<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

激動の酉年だった。
2006.12.31 日曜日 晴れ

 きれいな朝があけた。
激動の酉年だった。
大きなけじめの年だったような気がする。
大きな事件に巻き込まれたが、そのどこかに前兆があったに違いない。
人生の道でおこるべくして起こった試練に違いない。

貿易のシステム、低迷の日本経済、銀行のひどさ、ワイン環境、東南アジア、フランス、
そしてそれらに従事する人々の愛執、、、
名台本家が書いても絶対に書けないようなめくるめく最後の四週間の事は、
いずれゆっくり書いて残しておきたい。

 今年もすばらしい方々と新しい交流ができたのはとても嬉しい!
年を重ねるごとに人の輪が広がり深くなるのはなんともすばらしいいことだ。
今まで歩んできた道の延長が遥かに遠方につづき、丸い円の縁となる、、、、

 12月初めに初めてお目にかかり、とてもお世話になったM先生からのメールに感涙しきりである。
こうして年を締めくくれるのは幸せに手を合わせている。

先生のメールの一部を残しておこう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しばらくご無沙汰しております。
いろいろとご多忙な毎日を送られているのではないかと存じますが、
ひところと比較すれば、ある程度落ち着かれているのではないかとも拝察いたしております。

本日が私どもの事務所での本年最終の勤務日となりました。
Kさんとは、今月になって初めてお目に掛かりましたが、何かもう、
すでに随分昔からお付き合いをしているようにさえ感じております。

今回の一連の事件は、あなたにとって大変な事件であり、
ご心痛もさぞ大きかったことと思いますが、これからは、あなたの
周囲に平和な環境が取り戻され、充実した毎日を送られることと確信しております。
我々として、そのためのお手伝いがどの程度できたかと思いますが、
お役に立てたのであればありがたいと考えております。

年が明けましたら、Kさん、ご主人とご一緒にゆっくりす機会を作りたいと思っておりますので、
その節は、またよろしくお願い申し上げます。
どうか、よいお年をお迎えください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ありがとう、、、、先生。
by pretty-bacchus | 2006-12-31 08:52 | ♡Daily life日々の事など | Comments(0)

大晦日 越されぬ思い 引きずりて
2006.12.31 日曜日 

泣いても笑ってもあと一日、、、、、
こんな風にして時が過ぎ、明日が来るのか、、、、
by pretty-bacchus | 2006-12-31 01:57 | ♡Daily life日々の事など | Comments(0)

つまずいた 師走の熱の 
2006.12.30 土曜日 晴れ

 きれいな朝
でも体調はめっためた、、、
声が出ずに熱がでた。

 良くこれだけ持ったものだ。
 弟が昨日出てきて同じ事を言っていた。
本当にお疲れさまでした、ゆうちゃん。

 あと一日、家の掃除も事務所も散らかったままだ。
どうしよう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

年賀状は来年はあきらめて寒中見舞いにしよう、、、、
by pretty-bacchus | 2006-12-30 09:03 | ♡Daily life日々の事など | Comments(0)

最後の晩餐は?
2006.12.29 金曜日 晴れ

 すさまじい2006年もあとわずか、、、、、
せめて最後の晩餐はゆたかでありたい、、、、
a0031363_1294575.jpg

by pretty-bacchus | 2006-12-29 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Comments(0)

水谷八重子 樋口一葉 おおつごもり朗読四年目
2006.12.29

English Here

百恵さん

ご期待に応えて一昨日の八重子の、大晦の写真をアップします。

古いブログは
http://keico.exblog.jp/2794406

a0031363_1474427.jpg

a0031363_1481671.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
下記は八重子さんのブログから拝借
===============
四年になりました。
衝動的に「大つごもり」をやり出して、、。
やっと、やっと、やりたいことが分かったって感じです。

結構、稽古を積んで来たのに、やはり、気が散っていたんですね。
みんなよりも、出遅れの感じで焦って、初回の舞台に立ちました。

あの、天がブッチャケッチャッタ感の大雨!
その中を、お客さまが、いらして下さった!と、思ったら、胸が詰まってしまって、、、。
何をお話ししたのやら、ともかく、この感謝の気持ちを、と、
、、、ああ、、言葉ってもどかしい。

焦らない、焦らない、、、と、自分に言い聞かせつつ、
本を開いて、朗読に入りました。
読み出してみて、上がりまくっている自分にびっくり。ショック!
心配した「現代語訳」を山吹恭子が、
淀みなく、嫌みなく、すーっと読んでいる。
落ち着いた自分を取り戻さなければ、、、。

そして、芝居「大つごもり」の、主役、おみねの瀬戸摩純が登場。
一年やっていなかった(一つ年をとった)のに、
何て純な、ピュアーな若々しさなのだろう!
転んだおみねに駆け寄る児玉真二の、
宇太郎も、気持ちの良い江戸弁が暖かい。
難しい石之助役の鈴木章生が加わった。
三人の何ともいえないハーモニー。

馬鹿みたい、私って。
身内をベタほめしているなんて。
でもね、云いたいんです。言わせてください。書き残したい。

ベテラン伊藤みどりと、ダブルキャストの、矢野淳子が、
娘のお産を夜通し手伝って帰ってきた、御新造さんを、
今までで一番良い出来、ただの意地悪、ヒステリーじゃない。
お産の神経疲れで、おみねにあたる。よく出ていました。

父親と、ぐれた息子とのやり取りに、肉親の情が感じられたのも今年。
、、、なんて、ちょっと天狗になりすぎかしら?

