<   2011年 12月 ( 70 )   > この月の画像一覧

まばたくと卯から辰年躍り出て
2011年12月31日 土曜日 曇り後晴れ その二

 いよいよ残すところあとわずかとなった。
夕方にKさんが<年越しタルト>を届けてくださった。
秋からコルドンブルーでフランス料理を改めて学び始めた彼女は、
コルドンの基礎クラスを成績優秀者として卒業し、次は初級クラスにすすむことになったのだそう。
若い人の活躍ってとっても嬉しい。

a0031363_2316562.jpg

 年越しそばを取りに行った足で友人達とあった。
退院の翌日にお祝いしてくださったお二人で、今年最後の杯を上げようとお誘いをうけたのだ。
海の幸の後に、特選のお肉はブルーノジアコーザのバルバレスコ1990で、今年のワインライフの最後を〆た。
お若いお二人との話はつきないが、お店が今夜は9時でお終いなので、最後はカウンターに移ってHおやじのにぎるお寿司で締め!
a0031363_23174072.jpg

 こんなふうに年が過ぎていくって感無量。
ホロゴンさんが、コメントで書いてくださったように、この日この時に一つの区切りといたしましょう。
 <1年に終わりがあることはよいことですね。
    双六で振り出しに戻るようなものです。
    よいこともわるいことも全部いったんご破算にして、
    初心に帰って、もう一度人生を始めることができますね。
    人間も、フェニックスなのです>

 家に帰って紅白をBGMにして年越しそばをいただき、、、。
行く年来る年の番組で除夜の鐘を聴きながら、、、、。

 去年今年、、、辰年となりました。

a0031363_16363312.jpg

(宇宙の夜明け前、、、、21 December 2011 in JL042)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(最後にNさんのご要望にお応えして期間限定で、パリでのセルフポートレートを一枚、)

#IMAGE|a0031363_2321238.jpg|201112/31/63/|right|600|428#] (腕のサポーターが痛ましい、、、、



雨で髪がクチャクチャですね、、)

by pretty-bacchus | 2011-12-31 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(16)

一年間ありがとうございました。
2011年12月31日 土曜日 曇り後晴れ その一

 大晦日、おおみそか、、、、昨日のマストをやっと終わって一息ついた。
夕方には友達とも会えた。

 2011年うさぎ年は公私ともに忘れられない年となった。
東日本大震災と原発問題、大きな台風やタイの洪水などで多くの方の命が消えていった。
その後の政府の動きには唖然。
スティーヴジョブズさんも逝ってしまった。

 ヨーロッパの経済不安、チュニジアに始まったアラブ諸国の独裁者の失墜と世代交代、そして押し迫っての金正日の死去。
歴史の不思議は、こうして世界中に新しい息吹が芽生える直前の、時を同じくしての出来事で、
それは来る年への希望へと繋がっていくことだろう。

 個人的には後悔が多い一年となってしまったような気がする。
一月からの病気&手術などもあったが、本もあまり読めなかったし、音楽もあまり聴かなかった。友達ともあまり会えなかった。
社会と関わっての諸々もできなかった、、、。
目の前に起こった出来事を、ただ淡々と片付けていくしかなかった一年だった。
でも、こうして終わってみると、それは描かれた私の一生の一部として大切なことだったに違いないと思うようになった。
そして十二月の巴里での<負の初めての経験>の数々に、たとえそれが負であろうと、それらに救われたような気がする。

 もうひとつ、ブログを通して素敵なお友達が出来たのも2011年が一番かもしれない。
ブログも八年目をむかえた。
今年も多くの方が訪れてくださって、ブログを通しての新しい人間関係が育っているこの時代の特徴に
すこしばかりおののいてもいる。

読者の方々に語りかける書き方ではなく、日々の事を、日々感じたことを書いているのだが、
沢山の方に訪れていただいていて本当にありがたく、いつも心より感謝している。
何度か挫折しそうになりながらも、自分の記録としての毎日を書いておきたいと気持ちに加えて、
ブログをとおしての友情に歓びを感じ始め、多くの方々に支えられて続けてこられたのだ。

 皆さん本当にありがとうございました。
どうぞ来る年もよろしくお願いいたします。

a0031363_16594616.jpg (車窓から、、、、

December 2011 Paris, par la fenêtre de l'autobus 42)
by pretty-bacchus | 2011-12-31 16:16 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

