<   2006年 02月 ( 61 )   > この月の画像一覧

遅き春父の思いを引きずりて         
2006年 2月28日 夜に

    写真俳句をしているのですね。とメールをいただいた。
   今とてもはやっているらしい写真俳句。
   でも私は、俳句をならったことはないので、そうですと自信をもっていえない。
   日本人ならだれでもできる五七五をつづっているだけである。

     父が小学校の時によく言っていった。「敬子毎日俳句を作りなさい。日記を毎日つけなさい、と。
    でも私は、愉しい習い事や、野原で遊ぶことを優先してしまったようだ。

     父が遺してくれた本のなかに沢山の俳句関係の本がある。歳時記もいろいろとある、、、。
   去年の父に命日に偶然見つけた父のサイン入りの歳時記は、私の宝物。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   去年のブログから
       # by pretty-bacchus | 2005-02-08 23:58 | 小さな宝物、師、父母、友人
http://keico.exblog.jp/3268612
父の命日に
   命日に 懐かしき文字 父の本 

     父の命日。もう14年になる。
   酒を愛し、友と語り、人生に少しばから背をむけたこともあり、、、
  最後まで父らしい人生を送ったオトコであった。
   多くのことを与えてくれた父であった。
   沢山のひとに愛された男であった。
   もう少し生きていて欲しかったな、、、、。

    告別式には、梅の香りが寺中に広がっていた。
   西行の詩を愛した父。「願わくは花の下にて春死なん、その如月の望月の頃」の如く二月に逝った。

    せんだって、父の残した本の束がくずれて、整理をしていたら、最後の頁のいつものサインの他に、
   「敬子へ」というのが何冊もあることを発見した。
   いつの日か私の手に渡ることを考えていたのだろうか、、、それとも私に読んで欲しいと思ったのは、
   自分のサインの他に、こうして、敬子へと、、、、書いたのだろうか。

   十数年もたって見つけた父の文字に、、、、、。
   父と母の愛は深いのだ。
    
a0031363_2504449.jpg
   これは俳句の本、、、、


by pretty-bacchus | 2006-02-28 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

蒼白の心が撮るは木枯らしや
.                                                                                          2月28日 火曜日 曇り 
  暗い朝だ。
  なんとも暗い朝だ。鳥も元気がなさそうだ。
  私もまったくダメな感じ、、、、。
  どうしたのだ、まったく体が動かない。
  やはり入院した方がよかったのかもしれないな、、、、。
  電話でドクターのアドバイスをうけて薬を飲んでただこんこんと寝て起きて、、、
  もちろん食欲はない。
  ときどきテレビをつけてマックと遊んで、でも本と読む力はあまりない。

   歳を重ねる課程ならばよいが、悪い病気だったらどうしよう、、、そんな思いがよぎる。

  薬を飲むために起きてきて、ソファーに座って遠くをカシャッ。ひよどりを撮ったが、
  カラーのはずがモノクロに近い色。色を失った世の中みたいだ。
a0031363_15313395.jpg

  そして2月も逝ってしまう、、、、、、
by pretty-bacchus | 2006-02-28 18:18 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(4)

雨上がり 落ち葉踏みしめ 急ぐ路
2006.02.27

English Here
 
    パリの街に入った頃には事務所の引け時であった。
 雨上がりを家路に急ぐ人、バイクで帰る若者、、、それぞれのパリである。a0031363_239565.jpg
a0031363_23234186.jpg

  イヴ・モンタンが70才でこの世をさったのは、枯れ葉散り敷く秋の日であった。(1991/11/09)
  サンジェルマンのこの近くの館の前は花で埋まっていた。(私も車で駆けつけ手を合わせた)

  エディット・ピアフ、シモーヌ・シニョレ、マリリン・モンロー、、、、彼の時代の人は皆今はないa0031363_2325221.jpg
by pretty-bacchus | 2006-02-27 22:56 | ♧Journey海外2006仏伊香港 | Trackback | Comments(0)

雲行きが 悪い巴里路も フォトチャンス
2006年 2月27日 月曜日 曇り

English Here

    気分転換に昨年のイタリアフランスの旅の写真の整理をしている。
   まずはイタリア、そしてパリ。
   久しぶりのパリなので、空港からタクシーにのったらすぐカメラをかまえた。車の中からの
   スナップはお手のものというか、オーチャックカメラマンとしては慣れたもの。

