<   2008年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

カーテンの エンジェルの笛 木々揺らし
2008年11月30日 日曜日 晴れ

English Here

 早い〜〜〜もう11月最後の日になってしまった。
こんな風に月日がますます早く過ぎゆくと、あと何千日かな、、、って
思ってしまう。
でも、まあ、おぎゃ〜〜と生まれてから3万日くらいしか、この世にいないのが、
人間の運命で、それは誰にでも平等なのだから、、、、、

 イデさんから、今年もシクラメンをいただいた。
濃い緋色、むしろ紫にちかい緋色で、ビロードが重なったようで、なんともいわれぬ美しさだ。
窓辺において、スナップを撮って、お礼状の中にそっと忍ばせておこう。

 亀井さんからの小鮎と、ゆうこさんからの男爵いも、京都からの湯葉三枚で、
週末の夜は更けていく。

 マックのバックアップをしたり、本を読んだり、桜さんにお見せしたくて、
このエンジェルが笛を吹く手作りのコットンのカーテンを買った、
イタリアの世界遺産のアルベロベロに旅した時の写真を探したりと、、、、、

 今夜のBGMは、そんなわけで、桜さんを思って、
落合桜さんのライブのMP3で、ショパンのノックターンと、
ドビュッシー「水の精」

彼女のブログ、パリの風パリの風は、
音楽論ばかりではなく、詩のことや、お料理のことや、お花のこと、
小物のこと、
ブルゴーニュ君のこと、そしてパリのことなど、、、どれも素晴らしい!!

a0031363_19441984.jpg
  (借景の木々はすっかり黄葉して、毎日葉が少なくなって、遠くの建物が見えるようになった)


a0031363_1945366.jpg


a0031363_194658.jpg


a0031363_19454131.jpg



a0031363_19463571.jpg


by pretty-bacchus | 2008-11-30 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(9)

新しいレンズ試写
2008.11.30

新しいレンズの試写
AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR
GPSユニットのGP1

新しいメディア、サンディスクのCF8Gを3枚、SD8Gを三枚を旅ように、

バックアップ用エプソンのP7000とそのバックアップ用バッファローのHD160Gを考慮

いろいろを、鎌田さんにか相談して、

 帰りにレストランで食事の後、突然鼻血が、でて驚く。
少し心配、、、
a0031363_19441984.jpg



a0031363_1945366.jpg



a0031363_19454131.jpg



a0031363_194658.jpg



a0031363_19463571.jpg


by pretty-bacchus | 2008-11-30 17:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

新宿の花園神社で三の酉
2008年11月29日 土曜日 晴れ 

昨日の続き
http://keico.exblog.jp/7697929

 花園神社でお酉さま、、、
行こう! 決定は早く、数分ででかけてしまった。
メトロは一杯の人人、、、新宿三丁目で下りて地上に出ると伊勢丹、
道を渡ってすぐなのだが、もうすごい人人人。
昨夜からの前夜祭でにぎわっているというから、三の酉は賑わい酉なのだろう。

 靖国通りの入り口手前からもう人で一杯で自由がきかない、
前の人について歩くのが精一杯、カメラをしっかりと抱っこして、時々人の隙間が出来ると、
片手で高くあげてノーファインダー、、、でも結局全滅に近い。
a0031363_22345179.jpg



 やきそば、酉の市だけに出るお菓子、とうもろこしや、たこ焼きや、あ〜〜金御救いがあった。
小さい頃は金魚すくいがたいすきだった。
でもここでゆっくりするわえにわいかない、、、
a0031363_22364052.jpg



