カテゴリ:♥Wine & Dineワイン&食事( 653 )

ジャイアントパンダ、シンシンがご懐妊?の夜は泉州のみずなすで白ワイン
2017年5月19日 金曜日 曇り後晴れ

 上野動物園のジャイアントパンダ、シンシンがご懐妊?のよう。
数日前から食欲がおちて、妊娠の兆候が見られるようになったのですって。
そんな日に友人は偶然仕事で上野動物園にいたようで、パンダの写真を送ってくれました。
ありがとう〜〜〜^!

a0031363_23481572.jpg


 Webで頼んでおいたお野菜などが手違いがあって届かなかった。
冷蔵庫のなかも何もないし、さて、さて、、、。
歩きかワンコインでタクれる行きつけのお寿司や、焼き鳥屋、お蕎麦や二つ、イタリアンと
何軒かに電話をしてみたがどこも満席。ハナキンなのかしら?

 少し遅い時間に<ふく>さんのカウンターをとっていただけて、いそいそと出かけた。
ジュンサイ、魚介のサラダ、泉州のみずなす、そして熊本の赤肉の溶岩焼をしただいて、
今週をしめることができました。
ありがとうございました。

 週末は少しゆっくりしたいな、、、、。

a0031363_23372369.jpg
(泉州のみずなすもきれいにされて、蕗味噌と塩でいただいた)

a0031363_23375567.jpg
(熊本の赤肉の溶岩焼、小さいおじゃがと、オランダの白アスパラと、)

a0031363_23381645.jpg
(今夜はめずらしいシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレブランと、シャトー・ドゥ・ティルガンのソービニオンブラン、
赤はコスタンティのブルネロディモンタルチーノ)

a0031363_23384193.jpg
(土鍋ご飯は、ホタルイカ)

a0031363_233975.jpg
(女将手作りの生チョコにはバニュルスをあわせて)






by pretty-bacchus | 2017-05-19 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

ネズミの歯形のついたうどんの玉を買ってしまいました
2017年5月9日 火曜日 曇り ネズミ騒動

 ちょっとした<事件>があった。
Tさんからの乾麺特製の稲庭うどんがきれてしまったので、最近はお昼などにシマダやの
一分半で簡単にゆだるパックをに重宝していた。

 昨日買ってきてくれたパックに鋏を入れようとして、あれ〜〜?
角のなかほどに五百円玉くらいの穴があいている。切れたのかしら?
そこから鋏を入れはじめて驚いた。
“キャア〜〜〜! おもわず声が出た。
中のうどんが五百円玉くらいなくなっていて歯形が見える。
“ネズミだ〜〜〜! どこにいるのかしら?
冷蔵庫をあけてみる。バカなことだが、、、。

“そんなわけないだろう、、、と連れ合い。
彼はぜったいに認めない。
それでも昨日のスーパーにいってくれることになった。
おそるおそる出して、そっとネズミ、、、とつぶやいたら、店長さんがすぐにでてきて、
“はい、ねずみなのですよ、、、と簡単に認めたのだそう。

信じられない、、、。
どうやら地階にできた焼き肉のお店から、真夜中に一階のスーパーに遊びにきているらしい。
なんだか気持ちが悪いなあ〜〜。
一丁目の向こう側のラーメンやさんのネズミの話や、築地市場のねずみの大群のことはきいたことがあるが、
すぐ近くの地元のスーパーにも出没していて、その残骸の品を買ってしまったとは。
今後はネズの歯形のない品を選んで買わなければいけないなんて、、、。

 それにしても、ネズも炭水化物を食べるのかしら、などと話していたら、
後日談があって、地下の焼き肉やさんは最近で、その前はうどんやさんだったのですって!

 久しぶりの高田さんのお店には、ふくさんと女将をお連れできた。
それにしても皆さんよくお飲みになりますね〜〜〜。

a0031363_2259938.jpg


a0031363_2304591.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-09 23:55 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(6)

イタリアンのヴァレットさんはまもなく三周年を迎えます
2017年5月6日 土曜日 晴れ 

 ゆっくりしてしまった。
といっても朝まで何時間もかかって横文字のメールを二通書いたらほんとうに疲れてしまって、
夕方まで起きられなかった。
ほんとうにだらしがなくなったものだ。ほんとうになさけない。

a0031363_1564295.jpg
(ベランだのジャスミンの葉がのびてきた。
ガラス越しにも輝いていますね〜〜〜!)

