<   2005年 03月 ( 69 )   > この月の画像一覧

咲いたさいた 桜が咲いた。
 開花宣言あり。しかし愛でる時間無し。
ただいま帰宅。疲れた。
a0031363_017837.gif
木々の芽も色づいた。
by pretty-bacchus | 2005-03-31 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

フォーサーズと広角とカメラ趣味に世界
2005.03.31

 毎日のように新しい機材のニュースがでるコンピュータ、写真、テレヴィ、 IT関係など。
ついていっているようで意外なところで理解していないことも沢山ある。
もともとどの分野も専門ではないのだから、新しい機種がでたときに少々研究し
(例えばフィルムとCCDの違いとか)
あとは今の私の興味とニーズにあったもとを買い求めることになる。

 女性としてはメカには強い方なのかもしれないが、どの分野も求めた機種は必ず取扱説明書は
最初から最後まで注の細かい文字まですべて読むことにしている。
あとはなにか疑問がでたら、その関係の頁をみればよい。そのあとは知人に聞いたりすることになる。
これでかなり使いこなせることになる。

 叔父(母の弟)の加藤哲夫は磁気の大家で、私の小さい頃は目と鼻の先に住み、
父の酒飲み仲間の一人だった。
まだテレヴィもなかった頃に、叔父が東京工大時代に造ったラジオと蓄音機と、
日本では珍しかった大きなテープレコーダーは愉しいおもちゃであった。
きっとそんなことでカメラとかに興味をもつようになったのかもしれない。

でもその頃は女の子は日本舞踊に、ピアノにバレーに、お茶に、お花、お習字、などのお稽古という時代。
初めて父にカメラを買ってもらったのは四年生の時であった。
二眼レフのカメラを上からのぞいて私は得意になって修学旅行の写真などをとっていた。
現像もおとなりのお兄さんの暗室で楽しんでいた。なつかしき時代である。

 連れあいの友人にテレフォンカード(今は昔のものとなってしまったが、、)を造った人、
東芝のワープロモデルを造った人など、
その道のプロが沢山いて、その方々と美酒をかたむけながら話を聞くことはとても愉しいことであった。
その方達も現役を去り寂しき限りである。

 写真に再度懲りだした40代の頃には、パリ駐在員時代にお目にかかっていた
大竹省二さんに作品をみていただきお話しをうかがったりしたものだ。

 大幅に写真の取り方が進歩したのは、現コンタックスクラブの鬼沢さんのお陰かもしれない。
彼のアドヴァイスは目から鱗のことが沢山あった。
なにげない説明が、ふ〜〜〜ん理論的にはそういうことなのか、、、、と、感心したことが何度もあった。
それならそれを生かして私なりの写真を撮ろうと思ったものだ。
最近は他社のデジカメを多く使うようになってご無沙汰をしてしまっている。(鬼沢さんごめんなさい)
 
 日進月歩のデジカメ機種のいろいろ。聞いてみたいことは沢山あるのだが、
なかなか適任の方にはお目にかかれない。
いまさら聞けないこともあるし、、、、。

そんなわけで、ごくあたりまえの事にある日突然気が付くことがある。


暗い朝のベランダと借景の庭をとっていて、ア〜〜〜と思った。これは中盤の世界である!! 
フジの645とかは以前使っていたが、画角があの世界なのだ!!

 ここ何日かは、フォーサーズシステムのオリンパス E300に、
広角ズームレンズ オリンパス「ズイコーデジタル」
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4をつけて日々のスナップを楽しんでいる。
広角にはまったのは、その画角とデフォルメの妙がおもしろいからで、
エールフランスの機内誌「ボンヴォワヤージュ」の取材でも、CONTAX G2発売のときに
プラナーやゾナーと一緒に出たカールツァイスのコンタックス ホロゴン T*16mmF8
をよくつかった。
コンタックスSTやRXはいろいろの他の重いツアイスレンズをつけて首からかけて走り回っていたが、
ホロゴンだけは、腰につけたバックからその度取り出しで撮影していた。

a0031363_2183150.gif

(これはペリゴール地方のラスコーの壁画に近いホテルの庭。
朝早くのホテルの庭にきれいな光が踊っていたので、
階段を駆け下りてスナップしたもの。コンタックスG1にフォロゴンである。)

フォーサーズとは4/3のことで、撮像素子の大きさが4/3インチであることからきている。
とこれは解っていたことなのだが、
暗い朝の写真をオリンパスE300にガラス越に、ズイコーデジタル ED 7-14mm F4をつけて
撮っていて気が付いた。
 ホロゴンとは画角だけでなく縦横が全く違うのだ!。まるで中盤カメラの645で撮っているようだ。
そうなんだ!!
考えたら当たり前のことなのだけれど、こうして体というか目で感じて納得してみると、
ますますおもしろくなった。
むずかしいレンズであるが、新しい感覚の写真が撮れるに違いない。画素も800万あるし、
充分大きくなる。
ミストグラフでもおもしろい効果が出るかもしれない。

 桜の開花も間近。試してみよう!
こうして私の趣味の世界は広がっていく。
(29 March 2005)
by pretty-bacchus | 2005-03-31 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

酔眼に 写りし桜 可憐なり
 驚いた〜〜〜。あれほど酔っていたのに、なんと青山を通り、桜を写していたらしい。

開花をすぐそこに迎えた桜は最後の蕾をピンクにそめて、なんと可憐だろう!!


