カテゴリ:♡Daily life日々の事など( 1610 )

新しいウオーキングシューズがやってきました、可愛いの!
2017年3月27日 月曜日 小雨のち曇り 寒い一日でした

 転倒して十日がたったが、目尻と頬のうえにでた内出血のアザはいっこうに小さくならなくて
いささか不安になってきた。
いつもはノーメイクなのだが、この歳になっていよいよコンシーラーのファンデーションでも
塗らなければならなくなるのだろうか、、、、。
もっとひどい顔面裂傷などにならなくてよかったと思うしかない。

http://keico.exblog.jp/23751479/2017年3月25日 土曜日 晴れ
電柱と瞬時抱擁してから一週間がたち現地にいってみました

 これを機になんと友人達も転倒などをしていることがわかってビックリ。
八十四歳のT御大は、まだまだご健在で会社の会長さんもなさり、お休みはテニスにゴルフなのだが、
せんだって雨があがった秋葉原の交差点を渡っていて、横断歩道の白いラインがきらりと光ったら
つるりと滑ったそう。
横になって車道に滑り出されてしまったら、目の前に大きなトラックが急ブレーキで停車? 
運転手さんがすぐにおりてきてくれて抱き起こしてくれて、回りの人たちが拍手だっとのこと。

Kチャンも数ヶ月前にマンホールにちょっとつっかかって前に倒れて顔面をうってしまったとのこと。
若い彼女でもそうなのだから、私たち老年はもっと気をつけた方がよい。
Iさんは打撲時の傷が、整形医の不埒さで血腫がやがて壊死にいたって大変な思いをなされてしまっているし。

http://keico.exblog.jp/23734173/
2017年3月18日 土曜日 晴れ
週末はシャトー・ドゥ・ティルガンの赤ワイン2012年の試飲

 ブログにYさんがコメントくださった。
最近年配者の芸能人の転倒や骨折事故が・・・、研ナオコさんは舞台で滑って転んだのが原因で大腿骨骨折
ピーターさんも僅かなスロープの段差に適応できずよろけてアシビ骨折(捻挫だと思ったら骨折だったそうです)
十分お気をつけ下さいね。
私も独り住まいで骨折や怪我をしたら身内に迷惑を掛けるので、この毎は
トロいくらいに注意して行動しています


 わたしも昔のように早足とか駆けて歩くのは辛くなったきているのでちょうどよいが、
それでも早足で歩いて運動になればよいと思っているから、それができなくなったらどうしたらよいかしら?

 もう何年も前からハイヒールはやめてしまって、ウオーキングシューズにしたのだが、
さて、いつごろかしらと、ブログ内で検索してみたら、すぐにわかりましたね。
もう九年も前になるのです。ブログは=まさにウェブ日記です

(今回求めたのはなんとも可愛らしい〜〜〜!)
a0031363_2053977.jpg

http://keico.exblog.jp/7727042/
2008年12月9日 火曜日 曇り後雨
冬の陽に 新しき靴 恥ずかしく
a0031363_1757947.jpg
(これが九年前)

http://keico.exblog.jp/7713745/
2008年12月4日 木曜日 曇り
GP1テスト、神宮外苑の銀杏並木まで

http://keico.exblog.jp/12392249/
2011年4月7日 木曜日 花曇り
半蔵門>乾門>北の丸公園>千鳥ヶ淵と桜狩り

 ヒールの靴を履いてないと、ピント胸を張って歩けないような気がするのは長い間の習慣だったが、、、、
革底のヒールで事務所をあるくと、こつこつと快適が音がして、これが仕事をしている〜〜っていう
緊張感が高まるのだが、もうその感じもすっかりわすれてしまったようだ。

 何足も揃えたウオーキングシューズだったが、結局気に入って履きやすいのは二足だけで、
黒のほうは底の凹凸があまりなくなって滑りやすいのでやめにした。
茶色は京都に毎週通っていた三年以上前にふと買ったもので、これがすっかい気に入っているのだが、
底の後ろ方が少しすり減ってきて、これが滑りやすいのかも知れない、、、。

