カテゴリ:♥Wine & Dineワイン&食事( 668 )

初秋の口福はカウンターでお話しを聞きながら
2017年9月16日 土曜日 雨 珍しい葡萄

 静かな朝。
風もなく鳥も鳴かずの暗い朝、そして工事の音もしないので、久しぶりにゆっくりと寝ることができた感じ。

 買い物の時間をはぶき、台所にたつ時間も少なくなってきてちょっと反省だが、
他の先行のことに費やせる時がたくさんできてきてほっとしている。
それでもやはりカウンターで板長さんの丁寧な包丁さばきを見ながら、お話しを聞きながらいただく
和食や&お寿司やさんやイタリアンはなんともいえない。

若い頃から何人もの板長さんやシェフにお世話になってきたが、皆さん年上の方で、
ほとんどの方が引退されてしまっていて寂しき限り。
もっとも私たちも、いただくのも少なくなってきて酒量もおちてきて、もっと寂しさ一杯なのだ。
そのうえここ数年は歩いて行かれるお店とかタクシーツーメーターのお店が多くなってきていて、
ほんとうにますます寂しさが増している!

 そんななかでもまだまだ五本指以上のお店があって、お魚や食のお話しをうかがいながら、
とても心地よく素敵な時をいただいていて、ほんとうに有り難く感謝の日々。

今週の一番の喜びは、旬の魚の<魚介のサラダ>と、今年最後の<加賀瓜>、加賀瓜のさくさくのあとに、
メゴチの骨をかりかりいただいて、、、、赤ワインにあわせて<ふくかつ>も。

a0031363_22412769.jpg

a0031363_22414161.jpg
加賀瓜のさくさくのあとに、メゴチの骨をあげてくださって)


a0031363_22421247.jpg
旬の魚の<魚介のサラダ>)


a0031363_22422416.jpg
(ワインはトスカーナのヴィッラヴィーニャマッジオのグランドセレクション!)


 そして珍しいデザートの葡萄。
魚介のサラダには、旬のいちじくとかも入っていてなんとも美味。

お里が山梨のふくさんのご親戚からの葡萄の数々をみせていただいて、その一粒づつを大切にいただけるって
なんとも幸せ。

 さて来週はどこでどんなお料理をいただけるのかしら?
た、の、し、み!

a0031363_22432805.jpg
巨峰に似た大きな葡萄は高妻たかつま)

a0031363_22425880.jpg
(細長いレディースフィンガーは女性の指に似ているからの名前のよう)
a0031363_19282744.jpg


a0031363_22431298.jpg
レディースフィンガーとシャインマスカット、赤みのかかった紫の甲斐路、黄色い大粒の翠峰)









by pretty-bacchus | 2017-09-16 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

重陽の節句にマゾンプライムPrime Now「こだわり食品ストア」を初めて使ってみた
2017年9月9日 土曜日 曇りのち晴れ 重陽の節句

 重陽の節句に一声ミンミンゼミが鳴いた。
朝顔も最後の力をふりしぼったように、高くまだ蔓をのばして七つも八つもさいてくれた。
夏を惜しんでいる自然の営みは切なくも嬉しいものですね、、、。


a0031363_00402827.jpg

a0031363_00400652.jpg

 二人とも外に食事にも出かけたくないというのは、かなり疲労困憊?
そんな時にはお買い物にもいきたくないし、台所にも立ちたくなくて、ただソファーに座って
借景三昧&Mac三昧。

 それでも今日は新しいネット通販を試みをして、浅草の深川飯と、今半さんの牛肉弁当 と
帝国ホテルのハンバーグが夕方届いた。
アマゾンからの<日々のお買い物にPrime Nowをご活用ください>>というメルマガにのって、
アマゾンプライムで、
Prime Now「こだわり食品ストア」を初めて使ってみた。

a0031363_00380046.jpg

 友人はすでに利用しているようで、和のものも、チーズ、ヨーグルトなどの冷蔵食品や輸入食材も
いろいろ揃っているという。
食品もいろいろあるが、お野菜は少ないよう。
<日本橋三越本店>に入っていろいろ見てみたら楽しいお弁当がたくさんある。
今日は、亀戸升本 すみだ川 あさり飯 1折 浅草今半 牛肉弁当 、ホテルオークラ ビーフハンバーグステーキ
230gを選んで昨夕頼んでおいた。

