カテゴリ:◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶( 1068 )

十六夜に 月を探して 空仰ぐ
 
雨がふります 雨がふる 遊びにゆきたし 傘はなし
紅緒の木履も 緒が切れた

雨がふります 雨がふる いやでもお家で 遊びましょう
千代紙おりましょう たたみましょう

雨がふります 雨がふる けんけん小雉子が 今啼いた
小雉子も寒かろ 寂しかろ

雨がふります 雨がふる お人形寝かせど まだ止まぬ
お線香花火も みな焚いた

雨がふります 雨がふる 昼もふるふる 夜もふる
雨がふります 雨がふる
________
子供の頃によく歌った北原白秋の雨の詩を口ずさんでしまう一日。
本当によくふる、、、。十六夜の月も拝めず暗い夜。

 一山こえて力がぬけて疲れ切っている。
それにしてもどうしてこう疲れるのだろう、、、。
 今夜は、昨日いただいたキノコ鍋と松茸ご飯。豊穣の神に感謝していただこう、、、きっと元気になるぞ!

 朝には蕾だった夕顔が夜開いた。季節はずれで全開せず可愛そう、、、。
三つも一緒に咲いたハイビスカスが華をそえていた。
a0031363_21384134.jpg

a0031363_21404186.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-29 21:39 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

中秋に 未だ咲きほこる 赤き花
 昨夜の雨はあがり日が差し込む。
中秋の名月にハイビスカスが2つも咲き、夕顔がまたいくつも蕾をつけている。
 出がけに朝一の秋の便りが長野から届く。松茸、舞茸、シメジ茸、エリンギに、野の花とススキとコスモスが添えられて送り手の心がじん〜と伝わり嬉しい!!
 28日午前に
   
a0031363_2155038.jpg

a0031363_2164273.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-29 02:16 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

風騒ぎ 夏よとんでけと 祈る朝
  風の音で目が覚める。光がきれいな朝。チュチュちゅと鳥にこえの向こうに遠くに救急車の音がする。
  ベランダのハゴロモルリコウソウは今朝は十個も花をつけて風に揺れている。

風騒ぎ 秋の訪れ 心待ち
 いよいよ秋のけはいが風の音にのっている。
秋の終わりから多くおとずれるようになるモズ、メジロ、ヒヨドリ、、よ早くきて!!

 今週末から再開しようと思っていた散歩は、熱っぽさがとれないのでギヴアップ。

 日曜美術館ではロシアイコンをしている。エカテリーナ美術館でみた祈るイコン。パリの友人が書いた板絵イコンは、今我が家の台所の奥にかかっている。(彼女がいうにはイコンは奥のほうにひっそりと掛ける物だというのだ)
2004年 9月 19日 日曜日
a0031363_993687.jpg
去年に都心の我が家のベランダを訪れた鳥達
by pretty-bacchus | 2004-09-19 08:48 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

夏去りて ただ一つ咲く なごり花
 ドンヨリとした朝。ベランダの緑に水やりをして、鳥達のためにパンくずを籠に、、、。台所に戻りお昼に支度をしている間にパンくずは全部なくなっていた。スナップを撮る時間もない、、、。

 夏中楽しませてくれた深紅のハゴロモルリコウソウは、一つだけ花をつけている。
小さな鉢の下のほうから、茎も葉もすでに枯れ始めている。ハカナイ一夏の命、、、、。

 お^^^^夕顔が葉の陰に大きな蕾をふたつつけている、、、、あ〜〜〜小さい蕾も、一、にい、さん、し、、、一番小さいのは米粒よりも小さい。今年はもう三十以上もはかなくも美しい白い花をつけて、私の疲れた心を慰めてくれた夕顔!
(写真は一昨日のハゴロモルリコウソウ)
a0031363_12495737.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-18 12:05 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

