カテゴリ:◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶( 1068 )

梅雨があけないのにセミが鳴き始めました
2017年7月11日 火曜日 晴れ 暑い一日

 この熱風の午後に蝉が鳴き始めた。
梅雨が明けない前に蝉がなき、白い雲も夏のよう、、、。
九州に大きな被害を残した大雨前線となにか関係しているのだろうか、、、。

 今朝も朝顔が一輪さいた。青い朝顔。
あとの鉢は蕾があるのに、まだこの環境に慣れていないようだ。
少しずつ都心の小さな環境になれて最後には美しい彩りをはなってくれることだろう。

でもそれも数ヶ月の命、、、命短しなのですね!

a0031363_23371663.jpg

a0031363_23374321.jpg




by pretty-bacchus | 2017-07-11 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

行灯仕立ての朝顔四鉢とフロッギー君がベランダの住人になりました
2017年7月9日 日曜日 晴れ 朝顔がやってきました。

 朝顔がやってきた。
朝顔市にはいかれなかったが、通販で行灯仕立ての朝顔を購入することができた。
 曜白朝顔 4色ミックス あんどん仕立て
 桔梗咲き朝顔 あんどん仕立て
 暁朝顔 4色ミックス あんどん仕立て
 西洋朝顔 アーリーヘブンリーブルー あんどん仕立て
一緒に水やりカエルのフロッギーXLを二匹(これはドイツからきたもののようです)

 暑い夏の朝に花開いて夕方には命を終える朝顔のはかなさを、今年も一緒に
愛でることにいたしましょう、、、、。
朝顔の花言葉は、はかない恋、愛情、英語ではMorning glory 、、、、。

儚き人生に思いながら、、、、

a0031363_02194919.jpg
 〜〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時32分  : 日の入 19時00分
  月の出 18時55分  : 月の入 04時28分


by pretty-bacchus | 2017-07-09 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

訓読みの雨、音読みの雨、そしてフランス語では?
2017年7月1日 土曜日 小雨のち曇りのち晴れ

 七月になった。旧暦で文月、とても好きな名前の月。
文月の由来は七月七日の七夕に詩歌を献じたり書物を夜風に曝す風習があるからというのが
説となっているという。
それに自分の誕生月ですもの!

 週末を少しゆっくりできて、たまっていたメールにも返事が書けたし、写真の整理もできた。
ブログ友のいろいろも見ることが出来た。
オカモトさんが数日前に送ってくださった、フェイスブックの
<パイロットだけが合格できる視覚テスト>で遊んでみた。
十の画像の質問に順番に答えていくだけ。
a0031363_21511392.jpg

 結果は、、、、すごい〜〜〜! と思うより、オカシイ〜〜〜!
私は眼がかなり悪いのに、どうしてクリアーしたのかしら?
それともパイロットの試験がぬるいのかしら?
どうやら眼の善し悪しだけではなく、脳内とか感性とかも加味されるようだから、ふむふむ納得。

a0031363_21514813.jpg

 梅雨の雨も夕方には晴れてきた。
小雨、大雨、霧雨、小糠雨、涙雨、俄雨、通り雨など雨の訓読みのやまと言葉の<雨>は沢山ある。
かたや音読みの漢語では煙雨、穀雨、弾雨、氷雨、雷雨、隠雨などで、日本には雨の言い方が沢山ある。

万葉集時代では九割以上が和語で表現が成立しているそうで、それが平安時代ぐらいから
少しずつ漢語が増えてきて、戦後あたりでは漢語の方が和語を上回るという。

昔パリに住んでいた頃に、日本語を学んでいるフランス人の友人に、この雨のことをフランス語で
なんというか良く聞かれた。一言で置き換わるフランス語はなく、
いまなら翻訳ソフトを参考にできるのだろうが、とうじは辞書を引き引き説明したものだ。
小雨Faible pluie、雷雨orage、煙雨brumeux、、、、などなど。
通り雨はdoucheというが、これはdoucheはシャワーのこと。

ジャクリーヌと一緒にあるいていて、にわか雨にあうと、“ケイコ、これはドゥーシュですから、
少しあのカフェで雨宿りしましょう、なんて言われたのを思い出した。

 雨の時期には十分な雨の恵みをいただき、その後の太陽の恵みがないと果物も穀物も
美味しく育たないのですね。
もちろんワインとなる葡萄も、今ごろの天気がとても重要なことなのです。
令子さんとお話ししたことをよく覚えている。

