カテゴリ:♪Walking散歩坂道祭り( 81 )

週末のお昼はお蕎麦やさんで<にしん蕎麦>
2017年2月25日 土曜日 晴れ

 朝から気持ちの良い光の週末。
少し歩きましょうね、、、、と一緒にでかけた。
といってもまずはお蕎麦やさんへ。久しぶりにお昼のサクラギさんへ。

a0031363_1805549.jpg
(たった一本しかクスノキはないのに、クスノキ通り。 お店の大鉢にはガーデンシクラメンが)

a0031363_182871.jpg
(いつもは中のカウンターに鎮座増している樽も、お昼には外にでている)

 オープンして一年ちょっとの三卓十二席とカウンター六席のそば処なのだが、
酒とワインとのお店にもなりつつあって、最近はお昼も夜も一杯。
団体さんの予約があるときは女将的な女性がでているが、その他はオーナーが一人で蕎麦打ちもお料理も
サービスもしているからとても大変。

 土曜日はお昼からお酒を飲みながら蕎麦というリピーターのお客様も多いようで、今日の私たちは、
グラスワインと<にしん蕎麦>

a0031363_1842642.jpg


 気持ちよく晴れた午後の土手の道を日焼けをさけながらぶらぶら、、、。
それでも二千歩しか歩けず、ウオーキングってなかなか大変。

a0031363_186825.jpg


a0031363_1862943.jpg


a0031363_1865924.jpg


a0031363_1872471.jpg


a0031363_1874734.jpg





 〔昨日のブログはまだ途中)
by pretty-bacchus | 2017-02-25 23:58 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(4)

四谷見附橋は、南は港区で迎賓館、 東は千代田区半藏門、西は新宿区で内藤町へ 
2016年9月16日 金曜日 曇り 十五夜

 Macを離れて暗い借景に深呼吸、午前三時前、、、、、
うううううう〜〜〜月の出時間には曇っていて、あきらめていた十五夜の月が輝いている!

 まもなく木々とビルの谷間に落ちてしまうだろう、、、三脚をたてるひまなどない、、、。
ガラス越しにカシャカシャ、、、、。
そして手をあわせて、、、お月様ありがとう、おやすみなさい。

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 05時24分  : 日の入 17時47分
  月の出 17時31分  : 月の入 04時22分

a0031363_344426.jpg


a0031363_334046.jpg

(クリックして大きくすると、ひよどりじょうごの葉や朝顔の蕾がいくつか見えますね)

a0031363_35266.jpg



 曇りのお昼まで青い朝顔は凛と咲いていた。有終の美に拍手!
白い蕾は明日への希望!

a0031363_38487.jpg


a0031363_365642.jpg


 午後から三丁目近くの銀行に。何十年もこういう関係はずっと弟がしてくれていたので、
私はまったく慣れていない。
少し疲れて近くのカフェで一休み。
曇りの大通りを、道々路面店のお店をのぞきながら、散歩気分で美容院まで。

a0031363_3142415.jpg

 大通りの路面店の雑貨やさんのコーナーにはいつも季節の花が心和ませてくれている。
もう少し先の花屋さんよりずっとセンスのある一角。

a0031363_316129.jpg


a0031363_3272069.jpg(この花屋はきにいっていないので、、、、

 四谷見附手前のこのあたりは昔は麹町地区であったので、なんとなくその名残が残っている感じ。
見附とは城門で外側に面する部分をいい、見張りの番兵を置いていたのだそう。
江戸城は俗に三十六見附と言われるが、四谷見附・赤坂見附・牛込見附などが呼称として今に残っていて、
四谷見附では駅の向こうに茶色の部分の石垣のみが残っている。

新宿区四ツ谷一丁目から橋を渡るともうそこは千代田区六番町~からで半藏門までいたり城にはいるのだが、
麹町区との境界を変更されるまでは、四谷のこのあたりは麹町十一 - 十三丁目だったそうだ。
ホテルニューオータニや上智大学は橋を渡った地区に。北の市谷への道も始まりには四谷双葉学園がある。
見附橋を南に向けばそこは、もう港区元赤坂で、東宮御所・迎賓館、
さらに進むと明治神宮外苑、西には新宿御苑などで、このあたりは江戸時代の内藤町。