 夕方に東京駅で人とあうので、久しぶりに一人でのJR。
駅には着物と羽織姿のお嬢様方が何人もいらして、ああ今日はソフィアユニヴァーシティーの卒業式のよう。
五十年も前のことをなつかしく思い出しながらホームにおりたら、お二人が仲良くお話し。
“上智の方ですか? って思わず声をかけていた。
“はい、、、。 
“先輩です〜〜〜外国語学部英語科です。オリンピックの頃ですもう半世紀前ですね〜〜
“え〜〜〜〜!
電車が何分も遅れているようで、ついついホームでお話ししてしまった。
法学部の卒業の方でもう就職先はきまっているとのこと。
いいな、この若さの先にはどんなにか希望があふれていることでしょうね〜〜!
“記念にスナップ撮らせてくださいね、、、ブログに載せてよろしいですか〜〜?

a0031363_19574743.jpg

a0031363_19581011.jpg


a0031363_19584427.jpg


 東京駅で用事をすませた後に大丸の靴売り場にいってみた。
ウオーキングシューズは広い売り場をとっていて、声をかけた女性がなんともすばらしかった。
この売り場は靴メーカーのスタッフも何人もきているようで、彼女は神戸のメーカーさんからの派遣のようだが、
そのメーカーだけをすすめるのではないらしい。
私は今日は傷をかくしてサングラスをかけていたが、顔の内出血にはすぐ気がついて、
その原因をお話しして、新しいはきやすいお洒落なウオーキングシューズがほしいことを伝えると、
いろいろ出して下さった。
それぞれをはいてみて、まわりを数十歩歩いての試歩?

a0031363_201347.jpg

ヒールが少し高いとお洒落なのだが、やはり三センチ位で、それ以上になると前のほうも高くなるので
歩いていてちょっとあぶない、、、。

まず黒のシンプルなのを一足選んだ。これを数日はいてみて、それから次のをと思ったのだが、
なんとも可愛らしい春のスペシャルヴァージョンがあった。
白地にベージュとピンクの花模様でキュート!
“私の歳で大丈夫かしら〜〜? “もちろん、素敵ですよ〜〜〜。
“でもヒモではね〜〜〜、といいながら足入れをしてみた。
フィット感はなかなか良い。ヒモなのでやめにしようと思ったのだが、なんと脇にチャックがついていて、
その度ヒモを結びなおさないではける。そのうえ足がむくんだ時などは、そのチャックを途中でとめても、
つまみを逆にしておけばとまったままになるという優れもの。
22.5では小さく23では左のつま先が少し浮くので、小さなパーツをいれてくださって調整。

a0031363_205336.jpg

 その間に私の昔の靴道楽の話をしたりして小一時間をすごしてしまった。
(1970年代に、日本での靴の生産がまだまだ欧州には追いつかない頃に、
連れ合いの会社はフランスのシャルルジョルダンやキャレル、イタリアのアルドロヴァンディーなどの
靴デザイナーとの技術提携を手がけていた。
おかげで、その度一緒に靴のメーカーさんを訪ねて通訳のお手伝いをしながら、
小さな日本人の足のモデルとなったりして、パリの数件の靴屋さんには、私の足型がおかれていて、
春と秋のコレクションにはいつも新シリーズで新色の、流行の先端を行くハイヒールを
造っていただいていたのだった。
なかには二色バージョンの色決めを自分の好みでお願いしたのもある!!
なつかしいですね〜〜〜!)

a0031363_2053977.jpg
(グレーのパンツルックにピッタリ!この地べたに置いたオストリッチのバーキンバック風も、
三十年も前にイタリアで、中にペンケース入れを造ってもらったりして、私がデザインの
お手伝いをしたものでした!)

(ああ、このベージュにピンクヴァージョンは、子供の頃に父に買ってもらった革靴のカラーに
そっくりなことを思い出している)

 結局黒とカラフルの両方とも購入してしまって、さっそくにカラフルのは履いて帰ることにした。
こんな風な買い物って初めてだが、なんだかとっても楽しくなって、ルンルンルンとタクシー乗り場まで
小走りの夕べでした。



by pretty-bacchus | 2017-03-27 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日

 寒い小雨の日曜日だった。
 
a0031363_18331235.jpg
(寒さにふるえながらもベランダの花は元気)

 三月場所大相撲の千秋楽は日本中に感動を呼んだようだ。
私たちもついついテレビに引き込まれていた。
新横綱の稀勢の里は、十二日目まで全勝と絶好調だったが、十三日目に横綱日馬富士との取組みで負けて、
土俵下に落ちたときに左肩付近を負傷して救急車で病院へ。

