2017年 05月 07日 ( 1 )

緑の週間はどこへも出かけずに終わってしまいました
2017年5月7日 日曜日 晴れたり曇ったり

 ゴールデンウィークの最終日。
結局どこにも出かけずに一週間がすぎてしまった。

このあいだにも借景のイヌシデの枝は葉を広げて遠くがみえなくなってきた。
住み始めた頃は木のてっぺんがようやく見えたくらいの此ノ木は、三十六年のあいだに
どんどん伸びていまや上が見えなくなってしまった。

イヌシデは借景の家の庭の一番左にあり、その右の奥には梧桐、そしてずっと右には名前が知らない
大きなきがあって、その間を鳥たちが行ったり来たり、、、、。

ベランダに出て下をのぞくと椿や梅の木が季節の彩りを演じてくれる。
庭の奥にあった桜の木は数年前に切られてしまって今はない。

いつもは四月の終わり頃には葉芽を出し始めていたこぶこぶの梧桐の木は、ここ数年毎年おそくなって、
今日のなってようやく緑の色をだしてくれた。

 ソファーにぼっと座ってガラし越しに季節のうつろいをこうして愛でられることはほんとうに嬉しい。
いつまでもこうしていたい、、、と思ってしまう。

a0031363_4212179.jpg

a0031363_42329.jpg

 友人達も東京ですごした人が多く、この時期のフェイスブックを楽しく拝見している。
眼科でお世話になっているYさんの今日のフェイスブックの書き込みは、

 永遠の命も職場の命もない。
 それが私たち。職場はあと9年がリミット。
 「何をすべきか?」それを考えて動いています。
 人生にも、職場にも何でも「終わり」はあるので、そえを考えて、今を動いている。
 次に繋げたいな!!


 私もそろそろ終活をしなければいけないと常々思いながらいっこうに進んでいない。
今回の青天の霹靂のことは、あと何年か後には考えなければならないと思っていたことだが、
こんなに急に一本のメールで波立ってくるとは思ってもいなかった。

 いま私がしなければいけないのは、今まで築いてきた事をどんな風に引き継いでいくか、
そして造り手のことを第一に考えて事を進めないといけない思うのだ。

 明日からまたばたばたしそうな感じ、、、。
もう少し頑張っていきましょう。

a0031363_4204288.jpg
(いつもは四月の終わり頃には葉芽を出し始めていたこぶこぶの梧桐の木は、ここ数年毎年おそくなって、
今日になってようやく緑の色をだしてくれた)



by pretty-bacchus | 2017-05-07 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)