江戸時代からの名残も多く、津ノ森坂の近くには歴史博物館があったり、
塙保己一の墓、服部半蔵の墓もあり、お寺の多い地域でもあるようだ。
平塚らいてうとか樋口一葉などの文人も少しの間だ住んでいたとか、二葉亭四迷旧居跡も残っている。

 ほんとうはもっとこの界隈をあるいたらおもしろいだろうし、健康にもよいはずだが、
なかなかそうはいっていない、、、、。

 明日もまた雨なのだろうか。
週間天気予報で毎日雨の印って珍しい。
大きな台風がきているようだし、秋雨前線といっしょになって雨をふらしているのだろうか、、、、。

 明日はお天気になるといいのにな〜〜〜。



by pretty-bacchus | 2016-09-16 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(6)

雨上がりの裏の小径を歩きました
2016年6月26日 日曜日 雨のち曇りのち晴れ

 夕方になって雨はあがった。
冷蔵庫に何もなくなってしまったので、一緒に買い物にでた。

今週はお野菜はネットでとっていたので、今日は卵やヨーグルトや牛乳、そして納豆お豆腐などだけ。
帰りに私だけ遠回りをして写真散歩をすることにした。
半径一キロくらいの処は、財布も保険証ももたないでカメラだけの軽装備?

 雨上がりの裏の住宅地の細い小径は車もこないので、快適な散歩道。
どのお宅も小さいながらプランターをおいたり、窓辺にお花の鉢をおいたりして、
四季の花々を楽しまれているよう、、、。

 ぐるっと廻っていつもの土手の道に戻る頃には、そろそろ日没の頃。
数日歩かなかったので、ほどよい二千歩のエクササイズとなりました。

a0031363_22562175.jpg
(pm5:30 土手の道のエンジェルラッパが今年も蕾をつけました、、、)

a0031363_2257331.jpg(大通りのこあじさいに日笠をして、、、、)

a0031363_22585117.jpg(日笠セルフをいれてワンチャンの散歩の方を、、、)

a0031363_22594493.jpg(このお宅は毎年夏には茄子やキュウリを作っていらっしゃる。ミニトマトが色づいてきていて、、、こんにちは!)

a0031363_2362257.jpg
(このお宅の窓辺や玄関先ではいつもいろいろの季節の花がきれい、、、黄色いバラが夕陽に映えていました)


 (遠回りして土手の道の南の方にでたら、選挙のパネルが目に入った。
友人のお友達が立候補したそうだが、さてさて、どうなるのだろう)

a0031363_2391424.jpg

a0031363_2312223.jpg

a0031363_23132563.jpg
(一株の紫陽花の木が満開になっていて、、、、)

a0031363_23141668.jpg(これは何の花かしら?)

a0031363_23151737.jpg(お隣には黄色の花が、、、、)

a0031363_23167100.jpg(そして可憐なピンクのお花)

a0031363_23171998.jpg(このお宅には立派なプランターが、、、なでしことラヴェンダーが)

a0031363_23191268.jpg

a0031363_232218100.jpg
(いつもの土手の道に戻りました、、、、)

a0031363_2323096.jpg
山梔子の昨日今日明日! 中に最後の壺が見えました〜〜〜〜〜。朽ち始めることの香りはなんとも切ないものです、、、)

 PM6:19 歩き始めて三十五分がたっていました。
屋上に昇って西の空をしばしながめました)
a0031363_23242757.jpg


a0031363_23251673.jpg


 〜〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_2135411.jpg

 (屋上からの三階の庭。銅で葺いた外腰掛けも使われず、灯籠も蹲いも枯れ葉に埋もれて、
茶庭がすっかり荒れてしまっているようだ)


by pretty-bacchus | 2016-06-26 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(2)