翌日は鶴竜に正面からぶつかるも左腕が全く使えずに完敗。
今日の千秋楽は、左腕が使えない稀勢の里の敗戦を予想していて、大関照ノ富士が有利と
誰もが思っていたようだで、解説の元横綱北の富士は
「無理でしょう。出てきただけで偉い」とコメントしていた。

それが見事に本割と優勝決定戦できれいに連勝し照ノ富士を破ったのだ。
観戦していらしたご両親の目が潤んでいた。
表彰式での君が代大合唱に、途中から稀勢の里の顔は涙でクシャクシャになった。
「自分の力以上のものが出た。見えない力が働いた」横綱の涙に、一緒に涙してしまった。
新横綱での優勝は貴乃花以来二十二年ぶりだという。

優勝が決まってすぐにノリさんのフェイスブックに<稀勢の里♪ にっぽんいち!>
フェイスブックにはコメントをしないと決めているのに、私もついつい書き込んでしまった。

 不安なニュースが多い毎日なので、白鵬が休場で寂しかったとは言え、こうしたニュースは
とっても嬉しい日曜日でした。

 この寒さで桜はまだまだ開き始めないようだ。

a0031363_18341993.jpg
(優勝杯を受け取る姿を遠くからテレビをカシャッ〜〜〜)



by pretty-bacchus | 2017-03-26 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

東京湾、江戸川、荒川、運河まわりの晴れた水辺を走りました
2017年3月23日 木曜日 晴れ 大井、舞浜

 Aさんが迎えに来てくれて、朝一で羽田方面に向かった。 
といってもお花見でも空港からの旅へ出発でもない。
友人の案内でワイン&食品倉庫を視に、彼の親しい倉庫会社にうかがったのだ。

 晴れた朝の高速道路は気持ちがよく、三十分で大井に着いてしまった。
説明を少しうかがった後、小一時間新しい倉庫をみせていただいた。

二年前に新しい空調システムをブルゴーニュから取り入れたというその内部の空気は、
清涼感豊かな気持ちのよい環境で定温度は十五度のこと。
さらに今の時代にあったIT環境を駆使して、ワイン倉庫の状況などをPC経由で顧客も確認できるという。
スタッフの方々も皆さんとてもプロで感じの良い方で、若い世代の倉庫人の良さをみせていただいた感じ。

 元日通で幅広くお仕事なさった親しい友人が倉庫の専門家で、美術品はもとより食品とかの
倉庫条件に詳しく、知己を頼って数社に連絡してくれた。ありがたいことだ。

#IMAGE|a0031363_23455529.jpg|201703/25/63/|mid|860|573#]
(久しぶりにヘルメットをかぶった)

 東京湾、江戸川、荒川、運河と、晴れた水辺を疾走してゲートブリッジを渡って東に向かって走り、
葛西あたりで昼食の後、もう一件の倉庫も見学。
倉庫街が続く一角は日本の一つの<底力>のような雰囲気。
途中ではオリンピックの会場になるという港湾の近くも通ったりして、
仕事ながら午後のドライブを楽しんで、、、最後はかちどき橋をわたって銀座方面へ。

a0031363_23455529.jpg


a0031363_2346475.jpg


a0031363_23471293.jpg


(横を見れば、夕陽が輝き、向こうの橋がみえました、、、、)
a0031363_2348376.jpg


(銀座四丁目の和光の時計を助手席からカシャッ〜〜〜!)
a0031363_23482910.jpg


a0031363_23501022.jpg
(今頃、国会では「森友学園」の籠池なにがし氏が証人喚問されているころだろう)


 その昔むかし往時の連れ合いの会社はスポーツ用品の輸入を大きくしていて、ミラノとザルツブルグに
駐在事務所をおき、日本では通関士もおき、子会社の倉庫会社もあったのだが十年前に全てを縮小した。

 往時は銘醸ワインを八十社以上のエクスクリューシブ(独占輸入販売)権をもっていたが今は五〜六社。
老後の楽しみとしてわずかに残した仕事だが、食とワインのためには定温倉庫が必要となる。
今お世話になっているT倉庫は、新しく温度湿度管理のワイン倉庫を作ったときからお世話になっていて
ほっとしていたら、その建物が耐震設備が不十分で建て替えることになってしまったというのだ。

