<   2008年 04月 ( 53 )   > この月の画像一覧

はや四月も終わってしまった〜〜〜〜
2008年4月30日 水曜日 晴れ

English Here

 とてもあつい一日だった。
月末っていやだ〜〜〜、、、、銀行の混み方といったら半端ではない。
どうしても今日の日付で送金の必要があるものがあり並んだのだが、なんと2時間待ちだそうだ。

 数ヶ月前は、あきらめて、皇居東御苑に遊びにいってしまったが、今日はそうもいかなかった。

 疲れたままに、夕方からは、フランスからの友と食事をした。
朝に試したE-3+70-300は、やはり夜用ではないと判断して、D300を持っていって、
またまた帰りに数枚カシャッと、、、
“オ〜ララ、、、ケイコ、メム ア トウキョウ、ツージュール アヴェク ユンヌ アパレイユ ドゥ フォト!
(ケイコ、東京でもいっつもカメラを持ってるの)
パリではいつも持って歩いているが、それは異国だからで、まさか東京ではそうでないと思ったようだ。

カメラと一言でいえばいいのに、フランス語では、カメラのことを、ユンヌ アパレイユ ドゥ フォトというのだ。
母国語を大切にする法律はいろいろあるのだが、これはどうもだが、でもこの発音は嫌いではない。
もっともEUになって、頑固に守っていた法廷での書類はフランス語だけという決まりが、
今年から英語も可となることにサインをしたというから、英語はますます大手を振ってあるくことになるだろう。

 真夜中に帰宅して、バタンキュウだったが、朝早くに目が覚めて、ブログのコメントの返事を書いて、
それから昨日の日付でアップしている。

a0031363_734137.jpg
(御所の周りは、夜もジョギングの人がいる)
a0031363_7382814.jpg

(ほとんど暗くてよく見えない公園の脇に、オートバイが並んでいた。photobraさんのことを思いながらカシャッと。
でもこの明るさは少し変だ。ISO3200の異様な世界だ。
“ここは駐車禁止だから、夜中にもっていかれてしまわないのかな、、、、、と連れ合いが心配していた。)
a0031363_7394717.jpg

 (中学校の敷地のなかから、白い花が顔を出していた、、、何の花だろう、白うつぎかしら? カシャッ)
 
by pretty-bacchus | 2008-04-30 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(2)

ぶ厚い取扱説明書をようやく読み終わった。
a0031363_213720.jpg



a0031363_2105257.jpg

a0031363_232676.jpg


a0031363_231293.jpg



2008年4月29日 火曜日

English Here

 キレイな朝だ。鳥が愉しそうにさえずっている。

日が射してきたから、今日は一日良いお天気なのだろう。
私は徹夜で読書をしてしまった。やっと最後まで読み終わった、、、。
それも情緒のない430頁の本の形をした取説だ。

このところ週末の読書も、毎日の就眠儀式の読書も、カメラの取扱説明書を読んでいる。
D300が特別に使えるようになったのは、大塚国際美術館と倉敷の旅が決まってすぐで、
出発の2日前だったので、要点だけ読んで使い始めた。

新しい機能については、ブログ友のphotobraさんやその友人達の写真の下に書かれているデータが
参考になっていた。
写真も雑誌も少し参考にした。
あとは、新しい機能を自分で使いながら試写をしていった、、、というよりかなり愉しんだ。
特に桜を満喫しながら、今年は撮りまくった感あり、、、、

 二週間後にシャッターがおりなくなったり、ちょっと変で、サービスセンターで見ていただいたが
要領をえなかった。

 測光とフォーカスモード、その上AFエリアモード、アクティブDライティング、ピクチャーコントロール、
ダイナミックAFエリア、カスタムメニューも以前のD70やD200にないものも多い。

3200の試写を夜な夜な続けたが、納得のいってないポイントがいくつも出てきた。
これは、やっぱり一度取説を隅から隅まで読まねばならないだろう、、、、と思って読み始めた。
なんと430頁もあるのだ。
E3の2,5倍もあってとっても厚いので、大作の単行本くらいはある。

要所要所にポストイットをつけながら、、、、。
気になる点は大きな文字の説明の「
ところではなく、クリップ印の小さい文字にあったり、鉛筆マークに重要が事が書いてあったりする。

読みながらカメラを設定していくと、取説が無いときは困るから、まず読んでおいて、
それからカメラの設定を、取説も何も見ずにしなおして、試写。
それから、もう一度取説のポストイットをつけた説明と照らし合わせる方法をとった。