紫陽花に誘われて、、、梔子の香りに癒されて、、、
2016年6月11日 土曜日 晴れ

 
 すばらしいお肉をいただいたので、すき焼きの材料を買いに、夕方に近くのスーパーに買い物にでた。、、。
歩ける距離にほどほどのお店があるのはとても助かる。
もっと良い野菜や果物を買うにはメトロで一つの大きなスーパー、あと二つ乗ると伊勢丹の地下がよいのだが、
着替えをしなければならないし、だいいち時間がかかる。

 帰りには一人だけ、少し遠回りして梅雨に入った近くのお花をカシャカシャ、、、。
週週間前にバサリと切られてしまった大きな木の幹に、新しい命が芽生えてきていてすごい生命力で、
とっても嬉しい。

 土手の道には梔子の花が咲き始めて香りをはなっていた。
残りの夕陽がときどきかすかに花の色を変えて、この黄昏時のはかなさに色をそえていた、、、、、。

夏のような暑さが残っていて少し疲れてしまったかな、、、、。

a0031363_2018543.jpg(ガクアジサイに日笠をさして、、、)

a0031363_20183513.jpg(お隣の玄関先には、、、)

a0031363_20191326.jpg
(先だって白い猫が現れた窓辺に咲く白い紫陽花)
a0031363_20193770.jpg

a0031363_20204668.jpg(週週間前にバサリと切られてしまった大きな木の幹に、新しい命が芽生えてきていた)

a0031363_20222162.jpg

 (少し歩いていつもの土手の道の先には、ひとあし早い梔子が一輪見事に花開いていた)

a0031363_20281881.jpg


a0031363_20285894.jpg

a0031363_2029267.jpg

a0031363_20262820.jpg(これは花が終わったあと、それともこれから開くのかしら?)

a0031363_20413962.jpg(蕾が沢山あって先が楽しみ、、、)

a0031363_20422036.jpg




by pretty-bacchus | 2016-06-11 23:58 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(3)

都に雨の降るごとく、我が心にも雨ぞふる
2016年5月30日 月曜日 雨のち曇り晴れ

 明け方からしとしとと雨がふる。
心が晴れないときの雨ってなんてしっとり聞こえるのだろうか。
これがぎらぎらした朝だったらきっと、もっと滅入ってしまうだろうな、、、。

  都に雨の降るごとく、我が心にも雨ぞふる
    かくも心ににじみ入る
      この悲しみは何やらん?
     ポール・ヴェルレーヌ「巷に雨の降るごとく」

昔の詩人も訳者も素敵だな〜〜〜てしむじむ読み返す。

a0031363_052377.jpg


 買い物の帰りに赤と白の花が眼について道を入ったら、、、、あらネコちゃんが、にゃ〜〜〜ン!
(ボケボケですね〜〜〜)

ポール・ヴェルレーヌ(原詩) クロード・ドビュッシー(作曲) バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ) ミシェル・ベロフ(ピアノ)
 http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2006/08/_rue_.html
ミシェル・ベロフ(ピアノ)

<堀口大學訳>

  巷に雨の降るごとく
    われの心に涙ふる。
      かくも心ににじみ入る
       この悲しみは何やらん?

 
  やるせなき心のために
    おお、雨の歌よ!
      やさしき雨の響きは
        地上にも屋上にも!
 
  消えも入りなん心の奥に
    ゆえなきに雨は涙す。
      何事ぞ! 裏切りもなきにあらずや?
        この喪そのゆえの知られず。
 
  ゆえしれぬかなしみぞ
    げにこよなくも堪えがたし。
      恋もなく恨みもなきに
        わが心かくもかなし。 
 


More>>><原文>
by pretty-bacchus | 2016-05-30 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(2)

夕陽をうけて半時のウオーキングでした
2016年5月7日 土曜日 晴れ

 借景のイヌシデの緑は色を増すばかり、、、、、。
遠くの梧桐の芽も日に日に大きくなって、きっともうすぐ大きな葉が茂ってしまうでしょう。

a0031363_12365685.jpg


 遠くの桜の木も見えなくなったし、それではたまにはそのあたりまでお散歩してみましょう。
御所のあたりは迎賓館常時開館で混んでいるようなので、反対側の奥の住宅街へいざいかん。

 超望遠で撮れるのに、歩くとグルッと回って十数分もかかってしまう細い道。
土手の道をグルッと回って、また九十度左へ、、、、少し歩いてさらに九十度。
西日があたる家々の垣根にはいろんなお花が咲いていてなんだかとってもピースフル!

