<   2010年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ベランダの花あざやかに菜種梅雨
2010年2月28日 日曜日 雨後曇り、晴れ

 今日も雨、、、梅雨みたいだと思った菜種梅雨という季語があるらしい。

ら南米<チリ大地震 死者300人以上に> のニュースに思わずグーグルアースを開いた。
マグニチュード(M)は8・8で、ハイチ地震の7・0より格段に大きいのだという。
一日中テレビでは津波情報がながれていた。
50年前のチリ大地震の時は日本まできた津波で数百人が亡くなっているのだという。

米ハワイに到達した津波は高さ1メートルに達したが大きな被害情報はなかった。
その後日本では床上浸水、船の大揺れ、アクアラインも西湘バイパスも九十九里道路も止まってしまった。
東京湾にも波状段波という津波が現れているのだという。
川にも津波が流れ込んだのだ。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00172658.html

 海って世界中が繋がっているのだ、、、、って、あたりまえのことに感動して、そして心配になった。
現地ではハイチより大きな被害がでなかったのは、建物によるそうで、いろいろ考えさせられた。

 日曜日で家でゆっくりと読書&ネット%家事三昧、、、。
ひどい雨の中を鳥たちは遊んでいたが寒くないのかしら?
少しピンク色になってきた新芽が雨に光ってダイアのように光っていた。

午後になって陽が出てきてベランダの花も色をましてきたようだ。
夕方に晴れてきてエンジェルが笛を吹き出した。

 日曜日の過ごし方が少し変わっていくような予感、、、
明日からはもう三月弥生だ。

a0031363_1434633.jpg  (太陽がないとこの花は元気がないようだ、、、)

a0031363_14361728.jpg  (雨に濡れながらも何かをねらっているのかしら?)

a0031363_14363790.jpg

a0031363_14372028.jpg (前日インターコンティネンタル東京ベイでいただいた真っ赤な薔薇が美しい)

a0031363_14472540.jpg

a0031363_14484430.jpg (1/40秒で雨が止まった、、、)
 <芽生え前ダイアモンドの氷雨かな>

a0031363_14494672.jpg

a0031363_14501189.jpg

a0031363_14503592.jpg  (午後遅くになって陽が出てきた、、)

a0031363_1451381.jpg

a0031363_14514465.jpg (外側の鉢には雨があたっていいたが、夕陽があたって、もう乾いてきたみたい、、、)

a0031363_14525889.jpg

a0031363_14531792.jpg  (夕陽があたってきてエンジェルが薄い緋色にそまってくると笛の音が聞こえるようだ)

a0031363_1452932.jpg (午前中に凛としていた薔薇は、夕陽を受けて開ききってしまったようだ、、、。
<花の命は短くて苦しきことのみ多かりき> 林芙美子詩)

by pretty-bacchus | 2010-02-28 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

ひよどりが雨に濡れて可愛そう、、、
2010年2月27日 土曜日 曇り後雨

 朝方に床についたのでお昼過ぎまで寝てしまった。
太陽のない暗い一日だった。
なんだかぐったりとしてぼっとして過ごしてしまった。

だんだん無理ができない年代に突入しているのだろうか、、、、

a0031363_21274632.jpg (借景の新芽はだんだん色づいてきた、、、雀がお遊びにきた、、、)

a0031363_21302648.jpg

a0031363_21311971.jpg  (枝から飛び移ってベランダのレンガにきて、キョロキョロ、、、)

a0031363_21314372.jpg  (何をねらっているのだろう、、、恐い〜〜〜)

a0031363_2132135.jpg  (よかった、、、あきらめたようだ、、、)


雨に濡れてしまって可愛そう、、、、

〜〜〜〜
コメント欄にて
<木の芽張る枝のひよどり雨に濡れ> 郁子句
by pretty-bacchus | 2010-02-27 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

真央ちゃん銀メタルおめでとう!
2010年2月26日 金曜日 曇り

 悔しさの涙と喜びの涙に、日本中が湧いた一日だったろう。
両方の涙は美しかったが、もっと美しかったのは表彰台で涙をこらえて、
嗚咽をこらえて心で涙していた浅田真央ちゃんだった。

