2017年 08月 02日 ( 1 )

小池さんが二年目を迎えた夜に十八階の病室から
2017年8月2日 水曜日 曇り

 小池さんが二年目を迎えた。
白いジャケットにオリンピック模様の白と紺のショールを首からかけて颯爽と都庁へ登庁。
メディアに囲まれて、二年目の朝はいかがですかと聞かれて、
“さわやかです、ありがとうございます” いいな〜〜! ほんとに爽やかそう!

都議の半分は小池さんカラーなのでしょうが、まだまだ<反小池>が多いようで、
ほんとうに大変なことでしょう。
知事としても女性としても、ますます頑張って欲しいですね。

 昨日の連れ合いの緊急入院は、検査がいくつか続いて結局、急性細菌性肺炎とわたった。
胸が痛く、気持ちがわるく、三十九度まで熱が上がった。
肺炎の多くは市中感染だそうだが、院内完成も考えられると言うことで、、、、。

先月の急性心筋梗塞の入退院のあとだったたら、だれもがそちらをまず考えたようだが、
またまた違う病気だった。
二年前の泌尿器科の手術の七十過ぎまで入院経験のない人だから、病院のベットは辛いだろうに、
今回は熱もあり、さらに循環器センターのナースステーションには満足していないようで
なんだかとても可愛そう。

 夜の都庁は霧にかかっていて、その奥のワシントンホテルはほとんど見えなかった。
明日も曇りなのかしら?
早く青い空と白い雲の夏になってほしいな、、、、

a0031363_22401462.jpg


a0031363_22394050.jpg


by pretty-bacchus | 2017-08-02 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)