 数分歩いて、いつもは開いていない舞台が見えてきた。
交通整理のおまわりさん、いや、ガードマンが、
“はい、ここで右に曲がって、ずっといってください。
本殿参拝の列の後ろは、明治通りからですよ、、、
“そんな、ずーーと並んで歩いてきていまさら言われても、、、
右に曲がって最後尾を探したが、まだ着かない、、、
社殿の上がっての参拝はあきらめよう。
(ヨドバシカメラでKさんが待っていてくださるのに遅れてしまう〜〜〜)

a0031363_22382754.jpg



 途中であきらめて、回れ右をして、本殿に手を合わせる。
列の途中で、何本からの脇道見たいのがあって、そこが熊手の販売ショップが並ぶ、、、
ここだけでも、熊手の露店は約70店舗 その他の露店が約200店が商いをしていると言うから、
東京中のいや日本中の神社では、大変な一日なのだろう、、、
この景気の悪さだからこそ人を呼ぶのか、あるいはなにか楽しいことお求めてか、、、

a0031363_2240990.jpg

a0031363_22405546.jpg


 外人さんが小さな熊手の値段を聞いていた。
“メイアイ? 
“いいよ、、、
カシャッと、
a0031363_22423043.jpg



 クマ手は1000円から数百万まであるという、
お店の名前を書いてもらって、次の年の酉の市まで、店のある方向に向けて飾ると、
商売繁盛というから、お寿司屋さんやお店でみかけることがある。

 大きな熊手を買った方なのか、注文があった方なのかわからないが、時々、あちこちで、手拍子と拍子木の音がする、、、、
“は〜〜お手をお願いします。
“よ〜〜〜チャキチャキチャキ、、、拍子木が見事に鳴り響く
なんと七本締めだった!

a0031363_22465649.jpg


(カシャッと、
ここで急遽、ライブビューに切り替え、動画モードに、
このざわめきと拍子木の様子の音が入るのはやはり、楽しい!
画像はめためただが、YouTubeにアップロードしたのをはっておこう。
新宿の花園神社で三の酉の七本締め<<<クリック<<<YouTubeにアップしてみた



 “三の酉のある日は、火事が多いって本当なの、おじさん、
と聞いてみたが答えてくれない。
“それにしても三の酉にしてはあったかすぎだよ、、温暖化なえ〜〜と、ぼそぼそ、、、

 帰ってから、ネットでみてみたら、なんと徳川時代の前からある行事のようだ。
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/top/

花園神社の酉の市は、明治時代に始まりました。酉の市は、大鳥神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになりました。商売繁盛の熊手を売る露天商のにぎやかな声は、師走を迎える街に欠かせない風物詩。毎年60万人もの人が訪れる市の日は花園神社名物の見世物小屋を観るチャンスでもあります!


(花園神社のホームページより)
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/top/
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/page/a3.html

 一年に一度くらい、こういう盛り場?にでかけるのもいいかもしれませんね〜〜〜

English Here
by pretty-bacchus | 2008-11-29 22:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(0)

枯れ葉の午後に 雀百態 
2008年11月29日 土曜日 晴れ

English Here

 わずかな風に木々の黄葉が揺れていた。
綺麗な朝だ、、、、
鳥さんがきて遊んでいるのは、きっと大きな意地悪鳥が今日はどこかにいっているのだろう。

a0031363_2491067.jpg
(三日目の朝顔は柵の向こうに揺れて、、、)


 いただいた湯葉を薄味でさっと煮て軽い昼食。
しばらくマックの整理や写真の整理をしながら、横着撮影で、望遠を時々かまえて、
借景の落ちていく黄葉に遊びに来る雀たちをカシャカシャしながら午後をすごした。

めずらしく、早い時間にブログを書き始めたら、ソファーでうとうとしていた連れ合いが、突然言い出した。
“今年は三の酉までだから、浅草のおとり様に行こう、、、、、”
どうも江戸っ子はお祭りが好きだし、酉の市もいつも話題にでるが、あまりいったことはない。

“でも私は夕方に、ヨドバシカメラにメディアとニコンのGPS機能の外付けのGP1を買いに行きたいの、、、”
“ふ〜〜〜ん、お酉さまは、おもしろい写真が撮れると思うのに、、、”
“あ、そ、