 長かった4年間の成果が、4分で決まった一瞬をどんなに感じただろうと、
誰もがおもっていただろうが、戦い終えた直後の真央ちゃんにマイクを向けてそれを聞いた
インタビューアーの質問はむごかった。
嗚咽をこらえられなくなっている涙を拭く真生ちゃんといっしょに涙してしまった。

「鐘」が響いた。
ラフマニノフ作曲の前奏曲「鐘」の荘厳なメロディーが流れる中で浅田真央ちゃんは跳び滑り続けた。
直前の金妍児への歓声が続く中での出番はどんなにかプレッシャーになったことだろう。
19才の少女はそれをじっと耐えて滑り続けたのだ。

a0031363_21395757.jpg

a0031363_21402910.jpg
(新レンズでソファーにすわったままテレビをカシャッ、、、)

 金妍児が真ん中に立った表彰式で、真央ちゃんの顔からは表情が消えていた。
泣きたいけど涙は見せられないとじっと耐えていたに違いない。
表彰台の隣で歓喜の涙を流すライバルの晴れ姿は同じ<19才>であったが、
真央ちゃんが滑るときに時折見せたいやらしいほどのニヤッと笑うあの顔は嫌いだ。
韓国ではキム・ヨナくじがあるのだという。

 ミスのない演技をした金妍児を「本当に強い人」とたたえた真央ちゃんは、
これをバネに更に高みにチャレンジを続けるのだろう。
それが彼女に与えられた人生なのだろう。
そして「真央とヨナ」の時代はまだまだ続くのだろう。
笑顔の真央ちゃんが好きだ。いつの日かあの笑顔で表彰台を満たして欲しいものだ。

 今年のバンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子は、アジアの二人の少女のハイレベルの戦いと、
真央ちゃんの史上初の五輪での連続トリプルアクセルの成功と、キム・ヨナの世界歴代最高得点マーク
という新しい歴史を作った。

精一杯頑張った5位に入った安藤美姫ちゃんと、若々しい演技をした8位の鈴木明子ちゃんにも
大きな拍手をおくりたい。

 夜のニュースでは、年配のコメンテーター達も、<涙>に拍手を送っていた。
日本中が、この若者からいただいたワクワクどきどき感で、
ほろ苦さのある明るい話題に湧いた素敵な一日だった。

〜〜〜〜〜〜
 そのニュースを抱えて夕方からはMのオフィシャルミーティング?
結局、夕食を挟んで真夜中すぎまで続きました。

by pretty-bacchus | 2010-02-26 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

ケッキョケキョ初鶯の舌たらず
2010年2月25日 木曜日 晴れ

 前回のエニシダは、エニシダの仲間だったそうで、本物のエニシダは、鉢では姫エニシダとして
市場にでるのだそうだ。
GAEDENさかもとさんからのメルマガで見つけたので早速に三鉢お願いした。

なるほどよくみると花も葉っぱも違っている。
風の強くなったベランダで陽をあびて、もうすっかり我が家の花になっている。

黄色い花に鳥がさっときてさっといなくなってしまう。
ソファーで望遠をかまえて待った。メジロだ〜〜〜。
でも鳴き声は鶯みたいで、変な鳥だな、、、、、
あれ、、、うぐいすもいるようだ、、、

 夕方春一番が吹いてベランダの鉢がゆらゆらゆれている。
飛ばされないといいのだけれど、、、、

<春一番ベランダの鉢ゆさぶりて>
<ベランダの大鉢揺らし春一番>

a0031363_23353118.jpg
(数種間前についたのは偽エニシダ)
a0031363_2336060.jpg
(こちらが姫エニシダ、たしかに葉が違う、、、、)
a0031363_23363150.jpg


a0031363_2337864.jpg

a0031363_23374048.jpg

a0031363_23383785.jpg

a0031363_23385259.jpg
 (部屋の中の観音竹の間だからカーテンを通してベランダの黄色いエニシダが揺れている、、、、)
by pretty-bacchus | 2010-02-25 23:50 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)

>望遠で捉えし梅の香りかな
2010年2月24日 水曜日 晴れ

 朝から暖かい一日だった。
ぴーっぴぴぴ、、、、新しい鳥の声が聞こえていた。
ケッキョ、、、あらことによったら鶯もかしら?

