2017年 08月 06日 ( 1 )

虹の色は日本では七色、フランスでは?
2017年8月6日 日曜日 曇り 広島原爆の日

 広島原爆の日、黙祷。
去年の5月27日に広島平和記念公園で行われたオバマ米大統領の十七分にわたっての
<核兵器のない世界>のスピーチを思い出している。
Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and
the world was changed.
A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed
the means to destroy itself.
<71年前のよく晴れた雲のない朝、空から死が降ってきて世界は変わった。
閃光と火の壁が町を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを示した
から始まったその声明を、じつにしっかりとしたしみじみとした声で読み上げていた。
そして最後に
When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom,
then the lesson of Hiroshima is done.
The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day
in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.
That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as
the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

 そのほんの一年後には、またまた世界は核の輪にのみ込まれ始めてしまっている。嗚呼!

http://keico.exblog.jp/22855299/
2016年5月27日 金曜日 雨のち曇り 小晴れ
オバマ米大統領の初の広島入りで声明文を
a0031363_01420919.jpg
(夜明けとともに、だんだん明るくなっていくベランに朝顔が笑い出す、、、、)
a0031363_01424132.jpg

a0031363_01470116.jpg

a0031363_01471684.jpg

 この日、<大地震の前兆?…日本中に出現した「地震雲」らしき雲たち>というネットニュースがあった。
日本中で異常な雲がみられるのだという。
上から真下に落ちる雲、空一杯に広がる鱗雲などなど。
原爆雲ならぬ不吉な雲は、この世の怖ろしきなにかを象徴しているのだろうか。

 夜中に偶然、フォト・ジャーナリストの長倉洋海さんの番組を観た。 
フォト・ジャーナリストとして世界64カ国を廻った写真展で、彼は写真を六つに分けという。
国家とか人の作ったものでなくそれらを取っ払って、地球という一つの玉の中にどんなものがあるのか
という観点で六つの色に分けて写真集を作ったのだそう。
六つの色は
、鮮やかにいきたい、生命の色
、宇宙まで続く空の色
、生命の躍動、命のまばゆさ、豊穣の豊かさ、心の豊かさ、アングール
そして
白 全てを許す色
黃色 人を温かくする

 様々の色と光で物事を見る、人生は自分の色を探す旅、と。
は空であり海の色でもあります。海から来たと言われる我々生命体は、海の青さを見るとき、
心が穏やかになり、空の青は、自分を遠いところへ運んでくれるような気持ちになります。
人は1つの色で物事を見てしまいがちですが、様々な色で見ることも大切ではないでしょうか。
自分の色を探しながら旅をしているのかも知れません>

彼が撮った美しい写真を沢山TV上に拝見できた。
虹の写真がなかったのはなぜかしらって思っていた。
その機会に恵まれなかったのかもしれない。

 そういえばわたしももう長いこと虹を見ていないな、、、、、、。
エールフランスの機内誌<ボン ヴォワヤージュ>の取材で訪れた南仏のカニグー山の麓でみた
大きな虹が忘れられない。
そしてパリでオートルートを走っていたときにエッフェル塔の向こうにかかった二重の虹を!
走る車の車窓から撮った写真はどこへいったろう。>>>ありましたね、、、このブログの中にも。

 虹の色は日本では七色。
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫
と言われているが、ヨーロッパでは意外に未だに六色だというのが通例のよう。
フランスは日本と同じく、学校教育で「七色」と教えるので「七色派」なのだそう。
その起源は、なんとニュートンの時代にさかのぼって、太陽光の研究をしていたニュートンは、
十八世紀の初めに<光学>という本を書き、その中に、色の屈折率などの研究とともに、
虹の色は七色だとしたのだそうです。

 それにしても暑い。
停滞した台風が各地に被害を残している。
地球はどうなってしまうのだろうか、、、、。

http://keico.exblog.jp/13185825/
2011年8月1日 月曜日 曇り
思い出の昔のパリを簡易スキャニングして
http://keico.exblog.jp/13205154/
2011年8月4日 木曜日 その一
簡易スキャンで95年のエッフェル塔の二重虹
ジャクリーヌの車の助手席に乗って高速を走っていた。
エッフェル塔がみえてきた。
“あ〜〜虹だ、二重虹、、、早くお祈りをして、、、ケイコ〜”
“ぶつぶつぶつ、、、、”と言いながら、常に持ち歩いていたカメラで数枚撮った。
なにしろ、超スピードで走る車の中で、フロントグラス越しなのだから、あっというまに過ぎてしまった。
<br>
a0031363_17533213.jpg
(1995.04.25 Paris エッフェル塔と二重虹) (機種はFUJI GA645ziだったと思う)
a0031363_17535957.jpg
(メトロが走っているのがみえた、、、、ビルハッケムの陸橋でメトロは一度外にでる)
http://keico.exblog.jp/17228761/
2013年1月28日 月曜日 晴れ
1990年代のフランスとイタリアのネガ・ポジ
http://keico.exblog.jp/17245942/
2013年1月30日 水曜日 晴れ
銀塩時代の写真の<オペレーションモノクロ化>
http://keico.exblog.jp/19833121/
2014年5月25日 日曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化


by pretty-bacchus | 2017-08-06 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)