 それならば、これから出かけよう、、、決定は常に早い。
ヨドバシ行きの途中にある、新宿の花園神社でお酉さま、、、
それからでもヨドバシは開いているから、、、、

そんなわけで、ブログ途中で出かけることになってしまったのは、午後17時17分。


a0031363_17185069.jpg  午後一では、青い空が見えていた)

a0031363_1720698.jpg  (きらきらと黄葉が揺れて、ちゅんちゅんちゅん、、、、)


a0031363_17213484.jpg

a0031363_17221359.jpg

a0031363_1723826.jpg


a0031363_17235180.jpg

a0031363_17245833.jpg  (だんだん寒そうに、表情も寂しそうになっていく、、、、)


 このレンズは、なんだか頼りないが、でもこんな枯れ葉には優しくて良いかもしれないな、、、
by pretty-bacchus | 2008-11-29 17:17 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)

朝顔も 樽のボージョレも 有終の美
2008年11月28日 金曜日

 なんだか、早くに目が覚めてしまった。
頭の芯がきっと寝ていないのだろう。

 リビングのカーテンを期待を込めてそ〜〜と開けてみる。
あ〜〜まだ元気だ〜〜〜!
でも今日はもうピンクに変わっていて、周りが少しちじれはじめている。
きっと今日が最後の日なのね、、、、
朝顔さん、今年はありがとう!
あなたに随分と力をいただいたわね、、、来年もまた待ってますよ、、、と声をかけて、
室内からの横着撮影でなく、ちゃんとガラス戸を開けてスナップ、、、

二日目も凛としていてブルーが残っていた昨日の朝顔が、三日目になってもはしぼまずにいるって、
こんな年ははじめてなようなきがする。
きっと命を惜しんで一生懸命に咲ききっているのだ!
温暖化のせいなんて考えないにしよう。

a0031363_103953.jpg



a0031363_10381768.jpg
 (ベランダの柵の向こうに咲いていた朝顔は、借景の黄葉にお話ししているみたい、、)


 ばたばたと週の最後を過ごしたが、ぎりぎりのSさんの電話で、樽あけから10日たった
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーと、開けたばかりの小瓶の違いを味わうことができた。
どっちがイイかって? うふふ、どちらもそれなりに美味しかったのです。
Sさん、Hさんありがとう!

(樽の写真は後でアップしましょ、、、
by pretty-bacchus | 2008-11-28 10:19 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

京都からの到来の湯葉もむなしく、、、
2008年11月27日 木曜日 曇り後雨

English Here

 昨日の朝顔は色を変えてまだ開いたままに感風に揺れている。
切ないな〜〜〜〜

 少し早く帰ったら、すぐにピンポン〜〜〜
京都のYさんからの宅急便だった。
すご〜〜〜い! 好物のおゆばさんが届いた。
ありがとうございます。

 京都御所そばの「ゆば長、さんのゆばは最高に美味しい!
くみ上げ湯葉、さしみ湯葉、引き上げ湯葉など どれも絶品!!!
数日はもつので、週末までが楽しみだ。

 さて、今夜は少しゆっくりしよう、と夕食の用意と思っていたところに電話がなった。PM6:30
“今夜は、例年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーを楽しむ会ですよ〜〜
“皆さん集まってらっしゃいますか、、、、うかがえなくてごめんなさい、、”

突然Sさんの声が変わった。
“樽が届いてなのですよ、、、樽が。瓶が12本だけですよ、、、
40人の会には足りないし、第一皆さん樽からのボージョレヌーヴォーを楽しみたくて集まってるのですよ、
“そ、、、そんな、、、ばかな、、、
今夜の会は、ピゼイファン、作家、弁護士さん、元超有名人、うるさがた(失礼)、、、
“と、ともかく、、、嗚呼〜〜〜〜〜〜〜〜〜

