<   2007年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

早いもので、もう八月も終わりだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2007.08.31 金曜日

English Here

 そして葉月の最期の日。
暑い、あつい、、、、といっていたが、少し楽になったのも数日、今日の蒸し暑さはなんだろう。

 なるべく冷房をつけずにいたが、今年は夜も台所の冷房はつけたままのことが多かった。
それが今日になって壊れてしまった。

 人間も機械も同じ、、、、あまり無理をすると壊れてしまうのだろう、、、、、

 ブログのRSSをみたら、皆さん写真と文をアップしてらっしゃる、、、、、偉いな〜〜〜。
私は、コメントの返事もかけずに、またブログ友に感想も書けずに、今日もバタンキュウの感じ、、、、

明日オープンのザ ペニンシュラ ホテルのレポートも、また後で、、、、
a0031363_23263173.jpg
  24階のレストランフロアーから皇居外苑側をカシャッ
by pretty-bacchus | 2007-08-31 23:08 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

第六回クチーナジャンニの料理教室
2007.08.30 一日どんよりと雨、曇り

English Here

 少し休もうと思って横になったら、ぐっすり寝てしまったようだ。
でも、疲れはとてもとれているようで、よしよし、、、、

 お昼の約束を終えて、早めに帰宅。
昨日の料理教室の写真の整理をした。

 早いもので、クチーナジャンニの料理教室の取材お手伝いも六回目になる。
最初のメンバーに、男性が三人加わり、和気あいあいの食事会のような感じ、、、
高山先生は、先月の味のカルパッチョの準備の写真で、残暑お見舞いの葉書をつっくるという凝りようだ。
名医が、メスではなくて包丁をもつのもナカナカ、フォトジェニックだ。

 今月のメニューは、
= カポナータ
= トマトの冷製パスタ
= メカジキのトマト煮
= マチェドニア
a0031363_20101426.jpg
  (今日の材料の一部)


まずは=カポナータ
シチリアの皿、フランスのラタツーユのようなお料理だが、違いは茄子を使うことだそうだ。
材料は、
タマネギ、赤ピーマン、黄ピーマン 、ズッキーニ 、トマト中、トマトソース、茄子、セロリ、ローリエ、
そしてEXVオリーブオイル、塩

タマネギ、赤ピーマン、黄ピーマン、ズッキーニ、トマトは1cm角、茄子は2cm角に切り、
高温の油できつね色になるまで揚げる。
セロリは1cm角に切り固めに塩ゆでする。
トマトソースを加え200℃のオーブンに45分入れる。
a0031363_20143472.jpg

  (手首から上がきれいに焼けている美しい手は薫ちゃん)

a0031363_20253443.jpg

  (茄子を揚げるシェフ、小崎陽一さん)

a0031363_20181912.jpg

シェフの特別アドヴァイスその一は、野菜を炒める時に塩をして蓋をしながらいためると
旨味が逃げずむらなく炒まる。


野菜から出てきた水分が詰まったら赤ワインヴィネガーを入れ、揚げた茄子、
茹でたセロリを加え塩で味を整える。
a0031363_20201085.jpg

   (仕上げにフレッシュのバジリコ等を合わせて目にも美しく、、、、)

次は、トマトの冷製パスタ
フルーツトマト、エシャロット、塩、EXVオリーブオイル、レモン汁
フルーツトマトは湯剥きの前にヘタをとる。
エシャロットはみじん切りにする。
a0031363_20214326.jpg

 (エシャロットのみじん切りは高山先生が、、、、メスとは違いますね〜〜雅臣先生。)

a0031363_20232995.jpg

 (小崎シェフの説明を神妙な顔で聞いている先生)

a0031363_20305847.jpg
  (トマトのヘタの取り方を説明するシェフ)
a0031363_20293162.jpg

暑いので、冷製パスタがとっても美味しい!


