<   2010年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ウェブ時代の新しい友との交流
2010年1月31日 日曜日 晴れ

 ちょっと体調がいまいちで、ゆっくりしてしまった。
日仏会館での青山さんの写真展が終わった。とっても盛況だったようで嬉しい。
三週間強という期間はいさかか長くて大変だったろうと思うが、10年ぶりの写真展ということで、
沢山の方がいらしてくださったそう、、、。
中には前の職場の方も、25年も前のご友人もいらしてなつかしい話に華が咲いたよう、、、。

http://keico.exblog.jp/9607274/
<オーヴェルニュ への旅 >〜ロマネスクの教会と中世の祭りをたずねて〜2010年1月7日 その一

 先週末は詩人俳人の真鍋郁子さんがいらしてくださった、、、
私のブログをご覧になってとのことで、鍵コメントをいただいた。ありがとうございました。
嬉しいご縁でとっても嬉しい、、、
ロマネスクの写真の前ににこやかに立つ郁子さんの写真が青山さんからも送られてきた。
とても素敵な女性! 
芳名簿には、“ロマネスクに会えて幸せでした”と、そしてそのあとに私への伝言が書かれていた。
毎日このブログをご覧いただいているようで、嬉しいやら恥ずかしいやら、、、
ときどき五七五で俳句もどきを題にしていたので、なんとも恥ずかしい〜〜〜

RSSでお邪魔している桜井道子さんのブログの「写俳」に、
郁子さんは句を投稿なさっていらっしゃる。
この「写俳」は、季節の美しい写真に、それにあった俳句が書かれていて素晴らしいブログで、
毎回感心してみせていただいている。
http://shahai.exblog.jp/
「写俳日記 写真と俳句のいい関係」

郁子さんの句がたくさんある。

 郁子さんが私のブログのコメント欄に鍵コメで句をくださった。
ブログに載せた一輪の紅い薔薇と私の若い頃の写真をご覧になり、

薔薇の芽や君の若き日偲びをり  郁子
<敬子様の若き日のフォトへ寄せました一句として初メールのご挨拶までに、
すぐ浮かんでまいりました。
唯今は大輪の薔薇の精におなりなので、若き日の季語は「薔薇の芽」と致しました>
と。
俳人は凄い!

 その後のメールで、郁子さんは、イタリア・フランスにも何度もいらしてらして特に
ロマネスクの教会や修道院に心惹かれていらっしゃり、僧院の回廊がお好きとのこと、、、。
今回の青山さんの写真展でのオーヴェルニュの46枚の写真のほとんどを訪ねていらっしゃるようで、、、
その上、
朝日サンツアーでも旅をなさっていらしゃるようで、
どこかでニアミスをしている方かもしれませんね、、、
ウェブ時代の新しい交友の妙を楽しく思ってしまいます、、、、

 日々のスナップがこうして、ネットの世界でまったく未知の方に届く時代の、
心のふれあいに新しい希望がわいてきた。

寒風の 薔薇のつぼみに 夢たくし  酔敬

<俳句は言いおおせず、想像の余地のある方がいいので>と郁子さんがおっしゃってましたので、
これでは俳句にならないのでしょうね、、、

 夕陽がカーテンを赤く染めて、、、、
カレンダーの仏像が微笑んでいました。
良い日曜日となりました。

a0031363_1324593.jpg

a0031363_23174097.jpg

by pretty-bacchus | 2010-01-31 23:59 | ◉PhotoExpo展東京'10青山さん | Trackback | Comments(8)

満月に 赤い火星も 足踏みをしている
2010年1月30日 土曜日 晴れ

 今月は満月が二度ある。
1日と30日。
 京 ( 1/30)
  日出 6時43分  日没 17時 6分  昼 時間 10時24分
  月出 17時12分  月没 6時23分  正午月齢 14.8
 ・東京 ( 1/31)
  日出 6時42分  日没 17時 7分  昼 時間 10時25分
  月出 18時28分  月没 7時 2分  正午月齢 15.8

