2011年 12月 15日 ( 5 )

☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris ~パサージュ
2011年12月15日 木曜日 雨a0031363_21252852.gif

 今日も雨、ほんとうにどうしたことなのだろう。
雨のパリ、、、でも傘をささずに楽しむ方法はいくらでもある。
その一つがパッサージュといわれるガラス屋根で覆われた小径のようなアーケード街。

パサージュの正式名称は、パサージュ・クヴェール passage couvert というそうで、
パサージュとはフランス語で「通り抜け」を意味し「通過」や「小径」と訳されている。

 ヴァルター・ベンヤミンの「パサージュ論」をかなり前に読み始めたが途中放棄。
その頃から日本でもパサージュという言葉が定着したように思われる。
日本のアーケードの商店街のようなものであるという人がいるがとんでもない。
形態は似ていても雰囲気はかなり違っている<巴里>があるのがパリのパッサージュ!

 パサージュの歴史は古いようで、18世紀末から19世紀半ばにかけてパリに七十余りが建設されたて、現存はそのうち二十ほどがのこっているという。
不思議なことに、その多くは右岸のグラン・ブールバール周辺に存在するので、今回はもってこいの立地。
有名どころはパサージュ・ジュフロアにある<グレヴァン蝋人形館>、
ギャルリー・ヴィヴィエンヌにある<サロン・ド・テ>などいろいろあるし、
パサージュ・グラン・セールからサン・ドニ通りあたりは夜の卑猥な匂いがする。

 パサージュ・デ・パノラマ Passage des Panoramasは、リシュリュードゥルオ駅周辺から始まって、Boulevard Montmartre(モンマルトル大通り)まで続いている長い<路>
1800年頃には完成したという。 
今回歩いたのがは、パサージュ・パノラマからヴェルドーを抜けオペラ座近くまでの道。
なぜって今一番話題の二つ星レストランがその53番地にあるのですもの!

a0031363_14463991.jpg
(PM7:35, 15 December 2011 Paris, Passage PANORAMA パッサージュパノラマの切手やさん)


 夕方から真夜中までが真骨頂のようで、レストランに行く頃にやっと雰囲気が上がってくる感じ。
小さなレストランやブティックなどが隙間なく軒を連ねるパッサージュ・デ・パノラマ。
アクセサリーの店や人形店、風変わりな現代アートのようなお店、古切手屋、古コインやさん、印刷やさん。
古絵はがきや古ポストカードなどのコレクターも多いという。和気あいあいとした空気が熱意溢れるが、
どことなく寂れた感じが否めなかったこのパッサージュも二年前から突然新しい話題で持ちきりになって、
毎夜パリのクラスの人々が訪れるようになったというのだから、、、。
そしてそのシェフはパリでは最も話題の若き日本人料理人佐藤伸一さん。
一年目でミシュラン一つ星を取り、二年目で二つ星と異例の星の短さと評判で、
二十数隻のお店は予約が困難なお店のトップに躍り出た。

 レストラン パッサージュ53<PASSAGE 53>。
今回は到着後、すぐに友人からご招待を受けて、トリュフづくしのムニュ・デギュスタシオンを味わう光栄をいただいた。
 
http://keico.exblog.jp/14140193
2011年12月7日 水曜日 曇り後雨 その二のブログ
今日の巴里 07 December 2011 Paris~パッサージュ53

a0031363_1532490.jpg 
暗めのパッサージュに溶けこむかのような黒いファッサードに、中はオフフォワイトののモチーフで統一されたお店、

a0031363_1553139.jpg


 そして、今日はまたまた旧友の元ランブロワジーディレクター&シェフソムリエのピエール・ル・ムラックさんご夫妻と訪れたのだ。
(Pierre le Moullac)

 体調の悪さに、今回はランブロワジー、アストランス、ピエールガニェールや他のレストランをすべてやめてしまったのに、
この店だけはおいておいて、今日はそのために一日静かにお部屋ですごしていたというわけ。