 メインディッシュは、メカジキのトマト煮
メカジキ、ニンニク、タマネギ、白ワイン、塩付けケッパー(水抜きしたもの)、ミニトマト
トマトソース レードル、EXVオリーブオイル、イタリアンパセリ、塩、胡椒
a0031363_20343494.jpg
  (ニンニクなどを炒める、、、)

a0031363_20274683.jpg

(メカジキは好みの大きさに切り塩、胡椒を、、、)
フライパンにEXVオリーブオイル、ニンニクのみじん切り、タマネギのみじん切りを入れ弱火にかける。
少し色付き始めたらメカジキ、白ワインを入れアルコール分を飛ばす。
このお料理の隠し味は、浅利の出し汁、、、
a0031363_20325025.jpg

 (最後の味付けはシェフが、、、、)


 デザートのマチェドニアは、果物ずくしで、今日はオレンジ 、グレープフルーツ、キューイ、マンゴー
フルーツは好みでパイナップル、リンゴ、スイカ、メロン、洋梨、桃等など
甘口のスプマンテとレモンとミント
a0031363_20355023.jpg
  (フルーツカッターよろしく、とてもお上手なSさん)

 フルーツをお好みの大きさに切り容器に入れ甘口のスプマンテを入れ一日置きレモン汁で味を整え
皿に盛りミントを飾り完成。
一日置いてシロップレモン汁で味を整えるのがよいが、今日は2時間ほどのをいただいた。
a0031363_20375435.jpg
  


 今日は材料を書いたが、分量が重要で、これはお教室に通っている人だけのノウハウとか、、、!

 出来たのをいただくときは和気藹々で、それぞれの分野の話に華が咲く、、、、、このグループは最高だ!
a0031363_20373190.jpg



追伸* Yさん、Fさんへ、第一回目からのメニューは下記にあります。

http://keico.exblog.jp/5234927
第一回目メニューは、

http://keico.exblog.jp/5480670
第二回目メニューは

http://keico.exblog.jp/5639972
第三回目メニューは

第四回目メニュー

第五回目メニュー

(今日は、軽いオリンパスE410とセットレンズをつかった。やっぱり軽くてよいな〜〜)
by pretty-bacchus | 2007-08-30 20:49 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)

目覚めては 秋雨前線 重い朝
2007.08.30 木曜日 雨かしら、、、、

English Here

 昨夜は、やはりかなり遅くに帰宅。
案の定疲れ果てて、入浴もせずにバタンキュウ〜〜だった。

 寝苦しくて起きてきてしまった。
昨夜にチェックできなかったメールをチェック、デスクトップに散らかっている写真を数枚を
web用になおしてアップ。ようやく26日のが終わった。

 たいした写真は撮ってないけれど、毎日撮って、毎日書こうと決めて4年、そこそこに書いて
撮って、
なんとか毎日ブログをアップしてきたのだから、ここで挫折してはだらしがないぞ!、、、、と思うのだが、
なんとも時間も気力もない。

 蝉が鳴き始めた。 am5:11.みんみんゼミだ。
今日の日の出の時間にきっちりと一声をあげた。でもすぐになきやんだ、、、、最後の一声かしら?
時のうつろいは時には哀しい、、、、

どんよりとした夜明けの感じ、、、、、。

 みのもんたさんのあさずば「みのもんたの朝ズバッ!」が始まった。
なになに、、、、、秋雨前線が現れているのだという。
蝉もなきやんでしまったわけだ、、、、、。

朝からあまり良くないニュースを見るにはしのびない、、、、し、
あまり寝ていないから、もう少し寝ることにしましょう〜〜〜〜。
おやすみなさい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2007-08-30 05:33 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

どんよりと 風なぐ朝に 黒揚羽
2007.08.29 水曜日 曇りときどき雨

English Here

どんよりとした朝だが、ギラギラとした太陽がないのが、妙にほっとした朝だった。
午前中はずっと書類の作成。
締め切りぎりぎりで、かなり疲れた〜〜〜〜。

今日の夕方からは、ホテル視察というか、新しく9月1日にグランドオープンする、
THE PENINSUA ザ・ペニンシュラ東京の、ホテルチェックに同行させていただくことになっている。
ここ数年東京にオープンが続いている外資系ホテルとは、ひと味ちがうと聞いているので楽しみだ。

