<   2008年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

北風や 江戸の大火事 こんな日か
2008年1月31日 木曜日 晴れ、寒い〜〜〜北風ビュービュー

English Here

 月末は何となく落ち着かない。
昨夜は遅かったが、ともかくも早くに起床、、、
友人からメールが入っていた。

“皇居東御苑の花がキレイでしたよ〜〜〜せんだって、私は行ってきました。
http://www.kunaicho.go.jp/hanadayori/itiran.html
地図とHPアドレスが添付されていた。

え〜〜千葉からわざわざ出てきて東御苑の花を見に、、、、、。
ん、、まったくのんきでいいな彼女は、、、、超多忙な私をあざわらうように、
いや友人だから少しからかいながら、きっと励ましてくれているに違いないのだが、、、。

 ともかく月末のマストがいくつかあるから、バタバタと昼食を取ったあと銀行へ。
月末の銀行は混んでいることはとっくに承知。
でも今日はひどかった。
以前は弟と総務経理にまかせておいたことも、最近は日常のことはしなければならないので大変だ。
もともと数字には弱いし、何十年もしていないことをするのは、かなりのストレスで、
昨年一年かかってようやく少し慣れたと思っていた。

振り込みとかは、ネット銀行でできるが、やはり銀行にいって入金を確認して、
それから振り込みとかしなければならないものもあるし、
海外送金はカウンターでしか出来ないし、、、、。

 午後一に銀行に入った。すご〜〜い人で番号札ははるかに先の番号で、ともかく待つことにした。
15分、、、25分、、、、35分。だめだ、、、、途中でATMで出来ることをすませて戻ったが、
まだ順番が回ってこない、、、。
外は寒いのに、人でごった返した銀行の二階は、みるみるうちに蒸し風呂のようになって暑い〜〜〜!
なんだか空気が希薄になってきたようだ、、、、堪忍袋の緒がきれた。
月が変わってもよい方に、電話をして銀行をあとにした。

 なんだかとっても疲れてきて、、、、、こんな時には、時にはとんでもないことを考えてしまう。
外は寒かったが、顔はほでったまま、、、、う〜〜〜キレイな空気が吸いたいな〜〜〜
バスの時間を調べていなかったので、タクシーに飛び乗った。
“北の丸公園の向かいがわの皇居東御苑にいってください。乾門から中に入れますから、、、、
月末で少し混んでいたが、まもなく運転手さんはするすると門ギリギリに車を入れたところで
ガードマン(皇宮警察)に停められた。
“ここは一般の方は入れないのですが、、、
“え〜〜でも前回は入れましたが、、、、
“そんなことは無いはずです。どなたか特別な方とご一緒ではなかったですか?
“はい、そうです。
そうか、突然に一般はだめなのか、、、
“この下の北桔橋門から歩いて入れますよ、、、東御苑の入り口はあと大手門と平川門があります。
“ありがとうございます。

 車をおりて、北桔橋門から番号札をもらって入場。
冬は午前9時~午後4時が公開で誰でも入場できるという。
おりからの北風と太陽が冷たく、肌をいる。
お化粧はほとんどしない私は、これではまたシミが沢山出来てしまいそうだが、まあ、、いいか。

この門から入るのははじめてだ。
大きな石垣をグルリと回って、天守閣のあった頂上をめざして坂を上る。
はるかに大手町や日比谷方面のビルがみえ、あとは一面の芝生と緑。
東京のど真ん中にこんなに広い自然が公開されているのだ。
1607年に秀忠の時に、太田道灌によって築城されたと立て札がある天守閣は、
江戸の大半を焼失するに至った1657年の明暦の大火(振袖火事)で、
消失したまま再建されなかったという。
(江戸時代は1868年まで続いたのになぜ再建されなかったのだろう、、、、?)