 日の出の時間がだんだん早くなって、日の入りの時間はどんどん遅くなる。
東京 ( 2/24)
  日出 6時18分  日没 17時31分  昼 時間 11時13分
  月出 12時19分  月没 2時30分  正午月齢 10.0
・東京 ( 2/25)
  日出 6時16分  日没 17時32分  昼 時間 11時16分
  月出 13時29分  月没 3時24分  正午月齢 11.0
 
 U&Sさんが海外出張から一昨日帰国なさって、お話しをうかがいながら夕食。
小田原からの鰺と鯖のカルパッチョと浜名湖からのアサリのボンゴレビアンコが美味しく
彼らと舌鼓をうった。
若い世代のお仕事ぶりと新しいジャンルのビジネスの展開にはワクワクする。
今後がとっても楽しみだな、、、。

a0031363_14211840.jpg
(ベランダぎりぎりからコノテガシワの枝をかきわけてレンズを構えると望遠一杯の480mmで梅をとらえることができる。
レンズを通して香りがかおってきそうだ、、、、)

a0031363_14214051.jpg

a0031363_14225455.jpg  (あら、、何の芽かしら?)

a0031363_14232223.jpg
 (雀さんが花の周りで遊んでいる、、、チューリップの赤とエニシダの黄色がキレイ、、、)


More>>>元の句と添削後の句
by pretty-bacchus | 2010-02-24 14:28 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

春宵や新しき道手をつなぎ
2010年2月23日 火曜日 晴れ

 熱海の友人が婚約をした。
長い間一人でいた彼はとても優しいナイスガイ。
熱海でただ一軒のステーキハウスのオーナーシェフで、素敵なお客様と友人がたくさんいるのに、
50後半まで一人でいたのだ。
数年前に102才のお婆ちゃんが亡くなってから、ようやく自分の事を考え始めたのかもしれない。
おばあちゃまのお誕生日は私と同じ7月15日だった。

 水曜日がお店のお休みなので、今日の仕事を早くにきりあげて今夜遅くに東京に上京した。
西麻布の内儀屋さんで、お祝いの夕食会。
すてきな彼女は年が大分違うのだとかで、、、照れているお二人ははなんとも幸せそう。

 シャンパンで乾杯! おめでとうございます。
おかみさんが最後に花束をくださってはいポーズ!

a0031363_16402352.jpg



 外にでたらさりげなく手を繋いで歩き出した二人、、、いいないいな、
友人が愉しそうにして幸せなのって、なんとも嬉しいものだ。

 少し飲みたいない様子なので、車で移動して高田さんのTHE QUARTER HOUSEへ。
彼がつくってくれたカクテルは、<ハネムーン>
ベネディクト派修道院で作られた香草・薬草系リキュール、
そしてオレンジの皮をアルマニャックに漬けたオレンジ・キュラソーとすべてフランス産の銘酒で
構成されるフレンチ・テイストのカクテルなのだそうだが、今夜の高田流カクテル<ハネムーン>は、
カルバドス 2/4
ベネディクティン 1/4
レモン・ジュース 1/4
コワントロー 3ダッシュ

甘口だけれど、酸味とカルバのバランスがほどよい美味。
“新婚”だからこその味わいなのかしら、、、、これからは酸いも甘いも、
というフランス流のシャレなのかしら。
高田さんありがとうございました。

 今夜のホテルは両側に海が見えるインターコンティネンタル東京ベイのコーナースイートとのこと。
おめでとう!!
明日の朝日はきれですよ〜〜〜。

a0031363_16455125.jpg (1/3秒)

a0031363_16465134.jpg (1/4秒)

a0031363_16473091.jpg
  (薄くらいバーではISO3200でVRのレンズが生きて手持ちで、、、)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
More>>>内儀屋さん今週のメニュー

More>>>内儀屋さん今週のメニュー
by pretty-bacchus | 2010-02-23 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