 朝になって、朝の鳥を撮ってCFをマックにいれて発見した。カメラを構えたような記憶はあるが、
どんな風に撮ったかは全く覚えていない。車の中から望遠で撮ったのだろう。
それにしてはちゃんとピントがあっている。手ぶれ防止のレンズ故か、私の腕か?(うふふ〜)
(キヤノン20Dに望遠ズームレンズキヤノンEF70-300mmF4.5 DO IS USM)
a0031363_9185617.gif

(去年の3月27日に撮った同じ桜は右上に)
by pretty-bacchus | 2005-03-31 08:12 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

セレモニー
2005.03.30

 熱も下がらず最悪な状態で午後事務所へ。
去る人と新人にブリーフィング、役員会、来客と続き、最後はコンサルオフィスへ。

 事務所で去る人の小さな送別会。ワインは豪華に、、、。問題があり去る人だがこれもひとつのセレモニーか?

 夕食はお客様。(その前に30分で美容院へ)いつもは美味しい夕食とワインで蘇るのだが今夜はダメ。×。
完全にダウンで帰宅。バタンキュウ。
(このブログは翌朝書いている)
by pretty-bacchus | 2005-03-30 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

×
 綺麗な朝だ。風邪がつめたそう。私に体も冷たい。お腹もまだおかしい。
困った、、、、
by pretty-bacchus | 2005-03-30 08:03 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

どんよりと 花の訪れ 
 出かけようと着替えたがフラフラ、、、。
こんなことは今までに無かったことだ。マイドクターに電話で指示をうける。
出かけずに横になっているようにとのこと、、、。
そうもいかないのだ、、、。

 昔だったら熱が何度あろうとはってでも自分の仕事場にいって仕事をしたのに、体がこうして動かないのは
なさけない、なさけない。なさけないことが多すぎる、、、。

 あきらめてず〜〜とベットの中、これだけ寝られるということはやっぱり病気なのだ。
どんよりとした一日だったよう。
by pretty-bacchus | 2005-03-29 21:12 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

×
 今日も暗い朝。私は昨日より大分楽な感じ。熱も少し下がったようだ。
月末なのでどうしてもいろいろあり仕事場にでなければならない。
その前にマイドクターの診断をうけておこう。
by pretty-bacchus | 2005-03-29 08:15 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

遅れたる 開花予想に 我は鬱つ
 なんとも暗い朝。ほんとうにどんよりとした朝。
鳥達だけがとびまわっている。
 
 体調がおかしい。熱もあるみたい。今日は休むことにしよう。
弥生三月の最終週の月曜日にこんなことでは、、、、、、。
 昨日の心の衝撃を友人にメールで知らせた。
___________

 体がうごかなくてねていた。お腹が水のようで、、、、。
事情がわかっているドクターによると風邪とストレスと過労とのこと、、、、。

 会社からは電話がバンバン入っているようだし、夕方やっと起きていろいろ済ませた。
メールをみたら、友人から長いメールが入っていた。
彼は東京でも関西でもアメリカでも欧州でも中東でも大きな仕事をしてきた企業人である。
 すご〜〜〜い!的確なお返事に感激している。実に簡潔にそして、さらりと私を励ましている。
激しいショックのあとの、さらりとした激励に深くフカク感謝。
 そしてコノワタシ?を悲嘆と人間不信の底から救い出してくれたことに頭を下げる、、、、。
良い友をもったことに感謝して涙して、、、。ありがとう。
 人生山あり谷あり、、、、苦しいことの後には必ず嬉しいことが沢山おこるものだ。プラマイナスゼロ、、
ではなくプラスプラスの感である。そしていろいろの経験を経て成長していくのだ。
「敬子、死ぬまで勉強だ」と父がいつも言っていた。

 馬鹿正直もほどほどにしなさい、特に仕事関係では経営者としての責任も考えて、、、と、
友人弁護士にアドヴァイスされたことがある。
でも、私は一生馬鹿正直で純な気持ちを失わずに生きていきたい。
こんな風に育ててくれた両親に感謝して、そんな私を解ってくれる家族や友人達に感謝しながら
まじめに一生を終えたい。
___________
友人からのメールの一部
Dear Madam・・・