 お野菜は少ないなと思っていたら、もう一つ<Amazonフレッシュ>というのがあった。
Amazonフレッシュ 初回購入で2,000円OFF (2017年9月30日まで)にも、ついついのってしまった。
あれもこれも選んでしまって削除の項がないと思ったら数字を<0>にすると、
その項目が消えるようになっている。
いろいろクリックして、さらに、ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD 黒酢 ゆずぽん酢 小麦不使用 150ml 、
室町万弥 こだわりアボカド 2個 、ルコラ、サラダ菜、トマト、お豆腐なども頼んでみた。

 時間指定で午後四時に到着した。
到着前にメールと電話があって、アマゾンの大きなクーラーボックスにいれた大きな袋から丁寧にだして
手渡ししてくれた。
電話とメールでの到着前、到着後の対応も丁寧で、気に入ってしまった。

a0031363_00381547.jpg
 お弁当も美味しそうだし、野菜は近くのスーパーのものよりかなり新鮮のよう。
注文をとって、当日か翌日に二時間きざみで届けるって、どんなにか人の手がかかることだろうと
思ってしまうが、それでもアマゾンは別のことで採算をあわせているのだろうか、、、。

 横着夕食にはありがたいので、またお願いしてしまいそうだ。
ますます外に出ないで運動不足になってしまいそう〜〜〜。

 Amazonパントリーというサービスもあるようだが、まだ使っていない。
web社会のもたらした流通革命はどこまで進むのでしょうか、、、。

a0031363_00384347.jpg
(浅草今半 牛肉弁当 )

a0031363_00392114.jpg
(亀戸升本 すみだ川 あさり飯、鬼平犯科帳の世界かしら?)


a0031363_00393543.jpg
(ホテルオークラ ビーフハンバーグステーキ)






by pretty-bacchus | 2017-09-09 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

今月のミーティングは<ふく>さんの八月スペシャルコースで
2017年8月24日 木曜日 晴れ

 Uさんの今月のミーティングは、連れ合いの退院祝いもかねて<ふく>さんでしてくださった。
毎月、選りすぐりな旬な食材を使ってのコースはすばらしく今月の限定コースは、
女将のブログによると、
 自然な甘味が美味しい茶豆の冷製スープや、香り豊かな
 早松茸やメゴチを天麩羅に。またトロリとした賀茂茄子と
 鰻を使ってふんわり食感の茶碗蒸しに。そして夏の恒例・
 焼鱧とモロコシの炊込みご飯は最後にはお出汁を掛けて
 ひつまぶし風にと滋養たっぷりな内容です。医食同源、食べて元気になる馳走を
 取り揃え皆様のお越しをお待ちしております!

先付  茶豆の冷たいすり流し 燻製オイル掛け

a0031363_00482892.jpg

揚物  早松茸 メゴチ 万願寺唐辛子 天麩羅 
御椀  賀茂茄子 鰻 玉地蒸し 生姜の餡かけ

a0031363_00484031.jpg

御造  鰹塩たたき風 他
焼物  エボダイ柚庵焼き
煮物  のどぐろ 冬瓜 石川芋 炊き合わせ

a0031363_00490367.jpg

口替  新子 長芋素麺 海葡萄
食事  焼鱧とモロコシの土鍋炊込飯 ひつまぶし風

a0031363_16204348.jpg
(カウンターに板長さんの姿もみえますね)

a0031363_00492457.jpg

甘味は白桃もっちり杏仁

ワインは白はピゼイの珍しいボージョレブラン、赤は2010年のシャトー・ドゥ・ティルガンの
マグナムで夏の宵はふけていきました。

a0031363_00493556.jpg

a0031363_00485104.jpg


ありがとうございました。


by pretty-bacchus | 2017-08-24 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

果樹園のレイコさんからご丹精の黄金桃が届きました
2017年8月17日 木曜日 雨のち曇りほんの一時小晴れ

 もう二週間以上夏の青空と太陽をみていない。
テレビニュースではほんの十数分晴れた六本木の空を映していた。

 今年もまたレイコさんから黄金桃をお送りいただいた。
昨日が花もぎだったようで、さっそくにお送りくださったのです。
箱をあけると部屋にふわ〜と甘い香りが広がった。
きれいな丸〜るい黃色から赤にかわっていく黄金桃!

