2017年 05月 04日 ( 1 )

松川玉堂先生の二十六回目のお習字でした
2017年5月4日 木曜日 曇りのち晴れ

a0031363_1947915.jpg
(青空がきれいな午後だった。この時期の東京の空はきれいなことが多い)

 変更になって今日が松川玉堂先生の二十六回目のお習字でした。
いつもより三十分早く迎えの車をお願いして、先生がお着きになる一時間前にサロンについたのです。

 Sさんと少しおしゃべりのあと、三人は黙々と筆をうごかて、
前回書いていただいた楷書の岑參の<慈恩寺登浮圖>から、<崢嶸如鬼工>をまず数枚書いた。

 先生がお着きになられて落ち着かれたあとの見ていただいた。
“イイデスネ〜〜! “え〜〜〜?
はい一重丸でほどほど良い。なるほどこれでは三重丸はいただけませんね。

 草書に移って、前回からの千字文の松本芳翆先生のお手本
<圖寫禽獸>トシャキンジュウ<畫綵仙靈>ガサイセンレイ>
a0031363_3131992.gif


 三時間はあっというまにたってしまいました。
疲れました〜〜〜。さすがに疲れた。

http://keico.exblog.jp/23847978/
2017年4月27日 木曜日  曇り その一
松川玉堂先生の二十五回目のお習字でした

a0031363_19483374.jpg
(先生がお手本を書いてくださる)

a0031363_19491735.jpg
(じっと見つめるSさん)

a0031363_195088.jpg
(今日の楷書のお稽古は、、、、一重丸)

a0031363_1950582.jpg
(草書は前回からの続きの千字文)

a0031363_19542152.jpg
(次回の楷書をひとあし早くお稽古して、よくできましたね、、、、と先生。
麻布の先輩である先生とは、最後のほうはいつも昔話に花が咲く)


ぐったりして<送り>の車に乗った。Tさんだったので、銀座経由でお願いした。
祭日の夕方の銀座はすごい人の波。
先月オープンしたGINZA SIX | ギンザ シックス。

「ギンザ シックス」は、その昔松坂屋があった処が回りも一緒に全改装されて、
銀座エリア最大の商業施設としてお披露目がなされたばかり。
241のブランドがはいっているというが、そちらはあまり興味がない。
オープニング展示として、中央吹き抜け空間にシャンデリアのように下がっている草間彌生の作品をみてみたい。
白地に赤いドットの三種類のサイズからなる十二個のカボチャのバルーンなのだそう。

でも疲れてしまっていて、車から降りる元気がでずに断念。
車窓から夜の銀座をカシャカシャしただけでした。

a0031363_1956324.jpg(新橋あたりから銀座四丁目に走ると新しい銀座通りが華やか。
ヤマハのビルの直線と曲線の建物が美しい)

a0031363_19574090.jpg
(六丁目あたりから銀座シックスがそびえ立つ、、、、)

a0031363_19582622.jpg
(前と通り過ぎて、、、、)

a0031363_19585634.jpg
(銀座四丁目を左に曲がって、、、、。和光の時計は午後六時三十五分)





More>>松川玉堂先生のお稽古の記録
by pretty-bacchus | 2017-05-04 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)