関西とは“言葉の通じる外国である!”というのが、私の関西人との付き合いで得た教訓であり、結論なのです。
(中略)
彼らは、global business sense は、通じない・理解できないでしょう。
(中略)

心労と心痛を察します。

___________
Fさん、ハードな男の世界ではそうかもしれませんね。
でも結論としないでください。(あまりにも悲しいです)
関西の方でも、心が通じる方は沢山いますし、これからはだんだん変わってくるでしょうし、、、、
真の友人も何人もいますし(相変わらず私は甘いですかね〜〜ワタシは〜〜)
a0031363_13142066.gif
 昨年の27日は東京の桜は見頃を迎えていた。
今年の開花予想はまだおくれているみたい、、、、。
せめて去年の写真で楽しもう。







2004年3月27日の青山の夜桜。
by pretty-bacchus | 2005-03-28 23:20 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

友からの励ましのメールで救われて
2005.03.28

 昨日の心の衝撃を友人にメールで知らせた。

 今日は体がうごかなくてねていた。お腹が水のようで、、、、。
事情がわかっているドクターによると風とストレスと過労とのこと、、、、。
やっと起きてきてメールをみたら、友人の一人からメールが入っていた。

 すご〜〜〜い!的確なお返事に感激している。実に簡潔にそして、さらりと私を励ましている。
激しいショックのあとの、さらりとした激励に深くフカク感謝。
そしてコノワタシ?を悲嘆と人間不信の底から救い出してくれたことに頭を下げる、、、、。
良い友をもったことに感謝して涙して、、、。ありがとう。
 人生山あり谷あり、、、、。プラマイナスゼロ、、ではなくプラスプラスの感である。

Dear Madam・・・
関西とは“言葉の通じる外国である!”というのが、私の関西人との付き合いで得た教訓であり、結論なのです。
彼らは、日本人ではなくて、どちらかと言うと中国人的、韓国人的なアジア人種なのです。
(良い意味でも悪い意味デモです)

日仏会館での活動では、今回は当然に費用が持ち出しで掛かったでしょうから、それをどこで・
どのようにして倍以上にして取り返そうか?・・・と考えていた・いるのでしょう。
上手い具合に、美味しいパトロンが見つかりそうになったのです。
そのパトロンとの取引内容・具合を、貴女に知られたくナイのですよ。

 彼らには、global business sense は、通じない・理解できないでしょう。
それにしても、他人の物=貴女の写真を使わせてもらうのですから、どこで・どう利用するかを
事前に貴女に報告するのは当然!のことです。
無償利用であれば、なおさらのことです。

飯食うために、会社を維持するために、有償の仕事をすることは当然ですが、
それだけに、説明責任が伴うのです。

心労と心痛を察します。



ありがとうFさん。
by pretty-bacchus | 2005-03-28 21:08 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

花を待つ 心を乱す 友の便
2005.03.27

 昨夜は風邪薬を真夜中に飲み、寝ることを試みたが、あまりよく寝られなかったようだ。 
悪い夢をみながら寝ていたよう、、、。

 2日前の朝方受け取ったメールでショックをうけて頭も心もまいってしまっているのだ。
 写真展のお礼のご挨拶をしたくで、ある方の事務所に電話をしただけで
(結局お話しはできずにメッセージを残しただけなのに)
私は常識知らずの悪者にされてしまったらしい。今回の写真展で、先方から声をかけていただき
お名刺をいただいた方。大きな会社の副社長である。
私の写真に興味をもってくださり、その方のショールームで写真展をしたいという間接的なお申し出に、
ひとことお礼のご挨拶したいとおもったのだが、直接電話をかけたのはけしからんということらしい。

雅子妃殿下が、宮内庁を通さずには皇后陛下に直接お話しもできないしお花も送れないと言う世界が、
関西の実業界にはいまだに生きているのか、、、、。
それとも私が女だからか?

 信頼していた方々との人間関係が、こんなにもあっけなく崩れるとは、、、なさけない、、、なさけない。
仕事関係の人間関係だけでもくったくたなのに、趣味の世界でもこういうことが起こってくると、
なにもかもいやになる、、、。
ひっそりと家にこもって鳥と花と紙とお話ししていたくなる、、、。
a0031363_5104539.gif
   広角ズームレンズ オリンパス「ズイコーデジタル」7-14mm

 寝たり起きたり、、、。ソファーに座ってぼ〜〜として、カメラを片手に外の鳥達の声を聞く、、、。
写真展の初日1月11日にいただき28日まで日仏会館に起きっぱなしにされてカトレアは、
今はガラス越しに太陽と月をあびている。もう3ヶ月もさきつづけて、昨日は又新しい花を咲かせた枝があった。
私に希望をあたえてくれているようだ。がんばれケイコ。

 暗い日曜日になった。
by pretty-bacchus | 2005-03-27 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Comments(0)