<   2009年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

月末はデータのバックアップと写真の整理
2009年5月31日 日曜日 曇り

English Here

 年なんだな、、、って思うことは、ルックスが変わってくるばかりではない。
若い友人との会話の時にもよく感じる。
“久しぶりに銀座にでたの、銀ブラっていいわね〜〜”
“おねえさま、今は銀ブラって死語なのかも、、、”
そうなんですね、、、、、。

 今の言葉に迫いていってるつもりだけれど、日頃使ってないと、こんなことがよくあるものだ。
今時はハンサムとは言わないんですって、、、、
イケメン、、、? でもね、イケメンとハンサムは少し違うって思うんだがナ、、、、
イケメンってルックスだけ、でもハンサムって、その人の気持ちも知識も包含されていると思うんだ、、、、
もっとも私は、若い頃から、いい男ね〜〜〜って、友人が言っても、ちっともそう思わなかった、
わからなかったのだ。
ルックスだけのいい男にはあまり興味がなかったラシイ。親しくなる人はどこか個性豊かな男性が多かった。

“ケイコは、他の事へ審美眼はあるのに、男のことはわからないのかな〜〜って、
嬉しそうに叔父にいわれたことがある。
磁気学者としてたいした存在であった叔父は、背が低いし、学会とかではいつも損をしていたと。
人づてに聞いていたから、叔父の気持ちがわかるような気がしたものだ。

 ず〜〜〜と大人になってから、きっとパリに住むようになってからかもしれない、
ああいい男だな、、、っていう審美眼が培われたのかもしれない。
ボーギャルソンという言葉が好きになったものだ。
でもまわりにはやっぱりそんな男性はいなかったですね、、、、、

 Oさんから電話、
“今銀座、久しぶりの銀ブラしてますよ、、、
“うふふふ、、、、年がわかりますね〜〜、銀ブラですか、、、” (彼も銀ブラ組なのだ、、)
“捕れたばかりのアジをおくりましたよ”
“ありがとう〜〜〜! 
今夜はカルパッチョ、、、”
自己流カルパッチョではなくて、イタリア料理教室で学んだ21世紀日本風カルパッチョにしよう〜〜〜。

 月末なので、タイムマシーンに加え、別のハードディスクにPCのダブルバックアップをしながら、
2006年のイタリアとフランスへの旅の写真の整理を少しずつ、、、
まずは、2006年10月11日の機内から、、、

a0031363_21233660.jpg
 (2006.10.10 pm2:20)

a0031363_21273291.jpg


a0031363_238315.jpg


a0031363_21203114.jpg
(2006.10.11 am3:50 機上からパリの光を)


この旅はパリは乗り継ぎでフローレンスに発った。
a0031363_21302994.jpg
 (翌日の朝、、、ダビデ像を拝して、、、)

次にオリンパスE300+ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmから

a0031363_21525382.jpg
  (トスカーナのモナリザの里、ヴィッラヴィーニャマッジオで朝を迎えた、、、)


a0031363_2155206.jpg (この館でモナリザのモデルのゲラルディーに家のリサは育ったことが、数年前に立証されたのだ、、、.
糸杉の影が17世紀の建物に輝く姿は荘厳だった)

a0031363_2333449.jpg




http://keico.exblog.jp/4567217
2006.10.14 火曜日
モナリザの 里で時代を さかのぼり

http://keico.exblog.jp/4516937

 この旅の後半は数日パリで過ごした。

a0031363_2159399.jpg
 (途方もない広角にノートルダム寺院の全景とセーヌ河畔と空が飛び込んできた、、、)


a0031363_222444.jpg
(2006.4.19 pm4.39)
 アパルトマンの窓枠と壁を広角内に写しこんでみた)



More>スーザン・ボイルさん
by pretty-bacchus | 2009-05-31 22:33 | ♧Journey海外2006仏伊香港 | Trackback | Comments(10)

志村ふくみ先生 限定版「白夜に紡ぐ」
2009年5月30日 土曜日 雨

 今月もまたし残したことが沢山あるのに最後の日になってしまった。
母の日に志村ふくみ先生から、お手紙と 限定本「白夜に紡ぐ」人文書院、をいただいた。
「白夜を紡ぐ」の特装版が出てお送りくださったのだ。
表紙と背に先生が織った布が使われていて、お品の良い箱に入っている。
八十部限定の特製本だった。

封筒の宛名も先生の直筆、そして中に数行書かれたお手紙がはいっていた。
そ〜とあけて読んだ私は仰天した。
母とも師ともあおぐ先生のそのお言葉の白い便せんを胸に抱いた。
私の宝物がまたひとつ増えた。