貧乏な叔母さんが、おみねを訪ねてくるところで、
お客さまのハンカチが見えた。嬉しかった。

これも、新派文芸部の成瀬先生が、
朝に晩に、稽古、駄目だし、稽古、駄目だし、と、
情熱を傾けてくれたおかげ。そればかりじゃない。
 
舞台監督の小柳津さん、音響の田中さん、照明の北内さん、
右肩の骨折を乗り越えて、かつら、自毛の結い上げまで、
頑張ってくれた坂入さん、松竹衣装の増田さん、日本髪の大澤さん、
大つごもりの象徴と云うべき、井戸を作ってくれた金井さん、
井戸の滑車と綱、桶を貸してくれる藤浪さん、

松竹新派担当のプロデューさー松本さんが、
素人プロの私に変わって、稽古場の心配をしてくれて嬉しかった。
いろんな人々に支えられて、初めて「芝居」って出来るもんなんですよねぇ、、、。

最初の大つごもりから、参加して貰った、港区のお嬢ちゃん、
小島 彩ちゃんも五年生になった。
ハスキーな声で、三之助、男の子役が、まだ似合う。(ゴメン)
二役の七つのお嬢さまも、もちろん可愛い(ハスキーヴォイスが色っぽい、ゴメン)

やっぱり、芝居って積み重ね、、、なんですね。
今や一番の売れっ子作家、斉藤雅文さんが、
ずーっといてくれて、打ち上げにも参加してくれた!
これも嬉しかったことの一つでした。

いっぱい新派の公演ををやって、劇団みんな、で、ああでもない、こうでもないって、
いっぱい積み重ねて行きたい物です。
土砂降りの雨の中、いらして下さったお客さま、本当にありがとうございました。
翌日の、空っ風の中を、いらして下さった皆さま、ありがとうございました。
この、コージーな素敵なホールを提供して下さる、キスポート財団さま、、、
どうか末永く、よろしくお願い申し上げます。

ずーっと書けなかった文、グダグダと長くなってしまいました。
=================
by pretty-bacchus | 2006-12-29 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Comments(0)

人生の 敷かれた道か 師走逝く
2006.12.28 木曜日 晴れ

 しなければいけないことが山ほどあるのに、どうしようもない状態、、、、

こんな風に年を閉めるのははらわたがにえくりかえるおもいだ。
しかしこれも一つの人生の流れなのだろう、、、
正直にきれいに精一杯対応しよう。
パパ、まま見守っていてください。
by pretty-bacchus | 2006-12-28 11:41 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

ばたばた
2006.12.26 火曜日

 ばたばた
by pretty-bacchus | 2006-12-26 23:47 | ♡Daily life日々の事など | Comments(0)

東さんワイン会
2006.12.25 月曜日 晴れ

 突然のお誘いで原宿の東さんのワイン会に出席。
とつぜんスピーチのご指名、、、、、
ともかく最近は突然のことが多い〜〜〜〜〜〜〜明を暗の繰り返しで神経はずたずた、、
by pretty-bacchus | 2006-12-25 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Comments(0)

うねり来た 冬の嵐や 
2006.12.24 日曜日 はれ

 尾関さんとモンゴル、パラグアイのこと。
地球環境に情熱をかたむける尾関さんに感動!
by pretty-bacchus | 2006-12-24 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

音もなく 朝日に遊ぶ 冬雀
2006.12.23 土曜日 晴れ

 きれいな朝がきた。外は寒そう!
静かな朝、朝日がただ白い壁に光っている。
あ、、、雀たちがやってきた。
マックにむかって手が動いて目は外を見ている、、、、

 「すごい三週間でしたね。普通の女性が何ヶ月もいやきっと何年かかけて経験するような事態の連続、
耐えられない一時いっときでしょうに、良く元気に明るく事に処しましたね。
 一部始終を見守るだけでなく親身になって毎日駆け回ってくださった尾関さんがおっしゃった。

 大きな事件に巻き込まれての最後の三週間が幕を引いた。
有能が弁護士集団と多くの方々の暖かいクイックアクションでなんとか無事に着地した。
これ以上の解決策は今の世の中ではなかったに違いない、きっと,,,,,,。
ご迷惑をかける方が少ない事がなによりもよいし、悪集団がこれ以上弟に手を出せなくなるのが嬉しい。

 残された事はやまほどあるが、それは今後ひとつづつかたずけていかねばならない。
by pretty-bacchus | 2006-12-23 07:39 | ♡Daily life日々の事など | Comments(0)