 遅くに昨日のお皿をかえしがてらヴァレットさんへ。
オープンしてから、あと数ヶ月で三年になる。
良い素材を廉価なメニューで若者にもというオーナー二人のお考えだから、
とてもリーズナブルでカリテプリに富んでいる。
最初は静かだったが、最近はいつもいつも満席でなかなかお席がないのだが、
今日はなんとかゆっくりとできるよう。

 数ヶ月ご無沙汰している間に内装がすっかり変わっていてビックリ!
白い壁は、濃い茶色に、椅子も新しくなり、場違いのシャンデリアもなくなった。
ワインラックもきれいになった。

 ヴァレットは二年前に、そば処SAKURAGIは昨年十二月にオープンした、
このあたりでは新参者?なのだが、私たちはすっかりファンになっている。
最初のころはこのお店は、やっていけるのだろうかと心配になったが、
どちらも最近は予約がとれない店になりつつある。
(そして半年前からは、四丁目のふくさん!)

 ヴァレットは鎌倉野菜が多く、ブロッコリ、小トマト、キュウリ、そしてキャロットなどが美味しい。
アンティパストの種類も多く、時にはカルパッチョがある。
ピッツアも美味しい。(何度もこのブログに登場している)自家製ハムも熟成肉もなかなか。
シェフは二十代後半でとても純情でイイコ!
ワインのことは詳しくないので、いろいろ講釈をならべながら、店にはないワインを一緒していただく。

 お料理のことや海外のことをとても聞きたがって、連れ合いはいつも楽しそうに昔の旅や
仕事のことなどを話している。
近くにこんなお店があってとても幸せ!
ありがとうございます〜〜〜!

a0031363_15812.jpg


 中地下の感じのエントランスをはいると、テーブル席が六つ、
奥の部屋にはソファー席がふたつあって、ゆっくりできる。

a0031363_158342.jpg


(お祝いにさし上げた食の地方ペリゴールの大きな写真は、なんとエントランスの右に飾られています)
#IMAGE|a0031363_158342.jpg|201705/08/63/|mid|860|573#]


http://keico.exblog.jp/23249752/
2016年9月25日 日曜日 晴れのち曇り
夜目にも鮮やかな曼珠沙華の朱の上には金木犀の金

http://keico.exblog.jp/22110251/
2016年1月7日 木曜日 晴れ
美容院の後はカルパッチョとシャブリのレクロ

http://keico.exblog.jp/21131676/
2015年4月16日 木曜日 曇り
ヒナゲシの土手、、、夜はカルパッチョ、、、

http://keico.exblog.jp/21099940/
2015年4月7日 火曜日 雨
桜が終わった頃に友と重ねる杯の旨さ嬉しさ

http://keico.exblog.jp/20307293/
2014年10月19日 日曜日 晴れ
メジロのカルパッチョとロッソディモンタルチーノ2002
a0031363_22552524.jpg
(二年半前の写真ですが、シェフ若かったですね〜〜〜!
a0031363_2948.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-06 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

今日の色はと問われれば緑と赤と心はブルー
2017年4月28日 金曜日 晴れ
 
 早朝の借景の緑にはなんとも心癒される。
でも心はかなりブルーな朝なのだ。

a0031363_0393230.jpg


a0031363_0371157.jpg


 七時になると光が増してくる、、、、。

a0031363_2113316.jpg


 昨日のお習字の間に入ったフランスからの電話は黒船来襲の感じだった。
十数年前にすべての仕事を終了したのだが、数社残ったワインの造り手さんとの交流はすばらしいもので、
それぞれの方々とお互いに命ある限り続くと思っていた。
造り手のワインへの思いを日本の方に伝えながらその文化的背景もいっしょに、
限られた数しか入らないので限られた方がただけへその楽しみを味わっていただいていくのは素敵なことで、
それが守られてきてきていた。

 が、今回は日本の大きな会社が興味を示してきたのだ。それも突然一本のメールで。
いくらウェブ時代とはいえ、唖然とした!
過去何十年のあいだにも何度か起こったことだが、どうやら今回は無事にはすまないような感じがする。
あと何年できるかわからないから、引き継いでくれる方を模索し始めていたのはたしかだが、
ライトパーソン&ライトカンパニーを決めるのは難しいことと思っていた。
何百年か生きてきている葡萄とそのワインと、三十六年続いている日仏の友情をまもっていることに
歓びを感じていた。
どうしたらよいかと模索の日々に、まさにその穴蔵に突き落とされたような感じ。

造り手と話し、今まで三十六年そのワインを愛してくれた方々とも話して、悩みはますばかり。
さてどうしたら良いのだろう。
神様はまたワタシにまた大きな試練をお与えになられたようだ。嗚呼! 