   雲がキレイな夕方だったので、高速で最後までいくのを止めて途中ポルトマイヨーから
   街に出てもらった。雲を追って街中をパシャッパシャッ窓越しにスナップ。

    何枚かを選んでweb用にサイズをおとして整理してアップ。
    一枚に数分しかかからない。デジカメだからこそ出来る楽しみである。
    オリジナルがどのくらいの大きさまでキレイに出力できるかは未確認だが、
    銀塩にはもどれそうもない。↑シャルル・ドゴール空港からでたばかり、雲が空を覆い隠すように、、、
a0031363_2145199.jpg
↑パリの上は晴れているのかしら?
a0031363_21531797.jpg
↑ポルトマイヨーをでてグランザルメ通りから凱旋門に向かう。
a0031363_2201374.jpg
雲を追ってカシャッとシャッターを切った瞬間車がゆれて、、、。
a0031363_223370.jpg
↑グランパレの上にも雲が、、
a0031363_22324666.jpg
コンコルド広場の曲がり角、こんなに緑が多いのだ。
a0031363_22202586.jpg
エッフェル塔の上に陽が落ちる、、、
                                                                           続く〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2006-02-27 22:44 | ♧Journey海外2006仏伊香港 | Trackback | Comments(0)

モノクロの 生きる都は 秋の巴里
    2月27日 月曜日 午後 

English Here

    だいぶ人間らしい体になった。しかし本調子ではない。
    ドクターの指示で自宅で仕事、、、。

    気分転換に昨年のイタリアフランスの旅の写真の整理をすこし始めた。
   写真を始めた四十数年前は私のカメラは二眼レフでモノクロの時代だった。
   カラーのフィルムを使い始めたのは高校生になってからかもしれない。
    今のようにキレイなポジを使い始めたのはずっと後になってからだった。

    モノクロが懐かしくなって、プリンターのモノクロを試したくなって、パリの地下鉄を、
    photoshopCSでいじってみた。なんだかなつかしい趣だ。
   モノクロがはやってきているのもうなずける。
a0031363_18135472.jpg
                           パリはモノクロがよく似合う、、、、、、。
a0031363_18245335.jpg
         元の写真、フォワイトバランスがすこしおかしいのだが、、、、a0031363_19111977.jpg.                友人と歩いたサンジェルマンの小径

  16x9のレンズのアングルが生きているな〜〜
a0031363_206087.jpg


















下は、色合いを少し遊んで、マジェンタをわずかに残してみた、、、
by pretty-bacchus | 2006-02-27 18:18 | ♧Journey海外2006仏伊香港 | Trackback | Comments(0)

さくらサクラ桜〜〜〜待ち遠しい桜、さくらくらサクラ桜 ✿ฺ´☆`✿ฺ
a0031363_7122655.jpg
さくらさくら桜さくら〜〜〜待ち遠しい桜、さくらくらさくらさくら桜さくら〜〜〜待ち遠しい桜、さくらくらさくら
by pretty-bacchus | 2006-02-27 07:13 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Comments(0)

ブログレイアウト変更テスト
                                                                                 

  新しいブログのレイアウトでテスト

  オリンピックの閉会式をみながらブログのレイアウトを変えてみた。
  exciteの範囲の中でつくらなければならないし、なかなか思うようにはいかないが、、、
by pretty-bacchus | 2006-02-27 06:51 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

病みて知る友の病の重かりし
                                                 2月26日  日曜日 雨                                        
  衣川 清治さま、中西 尚紀さま

  その後ご無沙汰でごめんなさい。
  お店に何度か電話をしましたが、お話しできずにおりました。

  本日京都の友人が上京して、新幹線のなかの雑誌WEDGE2月号の切り抜きを持ってきてく     
  れました。
  お父様の記事でしたので、写真を撮って添付しました。
  折りたたまれてすれてしまっていますので、きれいなのが手に入ったらお送りします。

   メールアドレスがわかりませんので、ブログをみてくださるとよいのですが、、、、。
a0031363_7245645.jpg

  =====================
2005年11月10日のブログ
 巴里から連絡が入った。親しい方の訃報、、、信じられない、、、、
そんな馬鹿な、、、、一週間前に元気に、「またすぐに来ます、、、、とわかれたばかりだ。
 巴里に電話をしたが息子さんとはまだ話せていない、、、、、

 パリの日本料理店「衣川」の衣川清志さん。四半世紀にわたるおつきあいである。
彼は、京都のたんくまで修行のあと請われて渡仏。パリの日航ホテルの日本レストラン弁慶を成功させた。その後、、、、、、、、、、、、

a0031363_03082.jpg

先週の彼のスナップ。息子さんの手さばきを気にしている様子がわかる、、、、
フランスで日本人が日本の食文化を丁寧に伝え、それがフランス人に理解されているのは嬉しい限りだった。

 今回も短い滞在の間に何度か訪れて昔話に花をさかせたのだ。
「息子のことはあんまり怒れなくてね〜〜〜、
「まったく時代が変わってね、、、娘は同僚の医者と一緒に住み始めて、、、
「家へかえっても寂しいものですよ、、、
いつになく自分のことをいろいろ話していた彼は、私たちが店を去る前にす〜〜と消えた。