乾燥した真冬の北風の強い日に発火して何日も江戸の街は燃え続けたというから、
今日のような日だったのかもしれない、、、。
(振り袖火事と書いてあったので、私はてっきり八百屋お七の天明の火事と勘違いをしてしまったが、
家へ帰って年表をみたら、明暦であった。)

 石室、富士見台、百人番所など、江戸時代からの建物も遺っていて、なかなか面白い、、、、。
写真を撮りながら、ゆっくりと御苑内をまわって、久しぶりに美味しい空気を一杯吸って、
青い空と緑を楽しんでいたら、いやなことも吹っ飛んでいった、、、、、
タチカンツバキ、ナンテン(実)、ツバキ、ボケが開花していた。

あっというまに、閉館30分前のアナウンスがあって、一時間以上もも歩いていたのだ、、、
大手門から外にでた。
バックの中で寝ていた携帯電話には沢山受信が入っていて、また現実に引き戻されてしまった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
皇居東御苑は、旧江戸城の本丸と二の丸を中心とした地域で面積は約21万m2。
元は江戸城北の丸で、御三卿の田安家(千鳥ヶ淵側)と清水家(清水堀側)の屋敷があり、明治以降近衛連隊や近衛師団司令部があった。
〜〜〜〜〜〜
a0031363_085451.jpg


(写真1〜19)
北桔橋門手前
a0031363_065592.jpg

門を入ってすぐに、、、、
a0031363_0295538.jpg
a0031363_0303238.jpg
天守閣からa0031363_0305577.jpg

a0031363_0405221.jpg
桜の蕾が夕陽に光って、、、、a0031363_0412984.jpg

竹の道a0031363_0465244.jpg

椿が夕日に輝いて、、、
a0031363_0525287.jpg


松の廊下の跡
a0031363_0582560.jpg

松の木も年輪が感じられる、、、、
a0031363_142442.jpg

大きな南天の木の元に落ち南天が、、、
a0031363_19375.jpg


富士見櫓


おもしろい木


鳥が道路に遊んでいた


夕陽に落ち椿も美しく、、、、


百人番所跡


落ち椿も美しく、、、、


今日の夕陽


天国への梯子雲


門を出て


白鳥にこんにちわ
a0031363_6182928.jpg


(今夜中に全部アップできないかもしれないな、、、、)
(昨日ファームウェアをバージョンアップしたら、設定がSRGB変わっていたりして、途中で
設定変更をしたので、調子が揃ってないな、、、、)
by pretty-bacchus | 2008-01-31 23:23 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

あきれた友も また良き友かな
2008年1月30日 水曜日 曇り

English Here

 一日書類の整理で、夕方からヨドバシカメラに走った。
エプソンとHPのプリンターのインクがなくなってしまって、ファックスも変な色になってしまう。

 エプソンのプリンターの新機種もみて、気になるカメラやレンズもちらっとみて、
マックのコーナーにも寄って情報収集?
家路に就く途中で電話がなった。
“ショウタロウです。こんばんわ。これから東京に向かいます。
どこかホテルが取れないでしょうか〜〜〜?
“え〜〜〜!
今の時期は受験生が多くて、東京はどこも一杯のことは聞いてた。
2,3知り合いのいるホテルに聞いてみたが、高い部屋はあいていても、安いのは見つからない、、

“正ちゃん、だめですね〜〜〜。どうしよう、、、
“イイです。どこかで時間をつぶして、4時半の新幹線で熱海に帰ります〜〜〜
でも、約束の方とは真夜中までしかだめだから、どこかその後に開いている店を教えてください、、
“え〜〜〜? 絶句のあと私が言ったのは
“いいわ正ちゃん、終わったら電話をして、、、、、。
友人のカウンターバーが4時まであいているからご案内しましょう、、、
でも私は朝方までは一緒できないかもしれないけれど、、、、

 ショウタロウさんは、熱海でステーキハウスをしているナイスガイ。
京都の美江さんの友人で、もう十数年前から良く知っていて、一年に一度くらい三人で
交友を深めて京都か東京か熱海で酒談義をしている。
若い頃には三人ともかなり強かったが、最近は飲み明かすのがつらくなってきているのは
私だけでは無いと思うのだが、、、、

 少し休んで真夜中に備えよう、、、、本当に東京ってどうなっているのかしら、、、

 北海道のゆうこさんは、今頃流氷船に乗る前かしら、、、、?