 そしてここ数日は二年に一度、月の横に赤い火星が見えるという。
久しぶりに三脚を広げて、月を撮ってみようかしらん、、、、、と思っていたのに、、
結局、昨夜の満月は撮れなかった。
屋上に朝方上がればきっと西に落ちる大きな月をみられるのに、それもしないで、
朝のテレビをつけたら、あらTV画面に、、、、大きな月が、、、。

 自分の横着を恥じ入っている週末、、、
ああ、なにもかもめんどくさい、、、なんでこう腹が立つの、、、
なんだか集中力が落ちている、、、、。
結局まとまったことが出来なくて夜になった。

 ああ、なにもかもめんどくさい、、、なんでこう腹が立つの、、、
なにもかもがめんどうだ、、、
本を読んでも、マックで遊んでも、ベランダの花とお話ししても、枯れ木に飛び交う鳥をみても、
、、なんだか心が晴れない一日だった。

 火星と月が、すぐ近くにある。
宇宙ってすばらしい!
でも、私は宇宙の隅っこで、少しスランプ、、、とってもメランコリック、そしてなんだか、
なにもかもがめんどうくさい、、、、。
でも、今夜こそ赤い大きな月を撮ってみよう、、、、

 突然つけっぱなしにしていたテレビから歌が聞こえた、、、
“なにもかもめんどくさい、、、… どうしたらこんな自分変えられる...

ど〜〜どうしたの?
突然洋服をなぐりとり、金色の水着のような姿になって歌いはじめた女性、、、迫力のあるヴォーカルと踊り、、、
私はこのジャンルのシンガーをよくしらない。
画面の片隅に小さくCrystal Kayとあった。
「クリスタルケイ十周年ライブ、で、よく知られた若い女性歌手だと後でわかった。
曲は、Over and Overというらしい、、、

 なんだか急に力が抜けた、、、
テレビのこっちとテレビの向こう、、、で、考えていることが同じでなんだかバッカみたい、、、、

 やがて真夜中過ぎにBSで始まった岡田 茉莉子主演、「鏡の女たち」をまた偶然観た。
広島原爆とその原爆被害者の女性という永遠のテーマの重い映画だった。
監督らしい少し暗い重い映画、、、でも少し静かでエキセントリックなピアノ音楽と
陰影礼賛が美しい映画だった。
企画&監督は吉田喜重。(どうして、フランス国立映画センターなの?)

ねずみ色の海とモダンになった原爆ドーム。
白黒調の白い障子が血の色の錆朱の赤に映えていた。“女の血の色よと主演の老女、
白い障子にうつる幼子の陰に“ふとあらわれて、ふときえてしまう神様、、、と。
重いピアノ曲、、、、、、
真っ白な数秒のエンディグ画面と割れた鏡、、、
鏡の中に映る自分を観ている虚無感を描きたかったのだろう、、、か。
田中好子、室田秀日出男の演技も光っていた。

 真夜中にいつもとは違うパターンでBS映画を観て、
賜った命と生きていることの意味を考えながら涙がとまらなかった。

a0031363_4114540.jpg

(ひどいものだ、手持ちで天空をカシャッとしたって何も写りはしないのに、、、、)


a0031363_5413836.jpg  (ピンクのポインセチアの最盛期が終わったようだ。
落ちた花びらを,一足早いおひな様のお皿に水を張り最後の姿、、、。
一鉢はベランダの台に移してもう少し楽しめるだろう、、、)


More>>>over and over
by pretty-bacchus | 2010-01-30 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

夕陽って時には悲しい、、、
2010年1月29日 金曜日 晴れ

 カーテンが真っ赤に燃えた。
ガラス戸をあけてベランダごしにみたら、遠くに夕陽が沈むときだった。
バリアングル液晶モニターは便利だ。強い夕陽を肉眼でみなくてもだいじょうぶ、数枚カシャカシャ、、、