こんなに丹念にしたのは初めてなのだが、旅に出てから、頭に入っていないと困るから、、、、。
(最も、端からはじまで読んだといっても、決して良い写真が誰でも撮れるわけはないのに、、、、、)

 慣れない二日目に撮った瀬戸内海の朝日などは良く撮れていたので、安心していたのだが、
もっと設定を変えると、さらに良かったかもしれないと思える、隠しポイントもあったようだ。

八重子さんの舞台写真も、もう一度撮り直したい感じだ。

 これでしばらくD300は、鞄にいれたままにしよう。
二本のレンズで広角から、200(300)までをカバーできるから、次は旅用のカメラのもう一つ、
オリンパスのE-3に慣れておかねばならないから、、、。
こちらの取説は174頁で、いかにも薄く思えてしまい嬉しい。

今日はお休みなので、近所のお散歩以外、iMacとカメラと戯れていたい、、、、。

 メインのマックブックはまだ修理に出してないのだが、私の方のiMacがあまりに調子が悪いので、
少しデータを動かして、さらに写真関係のバックアップとか、CFカードからの入力は、
隣の連れ合いのiMacを昨日から使って、機械の負担を分散したら、こちらも動きが速くなった。
やはり、メモリー増設もしていないでの二代目20インチiMacは、このくらいが限界なのだろう。
(新iMacが昨日発売になったが、買えそうにない、、、、)

 旅の最初に、初めてD300で撮った一枚を、

大塚国際美術館のことは、いろいろ書きたいのだが、未だ書けないでいるので、数枚写真をあっぷしておこう。

まずAM8時半に
a0031363_0465531.jpg

by pretty-bacchus | 2008-04-29 19:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(22)

春宵や 春憂もまた 春のうち
2008年4月28日 月曜日 晴れ

English Here

 写真を撮れるのは仕事を終えて夕食にでたときとかだから、夜が多い。
それでなくとも宵っ張りだから、ブログを書くのは真夜中になる。

春宵は、時には春の愁いになりメランコリックになったりする、、、、。

 でもたまには朝起きてすぐに撮ることもある。
借景の緑はますますしげり始めた。
ベランダの冬眠していた朝顔の葉もどんどん蔓を伸ばし始めた。
三年目になるけれど、今年も咲いてくれるかしら、、、、楽しみだ〜〜〜。

 
a0031363_01888.jpg
   (家の中から汚れた窓越しに借景をカシャッと、、)
a0031363_0185747.jpg



そして、また夜半に、、、、、
でも、カメラがおかしい、、、、どうも本調子ではない、、、

a0031363_0213428.jpg

a0031363_022237.jpg
(
帰り道、街灯にマロニエが輝いていた。あ〜〜パリみたい、と望郷にかられたら、
望郷という映画を思い出して、、、)
a0031363_315739.jpg


(真っ暗な公園の階段がわずかに光っていた。ISO3200でカシャッと、、)
a0031363_032296.jpg


by pretty-bacchus | 2008-04-28 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(12)

フランスからのお客様で今夜もお出かけ
2008年4月28日 日曜日

English Here

 世の中はゴールデンウィークの始まりか、、、



a0031363_1415799.jpg
タクシーを待つ間にカシャッa0031363_142252.jpg
a0031363_1433814.jpg  (都会の鯉のぼりは真夜中にも泳いでいる〜〜^)
a0031363_224982.jpg

 (ホテルニューオータニのロビーには五月人形と季節の花が見事に、、、)a0031363_144837.jpg
a0031363_145677.jpg

a0031363_1453587.jpg

a0031363_2115644.jpg
a0031363_2123180.jpg (岡半さんの入り口には、廬山人の額が。各お部屋には、先代のコレクションがかかっている。)
a0031363_1482414.jpg

a0031363_1461813.jpg
  (定点観測の夜景)
a0031363_1464521.jpg
  


 今日もISO800>1600>3200の試写になってしまったみたい、、、、、
帰宅して一時間で少し整理、、、結構時間がかかるものだ、、、

 ボンニュイ! エ、アビアントー〜〜〜!
by pretty-bacchus | 2008-04-28 01:48 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(22)

父のこと錠爾さんのこと佐野さんのこと
カクテルの思いで
カテゴリをpersonとして記録


by pretty-bacchus | 2008-04-27 04:10 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物