 昨夜はお習字のあとはSさんのディナーミーティングに参加。
次の予定があったので一時間で失礼して、次はNさんのお店へ。
ワインサーヴィス一年生のNさんのお店で、マグナムをデカンターしてサービスする方法を
ソムリエールのKさんに教えていただいたというわけ。
友達っていいな〜〜〜〜! 感謝!
赤ワインで楽しく夜は更けていきましたが、、、、。(心はブルーのままなのでした)

a0031363_2151213.jpg
(カンティナコスタンティのブルネロディモンタルチーノ1996のマグナム、シャトー・ドゥ・ティルガンの2010のマグナム、そして珍しいグラタマコのマグナムの三本は壮観)

a0031363_2163951.jpg
(デカンターの内壁にグルッと沿うようにね、、、、と教えながら、、、、さすがKさん!)

a0031363_2173322.jpg


a0031363_2201298.jpg
(開店してから一年半がたって、だんだん良いお店になってきた。それとともに
予約が取れない店になりつつもあり悲しい)

 〜〜〜〜〜〜
(ヘッドラインの下はフェルメールブルーより)

by pretty-bacchus | 2017-04-28 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

 卯月最初で最後のイタリアンは牡丹海老のタルタル、初鰹 野菜のジュレ添えから
2017年4月26日 水曜日 曇り

 やへいさんが明日から一ケ月日本を留守にすることがわかった。
それならば春の最後のお料理をいただきたいと駆けつけた。
カウンターが二席あいていてよかった〜〜〜!

 アミューズ、牡丹海老のタルタル、初鰹 野菜のジュレ添え、白アスパラと続き、
小蛤のと葉唐辛子のボンゴレを大盛りでいただき、、、、、(まだまだです)
シェフおすすめのコースを堪能。
美味しいお食事とワインと、シェフとイタリアの話などもして、元気を取り戻しています。
ありがとうございました。

a0031363_2203142.jpg
(アンティパストミストの一部!)
a0031363_22760.jpg
(左手前の白ネギがなんとも甘くて美味。シェフの故郷の茨城産なのだが、
まだ巷にはでまわっていないらしい)

a0031363_2221684.jpg




by pretty-bacchus | 2017-04-26 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

週末は、四谷ふくさんの<熊本・赤牛の溶岩焼き>とワインのマリアージュ!
2017年4月22日 土曜日 曇り時々晴れ 

 あまり辛くない治療ですんだ昨日の眼科だったのでとっても嬉しい。
風邪の感じはまだぬけないのに、気持ちの良い朝を迎えた。
借景の緑は日に日に彩りをまして、もう春たけなわ〜〜〜。
心せくペンディング事項は沢山あるのに、ゆっくりとした週末をすごせて嬉しいな、、、。

a0031363_516519.jpg


 夜は小さな試飲試食会とでもいおうか。週末の遅い時間に数人がカウンターに座した。
そば処Sのナカジマさんが、ふくさんのメニューの溶岩焼を、お店の次のメニューの参考にしたいというので、
コーディネートをすることにした。
“いくつねなっても面倒見がいいね〜〜〜”と、半ばあきれ顔の連れ合い。

そうなのです、私たちってたしかにそうかもしれませんね。
<相談にのって下さい>と請われて話を聞き、なるほどと思うと、私たちは何事も真面目に
頭をフル回転させて考え、人脈に頼ったりして一生懸命にその答えを探してしまう。
<相談にのって下さい>ではなくとも、なんとなく<いや〜どうしたらよいのでしょうね、、、>と、
世間話に出たりしたときも同じだが、さらりと恩ぎせがましくしないようにするのがむずかしいかもしれない。

ましてやワインや食のことはお手のもので、先々週に新しいシェフを雇って、二日もお休みして、
新しいメニューを考えていたので、ふくさんの<溶岩焼>のことをお話しした。
ふくさんは「ふくかつ」が店自慢なのだが、熊本・赤牛の溶岩焼きもじつに美味しい。
多忙でなかなか行かれません、という彼だったが、連れ合いの一言で、土曜日のお客様が終わった遅い時間に、
ご一緒することになったのでした。

a0031363_5281636.jpg
(まずはサンテグジュペリ伯爵のソーヴィニヨンブランで乾杯!)

