<   2007年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

曇天の桜を背なに芽吹きかな ✿ฺ´☆`✿ฺ
2007.03.31 土曜日 曇

English Here

 薬で熱がさがったようだが、まだとても辛い、、、
今週はいろいろ重なって、いくつかの約束をお断りしてしまった。
だんだんこうして人の輪が小さくなっていくのかしら、、、、

土曜日なのでとっても気持ちが楽、、、、
ブランチの後は今週の新聞や雑誌の整理をしながら、
結局読み残しを読んでしまって時間が流れていく。

 今月は毎朝ウルルンと涙していた。
日経新聞の「私の履歴書、は、宮城まり子さんだった。
ねむの木学園の四十年と彼女のこと、吉行淳之介さんとのことなどなど、
その自然な語りは、毎日涙なくては読めないものだった。
二十四時間をこの学園の為に駆け回る姿は、考えさせられる事ばかりだった。
「私は毎日いっしょうけんめい頑張ります、と何度も書いている聖女。

 朝日新聞では、大岡信さんの、「折々のうた、が最後の日となった。
1979年から、病の時以外は、三十年毎日書き続けたという。

それぞれの歴史を飾って三月が過ぎていく。

  遠方の桜はまだ散っていない。
春の光がさすまで待ってくれると良いのだが、、、
借景の木の芽が朝よりもまた沢山出てきた。
本当の春が、新緑の季節がまもなくやってくる。

a0031363_1745726.jpg

a0031363_1763748.jpg

望遠480mで遥か彼方の桜をカッシャッ、、、
by pretty-bacchus | 2007-03-31 16:16 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

夜桜の精に惑うて迷子道 ✿ฺ´☆`✿ฺ
English Here

千鳥が淵桜並木
三月二十九日午後六時二十五分

 不自然に照明された桜並木の夜桜の精に引き込まれたように迷子になって二時間を駆け巡った。
上弦の月と桜の精が満開寸前の千鳥が淵を染めていた。

日没直後の空の青さがきわだっていた一夜の桜街道。
残念な事に、手持ちと疲労の限界ですべてボケボケの写真になってしまった。
a0031363_13382521.jpg

a0031363_1339334.jpg

a0031363_1339376.jpg

a0031363_13401050.jpg

by pretty-bacchus | 2007-03-31 13:13 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

雨に耐え 命燃やすや 桜花 ✿ฺ´☆`✿ฺ
2007.03.30 金曜日

English Here

  ケキョケキョケキョ、、、、、、、ホオホ、、、、、
鳴ききれていない鶯の声で目が覚めた。
昨日は疲れて、ちょっと食後の一休みと思ったら、そのまま寝てしまったらしい、、、

  うとうととしているうちに、雨の音がしはじめた、、、エ〜〜桜はどうなってしまうのだろう?
心配になっておきだして遠くの桜を望遠でみてみたら、、、雨に耐えてまだ花をつけている。ほ〜〜!
桜は満開を迎えなければ嵐でも最後まで咲き続けるのだ!
でも光がない桜はなんとうつろな事だろう、、、。
やはり春の光が桜を輝かせるのだ、、、と妙な納得の雨の朝。

 どうも熱っぽい、体温計ではかったら37.5度ある〜〜〜
そうか、昨日の千鳥が淵の雑踏と、2時間の迷子のあいだに風邪の菌をもらってしまたのかもしれない。
昨夜は桜の精にかどわかされてしまったような体験で、まだおかしい、、、、
(詳しくはまたあとで書いておこう)

 薬を飲んでもう少し横になろう、、、
鶯がまた鳴き始めた。
a0031363_2341442.jpg

a0031363_2345387.jpg

a0031363_12291229.jpg
桜はむずかしいといわれている。特に夕方の逆光、それも広角とむずかしい条件が重なった。
by pretty-bacchus | 2007-03-30 08:35 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

こぞ今宵 命限りに 桜花 ✿ฺ´☆`✿ฺ
2007.03.29 木曜日 晴れ

English Here

 一日よいお天気だった。(24度あったらしい)
暖かかったので桜はどんどん開いているだろう。
今日の日没は18時。
事務所を5時にでた。四谷の上智大学の土手に直行。
夕陽が遠い西の新宿のビル界に落ちるのは日没時間の十数分前。
そのまえに土手の桜を撮っておきたかった。

 まさに満開寸前の桜並木は人で溢れていた。
ブルーのビニールを敷いて席取をしている人がいっぱい。

 刻々と陽が沈みゆき、西の空が燃え始めた。
雲間に隠れた太陽からは、エスカリエ デ ザンジュ(天使の梯子)が天に昇っていく。
この言葉をおしえてくれたのは、エドアルドヴァレンティーニさん。
今頃は天国で日本のことを思っていてくれるかしら?
父と話をしてくれているかな、、、、なんて考えながら、カシャッカシャッとシャッターを切る。