 雨があがった夕方に少し歩いて美容院へ。
さっぱりとして梅雨をのりきりましょう、、、、。

a0031363_17371778.jpg
(雨上がりの土手の道には赤い花が咲いていました)
a0031363_17374264.jpg

a0031363_17375483.jpg

道を渡りながら、、、、東の空と北の空を、、、、

a0031363_17381533.jpga0031363_17380577.jpg





by pretty-bacchus | 2017-07-01 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

朝の緑から夕方の緑まで
2017年5月26日 金曜日 小雨のち曇り

 借景の緑が眩しい朝、、、、。
昨夜からとんでもないことを始めてしまった。

災い転じて福と成す、、、って大好き!
ここ一ヶ月悩まされたが、この際に、久しぶりにパスカルデュフェートルの銘酒を日本の皆さんに
再びご紹介したくなってきた。
そんな時に偶然、いや必然のようにSさんからお電話をいただいた。
“今年もボージョレブラン入らないのですか? あの樹齢六十五年のシャルドネは最高なのですのに、、”
いつも今頃にお電話をいただく方。
すっかり仕事をやめたのに、まだ数社はお手伝いしていて、特にパスカルと
サンテグジュペリ伯爵のワインは、しっかりと私の元に残っているのだ。

 調べたら、この十年とっていないし、数年前からのロゼ、<ロゼドゥソワレ>
<黄昏時のロゼ>は、
今年のワインコンペで銀賞をとっているのだそう。

メールが何どか行き来して、何枚ものフランス語のテイスティングレポートが送られてきて、
翻訳をしてレイアウトを考えて結局二日二晩徹夜!をしてしまった。
プリティーバッカスのデザインオフィスを久しぶりに立ち上げて、イラストレイターと首っ引き、、、、。
やっぱり私ってちょと凝り性すぎますね、、、。

 記録として次のページに非公開で載せておきましょう。


a0031363_16381598.jpg
(鳥の気配がしてカメラをかまえるが、鳥はいない!)

[#IMAGE|a0031
a0031363_1641799.jpg

a003363_16401924.jpg


a0031363_16431475.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-26 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

お見舞いの極意を教えてくださった好子さんを想って
2017年5月20日 土曜日 晴れ 立夏の最後の日は暑い一日でした

 真夏日ですって!
今からこう暑くてはかないませんね、、、、、。

 借景の庭の奥のアオギリの緑がどんどん大きくなってきた。
最盛期よりも寂しいが、それでも大きな手のような葉がふえてきて、
毎日そとをみるのが楽しみになっている。

 Sさんのお見舞いで表参道の病院へ。
甲状腺癌で入院なさっていて、それでもとてもお元気そうで一安心。
癌の中でも一番進行が遅いのだそうで、彼女はけろっとしている。

 お見舞いは、マイコレクションのうちから、美しいガラスの器に入ったオーデコロンと
友人のお花屋さんにお願いしてバーガンディー色のバラのプリザーブドフラワー。
“ま〜〜〜嬉しい〜〜ラリックかしら? さすが!” と、香水好きの彼女は喜んでくださった。
“ガラスの瓶のフォルムを病室で楽しんで、もうすぐ退院ですからお家に帰ってから香りを楽しみますね〜〜。

 病室ではもちろん香水はご法度。それに水を足さねばならない大きな生花もご迷惑。
香りがつよいカサブランカなどはもちろんダメ。
香水瓶をオブジェとして楽しんで、退院してからゆっくりとその香りを楽しみながら自宅療養なのだそう。
(私は香水瓶は好きだが、香水をつけないのだが、それはそれとして)

このお見舞いの極意をいただいたのは、もう二十数年前に藤沢好子さんからだった。
本田技研の創始者の一人の藤沢武夫氏の妻、藤沢好子さんが、六本木の美術商「高會堂」でくりなす
洋と和と着物の世界は、当時世界中を仕事で訪れていた一人の日本女性を、
父母とは又別の日本美の世界にひもといてくれていた。

 プリザーブドフラワーは、今やあたりまえになっているが、その当時はまだまだ珍しかったので、
看護婦さん達が入れ替わり見にいらしたりしてくださって病室は明るくなったのを、よく覚えている。