a0031363_17441362.jpg


 無袋の栽培なので、いろいろとても大変だと思います。
日々のお天気に一喜一憂しながら果実と会話を重ね、実りに感謝を込めて収穫をなさる
果樹園の方々のご苦労が思われる。
厳しい自然の営みを人々の手と愛で守り抜いた今年の初収穫の<はなもぎ>の黄金桃。
猛暑のあとの長雨でさぞ桃達も造り手さんたちもご苦労をなさっているだろうと、
その大変さを思っていたので、思わず手をあわせました。

 黄金桃は、長野県の池田氏が川中島白桃から育成選抜した品種だそうで、
なんともいわれぬ高貴な香りとお味が魅力的。
黄黄緑→黄色→オレンジ色→黄金色と変化する楽しみととともに、
完熟したトロッとした食感がなんともいえない。

 一年をかけて自然の厳しさと戦いながら果物を育てるのはどんなにか大変だろう、と
いつも頭をさげている。
そのお初ものをいただけることに心よりも感謝をしていただきました。

 レイコさんからメールをいただきました。
今朝は、雨の中 収穫しました。
桃畑は葉っぱが生い茂っているので 穴だらけの傘?のような役目を果たしてくれます。
昨日は久しぶりの明るい空でした。とっても嬉しかったです。
これから数日間天気が良くなる予報です

a0031363_17432335.jpg

a0031363_17433950.jpg

 レイコさんのその思いは、葡萄を育ててその年のワインを造ることにも通じるようで、
レイコサンは昔から大のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーのファン。
このご縁もシャトー・ドゥ・ピゼイからいただいたものでした。

 そのシャトー・ドゥ・ピゼイからも今年の葡萄の様子が送られてきました。
翻訳して後ほどブログにもアップしておきましょう。

 〜〜〜〜
ブログ内黄金桃いろいろ、、、、

http://keico.exblog.jp/23586623/
友人達の輪で<お家ごはん>は、こだわりの食材選び
2017年1月28日 土曜日 晴 三月の陽気

http://keico.exblog.jp/23442822/
フジ、シナノゴールド、新種のべにこはく、はるか、星の金貨
2016年12月4日 日曜日 曇り

http://keico.exblog.jp/23103415/
猛暑にはオナガのチュッチュと川中島の黄金桃
2016年8月10日 水曜日 晴れ 猛暑
a0031363_17235253.jpg

http://keico.exblog.jp/22991710/
夏のカクテルは桃のベリーニと二種のミントのモヒート
2016年7月9日 土曜日 曇り その二

http://keico.exblog.jp/21567996/
新MacとIPad6,iPhone,WiMAXのあとは黄金桃でベリーニを!
2015年8月19日 水曜日 曇り

<br>
http://keico.exblog.jp/21551366/<br>
<a href="http://keico.exblog.jp/21551366/" target="_blank">2015年8月13日 木曜日 曇り</a><br>
令子さんの黄金桃がお盆の祭壇に供えられました<br>
<br>
http://keico.exblog.jp/21107229/<br>
<a href="http://keico.exblog.jp/21107229/" target="_blank">2015年4月8日 水曜日 歯医者 春の小雪</a><br>
黄金桃の花が咲いたそうです! そして雨にも負けずイヌシデの花芽も! <br>
<br>
a0031363_1272541.jpg
(去年いただいた黄金桃を金の和紙もみ紙の上に載せて、、、、、)<br clear="all"> <br>
http://keico.exblog.jp/20166166/<br>
<a href="http://keico.exblog.jp/20166166/" target="_blank">2014年9月4日 木曜日 曇り</a><br>
友人の果樹園からの葉のついた黄金桃と林檎<br clear="all"><br>

http://keico.exblog.jp/20142455/
木村伊兵衛のパリ、銀塩最後の私の巴里のエッフェル塔とコンコルド広場
2014年8月28日 木曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/20133095/
猛暑の夜は<はなもぎ>の黄金桃でベリーニを!
2014年8月23日 土曜日 曇り

http://keico.exblog.jp/19691175/
春はヴェニスの宵の夢 涙に夢も泣きぬれて
2014年4月15日 火曜日 晴れ 

http://keico.exblog.jp/18465383/
黄金桃が完熟してきました、と〜ろり〜〜!
2013年8月28日 水曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/18432124/
<黄金桃>が着きました
2013年8月23日 金曜日 曇り

http://keico.exblog.jp/16211004/
秋を待ち黄金桃とマグロ丼
2012年9月15日 土曜日 曇り後はれ

http://keico.exblog.jp/16126694/
自然の厳しい営みを乗り越えた黄金桃をいただきました
2012年9月5日 水曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/13450404/
福島の黄金桃とシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー
2011年9月2日 金曜日 曇り


by pretty-bacchus | 2017-08-17 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