 思い切って屋上に昇ろう、、、、カメラを首にかけて玄関で電話がなった。
S子さんからお電話をいただいた。
若いお二人のお誘いで麻布のお店にジョインした。
若いって素敵だ!

a0031363_5372736.jpg

a0031363_5374833.jpg


a0031363_538387.jpg

a0031363_5383853.jpg

by pretty-bacchus | 2010-01-29 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

アップルのスティーブジョブズ氏の講演を聴いています
2010年1月28日 木曜日 曇り後雨

 T先生にM先生をお引き合わせする夕食が終わって帰宅。
Kさんと私は、若さを保ち老化を抑えるサーチュイン神経細胞のことなど先生のうかがったり、
ポリフェノールのなかのレスベラトロールは体にいいの、、、と赤ワインを沢山いただいて、、、
満月に近い月の左側に、赤い火星が輝いていて、、、カシャッと。
(撮れていたら明日アップしましょう、、、)

 もう、、わくわくしながらメールをチェック、入ってましたAppleからのメールが。
早速つぎつぎとネットサーフィン。
今、スティーブジョブズ氏の講演を聴いています。

a0031363_6222272.jpg

a0031363_6225395.jpg


 出ましたね〜〜〜Appleから新しいニュースが!
恒例の1月のサンフランシスコのアップルのイヴェントで、スティーブジョブズは、またもややりました。
新しいiPadの発表でした。

 Steve Jobs Says Apple Tablet “Will Be The Most Important Thing I’ve Ever Done.”
「これは、私が手がけたなかでもっとも重要なものになる。」と彼が数日前に言っていたと
報道されたとおりでした、、、、

 開場の大きな拍手で迎えられた彼は、前回より少し太っていました。よかった、、、
いつもの黒のシャツにジーンズ。
最初からスタンディングオベーションがやまない開場で、彼は、thank you for coming today,,,,
Thank you を繰り返しました。 オーフル! と笑顔で少しはにかみをうかべて話し始めた。

 まずは、iPod とiPhoneの世界戦略の結果を発表し、
最初の歴史の1976の若い時の彼が画面に写されました。なつかしい〜〜〜
1991のラップトップ、これもまだ手元にありあす。(1987年のPlusもまだ手元に!)

 iPodとiPhoneの営業結果を発表して、から
いよいよ
“スマートフォンとラップトップの間に位置するもの、、、、、
メール、写真、ビデオ、音楽、ゲーム、読書などなど、
それこそNetbook,いやいや、、、安いし性能が弱いし、、、そんなものではありません。
“We call it iPad!”
大きな拍手。9分後には,彼は現物を取り出しました。

a0031363_6342484.jpg

a0031363_635634.jpg

a0031363_6353117.jpg


 12分25秒後、ソファーに座って、いかにもリラックスした感じで、自らの“芸術作品”を説明しはじめました。
まずニューヨークタイムスを読み始めました。
今までは、90分をずっと立ちっぱなしで話していましたから、これは初めてのことですが、
新しい演出と病後の彼の疲れがでないようにということなのでしょう。

 iPhoneと同じでピンチしながら、縦にも横にもなる、大きくも小さくもなる、、、
新聞のあとは、メール、写真、風景はフリックして見る、音楽はiPodから、、、
TVも映画もエトセトラエトセトラ、、、、
(でもキーボードはちょっと使いにくそう、、、)<< (後で別のハードがあることが判明。)
カレンダー、アドレスブック、マップ、え? どうしてパリの写真と地図なの? 
あ、、サンフランシスコでsushiと入力、、、グーグルストリートに寿司やが出てきた〜〜〜!
YouTube, o~~テレビ番組が、、、