a0031363_23244640.jpg
  写真展の写真を一枚アップ。説明は明日に、、、、
by pretty-bacchus | 2008-01-30 22:22 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

借景の モノクロの景 パリ八区
2008年1月29日 火曜日 曇り

English Here

 寒い朝だ。
どんよりとした空気が借景の庭と建物に漂っている。
ここ数日の寒さとグレーの空の東京は、巴里のようだ。

 なんだか、このところよくパリ時代を思いだしてる。
四半世紀以上も前のなつかしき日々、、、、、

パリは十五区と八区に住んでいたことがある。
八区の家には中庭があって、春はカラフルな花々、秋には藤がさいていた。

冬はどんよりとネズミ色の空気が流れていた、、、、。
モノクロの巴里の良さを解り始めたのは数年がたって日本に帰国するころからだった。


 昨夜は薫さんのお招きで、八田料理長のイノシシ鍋をいただいた。
旅のこと、ワインのこと、仕事のこと、日本の政財界のことなど、年代の違う三人なのに、
話はつきず、真夜中まで、なごやかな華やかな時間が流れた。
私たちより二十歳も若い彼女だが、教えられることが沢山ある。
なによりも彼女の明るさと聡明さは素晴らしいし、一生懸命生きている女性として
尊敬が出来る存在なのだ。
友の年代差も、性別さも、国境さもないと思っている私には、大切な友人だ、、。

a0031363_17182866.jpg

 カラーで撮ったそのままなのに、、、


a0031363_2154271.jpg
(一昨年の巴里にて、走るタクシーの中から、夕暮れにバイクで走る女性をスナップ)
by pretty-bacchus | 2008-01-29 17:15 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

旅写真は 冬の月に見送られて
2008年1月28日 月曜日 曇り

English Here

 写真展が終わった。
昨日は夕方から写真の撤収と現場復帰をした。
青山さんが来るまで来てくださり、連れ合いも手伝ってくれた。
全てを終わって帰宅。ど〜〜と疲れが出て食事もせずにバタンキュウだった。

 とっても寒い時期だったのに、多くの方がいらして下り感激している。
芳名簿に、いろいろ感想を書いてくださったり、メールで応援してくださったり、と
友人達のありがたい思いに胸が熱くなった。

 毎回いらしてくださっているご近所の方が数人いらっしゃるのだが、
まだお目にかかってないし、ご住所も解らないので、お礼状がだせない、、、、。

これから芳名簿の整理をして、お礼状を一人一人書きたいと思っている。

 全てを終えて、最後に梯子だけが残った。
フランス人女性が通り過ぎて、
“寂しくなりましたね〜〜〜。とても優しい暖かい写真でしたね〜〜〜、と
上手な日本語で声を掛けてくださって、思わず涙ぐんでしまった。

急な決定で、なにからなにまで青山さんに頼ってしまって、準備が大変だったが、今
こうして終わってみると、やはり、写真展を引き受けて、させていただいてよかったと思っている。

 皆さん、本当にありがとうございました。
  
a0031363_18775.jpg
 (最後に右の壁と左の壁をもう一度撮って、記念に。
右の壁のシャンパーニュアルデンヌ地方の号の、エールフランスの機内誌の
「BON VOYAGE の表紙は、青山進プロ。
左の壁のラングドックルシオンの号の表紙は、アマチュヤの私の写真で、珍しい例だ)


a0031363_1863960.jpg
  (全てを終えて、最後に梯子だけが残った。
フランス人女性が通り過ぎて、
“寂しくなりましたね〜〜〜。とても優しい暖かい写真でしたね〜〜〜、と
上手な日本語で声を掛けてくださって、思わず涙ぐんでしまった。

a0031363_1873742.jpg

(会場から青山さんの車に移った写真、、、、)
a0031363_23543947.jpg

by pretty-bacchus | 2008-01-28 14:14 | ◉PhotoExpo写真展'08シャンパ | Trackback | Comments(6)

