<   2010年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

五分咲きの花冷えとなりし車窓かな
2010年3月30日 火曜日 晴れたり曇ったり
 
 日没時間は6時をこえて、なんだか急に昼が長くなったみたい、、、、。
借景の光も芽生えもなおいっそう春、春!

 午後からは、三週間ぶりに、レインボーブリッジを渡ってお台場へ向かった。
若い実業家との数時間は、まっことにエキサイティングだった。
こういう30代40代の若者が、これからの日本を背負っているのだと思うとなんだがとっても嬉しい。

 帰り間際にいらいらして紹介をうけたYさんも三十代、10年前に単独でフランスのA社M社に
面会をして、今の仕事の元を築いたのだという。
さわやかな物腰からは、育ちの良さが感じられ、少しつっこんでしまった私の質問にも過不足なく
的確に応えるその様は、自信と独特のオーラに満ちていた。

 30代から90代までのそれぞれの年代の幅広い層の老若何女の友人がいるが、
皆んな各々の年代で雄々しく今を生きている素敵な人たちばかりだ。
誰もが多くの苦労をしょっているのに、常に自然を愛し人を愛して日本のことを考えているって、
素晴らしいことだ。
こういう方々と話していると、沢山のパワーをもらうし、私たちももう少し頑張らねばならないと
いつも励まされている。

 帰路は車で送ってくださり、芝からホテルオークラの側を抜けて六本木を通り赤坂へと、
夕陽に映える桜並木を回ってくださった。
外は寒そうだったが、暖かい車内からの桜は輝いていた。
今年の桜もいよいよあと数日なのかしら?

a0031363_2101358.jpg   (ドクターラッペルという珍しいクレマティス)

a0031363_2115799.jpg   (寒さが戻ってきたからヒヨドリがまたやってきたのかしら?)

a0031363_2132527.jpg (家の中を覗いている、、、、、ガラス越しに私と睨めっこ!)

a0031363_214131.jpg

a0031363_2161153.jpg  (レンガの上の米粒の匂いをかいでいるのかしら?)

a0031363_2145082.jpg  (あらあらクチバシで器用につまみましたね、、、)
 
ここまで、ほんの2〜3分のことでした、、、)
by pretty-bacchus | 2010-03-30 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

夜桜は酔ザクラなり友ありて
2010年3月29日 月曜日 雨後くもり

 この寒さはなんなの?
夕方になって突然夕陽がさしてきたようで、借景の芽生えがきらきら輝きはじめた。
カシャッカシャッ〜〜〜〜。
あっというまの一瞬だった。
夕方には東京も四度くらいになったという。
明日はもっと寒いのですって、、、

a0031363_22485468.jpg



 今夜は大きなワイン会をお断りして、Kさんと久しぶりにお食事。
彼女の新居から歩いて十分ほどのチャイニーズレストラン「シーフードレストラン 香港」。
二年前にオープンした30席たらずのこぎれいなお店。
中国飯店の流れをくむお店で、このところの彼女のお気に入りなのだそうだ。
彼女がみつけるレストランは友人のご紹介が多いのだが、かなり厳しい基準で、
味とコストパフォーマンスがあわないと“お気に入り”にはならない。

 軽いコースをいただいて、ほどほどに飲んで(今夜は彼女の持ち込みのカリフォルニアの
オー・ボン・クリマの白と赤。赤はノックス・アレキサンダー2006、すでに飲み頃になっている感じて
ピノノワールのあの香りがきれいにたってきて、ブルゴーニュの高級ワインにも匹敵!