 ハードウェアーを説明しましょう、、、と。
“薄くて、ゴージャスでスーパーハイクオリティーで、、、スーパープレサイスで、、。
Wifi,ブルーツース、そして、、、、バッテリーは10時間で、、、、、また大きな拍手、
“サンフランシスコから東京まで大丈夫、、、と。

 では次にソフトウェアーを、、、とここで、選手交代。
彼は30分を精力的に話しました。
でも、往時より声が少し、心なしか、力がないような気がしました。

http://events.apple.com.edgesuite.net/1001q3f8hhr/event/index.html
http://events.apple.com.edgesuite.net/1001q3f8hhr/event/index.html

 驚いたことに、日経の夕刊のトップに記事がでました。三面にもさらに大きく!
(ウィンドーズ派の日経BPがいやになって辞めてしまった友人は、今頃驚いていることでしょう)

<アップル、電子書籍参入><雑誌大の新端末「i Pad」>
現物をもったアップルのCEOのスティーブ・ジョブズがにこやかに!
(MacBookProでQuick Timeで彼のスピーチを聴きながら、新聞をカシャッ)

a0031363_6392244.jpg  (日経の一面に記事がでたのです!)


 680グラム、9.7 型でLEDを使ったタッチパネル画面で、iPhoneのように画面でピンチが出来るのですって。
発売は3月だそうですので、アップルのホームページから早速、今後の連絡を受け取るの
メールをうってしまいました。

さあ、もう一度彼の元気が姿をみてみましょう、、、ああ、今夜は寝られそうもありません〜〜〜〜〜。

 その後、何人もの方が新しいソフトを紹介、
Brushesという新しいペイントソフトもおもしろそ〜〜!
まだまだつづいています、、、、、、

 a0031363_637398.jpg

あら、またジョブズさんがでてらっしゃいました。(50分頃)
そして、ブックストアーの説明、、、、大きな拍手!
読書の頁をめくるのは本を読んでいるそのままにめくれる、、、

“onlinebookstore,openbookformat in the world.

 iWork(56分後)これは、Senior VPに説明を託しました。
キーノートとページス、、、e~~?これで写真やスライドプレゼンテーションがこんなに簡単に
タップしながら出来るとしたら、会議の世界が一変してしまうかもしれない、、、
ソフトは、9.99でApp storeから購入。

GSM micro SIMs?a0031363_638454.jpg14.99ドル250メガってどういうこと、、、?
AT&T
e~~~?
a0031363_6384134.jpg



再度ジョブズ氏登場。
Wifi,+ 3G Usb,さて、最後にこの値段はと、彼、999ドルの映像のあとで、




“多くの人に使って欲しいから、、、と、なんと499ドル!から829ドルまで。90日以内に、、、
開場からは大きな拍手!


 アクセサリーは、写真立て、キーボードドッグ、ナイスケース、
これで終わりと思ったら、1.29分に再度jobz登場。拍手!
さて、もとに戻りましょう、、、と。
iTuneStore AppStore ,iBookStoreは
125millionのクレディットカードの購入者記録があり、12ビリオンプロダクト、、、
すごい数字です。

最後に、サマリーアップとして、
マジカル アンど レヴォリューショナル デヴァイス !

全部を見るのは明日にしようと思っていたのに、1時間32分40秒をあっというまに見てしまいました。

 しかし、さてさて、このiPadは、私にとってどこに位置するのか? 
よくよく考えなければならなりません、、、、
しかし、<私が手がけたなかでもっとも重要なものになる>と彼がいうのですから、ジョブズ狂、
いやジョブズ教としてはほってはおけないでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/9045263

雨の銀座はアップルストアー銀座へ 2009年9月30日 水曜日 雨


http://keico.exblog.jp/8940540
スティーブジョブズ氏が出てきた!