白夜月の翌日は赤い月でした
2017年8月10日 木曜日 曇り

 昨日あんなに白かった月が真夜中に赤い月が西に泳いだ。
宇宙って面白いですね〜〜〜。

a0031363_01432172.jpg
〔ガラス越しに手持ちで)


 ヴァレットのオカダシェフがまたまた新しい夏のメニューを作って下さったようでその試食を兼ねて、、、、。
開店三周年の夏もすぎて四年目に入って、今ではなかなか席が取れない<若者>のお店になっている。
若い人っていいな〜〜〜て! そして彼らと一緒にワインを楽しむって幸せ!

 団体のお客様がひいたあとに、遅くに出かけたので、シェフのすてきなお友達もいらしていて、
若さをいただいたのでした。
ありがとうございました。

 老体二人は送られてトボトボと、、、。

a0031363_05221202.jpg
(エントランスには、三年前の開店お祝いにさし上げたワタシの<真っ赤な芥子とペリゴールの教会>の写真が)

a0031363_05222730.jpg
(今夜はサンテグジュペリ伯爵のシャトー・ドゥ・ティルガン2012,パリの農業博で銀賞をとっている銘酒)

a0031363_01390985.jpg
(シェフのお友達はなんとも素敵なカップルでした! ブログに載せるのもオーケー!)



by pretty-bacchus | 2017-08-10 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

七月も最後の日となってしまいました、、、
2017年7月31日 月曜日 曇り

 ハプニングはあいかわらず起こっている。
それをどんなふうに調整しながら生きていくかが大切なのだろう、、、、。

 七月最後の日は月末のつけをしはらいに夜の道をいそいだ。
この通りには名の知れた酒屋があって、いつも夕方には立ち飲みの人が多く、遠くからやって来る人も
いるという。

a0031363_02194634.jpg
















a0031363_03021135.jpg
















 勝手口で支払いをすませたのだが、常連さんがいらして、ついつい鹿島の牡蠣をいただいてしまった。
そしておもしろい話を聞くことができた。

一昨日のブログに、朝刊一面を飾った二人の女性のことを書き始めてまだ終わっていないところに、
彼女たちを知っているお二人の男性と話す機会を得たというわけ。


a0031363_02185707.jpg
(日本経済新聞も産経新聞もこの自称<美女>の写真で飾られていた)


 稲田氏にとって、防衛分野は「専門外」だったわけだが、最初は制服組の自衛官たちは高揚感を
もったのだそうだ。首相が「将来のリーダー候補」と目をかけている稲田氏がきてくれるのは、
防衛庁時代から下に見られていたこの官庁はもはや過去の話になるのだ、と。
そして背広組の防衛官僚の中には何人もが、首相の「秘蔵っ子」だからこその不安を口にしていたのだという。
信じられないことに、「傷をつけてはならないと思っていた」幹部もいたというのだ。

それらは彼女の資質と、TPOをわきまえていない服装や髪型やその言動が、制服組にも背広組をも
落胆させてしまったようだ。
エリート意識が強い上から目線の会話は、最後まで決して円満なコミュニケーションは
生まれなかったようだし、もちろん誰もアドバイスをしなくなっていたようだ。
 
 防衛相というのはポジション的に女性では無理なのかもしれないが、それでもいったん引き受けて
就任した以上は、確固たる覚悟で臨んで欲しかった。
その前からいろいろな非難をうけてはいた女性であったが、それ以上に期待もされ、そして
多くの羨みも嫉みもあったろうから、それをもっと自覚しなければいけなかったのだ。
教育を受け弁護士という仕事もなしての政界入りなのだから、それが解らぬはずは無かったろうに、
どうしてこんなことになってしまったのだろう。
おそらく本人もまだ本当の深い闇はわかっていないのかもしれない、、、。