心臓がパクパク鼓動し始めた、、、
一昨日の八重子さんの会で、一応一段落と思っていて、なんとか無事に終わったから。ほっとしていた矢先、
もうホントにどうなっているの、、、
私ってどうして、こうドラマティックいや、アップダウンの幅が大きいの〜〜〜

 スタッフはもう帰ってしまった。
空港業者さんの営業の方はつかまらない、もう6時半を過ぎたのだから、、、
携帯も出ない、、、時間はどんどん過ぎていく。
留守舞台の業務もSさんに、実情を説明、これは完全に、発想業者のミスなのだから、なんとかしてと、、
電話を切って、またかけて、と、、、、必死になれば常に救いの神は動き出してくれる。

7時に空港近くの発送業者にスペアーで預けてあった樽が出発。
途中の道が混んでないことを祈ったが、ああ無情。
樽が千代田区の会場に着いたのは8時半になってしまいました。

もう〜〜どっと疲れが出て、熱が出そう、、、、

a0031363_1424445.jpg
  (二日目なのに、今日はまだ青いままなの、、、)
a0031363_14244276.jpg
 (エンジェルのカーテンの向こうに見える借景の木の葉が落ち始めて、、)

a0031363_14252925.jpg
  (もう、この湯葉をぱくぱくといただきながら、私もピゼイをぐんぐん飲みました〜〜〜〜)

by pretty-bacchus | 2008-11-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)

どこ見てるの 季節外れの 朝顔や
2008年11月26日 水曜日 晴れたり曇ったり

English Here

 なんだかほっとして少し寝坊をしたみたい、、、
ベランダの朝顔が二輪咲いていた。
向こうを向いて一輪、そして中の鉢に一輪で、小さくなったが凛として顔をあげている。
季節外れで小さくなっても咲き続ける朝顔は、なんとも切なく美しい!

 借景の木々も黄葉して、半分ほど葉が落ちてしまった。
これが落ちきると、寒い寒い冬が来るのだ。
でも、冬来たりなば春遠からじだ。
If Winter comes, can Spring be far behind?  (Percy B. Shelley)
そして冬には冬の良さがあるから、春を待ちながら、、、、

 エキサイトブログがメンテナンスで24時から12時まで、見られなかった。
こんなに長いのってはじめてかもしれない、、、
すっかりブログで遊ぶことに慣れてしまったのか、、、と思うほど、妙に寂しい。

いつも寝しなに必ず訪れるシアトルのscotttsさんのブログにも飛んで行ってお休みなさいを言えないし、
真夜中すぎにアップするmash-bossさんのブログも見られない。
もうモスクワに着いているはずだから、現地の模様が見てみたいのに、、、

でも、ゆっくりと読書ができて、それはそれは良いのかもしれない、、
秋の夜は長いのだから、、、、、



a0031363_13584197.jpg

by pretty-bacchus | 2008-11-26 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

「水谷八重子のディナーショー、良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」
2008年11月25日 火曜日 曇り後雨

English Here

 水谷八重子さんのボージョレヌーヴォーの樽とジャズのディナーショーの日だ。
「水谷八重子のディナーショー、良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」

 午後一で美容院、14時にグランドハイアット着。
受付には大きなお花がいくつも届いていて、すっかり準備が整った広い会場でリハーサルが行われていて、
新しい曲も交えて次々に披露していく八重子さん。
音あわせ、照明あわせと、本番では見られない事柄が次々と行われれていく。

ワイントークとサービスについては、今年はリハーサルで本番の相談を少しできた。
今日の私は半身が裏方だから、自分をどこにおいてよいかわからない。
出過ぎてもいけないし、といって気がついたことは言った方が良いし、、、

八重子さんが6時半に出場してご挨拶が終わったら、指名されて出ることになった。
その後、ワインの説明を少しして、あとはその場の雰囲気で、臨機応変に去年のようにと、、、、