#IMAGE|a0031363_5313076.jpg|201704/25/63/|mid|860|573#]

a0031363_5304797.jpg


 魚介サラダのあと、珍品をいくつもいただいて、彼らは<熊本・赤牛の溶岩焼き>、私は
ワインに合わせて鴨ロース煮。

 今夜の赤ワインは、サンテミリオンのグランクリュのシャトー・カデボン2000,
このミレミアムのシンデレラワインは最後の一本かもしれない。
二本目の赤ワインは、イタリアのコスタンティ氏のブルネロディモンタルチーノ2001!

a0031363_5321256.jpg
(土曜日の夜なので、ふくさんと女将もご一緒くださって、赤ワインはどんどんあいていきました)
a0031363_5373280.jpg

 以下、ふくさんのHPから、

  阿蘇の雄大な自然でのびのびと育ったあか牛は
  繊維が柔らかく、きめの細やかなサシが入っており
  さっと焼くだけで芳醇な香りと味わいが広がります。
  厚い溶岩焼きのプレートはさっと焼くと脂の甘味を
  楽しめ、脂が落ちるためさっぱりお楽しみ頂けます。
  お野菜と一緒にお楽しみくださいませ。

a0031363_5382032.jpg

 最後は土鍋ご飯で、今夜は<あいなめと菜の花ご飯>と牡蠣のシーズンが終わる前にと、
<牡蠣の有馬煮を使ったご飯>をご用意くださっていました。
ありがとうございました。

a0031363_539295.jpg(イイお顔をなさっていますね!)

a0031363_5392620.jpg(ご主人板長の智さんは、お料理のノウハウをいろいろ教えてくださってしまうのです!)

記念のプレートでデザートをいただき感謝です!

#IMAGE|a0031363_0533079.jpg|201704/26/63/|mid|860|573#]

 送っていただいて帰宅。フィギュアスケートのニュースに拍手。
<フィギュアスケート国別対抗戦>SPでは、羽生結弦くん七位に終わったが、
フリーでは200点超えで一位おめでとう!
若い宇野昌磨くんも頑張り二位、偉い!女性では若い三原が日本歴代最高だったという。
チームジャパンは三年ぶりに優勝。おめでとう〜〜!

 今週も早や終わってしまいました。


 〜〜〜〜〜
<四谷ふく>さんのことはいろいろ書いていますね。

http://keico.exblog.jp/23773215/
http://keico.exblog.jp/23751479/
http://keico.exblog.jp/23712426/
http://keico.exblog.jp/23669678/
http://keico.exblog.jp/23586960/
http://keico.exblog.jp/23512539/
http://keico.exblog.jp/23497583/


by pretty-bacchus | 2017-04-22 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

ブルスケッタ,,ポテト,イイダコのトマト煮、プロシュート、ピッツアはマルゲリータ
2017年4月16日 日曜日 晴れ 夏日だそうだ

 あまり眠れずに起きだした。
最近はあの世に住む祖母や父や弟の夢をよくみるのはなぜだろう、、、。
日の出の時間をすぎて、西の空に沈み行く月が気になっていた。

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 05時07分  : 日の入 18時15分
  月の出 22時40分  : 月の入 08時19分

a0031363_07225.jpg


 昨日は桜の会のあとに、疲れてぐったりしてしまったが、夜には元気をとりもどして
Kさんのお誘いで芝のピッツアのお店へ。
“ケコサン、タマキさんが新しいピッザリアを開きましたのでご招待しま〜〜す。
東京一美味しいし、すご〜〜いコストパーフォーマンスです”

 麻布十番のピッツァ ストラーダでタマキさんのピッツアをいただいてからもう五年にもなるのだ。

http://keico.exblog.jp/16310229/
2012年9月22日 土曜日 曇
<ピッツァ ストラーダ PIZZA STRADA - 麻布十番>で感動のピッツアを!

