<   2005年 08月 ( 69 )   > この月の画像一覧

曇天に 名残の花が 天を向き
 なんと曇った空か、、、。
ベランダの朝顔が天をむいて咲いている。ピンクただ一輪。

 通い道の校庭の土手にひまわりが咲いていた。
夏の最後の黄色の花はうれしい、、、。[
The Japanese HEN KAN does not work any more, and I can not write down the text in Japanese.
a0031363_2254212.jpg

by pretty-bacchus | 2005-08-31 07:20 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

皮肉なり 実りの秋に病院食
2005.08.30

 病院からの指示で、連れ合いが特別食をしばらく試すことになった。
数日前から届いているが、
これがなかなか美味しい。そのうえ衛生的で簡単である。

意を決して私も一緒にすることにした、9月から、、。
実りの秋に残念だが、太り過ぎで、成人病予備軍ぎりぎりの私にも良い機会だ。

 今日が最後でしばらく美食とはさよならだから、、、などと理由をつけての最後の晩餐はやはりピXXト。
うわ〜〜〜〜!カウンターにすわってびっくり!! 
まさに実りの秋の産物が燦然と輝いていた。フランスからのジロールとピエブルー!
隣には手打ちのタリオリーニ、タリアテーレ、その隣には京都からの満願寺。
a0031363_16353161.jpg


 カウンターの中では子牛が、、、。a0031363_16351751.jpg
アンティパウトミスとに始まり、秋の味覚のきのこと、野菜と、はもで
最後の晩餐
を仕上げた。
久しぶりにデザートをとってしまった。カルバドス風味のチョコレートケーキはさわやかな優しい甘さで脱帽。

 明後日からの特別食事でやせることに期待をかけて、最後の食後酒ももちろんいただいいてしまった。
やれや、、、、、、、、、、、




by pretty-bacchus | 2005-08-30 23:23 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

友訪ねきて 昔の秋の 物語り
2005-08-30

 その方には昔の面影はなかった。
すでに中年の終わりの様相で、もし道であってもわからなかったかもしれない。
18年ぶりに事務所を訪ねてくださったYF氏とつもる話がつづいた。

 三十代後半から四十代はじめまでの私史の重要な一部である、エールフランス、メリディアンホテル時代の
最後の6年間は、365日、24時間仕事モードであった。
メリティアンチェーのの日本代表として海外出張も半端ではなかった。マーケッティンでヨーロッパはもちろん、
中近東、アジア、アメリカと6年間には百数十回の出国をした。

東京>翌朝パリ着、会議、一泊して>東京へ。真夜中に事務所で書類の整理をして翌日香港でアジアパシフィック会議。
帰国して数日で今度はニューヨークへ、、。とそんな生活がつづいた。
厳しい仕事ではあったが、やりがいがあり仕事にもえていた。

 しかし結局体を壊し大きな手術を余儀なくされて、会社を辞めたその途端、私はある事件に巻き込まれた。
晴天の霹靂であった。
私の海外出張がその当時の女性としては異常なほど多かったことも疑われた一因だったかもしれない。
(どんな女か、、という興味もあったらしいのだが、、、)
すぐに私は関係がないことが証明された。

 事件の渦中の中に偶然知りあった取り調べ官がYF氏であった。
途中でわかったのだが、母の茶道華道のお弟子さんのご主人だったのだ。
[先生のお嬢様の敬子ちゃんは、そんな悪いことができる人ではない、との一言で
私の疑いは
さらにきれいに晴れたのだ。

 その事件は国際的な規模で調査がつづき、知り合いの方が逮捕された。
その方の家族をご案内して一度ヨーロッパに旅したことがあったのだ。

 あれから18年。FY氏は一戦を退き、なつかしさのあまり訪ねてくださったという。
18年の歳月におこったさらに紆余曲折のドラマティックな私の人生に、彼は言葉を失なっていた。
[そんなにご苦労をなさったのですか、、、お母様は大丈夫ですか、、、と

 弟と3人で昔を振り返りながらの食事は、なつかしいい昔話に花が咲いた。
辛苦のなかにも、いつも明るく正直にまじめに生きてきてよかったですね〜〜〜と三人三様で納得!!
乾杯はシャブリで、、、、
by pretty-bacchus | 2005-08-30 08:44 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

ベランダの 残れる夏に 一つばな
残暑がもどってきた。
朝早くから蝉がくるったように鳴いている。命をおしむように、、、、。

 朝顔も小さいピンクはひとつ咲いて夏の名残を詠ってくれている。
夕顔も蕾をつけた。
暑さはつらいが、私も夏の名残を楽しむとしよう、、。

 週の始まりであり月末でもある。
予定はぎっしり、、、体が心配の感多し、、、。
by pretty-bacchus | 2005-08-29 08:15 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

秋蝉に 名残の花が 寄り添いて
 日曜日の朝は暗い。
秋蝉と虫の音が一緒になっているのに、妙に悲しく聞こえる。

 夏中ベランダに緑のトンネルをつくってくれた夕顔が外にむかって咲いていたらしい、、、。
蕾みかけて白い花、
夏の終わりをつげているかのよう。

 日曜美術館を見に起きてきた。今日はヤン ファンエイク。

 昨日のお店で16X9を試した見た、、、、う〜〜〜ん、何かおかしい。
一眼レフと違うことはわかっているが、粒子と色が変だ、、、取り扱い説明書を読んでみなければ、、、、。
a0031363_919208.jpg

by pretty-bacchus | 2005-08-28 09:02 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