 良重と八重子が一晩だけ一緒する一年に一度の宴。いや、
今年は4月16日のお誕生日にもしているので、二回目となる。
http://keico.exblog.jp/7015656
「水谷八重子ディナーショー、良重は歌うもう一度 ON BIRTHDAY」

テスト

 平成の今に生きて、古き良き時代、明治大正昭和の日本語を、日本人の人情をを伝える役目を
果たさなければと、二代目水谷八重子として、新派の重鎮として日夜頑張っている彼女をみていると、
その必死なプロの心意気は見事なのだが、なんだか切なくなるくらい一生懸命なので、
なぜか応援したくなるのだ。
(頑張ってる女って、いや人の姿って大好きなのだ!)

 16時すぎに、控え室では、いよいよお化粧とヘアーの準備が始まった。
資生堂の鎌田さんが今年もいらしていて、プロのお化粧方に眼が点の私、
あまりお化粧はしないので珍しくてじっと見入ってしまう、、、
お弟子さんが衣装の支度を始めた。

“もうお客様がいらしゃいました、、、、
え、、、、まだ4時40分、、、と全員驚き、、、

“一名追加がでました。
“え〜〜? 今頃になって〜〜〜、席はないし、お料理は大丈夫なのかしら?
“別件です、10名のSさんが、11名になるそうです、、
“そんな、、、若林さんお願いします〜〜〜、、

ホテルは席を増やして、丸テーブルの席を増やし、天井からの照明を変えたり、、、
一つの音楽ショーを成功させるには、レセプションよりもっともっと大変なのだろう。

 4階の控え室から、裏の道を通って三階の舞台裏にでて、18時25分にスタンドバイで、いよいよ始まった。
今回もまた、お客様の層はとっても広い。
お医者様関係、お坊さんのテーブル、奈良からの薬師寺さんの方々、先代の八重子さんからの新派ファンの方、
ジャズファンのグループ、政財界の重鎮、音楽関係の方のテーブル、女学校の同級生と、
その幅の広さにいつも驚嘆する。そして彼女は全ての方を記憶している。
今回は、坂本スミ子さんや、RYUさんも最初からいらしていて、八重子さんも緊張気味。

 一通り、22の全てのテープルを回ってご挨拶なさる八重子さん。
そのお話のじゃまにならないように、ボージョレの説明を少し始めた頃には、
樽からワインを飲みたい方々が足を運び始めた、、、
う、、う、、、ところが蛇口からうまく出てくれないではないか。
ぼとぼととしかでないのだ、、
“はずかしがっているのかな、、、と良く解釈してくださる男性、、、
“残念、、、もっとなみなみほしかったのにと、お着物姿の素敵な女性、、

10のキャラフにすでに樽から注いでいるから、それをもって回っていただく、、、
27年間、毎年何十もの樽割りに関わっているが、こんなことは初めてだった。
それでも、最後の一滴まで樽のボージョレヌーヴォーを注ぎ終わったが、
きっと不満足の方もいらしたに違いない、、、
来年への反省事項にいれておこう、、、
 
 去年はhttp://keico.exblog.jp/6464765、
「ボージョレヌーヴォーの樽を割って、水谷八重子、良重時代の懐メロを唄う夕べ」
では、ワインがメインだったが、
今夜は、まず日本酒からできた、奥の松酒造さんの発泡酒、スパークリング日本酒から始まった。

a0031363_2154889.jpg



 20時までのお食事タイムが終わって、いよいよジャズのショー。
バンドメンバーは、前回と同じ皆さんで、増崎孝司さんのギター、パーカッションの中島オバヲさん
バスの浜崎賢太さん、そしてピアノ&キーボードの安部潤さんとそうそうたるメンバーで、
そのメンバーの音響を手がけていらっしゃるのは中村剛さん。
皆さん三度目なので、とっても和気藹々が感じられて、、、、八重子さんもリラックスしてらして、、、、

 まずは、ウエスタン・メドレーから始まった。
遙かなる山の呼び声,帰らざる河,駅馬車,北風,ハイヌーン,カラミティ・ジェーン,
デビー・クロケットの歌,ヘイ・グッド・ルッキン,ジャニー・ギター,愛しのクレメンタイン,
黄色いリボン,ローハイドジャンバラヤ、、、などが
名アレンジで1曲のように、、、、、すごい!