http://keico.exblog.jp/7866207
嗚呼無情 落ち行く夕日 畏怖重ね2009年1月27日 火曜日

母の言葉とスティーブジョブス氏のスピーチに励まされて
2008年7月8日 火曜日 


http://keico.exblog.jp/7287487

2008年7月13日 日曜日 晴れ
by pretty-bacchus | 2010-01-28 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(10)

test trackback
テスト
by pretty-bacchus | 2010-01-27 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback(1) | Comments(0)

突然にNikon Capture NX2の講習会へ
2010年1月26日 火曜日 晴れ

 どうも、いやはや困ったものだ、、、。
超多忙な時にどういうわけか突然思いもよらぬ事をしてしまうことがよくある。
まったく急に今日の午後から夕方まで、新宿にニコンサロンで過ごしてしまったのだ。

 昨夜真夜中になんとなくニコンのホームページを見た。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/software/capturenx2/index.htm
http://www.nikon-image.com/jpn/enjoy/phototech/capturenx2/index.htm

Nikonのソフトの頁へ飛んでみたら、去年できた「ニコン カレッジ」の中で
(写真教室をカレッジというのはどうかと思っていたが、、、)、今日のCapture NX 2 の授業に空きがある。
<お一人1台のパソコン(WindowsXP)を使って、デジタル画像処理を学ぶ講座です。
入門と応用の2コースをご用意しました。 入門:キャプチャーNXを初めて使う方向けで、
クイックフィックスなどの機能を使って、簡単な画像処理を学びます。
応用:入門修了レベルの方向けで、高度な機能を使って、自分のイメージに合わせた画像処理を学びます>

去年のニコンサロン銀座での講義はまったくダメで、もう少し上手な経験者の話を聞きたいとは思っていた。

 青山さんの写真展で、彼は10年前のポジを友人にスキャンしてもらって、後はフォトショップで
当時の記憶の色にしていったようだ。プリントはエプソンで色をいろいろ試行錯誤したようだ。
小さい試刷りをみせていただいたが、PX5600になる前のPM-PX4000でA3ノビにした作品は
それぞれ見事にプリントされていた。

一昨年の私の写真展の時は、彼の友人のプロラボにお願いしたが、かなりの費用がかかってしまって、
次回の写真展は、私も最後まで自分でしてみようと思い立っていたところ、、、。
フォトショップCSの方が慣れているし、でもそれもトーンカーブとスマートシャープを時々使っているだけ、、、

 それにしてみマニュアルを読めば理解し、つかえるソフトの2時間の講義にまた4000円は高いと思ったが、
WEBからの申し込みというのがあってふとクリック>>すぐにネットで受講依頼してしまった。吉と出るか凶と出るか?
今年になっておみくじはまだ引いていないのでので、まあいいか、、、。
担当講師が、プロ・アマチュア写真家に対しカメラ・ソフトウエア等のテクニカルサポートを担当している
畑和宏さんでもあるし、、、。

 ニコンの現像ソフトのNikon Capture NX2を使うようになって数年になるが、
今一使いこなしていないような気がしていた。
最初にアドビの講習会で、写真家の望月宏信氏がほんの数分、新しい機種で撮った海外のホテルの写真を
コントロールポイントで調整したテクニックを得意そうに話していたのが最初の出会い、
http://keico.exblog.jp/7166848
アドビ&玄光社「デジタルフォト & デザインセミナー 2008、2008年5月31日 土曜日 氷雨

その後photobraさんにも勧められて彼の桜のレタッチが素晴らしかったので、NXからNX2へバージョンアップした。
去年の6月にニコンサロンの銀座での授業ががっかりしたのだが、その折りに
“詳しくは、4000円支払って、ニコンカレッジへどうぞ”といわれていたので思い出した。

http://keico.exblog.jp/8373079
日曜日の過ごし方って?
2009年6月7日 日曜日 晴れ


 今日の生徒は9名で中年女性が三名。
一人一台のPCだがウィンドーズ。でも昔々一時パリでつかったことがあるから操作はわかる。
十数頁のプリントはマニュアルにあるものが多かったが、それ以外の説明はいろいろ参考になった。
ポートレートや夕陽の時のホワイトバランスの妙、「-」の「選択コントロールポイント」のこと、
JPEGではなくて、NEFで保存することの優位性、キャッシュをうまく削る方法などなど、、、、
実際にご自分でつかってらしているから、その微妙なお話しはいろいろ参考になった。
エプソンのプリンターとの調整も参考になった。