 包丁を握った最後の客はやすひろさんと私が最後の客だったようだ。
_________
日経ネット 国際より
2005/02/27 00:08
▼欧州
ミシュラン、パリの日本料理店「衣川」に「希望の星」
 3月2日発売のミシュランガイド2005年フランス版は、パリ八区の日本料理店「衣川
(きぬがわ)」を、新設した「希望の星」レストランに選んだ。同ガイドは三つ星を最高と
してレストランを格付け。「希望の星」はあと一歩で星がつくという水準で、衣川は「星
のないレストランではベストの18店の一つ」と評価された。和食店で初めて星を獲得
する期待が出てきた。

 衣川は今年4月にパリで創業22年目。シラク仏大統領が訪れたこともある。共同経
営者の衣川清志シェフは「フランスで手に入る素材を用い、日本でしてきたように普通
の料理を出してきた。フランス人の舌に特別合わせてはいないのに、日本の食文化が
わかってもらえつつあるのはうれしい」と話している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by pretty-bacchus | 2006-02-26 23:01 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

ホテル考その後
 
21日、22日につづて、今度は、現役のプロ、それもハード、ソフトの権威で、
今は総合的にかつホスピタリティー精神で、
ホテルの人間を育てることに
第三の人生をかけている友人からメールが入った。
================
外国系ホテルに代表される最近のホテル:
ホテル産業について、私が最近一番気懸かりなことは、“夢”が無くなった・・・ことです。
・利益は後から〜
サービス産業、hospitality industryの難しさは利益は後からついてくる・・・
ものであり、利益を追いかけてはイケナイ!点なのです。

精一杯対応して、おもてなしをして、それでも満足はムズカシイけれど、納得していただけたら、
利益は後追いしてくれます。
最近のホテルは、無機質で愉しくアリマセン!
利益を予測し、追いかけているからです。
CホテルもMホテルも似たようなものです。
大した内装ではアリマセンし、おもてなしは最低です。
Pホテルの頃には、まだナントカ人財を集めることが出来ましたが、もうダメです。

ホテル業は、安売りに走ったがために、“夢”も希望も失って、働く人が寄り付かなく
なってしまいました。

・遊び人の世界:
昔むかし、 ホテルにあこがれた頃のホテルマンは、客以上に遊び人で、酒のことも、
味についても、マナーも知っていました。
今は、客の方が数等知っている時代です。
良い意味での“良い遊び人”が、育つ環境と給料にしないことには良いホテルにはなりません。
“敷居の高さ”も”恥の文化”も、失われました!
金払えば客だ! と思い込んでいるアホなヤツは相手にしない!毅然たる対応・態度が必要です。

・愛着と愛情
その“ホテル”に愛着を持って、お客様のためを思って、自分の家以上に、自分の部屋よりもキレイにしよう〜と
手を抜かずに一生懸命にやる『職人』ナシには成立しない商売であるのに、
安い人材としてパートやアルバイトを使うようになって、ホテル業は堕落・転落してしまったのです。
「正社員」の良さは、“身分保証”という安心感が一番なのです。
定年まで安心して、「ここにいられる!」と思えばこそ、愛着と愛情と、客への思い入れが出てくるのです。
================================
a0031363_7582196.jpg



ほんとうにそうだ。
これは世代の違いとかではない。旅のホテルの人間の問題なのだ。











古き良き時代の建物の中庭
by pretty-bacchus | 2006-02-26 07:07 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

氷上の エキシビションに 時止まり
  オリンピックの氷上のフィギュアスケート エキシビションに釘付けになってしまった。

  すごい〜〜〜!
  メダリストたちの氷上のエキシビションはすごい!
  自由になったアーティスト達は、優雅に大らかに氷上で舞う。

  荒川静香さんは、肌を大きく出したヘヴンリーブルーの衣装でスポットライトをあびて
  軽やかに優雅に舞った。
  蒼い衣装と薄桃色の肌、そして白い靴。
 
a0031363_10151143.jpg
なぜブルーなのだろう、、、、誰も聞いてない。なぜ?
a0031363_1015413.jpg
素敵な笑顔だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ブラヴァ!
  鍛え抜かれた筋肉もすご〜い。

  プルシェンコが生演奏のバイオリン付きでトスカ」とパバロッティの歌付きカルーソーで踊った。見事だ!

  ソファーに座ったまま近いい方の小さいテレビを望遠カメラでカシャッパッシャ
(蒲田さん、D200にVR18-200F3.5です。良く撮れますね! アリガトウ)

友人からの写真
a0031363_11161067.jpg                                     a0031363_1131453.jpg
by pretty-bacchus | 2006-02-25 09:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)