 その後のお話しに会場はしーんとする。
ジャズの歌手になりたいと思ったのは、ナンシー梅木さんの歌を生で聴いたからで、そのナンシー梅木さんは、
マーロン・ブランド主演「サヨナラ」の映画で、第二次世界大戦後の日本で米兵と恋に落ち、
最後に心中する悲劇的な日本人女性カツミを演じたこと、オスカーを受賞した唯一の日本人であること、
最後は寂しく昨年亡くなられた、、、と。

 華やかな朱色の衣装に、きらきらと輝く金色の着物ルックの衣装に着替え、
次は
古いジャズから新派のオリジナルシリーズで、「私はいけない女でしょうか」(明治一代女)、
泉鏡花の「滝の白糸」、「鶴八鶴次郎」、役者の語りをしながら歌い、最後は「与之さん」で新派ファンを唸らせる。

アメリカの友のことことを思って、「私がいなくなっても、、、、、。

流さんのまえで、なんと、彼の持ち歌の「マイメモリー」を歌い終わって、RYUさんを紹介。
Ryuさんがいらしていることがわかり、会場が湧いた。

a0031363_2182930.jpg
a0031363_2194496.jpg

a0031363_21102730.jpg



 そしていよいよ、ライザのキャバレー(なかにし・礼さんのオリジナルの歌詞)になって、
登場したのはクラリネットの北村英治さん。79歳におなりになるのに、帯広から神戸へ、
そして明後日は鹿児島へと、北へ南へと日本中を演奏して回るとのこと、
お二人のやりとりが大人の会話でなんとも素敵!

a0031363_21121275.jpg


a0031363_2211236.jpg



 昔々のウェスタンメロディーから、古いジャズ、新派、大喝采を浴びた懐メロに加えて、
そして韓流までも入れての、レパートリー豊かな曲を披露し、最後は、きらいな言葉だという、
「さよなら、グッドバイ、グンナイスイートハート、またあいましょう、、、、で、
出口から外へでたのは9時20分、

お客様一人一人にご挨拶をなさり、記念写真を希望去る方と一緒に写真に収まり、、、
最後まで気を抜かないお仕事ぶりだった。

 綺麗なジョーゼットの舞台は、美術の松村隆敏さん
照明の北内隆志さん、そして総監督は青井陽治先生でした。

a0031363_22201989.jpg

 (宴の後のRYUさんのお席。お客様の席順のお名前も全部、八重子さんはご自分で書いている)


a0031363_21132654.jpg
  (奈良から泊まりがけでいらした薬師寺さんの安田順恵さんとお友達)


 すごい女だ! いや失礼、素晴らしい女優だ。
回を重ねるごとに新しい世界を創っていく努力と、もちまえの才能が見事に開花して華を咲かせる。
水谷八重子でしか出来ない世界を披露してくれた数時間だった。

 良重さん、八重子さん、水谷さん、お嬢様、そして本名のMさんと、いくつもの呼び方をされる一日本女性。
住む違いが、私たちとまったく違う方で、とまどうことも多々あるが、暖かい気持ちで見守っていきたい。
それは、日本の忘れてはいけない文化を守ることにも通じるのだから、、、、