ひよどりは花喰い鳥か春の午後
2010年2月22日 月曜日 晴れ

 午後,日のある内に一時帰宅。
あらら、、、ヒヨドリさんがベランダの柵で遊んでいる。
そ〜とカメラを構えてガラスのそばに近ずいた。
あ〜〜鉢に入ったり、、、え〜〜エニシダの花をつまんでいる、、、ダメですよ、ひよどりさん、、
敏感な鳥もさすがに部屋の中からのシャッター音は聞こえないようで、カシャカシャ、、、

a0031363_17233313.jpg
(夕日が輝きだした頃、、、手前の黄色いエニシダがどうして後方の色になっているのだろう?)

a0031363_17213411.jpg (あらこっちを気がついたのかしら、、、?)


a0031363_17265199.jpg  (キョロキョロと、、まわりを確認して、、、、)

a0031363_17273545.jpg

a0031363_17285462.jpg  (下のお花に見入ったと思ったら、、、、)

a0031363_17294976.jpg
 (突然に花に噛みついて、、、一花つまんで食べ始めました、、、)

a0031363_17235652.jpg
  (右のほうに移っていって、今度はパンジーを狙うのかしら、、、、ダメダメ、、と家の中で声を出しても聞こえませんよね、、、)
a0031363_1724266.jpg  (あ〜〜じっと見て狙っている〜〜〜)


 夕食は、大きなほうぼうの塩焼きと珍しい白のピノグリッジョでいただいた。
デザートは坂本屋さんの桜餅、、、。

a0031363_17304585.jpg

a0031363_1731855.jpg

a0031363_18135149.jpg

by pretty-bacchus | 2010-02-22 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

ハート揺れ天使の笛に春光り
2010年2月21日 日曜日 晴れ

 日曜日はカップルのヒヨドリさんが一日中遊んでいました。
私はというと、ベランダにも出ないでソファーに座ったままで、マックとカメラと読書とオリンピック。

午後に<デザイン&プリントスペース>に移行して数時間でIさんのレターヘッド創りを楽しみました。
いただいた写真を簡単なスキャンスナップでスキャンして、モノクロ化してイラストレーターに
貼り付けるだけの簡単なものでしたが、用紙の選択で悩みました。
おもしろい和紙があればよかったのですが使い切ってしまっていましたし、A4白ではおもしろくないし、
結局年賀状とヴァレンタインカードにつかったキャリアスメタル紙の変形で数十枚プリントして出来上がり。
プロではないのですからこんなものでしょう、、、。

a0031363_17573941.jpg

a0031363_19272252.jpg (
春の芽生えもはっきりしてきました、、)

a0031363_19274053.jpg

a0031363_1758761.jpg


a0031363_183574.jpg
(午後の一瞬に天井にハートの光が踊った。カーテンの隙間にハート型があったのだろうか、、、
それにしても汚い天井ですね〜〜25年の汚れですね、、、メインの天釣りも無くなってしまいましたし、、、嗚呼!)


 寺島しのぶさんが第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞に輝きましたね。
おめでとうございます。
左幸子さん、田中絹代さんに続き日本人では三人目で35年ぶりの快挙だそうです。
「キャタピラー」(監督若松孝二)は、江戸川乱歩の短編小説「芋虫」が原作で、
太平洋戦争中の農村が舞台の戦争の矛盾を描いたものだそうで、見てみたいです。

 寺島しのぶさんといえば、結婚間近といわれていた市川染五郎さんとの
突然の破局などの話題もありましたね、、。
その後映画で大胆なラブシーンについては、ご両親から猛反対を受け絶縁寸前まで追い込まれたたり、、、、
蜷川幸雄さんなどの作品で数多くの演劇賞を受賞していますね。

 DNAはピカイチ、歌舞伎役者の尾上菊五郎を父に、母は女優の富司純子。父方の祖父は尾上梅幸、
母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の尾上菊之助という演劇一家に
生を受けているのですから、、、、
最近の話題は、日本在住のフランス人アートディレクター、ローラン・グナシアと国際結婚[でした。
フランス人の友人も驚いていたカップルです。
二人の共通言語はシングリッシュ=心グリッシュ、とかで「心と心で伝わる英語」ということで、
新しいDNA創造となるのでしょうか。
楽しみです。

