<   2004年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

眠られず 読書のままに 夜が明けて
English Here

a0031363_63749.jpg 月末のいつもの現象か、それとも今後の心配か、、、。眠れぬままにカメラの雑誌やらフランスの本を読む。就眠儀式で本を読むのは子供の頃から、、、未来に夢をたくしていたころが懐かしい。
 朝の光は今日も弱々しく鳥の声もまばら、、、。数日前の月下美人はすでに終わって、また来年まで静かに眠っている。さて私も少し休むとしよう。
    桜より 短き命 愛おしむ   
               酔敬
        一夜だけ 華やぐ 月下美人を偲んで、、、

30 June 2004
by pretty-bacchus | 2004-06-30 06:39 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

写真展への誘いが実現しそう
2004年 6月 29日 火曜日

English Here

鬼沢さん
ご無沙汰しております。
せんだって鬼沢さんをよくご存じのかたと会いました。クシャミをしませんでしたか?

とつぜんですが、写真展のお誘いがありました。まだ決定ではありませんのでご内密に。
でも鬼沢さんにはお知らせしたくなりました。コンタックスの世界へ導いてくださったのは
鬼沢さんですものね〜〜〜〜! とても感謝しております。

目が見えなくなる前にツアイスの世界の展覧会をと考えていましたので嬉しいです。
最初の展覧会は銀座のコンタックスサロンでと考えていたのですが別なところになりそうです。
それがよいのかどうかわかりませんが、今のご縁を大切にしたいと思います。

フランスと長いあいだかかわってきていますので、日仏会館のホール、その後地方でというのは
まさに私のささやかな集大成の第一歩にはよいのかもしれません。
関係している全部の方がハッピーになるような写真展になってくれるように頑張りたいとおもいます。

下記は今回の企画をしてくれている、何度も一緒に撮影旅行をした元BON VOYAGEの編集長あてのメールです。

プリントについて一度鬼沢さんのお話をうかがわせていただきたいのですが30分ほどお時間をいただけましたら幸いです。
電話をいたします。よろしくお願いいたします。

敬子
______________

菊池さま
ファックス拝受いたしました。ありがとうございました。
さすが、ですね〜〜!。説得力のある企画書にシャッポーです。

写真のプリントの方は、いくつかの候補のラボの友人とそれとなく話をしました。
友人達はいろいろと焼き方も値段のほうも考えてくれています。又せんだってプロの友人と話をしたときに、
なかなか気に入った「焼き」を得るまでには試刷をくりかえし大変のようです。
(有名な写真家ですとどこかスポンサーがすぐにつくそうですが、、、)。
その上、私がこれからの写真の行方、写真展のあり様など生意気なことをいってしまっていますので
(それはそれで賛同を得てはいるのですが、、)どのくらい見る人を引きつけるプリントをつくっていただき、
レイアウトも説明も楽しい粋な写真展をすることが出来るか心配しています。
しかしまたとない機会をいただいたのですから、精一杯頑張ってみます。

フォトエッセイストとしてのデビューの写真展になればこの上ない幸せです。
(38年前の巴里写真展は写真だけを横にならべたものでしたし、時代も違うのですから、、、)
幸いにも友人の大阪の印刷やの社長さんがとても関心をもってくれまして、
担当の刷り師の方と7月の10日に大阪で会い、いろいろ相談にのってくれることになりました。
昔の銀鉛の手焼き、カラーのラボでの焼き、そして今や一般的には(写真展も含め)
デジタル化したフィルムをインジェクトプリンターで簡単にプリントにする時代にと変わっていますが、
アナログとデジタルのそれぞれの良さをいかした仕方があるように思えるのです。