 それなのに、まだお礼状かかけていないの、、、。
ダメな自分に反省の五月の最後の日はあと一日。

http://keico.exblog.jp/8041820/
志村ふくみ著「白夜に紡ぐ」を読む
2009年3月07日 

a0031363_15163597.jpg



a0031363_6405685.jpg こちらが普通の出版の本。

  (先生の染めと織りのお作品の布地風のカバーにカンジンスキーのカット)




by pretty-bacchus | 2009-05-30 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback

朝顔の 向こうは緑の 海みたい
2009年5月29日 金曜日 雨

 雨が数日つづくとやっぱりちょっとですね〜〜〜
でもベランダの朝顔さんはとてもお元気、
葉っぱが雨に濡れてちょっと寂ししそう〜〜〜
君子蘭もきれいに開いて緑のベランダに色を添えてくれていてありがとう!

a0031363_16554155.jpg

a0031363_16563217.jpg
  (借景の庭が雨で雲って、まるで海辺にいるみたい、、、、)
a0031363_16572457.jpg

a0031363_16582828.jpg


a0031363_16592353.jpg




 午後の銀行はとっても憂鬱、でもネットで済ませられたい事ってまだまだあって
時には私がいかなければならないこtもあるから大変。

 疲れて入ったのは、最近たまに行っている焼鳥屋さん。
オフィスと事務所の三角地帯をみると食の宝庫。
半径15分くらいで、焼鳥屋さんは何十軒もあるかもしれない。
何軒かはいってみたが、麻生の岩本さんのお店にかなうところはないの、でも彼はもう日本にいない。

 このお店は、カウンター6席、その後ろに4〜5席で、畳床に十数人の、あまりこぎれいではないお店なのだが、
素材がよくて焼き方が上手で、なによりもお母さんの笑顔とサービスが抜群で中年のお客様が多い。
でも、飲み物は焼酎とビールだけで、今日は
“ワインの持ち込みはだめなのですか〜〜〜?”って、めずらしく可愛いこちゃん風に遠慮しながら聞いてみたら、
“あ、イイですよ、特別に、、、ね”ですって。
どうやら連れはよくいっているらしい?
嬉しい〜〜〜、次回はお母さんの分までもっていきましょう。

春の小雨に濡れて帰った宵でした。

a0031363_172846.jpg  (黒板に書かれたメニューが雨で消えないように、かわゆいですね〜〜)

a0031363_1745292.jpg

a0031363_1733467.jpg


by pretty-bacchus | 2009-05-29 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

昨日のgeovisitorの記録
geovisitorの記録
a0031363_052881.jpg

by pretty-bacchus | 2009-05-29 23:52 | about myblogブログ考、その他 | Trackback | Comments(1)

雨の一日は朝顔には嬉しいの、君子蘭が三輪も!
2009年5月28日 木曜日 雨

 雨あめアメ、、、でも今日の雨はちょっと嬉しい。
ベランダの柵と屋根から少しだけはずれて外に顔を出している朝顔の葉っぱ達は、雨が好き!
雨上がりには、いっそう大きくなって元気になっているみたいだから、、、

去年の花のあとにリン肥料を施さなかったから、ことしも花はすくないかもしれないが、
緑豊かな葉っぱだけでも私は幸せの、、、

 ベランダの君子蘭は、今年も三つ花を付けてくれた。
もう十数年なにもしていないのに、植物たちの営みって驚異。
小さな中国製の白磁の鉢に入っているので、長い間植え替えをしていないが、
今年こそは花のあとに大きな鉢に移して、空気一杯の新しい土を足してあげよう、、、

 山積した事柄はいろいろあって、暑い夏にふ〜ふ〜なのだが、外の緑と鳥とベランダや借景の木々や
季節の花に大きな力をもらっているって、これって幸せなんだ〜〜と感謝の毎日、、、、。

a0031363_12551530.jpg


a0031363_12554280.jpg




 一昨日の散歩の時に、たった一輪空に向かって咲いていた薔薇を撮った。
サイズダウンして、少しだけスマートシャープをかけようと思って、フォトショップにかけた。
彩度で少し遊んだら、面白い薔薇が誕生した。
紫の薔薇ってバイオで最近生まれたようだが、映像ならこうしてすぐに出来てしまうのだ、、、。
なんだかこれってとっても儚いむなしい気持ち。

a0031363_1381780.jpg
  (そのままの薔薇)

a0031363_12563549.jpg (彩度を+40に)

a0031363_1257697.jpg (彩度をー93に)

by pretty-bacchus | 2009-05-28 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

「旬菜ステーキ処 らいむらいと」でハンバーグを堪能!
2009年5月27日 水曜日 晴れ

English Here

 ベランダの緑に室内からおっはよう〜〜〜! カシャッ〜〜〜!
途中のコーヒー屋さんの白いお花はなにかしら?