<'10.02.21 幸せです
本当に本当に嬉しいです>と
http://www.vacans.jp/dev/terashima/
寺島しのぶさんホームページで語っています。

http://www.asahi.com/culture/update/0221/TKY201002210001.html
a0031363_17555967.jpg


by pretty-bacchus | 2010-02-21 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

大好きなルッコラをいただきました。
2010年2月20日 土曜日 晴れ

 みずえさんからご丹誠のハーブ&お野菜が届いた。
ルッコラ、イタリアンパセリ、サニーレタスなど
全てお庭で、完全自然農法で作っていらっしゃるのだそう。
ルッコラ大好きなので、さっそくに自然のお味を満喫!
モナリザの里のエキストラヴァージンオイルでさらりと、、、、

いっしょにいただいた自然農法の【焼き芋】も美味しくて、
久しぶりに焼き芋を楽しんだ。子供の頃の落ち葉で焼いた焼き芋がなつかしい。

 きれいに洗ってある馬鈴薯も入っていて、その美味しかったこと!
ホテルオークラなどでも使われている≪三方原@浜松≫のものなのだそうです。

 箱の隅に小さな花が入っていた。
<彩りに添えました「匂い椿」、関西方面の珍しい部類の品種ですが、、、普通の椿に比べて可愛いので敬子様にお見せしたくて!>とあって、
さっそく花入れに入れた。
すでに二つの花がおちてしまっていたが、水の上に浮かべて儚いほどの香りを楽しもう、、、
嬉しくて可愛くて、、、、ありがとうございました。

 オリンピックの女子カーリングに思わず魅入ってしまった。
スポーツマンシップとフェアプレイの競技といわれている古くからの競技に、必死で戦う若い女性がりりしく眩しかった。

 雲一つ無い冬の空に三日月が輝き、冬の大三角が南の空に現れた頃に少しお散歩、
だんだん元気になるようで、,,嬉しいな。

a0031363_23115667.jpg

a0031363_23121896.jpg(花入れは京焼の西村徳泉さんにいただいたもの)


by pretty-bacchus | 2010-02-20 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)

春の宵は新装なった「金村」で桜鍋
2010年2月19日 金曜日 晴れ

<浅草の暖簾守られ桜鍋> 郁子句

 体調が戻ってきていてよかった。
今夜は豊??さんに招かれていた。
吉原の大門近くに最後まで残ったお茶屋&料亭「金村」は、昨年人の手に渡ったが、
見事に甦って、「桜なべ中江別館 金村」として昨年末オープンしたのだ。
<「吉原最後の料亭」と「吉原に唯一残った明治創業の蹴飛ばし屋」がひとつになったのが
「桜なべ中江別館 金村」なのです>とホームぺージにある。

 このかげには、豊??さんの大きなご尽力があったのは知る人ぞ知る。
なんとか内部に残った雰囲気を記録しておきたいとのことで、素人写真でもということで
一昨年来撮影のお手伝いをさせていただいていた。

http://keico.exblog.jp/7594199
神田淡路町界隈と浅草吉原の最期のお茶屋さん 2008年10月21日 火曜日

http://keico.exblog.jp/8488357/
浅草吉原に残る最期のお茶屋&料亭「金村」を再訪 2009年6月23日 火曜日 晴れ 暑い一日

 金村の建築は昭和三十三年で、建築家吉田五十八かその一番弟子によるもので、
彩色豊かな10枚ほどの設計図の絵図の表紙は、ガラス作家で重要無形文化財保持者の
岩田藤七さんが賛辞を書いている。
“本来なら、文化庁とか東京都とかがこういう建物の保存をしてくれると良いのだが、、、。
とおっしゃっていたのだが、こうして黒塀の新しいお店として、東京に残ったのには感無量!