14時半から二時間の予定はすぐにすぎたが、先生も生徒も一生懸命で、30分はすぐに超過、
その後の質問も丁寧に答えてくださり、終わったのは5時半をまわっていた。

 夜の新宿の光をエルタワーの28階からすこし眺めての一時、、、。
突然の予定変更で午後に会う方とは夜にしていただいていたのでお蕎麦をご一緒しながら、今年の予定を組んだ。
なんだか忙しくなりそうな予感、、、、まあ私のできるお手伝いはしよう、、、と心に決めた夜はふけて、、、、。

=============

bernardbuffetへ、
フランク・ロイド・ライトの当時の壁は。帝国ホテル正面玄関を入って、ロビー左の一段下がった
広いコーヒーラウンジの左正面の壁として残っています。
少しカメラブレをしていますがのせておきますね、、、

a0031363_4534098.jpg

a0031363_19175787.jpg(モケットの向こうに、なつかしいカラーレンガの壁とロビーが拡がる)

a0031363_1955114.jpg
1923年フランク・ロイド・ライトの設計の
鷲が翼を広げたような巨大なホテルは、1967年に閉鎖され、多くの人々が惜しまれながらも取り壊された。   

〜〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_58147.jpg
 今日のエンジェル
この外の台には何の鉢を置こうかしら、、、、
by pretty-bacchus | 2010-01-26 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback(1) | Comments(6)

春になる前にうとうとうと、、、、と春眠です
2010年1月25日 月曜日 晴れ

 今週はi-calに予定がびっしり。
帰宅して、、、うとうとしながら、ブログを書き始めて、またうとうと、、、、
そのままバタンキュウでした。
 
 今日は
■左遷の日と天神様の縁日なのですって、、、
(more>>>に、今日の「暦」)

  こちふかば にほひおこせよ 梅の花
  あるじなしとて 春なわすれそ

菅原道真

a0031363_17385845.jpg


More>>>「暦」さんより
by pretty-bacchus | 2010-01-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(5)

日没が5時以降になりました、、、春よこいはやくこい、、、
2010年1月24日 日曜日 晴れ 寒い

a0031363_2495460.jpg
(枯れて切った三本の花の隣からまた花芽がでてきたブルーのヒヤシンスが春の日に輝いています!)

 日没が少しづつ遅くなって、もう17時になった。
もちろん日の出も早くなる、、、、、は〜るよこい、、はやくこい〜〜〜

春よ来い 早く来い
  あるきはじめた みいちゃんが
  赤い鼻緒(はなお)の じょじょはいて
  おんもへ出たいと 待っている

 ・東京 ( 1/24)
  日出 6時46分  日没 17時 0分  昼 時間 10時14分

 昨日のブログでコメントやメールを沢山いただいて目がウルウル、ありがとうございました。

 そして、more>>に乗せた「カサブランカ」映画の最後に飛び立つ飛行機にあったロゴマークでも
メールをいただきました。

後ほど詳しく書いてみたいです。

〜〜〜〜〜〜〜

BGMは、辻井伸行さんの自作の「川のささやき」
おとうさんとの散歩の時、神田川の流れを聞いて、つりました、、、と弾きはじめて、、
終わりには、
深々と四方に頭を下げたあと退場した。

なんと美しい姿であろう!
by pretty-bacchus | 2010-01-24 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback(1) | Comments(6)