 タマキさんは麻布十番のお店をやめてもうだいぶなるのに、その消息は知らなかったが、
最近この桜吹雪の飯倉公園の目の前に新しいお店をオープンしたよう。
カウンターは八席ほどで椅子席が三つと小さなお店。
カウンターの奥にピッツアを焼く窯が一台あり、その前でシェフが粉を練りピッツアの台を
作っているのがみえる。
この臨場感がなんともイイ!
二階もあるのだが、コースで貸し切りのときなどにしか使われていないらしい。

a0031363_1341615.jpg


 まず白ワインのグラスをいただき乾杯。
ブルスケッタ、ポテト、イイダコのトマト煮などのオードブルセットはどれも超美味! イタリアの下町のトラットリアのようなお味。

a0031363_13908.jpg


 プロシュートの盛り合わせのあと、メインのピッツアはまずシェフズスペシャルのタマキ
(ここのオーナーシェフのお名前なのだそうだ)

a0031363_1362090.jpg


a0031363_1345977.jpg
(プティトマトをつぶしながらいただくのが楽しい。)

次には定番のマルゲリータ。薄く敷かれた生地の上になにげなくおかれが素材が相まって香り立ち
なんというおいしさだろう、、、!

a0031363_1411157.jpg


“ここのピッツアを味わったらもう他のが食べられませんね、月に何度もきてしまいますね”と、
お隣のご婦人も感激している。

 予約のないお客様が外で待ち始めたので、と、ここで私たち三人は突如席をたつことにした。
“赤ワインは場所と変えましょう、、、と、九時から和食のバーになる、ふくさんにお願いして
八時半にタクシーで移動。
これでは痩せるわけはありませんね、、、。

 良き友と良いお店にはいやはや困ったものですね、、、嬉しい悲鳴です。
メランコリックになっていましたが、少し元気になって感謝です。

by pretty-bacchus | 2017-04-16 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

美容院の帰りはランボルギーニと四谷の鳥料理
2017年4月14日 金曜日 晴れ 

 晴の朝の春の借景は気持ちが良い。
遠方の桜もまだ残っているようだし、借景の土地のたつイヌシデの新芽も大きくなった。
ベランダの草花も朝の光で嬉しそう〜〜。

a0031363_644193.jpg


a0031363_652592.jpg
(ひよどりじょうごの葉もどんどん伸びてきてどこまでいくのでしょう〜〜?)

 週末の美容院には夕方いくことが多い。その帰りはなんだか外で食事をしたくなる。
軽くお蕎麦が食べたいな、、、って思ったが、さくらぎさんはグループの予約で混んでいてだめ。
ヴァレットさんも同じく団体で混んでいて、こういうときは、
“パパとママにはゆっくりとソファー席であがっていただきたいので今日はやめましょう、、、”とオカダさん。
ありがとう〜〜〜。

 最近お世話になっている同じ界隈の鳥料理のお店がとれて待ち合わせて食事を始めた。
なんだか外がうるさい、、、、どうやら朝からテントが張られて夜の催しの準備をしていたらしい。
ランボルギーニの発表会とのこと。ランボルギーニは、イタリアの最高級スポーツカー。

“テントがはずされましたよ〜〜”と、外から着いたお客様の声で、カウンターの男客は全員外にでた。
それなら私も!瞬間、首にカメラをさげていた。
大通りから一本入った細い道は人であふれていた、、、、。

a0031363_6202462.jpg
https://www.lamborghini.com/jp-en/
 ヨーロッパ時代も日本でも車はいろいろ乗ったが、ランボルギーニには縁がなかった。
ボローニャ市から二十数キロ、モデナ市から十数キロのサンタアガタにあるショールームを、
何十年も前に一緒に訪ねたことがある。このあたりのエミリア州はお料理もとても美味しいのだ。
なつかしいな〜〜〜!
a0031363_6144938.jpg


a0031363_6151729.jpg


<鳥料理 ただ野>のカウンターに戻って、車の話に花が咲いて楽しい食事となりました。
こおお店は厳選された鶏でとっても美味しいしコスパも良い。野菜類と椎茸類もおいしく、
最後のそぼろご飯もいい!