好子姉のお見舞い時のお召し物も、あまり地味な黒とかグレーではなく、あかるい少し華やかに
みえるもののほうが、病人はほっとするでしょうと、それはそれはさらりとしっとりとした薄紫の和服で、
羽織をはおっていらした。

 Sさんは、何も説明しなくてもわかってくださってほっとしたが、でも日本ではまだまだ、
このユニークなお見舞いの極意をわかっていただける方は少ないようで、
先だってもとんだ誤解を生んでしまって、ブログにまで常識がないと書かれてしまって、ちょっと悲しい。

 立夏も今日まで。明日は小満。
<暦便覧>によると 万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る
陽気がよくなり、草木などの生物が次第に生長して生い茂るという意味だそう。

借景の梧桐の葉も日に日に大きくなってきた。

a0031363_22323664.jpg
(ガラス越しにも緑が踊る、、、、、、)

 
http://keico.exblog.jp/6606885/
2007年12月26日 水曜日 曇り
「ドコモ、グーグルと提携」に踊る

http://keico.exblog.jp/7123842/
2008年5月18日 日曜日 晴れ
浅草神社の浅草三社祭と浅草見番での「くみ踊り」

http://keico.exblog.jp/7796724/
2009年1月6日 火曜日 はれ
2009年の年の初めに思ったこと

http://keico.exblog.jp/9689833/
2010年1月17日 日曜日 晴れ
メメント・モリ、そしてテレビで美術鑑賞

http://keico.exblog.jp/12113105/
平成23年2月13日(日) 曇り
凍つる夜入院案内読み返し

http://keico.exblog.jp/16932049/
2012年12月5日 曇
中村勘三郎さんのご冥福をお祈りします

http://keico.exblog.jp/20698495/
2015年1月9日 金曜日 晴れ
母との話しは戦後七十年の日本の歴史そのもののようだ

http://keico.exblog.jp/21783561/
2015年10月26日 月曜日 晴れ
京都国立博物館 で<琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る>を鑑賞
平成27年10月26日(月) 京都の日記
by pretty-bacchus | 2017-05-20 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

今朝何食べました? 夕食は何でしたっけ?
2017年5月16日 火曜日 曇り

 懸案事項がひとつようやくかたずきかけた。
ほっとして、遡ってブログを書き始めたが、さて今日書き残すことは何があったのかと、
つらつらと考えるが、今朝たべた食事のメニューも思い出さない。
これってぼけの初期症状ときいているが、さて困ったことになっていた。

 そして今夜の夕食はどうしたのかしら?
何食べましたっけ? と連れ合いにぶつけてみても、
“え〜〜〜?
困った年齢に突入したということだけは確かです。

(朝の空気は美しい)
a0031363_0405053.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-16 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ガラス越しに緑を愛でてマックでお仕事
2017年5月15日 月曜日 雨のち曇り

暗い朝。
週の初めがこんなに暗いとつらくなるが、やがてだんだん空気が広がってきたようだ。

 フランスとのメールのやりとりで少し疲れているが、マックの画面とガラス越しの借景の緑を
交互に見ながら一日を過ごした。

a0031363_18523740.jpg
(三十六年の間に借景の庭の木は大きくなって、左のイヌシデと右側の常緑樹のあいだが小さくなった。
そのあいだを鳥たちが鬼ごっこをするように飛び回っている)


 オナガに荒らされたベランだの柵のゼラニュームとガーデンシクラメンもだいぶ元気になってきた。
都心ではこんな小さな鉢の彩りでも嬉しいしありがたい。

 今週も頑張っていきましょう、、、。

a0031363_021761.jpg
(ガラス越しに緑を愛でて、、、、、、、、)
a0031363_0215471.jpg

by pretty-bacchus | 2017-05-15 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

曇りの日曜日に朝顔が咲きました。
2017年5月14日 日曜日 曇りのち夕方に晴れ

 遠きにヘリコプターの音で眼が覚めた。
防衛省にむかっているのだろうか、、、、。

 まだ明けやらぬ朝におきだした。
テレビをつけたらテロップが踊っていた。
<北朝鮮が弾道ミサイル発射 韓国新政権下で初>というニュースで一日が始まった。

 騒がしいニュースの日曜日だったが、借景の緑と遊んで静かにすごせた一日であった。

a0031363_13142745.jpg
(暗い日曜日!)