帝国ホテルの歴史とともに、若い頃を思い出して、、、
2010年1月23日 土曜日 晴れ

 昨日の帝国ホテルのロビーの帝国ホテル開業120周年の写真とモケットの展示は、すばらしかった。
http://www.imperialhotel.co.jp/j/
帝国ホテル
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo
帝国ホテル東京

 120年前と言うことは1890年明治23年。少し検索で遊んでみた。
1887年に設立された有限責任東京ホテル会社が、欧化政策の一環として外国人への接遇も可能なグランドホテル
「帝国ホテル」として1890年オープン。
それ以前の外国使節団を接遇する施設は鹿鳴館だけだったのですって、、、
渋沢栄一、井上馨が、大倉喜八郎らが発起人となって、明治23年11月3日、東京日比谷の鹿鳴館の隣に
有限責任会社帝国ホテルを設立し、国賓の宿泊に対応するホテルとして建設にいたったのだという。

a0031363_1955114.jpg1923年フランク・ロイド・ライトの設計の
鷲が翼を広げたような巨大なホテルは、1967年に閉鎖され、多くの人々が惜しまれながらも取り壊された。   
(往時の正面からみた玄関と池) 
この正面玄関の一部が明治村に移行されて残っているという。

(子供の頃に父に連れられて何度か訪れたことがある、、、。)

戦後は連合軍の宿舎として接収されたりした。小佐野賢治が帝国ホテルの筆頭株主だったこともある。

 犬丸徹三氏から犬丸一郎が社長を引き継いだ頃、モダンな奥様と何度かパリにいらして
お目に過カットのを覚えている。

a0031363_19175787.jpg(モケットの向こうに、なつかしいカラーレンガの壁とロビーが拡がる)

a0031363_19182872.jpg(昔の写真越しにエントランス外の垣根が見える、、、、)

a0031363_1919219.jpg(現在のロビー)

a0031363_19201858.jpg(指揮者のシャリアピンが宿泊した折りの逸話。)


a0031363_1921192.jpg(ツエッペリン号の機内食は帝国ホテルによって用意されたのだという話が語られていた。

(フェルディナント・アドルフ・ハインリッヒ・アウグスト・フォン・ツェッペリン伯爵)





(日本初の機内食メニューを作った料理人のひらめき)


 1929年昭和4年8月19日午後7時40分、ドイツの飛行船ツェッペリン伯号が世界一周の途中に、
65名の乗員を乗せて、霞ケ浦の海軍航空隊に着陸した。
この世界最大の飛行船は全長235.5m、直径30.5mという巨大なもの。最高速度は時速130kmにも及び、
時速100kmでの巡航が可能。
滞在したのは4日間、東京から臨時便の列車も出て、自転車やリヤカー・徒歩で見物に訪れた人の数は30万人に及んだという。

 母が話してくれたことがあった。
翌日の新聞紙面を飾り『ツェッペリンを見たか』が合い言葉になったのだとか、、、。
今考えると母が小学校の頃で、世界一周の飛行機はきっと印象に残ったのだろう。
(明日電話で聞いてみよう)
私が社会に出てから、何度も母を連れてヨーロッパの国を旅した。
父も連れて行きたかったのに、いつも、“お母さんを、と優先してくれたのだ。
フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、、、、母はとても喜んでくれた。

〜〜〜〜〜〜

 私と帝国ホテルの思い出は、パリの駐在員から帰って後しばらくの間、ワンブロック日比谷よりの三井ビルに
あったエールフランスの事務所で仕事をした。
一階はガラス張りのモダンなティケッティングカウンターで、二階に支社長室、営業、予約課があった。
その後本社は赤坂に移り、さらに青山に移ったが、いつごろまで日比谷にあったのだろうか覚えていない。

