<   2006年 04月 ( 55 )   > この月の画像一覧

ペリゴール地写真〜「ドルドーニュ・ペリゴールへのいざない 〜の記録
写真展 Photo Exsivisions

01/"Paris" on 1966 at the Gallery of the Nishi Ginza DepartmentStore

02/2005年
ペリゴール地方写真展 「ドルドーニュ・ペリゴールへのいざない
−魅力あふれるフランスの地方を めぐるno.1」2005年1月11日〜28日 日仏会館にて開催
日仏会館・日仏協会
URL :http://www.mfjtokyo.or.jp

03/神戸にて、http://www.tasaki.co.jp/release/2005/05_0531.pdf「

04/2007年
魅力あふれるフランスの地方を巡る その2
 〜ラングドック=ルーシヨンへの誘い〜」

05/2008年
魅力あふれるフランスの地方を巡る その3
 〜シャンパーニュ・アルデンヌへの誘い〜」


(途中、、、)
by pretty-bacchus | 2006-04-30 23:23 | ◉PhotoExpo写真展東京奈良Jan | Comments(0)

木の芽時 忘れた鉢に 花ありて
 この花の名前は何?
 昨日ベランダで小さい赤い花をみつけた。
  鉄柵にかけた小さい鉢の緑に咲いた花、
 これもずっとほったらかしにしてあるのに、すごい生命力だ。
a0031363_18165652.jpg

蘇った薔薇はしっとりと、、、、
a0031363_21505245.jpg

by pretty-bacchus | 2006-04-30 18:17 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

春惜しみ心静かに墨を摺り
 2006.04.30 日曜日 晴れ

  綺麗な朝があけていく。
 雀たちはもうベランダにやってきている。
 緑がますます輝いて、花台にのせた赤い君子蘭とのコントラストがきれ〜〜い。
 
  四月も最後の日となってしまった。
 緑もすっかりきれいになり、春も最後、、、、初夏がやってくる。
 月日の経つのはなんと早いものか、、、、、
a0031363_1302437.jpg


  昨日土と緑と戯れたらなんだか少し元気になった。
 ゴールデンウィークに数人の方にワインとオリーブオイル、パスタなどをお送りした。
 手紙を一緒にと思っていたのにまだ書けていない。
 カードや紙はいろいろ自作が出来ているので、それにいつも必ず筆か万年筆で書くことにしている。
 この頃は筆ペンでまにあわせてしまっているが、久しぶりに墨をすってみたくなった。
 さて今日はどの墨を摺ろうか、、、墨の香りは気持ちを静めてくれる素晴らしい癒しのひとつ。
a0031363_1194212.jpg

a0031363_442618.jpg
  数年前につくった自作のレターペーパーは、和紙に志村ふくみさんの織物の一部をレイアウトしたもの。
 海外にもつかえるように下の名前は横文字。
by pretty-bacchus | 2006-04-30 07:07 | ♡TinyBelongings小さな宝物 | Trackback | Comments(0)

曇天に緑と土と戯れて
2006.04.29

 お昼はいただいた十三代なにがしのお味噌でお豆腐のおみそ汁。
 煮干しを欠かしてしまったので、おかかとこんぶで料亭風な上品なお味でいただいた。
 
 午後いっぱいは久しぶりにベランダの手入れについやした。
 芽が出た鉢に追い土をしたり、枯れ葉の整理をしたり、、、、
 そんななか、目から鱗の発見をしてしまった。
 いやいや、横着な自分を自画自賛というわけか?

  昨年のツルモノの蔓がのびたままで取り払っていなかった。
 小さなアーチとベランダの柵にからみついたまま、それはそれで結構景色になっていたし、
 雀たちの遊び場にもなっていた。
 先月はじめから薔薇の新芽が伸びて、からみはじめたりしていたが、
 あまりの多さと茶色の色に少し折ろうと思ったら、これが折れないし切れないのだ。
 なんという生命力だろう。
 朝顔の蔓はわりとすぐ折れたが、時計草は折れないしぐるぐる回してもダメ。
(鋏で切っても蔓は美しく花入れの周りに昨年同様にオブジェとしておこう。)

  そうか、この古い蔓が次の年の新しい蔓の台となってさらに蔓が広範囲に伸びるのだ!!
 あたりまえのことかもしれない自然界の摂理にいまごろ気がつくなってなんて馬鹿なのだ!
 ベランダの鉢だって植物のサイクルは同じなのに、、、、
 そういえば、ペリゴールのベルナール・ガンスの別荘で、館裏から裏庭一杯に天高く伸びた
 パッションフルーツの花と果実をみたことを思い出した。
 古い蔓が新しい生命の土台となっていたに違いない。
 狭い都心のベランダ仕事で、ひろ〜〜いフランスの田舎の生命の自然の営みを
 突然思い出したのだ。あれはもう十数年も前のこと、、、脳ってすごい!!
 私のニューロンはまだ健在だ、ブラ〜ボ!
(マルセリーヌ・ガンスが裏の庭でとった数種類のフリュイルージュですぐにジャムを作ってくれたりしたっけ)
a0031363_19132010.jpg
      (古い時計草に去年の葉が緑のまま三つ残っている。枯れ枝は堅い、、、)