ポジをただダイレクトプリントで焼くのではなく、新しい発想で大きなドラムスキャンでネガ起こしなどをして
又はデータ化して、少々いじって光と陰を美しく出すことが可能だと思うのです。
そして大きくのばしてもらう、、、。
刷る紙によっては版画の世界や日本画のような世界も可能なように思います。
(あえてカラーのモノクロ可もおもしろいかも?)。
絵の代わりに、雰囲気のある写真が公共施設の大きな壁を飾ることもできるかもしれませんね。
コンタックスのカールツワイスレンズの陰影が、新しい刷りの革新で、
またひとつ別の世界を生み出すかもしれません。
でもそのためには35ミリではなく大きなカメラで再度撮影の旅をし直す必要があるかもしれませんね、、、。
___

on 2004.06.28 2:48 PM, Takashi Kikuchi at wrote:
> 日仏会館の写真展お手伝いは、あなたにやっていただいた仕事への感謝の気持です。
> もはやBON VOYAGEは関係ありません。企画書をファックスしましたので、
> ご覧になってください。前にもお話したとおり、広報担当にひとつ難関があり
> ますが、有力理事が数名FAVORABLESなので、理事会はクリアできると思います。
>お楽しみに  菊池
>


by pretty-bacchus | 2004-06-29 23:45 | ◉PhotoExpo写真展東京奈良Jan | Trackback | Comments(0)

炎天の 月曜日とは 重い朝
2004.06.28

English Here

a0031363_9047.jpg 28 June 2004
暗い日曜日のあとは月曜日の重い朝。
どんよりと曇った空は、小鳥も嫌いなのかしら? いつもの雀の親子も現れない。
朝日に輝く緑は朝の始まりなのに、、、、。今日で三日もどんよりと、まるで巴里の冬みたい。

 さあ、今週は月末処理で大変! なんとかがんばり抜かなければ。自分自身にむち打って、、、、
by pretty-bacchus | 2004-06-28 09:02 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

自分自身にむち打って
2004年 6月 28日 月曜日

English Here

 暗い日曜日のあとは月曜日の重い朝。
どんよりと曇った空は、小鳥も嫌いなのかしら? いつもの雀の親子も現れない。
朝日に輝く緑は朝の始まりなのに、、、、。今日で三日もどんよりと、まるで巴里の冬みたい。

 さあ、今週は月末処理で大変! なんとかがんばり抜かなければ。自分自身にむち打って、、、、


たんぽぽに紋白蝶
by pretty-bacchus | 2004-06-28 00:42 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

新しいデジカメ一眼レフ
2007.06.27

English Here

a0031363_164943.jpg
21March2004 の友人達へのメールです。
この日から第二弾の新しいデジカメライフが始まって、こうして写真日記をつけることになったのです。

親愛なる友人の皆様
 ご無沙汰いたしました。初日の出と金星の写真と新年のご挨拶をお送りしてから早三ヶ月が過ぎました。
光陰矢のごとしですね〜〜〜。
春うらら、、、悩ましき桜の開花に誘われて、、(夫はうとうとテレヴィ三昧、、、)
私は、、、久しぶりに一眼レフカメラへの挑戦です。それもデジタルの世界で一眼レフ、、、、。
数年前から、一体型のデジカメ、エクシリムと、500万画素のコンタックスTvsで
デジカメライフは始めていましたが、さ〜〜〜ていよいよ一眼レフです!それは、19日に出たニコンD70。
2月のラスベガスのカメラショーで電撃的に詳細が発表されたた画期的な連射と廉価の
一眼レフデジタルカメです。
これにニコンの新しいVRの手ぶれ軽減のズームレンズVR24〜120ミリF3.5〜5.6G(35ミリ換算では
36〜180ミリ)をつけたのです。
ひと月前から研究を重ね、前もって出版されたぶ厚い参考雑誌を数冊熟読した結果の決定です。

 四年生の時に初めて手にした二眼レフでの写真ライフの始まり。その後の銀塩一眼レフの世界では
ミノルタ、ペンタックス、キャノン、ニコンとカメラ遍歴の後、父のライカはお蔵入りで、1995年から、
ず〜〜〜とコンタックスの名器を愛用していましたから、十年ぶりの浮気となります。
昨年出たコンタックス一眼デジカメが欲しいのですが、あまりの値段に悲しいかな手が出ないのです。
京セラ(コンタックスの発売元)の友人の許可?を得て、今回のニコンを購入しました
(リボ払いとかで毎月少しずつの支払いです)。