〜〜〜〜〜
 そうだ、いつもハンドバックの底に入っている数枚の写真はその頃のだろう、、、
1979年6月の写真が数枚あった。
ソファー脇においてある、スキャンスナップで即スキャン。
名刺や雑誌や新聞だけでなく、昔の写真をスキャンして楽しむにはこれで充分だ。
i-photoにおちる写真は、べったりとした感じで少し暗くなるが、フォトショップで少しトーンカーブをあげると
まあ見られるようになる。
(ポジやネガを探し出してスキャンにだるのはとうてい無理だが、プリントが残っている写真はたまには
こうしてデータで残しておくと楽しいかもしれない、、)
http://keico.exblog.jp/9582688
雑誌と名刺の整理は(スキャンスナップ)で、、、2010年1月5日 

 スキャンしたら、裏に黄色のマーカーで薄く書いてあった文字もはっきりと読めた。
jun1979 お昼休みに、とあった。(三十代中頃だ〜〜〜、若い!)
この年の1979.7.15誕生日に大きな手術を受けたから、その少し前なのだろう。
お昼休みや仕事の後には、ホテル内のレストランやカフェにもよくいったものだ。
a0031363_1938294.jpg

a0031363_1938544.jpg

a0031363_19392315.jpg
 同じく1979年のエールフランス25周年のパーティーで。
私は入社14目かな?
記念に自分でデザインした着物を着たのだ、、、、帯は肩の色にあわせて金が入った深緑の綴れ。
ずいぶんと大胆な絵付けなことか、、、若いとはイイものだ!

あら、手に持っているバックはエルメスのクロコの黒いパーティーバック、、、、こんなのがあったのだ〜〜)

a0031363_19394618.jpg  

(バックに入っていたもう一枚は、多分パリ駐在員の最後の頃で1970年代はじめかな? パンツルックの初めの時代に白いコート、首にはエルメスのスカーフをしている、、、、うっふふ、、)


 辛かったことも苦しかったことも悲しかったことも、今となっては、それは人生という旅のよき思い出、、、、
楽しかったことも嬉しかったことも、熱い思いを語られたときのトキメキも、それはもっと素敵な人生の思い出、、
<生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく> なのにちがいない、、、、

 帝国ホテルの歴史に浸っていたら、自分の若い頃の思い出が蘇ってきてしまった。
本邦初公開を数枚アップいたしましょう、、、!
誰も知らないあの頃の私をブログで残しておきたくなりましたのです、、、。

===========

more>>>>>エールフランス日本支社の歴史

More>>>エールフランス日本支社の歴史
by pretty-bacchus | 2010-01-23 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(12)

ロイヤルミルクティーとクラブハウスサンド
2010年1月22日 金曜日 晴れ

 お仲人というのをしたことがないが、人と人との取り持ちやご紹介はずいぶんと沢山したように思う。
良いご縁が生まれてお仕事がうまくいけばとっても嬉しいし、時には縁の下の力持ちに我ながら嬉しく思うと
こっそりとガッツポーズ!
人って人生ってイイナ、、、って、まあ自己満足の極みかな、、、。

 午後遅く、久しぶりに日比谷に出かけた。
なんだか国会あたりがざわざわしているような、、、

帝国ホテルタワー館の4階のドミニックのティーサロン<カフェドミニック>で、
U&SさんとY&Cさんをお引きあわせした。
ロイヤルミルクティーとスペシャルクラブハウスサンドでなごやかな時が流れた。
元マイセンサロンなので、器はマイセンやヨーロッパの名器でそれも楽しいサロン。

http://keico.exblog.jp/8920246
ドミニックのティーサロン 2009年9月4日 

a0031363_2128820.jpg
  (ロイヤルミルクティーは、蜂蜜とコニャックがそえられていて、、、、おかわりをしてしまった)

 帝国ホテル本館のロビーを抜けてみた。
エントランス右で、帝国ホテル120周年の写真展とモケットの展示があって、それはそれはなつかしくなり、
ついつい時間をつぶしてしまった。(詳しくは、明日アップしましょう)


a0031363_2340637.jpg

by pretty-bacchus | 2010-01-22 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)