十数年前にオープンしたお店なのに、一度満員で入れなくてそのままになっていた。
家から二キロ以内にまた新しいお店ができて嬉しいな。

a0031363_61557100.jpg


a0031363_6161945.jpg


 帰り道はまだまだ人で一杯だった。
サクラギのオーナーの中嶋さんが気がついて声をかけてくださった。
こういう下町的な人情豊かな町内がまだまだ東京でもたくさんあるのは嬉しいな、、、。
(冬には火の用心も町内会の方々がしてくださっている)

a0031363_6164327.jpg
(サクラギのオーナー中嶋さんが気がついて、お疲れ様です〜〜〜)
ありがとう〜〜〜!

by pretty-bacchus | 2017-04-14 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

電柱と瞬時抱擁してから一週間がたち現地にいってみました
2017年3月25日 土曜日 晴れ

 きれいな朝が明けました。 週末っていいな〜〜〜!

a0031363_161984.jpg
(ひよどりじょうごの葉が日に日に大きくなっていく、、、、)

 電柱と瞬時抱擁してから一週間がたった。
人間の体ってすごいなって思うのは、おでこの腫れもひいてきて、眉毛の位置も普通にもどった。
それとともにその下の目尻の周りと頬と鼻にあたりに紫色のヒルがすみついたよう。

眼の周りが隈取り状態になった初期症状の顔をブログでさらしてから数日がたち、ありがたいことに
友人がコメントやメールをくれはじめた。
“これだけで済んで良かったですね〜。目は脳に直結していますから頭は大丈夫でしたか?
相手はコンクリートのこと。衝撃で引っくり返られたのだから、腰も打ち〜の、ひょっとして
引っくり返られた時に手のひらも擦り傷あり〜のではありませんでしたか?“

“ケイコサン絶対にお祓いを受けてくださいね、

“どうしたの? 絶対に変に酔わない貴方だから、酔ったからとは思えないし、、、”

“先々月から同じお店で二度目でしょ、もうその店やめた方がイイデスヨ〜〜! 
もっといいとこ紹介するから、、、、”

 う〜〜〜ん、たしかにお祓いにいったほうが良いかもしれないと思っているが、
その前にやはり現場検証をしておきたい。
ミーティングが終わった後に、新メーターのタクシーワンコインの場所だから出かけてみた。
大通りでおりて細い坂道を左に入ったところに電柱は見えた。
思っていた感じとは少し違う。
お店からあの石段を十段上がった一番上の小さい段差を踏み外したと思ったらどうやらそうではない。
お店の階段は上りきって、右に体を向けて小径に出るところの段差で滑ったらしい。

 同じ靴を履いていたので、その通りに歩いてみた。
な〜〜るほど! わずかに靴底に段差を感じる。
これがすべったのか? そして少し坂になっている方向に重力に従って体がたおれたら
目の前の電柱に左顔面をぶつけたわけだろう。
若いKちゃんは平地でマンホールにつまづいて、そのまま前につんのめって転んだことがあったそうだから、
そうしたらこの坂でどうなっていたのだろう? 考えただけでも怖ろしい〜〜〜。
 それよりも石段を登り切ったところだったら、後ろにひっくり返って石段を頭から落ちる
可能性だってあったわけだ。怖いこわい〜〜〜!

 靴を抜いて靴底をみてみたが、かかとが少しすり減り始めているだけで普通。
もっとも好きな履きやすいウオーキングなので、これで出かけることが多いのはたしか。
靴は毎日履き替えるようにしているが同じような三足をとっかえひっかえで、
昔のようにお洒落靴をいろいろ毎日かえることはなくなっている。

a0031363_145170.jpg
(クリックして拡大すると段差がよくわかる、、、、でもこんなわずかに足をとられたのかしら?)

a0031363_15173.jpg



(このわずかな傾斜が命取り? ふらりとして斜め前の電柱に左顔面をぶつけて、後ろに倒れたのだ)

下まで降りてご挨拶した。
土曜日なので、どうやらお店は静かなようで、そのまま遅い夕食を軽くいただくことにした。
昨日抜栓したというソーヴィニヨンブランをいただきながら、先付けをいただいた後に海の幸サラダ、
アナゴの骨など。
a0031363_154338.jpg

a0031363_191966.jpg


 赤はシャトー・ドゥ・ティルガンの2012ヴィンテージを試飲。優しさあふれるお味に満足。
お肉は<ふくかつ>をいただいてしまった。
最後はお漬け物と筍ごはん。
九時からはバータイムなので、カウンターは満席になって、お隣は今日の<小池百合子塾>から
帰ったばかりの方がお座りになったりと、、、、、都会の夜は更けていきました。

a0031363_194891.jpg


a0031363_1101084.jpg


a0031363_1103361.jpg
(ソムリエ経験のあるオーナー板前と日本酒に詳しい女将はとっても素敵!
お客様が喜んでくださるのが一番嬉しい、、、と、試飲も一緒にしてくださって、、)




by pretty-bacchus | 2017-03-25 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