 今回一緒に発表されたレンズではなく、ズーム幅が大きい手ブレ防止のレンズを選んだのは、
デジタルの世界と、このレンズを組み合わせたときの可能性をいろいろ想像でき試してみたくなったからです。
ス・ゴ〜〜〜イ!!、の一言。なんとデジカメなのに、512メガのCFカードが最後まで連写が出来て
全くストレスがありません。バッファがおおきいのですね。立ち上がりも早いし、144枚も連続で撮れるのです。
そのうえASAは、200から1600まで暗さに応じて動くし、ズーム側180ミリF5.6でのカメラブレもほとんど無いし、
なんと薄暗いところで一秒くらいの遅いシャッターをきってもきれいに写っているのです
(そうですね〜〜確かにワタシの腕の良さもあるかもしれませんけれどもね〜〜?!うふふ〜〜)。
なんとシャッター速度で三段階分も手ぶれを防げるのですから、三脚無しで手持ちがもっとうの
(無精な)私には可能性は広がりますネ〜。

 最初の試写は雨上がりの夕方の北の丸公園の咲き始めた桜と、銀座四丁目の19時。
いずれも走る車窓からのスナップですが、なんと見事に決まりました!!マックにダウンロードして、
フォトショップで開いて、愛用のプリンター、エプソのPM-4000PXで早速プリントしてみました。
でも何かが少し違うのですな〜〜〜。
愛機のコンタックスのしっとり感と重厚さとは、なにかが違うのです、、、。

 ニコンD70は、素人向けとセミプロ向けの両方の機能がたくさんあって、
自分好みの味をだせる設定とそれを覚えるまでが大変でしょう。研究の余地がありそうです、、、
しばらくは熱中できるかな?
こんなおもちゃがなかったら、私の今年の春は暗いものになっていたでしょう、、。
仕事のストレスでかなりまいっている今日この頃、なにか、こう、、、
ぐ〜っと熱中できる何かが必要だったのでしょう、、、、。
 熱も三週間ぶりにさがったようですし、、、、何よりも、この時期の桜前線のうきうき気分は最高です。
今年の桜の写真を楽しみにしていて下さい。

2004年 3月 21日 日曜日
そして27日、春うららに

親愛をこめて
敬子

ps
  走る車窓からの銀座四丁目のスナップを添付します。
19日はカメラ発明記念日。1839年のこの日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールに
よって写真機が発明されたのです。
(この写真機はダゲレオタイプといわれています)
2004年の3月19日は、フォトエッセイスト敬子の写真再出発の記念日になるで
しょうか?
by pretty-bacchus | 2004-06-27 16:50 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

散歩日は 梅雨の谷間の 日曜日
English Here

a0031363_15825.jpg27June2004

 曇りの日曜日。でも鳥たちは元気。
昨日のワインがまだ残っているのかしら? 早く目覚めてひとりで朝ご飯。
ベランダと日本庭の水やりをおえて散歩にでることにした。
木綿の黒のスパッツとTシャツの上にジーンズの上着。カラフルが帽子。
初めてのオレンジのジョッキングシューズ。首に愛用の一眼レフデジカメ。

 9時10分出発。今にも雨がきそうな空。御所の壁と土手には緑のツタがきれい。
ゆりの木が高くそびえる。鮫が淵門のおまわりさんに、おはようございます、と声をかけたら
敬礼をしてくれた。園遊会のときには特別にここから出してもらったことがあったな〜〜。
日曜日でジョッキングや散歩の人が多い。小さい花々の写真を撮りながら歩く。

 坂をあがり権田原の交差点をわたって神宮外苑へ。緑を愉しみ絵画館前の噴水で鳥と緑のスナップ。
銀杏並木の緑が素晴らしい。説明看板に、銀杏は現存する全世界の植物のひとつです。とある。
この四列の並木は100年前に計画されて出来たという。犬の散歩のひと。車椅子の親子。
今日は車が禁止なので、なんとストックをもってスキーの恰好の若者がいたりする。
別の道を歩いて帰る。

 10時35分帰宅。少々頑張りすぎたな〜〜〜。
 今日の花々、ゆりのはな、薄紫の蛍袋、白とインクのねじりばな、水の??、たんぽぽ、やまぶき、くちなし、
赤いつつじ、あおい、白いれんげ、むくげ、かんな、など、、、。銀杏そして桜の木々が美しい緑を、、、
どうして散歩を桜の時期にはじめなかったのか悔やまれる。
by pretty-bacchus | 2004-06-27 15:09 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(0)

