カテゴリ:♣Journey海外Jun'96仏和蘭( 3 )

★OldPhoto銀塩写真のデータ化>1996年の巴里十五区の初夏
2015年1月18日 日曜日 晴れ

 ふっと、<ブログはもうやめてしまおうか、、、て思う症候群>に、またまた陥っていたかもしれない。
どうやらこれは私だけでなく、ながいあいだブログを続けている方が陥る現代病らしのだが、、、。

 そんなおりにメールをいただいた。
“ご機嫌如何?更新ありませんので、心配しています。
ありがたいことだ。

 さて今夜は1996年6月のパリ。ブローニーでのマロニエの頃の巴里。
アパルトマンのあった十五区のコンヴァンション通りのあたりとセーヌ川。
前回のパリで近くを通ってみた。
二十年前の古き懐かしきはパリの街は健在だった。
そのパリが今はテロの恐怖でいっぱいなのだ。 


a0031363_684074.jpg
(オピタルブリコ前のお花屋さん、この病院は今では養老院になっているという)
a0031363_69976.jpg

a0031363_695221.jpg(白のマロニエが咲いている)

a0031363_6104214.jpg(ここにもマロニエが、、、、)

a0031363_6121619.jpg(どこの教会だったのだろうか、、、、)

a0031363_61315100.jpg

a0031363_6133959.jpg

a0031363_6194512.jpg

a0031363_62099.jpg(ジャクリーヌと待ち合わせて、、、、)

a0031363_6211536.jpg
(セーヌ川を上から眺めたら、あら、、、、ら、これが巴里でしょう!)

a0031363_6232154.jpg

 そして、、、、


by pretty-bacchus | 2015-01-18 23:59 | ♣Journey海外Jun'96仏和蘭 | Trackback | Comments(8)

1996年6月21日 夏至の日のパリ、セーヌ河畔
2014年6月22日 日曜日 雨のち曇り少し太陽が その一

 このところカラーの印刷が多い。
エプソンのPX-5600は調子が悪いままで使っていないが、今のプリンターは安価の家庭用四色インク。
いつもスペアーインクは数本置いているのに、気がついたらマジェンタが最後の一本になった。

真夜中過ぎ一時五十七分にヨドバシのいつものサイトで注文をした。
ご注文ありがとうございます>の三分後に
クレジットカード決済のご利用確認>のメール。
さらに一時間もしないうちに
<■■ご注文商品出荷のお知らせ■■
ヨドバシ・ドット・コムをご利用いただき、ありがとうございます。
ご注文商品を出荷いたしましたので、ご連絡させていただきます>
<今回出荷の商品は「日本郵便 ゆうパック」で配達させていただきます。
商品の配達状況は、日本郵便ホームページでご確認いただけます>


平日なら午前中に着いているだろうに、日曜日なので午後には着いた。
東京の夜は眠らないのだと妙に実感の日曜日。

 雨で静かな朝をゆっくりと二度寝をしたので、日曜日らしい静かな一日となった。
午後には雨があがった。
借景のコノテガシワの木の葉の間に新しい枝が伸びてきたみたい、、、。
成長する木々で青空は見えなくなったが、落ち着く借景に感謝。

a0031363_410895.jpg


a0031363_4103648.jpg


 ★OldPhoto銀塩写真のデータ化の整理をいていたら、
昨日アップした北欧の夏至の頃の翌年には、同じ頃のまさに夏至の日に撮ったパリの写真があった。
“セーヌ河畔になぜこんない人が出ているの?
“今日は夏至だからです、、、”と、日本語がわかるジャクリーヌが言っていたのを思い出した。
なにか特別な夏至祭りの催しがあったのだろうか、、、残念だ。a0031363_21252852.gif
a0031363_4164042.jpg
(21 June 1996 De la fenêtre de voiture de l'autobus )
コンコルド広場の午後は雲が多かったのだ)

a0031363_4214587.jpg


a0031363_4221637.jpg


a0031363_4224299.jpg
(21 June 1996, Le soleil couchant dans la Seine au solstice de l'été )

a0031363_429048.jpg
(セーヌ河畔はすごい人だった)

a0031363_4295828.jpg
(ノートルダムの向こうに夕陽は沈みゆく、、、)

a0031363_431458.jpg


a0031363_4303361.jpg


 富岡八幡宮の提灯やのぼりがたって、御神輿が鎮座ましていた船を撮った、その翌日が夏至だったのだ。
http://keico.exblog.jp/19854952/
2014年5月31日 土曜日 晴れ その一
1996年6月20日のパリ、セーヌ河をいくJAPAN丸には富岡八幡宮の御神輿が鎮座まし!

http://keico.exblog.jp/19861610/
2014年6月1日 日曜日 晴れ
1995年のパリ、英国、北欧、ヴェローナ、ヴェネツィア、ボルドー

http://keico.exblog.jp/19923614/
2014年6月21日 土曜日 曇り
夏至の東京と北欧ノールキャップの沈まぬ太陽




 
by pretty-bacchus | 2014-06-22 23:58 | ♣Journey海外Jun'96仏和蘭 | Trackback | Comments(0)

1996年6月20日のパリ、セーヌ河をいくJAPAN丸には富岡八幡宮の御神輿が鎮座まし!
2014年5月31日 土曜日 晴れ その一a0031363_21252852.gif

銀塩時代のポジ&ネガのデジタル化、続き

 1996年6月20日のパリの夕景
セーヌ河をいくJAPON丸には富岡八幡宮の御神輿が鎮座まし

 サンルイ島へ渡る橋の上からノートルダム寺院の向こうに沈みゆく夕陽をながめていた。
なんだかお囃子が聞こえてきたような、、、、
やがて夕陽の向こうから日本人が沢山乗った小さな船が近づいてきた。船壁にはJAPONの文字。

富岡八幡宮の提灯やのぼりがたって、御神輿が鎮座ましていた。
半纏にはちまき姿の人や、神主さんまで手を挙げて、、、、、。
思わず私も手をふってしまった。

富岡八幡と言えば江戸三大祭の一つ深川八幡祭りは有名。
お神輿に水をかけながら練り歩き、辰巳芸者もあでやかに!

 帰国してプリントして富岡八幡宮さんに送った覚えがあるのですが、
こうして原盤が出てきてデジタル化して、ウェブに記録できてなんだかとっても嬉しいで〜〜す!
日本文化バンザイ〜〜〜! 
おいら江戸っ子!

a0031363_553424.jpg


a0031363_562172.jpg


a0031363_565520.jpg






by pretty-bacchus | 2014-05-31 23:58 | ♣Journey海外Jun'96仏和蘭 | Trackback | Comments(3)