雨の東京で桜の開花宣言、大川やさんで蕎麦三昧。
2017年3月21日 火曜日 雨のち曇

 一日中冷たい雨が降っていましたね、、、、。
顔の内出血がひどくなったので、朝一で近くのホームドクターに診ていただくために
早起きででかけたのでしたが、、、。

 この寒さに雨の中、東京都心で桜開花。平年より五日も早く全国で最も早いんですって!
開花を観測している靖国神社の標本木で五輪以上咲いているのを、冷たい雨の中をピンクの雨傘をさした
日本気象協会の職員が確認しての開花宣言!
都心としては2008年以来九年ぶりに全国で最も早いのだという。

http://keico.exblog.jp/22599269/
2016年3月13日 土曜日 曇り
桜前線は早まりました、さて今年はどのカメラで観ましょうか


 桜の花に一喜一憂できて、日本ってなんだか幸せな国だな〜〜って思ったら、おもしろい発表があった。
世界各国の「幸福度」のランキングをまとめた報告書を国連が発表した。
幸福度一位ノルウェーで、なんと日本は五十一位なんですって!

これは 国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と
コロンビア大学地球研究所の最新の「世界幸福度報告書2017」を発表で、国連が毎年、
世界各国の「幸福度」を、国民一人当たりのGDPや、健康に生きられる年数の健康寿命、自由度、
そして他者への寛容さなどの指標で数値化しランキングをまとめているものだという。
どうやら日本は、この<他者への寛容さ>のポイントがよくなかったのだという。

 この発表は2012年に開始され今年で五回目となり、今年は155か国を対象にしての2014年から
2016年の「幸福度」の調査結果とのこと。
ノルウェーが一位となったのをはじめ福祉や教育に力を入れている北欧諸国が上位を占めていた。
ノルウェーは将来への投資をも着実に行っていて、政府などの腐敗も少ないとだそう。

 二位から十位は、デンマーク、アイスランド、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、
ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデン。
ドイツは十六位、英国は十九位、フランスは三十一位、米国は前回より一ランク下がって十四位。
アジア圏では、シンガポールが二十六位、タイが三十に位、台湾が三十三位。
最下位は、武装勢力どうしの衝突が続く中央アフリカで、シリアは152位など、
紛争が絶えないアフリカや中東の国々が下位を占めている。


 雨の桜の開花をながめにタクシーワンメーターの市谷あたりに出かけてみたが、雨はひどくなって、
結局まっすぐ神楽坂の坂をのぼって大川やさんへ。
雨ゆえか急な予約でもカウンターがあいていて嬉しい。

アラカルトで小物のおつまみや鳥わさ、鮪のズケ、玉子焼きなどいろいろいただいて、
後半は春野菜の天ぷらとアナゴの天ぷら、お蕎麦は十割そばと田舎そばの二色をいただいて、
最後になんと本日の大川さん特製の蕎麦掻き!
厳選された食材、心こもった下準備、目の前で焼かれる玉子焼き、パチパチパチと音が聞こえた揚がる天ぷら、
打ちたての蕎麦と、、、、、カウンターでの食の楽しみはなんともいえない。

 雨のなかをでかけても満足な一夜でした。
ありがとうございました。

a0031363_1832670.jpg
(カウンターの一番右側の席の前は揚場と奥には蕎麦をゆでる釜が)

a0031363_1839956.jpg
(お品書きは大川さんの筆!)
#IMAGE|a0031363_23303647.jpg|201703/23/63/|mid|900|600#]

a0031363_1840366.jpg
(蕗の薹、アスパラなどの春野菜の天ぷらがおいしい〜〜〜!)

a0031363_1841958.jpg(十割そば)

a0031363_18414129.jpg(田舎蕎麦)

a0031363_18421649.jpg
(蕎麦掻きを作っている大川さん)

a0031363_18425313.jpg(鶏の特製蕎麦掻きが何とも美味!)

http://keico.exblog.jp/23036782/
大川英児さんの蕎麦処<大川や>が神楽坂に新しいお店を!
2016年7月20日 水曜日 曇りのち小雨 

http://keico.exblog.jp/23049370/
2016年7月27日 水曜日 どんより曇り空 
数時間の会議のあとは夏祭りの道を通って神楽坂の大川やさんへ

http://keico.exblog.jp/23458522/
2016年12月9日 金曜日 晴
久しぶりに神楽坂の大川やさんで蕎麦会席を


by pretty-bacchus | 2017-03-21 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)