 相前後してここ数年の倉庫の進歩はすばらしく、温度湿度環境はもとより、ITを駆使して
倉庫内の場所も在庫管理も、PC経由で顧客が二十四時間チェックしやすくなり、
かつ配送も低温リーファーで関東いちえん可能な会社がいくつもできているというから時代はまた
流通の次のステップに進んだのだろう。

 100%リーファーとは、輸入ワインを生産者から港までの陸上・海上、日本に着いてのワイン倉庫までの
すべてにおいて定温で輸送管理することで、これがワインの命にとって重要なことになる。
そうでないと港で船に乗せる時や降ろす時に暑い外気温にふれると、それまで静かに十五度くらいの適温で
船底で眠っていたワインが、突然驚きコルクから吹き出してしまったりする。

 そのリーファーコンテナでワインが日本に輸入されるようになったのは1980年代初め頃で、
それを最初に行ったのは私たちの会社だった。
洋酒部はほんの小さな部署であったが、ワインは文化であり<スポーツ&カルチャー>というもっとうにして、
ワインを輸入するだけでなく、その背景のワイン文化も日本にいれたいと思っていた。
エールフランスを八十年代後半にやめた後は、私も自然にかかわっていった。
造り手を日本に招いて、外国人記者クラブやレストランでの試飲の夕べとかを何度も行い、
フランス大使館商務部からも業界からも一目置かれたインポーターだった。

 最後に残した数社のワイナリーは、エコ栽培を重んじ地球に優しく飲む人に優しく美味なワインを造る
フランスとイタリアの造り手たちで、少ない数しか日本に入らないので、ワインのお店にもネットにも
でまわらないが、数件のレストランと長年のファンを楽しませてくれている。
 最後まで真面目に大切に扱っていきたいと思っている。


by pretty-bacchus | 2017-03-23 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

風の強い日はお家でイタリアン!
2017年3月22日 水曜日 曇りのち晴れ

 朝方から強い風の音。 ベランダのお花が可愛そう〜〜〜。

朝にN先生とお話し、午後にはM先生とKさんとお話してなんだか少し落ち着きを取り戻したような感じ。

 (ガラス越しに借景の木々を楽しめて嬉しいな、、、、)
a0031363_18131899.jpg

a0031363_18134268.jpg
(ヒヨドリジョウゴの芽が、ベランダに三十五年居座る半枯れの達に絡みついて、、、、)

 夕食は家でイタリアン!
昨日の帰りに神楽坂のなかなかのスーパーで求めたお野菜と生ハム。
メインは大好きなフリンジのペンネをタマネギとマイタケを沢山入れていただきました。
美味しかった〜〜〜!

 明日は朝一から遠出をしなければならないので、早く休みましょう。



by pretty-bacchus | 2017-03-22 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

春分の日は、手漉き和紙の金銀市松模様の白と黒の大判で遊んで
2017年3月20日 月曜日 晴れ 春分の日 

 布の趣味も紙ももうやめにしたはずなのに、美しい作品をみるとついつい集めてしまう、、、
困ったことかも知れない。

アワガミファクトリーだよりで、美しい手漉き和紙の金銀市松模様の白と黒の大判が出た。
このアワガミからは時々A4サイズの薄口の雲流とかを購入していて筆で手紙を書くときに使っている。
レーザープリンターにも大丈夫なので、時にはワープロしてプリントして、
宛先のお名前と最後の数行だけを筆で書くときもあったりする。

a0031363_18503879.jpg


 さてこの金銀市松模様の大判の和紙はどういうふうに使おうか、、、。
松川先生のお手本に<寿><華>という字の一文字があったので、何度か練習して少し上手になったら、
T御大の傘寿ののお祝いにさしあげるのも一興かもしれないな、、、、。

http://keico.exblog.jp/23545257/
2017年1月10日 火曜日 曇り後晴れ お習字
松川玉堂先生の二十回目のお習字は<寿>の文字ではじまりました

“お〜〜いいね! いいですよ! のびのびと書いているね、、、” と三重丸をいただきました。
十ヶ月のお稽古の成果が少しづつ出ているのでしょうか?