アデュー艱難辛苦のうさぎ年
2011年12月30日 金曜日 晴れ

 朝から良いお天気。突風が時々ふいて枯れ葉がどこからかベランダに舞い降りる。
あと一日なのに、なんだかぴんと来ていない、、、でも時間は刻々と過ぎていっているのだから、
このまま年のカウントがなされて、新しい年となってしまうのだ。
なんだか不思議でならない。

 一年の365日と四年に一度の閏年っていつ頃誰が決めたのだろうか?
私たちの使っている暦の太陽の運行を基準にした『太陽暦』は、ユリウス暦がその元だが、
それはどんな風に決められたのだろうか?
古代から太陽と月を宇宙を研究して、遺跡まで遺っているのだから、人類の歴史は遅々としてしか進まないのだろうか?
知ってみたいことはまだまだ沢山あるな、、、、って思いながら、2011年の最後を過ごしている。

 本当にいいろいろの事があった一年だった。
一月末のがん宣言からはじまった2011年は、その後の通院がまだ続いていてる。
そして十二月にはあばら打撲と腱鞘炎をかかえたまま過ぎていこうとしている。
運命にあがなうことが出来ずに、それを淡々と受け入れて一日一日を過ごしていくしかなかったような気がする。
それでもわたしは、なんとも平安な気持ちでこうして年の瀬を迎えているのは不思議でならない。
すべての道は来る年へ受け継がれ、また新たな年がやってくる。不思議でならない。
不思議で一杯の年の暮れだ。

 今日どうしてもしなければいけないことが一つあり、、、、でもなんだかとっても体が辛くてぐずぐずしている午後。
これをしなければきっと一生悔いが残るのだ、と叱咤激励しているのだが、、、、。
カーテンからの太陽がとてもまぶしい午後だった。
こんなふうにして今年も終わってしまうのだ。

 最後のお洗濯とお掃除を少しだけして、あとはやっぱり休むことにした。
なんともだらしがない年の瀬となった。

a0031363_9335799.jpg

a0031363_9222211.jpg


(真冬なのに、今年はまだ秋の色が遺っているのだ、、、、やっぱり温暖化なのだろうか?
地球は大丈夫なのかしら?)

(駅の向こう側に提灯が見えた。ぐるっとまわってみるとお正月用品を扱うお店だった。
九飾りも一夜飾りも避けるので、今日は最後の日なのですね、、、、)

a0031363_924994.jpg

a0031363_9315996.jpg

by pretty-bacchus | 2011-12-30 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

年越しそばの注文と雪中梅
2011年12月29日 木曜日 晴れ

 6時20分、小鳥の声で目が覚めた。
ゴミ車でなくて小鳥の声はやっぱりいいな、、、、。

 今日しなければいけないことを一つでも、、、と、いや一つしか出来ないだろうとそんな感じ。
家にいたのでは出来ないことがいくつかあるので午後にでかけた。
年越しそばは打ち立ての新そばがいい。近くのおそば屋さんにお願いにいった。
今年は今日の2時までにお願いすると、31日の5時に用意をしてくださって家に持ち帰ることが出来る。

 お昼時がすんでゆったりとしたお店でご主人に、友人の分も一緒に注文。
朝が遅かったから食事はしない予定だったが、そば味噌をだしていただいたので、結局、雪中梅を少しと
鴨せいろをいただいてしまった。
一人静かに今年を振り返りながら、冬の雪中梅をかたむけるのはなんとも良いではないか!
(酒は憂さを晴らすために飲むのではないのだ!)

 その後は今年最後の本やさんに寄って、、、、。
阿刀田高の「古事記」が付録の<CARTA 2012年新春号 >と、何冊かの雑誌を買った。
それでなくとも読みたい本が積んであるのに、結局こうした雑誌も時々買ってみたくなって、活字中毒は治っていない。

 家に帰るとぐったりして、なさけない年の瀬となってしまっている。

a0031363_8534696.jpg

(今日は久しぶりにニコン!のピンクちゃんを持って出た)
by pretty-bacchus | 2011-12-29 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

巴里のお茶専門店&バスの車窓から
2011年12月28日 水曜日  晴れa0031363_21252852.gif

 昨日のコンヴァンション通りのダロワイヨーの隣のお花やさんのお隣に新しいお店が開いていた。
お茶屋さんで、アフリカやアジアからのお茶が選りすぐって売られていようで、
ジャクリーヌのお家のヴァニラティーもここのものという。
二年前にオープンしたそうで彼女はよく来ているようだ。