もう少し頑張って欲しかった。
女性活用の方針で、もうだいぶ前から議員も官僚も会社も社会も、多くの女性が活躍をしはじめているが、
そのポジションにピタリとあてはまり、自然体で活躍を続けている<女性>は、
まだまだ少ないのではないだろうか、、、、残念なことである。

そして今日は、その稲田前防衛大臣の離任式があったそうです。

 今日で文月もお終い。
なんとも月日のたつ速さにただただため息の夜。

a0031363_03022730.jpg

a0031363_03014299.jpg






by pretty-bacchus | 2017-07-31 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

久しぶりに荒木町の宇な米さんへ
平成29年7月26日(水) 曇り

 今日もまた曇りの一日。
土用の丑の日は混むので、数日前に宇な米さんにウナギを食べに行ってきた。
テーブル四卓の小さなお店だが、なにしろ連れ合いが半世紀以上も前からいきつけのお店で、
そこのお嬢様といっても七十代と、昔のソロバン学校のお話しなどをするのが楽しみでもあるようだ。
東京にも<故郷>があるってなんだか嬉しい、、、、。

今回は混んでいてゆっくり話ができずに、夜の荒木町をとぼとぼを歩いたのでしたが、、、。

a0031363_13062351.jpg
(新宿通りを右に曲がって、、、)

a0031363_13063933.jpg





by pretty-bacchus | 2017-07-26 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

牡丹海老と甘海老が沢山とどきました
2017年7月13日 木曜日 晴れ 今日も暑い

 朝早くにミンミンゼミがしばらく鳴いた。
梅雨もあけてないのに、この暑さだからセミ君は勘違いしたのだろうか。

 日本海の牡丹海老と甘海老を沢山いただいた。
昨日あがってすぐに送ってくださったので、魚河岸経由より新鮮で、生でどうぞというメモが入っていて、
もう感激。牡丹海老も甘海老も首をひょっとねじって、そっとひっぱると中身がでてくる。
ひとつづつカラをきれいにはがしてお皿に、、、、、。
頭はさっとオリーヴオイルでさっといためてカリカリと、、、、。

生ワサビが欲しかったので、近くの蕎麦ビスロトのナカジマさんにお願いしてわけていただき、
いっしょに打ちたての蕎麦もテイクアウトさせていただき、お家で三十秒ゆでてお家お蕎麦屋さん!
暑さもふきとんでしまいそうま夕餉となりました。
ありがたいことです。

ワインはもちろん白! あと数本しかないシャトー・ドゥ・ピゼイの樹齢六十五年のボージョレブランで!
ありがとう、パスカル!

a0031363_23354185.jpg
(なんだかあまり元気がないのです)






by pretty-bacchus | 2017-07-13 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

満月を愛でながらオカダさんのお店の三周年をお祝いしました。
2017年7月8日 土曜日 晴れたり曇ったり

 イクコさんからの真夜中に<新聞で調べたら「旧閏5月15日」「月齢14・0」と出てますよ。
今天空です>とメールのお知らせで、うとうとしながら西の空をみていた。

やってきましたね〜〜〜十四夜のま〜るい月が! 月が昇るのではなくて月が落ちてきたのです、
西の空に真夜中に。
ベランだの庇をおりて、借景の庭の大きくなった梧桐の葉のむこうの雲のなかにまん丸い月が泳ぎ出しました。
ガラスにカメラをつけてカシャカシャ、、、、。
(去年の七夕の頃のお月さんて、たしか新月から少したった細い月だったように覚えています。)

a0031363_02220703.jpg
(ガラし越しにシャッターを押した。借景の庭の梧桐の葉が伸びて
その上に月が落ちてきた、、、、、、)


 今夜はアオヤマさんが出てきて下さって久しぶにサクラギさんで夕食。
昔一緒にフランスを取材旅行をした思い出話にも花が咲いて、まあお互いに年をとったということでしょう。

 九時過ぎにヴァレットのオーナーシェフのオカダさんが参加してくださって、ヴァレット開業三周年の
お祝いの宴となりました。
三年前のオープンの頃はほんとうにどうなってしまうのかと心配もしたが、何度か改装も重ねて、
お料理もどんどん進化して、今ではいつも一杯で、なかなか個人の予約が取れないお店になってしまいました。
こうして近くのお店の若い人達が頑張ってくれているのはほんとうに嬉しい!