夕日の赤坂御所
2004年 6月 27日 日曜日 晴れ

English Here

a0031363_124555.jpg

ベランダに雀が

 曇りの日曜日。でも鳥たちは元気。昨日のワインがまだ残っているのかしら? 
早く目覚めてひとりで朝ご飯。ベランダと日本庭の水やりをおえて散歩にでることにした。
木綿の黒のスパッツとTシャツの上にジーンズの上着。カラフルが帽子。
初めてのオレンジのジョッキングシューズ。首に愛用の一眼レフデジカメ。

 9時10分出発。今にも雨がきそうな空。御所の壁と土手には緑のツタがきれい。
ゆりの木が高くそびえる。鮫が淵門のおまわりさんに、おはようございます、
と声をかけたら敬礼をしてくれた。園遊会のときには特別にここから出してもらったことがあったな〜〜。
日曜日でジョッキングや散歩の人が多い。小さい花々の写真を撮りながら歩く。

 坂をあがり権田原の交差点をわたって神宮外苑へ。緑を愉しみ絵画館前の噴水で鳥と緑のスナップ。
銀杏並木の緑が素晴らしい。説明看板に、銀杏は現存する全世界の植物のひとつです。とある。
この四列の並木は100年前に計画されて出来たという。犬の散歩のひと。
車椅子の親子。今日は車が禁止なので、なんとストックをもってスキーの恰好の若者がいたりする。
別の道を歩いて帰る。

 10時35分帰宅。少々頑張りすぎたな〜〜〜。
今日の花はゆりの木、蛍袋、ねじりばな、水色の??、たんぽぽ、やまぶき、くちなし、つつじ、あおい
れんげ、むくげ、かんな、銀杏、そして桜の木々が美しい緑を、、、
どうして散歩を桜の時期にはじめなかったのか悔やまれる。
 今日の花々、ゆりのはな、薄紫の蛍袋、白とインクのねじりばな、水色の??、たんぽぽ、やまぶき、
くちなし、赤いつつじ、あおい、白いれんげ、むくげ、かんな、など、、、。

(ブログにその日の記事を生で書き始めた記念日に、、、)
by pretty-bacchus | 2004-06-27 12:47 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(0)

日仏会館にて森重さんのロマネスクへの誘い
2004年 6月 21日 月曜日

English Here

台風の風強し 夏至
日仏会館にて、ロマネスクへの誘いの会
昔の先輩たちが沢山あつまって、、、
参加者は130名をこえて

帰りは秀さん


菊池さん、森重さん

本日はありがとうございました。
会が盛況でおめでとうございます。ホールがいっぱいで補助席が沢山で、
その上すごい方々がいらしていましたね〜〜〜!フェリシタシオン!!
菊池さんの運営に乾杯です! そして森重さんの力作を、しんから満喫することがで
きました。
(途中外のワインの準備のために離席をして拝聴出来ない部分があったことが残念です、、、、)
40年にわたり、800以上ものロマネスクを訪ねていらしたとは驚き感嘆しております。
奥様がず〜〜と運転をしていらしたのをうかがい、さらに感激でございます。

フランスロマネスクの旅には興味がありながら、ほんの何十しか訪れていない自分を
少々なさけなくなりました。
菊池さんとはBON VOYAGEの取材旅行にお供させていただき、
いくつかの地方をワインの取材と写真をとらせていただき、気心がわかっていただいていますが、、、。
森重さんとは、私の現役時代に、会社の廊下でほんの少し旅のお話をするだけしたのに、
それがどんなにか、私の超多忙の時代の一時の救いになっていたことか、、、。
その友情が今こうしてフランス文化の会でお手伝いをさせていただけるなんて、、、
人生はなんて素敵なんでしょう!!
早くハードな今の仕事を終えて、皆様と愉しい旅をご一緒させていただけることを夢見ています。
(その折はどうぞよろしくお願いいたします)

昔の先輩の皆様にも久しぶりに沢山の方にお目にかかれとても嬉しく存じました。
本当に、エールフランスの同窓会のようで、どなたか達はにはねたまれたようですね
〜〜。
よき時代に、よき航空会社で仕事をなさった素晴らしい方々がお集まりでしたね〜〜!