甦る 曇天の空 冬の巴里
2008年1月27日 日曜日 晴れ

 キレイに晴れた日曜日。
巴里にいては考えられないことだ。

 数十年前の初めての巴里行きは4月だった。
駐在員で出たときは、7月だった。巴里の空はいつも青かった。
それが冬になると、毎日ねずみ色の空でビックリした、一年目の冬は
とてもメランコリーになった。

 その暗い冬の空の素敵さを、じ〜んと感じられるようになったのは、
巴里駐在の任期が終わって日本に帰ることになった4年後くらいだったかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~

 数日の写真の整理を少しして、ブログを遡ってアップ。
これから写真展の撤収にでかける。

English Here

a0031363_16434382.jpg
 (明け始めた日曜日の朝に、カーテンのエンジェルが笛を吹く、、、)

a0031363_16441677.jpg

 (葉が落ちた借景の木には鳥が遊びに来る、、その木も早や芽がふいてきて春を待つ。
青空が綺麗な日曜日は嬉しい、、、、)
by pretty-bacchus | 2008-01-27 16:16 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

久しぶりに友と食ベリング、ダベリング&ドゥリンキング
2008年1月26日 土曜日 晴れ

English Here

 F先生と仕事を終えて携帯をみたのは、17時17分だった。
15時47分に、美江さんから電話が入っていた。
“今、写真展で〜す。素敵でした。これから帰ります〜〜〜

え〜〜〜そんな、まったく、いつも驚かされる、、、、
すぐ電話をした。
“今、新幹線の品川です。 17時20分ので京都に帰ります。

“そんな、、、、、キャンセルして戻ってください〜〜〜。

 もう〜〜まったくいつもこうなんだから、、、、とぶつぶつ言いながら、、、、、
最終日なので、夕方には写真展を閉めてから、ヨドバシカメラへいく予定を変えて、
レストランを予約。
家にワインを取りに帰って秀さんのところで合流、、、、
数ヶ月ぶりに、いろいろ話ができて、真夜中まで楽しく過ごした。

結局、美江さんは京都行きの最終列車には乗れずに、東京泊。
友達っていいな〜〜〜


(写真1)
真夜中に宿をとってもらって、チェックインした美江さんのお部屋から、
東の空に昇ってきたばかりの十八夜の月を撮るもよっていてブレぶれだろう、、、)
by pretty-bacchus | 2008-01-26 23:59 | ◉PhotoExpo写真展'08シャンパ | Comments(2)

2008年写真展~シャンパーニュ・アルデンヌ地方への誘い~の芳名簿などを
2008年1月25日 金曜日 晴れ

English Here

 エールフランスの機内誌の元“ボンヴォワヤージュ”の編集長であった
菊池さんが病で倒れたのは一昨年だが、回復に向かっていて皆、喜んでいる。

 菊池丘さん、青山進むさん、フランス人広報、そして私を含めた数人がいつも取材で
一緒に旅をしていた。
今日は菊池さんが、日仏会館の写真展にいらしてくださった。
ご自分がなさったルポルタージュをなつかしそうに、嬉しそうに、時には涙ぐみながら、
ご覧になっていた。

 “シャンパーニュアルデンヌ地方だから、ワインに詳しい貴女が書いた文は、いいですね〜〜〜、
と一枚一枚見て読んでくださっていた。

 芳名簿にも沢山の方々が感想を書いてくださっていて感激。
大阪から岡本さん、中塚さんが、京都からも、横浜からも、、、そして
鎌倉からは元朝日新聞事業部の朝日サンツアーでフランスの旅を一緒にお仕事させていた
柳澤保雄社長もいらしてくださったようでありがたい。
藤原先生のメールで知りましたので、と大学生もいらした。
ソペクサ、フランス食品振興会(SOPEXA)の小林さん、佐藤さん達もいらしてくださったようで
ありがとうございました。

 そして写真家の管洋志さんや小方悟さんもご覧下さったようで、恥ずかしながらありがたい。
小方さんは、私の先生でもあり、毎年見てくださっている。
彼は、コンタックスの季刊誌のDOの審査員であり肖像写真家でもあるのだが、
ソルボンヌで5年間も映像の勉強をしていて、彼の撮るモノクロのフランスの写真は
すばらしい!