a0031363_2192428.jpg
(もう少し筆の強弱があったほうが良いと思うのですが、、、)

http://keico.exblog.jp/23586224/
2017年1月26日 木曜日 晴 お習字
松川玉堂先生の二十一回目のお習字は<千字文>と<平成>の文字

 今夜はKちゃん手づくりの特製カレーをYさんの東川のユメピリカでいただこうか。
友人達の輪で食の広がりが大きくなるのはなんとも嬉しい。

#IMAGE|a0031363_18524024.jpg|201703/22/63/|mid|860|573#]

 電柱にぶつけた左顔面は腫れが酷く、眼が小さくなって、額が腫れていて眉毛が下がってきて、
目の上もさがってしまって、眼の周りには目尻と目頭から鼻にかけて内出血がでてきて、
歌舞伎役者の隈どりのようになってしまった。

一昨日ホームドクターのM先生に再度みていただいたが、眼はかなり赤いのだが中ではないようで、
しばらくすると腫れはひくでしょうということでほっとしたが、、、、、
でもワインは控えるように言われてしまった。そうですよね〜〜〜。

酷い顔になってしまった。
#IMAGE|a0031363_1903232.jpg|201703/22/63/|right|680|680#]

a0031363_191380.jpg(眼が小さくなって、額が腫れていて眉毛が下がってきて、
目の上もさがってしまって、眼の周りには目尻と目頭から鼻にかけて内出血がでてきて、
歌舞伎役者の隈どりのようになってしまった)

かなり酷い左顔面です。
#IMAGE|a0031363_1912267.jpg|201703/22/63/|left|523|785#]

by pretty-bacchus | 2017-03-20 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

素敵な女性とのお食事って幸せですね〜〜〜!
2017年3月17日 金曜日 晴れ Kちゃんと

 久しぶりに阿川佐和子さんにお目にかかった。
“何年ぶりでしょう〜〜〜! って、握手をしながら抱き合ってしまったような感じ。
ご活躍のご様子を嬉しく思っていたので、この再会はとっても嬉しい!

 Kちゃんとも久しぶりのお食事。
つもる話に花をそえてくれたのはもちろんお料理とワイン。
ありがとうございました。

a0031363_1722031.jpg
( 近所の小径にも春の訪れが)

by pretty-bacchus | 2017-03-17 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

東日本巨大地震の六年目の日に悲喜こもごもの思いを込めて
2017年3月11日 土曜日 晴れ 

 青空に白い雲がきれいな朝だった。

今日は、六年前に東日本大震災が起きた日。
まだ千人以上の行方不明者がいるというし、多くの問題がのこっているという。
午後2時46分に黙祷。

a0031363_033475.jpg
(土手の桜の芽を出し始めて、、、、)

 その日は乳癌手術から生還して十八日しかたっておらず、
東京で地震に巻き込まれた九十歳をすぎた母を助けに行かれずに、
母は三越のソファーで一晩を送った日だった。
この日前後のブログを見るとお見舞いにいただいたバラの花などが多いのはアイロニーだ!

http://keico.exblog.jp/12257860/
平成23年3月11日(金)
東北地方太平洋沖地震は史上最大のマグニチュード8.8

http://keico.exblog.jp/12262979/
2011年3月11日 金曜日
東北地方太平洋沖地震>>東日本巨大地震の日に

http://keico.exblog.jp/12267950/
2011年3月12日 土曜日 晴
東北地方太平洋沖地震>>東日本巨大地震の翌日に
a0031363_23314581.jpg



http://keico.exblog.jp/12272557/
2011年3月14日 月曜日 曇り
M9.0世界最大級の東北関東大震災は四日目に

http://keico.exblog.jp/12277124/
2011年3月15日 火曜日 曇り
東北関東大震災は千年に一度の大惨事

http://keico.exblog.jp/12280929/
平成23年3月16日(水) 晴れたり曇ったり
東日本大地震から六日目、手術から二十三日目

http://keico.exblog.jp/23694855/
平成29年3月1日(水)  2017年3月1日 曇り後晴れ
東京の桜開花は三月二十二日、満開は三十一日だそう

 そして桜好きの私に素敵な贈り物が届いた。
イタリアのスプマンテのロゼ。金色の桜の花びらがきれいな桜色の箱がなんとも可愛い!
いくつもの賞をとった発泡酒のようで、さてどなたとどこで杯をあげましょうかね〜〜〜〜。

 東京の桜の開花は22日にようで、その日はどこを予約しましょうか、、、、フレンチ、イタリアン、
和食、あるいは? 
最近は持ち込みオーケーのお店が増えたので楽しみです。

a0031363_0431067.jpg


 そして、熊本のアサリのカラは?