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時32分  : 日の入 19時00分
  月の出 18時08分  : 月の入 03時40分

a0031363_02210811.jpg
(シャトー・ドゥ・ティルガンのマグナムボトルをもって
はいチーズ!)

a0031363_01031255.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜

(ヴァレット)
http://keico.exblog.jp/23867061/
2017年5月6日 土曜日 晴れイタリアンのヴァレットさんはまもなく三周年を迎えます
a0031363_15812.jpg
 中地下の感じのエントランスをはいると、テーブル席が六つ、<br>
奥の部屋にはソファー席がふたつあって、ゆっくりできる。<br>
a0031363_2948.jpg
http://keico.exblog.jp/23904745/
東京は真夏日となりました
2017年5月21日 日曜日 曇り後晴れ
<br clear="all">

 中地下の感じのエントランスをはいると、テーブル席が六つ、
奥の部屋にはソファー席がふたつあって、ゆっくりできる。

(お祝いにさし上げた食の地方ペリゴールの大きな写真は、今はなんとエントランスの右に飾られています)
a0031363_158342.jpg



http://keico.exblog.jp/23249752/
2016年9月25日 日曜日 晴れのち曇り
夜目にも鮮やかな曼珠沙華の朱の上には金木犀の金

http://keico.exblog.jp/22110251/
2016年1月7日 木曜日 晴れ
美容院の後はカルパッチョとシャブリのレクロ

http://keico.exblog.jp/21131676/
2015年4月16日 木曜日 曇り
ヒナゲシの土手、、、夜はカルパッチョ、、、

http://keico.exblog.jp/21099940/
2015年4月7日 火曜日 雨
桜が終わった頃に友と重ねる杯の旨さ嬉しさ

http://keico.exblog.jp/20307293/
2014年10月19日 日曜日 晴れ
メジロのカルパッチョとロッソディモンタルチーノ2002
a0031363_22552524.jpg
(二年半前の写真ですが、シェフ若かったですね〜〜〜!
by pretty-bacchus | 2017-07-08 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

季節の旬のお野菜や果物をいただける幸せ
2017年7月6日 木曜日 晴れ 夏至の最後の日

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 04時31分  : 日の入 19時01分
  月の出 16時26分  : 月の入 02時16分

 少しづつ日の出の時間が遅くなっていくのがわかる。
夏至も最後の日で、明日からは小暑。暦によると
<大暑来れる前なれば也(暦便覧)
梅雨明けが近く本格的な暑さが始まる頃。集中豪雨のシーズン。蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃である>
本格的な暑さがやってくる前は、歴史的にも集中豪雨のシーズンなのだ。

 夏は果物やお野菜が豊富でとっても嬉しい。
今は一年中いただける茄子やキュウリやトマトがあるが、やっぱり昔ながらの露地物を
その季節にいただくのが好き。
ミョウガや大葉まで一年中あるのってなんだか変!
このあたりでは伊勢丹地下一階の食料品売り場の野菜たちがとっても美味しい。
でも最近はみたこともないのがいろいろ出てきてもうビックリ。

 子供の頃はおばあちゃんが採りたてをいつもお料理してくれていたのを思い出す。
昔の女性は何からなにまで受け持っていたのですね、、、。

 ご到来の山形のサクランボが今年もとても美味しい。
M先生からの白桃も美味! 毎年申し訳ないと思いながら、ありがたく頂戴してしまう。
この千疋やさんからの白桃は秀逸で、芳香りがたちあがる賞味期限がきていただくと、
皮がつるりとむけてそれはそれは美味しい。

 今年の春から夏で、とても嬉しいのは<ふく>さんの月替わりのメニュー。
五月の晩春から初夏にかけての食材で綴るコースは、ほろ苦いワタが美味しい稚アユや香り高い路地物の山菜、
白アスパラやじゅん菜。はじめていただいた<こしあぶら>という天然山菜!
光に当てないで育てた里芋の茎の「白だつ」などなど。
そして走りの泉州のみずなす!
a0031363_23372369.jpg
(泉州のみずなすもきれいにされて、蕗味噌と塩でいただいた)<br clear="all"> <br>

生トリ貝や黒むつなど美味しかった!
この月の土鍋ご飯は、真鯛と蕗の土鍋炊込飯。
三月の蛤と揚フキノトウの土鍋飯につづいて、ほんとうに美味しかった!