久しぶりに一眼レフを二台首からかけて、頭上の桜と、左でのイグナチオ協会、
右手の夕陽を追いながら土手をとっつきまで歩いた。
一時間あまりの桜狩りは、心地よい疲労と満足感で満ちた。

 と、ここまでは、桜の精に抱かれて豊かに満ちあふれていた。
車できてくれた連れ合いと紀尾井町ホールのそばで待ち合わせて、
さ〜〜これから千鳥が淵の桜のトンネルを走って事務所にかえろう、、、と
思って向かった道は車車で溢れて、そのあとのハップニングでくったっくた、、、

 事務所にもどってFAXをチェックし終業緒。防衛庁の夜桜を撮って、帰路に。
くったくたで帰宅してもただソファーに座って動けない、、、、でも
手はブラインドでマックと遊んでいる。
 さ〜これから食事の支度、そして写真の整理だ、、、、、
四谷の桜の写真のアップを待っていてくれる友人のため、なんとか真夜中前に少しでも、、、
a0031363_22582630.jpg
例年の定点桜は上智大学のイグナチオ教会
a0031363_22594554.jpg

a0031363_2304448.jpg

a0031363_2313525.jpg
  エスカリエ デザンジュ
by pretty-bacchus | 2007-03-29 21:11 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

人生の 末路映すか 桜陰 ✿ฺ´☆`✿ฺ
2007.03.28 水曜日 晴れ
English Here

 暖かい一日だった。
大都会の細い道、老人施設の側の桜がほぼ満開になっていた。
夕陽を受けて桜の陰が建物に映っていた。
なんだかへん〜〜な気持ちになった。この桜だってあと一週間ほどの命なのだ。
人間の命だってはかないのだ、、、、
桜の前の木では真っ黒なカラスが二匹、か〜〜〜か〜〜と激しく鳴いていた。

 先生のところで仕事を終えていったん帰宅。
二人ともつかれをひきずったまま、また出かけた。

どこもここも桜は急に開いて、夜の照明にあたって綺麗!
テレビ朝日の庭も見事〜〜〜!
「うわ〜〜〜綺麗〜〜〜〜、
馬鹿みたいに歓声をあげている中年女が一人、、、、誰あろう私自身だ。

 夜遅くに帰路につけた。
例年一番早くに満開になる御所脇の権田原の7本の桜が月に映えていた。
 まいった一日だったが桜からパワーをいただいて一時は元気をとりもどしたが、
その後は命のはかなさに酔って、、、

 当分桜の精に悩まされる日がつづくだろう。
a0031363_634921.jpg
a0031363_6343976.jpg

by pretty-bacchus | 2007-03-28 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

春宵や っっっっっっ✿ฺ´☆`✿ฺ
2007.03.27 火曜日 曇

English Here

 駅までに道の桜もほ五分咲きか、、、、
学校の土手の花も春景色、、、、

 午後は、T先生のところにつめて夕方まで書類のチェック、慣れないことに
何時間も集中してくったくた、、、、。

 よろよろと家路に着く、、、
疲れたので寝よう〜〜〜(写真はあとで、、、
a0031363_13403119.jpg

a0031363_13405637.jpg
事務所の窓からの桜も色づいてきた、、、、春の訪れよありがとう!
by pretty-bacchus | 2007-03-27 22:54 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(0)

花曇りの朝
2007.03.26 月曜日  晴れ

English Here

 なんとなく花曇りの朝。
また週が始まった。
今週は桜の週になるだろう。

 ここ数ヶ月気に入った写真は一枚も撮っていない。
一眼をかまえても気が入らないというかすぐに疲れてしまうのだ、

 桜の精に力をもらって、今週は少し撮ってみよう。

 雀とお話しをして、、、、さあこれから仕事モードに、、、
by pretty-bacchus | 2007-03-26 08:41 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

銀座の木蓮
English Here

 春の宵に木蓮が匂うように咲いていた。
銀座の泰明小学校のフランス門のつたの緑と、柳の通りを染めていた。

 四丁目をまわって車内からカシャッ、、、
走る車内からの小さいカメラでのスナップはやはり辛い、、、、

木村屋のあんぱんをかって昔を懐かしんだ一夜。

 北門近くの桜が咲き始めていた。
千鳥ヶ淵の桜はまだまだ、、、、、。

 フェデックスで書類を送って、がくっと疲れがでたようだ、、、
眠い、、、、とっても眠い
a0031363_2121541.jpg

a0031363_2133858.jpg

by pretty-bacchus | 2007-03-26 02:02 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