  そんなことをぶつぶつ言いながら、次の仕事は、昨日買ってきた新しい二鉢の時計草。
 毎年咲いてくれる時計草はここに越してきた二十数年前に求めたもので、
 その根がどこにあるかもわからないのに、花をつけて私を喜ばせてくれているのだ。
 園芸屋に行く時間もなく遠出もあまりしていないここ数年は新しい鉢物もかっていなかったが、
 昨日通勤路の小さな花屋の店先にいくつもの鉢をみつけで衝動買い。一鉢500円也。

a0031363_191826.jpg
a0031363_19193670.jpg
 ツタの長方形の鉢の上に一鉢おいて薔薇のアーチに蔓を巻き付けた。


 もう一鉢は枯れてしまった銀木星の尺鉢の土においた。
 鉢の土がすこしでも地上の土の変わりをしてくれるだろうという願いも込めて、、、



   蕾が大きくなっているので花開くのがたのしみだ〜〜〜 a0031363_19211812.jpg
 作業中に君子蘭の花におしりがあたって花びらをふたつおとしてしまった。
 ごめんなさい、君子蘭、下から花台のうえにあげてリビングから良くみえるようにした。a0031363_1922105.jpg

a0031363_19231599.jpg
       (時計草の枯れたツタは土ものの花入れの周りにおいたら素敵なオブジェになった)

  曇天だったので日に焼ける心配もなく、久しぶりに園芸仕事を楽しめた土曜日だった。
  さて、お腹がすいてきた。今日の夕食はなににしようか、、、、、
by pretty-bacchus | 2006-04-29 18:18 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

救われた 命いとしみ 花開き
 2006.04.29 土曜日 曇り

  世の中はゴールデンウィークの始まりとか、、、、、
 借景はグリーンウィークの真っ盛り、、、眼前がすっかり緑になった。
 雀たちが緑から緑を渡って朝から遊んでいる。曇っているのでとっても落ち着いた朝。
 
  昨夜の薔薇は生命をとりもどしたようで、恥ずかしげに首を持ち上げ開きはじめた、、、よかった!
 葉を少し整理して霧をふいて、、、、観音様ありがとう。
 写真にも命が精が宿っているのだ。

  顔をちかずけたら芳い香りが上ってきた、、、、すごい!

 今日は少しゆっくりできるのに、いつものように目が覚めてしまった。
 この二日は家の整理と、ベランダの緑の手入れ、そして読書の予定、、、、さて、どこまでできるやら、、
a0031363_1636077.jpg

  芳い香りは観音様の向後のマリア増までとどいたような、、、
 陶器のふくろうも嬉しそう〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_16425512.jpg

by pretty-bacchus | 2006-04-29 07:15 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

折られたる 薔薇の蕾に 命あれ
2006.04.28

 一週間が終わった。
すさまじいスケジュールの毎日であった。
でも自然の息吹とささやきに狂喜してすごせた一週間でもあった。
  ありがとう万物の創造主、そして神秘に満ちた宇宙と自然、、、、。
a0031363_2242243.jpg

  定点観測の君子蘭
a0031363_22432563.jpg
  車では一方通行を右に行く、歩いて広い路に出るには左の折れて中学校の校庭裏を行く。
 芥子の花とドウダンツツジが土手に咲く、、、、。

  夕食はカツオのたたきと、マグロの赤身。
旬のみずなすを細く切ってゲランドの塩をつけて、
 エドアルドヴァレンティーニのエクストラヴァージンオイルをほんの少しおとして香り着け、、、

 ワインはロジェベランのサントネー1995を少し冷やして、、、、
 年代を経たピノノワールの深みとこのワインの持つ優しさとの抜群の相性に疲れもふっとんで、、、、。
 
  家路の途中で薔薇の枝が折れて下がっていた。蕾が二つ頭をたれて可愛そう〜〜〜
 そ〜と折って持ち帰って水切りをして十一面観音の写真に供えた。
 元気になってくれるとよいのだが、、、、、
a0031363_2247933.jpg

 花入れは京焼きの名手の西村徳泉さんの珍しい土もの。先生からずいぶん前にいただいたもの。
by pretty-bacchus | 2006-04-28 23:00 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

よろよろと 路肩の花に 引きつられ
 2006.04.28 金曜日 

  綺麗な朝が明けてきた。
 今朝は聞き慣れない鳥が早くから鳴いている、、、なんのとりだろう。
 借景の緑はますます大きくなって、向うの白い建物はもうみえなくなるのも間近いだろう。
 カーテン越しにカシャッ
a0031363_1702477.jpg


 今日はいつもと反対方向の通い路を歩いて大通りに出る予定。
a0031363_1374019.jpg


 玄関脇の大輪のバラはことしは二つ三つしか花をつけていない。
 以前は管理人さんの奥様が毎日手入れをしていたが、今は荒れたまま、、、、
 人の愛情がないとこんなになってしまうのか。