澄み切った台風一過の出会いかな
2005年8月27日 晴れ

 台風一過の澄み切った空気に真っ赤に沈む太陽がきれいだった。
やがて一日が終わり、、、そして希望の朝がくる。
そんな気持ちにしてくれるきれいな空であった。

 ヨドバシカメラのあと、六本木のグランドハイアットで若いお二人にあった。
今夜は、不思議なご縁で知り合いになった工藤さんご夫妻と弥平さんのお店で夕食。
嬉しい出会いに快い乾杯の一夜であった。

 良い酔い心地で帰宅。すぐにお礼のメールをいれたいほど、すてきなカップルだった。
学生時代にラグビーで目を手術をきっかけに文学の道から、医学へ進み、
今は眼科のドクターであるご主人とシステムエンジニアリングの仕事をやめて、家庭に入ったすてきな奥様。
三十代のお二人に、若い世代の模範となる代表をみたようで嬉しい!
日本の未来を背負っていくに違いない若者!

 「今の若いものは、、、と若者批判ばかりしている亀井なにがしにあわせたいものだ。
______
(お送りしたメールを記録として、、、)
_________________
工藤さま&素敵な若奥様

「なんとチャーミングな御夫妻なんでしょう、、、。と、帰りの車ではお二人のことで花が咲きました。
思いきって出かけてよかったです。
私は意外に??出無精ですし、あまり社交的ではないのです、、、本当は!!

不思議な御縁で、こうしてお目にかかれて本当によかった!
そして共通な趣味がたくさんあって嬉しかったです!!
これからの日本を支える若い方々が沢山いらっしゃることに乾杯です!

ピxxと、という最高の舞台で、新しい、二十一世紀の出合いが実りましたことを感謝いたします。
素敵な週末を豊かな気持ちで過ごせました。ありがとうございました、、、。
__________________
アペリティフは、季節の桃のベリーニ、白をとばしてエドアルドヴァレンティーの
チェラソーロ、
赤は、ブルネロディモンダルチーニ98

お料理は、、、、、




by pretty-bacchus | 2005-08-27 23:44 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

LUMIX LX1
 昨日新しい小型カメラがでた。
LUMIX LX1。
http://panasonic.jp/dc/lx1/index.htmla0031363_1618522.jpg
月曜日に出たカメラ関係の月刊誌で読んではいたが、ホームページをみて
手にしてみたくなった。

 何よりの魅力は、16X9のワイドに撮れること。もちろん4X3もとか、、、。
そのうえ820万画素あるので、大きく引き延ばしに耐える。

 いけないいけない、、、、、ウ〜〜〜ん。
でもこれからすぐにヨドバシに直行しよう。今日は鎌田さんもいらっしゃるし、、、。

 でも、夜は約束があるので、、、急がねば、、、
この写真はホームページより。a0031363_1617215.jpga0031363_16173283.jpg
a0031363_9103089.jpg

by pretty-bacchus | 2005-08-27 15:10 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Comments(0)

昆虫と 父と過ごした 夏去りぬ
 父が息を引き取った午前4:44分。 土曜日の朝。
この頃その時間によく目が覚める。
夢をみていた、、、父とどこかみなれぬ里で昆虫を追いかけている。
そう、、、夏は昆虫と植物をおいかけて真っ黒になっていたものだ。
 夏休みの最後は、絵日記や宿題に追われて、おばあちゃんもかり出して整理をしていたっけ、、、。
と〜〜〜〜い昔の思い出がよみがえってくる。

 本当に静かな朝があけはじめている。
時々ちちち、、、と虫の声。
今日は愉しい出会いが予定されている。
人生っておつなものである。

 もうすこし寝よう。
by pretty-bacchus | 2005-08-27 04:57 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

嵐過ぎ 静かな朝に 鳥憩い
 台風一過だが、また風が強い。
ひどく蒸し暑い朝他、熱帯性低気圧か、、、、。

 昨日はひっさしぶりに酔った酔った。
試飲会のあと港ソムリエたちと食事。仕事でいろいろ悩み事が続き、ついつい愚痴でなさけない。
 不愉快な気持ちが残ったままワイン&ダインをすると、この頃ひどくよってしまう。
年相応なのだろうが、情けないことだ。

 
by pretty-bacchus | 2005-08-26 06:33 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

嵐前 最後の一花 凛と咲き   
 台風がちかずいている。
どんよりとした朝に、すばらしいピンクの朝顔がさいた。
高台においた鉢から、細い蔓を伸ばした最後の蕾がさいたのらしい、、、、。
十数センチもある深いピンクの花は、人の心を誘うような、、、、。

最後の一輪かもしれない。今年の夏に何十も咲いたなかで一番くらいに大きく凛と輝いている。

 人間の人生の最後もこうありたいものだ。
a0031363_1444883.jpg
荘厳に銀色に輝いて、、、
a0031363_1444547.jpg

by pretty-bacchus | 2005-08-25 10:32 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)