a0031363_305214.jpg
(蛤と揚フキノトウの土鍋飯)<br clear=all>

六月は先付の<水蛸 蓮芋 おくら パプリカ 山椒ゼリー酢>が抜群!
御椀の<天草鱧 潤菜 新牛蒡 梅肉>
コチ薄造りや、こぶりの活アユ塩焼きが出てきて、季節感満載。
土鍋ご飯は、新生姜と揚湯葉の土鍋炊込飯でした。
二度目になるとかえてくださって
今月の土鍋ご飯は、</div>
<div>すでにいただいたので、今夜は山形のツルムラサキでつくってくださっのです。</div>
a0031363_23045606.jpg

 今月は、ふくさんのURLによると、
 <旬の食材で綴る今月のコースは、目にも舌にも嬉しい夏の馳走尽くし。旨みたっぷりの虎魚(おこぜ)や
タカベ、肉厚の石垣貝などに夏野菜をたっぷり加えてのご用意です。
医食同源、食べて元気になる馳走を取り揃えて
皆様のお越しをお待ちしております!

(ふくさんのホームページより)

a0031363_22422183.jpg
加賀野菜“加賀太きゅうり”)

a0031363_03015606.jpg
イトカボチャ(糸南瓜)
a0031363_03012411.jpg





a0031363_03023336.jpg
(魚介の野菜サラダ)

七月限定コース
先付 豆乳と海老出汁のパリソワール風 ~山椒の香り~
     (水茄子・しゃこ・コリンキー・トマト)
揚物 虎魚(おこぜ)唐揚 アボカド ※①
御椀 天草鱧 玉蜀黍すり流し 湯葉・モロッコ隠元
御造 鯵 石垣貝 加賀胡瓜
焼物 たかべ 金時草・ほおずき ※②
煮物 真蛸旨煮 石川芋 黒皮南瓜 オクラ 炊き合わせ
口替 鱚(きす)昆布〆 糸瓜 海葡萄 茗荷 酢の物
食事 鮎と枝豆の土鍋炊込飯 赤出汁
甘味 白桃のクレームブリュレ
http://okami-kaitennikki.at.webry.info/201707/article_1.html

 このようなメニューを毎月考えて、食材を日本中に求め、毎朝築地の魚河岸にでかけ、
夕方にはお客様に供するのはなんとも大変なことと思うのに、お二人はいつもにこにこ顔。
椅子席四卓とカウンター六席は、季節の至福をいただいていることに本当に感謝で和気あいあいなのです。
そのうえ板長はソムリエの資格を持ちワインに詳しく、女将は酒の利き酒のプロというのですから、
お客様が喜ぶのはあたりまえで、いつもお店は混んでいるのにサーヴィスは落ちず、
このお二人のかけあいも素敵なのです!
板長アシストが中にお一人、外ではこれもソムリエの資格のあるパートの若い女性がお二人にかしずく。

 今月のコースメニューをいただくのはSさんとご一緒の時にとっておいて、
今回はいろいろと一品料理をたのしみました。
この歳になって初めて現物を目にした加賀野菜“加賀太きゅうり”。
は、果径6〜7cmの白いぼ太キュウリで、果重が1kgにもなるのがあるのだそうです。

イトカボチャ(糸南瓜)は、ヘチマのことかしら?
素麺南瓜、ソウメンウリともいわれるそうで、
茹でると「そうめん」のようにほぐれる不思議なかぼちゃなのだそう。
初めて愛でる旬のお野菜に興味津々のオジンとオバンでした。
<br clear=all>
a0031363_03020779.jpga0031363_03021902.jpg
 















(とても手がかかっていて、炒めた鮎の肝とほうじ茶、お出汁で炊いたご飯の上に、焼いた鮎をのせているのだそうです)











 
 七夕イベント開催中で、短冊に願いを込めてさらさらと、、、、。
女将が江戸初期より四谷の地に鎮座する四谷総鎮守の土地神様の須賀神社へ
持っていき奉納してくださるのだそうです。

都心の一角に残っているこういう夏の風物詩ってほんとうにイイデスネ!
ありがとうございます!
http://www.sugajinjya.org

a0031363_03014163.jpg
(お隣のお二人の左上に七夕の笹がありますね)




by pretty-bacchus | 2017-07-06 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)