 その後は、、、、と、

 早いもので、クチーナジャンニの料理教室の取材のお手伝いも六回目になる。
最初のメンバーに、男性が三人加わり、和気あいあいの食事会のような感じなので、
とっても楽しく、こころがなごむので嬉しい予定なのだ。

高山先生は、先月のメニューのアジのカルパッチョの準備の写真
(私のブログにアップしたもの、http://keico.exblog.jp/5919598)が気に入って、
残暑お見舞いの葉書をつくるという凝りようだ。
名医が、メスではなくて、包丁をもつのもナカナカ素敵だ。

 出かける前にちょっと時間ができてMacにむかっている。
なんだかとってもだるくて疲労困憊なので、遅くに帰ったらバタンキュウだろうから、
両方のレポートはたぶん明日になるだろう。
by pretty-bacchus | 2007-08-29 17:17 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

月なくも皆既月食目でおいて
2007.08.28 

English Here

 六年ぶりの皆既月食ということで、愉しみにしていた。
今宵は、東の地平線から欠けた「満月」が昇ってきて、数時間欠けてしまい、また満月に戻るという。

 これは月が地球の影にかくされる「月食」ということは、わかっていても、わからない〜〜〜。
月が完全に隠されて「皆既月食」となるというので、とっても楽しみにしていたのに、、、

夕方に一度帰宅して、カメラをもって出かけたが、な<<<<なんと、稲妻と雷の嵐!
残念!

 久しぶりに尾関社長と、しみじみとしたお話しができて嬉しい!

 雨にふられて、雨宿りに駆け込んだのは、、、、
大友さんと数ヶ月ぶりにお目にかかって、ここでも話がはずんで、、、、

 今帰ったら、ドアをしめたとたんに、京都の美江さんから電話、、、皆な女性は頑張っているな〜〜〜

 もうダメダ、、、マックの前で船をきぎはじめた、、、、。
このままあ、バタンキュウの快楽につくとしよう〜〜〜
a0031363_23433491.jpg

by pretty-bacchus | 2007-08-28 23:52 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(14)

月と競い 東奔西走 夏雲下
2007.08.18 火曜日 晴れ

English Here

 今日も暑い、、、でも蝉の声がすくないような、、、、。
朝顔はキレイなブルーが三つ四つ、、、、
昨日の予定が終わっていないし、ここ数日のスナップ写真の整理もできていないので、少しイライラ、、、
メールの返事も書けないままで一日を終えてしまうと、困ったな〜〜〜!
その上いつまでも暑いから少し心身疲労がきついような気がする。

 朝一番で、千賀子さんと少し電話でお話しできて、パワーをいただいたような気がする。
同年配の、それも三十数年前から存じ上げているし、彼女のお仕事のいくつかを、知っているし、
お互いの悩みも少しわかっているので、お話ししていて、心がなごんでくるのがわかるのは、
なんとも嬉しい!
受話器は耳に、目は借景の緑を眺めて、、、、
(あ〜〜黒揚羽蝶がとんできた〜〜〜〜)

 昨日は満月前のまん丸な月が真夜中まで綺麗に輝いていた。
三度目に出かけるときには、赤坂御所の上の方にかかっていた。
途中から雲にかかり、また顔をだして、月がにこにこ笑っていた。

月を追いながら、まさに東奔西走の一日だった。
(途中で軽いE410を取り出してカシャッカシャ、、、珍しそうに、
そんな私を見ている方もいらして、、、うふふ、カメラおばさんだ)

真夜中に帰り、つかれてバタンキュウ〜〜の前に、寝室のカーテンを閉めようと思って表を見上げたら、
東の空に落ち行く月は、まだ高く煌々と輝いていた。
窓を開けたまま、就眠儀式の読書の本を片手に残したまま朝を迎えてしまった。

 予定は未定にして、、、、なんやらかんやら、と母はよく言っていた。
自分が決めた予定だけで一日をこなせたら、誰もが自然がペースで日々を送れるに違いないが、
誰もがそうはいかないだろう。
突然の事故、家族の歓び哀しみ、友人達のいろいろ、そして人の死とお別れの会、、、などなど、
未定の部分は大きいに違いない。