おめでとう! 美姫ちゃん、真央ちゃん
2007.03.25 日曜日

English Here

 暗い朝だ。
でも久しぶりにゆっくりと寝られた、、、ほんとに久しぶりに。
こんな朝はどんよりと曇った朝も悪くないな、、、、

 昨夜は最後の書類を仕上げて、就寝前に 世界フィギュアスケート選手権 女子フリーの留守録をみた。
若い安藤美姫、浅田真央、中野友加里の日本代表が氷上を優雅に舞う姿はなんと美しかった事か!
最終滑走で有終の美を飾って優勝した美姫ちゃんの涙は輝いていた。
トリノ五輪で最悪の結果に終わった、その後に、どんなにか苦痛と努力があったかは想像ができる。
それを押さえきれず涙ながらに語っていた19歳の美姫ちゃんに乾杯だ!
「家族やコーチのおかげです…」声にならない声に、私たちも泣けてきた。

 真央ちゃんの可愛かった事! 滑り終わってのガッツポーズが嬉し涙を誘った。
前日からの大逆転で、この時点では皆が彼女も優勝と思ったにちがいない。
まさかの美姫ちゃんの逆転、、、16歳の彼女は人生の厳しさをかみしめただろう、、
でも銀でも十分に立派なのよ、真央ちゃん。
金だけを讃えるマスコミはおかしいと思っていたが、
今朝の新聞はどれも、誰もが納得している二人の写真と記事で、ふんふん、、、よかった。

 さ〜〜これから今日は友人の依頼で有楽町まででなければならない。
私たちにお手伝いできるかどうかはわからないが、お話だけきいてみることにしよう。
a0031363_17181066.jpg
a0031363_1718462.jpg
a0031363_16101233.jpg

by pretty-bacchus | 2007-03-25 15:29 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

桜狩り西も東も遠からず(木村伊兵衡の昭和の写真集)
2007.03.24 土曜日 晴

English Here

 ようやく三つの書類が終わった。
フェデックスで送る用意ができた。

 さあ今夜は女子のフィギャースケートの最終日だから、ゆっくりと観戦しよう、、、と、思っていたのに、
気がついたら9時をまわっていまっていた。ホッとしてうたた寝をしらようだ。

 冷蔵庫も何もない、、、、ともかく夜に開いているお店に食材を買いにでた。
 そうだ、、、、2〜3日本屋にいってないので、毎月20日にでる写真関係の雑誌を、まだ買ってない。
結局、買い物の後六本木まで車でとばしてもらった。
なんと、週末からなのか、真夜中なのにいつもより、もっとスゴい人!
東京って本当にどうなっているのだろう、、、、て、自分の事も忘れて驚くばかり、、、

 入り口の椅子席も、右奥のスターバックスもいっぱいの人人、、、、。
左奥のアートとか写真もベンチも、立ち読み、いや座り読みの人がギッシしり、、、。
月刊誌を買って、写真のコーナーで久しぶりに立ち止まった。
見たい買いたい本が沢山ある。
木村伊兵衡の昭和の写真集、去年出た豪華版のパリの本、ドワノーの改訂版の写真集、、、

 おや、ベンチ席が何席が開いた、、、、一冊を持って座った。
堅いベンチの座り心地はなかなか良いな〜〜〜
ぱらぱらと、本をめくる、、、、なんてことは無い、、いつもは軽蔑していたのに、
ゆっくり座って「座り読み、をしている自分に苦笑のひと時。

 BGMに流れていた曲が素敵だった、クラシックジャズのような感じの曲の途中で、
フランス語のヴォーカルトラックがずしりと胸に響いた、、、、。
レジで聞いたら、ホテルコストのアルバムだという。
パリのヴァンドーム近くにあるジルベール&ジャン=ルイ・コスト兄弟がプロデュースした
ホテル・コストは数年前にオープンした。
新しいホテルがオープンすると必ず泊まってみていたが、ここ数年前はそれがかなっていない。
でも午後のお茶を飲みに中庭に面したカフェでひと時を過ごした事が何度かあるが、
どうもラウンジ&レストランも今ひとつ妙に暗いのが好きになれなかった。
従業員もなんだか違うし、、、、。

 このホテルで流れている曲がCDになって第九弾目のアルバムらしい。
二階に上がるとエスカレーターのすぐ近くに特別コーナーができていた。
な〜〜るほど、かけている曲をこんなふうにして販売しているのだ。
説明をしてくれた若い女性店員が又なかなか感じの良い人で、一階とは段違いだ。
なかなかの販促と対応にうなずいて、結局久しぶりに音楽CDを買ってしまった。

 遠回りをして青山墓地の桜並木を通って帰路についた。
まだ本の少ししか開いていない桜だった。
バックからバカチョンデジカメでカッシャッ、、、、(後でアップだ)

 今夜は久しぶりにゆっくり寝られるかしら、、、、、、
a0031363_5265312.jpg

by pretty-bacchus | 2007-03-24 23:59 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(2)