は和牛の黒酢あん、お食事は五つもチョイスがあってどれもこれも美味しそう~~!
最後のお菓子は葉付き三宝柑に季節のフルーツ入りのジュレに、タピオカ万頭がついてお洒落!

a0031363_2175029.jpg

a0031363_219234.jpg

a0031363_2254716.jpg

a0031363_2263815.jpg


 飲み物は、シャブリのヴィエユ・ヴィーニュで五十五年の古樹から造られた美酒。造り手はオリヴェラルセストル。

 <料理は食材と腕ではなく思いやり、、、>とおっしゃる八十一才の和食の達人・道場六三郎氏に感謝の一夜でした。
ありがとうございました。

 日本人の情感豊かなお芝居を鑑賞して、懐石の粋を味わい、お話に華が咲いて、、、
皆さんとてもご満足で、コーディネーター役の私も幸せを味わっていました。
冷雨ふるネオン輝く銀座の夜でした。
by pretty-bacchus | 2012-01-22 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(7)