 私も、突然の未定のことが多すぎるのかもしれない。
何もなく自分たちの予定通りに一日が終わってくれれば良いのに、と思うことはよくあった。
でも、そうだったら人生はおもしろみが薄らいでしまうに違いない、、と最近思うようになった。
予定をしていなかった諸々の中に、予想もしていなかった大きな歓びが(時には哀しみが)
やってくるような気がする。

 でも、その日の急なお誘いとか依頼は、少しだけお断りするようにしたいと思うようになった。
でもやっぱり美味しい!お誘いや、親しい友人からの電話には、ふらふらと出かけてしまう、、、
そして、それでイイのだとどこかで思っているワタシがある。

 一昨日夜から、ブログ友のブログを見に行かれないままに、数十時間が過ぎてしまった。
RSSでみてみたら、なんと皆さん、素敵な記事や、北海道、青森、四国、香川、浜松、富士などの
自然豊かな写真をアップしてらっしゃる。
パリの街角や、フローレンスの秋の味覚も、油絵でエッフェル塔を描くのを動画でアップしている方も、、
 何があっても、どんな未定の予定?が起きても、ブログを書いて、
皆さんのブログを訪ねる時間だけはとっておこうと思っている朝だ。

 今日の予定もぎっしりだ、予定だけで終わってくれるとよいのだが、、、、さてさて。

(昨日の試食と、月の写真は、今夜真夜中にでもアップしよう、、、、)
by pretty-bacchus | 2007-08-28 09:47 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

一時帰宅して、、、、
2007.08.27 月曜日 晴れ

English Here

 週の一日目が始まった。
今週は毎日予定がいっぱい、、、、。

 夕方一度帰宅。
新しい内閣の組閣のニュースで、どの局も賑わっていた。
 
 5時半からは、ニューオータニでの試食会に招かれていた。
というより、友人知人の大きなレセプションなどがあると、よく声がかかる。
クイシンボ敬子の面目躍如のときなのかもしれない。

 千代田鮨の中島社長と、女性店長さん達十数名で、来年の会のための試食会。
千代田鮨は、毎朝築地から直送された新鮮な魚をすぐさまさばいて作る、
主にテイクアウトのチェーン展開をしているお寿司屋さん。
一昨年のニューヨーク店、台北店も成功をおさめている。
毎年秋に、社員の感謝祭を行っていて、2500人の社員と家族が招待される大きな催しとなっている。

 今夜の試食は来年、再来年の千代田鮨五十周年の準備のためだという。
ニューオータニの伊佐総料理長率いるスタッフが、心をこめて用意した宴会用のメニューを
試食するのは、
めったにない機会だから、私も一品一品まじめに食すことになった。

普通宴会では、自分の好きなお料理だけをお皿に盛って数種類だけをたべることになるのだが、
(もっとも私は飲み物だけで、ほとんどたべない人なのだが、、、、)、
今夜は二十数種類のお料理やデザート全ての味のチェックをしたわけで、、、、かなりお腹がはってしまった。

薫さんもきてくださって、さすがのコメントをいただいた。ありがとう!

 メニュー構成は、

(後ほど詳しく、、、、、写真もあっぷします)

 一つの会が終わって、薫ちゃんと、はなれでしばらく談笑。
女二人というのもとってもゆっくりできて、嬉しい一時だ。

 ただ今一時帰宅。
満月に近い月が西から昇っていた。
虫の音もすっかり秋の気配で、季節は移りゆく、、、、

 これから八重子さんのお家に、秋のディナーショーの準備のお手伝いにかけつける。
さ〜〜出かけなければ、、、、

ひっぱりだされる内が華なのだから、頑張ろう〜〜〜!
by pretty-bacchus | 2007-08-27 21:21 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

早く目が覚めてしまった。>
2007.08.26 日曜日  午前6時

English Here

 おはよ〜〜〜〜う!
(機械翻訳用) お早う。おはようございます。

暑くて目が覚めた、、、、キレイな朝の光のなかに今朝も青いオーシャンブルーの朝顔がいくつかさいている。
(カシャッ〜〜、かしゃ)<<機械翻訳試験用

 昨日家でゆっくりしてしまったので、今日はその分の約束が重なって忙しい一日になりそう。
でも、もう少し寝たいな〜〜〜。

 その前にブログのGeo Visitorをチェック、
え〜〜イスタンブールから見ている方がいる。
う〜〜ん、すごい時代になってしまった、、、。

==============
(30日に記録)