金曜日の赤坂の続きの続き
2008.04.27 真夜中に  昨日の続きの続きを

English Here

 高田さんのお店を出て、細い道から一ツ木通りに出た。
タクシーをひろうまで、少し大通りに歩こうということになった。
さすがに街は静かで、全てのお店がしまっている。

 酔っても首からはカメラをさげて、ISO3200の世界をしっかり楽しんでいる自分に苦笑いだ。
あ〜〜〜店が閉まっているのに、電気がついている、、、あのお酒はなんだろう?
18〜200mの望遠側にして、スポット測光でカシャッ。
ついでにお店の格子もカシャッ、、、

かなり酔っていたし、このままダウンしてもつれて帰ってくれる人がいるから、
どこかで安心して気が緩んでいるのだろう、、、

 先を歩いていた夫の足がぴたっと止まった。
‘もう冷やし中華をしている〜〜〜〜。入ろう、、、、
‘え〜〜? まさかこれからまた食べるの
会食の後、バーでペンネを食べたのは私だけだったから、お腹がすいたのだろう、、、
私は通り過ぎたのだが、彼は結局さっさと中に入ってしまった。

 ‘’まずビール? いつも飲まない彼が頼んだのは、私の為だったのか、、、、?
(これを最後まで私が飲んだかどうかは覚えてないのだが、どうもそうだったらしい、、)
一番小さい冷やし中華を頼んで、むしゃむしゃっっ、、、、
これでは痩せるわけはない!
困ったものだが、たまには羽目を外すのもいいかって、思っている今日この頃だ。

(歌舞伎町オフ会の続きを何日もかいてらしたphotograさんやel-doraさんの気持ちが良くわかった)

a0031363_0452446.jpg
  (盗撮ができてしまうな〜〜〜)
a0031363_0444967.jpg

a0031363_0461361.jpg

a0031363_0471598.jpg
  (黄金色のビールの輝きがきれいだったので、飲む前にカシャッと、、)






#IMAGE|a0031363_0485286.jpg|200804/27/63/|mid|531|800#]






(酔った手持ちでこれだけ楽しめるのは、偏にカメラとレンズがよくなったからなのだ。)
by pretty-bacchus | 2008-04-27 04:04 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)

カクテルの思いで(酒文化食文化は父母から)
2008.04.27 真夜中に  昨日の続きを

English Here

 前編をブログアップした所に電話がなった。
昨夜のブログ

真夜中の電話は数人しかいないから、すぐわかる。
‘敬子さん〜〜〜こんばんわ。変なトラックバックが沢山あってこまってるの〜〜〜、、、
八重子さんだった。
6月の新橋演舞場の新派120年のお稽古にお忙しいはずなのに、真夜中にブログを書いているという、、。
そんなわけで、またまた熟女二人の真夜中のアップル、ブログ談義、リューさんのことなど。
週末の都会の夜は更けていく、、、。

 昨夜は、高田さんがおっしゃったとおり、ジャストミッドナイトには静かになった。
会食で食事が済んでいるというのに、自家製ピクルスとペンネのアラビアータ春キャベツをいただいた。
バローロとの相性もバッチリで、美味!
連れ合いは、バーカウンターからソファーに移って、うとう〜〜と。
これは彼のおはこだから、私はかまわずにカウンターで高田さんと酒談義。
食後酒は、もちろんバーアルマニャック、フランシスダローズだったのだが、
少し酔ってきていて、新しい試みをしたくなった。

せんだってから、火曜日のビアのの日には、香織さんのジャズピアノを聴いて、
食前酒は高田さんにカクテルを創っていただく事にしていた。

 酒文化食文化は父母から教えられたが、子供の頃は家では日本酒が多かった。
家にはいつも父や叔父の友達が来て政治談義や文学談義をしていたものだ、、、。
カクテルを覚えたのは、父に連れられていった昔々の銀座のバーだった。
‘お嬢様はこちらへどうぞ、と別室に連れて行かれて、父が飲む姿はあまり覚えていないが、
いつも、‘はいどうぞ、、と大きなイチゴにウィップドゥクリームが沢山のった一皿が食べたくて、
父にねだったものだった。(当時はそんな贅沢なデザートはまだ一般的ではなかったと思う)
その後、高校生くらいのときに、町の小さなバーでDさんと時々楽しむようになっていた。
もっぱら、私は彼のガールフレンドの話とかの聞き役だったが、文学少年の彼とは、
小説や詩の話をしたりして、私の良き友達でもあった。

 時はうつり、大学が終わる頃までに、ときどき機会があったが、
その後はパリに住むようになったこともあってワインが多くなった。

 佐野さんという名カクテルの方にあったのは、パリから帰ったずっとあとで、
福沢錠爾さんの芋洗い坂の「福寿司」が、別の場所に移って、バーカウンターが出来た時であった。
福沢錠爾さんのこと
keico.exblog.jp/3717874/
六本木の想いで
http://keico.exblog.jp/6838984/-