a0031363_22161417.jpg

a0031363_22164852.jpg


 歯医者のK先生はとってもグルメ。
治療のあいだもずっと新しく見つけたお店とかメニューのお話しをなさっている。
私は治療中で口を空いたままもごもごと何かいうと、不思議に先生はわかって話は盛り上がる。
“ライムライトというハンバーグのお店しってる?”
“いいへ、、、、アイムアイト?” 麻酔がきいていてうまく言えない〜〜〜。
“和風にアレンジした創作料理が人気のステ−キのお店で、23年まえには、この隣にあったの、、、、。

 先生にご紹介されたのは、歯医者の近くの創作料理ステーキ &和風ハンバーグのお店。
先生によると、東京一ハンバーグが美味しいお店だそうだ。

 「旬菜ステーキ処 らいむらいと」は、市ヶ谷と九段のあいだの細い道に面していた。
一段さがった小さな扉をあけると一階はカウンターを含めて二十数席くらいで満員。
予約をしておいた禁煙席は地下になっていて細い階段を下りた。手すりがないからハイヒールではちょっとあやうい。
二十数席の席はこちらも満員、この不景気にすごいな〜〜きっと美味しいのだろう、
お客層は20代から60代くらいかしら、、、どのテーブルもにぎやかに食事を楽しんでいるようだ。
その理由はすぐにわかった。
メニューの値段がとてもリーズナブルなのだ。
一品物は400円からある。オードブルも1000円代で、セットメニューのフルコースが3750円。

 冷製オードブルと、小さいサラダと、ハンバーグを頼むことにした。
チーズハンバーグがおすすめのようだったが、普通のハンバーグにした。
200g、250g、300gと選べるが、私は200g、連れは250グラム。

 白いソースで味わうハンバーグって珍しい。
これが、このお店の名物ソースなのだな、、、、。
ガーリックがほどよく効いていて、かなり濃い味だが美味しい。
パンはないお店で白いご飯といっしょにいただくのは、まさに和風味!
ワインのセレクションはあまりなかったが、ほどほどのサンテミリオンをいただいた。

 オーナーシェフとお嬢さんかな?、が丁寧に最後まで見送ってくださって、これにもとても感銘を受けた。
良いお店がまたひとつ増えた、
でも困った、、、、まだ太ってしまったようで、、、、

a0031363_22173242.jpg


a0031363_2218071.jpg


by pretty-bacchus | 2009-05-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(6)

朝顔と夕陽と客待ちの椅子
2009年5月26日 火曜日 晴れ

English Here

 昨日は朝顔デビューデーとなった。今年初めての朝顔
初朝顔がブルーからピンクに変わり、曇天風な空に妙な夕陽と並んだ頃に出かけた。
屋上で西の空をまず一枚。
橋の上には、西のビル群に沈み行く光のない赤い太陽を眺めて脚をとめている人が何人かいた。
単に珍しい気象現象なのだろうが、太陽がなくなるときはこんなだろうか、と思わせるような不吉な感じでもあった。

 約束の場所へは十数分、首からカメラをさげて、ノーファインダー&ヴァリアングルでの
スナップを試みていて気がついた。
なんと、どのお店もお客様が入っていないのだ。
新しいお店がオープンしてもこの不景気で客が入っていなくてはどうするのだろう、、、
たった一軒、いつも行列が出来ている牛タンやさんだけが、かろうじて何人かが夕食をしていただけ、、、。

a0031363_093688.jpg


a0031363_2313358.jpg

a0031363_23115188.jpg

a0031363_23122186.jpg
 

a0031363_23162752.jpg (駅前の赤い車はホットドックの屋台、、、)

a0031363_2317578.jpg (中はお寿司やなのだが、お客様は一人のよう、、)

a0031363_23174381.jpg  (ここでもお客様は誰もいないみたい、、、、カシャッ)

a0031363_23184848.jpg

a0031363_2320846.jpg


a0031363_23143640.jpg

 (遠くに人影が見えた、望遠側にしてカシャッとノーファインダー)
by pretty-bacchus | 2009-05-26 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)

窓あけて 初朝顔に 震えいで
2009年5月25日 月曜日 晴れ

English Here

 信じられない、
目を疑うとはこういうことか!

