カテゴリ:◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶( 1079 )

雨風に 耐えて咲く花 かぐわしき
2004年 10月 18日 月曜日 午後10時
  台風に残った金木犀は、淡い香りを残していた。
 四谷見附の橋のたもとにいつのまにか大きく繁った金木犀の木々は、
道行く人を愉しませてくれていた。
 協会の鐘がなって、、、。
a0031363_3185731.jpg

by pretty-bacchus | 2004-10-18 22:06 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

居ながらに 秋の富士見る 時代なり
 日曜日。久しぶりに綺麗な朝。白い壁が朝日にひかりきらきらと、、、。
鳥達が啼き、、、、。

 湘南の友が、湘南の海辺からのメールが入った。
綺麗な朝の富士山を送ってくれた。題して秋の海。
 家からホンノ数分のところにこんな景色があるなんて、、、、。

「久し振りの青空に誘われて、湘南の海へチャリンコしました。
とても静かで、キレイな秋の海になりました。
浜須賀歩道橋の上には、夕暮れの海と富士山をジッと眺めている人
たちがおります。それほどに見事な眺望であり、こころ豊かにさせ
てくれるのです。大島が、烏帽子岩が、江ノ島が今日はハッキリと
見えるのです。
(中略)
夕日が箱根連山のかなたへ沈みかけ、影絵のような富士山です。
遠州方面からですと、さぞや見事な夕焼け富士なのでしょう。」

6時半
a0031363_648432.jpg

by pretty-bacchus | 2004-10-17 06:30 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

夕焼けは西方浄土と思われて
2004.10.16

 寝室からの夕焼け。珍しい眺め。
いつも5時だいには仕事場ですもの、、、。

a0031363_2493214.jpg


by pretty-bacchus | 2004-10-16 11:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

染まりゆく西の空映え夕顔が
2004.10.16

 今週はオリーブオイル事件で、私の時間はヨーロッパ時間になってしまって全く寝不足。
それでなくとも少し不摂生をするとすぐにパリ時間になってしまうこの何十年なのだから、、、。
 昨夜も時差?で眠れないままにマックと遊び、母のお茶会の写真のプリントを朝までする。
うとうとしながらお昼まで床の中で読書。
 ベランダは何の花も咲いていない。借景の緑の木々に鳥が遊ぶ。

 5時、ふと気がつくと西の空が真っ赤に染まっていた。
太陽が静かに沈む日がよくあるが、こんなに一面夕焼けになることは珍しい。
ベランダの夕顔が透きとおって浮き立つ。
 数十分の夕日のページェントのあとは暗い闇。夕顔が白い花を開かせた。
月はどこにいるのだろう、、、。

a0031363_0403796.jpg

べらんだの夕顔の蕾の遙か彼方に夕焼けの空がひろがっていた。

夕焼けが去り暗闇がくると夕顔が弱々しく開いた。最後についた二つの蕾のひとつが、、

a0031363_044072.jpg


by pretty-bacchus | 2004-10-16 11:39 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

花をつけ 夏の終わりを 締めくくり
 午前8時。久しぶりの朝の太陽!! 嬉しい!
青い空。緑に木々。そよぐ風。
クイ〜〜〜という鳥の声がする、、、なんだろう。
 さ〜〜出かけなければ。
a0031363_803516.jpg
ベランダ中に蔓をのばしている雑草?は、ほおっておくと別の植木が見えなくなるほどに繁ってしまう。
でも夏の終わりにマッチ棒の先のような蕾をつけてやがて小さな白い花をつける。
あまりに可憐さに「邪魔者扱いしてごめんなさい」とあやまってグラスに飾って室内に、、、、。
by pretty-bacchus | 2004-10-15 08:09 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

雨の朝 夏の名残の 花開き
2004年 10月 8日 金曜日 午前7時 曇り
 夏の花が最後の2輪をつけた。鬼子母神の朝顔市でもとめたハゴロモルリコウソウはこの夏中よく咲いてくれた。
 体調が最悪なのに、今日はこれから急に、、、、、、、、。大変!
a0031363_814881.jpg

by pretty-bacchus | 2004-10-08 08:01 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

帰り道下弦の月が道案内 
2004.10.07

 友人と連れ合いの誕生日を一緒に、蕎麦懐石で祝う。
ワインはエドアルドヴァレンティーニのチェラソーロ。すばらしい飲み心地に酔うて、、、、。

a0031363_23193163.jpg

by pretty-bacchus | 2004-10-07 23:17 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

半月が金木犀に香り落ち
2004.10.07

a0031363_2142928.jpg


by pretty-bacchus | 2004-10-07 02:12 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

雨の朝夕顔ひらき寂しげに
2004.10.05

 雨の音で熟睡できずに起きる。暗い朝にひっそりと夕顔が一輪さいている。凛として、、、最後の命を咲ききったように、、、。昨夜は気がつかなかったに、、、、。

a0031363_5403561.jpg

by pretty-bacchus | 2004-10-05 06:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

夏去りて懐かしき花愛おしき
2004.10.01

 九月も去りはや神無月、、、、。
ことのほか暑い夏が過ぎました。

 ベランダの銀木犀が宵香をはなち、今年は夕顔とハゴロモルリコウソウとハイビスカスが沢山の花を付けた一夏でした。いずれも小さい鉢でしたが精一杯命を燃やしてくれたようです。
 でも残念なのは、毎年花をつけてくれていた時計草が咲かなかったのです。春にベランダの工事がありその間に枯れてしまったようです。

 いつの頃からかベランダに群生して可憐な五本指のような葉のツルがあちこちに伸びて小さな小さな蕾が沢山つき毎年花を咲かせていました。三角形に近い細丸い直径1.5センチ、高さ2センチくらいの蕾は、花を咲かせると直径5センチほどの時計のような形になります。

 誰がつけたのでしょう、、、、時計草!
ほんとに、花時計のようなのです!
一番外の三枚の深い白緑のがく、その上に五枚の白いガク、更に五枚の白いガクと三層のガクに守られた中には、えんじ色から白、紫とすっとのびる五十数本の細い針の林が優しく勢いよく揺れている、、、、、、なんとその中心に高さ一センチ五ミリほどの小さなネギ坊主が、、、頭の首のところから5本の黄色い小さな竹とんぼが手を拡げ、頭のてっぺんの黄色い丸粒から伸びる三本の紫のヒゲ、、、、、、。
 45億年の宇宙の営みのいつごろに生まれた花なのでしょう??
自然んてなんと素晴らしいのでしょう、、、、!
本当に不思議な麗花です!
ありがとう〜〜神様、こんな素敵な花を地球におくってくれて、、、。
 伸びた枝は健在のようですから来年はきっと花をつけてくれるでしょう。

a0031363_004386.jpg
 都会のベランダに咲く時計草:2003年9月30日
by pretty-bacchus | 2004-10-01 23:57 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)