2017年 06月 07日 ( 1 )

吹田百里子さまの一周忌でした。安藤はくぶんさん作のお花をお送りしました
2017年6月7日 水曜日 N先生 梅雨入り

 梅雨入りだそう。
何だか今日は雨でよいのかもしれない、、、、。

 今日は吹田百里子さんの一周忌。
告別式も身内だけでなさった御大は、今年もごく近い晩年にお世話になった方を招いて行われるという。
画家のご子息がパリから帰国しているので、私も参加させていただきたかったが、
フランス行きなので断念していた。
(>>それが昨日の事件で結局キャンセルしたのだが>>詳しくはまだアップ出来ていない昨日のブログで

 生花はたくさんおありだろうから、何をお送りしようかと考えてたが、
すぐに “あ〜〜そうだ! 安藤はくぶんにお願いしよう”と。

もう何十年も前の八十年代半ばに、お花のギフトでいつもお世話になっていた、
青山のケイフローリストにいらした方。
当時ワタシはエールフランスから出向でメリディアンチェーンの日本代表として
世界中を
かけまわっていた頃で、オーナーの栗原さんといっしょに、彼にはお花のことで随分とお世話になった。
ワタシは七十年初頭にエールフランスのパリ駐在経験を四年したことがあるので、
フランス的お花にはすこしばかりうるさかったかも知れないし、池坊の教授免許ももっていたし、、、、
でも、彼らはとても良くしてくださった。
そしてお送りした方からはいつも喜んでいた。

安藤さんはその後オランダなどでて花修行もなさって、今は独立なさってハイセンスなフラワーギフトで
舞台やジュエリーブランドイベントなどでも活躍なさっていらっしゃる。

 その彼が、去年のパリ祭の私の誕生日のころに、ふと私のことを思いだし、検索したら
このブログが
でてきたようで、すぐに鍵コメントをくださったのでした。
“今デザインのプランニング中に何故か急にカタギリさんの事を思い出して、ネットで検索してみたら
このブログに行き着きました”と。感動〜!

 彼と相談して、百里子さんの遺影をなかにそっといれてプリザーブドフラワーの花の額を
お願いすることにした。
十数年前に一緒に旅をした敦煌での写真がマック内にあったので、お顔回りをトリミングして送った。
お願いしたのは、白と薄紫のイメージで、額は黒。リボンも花にあわせてくださいとお願いした。

a0031363_16475594.jpg


 数日前にご丁寧に、こんな感じで造ってお送りしましたと写真をお送りくださった。
素晴らしい!
一昨日に届いたようで、良く出来ているね〜〜〜とお電話をいただいた。
美にも生きることにも厳しい九十四歳の御大に褒めていただけるのはとても嬉しい!
http://flowerarts-unblack.com/
安藤さんのホームページ

 去年安藤さんにもお話ししたのだが、これで私の<最後の花>をお願いする方がたが、
たしかにいてくださるのも何とも嬉しい!

 ありがとうございました。
今日は一日病院に詰めていた。
家人が大変なことになって、フランス行きもキャンセルしたのだが、どうやら峠を越えたようで、
今は集中治療室でゆっくりとしている。よかった〜〜〜!

a0031363_16505322.jpg


http://keico.exblog.jp/23513906/
2016年12月30日 金曜日 晴れ
皆様今年も一年ご覧いただきありがとうございました。

http://keico.exblog.jp/23005143/
2016年7月15日 金曜日 雨のち曇り 日の出入・月の出入 (東京) 日の出 04時36分  : 日の入 18時57分

なぜか涙がとまらない、嬉しいのか悲しいのかわからない誕生日

http://keico.exblog.jp/20339858/
2014年10月31日 金曜日
四半世紀前の仕事ライフと十五年前の巴里を

 〜〜〜
a0031363_1655735.jpg
(夜半になってしまったが、“一人でも美味しいものを食べなさい、、、”と言ってくださり、、、
ありがとう〜〜〜〜!)
by pretty-bacchus | 2017-06-07 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(6)