米軍基地の将校クラブからバーテンダー人生をはじめたという佐野さん、佐野繁雄さんは、
世界のカクテル ブックに収録されている「佐野グロッグ」というラムベースのホットカクテルの生みの親。
お寿司をいただく前に、佐野さんのカクテルをいただく時期がずいぶん続いたが、その後佐野さんは、
浅草の麦とろの女将さんの応援で、浅草に「バーリィ・浅草」Barley Asakusaを立ち上げられた。
下町のバーとは思えぬしゃれた一軒家の一階と二階の小さな、落ち着いたバーが彼の城となったが、
惜しまれながら十年前に七十歳で亡くなられてしまった。
知らせを聞いて告別式の出棺にようやくまにあって最後のお別れが出来た。
いつものように穏やかなお顔だった。
トレードマークだった刺繍入の深紅のベストが、お棺に掛けられていて、生前の佐野さんをしのばせていた。

佐野さんを慕っていた弟子の木村さんが、今もこの店を守っているが、もう何年も行っていない(ごめんなさい)

 高田さんは、原宿のブルーミングで、グランドピアノもある大人のバーのオーナーだった。
早くからフランシスダローズの素晴らしさを見抜かれ、20年前に初めて日本に入れた時からつかわれている。
佐野さんとは、また違った魅力をもった方だ。

 いまさらカクテルのお勉強でもないが、先々週は、誰もお客さんがいないときに、
少しおさらいをしていただいた。
マティーニ、サイドカー、マルガリータ、ダイキリ、アレキサンダーが五代カクテル?
まずは、カクテルの王様のマティーニ、先週は、ブルーブロッサム、そして、昨日は、食後だったので、
少し甘口のブランデーベースのアレキサンダーにしたが、
それをフランシスダローズの89年をつかっていただいたのだ(1942はさすがにもったいなくてと、、)
あとはカカオと生クリーム。
アルマニャックの香りと味がなんともいえず香ばしく美味なアレキサンダーとなったことはいうまでもない、、、
カクテルの楽しみはその名前の由来の面白さもあって、話はつきない。

 この調子では、肝臓が完全にやられるまで、お酒類とは縁が切れそうにない、、、な。
静かになった店をあとにして、細い道から一ツ木通りに出てタクシーを拾うことになった。

ところがここでまたハプニングがおこったのだ、、、、

(また続く、、)


(カテゴリのwine & foodとは別にカクテルを作る日も遠くないかもしれない、、
凝り性もいいかげんにしないと、、、、)

a0031363_0421672.jpg

a0031363_0433522.jpg


by pretty-bacchus | 2008-04-27 03:03 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(7)

金曜日の赤坂
2008年4月26日 土曜日 曇り

English Here

 昨夜は遅かったのに、朝方目が覚めてしまった。
借景の緑がまた一段と豊かになった。

 春眠暁を覚えず、とは良くいったものだ、、、、眠い、ともかく眠い、、、、。
それなのに、目が覚めてしまって、、、、ネットで少し遊んでまた寝室へ、
若い頃もこうだったのだろうか、、、、。

 歳を重ねるといろいろと変わってくるものなのだろう、、、。
例えば泥酔も、、、、。
その昔は全然経験がなかった。昔は十年に一度くらいだった。それが一年に一度になり、
一月に一度くらいになった。

 美味しく食べて愉快に飲んで話して、そしてどんな風に家に帰ったかを全く何も覚えていない〜〜〜。
いや、そうではなくて忘れているのだという(昔よく行った焼鳥屋のオーナーが言っていた)。
後で言われてみると思い出すのだから、覚えていないとはいえない、、、、ということらしい。

 会食の後で赤坂に出た。すごい人だった。そうか、、、、花金なのだ。
そのうえ、先月また一つ新しい街ができている途中で、人の波は東京ミッドタウンから
赤坂サカスへ流れているという。

昨日アップした上の写真は、赤坂の一ツ木通りでタクシーを降りたところこで、
眼前の赤坂さかすのTBSのビルをスナップしたもの。
『akasaka Sacas(アカサカ サカス)』は、. 2008年東京にオープンの東京の新名所で、
TBS放送センターとその周辺の再開発計画で誕生した。

Sacasという名称は、敷地周辺の約100本の桜を現して「赤坂に新しい文化を咲かす」
「笑顔や夢を咲かす」などの意味が込められているそうだ。
東京ミッドタウンから赤坂サカスへは、三輪自動車の「VELOTAXI(ベロタシー)」が無料で
運行されたりしていた。

