<   2006年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

通い道  夏の花咲く 希望道
 2006.06.30 金曜日 今年の半分の終わりの日。
 大祓(おおはらえ)。6月の大祓は夏越の祓(なごしのはらえ)

  新しい事務所に移って半月がたった。四谷駅から数分の所。
 古いビルの2階だが、7階の一部もお借りすることができて以前よりも広い応接室ができた。
 ここで十数人ならワインの会をすることもできるだろう。
 眼前は防衛庁の緑が広がり心も広がる。
 桜の頃の美しさは知っているので今から心が躍る。
 以前の代官山とか恵比寿とかには比べるべくもないが、この辺はめっぽう愉しそう。

  四谷駅。
 麹町口からでると千代田区側は一番町から六番町まで、そして東の半蔵門に至る。
 紀尾井坂からは赤坂方面へ、
 四谷見附から南側の港区側にいくと鮫が淵門、権田原の先は緑と花の溢れる神宮外苑への道。
 西北の新宿区側は、片町、坂町、本塩町などがある。
 四谷は四つの谷があったからだといわれているから、小さな坂が多い。
 いずれも江戸時代の千代田の城内になるのだろう。
 新宿通の反対の南側にはお寺が多いのはなぜだろう。
 西に進み新宿御苑までいくとそこは大木土門があったところ。遊郭があったところものこっているという。
 荒木町も花街だったとか、、、

  事務所の裏のカール ツァイス本社の脇には比丘尼坂という名の坂がある。
 尼僧院でもあったのだろうか、、、。

  二週間、駅から毎日違う道を通って事務所にあるいてみた。
 これがなかなか面白いのだ。
 方向感覚だけで地図を持たずに歩くと思わぬ小径に迷い込む。
 道がなく突然通行止めで、数段の壊れた石段があったりする。
 麹町側のような大きなお屋敷あとは少ないが、庶民の暮らしがあるようだ。
 家々には季節の花が玄関とか塀とかに咲いている。

  大都会の通い道も緑一杯でなかなか良いではないか、、、
 今年の夏は日に焼けそうだ。

  明日からは7月。今年の後半戦が始まる。

a0031363_7222434.jpg 中学校のグランドの裏に咲くひまわり

a0031363_7251069.jpg  小さなバーのあるビルの表はいつも季節の花がつくられている。
 一度入ってみようかな〜〜
a0031363_7272999.jpg

a0031363_7294888.jpg
   花屋さんの脇壁一杯に咲く花は何の花だろう、、、、
a0031363_7312414.jpg
   コンクリートの壁の中からむくげの花が通行人に語りかけている。
a0031363_7331827.jpg
  名残?のくちなしの緑の塀のお家の庭は藤棚もあった。この道は時々とってみよう。
by pretty-bacchus | 2006-06-30 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ぎらぎらと梅雨の合間の空天気
2006.06.29 木曜日 晴れ

空が見えなくとも晴れているってわかるんだ!
風がそよいで緑の葉がきらきらひかっているから、、

空がみえなくとも晴れているってわかるんだ。
鳥がぴよぴよ鳴きながらとびまわっているから、、

空がみえなくとも晴れているってわかるんだ。
小さな陰がベランダの壁に動いているから、、

空が視えなくとも晴れているってわかるんだ。
梅雨の間の晴れの日に、、

でも私は青いお空と太陽がみたい。
ぎらぎら輝くお天道様にパワーをもらいたいから、、

私はあの青いお空がみたい!
じっと見つめて、流れる雲にお願い事がしたいから、、
a0031363_3523435.jpg

a0031363_405233.jpg

by pretty-bacchus | 2006-06-29 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

もうろうと 夢の中で
2006.06.28 水曜日 まだ薄暗い

  春子さんの夢をみて目覚めた、、、といっても昨夜は真夜中に疲れ切って帰宅。
 そのままバタンキュウだったようで、数時間で目が覚めたのだ。
 一番いけないパターンをしてしまったようで反省しきりだが、、、、

  やはり春子さんからメールが入っていた。
 返事を書いているうちに泣けてきて、、、、
 イタリアの駐在員として十数年頑張ってくれている春子さん。ありがとう。
 いくつもの思い出が頭の中を巡ってくる。
 スタッフの中で一番気持ちが通ずる彼女だ、年はとっても違うのに、、、
 冬来たりなば春遠からじ、とよく話したものだ。