 話にふけった三時間あまりは、女二人の人生のモロモロで、桜の宵に桜無しの宵、
良い酔いとなりました。

 彼女からはいつもいろいろ励まされている。
彼女自身、人生の苦も楽もの経験者だから、説得力がある。
せんだってもメールで、
<きちんと前の扉を全部閉めないと新しい扉は開かないですよね!、、逃げちゃいけないですよね!
敬子さんも長かった前のステージをようやく全部お片づけしたのだから、
きっと新しい扉が開くんですよ!!
人生の締めくくりとか考えちゃダメですダメですよ。
苦しかったステージの次は、穏やかで光まばゆいステージが待ってるものです!>

ありがとう!と手を合わせたメールだった。

<もっと早く滅却のことを聞いても、キッと私たちは一つ一 つ シュレッダー処理を
していたかもしれません。
最後に残ったのは、それくらいの規模でしたし、きっと彼にとっ て は、一枚一枚確認することが、
彼の仕事人生の邂逅で あったので しょうし、それでよかったのだと思っています>
とメールをうった後だった。

 見た目には華やかに生きているようで悲哀も多いし、頑固で時には不器用な年上の私たちを、
彼女はいつも冷静にみていて、厳しい考えをいってくれるし、時には思いもよらない方法で
励ましてくれるあり難い年下の友人。

 倉庫と自宅に運んだ何十もの段ボールをかたづけるのに数ヶ月がかかるだろう。
そのあと十数年後には、自分が生きた全ての形あるものを整理しなければならないと思うと、
どっと落ち込んでいたのだが、これらの作業は<人生の撤退>ではなく、
<人生の締めくくりのための日々の進化>なのだと、やっと思えるようになったのだ。

 タクシーで帰宅途中で、少しだけ車窓からお花見をして五部咲きのお花見気分をあじわったが、
寒さで人っ子一人いない夜、、、、。
桜が長持ちしてイイナって思うより、なんだかますます景気が冷えるような気がしてならなかった。

a0031363_22502729.jpg
(一皿目は五種のオードブル盛り合わせ)
a0031363_22505159.jpg

 真夜中の西の空は十三夜が輝いていた。
ベランダへのガラス戸を開けたら、寒〜〜〜い。
これぞ花冷え、凍れる月だ。

〜〜〜〜〜
東京 ( 3/29)
  日出 5時32分  日没 18時 0分  昼 時間 12時28分
  月出 17時12分  月没 4時31分  正午月齢13.2

a0031363_22512557.jpg

by pretty-bacchus | 2010-03-29 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback(1) | Comments(4)

花三分足踏みのまま痺れ雨
2010年3月28日 日曜日 雨

 パリのフォーブールでは、ダン・ラ・リュー  街では、、、、、、ソンブルディマンシュ、、、
<ダミアの(暗い日曜日)の歌が聞こえてくるような、、、暗い寒い日曜日だった。

 でも嬉しいニュースは、「五輪よりいい演技できた」と優勝を語る浅田真央ちゃんの笑顔! 
フィギュアスケートの世界選手権の金メダルおめでとう 真央ちゃん!

 雨が降っているのに雀の家族は一日中、芽生えが日一日と大きくなる木で遊んでいた。
一、二、三、、、、、数えはじめるとさ〜と一斉にいなくなってしまう、、、、
十六まで数えられたがその後が続かなかった。

 桜は足踏みのママ三部から五部咲き、、、、
明日はもっと寒くなるのだという、、、、

 U & Sさんと三週間ぶりにお会いした。
お二人ともなんだか目に力がない、、、、今日のこの日になんだかとても辛いことがあったようで、
早くお元気になって欲しい。

でも柴田さんのお優しいもてなしで、なごやかな豊かな一時を過ごすことができて、
感謝の春の宵。

a0031363_3343855.jpg

a0031363_3305178.jpg

a0031363_3311946.jpg


a0031363_3314090.jpg


by pretty-bacchus | 2010-03-28 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

花こごえ友の帰国を待つごとし
2010年3月27日 土曜日 曇り

 春の雨が続いているが、朝になると木々の芽生えがキレイで嬉しい。
借景の庭の大きな木にはもう花が下がっているのに気がついた。
数日前に芽が出てきたと思ったのに、自然の動きはなんと早いことだろう。

 この氷雨で寒さがぶり返しているから桜はじっと肩をすくめて咲ききるのを待っているのだろう。
郁子さんがお帰りになる4月の初めまでは満開にならないだろう、、、良かった〜〜。