ゴールデンウィークの週末の半時のウオーキングは2800歩でした。

a0031363_12373555.jpg
(pm2:43 午後の日差しがビル谷間から差し込み始めた土手の道からお散歩開始、、、、)

a0031363_1239099.jpg


a0031363_12395456.jpg
(pm5:57 真横から夕陽が差し込んで路肩の雑草を照らしています、、、あら、タンポポも咲いているようで、、、)

a0031363_12412727.jpg


a0031363_1242917.jpg
(広いお庭のある大きなお家にはアイリスが咲いていました)


 さらに歩いて、、、、最後の夕陽が家々の垣根を照らし始めました、、、。

a0031363_12462546.jpg
(pm6:04 バラの垣根のお家)

a0031363_12481559.jpg
(pm6:10 帰りの人々が多くなったようです、、、、)

a0031363_12492565.jpg
(白い垣根のお家には赤いお花が!)

a0031363_12535484.jpg
(pm6:17 いよいよ夕陽が低くなりました、、、、)

a0031363_1254596.jpg
(土手に道にもどったら、ワンチャンのお散歩のおじさんにあいました、、、)


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日の出 04時43分  : 日の入 18時33分
  月の出 05時08分  : 月の入 18時58分


by pretty-bacchus | 2016-05-07 23:58 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(4)

伝説の霊鳥グリフォンの噴水で夕陽を拝して
2016年2月18日 木曜日 晴れ 御所

 綺麗な青空の一日だった。
午後になって素晴らしい入場券をいただいて、ともかく現地に急いだ。
偶然フジX-T1を首から下げて日陰用の帽子をかぶっていた。

a0031363_23335280.jpg


 三時半から五時までの一時間半を、初めての庭園で過ごすことが出来た。
夕陽に輝く噴水を廻りきることだ出来ずに後ろ髪を引かれながら退場した。
半径二キロ以内の私の散歩道の一角にこのような空間が存在していることがお伽の国にいるようだった。
半分ほど残っていた16ギガのSDカードが一杯になって、これも偶然バックにいれていた
フジE30で帰り道を撮った。

 帰宅して早速にMacにとりこもうとしたが、様子がおかしい。
しばらくバックアップをしていない。
その上外付けバックアップハードディスクが一杯!
真夜中にヨドバシに注文。すぐにアクセプトされて、明日朝には届くようだ。
すごい時代になったものだ。
Mac中の掃除をしながら、写真の整理を、、、、。

 まずプレリュードの一枚を、、、、。
a0031363_23295835.jpg
(今日の日没は17時25分、、、、)

a0031363_23305366.jpg
(この中央の噴水を囲んで、伝説の霊鳥であるグリフォンの像が置かれている)



by pretty-bacchus | 2016-02-18 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(2)

夕方からは寒く雪の予報でした
2016年1月23日 土曜日 晴れ後曇り雨

 ともかく少し歩かなければ、、、やや悲壮感をもってでかけた。
途中で鴨南蛮をいただいて、そのあとはカフェタイム。

 明るい内なので危険はないだろうと、、、途中で別れて一人散歩。
ケヤキ通りを左に曲がると鯛焼き<わかば>。 寒いのに相変わらず多くの人が並んでいる、、、、。
なかでは男衆四人が汗をかいて名物鯛焼きを焼いている。
#IMAGE|a0031363_14281199.jpg|201601/24/63/|left|960|641#]



a0031363_14281199.jpg

a0031363_14285458.jpg
(このガマは、表通りの角にある佃煮や<有明>さんがおかれたそうで、皇居に向かって座しているという)

a0031363_14293144.jpg
(裏道のしもたやの中庭にはまだ雪が残っている)

a0031363_23175023.jpg
(このお宅の玄関はいつもお花であふれている、、、、)

