カテゴリ:♦Journey海外Jul73タヒチ就航( 2 )

梅雨の間にいにしえのふみそっと見て>>梅雨深しいにしえのふみそっと見る
2011年6月15日 水曜日 曇り
 
 日の出 04時24分  : 日の入 18時59分
  月の出 18時30分  : 月の入 03時27分

 日がますます長くなった。しらじらと明けてくると借景の緑が揺れ出すが、朝の光がないと緑って
こんなに静かでさびしくもあることか、、、、。

 片付け物は遅遅として進まない。
処分する物と置いておく物をわける作業の途中で、いつも一つ一つに魅入ってしまうからだ。
今日の段ボールには、鳩居堂のきれいな紙箱が三つ入っていた。
大学卒業までの封筒、結婚するまでの封筒、その後の封筒で、
それぞれにいくつかの大きな茶封筒がはいっていて、表に箇条書きに何人かの名前が書いてある。
ある時期に過去の手紙の整理をして、きっと残しておきたい手紙類をこんな形でおいておいたのだろう。

中学校の時に仲良しだったDさんの葉書、高校生のときのAさんの手紙、大学生の時のSさんの手紙、
パリに駐在に出る前のKさんやNさんの手紙、、、、いずれも決してラヴレターではないのだが、
彼らのお気持ちが昨日のことのように甦ってくる。

そして三つ目の箱には、社会に出てからの姓が変わるまでの五年間の手紙がそれぞれ封筒に入って保管されていた。
なんと就職してからの上役のSさん、Hさんからのお手紙もある。
私宛のも両親に宛てたのも、、、、。
ということは父が書いた手紙もきっと先方にあったに違いない、、、。
当時(1960年代後半)は、こうして上役の方が両親に手紙を書いてくれるような心温まる良き時代だったのだ!

a0031363_17195943.jpg  









(入社の年かな?)

(クリスチャンディオールの濃紺のユニフォームだった)


a0031363_17205887.jpg 







 (パリの駐在員の頃)

a0031363_17215942.jpg 





(1973年かな? タヒチ就航の第一便でタヒチに飛んだ、、、駐在代表のHさんと
ボラボラのバリハイの山をバックに)

a0031363_819223.jpg   (こんな時もあったのですね、、、、、、
ほんとに信じられません、、、、)


a0031363_17245239.jpg 



(エールフランスの日本就航二十五周年記念パーティーで、自分のデザインのモダンな着物を着て、、、

これも1970年代半ばだが何年だったかしら?)


 そして時代が随分とんで、過去にヘッドハンドをプロポーズされたことが数回あったが、
この言葉がなんであるかが、まだあまり知られていなかった1980年代中頃の、
自分のプロフィールもあった。
なつかしく若い自分の写真をみながら、思い出にふけっていては、片付けがすすむわけはない。

最終的に滅却するにはなんだかおしくなって、結局また段ボールにしまい込んでしまった。
やれやれ、、、、これでは手紙の虫干しのような感じだ。
いつになったら、あの世への引っ越し準備ができるのだろうか、、、、。
by pretty-bacchus | 2011-06-15 23:59 | ♦Journey海外Jul73タヒチ就航 | Trackback | Comments(4)

誕生日に宇宙よ友よありがとう!
2010年7月15日 木曜日 曇り

 カーテンも扉も開けたままの樹のあいだから遙か向こうの南の空がピンクの飴色になった。
空はまだ完全には明けてない時間、、、、

なんだろう、、、マックと書類を横において、急いでカメラを手に立ち上がった。
ベランダにでたらに西の空はもっときれい、
急いでシャッターを何度か切った。
別のカメラにしてみようと思って部屋に中に入って次に出たときは、
もうこのコントラストは消えかけていた。

時差もあってまた日の出時間少し前になってしまっていた、ほんの一瞬のことだった。
横着をしてベランダに出なければ、この朝の高貴な宇宙の美しさの一時を味わうことができなかったのだ。
日の出の前の太陽のお遊戯だったのだろう、
あるいは太陽と空からのバースデープレゼント!
ありがとう!
今年も一年、あまり無理をせずに、でも一生懸命生きていこう。
残されたあと何千日を!

a0031363_9503542.jpg  (am4:29 南の空))


a0031363_9505797.jpg  (am4:30 西の空))


 夜が完全にあけて朝顔も沢山さいた。
母から電話で、<けいこさん、おたんじょうびですね、、、おめでとう>
ありがとう、ママ!

 旅から帰ってもう一週間がたってしまった。
いろいろ片付けも終わって、最後は持って帰ってきた関係書類と地図と歳時記、、、、、
昔ほど重くないが、まあよくいつもこうして書類らしき物を持ち歩くことだと妙に感心。
最後はハンドバックの入れ替えをして、旅専用のいろいろは、
またいつでも出かけられるように大きなバックにいれる。
さあ、今夜はバースデーディナー。
体もそろそろもどってきたらかご馳走になろう。

 夕方また空が燃え始めた。
眩しくて見つめられないほどの夕陽が樹の間に輝いている。
ブラインドでカシャカシャ、、、、そして手を合わせて今日のこの日に感謝。
太陽に見守られた誕生日であってありがとう!

a0031363_9512467.jpg
  (pm6:26 西の空)


 メールや動画のメッセージカードに加えて、黒猫メールで数枚の写真とCDが届いた。
友人からの誕生日プレゼントだった。
驚いた〜〜〜〜〜〜〜〜どこにいったかわからなくなっている
昔々のタヒチへの旅の写真をCDにして送ってくださったのだ。

自分は、ビキニは着ないしミニははなないと思っていたのに、
セパレーツを着たり少しミニだったり、もうビックリ。
写真に1973年とあるから、パリの駐在員から日本に帰国してからすぐのころ、、、、、。
東京からタヒチへの便が始まったその年のこと、数日の休みを取って南の島に遊んだおりの写真。
エールフランスのスチューアーデスだった古木さんと村上さんもいらっしゃる。
タヒチの駐在員であった空港長の原さんもいらっしゃる。
あれから37年! ああ、、、時がたつということはどういう事なのだろう?

昔の写真
a0031363_8182499.jpg (タヒチ本土からボラボラ島かモーレア島に飛んだときの小さな飛行機の側で、、、)

a0031363_819223.jpg   (こんな時もあったのですね、、、、、、
ほんとに信じられません、、、、)

a0031363_8195695.jpg ポリネシアのお地蔵さん? あ〜〜このピンクのパンタロンとコットンの白いオーヴァーブラウスも大好きだったな、、、、)


a0031363_8213871.jpg (この写真は好きだった、、、タヒチのゴルフ場のグレープフルーツの林だった)

a0031363_82102.jpg  (シュノーケルと足ひれをつけて海に潜ると、浅いところでも小さなきれいなお魚が一杯いましたねっっ、、、、)

a0031363_824416.jpg (映画に出てくるあの山ですね、、、ボラボラ島かしら?)

by pretty-bacchus | 2010-07-15 23:59 | ♦Journey海外Jul73タヒチ就航 | Trackback | Comments(6)