 結局この日は、東京會舘での田淵隆三さんの個展、尾関さんとお話、一時帰宅、それから、、、、え〜〜と、
と結局、その日の内に書かないと忘れてしまうのだ〜〜〜〜。

a0031363_5213313.jpg

 万葉舎の尾関社長は、東京會舘のハヤシライスが大好き!
24種類の具がついていて、これがまた楽しく嬉しいのだ。
私はこの日は、夏野菜のカレーにした。

 日曜日のランチタイムだったので、家族ずれが多かった、、、、、。

a0031363_5235390.jpg

御所の鉄門から十四夜の月をカシャッ、、、、
 手持ちで片手では所詮無理なのはわかっているのだが、、、、
a0031363_5242435.jpg

by pretty-bacchus | 2007-08-26 06:00 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(12)

週末の晩夏の夢はパリの尖塔、本のいろいろ
2007.08.25 土曜日 晴れ   アサガオは三つかな、、、、、、a0031363_21252858.gif

English Here

 東京は相変わらずの暑さだ。
車が壊れてしまったので、予定をキャンセルせざるを得ない。

 疲れているし、家で少しゆっくりしたいので、出かけるのをやめることにした。
週末だから、ちゃんとした本を読もうと思う、、、、、、。
どれにしようかな、、、、と、あちこちに積ん読になっている単行本をぱらぱら、、、。
読み終わった本の整理中の本棚には、須賀敦子さんの作品が何冊もある。
須賀さんの作品は大好きなので、読み終わった本にもまた手が伸びる。

 『ミラノ霧の風景』で1990年に60歳の時のデビュー作で賞を取り、その後、
『ヴェネチアの宿』『トリエステの坂道』『ユルスナールノの靴』『コルシア書店の仲間達』
『時のかけらたち』『遠い朝の本たち』『イタリアの詩人たち』とつぎつぎと素晴らしいエッセイや
小説を書き続けた。

良家の子女が戦争を経験して、反戦の心をもったままフランスに留学、その後イタリアに住み、
左翼系のイタリア人と結婚するも、数年後にご主人を亡くしたが、そのままイタリアに住み、
小さい頃からの愛読書、谷崎、井上靖、等々を、次々に素晴らしいイタリア語に翻訳して
イタリアで出版されている。
詩人のウンベルト・サバやギンズブルグ、はてまたミケランジェロの詩まで言及している
すごい日本人女性だった。

たしかローマとミラノに12〜3年住んでいて、40代に日本に帰り、いろいろ苦労のあと、
最後は上智大学の教授となり、慶応、東大でも日本文学やイタリア文学を教えていた。
エマウス運動も精力的に参加していたという。

 著作はほとんど読んでいるが、追悼の特別号を読んでみると、こんなにすごい日本女性がいたのか、
とさらなる嬉しい驚きにしたっている。

 彼女が、信仰をきわめたく又カテドラルをみたい、フランス語を勉強したいという一心で、
日本を船で出発して、40日後に最初にフランスに着いたのは1953年の8月だったという。
(私はまだ小学生だったのかな、、、)
その年はヨーロッパ中が寒波に襲われていて、夏でも寒かったというパリ、、、、、。
初めてノートルダム寺院に接した彼女の感激はひとしおだったにちがいない。

 この作家の作品は、どれもこれも、就眠儀式で寝る前に読んでいると、
いつも涙で枕がびっしょりになってしまう。(横になって読むのは申し訳ないのだが、、、すみません)
精神性の高い作家が経験した、人生の苦労と信仰、人間としての心の葛藤が、
ページのどのラインにも表われているような気がするからだ。

そして、その反面、須賀さんの本を読むといつも、とっても心がなごやかになっていくのは、
フランス、イタリアでの十数年の生活にピリオドをうって帰国した頃には、
さらに大きな豊かな精神性豊かな女性になっていたからだろう、、、、、、、、、。