 その中で今一番湧いているのは、どうやらパン屋さんらしい。
朝から行列ができて店が閉まるまで人人人だそうだ。
マキシム・ド・パリが手がけたブーランジェリー(パン屋)で、
ブーランジェ『Le Boulanger Dominique SAIBRON(ル ブーランジェ ドミニク・サブロン)』
ここのクロワッサンが美味しいと、30分も待っていくつも買ってくる知人(男性)がいて、
まったくビックリだが、私はまだ食べた事がない、、、。
別に新し物好きではない私の耳にも入るのだから、アチコチで話題になっているのだろう。

 私のいくところは、そこではなく、咲かすのビルを後ろに背負ったような小さいなビルの
地下一階の友人の店、THE QUARTER HOUSE ザ・コーたー・ハウス。
カウンターが十席と椅子席が四卓、そしてピアノが一台の小さなお店。
原宿の大きなお店を閉めて、高田さんがこちらに小柄の店をだしてから5年になる。

 高田さんのカクテルは最高! そしてこの店のハードリカーと、
ヴィンテージブランデーのフランシスダローズは秀逸!
さらに、昨年末から毎週火曜日にピアノを効かせてくれるジャズピアニストの大澤香織の演奏だ!
何度か書いているが、その一つ

 ほどほどにしか込んでいないお店なので、ふらりと入ってびっくり〜〜〜。
満席で、すごいにぎやかだったのだ、
‘金曜日の今頃が一番込んでいるのですよ、でもシンデレラタイム頃には静かになりますから、どうぞ、
とカウンターの隅に二席の席を作ってくださった。

(続く、、、)

(今夜もISO3200の試写を楽しんでいる)

a0031363_0274076.jpg
 
a0031363_0283358.jpg
  (コンテルノファンティーニのバローロ2001)

a0031363_0301696.jpg
 (バー・アルマニャックのフランシスダローズの1942年。
この世にもう数本しかないだろう、、、。
マイグラスは、ドレスデンクリスタルのブランデーグラスと、フランシスダローズのオリジナルグラス)

a0031363_0292636.jpg
  中段左から1904年から1989年までが並んでいる、、、、

by pretty-bacchus | 2008-04-26 23:56 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(72)

春宵一刻値千金
a0031363_7251347.jpg


a0031363_844487.jpg

by pretty-bacchus | 2008-04-26 06:06 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(8)

ブログについて
2008年4月22日 火曜日 晴れ

English Here

 なんだか少し疲れ気味だな、、、、
新しことに夢中になると、寝るのも忘れてしまうから、その後の疲れもでるのだろう。

若い頃にはそんなことがなかったのに、この頃はどうもいけない、、、、

お酒の量もおちたし、食事も昔から比べると食が細くなった。
行き付けのお店でそういうと、どこでも
“それでも、普通の方より健啖家ですよ。お酒だってまだまだ強いですね〜〜〜、と
いわれてしまう。

家でワインをあけても、このところは翌日まで残っている有様で、、、まあそれが当たり前なのかも、、、
と思い始めた。

 今日は一日書類の仕事でなお疲れた。
時々ブログ友のブログにおじゃましながら、、、、、

最近また訪問数が増えている、、、いちにち580とかもあって良いのやら困るのやら?
コメントをいったりきたりする方は10人ほどだから、あとは友人をのぞいても不特定多数の多くの方が
見てくださっているのだろうから、少々恐い、、、、まあ公開しているのだから、あたりまえだが、、、
a0031363_19153991.jpg


 それと、english here を始めてから半年ほどになるのかな、、、、そのせいか、
アクセスポイントがGoogleMAP上に表示されるgeovisitorで24時間以内の世界中のアクセスをチェックすると
ヨーロッパの友人はもとより、北米、南米、アフリカとか最近は韓国、中国、ニュージーランドとかもあって
驚いている。
大変な時代になったものだ。
a0031363_19145481.jpg
  このブラジルの右下は何処の国なのだろう?


 今夜半から明日の9時までエクサイトはお休みだそうだから、今の内に少し書いておこうと思った。
このところ真夜中のエクサイトがおかしいからチャンとなおってくれると良いが、、、

a0031363_19404165.jpg
(借景の庭のはるかむこうにピンク色の花らしきものがちかちかしているのが見えるが、何の花かわからない。
スポット測光にして望遠側で撮ってみたら、ハナミズキだった。)
by pretty-bacchus | 2008-04-25 19:26 | about myblogブログ考、その他 | Trackback | Comments(12)