 <花こごえ友の帰国を待つごとく>

a0031363_1636278.jpg


a0031363_16364440.jpg


a0031363_16372017.jpg



 アサヒカメラの4月号で、<もう一度写真少年になる>で、N先生の記事を拝見していたら、
写真少女(四年生の時の父からの二眼レフが最初のカメラでしたから、、)が、
写真オバサンになってしまった女の血が騒ぎだした。

 少し写真の整理をしておかねばならないと前から思っていたのだが、アルバムで整理してある
子供の頃から大学卒業、その後の海外の途中までは、このままでしかないだろうが、
エールフランスの機内誌の取材をはじめた十数年前からの、というよりコンタックスを
使うようになってから(1995年位かな?)のフランスの写真をデータ化しておきたくなった。

 N先生の撮る写真はすばらしく、またその写真環境も素晴らしく、機材はいつもブログで
拝見していたが、アサヒカメラの写真でそのコンピューター環境もすごいことがわかった。
がぜん、私もマック環境を良くしたくなった。
今は、二世代前の21インチのiMacと(事務所にあったあの丸いのではない)と
最新のMacBookプロ15インチだが、ほとんどブックの方を使っている。
外付けのハードディスクが十数台あってバックアップをとっているが、
最近はTime Machineに頼っているから、そろそろハードディスクの整理もしておきたい。
事務所からもってきた外付けハードディスクも何台もあるから、その整理は、このままソファーで
ベランダを見ながらというわけにはいかないだろう。
そう思ったら突然いつもは座ってない机のマックと外付けの整理が始まってしまった。
配線を確かめて、十数台の外付けの位置を替えたり、、、、あっといいうまに数時間が経ってしまった。
かたづけなければならない段ボールが山とあるのに、、、、もうどうしたものだろう。

 いただきたお米とお野菜とで至福の夕食。
自然と造り手と送ってくださったSさんにに感謝して、、、、春の宵はすぎていきました。

a0031363_16381970.jpg


by pretty-bacchus | 2010-03-27 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)

有機農法のお野菜とお米をいただきました
2010年3月26日 金曜日 曇り、寒い

 寒さがぶり返している。
一段落したせいか、ぐっすりと寝てしまって、目覚めたのはかなり遅かった。
目覚ましをかけずに寝るってこんなにゆっくりするものなのですね、、、、

 午後一番に大きな段ボールが着いた。
リンゴ箱二個が一つになっていてずしりと重い。
Sさんからだった。宅急便の伝表には野菜、米とあった。
玄関も廊下も、事務所から移した段ボールが山と積まれていて、横にならないと歩けないような状態だから、
よいしょと持ち上げて、肩にかけてお台所まで運んで開けてみた。
すご〜〜〜い!美味しそうなお野菜が沢山、、、そして白い箱にはこしひかりのお米。

 夕方Sさんからお電話をいただいた。
このお野菜は、Sさんの知り合いのつくばエコ農園の熊田さんが何年もかけて有機農法に取り組んだ
土と人の愛の結晶のようなお野菜なのだそうだ。
どれもこれも有機農法で造られているのだそう、、、。

a0031363_3443187.jpg


 グアジーニの大きな寄せ木の鉢に入れて写真を撮った。
http://keico.exblog.jp/2959254
初夢は 希望の光 プリマヴェーラ  2006.01.03
(More>>グアジーニの鉢の写真)a0031363_1724666.jpg


 さっそくに縮れほうれん草とトマトとハーブをエキストラヴァージンオイルでさっといためて
生パスタに合わせていただいた。
ふわ〜〜と大地と太陽の香りがのぼってくるようで、おいし〜〜い!
ひとつひとつ感謝していただこう。