食事のメニューは、
http://keico.exblog.jp/7654192
2008年11月11日の試食
総料理長はジョゼフ・ブデさん

ワインは、もちろん、シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーの樽を開けて、、


a0031363_235883.jpg


(今日の樽の写真が撮れなかったので、後からアップしましょう。
とりあえず、マグナムとハーフボトルを)
~~~~~~~~~~~~
a0031363_11281712.jpg





(今夜は、なんだか、今ひとつ写すことに集中出来ず、また広い会場の最後尾で、
真っ暗な中で、動く被写体を、手持ちで撮ることに限界を感じた夜でした)
by pretty-bacchus | 2008-11-25 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback(2) | Comments(5)

書いたブログが消えてしまっていた。
2008年11月24日 月曜日 祭日

 書いたブログが消えてしまっていた。
おかしい、、、、

いくつものページを開いたままで、投稿を書いて送信をしたのだが、今チェックしたら、
記録が残っていない。

こんな事は二度目だが、今回は私のミスに違いない。
by pretty-bacchus | 2008-11-24 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

ゆりの木の 大きな葉っぱが 見事に黄葉して
2008年11月23日 日曜日 晴れ
  日の出 06時25分  : 日の入 16時31分
English Here

 体調がいいからなのか、、いいやいや疲労困憊だからに違いない。
夜の食事がおわって、ほっとして、さてこれから少しネットサーフィンか
読書をしようと思うのに、こくんと眠くなる。
気がつくとソファーでうとうと、いや熟睡しはじめる。
“なんだか、最近ボクのがうつったみたいだね、、、、
といわれてしまう。

 そんなわけで、昨夜はギターの調べで床について、就眠儀式の読書を始めたが、
どうやらベットサイドの電気をつけっぱなしで朝方まで寝てしまったようっだ。

 6時少し前に間がさめた。
まだそとは暗い、、、、どうしようかな、、、
睡魔はあまりない、、、よ〜〜し起きてしまおう。

隣の部屋をそっと通りぬけて、リビングにでる。
朝の薄暗き光の中に、借景の黄葉した木々が光り始める。

 たまった雑誌の整理の続きを始めた。
ここ数週間、“古い雑誌を毎日数冊捨てよー習慣いや週間”を始めて、
雑誌の整理を始めたのだが、捨てようと思って手に取ると、見たい記事がある、、、、次もまた、
ただ場所が変わるだけで、結局捨てられないでいる。
夢中になると時間を忘れるから、あっというまに三時間がたっていた。

 ベランダの向こうの木々が染まり、青空に揺れていた。
今日は、なんとも空気がきれいな朝だ、、、、
ほんとは散歩にいけばいいのに、、、、でもちょっとオックだな、、、
ぐずぐずと、一時間ほど新聞を読んだりマックと戯れたり、写真の整理をしたり過ごしたが、
やはり朝の光が気になる。

 よ〜〜し、行こう!
カメラと財布だけ持って(そうだアイフォンも)10時少し前に家を出た。

a0031363_1419660.jpg

a0031363_14221839.jpg(太陽はまだ東の空に輝いている)

 
 北に向かって歩いて、小さな公園にでる。
読書の人、ブランコの子供達、そして十数人のサイクリストのおじさん達、、、、
みんな朝が早いのだな〜〜〜

自転車に乗り始めた一人のおじさんに聞いてみた。
“どちらからですか? 
“埼玉サイクリングクラブだよ
“え、埼玉から
“いや、あちこちからここに集まって、これからだよ
“これからどこまで
“これが今日のスケジュール、遠くまでいくよ、、、
“撮ってイイですか、ブログに載せてイイですか、、、
いいよ、というお返事の前にシャッターは下りていた。

a0031363_1424598.jpg
 (拡大してトリミングしたら文字が読めた。
学習院下に、のぞき坂という名の坂があるのだ!)

 ぐるっと回って、もう一つの公園でバラを撮ったりしながら、東に向かい、
ここで引き返して南に向かう。
a0031363_142952100.jpg