 ルイボスrooibosの効能などを聞いて、、、、、何もおみやげを買っていなかったので、ここで少しお買い物をした。
ヴァニラや、冬には暖まるとか薦められてレモンジンジャーなどで、好みをいうと100グラム単位ではかって袋に入れてくれて、
日本へとわかると大きいのはパケカドーをしてくれた。
大きな缶の中身がなくなると、秤で丁寧にはかって新しいブレンドを造ってくれる。
待っているお客様もゆっくりとそれをながめていて、なんだかとっても暖かい雰囲気、、、。
(このあたりは、十六区のおすましご夫人より好きだな、、、)
一つづつ温度と蒸らす時間を書いてくれて、とってもお茶を大事にいていることがわかって嬉しい。

a0031363_11565247.jpg

a0031363_11573991.jpg

#IMAGE|a0031363_11583360.jpg|201112/29/63/|left|640|426#]




a0031363_13344331.jpg


〝日本からのもありますよ、、、って、香りをかがされて、お茶事の七事式のごとくにちょっと気取って聴き茶?をして、
当てずっぽうに〝福岡のヤメチャ〟といったら当たってしまって、、、、
〝ケイコはワインだけでなくティーもわかるの〜〜? って、皆んなもうビックリ!
実は、放射能騒動で静岡のは今はないだろうから、福岡あたりのかな?って思っただけだったのだが、それは言わぬが花。

 バス停まで送ってもらってお別れして、次回を約して、、、、オールヴォアール。
雨あがりの車窓を楽しみながらホテルへ帰ったのでした。

a0031363_17405646.jpg

a0031363_5135997.jpg

(17 December 2011 Paris、Charles Michel シャルルミッシェルとコンヴァンション通りの角のバス停で )

 エッフェル塔をみながらバスは進み、橋を渡ってコンコルド広場へ、
a0031363_1210433.jpg

a0031363_1212218.jpg (望遠いっぱいの200>350mで観覧車の中心をカシャ、、、

すごいレンズだ。動くバスのなかで手持ちでこれだけ泊まるのだ!)

a0031363_12123081.jpg (あら、、今日は噴水がでている、、、カシャッ、、、あっららバスが揺れて、、、、)
(17 December 2011 Paris、pm7:14, Par la fenêtre de l'autobus 42 )

 右に曲がると、すぐ左にマキシム・ドゥ・パリが、
a0031363_121539100.jpg

そして、マドレーヌ広場を右へ、、、、終点のオペラへ。

〜〜〜
(追記)

a0031363_12214363.jpg(行きのバスでは、このマキシムを撮っている人がいました)

by pretty-bacchus | 2011-12-28 23:59 | ♧JourneyAbroad海外2011 | Trackback | Comments(5)

ダロワイヨーのガトーチョコラとマカロン
2011年12月27日 火曜日 晴れ

 夕方にどうしても会う人があって銀座にでた。
30分ほどで用事を終えて、三越にいきたかったが、どうもつらくてタクシーで帰宅してしまった。
初めてカメラを持たずに出かけた日かもしれない。

 あと三日なのに、どうしよう、、、かなり焦った気持ちなのに体がついていかない。
自分のことは年をこしてもいいが、あれとこれと、、、、そうだあの方へもと気があせる。

 お隣さんからいただいたカレーが美味しく、、、、でもその後はバタンキュウ〜〜!

〜〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_21252852.gif
 夢は買ってこられなかったマカロン!
驚いて目が覚めて、写真の現像を少しばかり、、、、。

17 December 2011 Paris, 十五区のあたり、、、

 十五区は堅実なカルティエで、お店もそんなにはでではないが、このあたりの商店街はおいしいもの屋さんが多い。
コンヴァンション通りのダロワイヨーも改装されて大きくなっていて、クリスマスを前に込んでいた。

a0031363_142550.jpg

a0031363_15155.jpg


この日ジャクリーヌのお家のお茶タイムは、ダロワイヨーの注文ケーキのガトーショコラ<オペラ>と<マングー>だった。
コメント欄で桜さんが<ルーブル>と書いてらしたので、頼んだのだが、ここにも近くのパティスリーにも、
その名前のガトーはなかったのだそうだ。

a0031363_192697.jpg (まずオペラ)

a0031363_1103460.jpg(マカロンもいっぱい〜〜〜!)

a0031363_195710.jpg 〜〜〜!)

by pretty-bacchus | 2011-12-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

あばら骨と腱鞘炎、トリュフとオマール
2011年12月26日 月曜日 はれ

 お医者様にいった。
あばらの打撲は時がかかるようで、なるべく安静にと。
息を大きく飲み込んだときに感じるにぶい痛みは、打ったときのあばらの下にある神経にさわったようで
だんだん良くなるとのことで、そういえばここ数日はだいぶ楽になった。