 夜は、Sさんのご縁で昨年から通い出した西麻布の内儀屋さん(かみやさん)に出かけた。
この不況なのに、10席のカウンターはいつも一杯で、当日ではなかなか予約がとれないでいたのだが、
今夜はお席があるということで、、、、、。
このお店は20年になるというが、こうして続いているのは、お味とお値段のカリテプリに加えて、
おかみさんと女性スタッフの三人のホスピタリティーと笑顔も、きっとお店の魅力になっているのだろう。
最後に美味しいご飯と一緒に出る大盛りのお漬け物もとても美味!
選りすぐられた素材を自家製ぬかみそにしているという。
おじゃこももちろん自家製。
そして今夜のデザートは桜アイスクリーム、季節の先取りなのでした。

a0031363_3445740.jpg
(今夜のワインは、シャトー・ドゥ・ピゼイのブルゴーニュ。かのこさんが好きなワインで、さすが美味!)



a0031363_346416.jpg
 (タクシーを途中で降りて真夜中の道を歩きました、、、連れがいっしょだとこうした楽しみもあるものです。車の光をあびて突然桜が萌えました)
a0031363_3462367.jpg (海外メディアでも一斉に報道されてしまった、<愛子様不登校>で揺れている小学校です)

a0031363_3471598.jpg
 (1/13秒でシャッターがおちていた、ISO3200で手持ちでこんなことが出来るのだ)

a0031363_3483335.jpg  (暗い細い道に入るすぐ右に大きな椿の木がある、、、、カシャッ、、、一秒でぶれていました)

a0031363_3495879.jpg     (1/2秒でかろうじて止まりました、、、それにしてもほとんど暗いのに、手持ちでこれが撮れるとは良いのやら悪いのやら、、、)
 
 
 朝すこしゆっくりして、お野菜パワーをいただいたら、なんだか元気になってきた。
急にまとまった本が読みたくなった。このところ手がつけられずに積ん読だった本を数冊もって寝室へ、、
就眠儀式の読書が再開した。
枕の右は歳時記の山、今夜は左に別の本の山が出来た。
なんだか妙に嬉しい春の宵だ。

