2011年 12月 25日 ( 1 )

<メキシコの鳩>と<パリの鳩>
2011年12月25日 日曜日 晴れa0031363_21252852.gif

 きれいな朝だ。
枯れ木と瘤だらけとはいえ、この見慣れた借景には心が癒される。

 右手親指から手首まで痛い、どうしたら良いのだろう、、、と思いながら、相変わらず少しずつでも現像を続けている。
近い将来はきっとキーボードを打たなくとも、“開いて、〝フォトショップへドラック、〝トーンカーブ調整、〝別名で保存、
〝ウェブ用にサイズダウンして保存。〝ブログを開く、〝ログイン、〝新規投稿、、、と、
口でいえば写真をブログに載せることができるようになるに違いない。

 足かけ17日間に撮った画像は、動画も含めて73.73ギガらしいので、まず全てを旅用ハードディスクから、
写真のバックアップハードディスクへコピー。
16GSDカード6枚はとりあえずこのままに。
整理が大変だが、このままおくといつものように撮ったまま死蔵になってしまう<カシャッ>が沢山あるだろうから、
少しずつ毎日簡単現像をすることにしよう。

 ある方から、自分の事ばかり書いて、フランス文学、映画、写真、音楽など、何にも書いてはないではないか、
というメールをいただいているが、今回のブログは私の<回想の巴里の街!>
映画や文学や音楽にまで行く着くことが出来ずに、たしかに自分の体験だけをまず書いてしまったようだ。
今回は奇しくも怪我をして体調をくずし、その上到着日以外は毎日雨で外出を控えたために、
フランスとの私の半世紀にわたる関わりの<人生の喜怒哀楽>を振り返り綴ってしまったわけで、
初日に書いたように我田引水多かりしだったに違いない。
それ以外は、また機会があるに違いないので、それまでまた新しい体験を積んでいきたいものだ。

 写真の整理は、日にちごとも良いが、まずMさんのリクエストで18日のロダン美術館から。
と思ったが、その前に<パリの鳩、その一>を。

 マック狂の、英語の、写真の大先輩で、尊敬するNKこと倉谷直臣さんの写真に<メキシコの鳩>というのがある。
光る石畳とベンチの静謐な名作で大好きな一枚なのだが、その説明もなかなな素敵なのだ。
http://k7003.exblog.jp/10391432/メキシコの鳩のブログへ
<(前略、、、)、、、、でも、ボクはこれに「メキシコの鳩」という題を与えます。
なぜなら、これはボクにとってゆずりがたく「メキシコの鳩」なのですから。
写真で、映画で、絵画で、文学で、音楽で、客観的真実(事実)を描写する必要もなければ責任もありません。>

 今回の滞在では、彼の<サントノレのショーウィンドー>や、
http://keico.exblog.jp/14142714/
2011年12月8日 木曜日のブログに
今日の巴里 08 December 2011 Paris

<冬のスイカ>の場所を探したりしたてみて、楽しかった。、
http://keico.exblog.jp/14162469/
2011年12月12日 月曜日 その三へ
今日の巴里 12 December 2011 Paris

が、脳内のどこかで、私の<巴里の鳩>を撮りたいと思っていた。
いやはや、、、それがなかなか難しかったのだが、何枚かをアップしておきましょう。
NKさんのは作品、わたしのはカシャッの駄作であることだけはたしかですが、、、。

さて、すでにブログでその周りはアップしているので、いったいパリのどのあたりがおわかりでしょうね!
a0031363_6482473.jpg (雨があがった広場の噴水に鳥さん達が集まってきました、、、、)

a0031363_6512959.jpg

a0031363_6501664.jpg (やがてお散歩がはじまって、、、、あらあらパリでは鳩と雀が仲良しなのですね、、、、)

a0031363_657981.jpg (ここでは鳩も海鳥もカラスも全然人を怖がらないのが不思議でした)

a0031363_712033.jpg (これはカラスです。


ガラスの外からじっとみつめられてしまいました、、、)

( December 2011 Paris)

〜〜〜〜〜〜〜
明日は、ミュゼロダンの続きです。
http://keico.exblog.jp/14202063
18 December 2011 Paris
Musée Rodin ロダン美術館

 まずプレリュードの一枚を、、、、。
a0031363_763491.jpg
 (18 December 2011 Paris、Musée Rodin)
by pretty-bacchus | 2011-12-25 23:59 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(8)