  夜があけてきた。
 朝は必ずやってくる。また陽は昇る。
 
a0031363_850298.jpg

by pretty-bacchus | 2006-06-28 04:44 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

梅雨明けは 葵の花の 高さ知り
 2006.06.27 火曜日 曇り 風一つ無い朝

  梅雨明けも間近かもしれない。
 葵の花は上に向かって大分高くなった。
 一番上まで花が着く頃に梅雨があけるのだ。
 自然の営みってなんてすごいのだろう〜〜。

  疲れ果てて、真夜中に食事を済ませて帰宅の途中、「花盗人、をしてみたが、
 なんと葵の枝は折れない、なんと芯がありつよいのだろう。
 でも折れてしまった枝にごめんなさいと何度も言って、手を入れた網から花だけをとった。

  ごめんさい、、を繰り返してお皿にいれた。
 貝のお皿は昔々かんどりさんで求めた小川待子さんの作品。
a0031363_613433.jpg
ヴァレンティーニさんにも日本の花を供えて、、、
a0031363_7395564.jpg

by pretty-bacchus | 2006-06-27 07:07 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

梅雨の間の 木漏れ日の下草笑い
 2006.06.26 月曜日 

  雨の通勤路、、、、
a0031363_4504947.gif

a0031363_015826.jpg


by pretty-bacchus | 2006-06-26 07:07 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

旅の記憶を
  日曜日っていいな、ともかく何時にどこにいってとか、しなければならないマストが無いのが良い
 (いやいやたくんさんあるのだけれど横着をしているだけなのだが、、、)

  千賀子さんの蓮談義から、週末は蓮と睡蓮で明け暮れた。
 昨年の写真は撮ったまま整理してないのが沢山あって、この機会に少しだけ、
 'とりっぱなしファイルから 'プリントフォルダーにいれることが出来た。
a0031363_6253548.jpg
  25年くらい前のジヴェルニーの睡蓮。モネの連作の元。
  しだれ柳が水面に映りゆれている。
a0031363_6213594.jpg
  平安神宮の睡蓮池の水は澄み、鯉が泳いでいるのも見えるほど、、、、
  松の緑と薄紅色の睡蓮と青お空の夕刻前の一時、、、
a0031363_6222798.jpg
 晩春の花々が咲きそろっていた。あやめ、つつじも、、、、(それにしても平面的でツマラナイ写真だ!)
a0031363_623377.jpg
 睡蓮のむこうは蓮かしら?
a0031363_6235099.jpg
 まだ蕾は堅い。この睡蓮が全て咲いたらどんなだろう〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2006-06-25 18:20 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(0)

憩う日に 北の国から サクランボ
2006.06.25 日曜日 4時27分 夜明けだ

  嬉しい〜〜〜〜
 秋田から季節の便りが届いた、サ・ク・ラ・ン・ボ だ!!
 その名もチャーミーチエリー。
 大好物のサクランボ、嬉しいなウレシイナ!!

  そ〜と開けてニヤニヤ、数粒を籠にいれて、薄いゲランドの塩水でさ〜と洗って、
口を上に向けて そ〜と、おずおずと最初の粒をいただく。
甘くて美味!  うふふ、、、、
 週末に嬉しい便りで、今週のつかれもふっとびそう。

 Yさんありがとう!。
a0031363_3434817.jpg

by pretty-bacchus | 2006-06-25 04:27 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(1)

蓮と睡蓮
2006.06.24 土曜日 晴れ

 昨夜は寝られぬままに友人達から届いた季節の花紫陽花の画像の整理をしていた。
千賀子さんからも珍しいガクアジサイとヤマアジサイの説明があって、新しい知識にう〜〜〜ん。
少しブログにアップしようと思っていた矢先、今度は千賀子さんの蓮の花のブログに夢中になった。
白蓮のたまゆらエッセンスの源の蓮。
http://blog.livedoor.jp/holos_96/
a0031363_7283510.jpg


 地質学者だった私の大叔父は蓮博士で浦和のお家には蓮の花がたくさんあったことを思い出した。
大賀蓮の大賀博士は遠い親戚と聞いたことがある。

 いろいろ見ているうちに気になってきた。
蓮と睡蓮の違いは?  グーグルに入力したら、トップ頁に愉しいのが沢山あった。
皆すごい情報とマニアックで感嘆した。
http://www.d5.dion.ne.jp/~dajare/index.html水生植物ホームぺージ
a0031363_7322065.jpg



http://www.biwa.ne.jp/~go-ozaki/(ozakiさんからは掲載の許可をいただいた。3年前のデータとのこと)
a0031363_7302711.jpg


 昨年の5月28日のブログで私は平安神宮の睡蓮を書いていた。
a0031363_841507.jpg

こういう楽しみは嬉しい〜〜〜!