それぞれ皆さん少しずつ外見はお年をめしていらっしゃいましたが、私にとっては、
皆さん昔のままの素敵さを感じることができました。
一人一人ゆっくりをお話をしたかったのですが、あまりにも沢山の方がいらして無理でした。
残念でなりません、、

、。特別ラベルワインは、皆様に喜んでいただけたようで嬉しくおもいます。
(60人くらいとうかがっておりましたが、なんと130人もいらっしゃり、
ほとんどの方がお帰りにならずに、グラスもワインも足りずに申し訳ありませんでした)

ワインの仕事は主人の会社で三十数年前に免許をとり、エールフランス在籍中は主人
の会社でぼちぼちしており、87年に退職してからだんだんとのめり込みました。
ワインは文化と考え、弊社セイワのもっとうで、スポーツ&カルチャーと考えてしてまいりました。
造り手とも一人ひとり親交をふかめ、日本で初めて完全温度管理のリーファーコンテナーを使い、
などなど、、、、まじめにしておりましたが、大手の奔放な不正なやりかたに押されて、
かなり苦しんでおります。どこまで続けられるか疑問ですが、こうして皆さんに喜んでいただけると、
もう少し頑張っていこうと思うのです。

ほんの数年前ですのに、菊池さんと同行させていただき写真を撮ったあのころは、
35ミリと銀鉛写真の時代で重いコンタックスのカメラを何台も首から下げ、
何十本ものフィルムをスーツケースにいれての旅でしたが、今はすごいデジカメ一眼がでてきて、
私もとうとうその世界の魅力につかり始めました。今日は、コンタックスの500万ガソの後に求めた、
ニコンの新しいD70という一眼デジカメに、おもしろいズームレンズをつけて
少しスナップを撮らせていただきました。
何枚かを添付いたします。

2次会はお先に失礼いたし申し訳ありませんでした。実はあのあと、ワインでお世話になっている方が
新しいお店を開きオープニングにかけつけ、2時過ぎに帰宅いたしました。どうしても今日中に
お礼のメールを写真をお送りしたく、徹夜をしてしまいました。

そろそろ空が白々としてきました。台風一過の朝は静かです。
おやすみなさい。

心よりの感謝を込めて
敬子

ps
森重さんのロマネスクへの誘い、第二弾は、私の写真展の期間にしていただけたら、
さらに新しい企画で、おもしろいのでは??!!と、相変わらず夢見たいなことを考
えています。
菊池さん、よろしくお願いしま〜〜〜〜〜〜〜〜す。
ラヴ!!
by pretty-bacchus | 2004-06-21 00:08 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

二回目の散歩
2004.06.20


English Here

a0031363_16427.jpg20June2004
 由起さんからのメールで感激して突然に散歩にでる。
夕方6時半から7時40分まで(写真040620散歩若葉町、録音040620散歩三栄町)。
家をでてクチナシの香を愉しみながら御所の坂をおりて、みなみもと町公園へ。
ここが愛子様の公園デビュー。緑がきれ〜い。

 右におれて若葉町の町をいく。小さい路地がたくさんある。細い路地には花々が咲き下町風情がいっぱい。
途中で坂をあがり三国の角をまがってマンションの裏に回ってみる。いつもの借景の緑ごしに
ベランダが少しだけみえる。

 鯛焼きやへ。残念!日曜日でしまっていた。ぐるりと周り家へ。80枚ほどの写真を撮る。
近所にこんなにフォトジェニックの街並みがあるなんて、、、
 汗びっしょり、でもとっても気持ちが良い。少し続けよう!
義務としないで愉しみにして、写真撮りをたのしみながら、、、。

 今日の花々は黄色のやまぶき、紫のあじさい、水色のあじさい、白のクチナシ、ハナミズキ、
白いジャスミン、ピンクのオシロイバナ、うすピンクの葵、赤いつつじ、紫のカキツバタ、紫の姫しゃじん、
白いドクダミの芝、白いシャクナゲ
by pretty-bacchus | 2004-06-20 13:42 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(0)

四っつ目の月下美人
2004年 6月 16日 水曜日 晴れ

English Here

四つ目の月下美人がさいて、、、

 今日は、フランスワインの試飲会の後、新個人客1000人クラブの岩崎みんみん、
熱海からでてきてくれた友人顧客と、そのうえ一日違いでマルクの新しいアジアパシフィックの
ドメニコさんも一緒に、新しい可能性のお店を何軒かまわって先ほど帰りました。
by pretty-bacchus | 2004-06-16 00:17 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)