最初が肝心であまり動かさない方がよかったようだが、後の祭り。
雨のパリの街を毎日のように重いカメラレンズで歩いてしまったのだから、、、。

 右腕の腱鞘炎は親指から手首にまだ及んでいて、こちらの方が少々重傷らしい。
イギリスでもアメリカでもいろいろデータが上がってきていて、特に子供達は要注意らしい。
テーピングをしてしのいでいたが、キーボードもカメラも禁止命令が出た。

、、、といったって、はいそうですかと、Macをしめたままにはいかない。
左でをそえて右の方だけキーボードを打って、左の方のアルファベットは左で、確定もタップも左手と
新しい入力方法が結構いける。

そういえば、六年生の時に、高い跳び箱を得意げに飛んだとたんに手をついて右手を折ったことがあった。
あのときはU字型に腕がひょんと曲がって手で直すともとに戻ってをしばらく繰り返し先生を驚かせた。
遠い接骨院に毎日通って(暑い毎日だったな、、)二ヶ月くらいかかったことがあった。

字も左手で書き、そろばんも左手でだったが、成績は落とさなかった。
あの頃から無茶でけなげだったのだな、、、

、、、というわけで、パリの写真の現像も遅れ遅れの年の瀬になってしまった。

~~~~~~~~
巴里の写真を、、、、a0031363_21252852.gif

a0031363_2141092.jpg
乳飲み仔羊にトリュフをふんだんにまぶしてくださった。
a0031363_2145698.jpg

a0031363_2311926.jpg(オマールを混ぜたごはんも絶品!)


18 December 2011 Paris
七年前にオープンした<あい田 AIDA - restaurant japonais> にて
和食で初めてミシュランの☆を取ったお店。

ここの和食&洋食のムニュー・デgフスタシオンは素晴らしい。
詳しくは後日に書きておきたい。
a0031363_2265271.jpg

a0031363_8105026.jpg



〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/14206181
2011年12月18日 日曜日 その五のブログ
今日の巴里 18 December 2011 Paris~パリの日本人料理人

に写真を追加。
by pretty-bacchus | 2011-12-26 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

<メキシコの鳩>と<パリの鳩>
2011年12月25日 日曜日 晴れa0031363_21252852.gif

 きれいな朝だ。
枯れ木と瘤だらけとはいえ、この見慣れた借景には心が癒される。

 右手親指から手首まで痛い、どうしたら良いのだろう、、、と思いながら、相変わらず少しずつでも現像を続けている。
近い将来はきっとキーボードを打たなくとも、“開いて、〝フォトショップへドラック、〝トーンカーブ調整、〝別名で保存、
〝ウェブ用にサイズダウンして保存。〝ブログを開く、〝ログイン、〝新規投稿、、、と、
口でいえば写真をブログに載せることができるようになるに違いない。

 足かけ17日間に撮った画像は、動画も含めて73.73ギガらしいので、まず全てを旅用ハードディスクから、
写真のバックアップハードディスクへコピー。
16GSDカード6枚はとりあえずこのままに。
整理が大変だが、このままおくといつものように撮ったまま死蔵になってしまう<カシャッ>が沢山あるだろうから、
少しずつ毎日簡単現像をすることにしよう。

 ある方から、自分の事ばかり書いて、フランス文学、映画、写真、音楽など、何にも書いてはないではないか、
というメールをいただいているが、今回のブログは私の<回想の巴里の街!>
映画や文学や音楽にまで行く着くことが出来ずに、たしかに自分の体験だけをまず書いてしまったようだ。
今回は奇しくも怪我をして体調をくずし、その上到着日以外は毎日雨で外出を控えたために、
フランスとの私の半世紀にわたる関わりの<人生の喜怒哀楽>を振り返り綴ってしまったわけで、
初日に書いたように我田引水多かりしだったに違いない。
それ以外は、また機会があるに違いないので、それまでまた新しい体験を積んでいきたいものだ。

 写真の整理は、日にちごとも良いが、まずMさんのリクエストで18日のロダン美術館から。
と思ったが、その前に<パリの鳩、その一>を。

 マック狂の、英語の、写真の大先輩で、尊敬するNKこと倉谷直臣さんの写真に<メキシコの鳩>というのがある。
光る石畳とベンチの静謐な名作で大好きな一枚なのだが、その説明もなかなな素敵なのだ。
http://k7003.exblog.jp/10391432/メキシコの鳩のブログへ
<(前略、、、)、、、、でも、ボクはこれに「メキシコの鳩」という題を与えます。
なぜなら、これはボクにとってゆずりがたく「メキシコの鳩」なのですから。
写真で、映画で、絵画で、文学で、音楽で、客観的真実(事実)を描写する必要もなければ責任もありません。>

 今回の滞在では、彼の<サントノレのショーウィンドー>や、