#IMAGE|a0031363_12192.jpg|201703/13/63/|mid|900|599#]

a0031363_0543482.jpg


#IMAGE|a0031363_0564758.jpg|201703/13/63/|mid|900|600#]

by pretty-bacchus | 2017-03-11 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

春の訪れには蛤と揚フキノトウの土鍋飯をいただいて
2017年3月9日 木曜日 晴れ

 今日もきれいな青空! 嬉しい!
借景の木々はまだ芽がはっきりしないのに、もうすっかり春の感じ。
やって来る鳥たちも冬の鳥とはちょっと違って春の鳥?
ガラス越しに春の訪れを楽しめて、、、、幸せ!

 早や週の後半になってしまって少々あせっているのだが、遅遅として必要な作業は進まない。

a0031363_2592663.jpg


a0031363_2594862.jpg



 一人で簡単に夕食を終えたところに、会食を終わった連れ合いから電話。
“お腹がすいたよう〜〜〜”
“会で何かを食べているのでしょう〜〜〜? 家には何にもないですよ〜〜”
“それならば、四谷ふくさんのバータイムに行ってみましょうか?

 カウンターのお席をおとりいただけて、途中で待ち合わせてタクシーワンメーターで四丁目まで直行。
この先は新宿一丁目とか二丁目とかの特殊な界隈になるようなのだが、その少し手前でとても静かな界隈。

 早いお客様がお帰りになったあとで、ゆっくりとした一時をすごさせていただいて感謝。
春野菜の天ぷらなどと炊き込みご飯をいただいて、、、、、こういうお店が近くにあってとっても幸せ。
ソムリエ出身の経歴をもつ板前のご主人と、日本酒に造形の深い女将がとりもつこのお店はなんともイイ!

 帰りはまたワンメーター>>ワンコインでかえれるのもまたよし!
ありがとうございました。

a0031363_305214.jpg
(蛤と揚フキノトウの土鍋飯)

a0031363_16263055.jpg


a0031363_16122286.jpg(今月からオリヴェラ ルセストルのシャブリがグラスワインでもいただける!)


http://www.yotsuya-fuku.com
四谷ふく おかみのひとりごと
http://okami-kaitennikki.at.webry.info
四谷ふく おかみのひとりごと

a0031363_16113391.jpg(四谷ふくさんのHPより)
(いつもシックなお召し物で、真っ白が割烹着も美しい!)


by pretty-bacchus | 2017-03-09 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

青い空に白い雲の一日でした。
2017年3月8日 水曜日 晴れ 零度まで下がった東京

 青い空に白い雲。
借景の庭の木々は春模様になってきて
なんとも嬉しいな、、、。
心が萎えることが多い中で、朝のこの空気の優しさはなんと救われることだろう。

a0031363_22463556.jpg
(ガラス越しに遠くの遠くに借景の木々と鳥を、、、)

 夕方にはカーテンを緋に照らして暮れていく借景に、思いを遙かに弟の家族に送った。
回復を見込めない母親に姪御たちはけなげに看病をつづけているという。
一日でもながくと祈るのみ!

a0031363_2247239.jpg


by pretty-bacchus | 2017-03-08 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

欣喜雀躍 日曜日は嬉しい電話の襲来の日になりました
2017年3月5日 日曜日 曇り後晴れ

 すこし疲れがでていてお昼までごろごろ、、、。
午後はずっと電話ズケになった。
いつもあまり話さない人とはついつい長くなってしまう。
日曜日って皆さん電話をかけたくなる曜日なのかしらん?
もともと電話はあまりすきでないから、メール時代はありがたいのだが母と友人は別。

九十六歳の母、九十四歳のS御大、八十七歳のT御仁、そしてKちゃんとSさんと、、、、。
それぞれの人生経験をバックに今を生きていらっしゃる方々のお話をうかがうのはなんとも楽しい!
こういう時間を持てるって幸せなことなのですね。
感謝です!

a0031363_23193979.jpg


by pretty-bacchus | 2017-03-05 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)