この建物が残ったのには、お父上の古き良き時代から引き継いだ人間関係を重んじて、
この旧金村の女将を助けてきた一人の日本男児がいらしたのだ。
市井に生きる一人の男性、豊??さんのご尽力があってのことで、その心意気に拍手を送っていたのだ。

 豊??さんには、東京に残った芸事や食道をいろいろご案内いただいている。
http://keico.exblog.jp/7123842/
浅草神社の浅草三社祭と浅草見番での「くみ踊り」2008年5月18日 日曜日 晴れ
では、地元の方々が祭りとして楽しんでいる、町内御神輿やお祭りや、
浅草見番(けんばん)で行われる奉納舞踊の「くみ踊り」をみせていただいた。

 神田の藪蕎麦のお隣の、割烹萬代さんのランチで鯛茶漬けのあと、竹むらで粟ぜんざいを
いただいたりすると、なんだかそれだけでレトロな感じでほっこりとしてしまうのだ。
ご案内いただくのは、古いたたずまいのお店だったり、食べ物やさんだけでなく建物そのものだったり、
芸だったりで、神田に本社があるこの御仁は、生きることに情熱と愛がある。
78才とは思えぬ若さでお仕事も余暇もお食事も楽しんでいられるのだから、ほんとにすごい。
週末はゴルフかテニスと、若者顔負けの方。
お話しも得も言われぬ粋とペーソスに富み、その博学にもいつも魅了されている。
未だにその読書量もお見事で人生の師匠として尊敬の方。
年齢から言うと、モトヤマさんやスイタ御仁よりかなりお若いのだが、、、。

 最後の吉原芸者といわえる90才現役のみな子お姐さんが粋な芸の師匠格で、
昨夜もごいっしょなさってらした。
「芸は売っても身は売らぬ」を貫き通したというこの美女!は、お元気で、
いつものように日本酒をぐいぐい、、、一番強い。
ず〜〜と若い私は、もう、、、ついていけません〜〜〜、、、、。

http://keico.exblog.jp/8616496
みな子お姐さんの「華より花」の出版お祝い=前章 2009年7月10日 金曜日 曇り
(more>>にこの日のみな子お姐さんのお三味線の演奏のYouTubeをアップ)

 桜鍋のコースをいただいたのは始めてだ。
フランスでタルタルステーキは馬肉で、何度か食したことがあったくらい。
日本では子供の頃に父に連れて行ってもらった記憶がある。
これがなかなか美味で、そのうえコラーゲンと善玉コレステロールといわれて、結局全員最後まで完食!
http://www.sakuranabe.com/kanemura/menu.html
お品書き

 中江のご主人もいらしてくださり、「吉原最後の料亭」と「吉原に唯一残った桜鍋屋」の
吉原食文化が残ったことをとても喜んでいらした。

 春の宵はこうして過ぎていきました。
みな子お姐さんの年までは、まだ四半世紀もあるのですから、私も頑張らなければいけませんね、、、と、
ヒヒ〜〜〜ン!

(なんと豊??御仁は、翌日はゴルフでその次の日はテニスのご予定とのこと、、お若い!)

a0031363_148173.jpg


a0031363_1484644.jpg (みな子おねえさんと、鼓の二三松さんと豊??さんで記念写真。
豊??さんの今日のネクタイは、桜色のエルメスで、馬の柄!
馬肉の桜なべ屋さんのお食事にあわせていらっしゃるとは、なんともお洒落ですね〜〜〜)

a0031363_1492238.jpg (89才とはどうしても思えぬお元気さと姿勢!)


a0031363_1494100.jpg


a0031363_1410266.jpg  (オードブル=先付け)

a0031363_1411097.jpg

a0031363_14113438.jpg

a0031363_14115738.jpg

a0031363_14122118.jpg (お鍋のお味は味噌仕立て)

a0031363_14124759.jpg  (四代目の中江のご主人)

a0031363_1413511.jpg  (大広間で次の会の相談を、、、みな子おねえさんの三味線と歌と、二三松さんの二つ堤で、、、)


==============

 グーグルの検索で、金村 吉原 と検索すると、トップページの一番に、東京浅草ドットコムで、
http://www.tokyo-asakusa.com/
東京あさくさどっとこむ
次は私のブログの、2009年6月23日 ... 吉原に残る最期のお茶屋&料亭「金村」でした。
私のブログが紹介されクリックで飛んでいくようになっていて、。
http://www.tokyo-asakusa.com/news/1543

もうとってもおどろきました。

a0031363_1826137.jpg


http://keico.exblog.jp/8488357/
改築前の金村

More>>>>みな子おねえさんの三味線
by pretty-bacchus | 2010-02-19 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(10)