 この方の作品は、漢字を極力抑えていて、すらすらと書ける漢字も、ひらがなで書いていることが多い。
きっとそれなりの大切な理由があるのだろうと思っていたがのだが、
それは確かな考えで書いてらしたことがわかった。
若い頃に、谷崎潤一郎の「盲目物語」を読んで、多くをひらがなで語っていく文体とその文章力に
どんどん引き込まれていって何度も読み返したのだそうだ。
そう思って須賀さんの何編かを読み返してみると、なあるほど、、、、と納得がいく。

 私は漢字の持つ意味が好きなので、白川静さんの書いたものもとても好きで、
漢字の成り立ちや構成がおもしろいと思っているが、漢字の意味をわかったうえで、
それをひらがなで書いていく須賀さんの手法は、
その裏に潜んだ作者の深い漢字への思いがあるに違いない。
漢字で書かねばならないところに選ばれた漢字は、さらになおいっそうの意味を持つことになるのだ。

 彼女はその後何度か巴里を訪れているが、街並みが変わらぬパリは、
ほんの数年前のような気がしたという。
サンジェルマンあたりの広場も小道も袋小路も、昔のまんまだし、、、、
須賀さんが滞在した女子寮も、その後泊まっていた三つのホテルも今もある。
ノートルダム寺院にいたっては、何百年も変わらずにあるのだから、、、、

 昨年の私の旅のパリでは、ノートルダム寺院の南を見渡せる友人の家にお世話になっていた。
家に帰るといつも窓からから、カシャ〜〜とシャッターをおしていた。

望遠で夕陽に輝く尖塔とかバラ窓のアップ、聖人の顔の表情とかも撮ることができた。
ガーゴールもいろいろ大きく撮れて、、、、
絶対に他では撮れない写真がとれたが、まだ未発表だ、、、

ノートルダム尖塔、2006/10/16
a0031363_7485848.jpg
  南側のこの位置から薔薇窓を撮った写真は少ないにちがいない。
a0031363_19164568.jpg
  これは夕陽ではなく、朝の光が差し始めた早朝のスナップ。

オリンパスE300に超広角35mmカメラ換算で14-28mm相当の広角ズームレンズ
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4と、
キヤノン20Dにデジタルで480ミリまで撮れる望遠ズームレンズキヤノEF70-300mmF4.5 DO IS USMとの
両極端の世界を愉しんでいた。

a0031363_1365128.jpg
  西日が燦々と輝いていた。 階段にうごめく人の影がうごいていた、、、

a0031363_131995.jpg
 ぼけぼけのスナップ(酔っていたのでしょう〜〜〜かね〜〜)

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宇宙にむかって咲きほこる、神秘の白い薔薇。
トランセプトとネフ(身廊)の屋根の稜線が
十字に交差する点にしっかりと植え込まれたように、
天を突いて屹立する、細身の、鋭い尖塔。
精神の近郊と都会的な洗練の粋をきまめる
パリの大聖堂が目の前にあった。

須賀敦子『ヴェニチアの宿』より
       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

a0031363_6344980.jpg
Google Earthでノートルダム寺院の空撮のカット
by pretty-bacchus | 2007-08-25 21:40 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(7)

疲れた〜〜〜〜
2007.08.24 金曜日 晴れ   アサガオは四つ五つ

English Here

 暑さが戻ってひどく過ごしにくい一日だった。
この異常気候はますますエスカレートして、来年はもっと極暑かもしれないというのだから、
どうなってしまうのだろう、、、、、。

 こんななか我が家の車が東京駅近くで炎上?した。
ラッシュで混んでいるときに、黒い煙をはいて突然に走れなくなってしまったという。
電話が入ったが、遠くにいる私にもどうしようもなく、、、、。

 結局お巡りさんが三人で交通整理をして、30分後にJAFがきて、いろいろ試みたが結局動かずだったそうで
なんとレッカー車で、家路にたどり着いた連れ合いは、疲れ切っていた。

 二人ともぐったりと疲れていて、しばらく動けずに座りきっていたが、おなかがすいてきた、、、、
このままバタンキュウで寝てしまおうか、、、、、、、、
by pretty-bacchus | 2007-08-24 23:46 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)