 車が入らない道をずっとあるいて、ミクニさんの前で左折。
中学校の裏の小さいお庭には水仙が一輪だけ残り、土手の道にはいつのまにか春の花の植林がされていて
燦々とふる太陽の恵みを受けていた。

 寒い。日本中が寒波におおわれて雪のニュースだが、春はもうすぐそこにきている、、、。

a0031363_14302735.jpg

a0031363_143031.jpg

a0031363_1431581.jpg

a0031363_1432178.jpg

a0031363_1433478.jpg


 日没時間に遠くの空に白い雲がわいてきた。

a0031363_16152065.jpg


日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時47分  : 日の入 16時58分
  月の出 16時21分  : 月の入 05時39分


by pretty-bacchus | 2016-01-23 23:58 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(2)

日没前に迎賓館あたりを一歩き。素敵なお嬢様達にあいました。
2015年10月25日 日曜日 晴れ 十三夜

 夜中過ぎ頃から窓の外ではひゅー〜〜ひゅ〜〜とすごい風の音。
木枯らし一号だったようだ。

 昨日も一昨日もあまり歩いていない。
夕陽が沈む前に少し歩こうと四時半過ぎにカメラを首から下げて出かけた。
中学校裏の土手の道を逆行して学習院小学校まで。

a0031363_18344125.jpg

(猫じゃらしがそよいで、、、)
a0031363_18352960.jpg
(公園の木々は色づいて、、、、)

 信号を渡って夕陽に芝生が輝く赤坂迎賓館の中庭あたりをスナップ。
夕方なので、一人で歩く人、走る人、
ワンチャンの散歩の人、一人ベンチで本を読む人、、、、エトセトラ、
それぞれが初冬の薄暮の時を楽しむようだった。

a0031363_18365032.jpg

(夕陽の影が美しい)
a0031363_18373259.jpg

(中に入って北側の青空を)
a0031363_18382551.jpg


a0031363_18404860.jpg
(行事があるときは警察官が入るボックスに入ってみた。ヴァチカンにも同じようなのがありますね)


 外にでると、向こうから女生徒達が歩いてきて門の前で止まった。
皆んあいい顔をしているな〜〜〜。若い男性は先生かしら? と思ったときに、
“あの〜シャッターを押していただけますか〜〜”と声をかけられた。
“はい喜んで、と、まず渡された先生のiPhoneで数カット。
皆さんなんと良い笑顔をしてるのだろう!

“いいですね〜〜〜! 私にも撮らせてくださいね〜〜。後ろの迎賓館もいれましょうね。
うかがったら近くの学校の音楽のクラブのお嬢様方と先生ののよう。
“後でメールでお送りしますね、、、”。

a0031363_18433720.jpg

(私のウェブ日記ブログに載せることはお許しをいただきましたのでアップしておきましょう)

 〜〜〜〜 写真をクリックすると拡大します 〜〜〜〜〜〜
a0031363_18443516.jpg
(正面小公園には噴水がある。ピンクの花の無効に白いポルシェが)

a0031363_1845453.jpg


a0031363_1847198.jpg


a0031363_18474782.jpg
(あら〜〜〜雀が水を飲みにやってきました)

a0031363_18483416.jpg
(一休み、、、)

a0031363_18493683.jpg

(自転車をならっているみたい、、、、))

a0031363_18391999.jpg
(いつのまにか大きな木の頭を切ったようだ、、、)

 帰路について、、、

a0031363_1850161.jpg
)(中学校の正面には、非常時のパネルがかかっている。ここが私たちの避難場所なのかしら?)