ヨドバシカメラでいつも、いろいろアドヴァイスしてくださるカメラコーナーの蒲田さんも
奥様といらしてくださったようだ。
お隣の山崎さんも、管理人さんもご覧下さったようだ。

 連れ合いの友人も何人も方名簿に書いてくださっていて、お目にかかれなかった方のほうが多くて
ほんとうに申し訳けない。
 
 会議の途中で日仏会館の理事の吉田寿々子さんが降りてきてくださって、
“皆さんとても喜んでくださっています。フランスの地方の紹介をこうして毎年していただいて、、と、
心から喜んでくださって、今日は、なんだか皆で涙ぐんでしまっていた。
苦労したかいがあったと、私が一番涙ぐんでしまって、、
皆さん、本当にありがとうございます。

 マックがダウンのままなので、書いた原稿がないのだが、今日は思い立って写真と、
その下の原稿のプリントを一枚ずつ写真に収めた。
方名簿も一頁ずつ写したので、順々にアップしていけると思う。

 菊池さんをご自宅にお送りして、青山さんにおくっていただいて一時帰宅。
次の約束まで少し時間があるのでブログをアップのひととき、、、

写真の整理は後にして、またこれから出かけることになっている。


(写真)
なつかしそうに写真に見入る菊池さん
a0031363_16335726.jpg



"魅力あふれるフランスの地方を巡る" 〔その三〕
~シャンパーニュ・アルデンヌ地方への誘い~
by pretty-bacchus | 2008-01-25 18:06 | ◉PhotoExpo写真展'08シャンパ | Trackback | Comments(2)

寒風に 薔薇の蕾みも 首をふり
2008年1月24日 木曜日 晴れでも寒い〜〜〜

English Here

 まさに大寒だ。
北は爆弾低気圧が覆っているというが、東京も寒かった。
風が斬るように冷たかった。

 銀行の帰りにラボと本屋さんに寄りたいので歩き始めたが、突風がふいて太った私ですら
とばされそうになったほどだった、、、
夕方一度家に戻った、まだ日没の時間ではないが、あまりの寒さに屋上に上る気力はない。
エントランスの手前の隣のマンションとの間の薔薇の蕾みがまた一輪ついていた、、、、
この風に痛みがないとよいのだが、、、
え〜〜〜? その奥には、なんと桜のような花もさいていた。

風にふかれながらシャッターを切った。
ピピピ、、、と瞬時にあうのはなかなかの快感!
風に揺れる薔薇もぴっと止まって、、、、

 寒い〜〜〜〜本当に寒い中を帰宅、、、
a0031363_22333257.jpg
(東のビルに夕日が映えて、、、)
a0031363_2235232.jpg

a0031363_2235386.jpg

by pretty-bacchus | 2008-01-24 22:31 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)

ブログにて ねずみ色のパリ 旅心ろ
2008年1月24日 木曜日 晴れ

 朝から青空が見えている、、、よかった!
夜は十六夜がみえるかしら、、、、?

昨日は一日中、パリの冬のようだったなあ、、、って思っていたら、
朝一におじゃましたparisparisさんのブログの、まさにグレーのパリの4区の写真があった。

なんだか朝から旅心が起きている。

今日はいくつも予定が入っている、、、さ〜〜頑張っていこう。

English Here
by pretty-bacchus | 2008-01-24 09:30 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(5)

借景で初雪を愛で家の中
2008年1月23日 水曜日 雪

English Here

 明け方降り始めた雪は、どんどん酷くなるようで、朝のうちに予定を変更した。
東京は雪に慣れていないので、毎年初雪には、転倒事故とか交通事故が多いので、
Kさんをお連れして、日仏会館へいくのは無理だと思ったから、、、、

 午後一で青山さんがいらしてくださり、、、

 雪は夕方にはミゾレになって、やがて雨になり、、、
寒い一日は終わった。
a0031363_0573828.jpg  
a0031363_059332.jpg
a0031363_10279.jpg

a0031363_114426.jpg
(Am9:00 借景の裏の日本庭などをスナップ、雪が止まるのは1/60位から1/100くらいがキレイ)
by pretty-bacchus | 2008-01-23 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)