(午後になって陽が射してきた)
a0031363_1315268.jpg

(あら? カネノナルキに紫の花が。何かしら? 撮って拡大してみたらなんと朝顔でした。
去年の宿根草の朝顔がもう咲き始めたのかしら?)

a0031363_13202189.jpg


a0031363_13193636.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-14 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ベランだの柵のガーデンシクラメンがオナガにやられました
2017年5月10日 水曜日 小雨 (遡って、、、)

 緑が深くなって鳥たちの姿が見えなくなってちょっと残念。
朝晩に木々に間だを渡るその声でオナガとわかっていたが、なんと今日はその証拠?が現れた。
オナガは気性が荒く、その声で相手を探してつがいになると声が優しくなる。
赤ちゃん鳥ができるまえには巣作りのために枝やこけなどを探して飛び回る(らしい)。

去年は、借景のイヌシデの木にやってきて枝を加えて飛び去るのも目撃したし、
ベランだの柵にかけてあるゼラニュームの鉢に、保湿のために新しく購入した水苔製の鉢カバーをあっというまに運び尽くしてしまった。
その真ん中
に置いたガーデンシクラメンの根元に目をつけたようで、今朝気がついた鉢の中のほうまで
荒らされてしまっていた。
そうだったが、どうやらゼラニュームは匂いが強いので助かったのかも知れない。

 鉢をなおして水やりを丁寧にしたが、また来るのかしら?
今夜は満月、まだベランダからは見えない。

a0031363_2381192.jpg

 〜〜〜〜〜〜〜
望月(十五夜)
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時40分  : 日の入 18時35分
  月の出 17時55分  : 月の入 04時26分
by pretty-bacchus | 2017-05-10 23:56 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

緑の週間はどこへも出かけずに終わってしまいました
2017年5月7日 日曜日 晴れたり曇ったり

 ゴールデンウィークの最終日。
結局どこにも出かけずに一週間がすぎてしまった。

このあいだにも借景のイヌシデの枝は葉を広げて遠くがみえなくなってきた。
住み始めた頃は木のてっぺんがようやく見えたくらいの此ノ木は、三十六年のあいだに
どんどん伸びていまや上が見えなくなってしまった。

イヌシデは借景の家の庭の一番左にあり、その右の奥には梧桐、そしてずっと右には名前が知らない
大きなきがあって、その間を鳥たちが行ったり来たり、、、、。

ベランダに出て下をのぞくと椿や梅の木が季節の彩りを演じてくれる。
庭の奥にあった桜の木は数年前に切られてしまって今はない。

いつもは四月の終わり頃には葉芽を出し始めていたこぶこぶの梧桐の木は、ここ数年毎年おそくなって、
今日のなってようやく緑の色をだしてくれた。

 ソファーにぼっと座ってガラし越しに季節のうつろいをこうして愛でられることはほんとうに嬉しい。
いつまでもこうしていたい、、、と思ってしまう。

a0031363_4212179.jpg

a0031363_42329.jpg

 友人達も東京ですごした人が多く、この時期のフェイスブックを楽しく拝見している。
眼科でお世話になっているYさんの今日のフェイスブックの書き込みは、

 永遠の命も職場の命もない。
 それが私たち。職場はあと9年がリミット。
 「何をすべきか?」それを考えて動いています。
 人生にも、職場にも何でも「終わり」はあるので、そえを考えて、今を動いている。
 次に繋げたいな!!


 私もそろそろ終活をしなければいけないと常々思いながらいっこうに進んでいない。
今回の青天の霹靂のことは、あと何年か後には考えなければならないと思っていたことだが、
こんなに急に一本のメールで波立ってくるとは思ってもいなかった。

 いま私がしなければいけないのは、今まで築いてきた事をどんな風に引き継いでいくか、
そして造り手のことを第一に考えて事を進めないといけない思うのだ。

 明日からまたばたばたしそうな感じ、、、。
もう少し頑張っていきましょう。

a0031363_4204288.jpg
(いつもは四月の終わり頃には葉芽を出し始めていたこぶこぶの梧桐の木は、ここ数年毎年おそくなって、
今日になってようやく緑の色をだしてくれた)



by pretty-bacchus | 2017-05-07 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)