 小一時間の散歩のあと予定を変えて帰宅。
すぐにPC処理して、いただいたメールアドレスに写真をお送りした。
とっても喜んでくださって、二度と戻らぬ青春時代をを思い出してなんだかうるるんしてしまいました。
若いっていいですね〜〜〜!

 今日の日没は日の入 16時55分。
a0031363_1853338.jpg
(4:37かろうじて夕陽が沈みいく前に屋上に間に合いました)

a0031363_1855477.jpg


a0031363_18553984.jpg
刻々と沈んでいってしまう〜〜〜。

a0031363_18565734.jpg
(反対側東側には、あら月が! 今夜は十三夜でした)

a0031363_1858230.jpg
(アデュー!
今日のこの日よ!)

a0031363_18585648.jpg
(pm4:41
三分間の夕陽のページェントに手を合わせて、、、、)

#IMAGE|a0031363_1911139.jpg|201510/28/63/|mid|984|657#]



by pretty-bacchus | 2015-10-25 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(2)

高村光太郎の<歩くうた>にはとうていいきつけません
2015年10月10日 土曜日 晴れのち曇り、夜半に小雨

高村光太郎の<歩くうた>にはとうていいきつけません。

 少し一緒にあるきましょうかね〜〜〜。
光が日焼けにならない時間になってでかけた。

高村光太郎の<歩くうた>。 昨日のは一番、

http://keico.exblog.jp/21729631/
2015年10月9日 金曜日 晴れ
あるけ〜あるけ あ〜るけあるけ、、、、、

二番は
あるけ あるけ あるけ あるけ
 目ざすは かなた あるけ あるけ(え)
  けぶれる ゆく手 あるけ あるけ(え)
   果てなき 野づら あるけ あるけ
    こごしき 磐根(いわね) あるけ あるけ(え)


 少し頑張りましょうと、新宿区から港区の境を越えて千代田区へ。
いかにも遠そうに三つの区をまわったようだが、おそらく一キロも歩いていないのでは。
それなのになんだか疲れてしまって、、、ほんとうに歩けなくなりました。

 家のお釜に<ゆめぴりか>をしかけてきたのに、途中でいきつけのご飯や?さんへゴーイングダウン。
白身とサンマとボタン蝦のお刺身を少々、レンコンのきんぴら、新ギンナン、
骨の揚げたのなどをいただいて、最後は連休の特別ご奉仕価格での「きんきの煮付」!
煮物焼き物は専門の人がいるのだが、店長が耳元でひとことアドヴァイス。
少し薄味の美味に仕上がりました。ありがとう〜〜!

a0031363_0483395.jpg


 お腹ごなしに、裏の方からミクニさんの前を通って大通りへ。
ワンメーターだけタクシーに乗って途中でおりて高田さんの処へ。
土曜日なので、ホサカさんのギターの日。
お客様なのに毎週こうしてご披露してくださるのだ。

a0031363_2233992.jpg


 他のお客様はなく、持参のオーガニックのSOKOさんからお送りいただいた無農薬ワックス無しのレモンで
飲み物をおねがい。
丁寧に絞ってバーアルマニャック・フランシスダローズ76をわずかにたらしてワンシェイクだけの特製!
絞った後のレモンは、後からレモネードでお楽しみ。

a0031363_2551157.jpg


a0031363_2553768.jpg


 お隣りのオジサマにはアルコール無しの飲み物が。
a0031363_2223551.jpg
(丁寧につくってくださるノンアルコールのオレンジジュース)


 これでも二千歩もあるかなかったのです。
三番、四番などにはとうていいきつけないでしょう。

身をやく 日照り あるけ あるけ(え)
  塩ふく 背中 あるけ あるけ(え)
   身を切る 吹雪 あるけ あるけ
    凍てつく 目鼻 あるけ あるけ(え)


四番は、
あるけ あるけ あるけ あるけ
 思いは 高らか あるけ あるけ(え)
  大地の きわみ あるけ あるけ(え)
   海さえ 空さえ あるけ あるけ
    吾等を とどめず あるけ あるけ(え)

by pretty-bacchus | 2015-10-10 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(4)