http://keico.exblog.jp/14142714/
2011年12月8日 木曜日のブログに
今日の巴里 08 December 2011 Paris

<冬のスイカ>の場所を探したりしたてみて、楽しかった。、
http://keico.exblog.jp/14162469/
2011年12月12日 月曜日 その三へ
今日の巴里 12 December 2011 Paris

が、脳内のどこかで、私の<巴里の鳩>を撮りたいと思っていた。
いやはや、、、それがなかなか難しかったのだが、何枚かをアップしておきましょう。
NKさんのは作品、わたしのはカシャッの駄作であることだけはたしかですが、、、。

さて、すでにブログでその周りはアップしているので、いったいパリのどのあたりがおわかりでしょうね!
a0031363_6482473.jpg (雨があがった広場の噴水に鳥さん達が集まってきました、、、、)

a0031363_6512959.jpg

a0031363_6501664.jpg (やがてお散歩がはじまって、、、、あらあらパリでは鳩と雀が仲良しなのですね、、、、)

a0031363_657981.jpg (ここでは鳩も海鳥もカラスも全然人を怖がらないのが不思議でした)

a0031363_712033.jpg (これはカラスです。


ガラスの外からじっとみつめられてしまいました、、、)

( December 2011 Paris)

〜〜〜〜〜〜〜
明日は、ミュゼロダンの続きです。
http://keico.exblog.jp/14202063
18 December 2011 Paris
Musée Rodin ロダン美術館

 まずプレリュードの一枚を、、、、。
a0031363_763491.jpg
 (18 December 2011 Paris、Musée Rodin)
by pretty-bacchus | 2011-12-25 23:59 | ♧JourneyAbroad海外2011 | Trackback | Comments(8)

Merry Christmas!
2011年12月24日 土曜日 晴れ

a0031363_9254459.jpg


Église de la Madeleine,Paris.
Par la fenêtre de l'autobus 52
by pretty-bacchus | 2011-12-24 23:23 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

ゆず湯にゆっくりと入って、、、、
2011年12月23日 木曜日 晴れa0031363_21252852.gif

 時差のママ不規則な一日を過ごしてしまった。
留守中に届いたお歳暮のお礼状をまず一番にしなければいけないのに、お礼状カードの印刷が出来ないで困ってしまった。

いろいろいじってみたがだめ。
来週はおそらく修理はもうだめだろう、、、、これは神様の贈り物?
お礼状も年賀状も手書きでぼちぼちとしなさいということなのかもしれなが、腱鞘炎はまだなおっていなくて、
キーボートもままならない。

新しい小さなカメラと大きなレンズで、ホールディングが悪く、どうやらそのせいらしい。
カメラで腱鞘炎になったのなんて初めてで、ほんと負のことで初めての経験はもういやだな、、、。

 昨日は冬至だったのに、ゆず湯に入らなかったので、今日はゆっくりとゆず湯に。
出発前にいただいた 有機栽培の柚をひとつづつ丁寧に包んで冷蔵庫に保存しておいたので大丈夫だったので嬉しい。

 優先順位を考えて、ともかく持って行った洋服とかの整理とお洗濯、、、、
それからもって帰ってきたモノの整理と思っているののに、
どうしても撮った写真の現像をしたくなって、時差の夜中に少しずつ、、、、

動画も少し編集して、その日の頁に貼り付けよう。
まずは、
http://keico.exblog.jp/14192627/
2011年12月17日 土曜日のブログの最後に追加
☆回想のわが巴里の街1990~2000 =十五区のアパルトマン
 ☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris ~1990~2000

a0031363_7484791.jpg
 11 December 2011 Paris
シャンゼリゼ大通りのロンポアンでタクシーを待つあいだに、遠くのエッフェル塔を)

http://keico.exblog.jp/14153200/
2011年12月11日 日曜日 その一
☆回想のわが巴里の街1965~1973 ーシャンゼリゼ
a0031363_723463.jpg
(10 December 2011 Paris, Avenue des Champs-Élysées) (こっち向いてカシャッ、、、
横断歩道の真ん中で忙しい〜〜〜〜!

〜〜〜〜
出発の前々日にお呼ばれしたのは、
by pretty-bacchus | 2011-12-23 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)