この炎暑 ハイビスカスに 励まされ
2004年 9月 13日 月曜日 午前7時
 曇天に今日も赤いハゴロモルリコウソウとハイビスカスが赤く咲いている。
友人が誕生日に事務所にきてくれて、「これ、、、、となにげなくおいていってくれたハイビスカスの小さな鉢は、ベランダの土間におかれている。有田の瀬戸物市でもとめたかなり背の高い白い台におかれた夕顔と競うようにこの夏を彩ってくれた。

 休暇もとれず走り続けた極暑のこの夏。ベランダの花に鳥に蝶々に緑にとどんなにか慰められたことか、、、。その暑い夏も過ぎていく。昨夕のオーシンツクツクが最後のような気がする、、、寂しい秋の到来なのだ。

 今日は朝一から重要会議、気が重い。胃がきりきりとする。
でも乗り切らなければならない。沢山応援してくれる友人達がいるのだから。

自分自身の頬をたたいて、眠気と具合の悪さに活を入れる。
 サーーーーー出陣!
a0031363_7414865.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-13 07:17 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

重陽につけたる数は九の花
2004.09.10
2004年 9月 9日 木曜日

 重陽の節句にハゴロモルリコウソウが9つの花をつけた。この偶然!
花もかわいがると人の気持ちをわかってくれるのだな〜〜〜。母に電話をしよう。

 急いで写真とって出かけねば、、、。なにしろいろいろあって徹夜をしてしまっているのだ。
昨夜帰って真夜中から9時まで、、、くったくた。

 出かけなければ、、、、。
a0031363_12174124.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-10 12:11 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

一夜明け 景色かわれり 秋の風
 昨夜のひどい風もすこしおさまりきれいな夜明け。
風でベランダの夕顔がたおれてしまった。
 ハゴロモルリコウソウは、真っ赤な花をいくつもつけて、けなげに突風にも耐えている。
 昨夜の友人の電話で力をいただいたよう、、、。私も今日も一日頑張らねば、、、、。
2004年 9月 8日 6.15am
a0031363_18471410.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-08 06:16 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

眠られず 遠き朝焼け 眺めおり
、、、、、、、、、、、、。
 眠られずに外をぼ〜〜〜と見ているだけ、、、、。日が昇るほんの一瞬東南の空が赤く染まりはじめて、すぐに青くなる。すんだ美しさにヨロヨロと思わず写真を撮る。昨日と同じにハゴロモルリコウソウが花をつけていた。
2004年 9月 7日 火曜日 5時7分
a0031363_821296.jpg

ほぼ実物大の花。前ぼけのベランダの緑と、後ろぼけの朝焼けの空がきれい、、、。
by pretty-bacchus | 2004-09-07 08:09 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

白き花鈴虫の音に寄りそうて
2004.09.05

 鈴虫の音嬉しい中、大きな夕顔が開いた。今年三十数個目。優雅に伸びたつるの先のほうに絹のように薄い透き通るようなはかない花、、、、。
 ハカナイ、、、明日の朝には命をおわってしまうのだ、、、愛しくなってベランダにでてワンショット。

 いつのまに蚊もいなくなってひんやりとした宵。遠くに飛行機の音が、、、、。

a0031363_20502946.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-05 19:38 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

曇天の 空にひときわ 赤く咲き
 新日曜美術館はギュスターブ・モローの世界。
特に好きな画家ではないが、やはりこの一つの世界はすごい。アトリエであった館が美術館になっている。このあたりの街並みは落ち着いた巴里の街の散歩道のひとつ。

 昨夜の豪雨はようやく去り、どんよりと濁った空。蝉も鳴かず鳥もさえずらずの曇天は突然の晩秋の感。巴里の秋のよう、、、。

 下葉から黄色になりはじめたハゴロモルリコウソウの伸びた葉の先にはが5つも真っ赤な花がさいている。最後にみせる花の世界か?

 イグナチオ教会の鐘の音が遠くに聞こえて、、、、。今日は日曜日、ゆっくりとできることに感謝して、、、、。
 2004年 9月 5日 日曜日
a0031363_11581867.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-05 11:50 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)