(ただ一輪最後に残った赤いバラが青空に揺れていた)

a0031363_14304345.jpg
 (これは失敗だ)

a0031363_1434623.jpg
  (このあたりはユリの木が多くて、大きな枯れ葉がたくさん落ちていた)

a0031363_14492949.jpg


信号を渡って、、、、
あら、、、一月前に黄色いコスモスが咲いていた同じ場所にまだあの黄色の花が、、、
 http://keico.exblog.jp/7615322
10月28日の散歩の時の黄色コスモス
ブログ友の方の地方も、タンポポやスミレが咲いているというから、
やっぱり温暖化というか四季が無くなっているのかしら〜〜〜?

a0031363_1451474.jpg


 教会の鐘が鳴り始めた。
日曜日の御ミサが始まったのだろう、、、そっと手をあわせて、
D90の動画モードで鐘の音を録音しながら、空と黄葉をぐるっと撮っていたら、
お巡りさんが近づいてきてじっと見られてしまった、、、これってどういうこと?
撮影禁止の場所では無いのですか〜〜〜〜〜〜〜〜

(25秒続いた鐘の音はきれいに入っていた。Quicktimeで、AVIとかMOVに変換して
ブログにアップを試みたがうまくいかない、、、どうしたら良いのだろう。

YouTubeに出力して、それを取り込めばいいのかしら? 後で試してみよう)
>>>YouTubeにアップしてみた   <<クリックすると鐘が聞けます<<

a0031363_14553574.jpg


a0031363_14561621.jpg


 橋を渡って駅ビルに入る。
朝のクロワッサンを買おうかな、、、って思っていたのだが、
並んだ人が、パンを買って飲み物も買っている。
お盆にパンとティケットが載って中のカフェに入っていく。
“中で食べられるのですか?
“10時半までセルフサービスでご自由にどうぞ。11時からはデジュネになります。
パンオーショコラとカフェクレムを頼んで中に入った。
十数席の席は、半分ほどが埋まっていた。
フランスのカフェのような、日本の田舎ビストロのような感じの
インテリアはなんだかほほ笑ましい。
a0031363_15162380.jpg
 (奥の席は、2時までは禁煙になっている)

a0031363_151176.jpg


 アイフォンで、ニューヨークタイムスを読んで、全国のお天気を見て、メールを読んで、、、
あら、クリントン女史が国務長官になるの?
17才の石川遼 くんが、一打差でダンロップ杯の優勝を逃したが、一億円プレーヤーに!!
原さんのメールで、オペラの最新情報と見て、すずめさんの読書日記を読んで、、、

新聞でもテレビのニュースでも、いやな怖い事件ばかりが多いから、こうしてゆっくりと、
おもしろい記事を見るのって楽しいものだな〜〜〜と遊んでいたら、
時間はあっという過ぎてお昼の時間になった。
どんどん混んできて、席は一杯になって、このままでは居づらくなったので、
私も軽くお昼を食べるとした。

[#IMAGE|a0031363_1522023.jpg|200811/24/63/|mid|425|640#



             ×



メニューは、フランス風オムレツ、クロックムッシュー、クレープ、サラダなどで、値段も700円から1500円で、
ちょうど良い感じ。
木の子とチーズが一杯のクレープと、ボージョレヌーヴォー(これがなんとも香りもコクもなく、
超有名なメーカーなのにホントにひどいものだった)のグラスワイン、
食後にコーヒーを頼んで、また小一時間を過ごした。
こんなにカフェでゆっくりしたのはホントに久しぶりだっだ。

a0031363_15954.jpg



 夕飯は、ゆうこさんから届いた北海道の美瑛の男爵じゃがいもでいろいろ楽しんだ、、、
これがまた美味!
大沼に住むゆうこさんが写真を撮りに毎年出かけられる、美瑛の誉ブランドメロン農場の
渾身の作であるというのがうなずける。
ありがとうございました、ゆうこさん。

 天璋院「篤姫」をみて日曜日に幕を。
充実した健康的な一日が終わって、今夜もまた眠くなってきた。
by pretty-bacchus | 2008-11-23 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback(1) | Comments(7)