 途中の家の路肩にいつも季節の花をかかさないところがある。
 昨日は藤の花が咲いていた、、、小さい鉢にいれられて、、、、
朝日をあびていきいこと、、、、

 通勤路で草花に愛をいただき会社に向かうのは幸せ!
a0031363_13114273.jpg

帰宅してから今日のショットを整理して、、、
a0031363_21463768.jpg

by pretty-bacchus | 2006-04-28 08:08 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ほろ酔いに 春雨肩に のしかかり
 「疲れたね、、、、」連れ合い
 「うん、、、、、」と一言わたし
 「どうしてこう疲れるのかね〜〜〜〜〜」
 「うん、、、年ですよね〜〜〜〜〜〜〜」

 「でも、まだそんな年ではないよね〜〜〜〜〜」
 「うん、でも若くはないでしょう〜〜〜〜」
 「敬子のままは85才なのにいつも元気だね〜〜〜〜」
 「うん、、、、、、、、、、、、、、、」

 ハンドルを握る人、沈黙の隣ひと。

  特別の夕食の約束がない日は、こんな日が多くなった。
 このまま家へ帰って、惰性で食べる夕食は楽しみも、生きる歓びもない。
 何があっても一日の終わりはゆっくりとおいしい食事とワインを味わいたい、、、、
 それが共通の思いだったのに、この数年そのサイクルは少しずつ狂ってきている。
 
 数年前から
 「食が細くなりましたね〜〜〜」 行きつけのレストランのシェフ。
 「お酒の量が減りましたね〜〜〜」 ソムリエさんがつまらなそすにつぶやく。
  ここ数ヶ月は
 「以前の半分ですね、、、、、、、、」
 「でも、これで人並みかな〜〜〜〜
 「どこかお悪いのですか。。。。。。。。。」
  年相応だと思うのだが、三十代四十代の私たちの食はすごかったのだろう、、、、、、。

  「ごめん、車の方向を変えて〜〜〜」
 突然の変更にはなれっこになっているショファーは、なにもいわないのに青山を通り
 トンネルをぬけて麻布十番へ。
 突然では電話をしたって、どうせ満席だろう、、、、、、
 五卓14席、カウンター五席のP.Sは、おそらく東京で一番予約が取りにくい店、、、、
 親しい(と自分勝手に思っている)私も年中予約が取れなくて、このところご無沙汰をしていた。
 すでに午後21時、「コンバンワ、、、、、
 店は一杯、入り口で待っている人もいる。
 カウンターは5人で一杯。
 「一人だったら大丈夫そうね、、、、
 「はい、すぐに、、、、
  5席しかないカウンターも時々6人座っていることもあるのをしっているので、そこは阿吽の呼吸。
 連れ合いは、今週はカウンセラーの食事が届いていて外食はダメ。
 うふふ〜〜〜〜私一人だ。

 「よっこいしょ、、、と心の中でぶつぶつイイながら席に着く。シェフとアイコンタクト!
 「お疲れのようですね」
 「はい少し、、、、」
  カウンターの隅っこの席で幸せの深呼吸をして椅子を引く。
 こうして今日を幸せに締めくくった夕食が始まった。
 弥平シェフは本当にすごい!!!!
そ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、し、、、、、、、、、、、、、て
  23時、感謝を込めて、かなり酔って(そんなに飲んでいないのに〜〜〜)雨の中をご帰還。
 明日への活力をいただいて月末最後の金曜日に向かって、、、、ボンクラージュ!
 
a0031363_138425.jpg
   アンティパストミスト、白はグラスワインでヴェネートのもの、赤は珍しい1990年のバローロ!!
その芳香とまろやかさに陶酔。
by pretty-bacchus | 2006-04-28 01:38 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Comments(0)

曇天に 緑輝き 風さやか
2006.04.7 木曜日 曇り

  今日もどんよりと曇っている。
 白々と明けてきた朝の中に緑が浮き上がってくる。
 曇りでも緑と共にあけゆく朝はきれいだ。
 風も少しあるようで、借景の緑の葉が揺れる。
 
 君子蘭はまた一房開いた、、、、自然界の営みはすてきだ。

  静かな朝だが、今日も私のスケジュールは荒れ狂いそうだ。
  セラヴィ、
a0031363_240874.jpg

    出がけに室内からカッシャッ
a0031363_2421938.jpg

by pretty-bacchus | 2006-04-27 07:07 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

君子蘭 あかき魔力に 励まされ
 2006.04.26 晴れ
 
  完全にダウン、、、
 最悪のまま仕事、、、、、
 BR事務所>Djimusho >S事務所>N事務所>>>>ダウンのままむち打つように食事、、、・
 
 定点観測の借景の緑と君子蘭を撮るのみ。
a0031363_0404035.jpg

   望遠の圧縮効果で遠方の緑が手に取るように、、、
世の中はすっかり春一杯、、、
a0031363_0485423.jpg

by pretty-bacchus | 2006-04-26 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)