 遅い朝、カーテンの向こうのベランダのコノテガシワの、さらにその先の上の方にブルーの大きな朝顔がみえた。
え〜〜そんな、朝顔恋しで幻覚をみているのかしら、、、、
昨日はそんなに酔ってないから頭はクリアーのはず、、、、

カーテンを開けてみて驚いた。
“うwa〜〜〜,早く来て〜〜〜”
“どうしたの、、、”
“なに、ねぼけてるのかね、、、”

こんな場所にいたずらをする人はいない、なんども見たが本当に朝顔だった。
ガラスをあけると風に揺れて、挨拶をするように揺れている。
きれいに淡く澄んだブルーの大輪、オーシャンブルーにちがいない。

去年も一昨年も最初の花は7月だった。
5月に花を咲かせたのは初めてだ!

 午後のアポを延期して、今日は一日家で仕事をしながら朝顔日記をつけたくなった。
午後になると、色が変わり始めて、夕方には、この品種の特徴のあのピンク色に花色がかわっていった。

夕方出かける前にカーテン越しにのぞいたら、真っ赤な夕陽をあびて揺れていた。
穏やかな丸い赤い夕陽だけが輝く一日終わり、
希望の朝顔の一日をレンズを通して手を合わせながら追っていて、命のはかなさと力強さをひしひしと感じて、、、、、、、、、、、、、

 橋の上で、西の空をみているカップルが何人がいた。
夕陽ってドラマをつくるんだな、、、て思いながら、かしゃカシャッ
(後でアップ)

a0031363_23253694.jpg


a0031363_23204162.jpg


a0031363_23211334.jpg
 (am11:50)

a0031363_23222535.jpg


a0031363_2332961.jpg


a0031363_23231276.jpg
(pm4:48)

a0031363_23235743.jpg
(pm4:50)

a0031363_23244882.jpg
(pm4:52)

a0031363_23323158.jpg




a0031363_23331093.jpg



a0031363_23262620.jpg
  (君子蘭の蕾も大きくなった、、、)

a0031363_23265883.jpg
  (夕陽が室内に差し込み、ペリゴールの教会の写真に入り込んで、、、、)


a0031363_083237.jpg


a0031363_085994.jpg
(ピンクになって萎みゆく朝顔の右の方に真っ赤な夕陽が並んだ、、、、嗚呼〜〜〜)

a0031363_093688.jpg


by pretty-bacchus | 2009-05-25 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(10)

緑に感謝しての日曜日でした
2009年5月24日 日曜日 晴れ、曇り後雨

 ゆっくりと日曜日的一日をすごしていた。
ベランダの借景の緑はすっかり落ちついて、その手前に朝顔の葉が繁りだした。
もうすくだわ、、、、朝顔たちの朝がはじますのは!


 今夜の夕食はそれぞれの予定があって、私は午後もゆっくりと洗濯機や掃除機をかけたり、
本を読んだりしていた。
夕方電話がなった。かおるちゃんからだった。
ガールズトークの夕食にしようと思っていたのに、なんと結局Sさん、Kさんとの四人の食事になってしまった。

 ま、、、いいか〜〜〜。
ガールズトークは次回にしましょうね、、、と。
 
a0031363_1547084.jpg


a0031363_15474357.jpg
  (君子蘭の蕾も大きくなった)

by pretty-bacchus | 2009-05-24 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

大沼のゆうこさんのブルーモーメントとふくろう
2009年5月23日 土曜日 晴れ

English Here

 昨日の小さい花は柏葉紫陽花だったのだ。
函館のおばさまと呼ばれている写真愛好家のゆうこさんからのコメントでブログをさかのぼってみた。
2006年のブログにあったから、数年前から我が家にあったのだが、居場所は、
ベランダの先のほうで、こんなにガラス寄りでなかったのに、、、

 ここ数年土を少し足すだけで、肥料もハイポネックスも施していないから、花ってとても素直で
それがわかってしまうのですね、、、、
花をつけないのはリン肥料が不足しているからなのだが、手元にはないから、ひさしぶりに第一園芸にいってみよう、

 ゆうこさんのミクシーのブログには、北海道の自然美豊かな、特に函館大沼の明けゆく空と湖や、動植物の姿が泣けてくるほど可愛ゆく美しく、毎日感動しながらみている。
数日前は、新緑の緑が目に映っているふくろうの生態がかわゆくて、かわゆくて、、、
SNSだから、一般の方が見に行かれないのが、とても残念なので、、、、

ゆうこさん、ごめんなさい、事後承諾でご紹介してしまいます。
オリンパスE3と各レンズを駆使しての撮影はすばらしいが、なによりもその撮る情熱に頭が下がるのだ、、、、
a0031363_15373010.jpg


a0031363_15153692.jpg
 (美しい雲が駒ヶ岳に掛かり紅色に染まってくる頃午前三時過ぎに
彼女は電動三輪車に乗って撮影にでかける。
このブルーモーメントの瞬間が大好きだという、、、)


a0031363_15162063.jpg



a0031363_1539769.jpg


by pretty-bacchus | 2009-05-23 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)