 枕元歳時記の山春の宵

~~~~~~~~
内儀屋さんのこと

http://keico.exblog.jp/9123166
西麻布の和風創作料理「内儀屋=かみや」さんにて 2009年10月17日 土曜日 

http://keico.exblog.jp/9537130
暮れの六本木を歩いてみました 2009年12月29日 火曜日 

http://keico.exblog.jp/10042923
春宵や新しき道手をつなぎ 2010年2月23日 火曜日 

more>>

More>>グアジーニの鉢
by pretty-bacchus | 2010-03-26 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback(1) | Comments(0)

囁きは匂い鉄線春の闇
2010年3月25日 木曜日 雨

 今日もまた氷雨、、、、
午後にベランダに出て少し模様替えをした。
薔薇と鉄線とジャスミンの鉢が着いたのだ。

薔薇は<バラ大苗レッド レオナルド ダ ヴィンチ
'Red Leonardo da Vinci'(roantrleo1015)>
クレマティスは<モンタナ開花鉢「スノーフレーク」
Clematis montana 'Snow Flake'(Flake0311)>と
珍しいワインレッド色の香り鉄線<ニオベ「サンセット」>
この花は良い香りがするのだそうだ。

十数年ぶりに、このベランダに鉄線の花なの、、、、嬉しいな。大切にしましょうね。
“元気でいてね、よろしくね、、、”って声をかけて新着の鉢にご挨拶。

ジャスミンはKハゴロモジャスミン10.5cmポット苗(ツボミ付き)
Jasminum polyanthum(Jasmine0318-2)>なので、少し大きい鉢に植え替えてみた。

 真夜中にベランダからなんだか囁きが聞こえるような気がしてカーテンを開けた。
僅かにどこかからの光を受けて紫の妖気がただよっていた。
丑三つ時にカメラをとりだして、真っ暗なベランダのクレマチスを、
オリンパスのE-P1で、、ガラス戸の柱に体を寄せてスナップ。
ほとんど何も見えないのに、わずかに差し込む室内からの灯りを受けて、
ISO限度を3200、絞り優先にしてあったのだが、1秒でシャッターがきれていた、、
この世界は見事に夜の花をとらえてくれた。
手ぶれ補正恐るべし!

でもやっぱり太陽の光で輝いて欲しいですね、、、

a0031363_18543681.jpg


 <春の闇香り鉄線媚びを売り>
by pretty-bacchus | 2010-03-25 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

空仰ぎそっとサヨナラ花の土手 ✿ฺ´☆`✿ฺ
2010年3月24日 水曜日 雨 氷雨

 しなければいけないことからはじめると、ブログの更新は一番後になってしまう。
日記は書き終わっても写真が追いつかないと真夜中にしたりするのに、
先週からは疲れてバタンキュウ〜なので、押せ押せになってしまっている。
ようやく昨日と今日を一緒にアップできそう、、、、

 寒い氷雨の一日だった。
最後の荷物運びに一日かかってしまった。
寒い雨の中を青山さんが何回も往復してくださって、管理人のYさんも手伝ってくださって、
残ってしまった書類は自宅に運んだ。

Kさんに、“ケコサン、お馬鹿ですよ〜〜今時シュレッダーで書類一枚一枚消去する人などいませんよ、、
、滅却処理を頼めば、ワンカートン1500円くらいなのですよ、と教えていただいたがツーレート!
私たちって要領が悪いのかしら、、、、いえいえフル〜〜イ人間なのでしょう。
書類を見ながらノスタルジックになりながら、、、、でも、これってやっぱり馬鹿ですね〜〜〜

 対岸の防衛庁の土手の桜は三部咲きくらい、、、この景観も今日が最後なのだ。
手を振ってこの景観の桜にアデュー。

  仰ぎ見て一言アデュー花の土手

a0031363_23275486.jpg
  (七階の踊り場から対岸の土手をカシャッ、、)

a0031363_23282728.jpg
 (窓ガラス越しに、、、、)

by pretty-bacchus | 2010-03-24 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)

靖国の二部咲きの桜花と幸せなカップル ✿ฺ´☆`✿ฺ
2010年3月23日 火曜日 晴れたり曇ったり

 長い長い一日だった。
午後から九段の歯医者さんへ、、、まあ、歳を重ねると言うことはいろいろ起こるものなのだ。
先生の応急処置で、なんとか直していただいた、、、しかし眼科という歯科といい、
日進月歩で医学は進歩していることに嬉しい驚き。

 いそいそと急いで歯医者を出て、近くの靖国神社へ急いだ。
陽の落ちないうちに桜を撮りたかったのだが、やっぱり少し遅かりし、、、
でも、昨日TVニュースで神社の二輪三輪で開花宣言の映像を見たよりも、もっと沢山咲いていて、
今年の桜の初撮りの感じ。
イタリアに旅立つた郁子さんの帰国は来月初めだから、留守の間の東京の桜をしっかりと撮っておこう、、
その日の俳句もしっかりと記録しておこう、、、そう思って撮り始めたが、
夕闇に二部咲きながら妖しく輝く靖国神社の桜は、どうも気持ちが沈んでいく、、、、

戦争を知らない私も、その悲惨は祖父母や父母から聞かされていた。
国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊が眠っている靖国神社の桜はあまりにも
悲しみが宿っているように思えてならない。

桜の幹は太く、その根元は地にしっかりとこびりつき、枝は天に向かっている。