 これから八重子さんのマックのお手伝いで外出。
何時に帰れるかわからないが今夜も蓮探しの夜になりそうだ〜〜〜。
Hさんからのカイロの睡蓮、フランス時代に何度も訪れたモネの家、
ジヴェルニーの睡蓮の写真を探さねばならない、、、
by pretty-bacchus | 2006-06-24 07:07 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

うたた寝覚めて 
 2006.06.23 金曜日 曇り 

  あ〜〜という間に一週間が経った。
 予定通りに事が運ばないのが人生だ、っていうことはわかっている。
 でも歳を重ねるごとに、予定以外のイロイロが多くなるような気がする。
 冠婚葬祭はもとより、自分自身の病院、友人知人の病気見舞い、、、S
 OS依頼のお手伝い、エトセトラetc.
 それが公私ともになると、もうどうしようもない。
 お付きあいはなるべく、なんとなくお断りしているのだが、そうもいかないことが多々ある。
 (ママの親孝行もままならなくなっているのは、考えものだ)
 セ・ラ・ヴィとあきらめて、なんとか頑張ろうと思っても、そろそろ体がついていかなくなったようだ。

  先生の事務所を出て帰路についた頃には、よろよろと歩いていた。(酔っているのではないよね〜〜)
 なんだか世の中の人は皆疲れた足取りみたいだ。
 車のライトがまぶし〜〜〜い。

  家に入ってバタンキュウ〜〜、気がついたら着替えもしないでソファーでうたた寝をしてしまっていた。
 数時間寝てしまったよう。
 このまま床につけばイイノニこうしてブログを書いているのは、やっぱり普通ではない。
 困ったことだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  朝の光が緑の向後に見え始めた。
 今日は少しゆっくりできる、ハズ。 ぐっすり寝たい〜〜〜。
 a0031363_6292399.jpg
a0031363_6301192.jpg
電車ものろのろと入ってくる。プラットフォームの人々がノロノロと前に出る、、、
a0031363_632035.jpg

by pretty-bacchus | 2006-06-24 05:05 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

洋書読む緑の木陰雲流れ
 2006.06.22 木曜日 晴れ

  Happy Endings、家の近くで一月ほど前にオープンしたお店。
 いつも閉まっていて一度も入ったことがなかった。
 オープンを祝う鉢の花がたくさん中に見えるから開店はしたのだろう、、、。

  イタリアへ発つ方と別れを告げたあと、疲れ切って仕事場への途中で車をとめてみた。
 梅雨の雲が切れて陽がさしこみはじめた。
 夕方の一時は静かな時でお店の若い女性が一人だった。
  本を一巡り。洋書それも英語物だけで、あまり興味をひくものはなかった。
 その昔、洋書といえば、四谷のエンデルレ書店と銀座のイエナか丸善が私の寄り道本屋だったが、
 いまでは、インターネットで何でも買える時代になって、洋書本屋は足が遠のいていた。
 赤い背表紙の本が目に入った。ヒラリー・クリントンの'LIVING HISTORY,Hillary Rodham Clinton'
 読んでみたいと思っていた本だったので、さっそく買い求めた。
 B5サイズの、なんと562ページもあるハードカバー。

  本屋の奥には緑に面したカフェ。
 モスグリーンとブルーの12席の落ち着いた椅子のカフェ。
 ミルクティーとガトーショコラをいただいながら、久しぶりの洋書を読み始めた。
 BGMが静かに流れ夕刻の一時を別世界で過ごせた感じ。
今日はこれで、Happy Endings としたいところだが、そうはいかない、、、、

  事務所にもどったら、電話のメッセージが十いくつもあって、ウファ〜〜〜。
 すべてに連絡をすませて、さらに、1日最低一時間は段ボールの整理と思っている引越整理が終わったのは22時。
 くったくたで帰途についた。
a0031363_1152762.jpg

a0031363_60563.jpg

by pretty-bacchus | 2006-06-22 23:59 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(0)