そしてどの木々からも小さな命が芽生えているのだ。
あらためて鳥居を背に、神社正面に歩きお賽銭箱の奥に座する<何か>に手を合わせて、
深く深く礼をした。
薄暗くなるまで能楽堂の前のベンチに座してしまった。

a0031363_19534754.jpg

 
a0031363_1994551.jpg



a0031363_19103710.jpg


a0031363_1911476.jpg

a0031363_19113984.jpg

a0031363_19121172.jpg

a0031363_19132478.jpg

a0031363_1912387.jpg

a0031363_19134949.jpg

a0031363_19185843.jpg  (能楽堂の屋根に色づく桜花)

a0031363_1919354.jpg

a0031363_19215746.jpg 

a0031363_19221846.jpg  (しっかりと根を下ろした大木の下の方にも一輪二輪花がついていた)

a0031363_19224772.jpg

a0031363_19231328.jpg

a0031363_1923339.jpg (お賽銭箱の奥に御霊が眠っている、、、、、)

a0031363_19241121.jpg 
(支那駐屯歩兵第一連帯戦友会奉納の桜の献木のようだ。多くの人たちの思いが込められているのだろう、、、シャッターを押しながら、思わず手を合わせていた)

a0031363_192517.jpg  (門前の手水鉢、ほんとうは入るときに手を清めねばならなかったのだろう、、)


 九段通りを渡ったところにファクトリーというパンやさんがあって数席の簡素なテーブルと
椅子が見えたので、入ってみた。
自家製のオーガニックのハーブティーに、キャロットケーキをいただいて暖をとった。
外を行く人々をなんとなく実ながら、フジ子ヘミングさんのエッセイにしばし没頭て時が流れた。
自然なお味で美味しいし、スタッフの方もとても感じが良く、帰りはパンとピクルスと
修道院のママレードを買って帰宅。

a0031363_19343045.jpg

a0031363_1935156.jpg


 一休みして、今夜もまた竹芝のホテルインターコンティへ。
熱海の友人新婚さんがお店が終わってから出てらして、遅くの時間から夕食に招かれた。
幸せなカップルをみてるって本当に嬉しい!
真夜中まで食べて飲んで、帰宅は午前様、長い一日だった。

写真の整理をしていたが、疲れて寝込んでしまったわけで、、、、、、
a0031363_19401759.jpg

a0031363_19404136.jpg
  (グラスの向こうに正チャンの顔が)


More>>靖国神社の由緒
by pretty-bacchus | 2010-03-23 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

風騒ぎ開花宣言ときめきて
2010年3月22日 月曜日 晴れ

 八坂会の皆さんのお供で新橋演舞場で、水谷八重子さんの<三婆(さんばば)>を鑑賞。
お付き合いで忙中閑ありとなったが、素晴らしい新しい演出の三婆に笑ったり涙したり。

 昼の部だったので、その後、竹芝のホテルインターコンティ東京ベイに移り、
10人で遅いお昼をいただいた。
今回は奥様方もいらして和気藹々の会となった。
八重子さんもデザートの頃にジョインしてくださって、皆さんとてもお喜びで、、、
これぞコーディネーターの歓びでしょう、、、


a0031363_1955563.jpg

a0031363_1961956.jpg


 日のある内に帰宅、日没時間がどんどん遅くなっているようだ。
途中に開花宣言後の土手を歩いて、春の訪れをしっかり目とカメラにおさめて感謝の一日、、、、。
良いお休みだった、、、、。

a0031363_197344.jpg

a0031363_1973531.jpg

a0031363_197519.jpg


 黄砂降る時同じして風怒り

More>>><三婆(さんばば
by pretty-bacchus | 2010-03-22 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

暗闇で鉢悲鳴あげ春疾風
2010年3月21日 日曜日

 真夜中にご〜というすごい音がした。
風の音だった。
春の嵐風は西や南からなのかしら、、、
寝室の窓はひしいでいた、気になって起き出してリビングに出てみたら、
ベランダの鉢は悲鳴をあげていた。
真っ暗ななかに鉢が悲鳴をあげているようだった。

「爆弾低気圧」が日本列島を襲撃した春の嵐だったようだ。

 世の中の狂ってる様春疾風

 ベランダの鉢の悲鳴や春疾風

 中国での黄砂のニュースもあり、京都の友人の車のフロントガラスは黄砂で曇ってしまうのだそうだ、
季語では春の季語で、霾(つちふる)というのだそう。

 <黄砂降る時同じして風怒り>

 お墓参りは来週にしたので、とってもゆっくりして、
夕方に美容院でヘアーマニュキュアをして少し春のお洒落をした。
帰り道の桜は二輪三輪もう花を開いていた。
開花宣言があったのかしら?

業平ならずとも心騒ぐ頃となったのだ。
《世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし》

a0031363_2345145.jpg

(ISO3200で1/2秒でようやく捕らえて今日の初桜)

More>>>「爆弾低気圧」
by pretty-bacchus | 2010-03-21 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(4)