いざいかん!


~~~~~~~~~~~~~~~

a0031363_13273272.jpg (PM7:30, 15 December 2011 Paris, Passage PANORAMA パッサージュパノラマの入り口)

a0031363_13291830.jpg (中程の53番地にこのレストランがある)

a0031363_13301470.jpg
(PM10:50, 15 December 2011 Paris, Restaurant Passage 53 にて)

(このB&Bを味わい語れるのは、今夜の主賓、ピエール・ル・ムラックとkeikoだけかもしれない、、、と、隣の人がつぶやいた)

続きは、、、、
a0031363_17938.jpg
今日の巴里へ
15 December 2011 Paris

http://keico.exblog.jp/14181574
2011年12月15日のブログ

More>>ウィキペディアにて
by pretty-bacchus | 2011-12-15 23:58 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(2)

今日の巴里 15 December 2011 Paris
平成23年12月15日(木) 雨
a0031363_21252852.gif

http://keico.exblog.jp/14176904
2011年12月15日 木曜日 雨
☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris ~パサージュ
>>>>>から続く
a0031363_17938.jpg
今日の巴里
15 December 2011 Paris



 体調の悪さに、今回はランブロワジー、アストランス、ピエールガニェールや他のレストランをすべてやめてしまったのに、
この店だけはおいておいた。
二度目の<Passage 53>

〜〜〜〜〜〜
一度目は
http://keico.exblog.jp/14140193
2011年12月7日 水曜日 曇り後雨 その二のブログ
今日の巴里 07 December 2011 Paris~パッサージュ53
〜〜〜〜〜〜〜〜

 今夜は少しおしゃれをしてでかけることにした。
パリ到着以来ずっと、コートの下は、上も下もユニクロのヒートテックにお世話になって、
あとはパンツとブラウス&カーディガンだったから、今夜は昔のシャネルのラメの入ったジャケット着た。
でも下は黒いパンツで低いウオーキングの靴。雨なのでヒールではすべると怖いので、、、。

ホテルから十五分ほどで歩ける距離なので歩くことにした。
オースマン通りを東に数分歩きイタリアン通りと合流してブルバールモンマルトルの大通りになる。
ほんの少し進むと左手がパッサージュジェフロワの入り口で、右手がパッサージュパノラマの入り口。
フォーブール・モンマルトルまではあと少しのあたり、、、。

a0031363_13291830.jpg (中程の53番地にこのレストランがある)
暗めのパッサージュに溶けこむかのような黒いファッサードに、中はオフフォワイトののモチーフで統一されたお店


 そして、今日は旧友の元ランブロワジーディレクター&シェフソムリエのピエール・ル・ムラックさんご夫妻と訪れたのだ。
(Pierre le Moullacは、ベルナールパコー氏の片腕として、そしてMasaoこと「コート・ドール」斉須政雄氏とともに、
ランブロワジーがケ・ドゥ・ツルネルで一つ星をとって、そのご今のプラス・ドゥヴォージュに移り、三つ星を確保し、
現在までそれをキープすることに大きく寄与した<ブルトン!>で、名ディレクターでありシェフソムリエで、
彼の創ったワインリストは世界一になったことがあるほど。
彼がコキーユという私たちの巴里のアパルトマンの隣のお店にいた頃からの友人で、もうおつきあいは三十年以上になる、
なんと贅沢にも、私の私設!ワイン&レストランのアドヴァイザーでもあるのだ!)

 約束の時間の八時までは時間があったので、パッサージュの中をいったりきたり、、、。
花売りのお兄さんの何度も声をかけられたり、、、切手屋さんをのぞいたり。
ここの印刷やさんで昔、写真用のタンブルセック(写真のプリントに自分の名前を型押しする打ち出し印)を
頼んだことがあったがなくしてしまったので新しくしたいし、友人達のも頼んでおきたかったがあいにくしまったところだった。

a0031363_354725.jpg (切手やさんのショーウィンドーのクリスマスの飾りが可愛かったのでカシャッ)

a0031363_3155781.jpg

a0031363_3174738.jpg (お店は8時まではあかないのだ、、、)


 八時すぎから始まった佐藤シェフのムニューデグスタシオンは、粋を飲むあしらえとお味で至福の時が過ぎていった。
パンもおいしく何度もおかわりをしてしまった。
二色のバターは、ボルディエのもので、黄色がドゥミ・セル、オレンジ色がピーモン・デスペレット風味。
お店で購入することができずに、特定なレストランでしか味わうことができないのだ。

 メニュー名はその説明が口頭で告げられる。
まずはアミューズブッシュがテーブルに。
a0031363_3185742.jpg
☆Crème de potimarron, mousse au café
Huitre chaude , chantilly au haddock et caviar


次は、a0031363_320166.jpg
☆Calamar (juste cuit) crème de chou-fleur et émincés de chou-fleur cru

なんという繊細な味付けか! 洋と和の見事なマリアージュに四人で絶句!


次は、まだまだ写真の整理ができません、、、ので、帰国してから、、、。


a0031363_3215751.jpg口頭のメニューは私にはおぼえられるべくもなく、ピエールさんが書き留めておいたモノ、、、、。


次は、
☆Noix de Saint-Jacques purée de cresson, coulis de mangue, duxelle de cajou fumé
(写真は後ほど)




☆Morceau de lotte cuite « nacrée » au shiitake et duxelle de champignons de Paris
(写真は後ほど)



お口直しがなんとフォアグラで
☆Pavé de foie gras ferré jus de clémentine au jasmin
(写真は後ほど)




☆Filet mignon de poularde de Bresse sur un œuf mollet cuit à basse température enveloppé dans un manteau de lamelles de truffe noire

(写真は後ほど)



☆Suprême de pigeon (cuit à basse température), rizotto d’épeautre, purée de coing

(写真は後ほど)


デザートは5つもきて、いただく順番を教えられる。

☆Glace à la truffe, quenelle de pâtissière sur un sablé recouvert de lamelles de truffe noire
Gelée de miel et pana cota – salade de mandarine au jus – sorbet citron
Meringue avec rondelle de banane nappée de crème de marron , glace au café
Tarte au cacao amer
Petites madeleines.
(写真は後ほど)




今夜のワインは、

☆En apéritif : champagne à la coupe
☆Meursault « Mais chavaux » 2009
a0031363_324718.jpg


☆Château La Conseillante - pomerol -2006
(写真は後ほど)

☆Château d’YQUEM 1967
a0031363_3244971.jpg

 ここでとんでもない嬉しいハプニングがあったのだが、これだけは書くことが出来ない。
今回の☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Parisでは、いろいろとあからさまに告白してしまっているのだが、自分のことで責任は自分にある。
でも友人が少しでも関わっている<秘密>は素敵なことでも書くわけにはいかないのだ。

 最後はシェフが上から降りてきてくださり、ピエール・ル・ムラック氏と記念写真。
感謝と幸せをかみしめて、シンデレラタイムの少し前に雨と風に耐えながら家路についたのでした。
a0031363_3284549.jpg
 (15 December 2011 Paris, Mr.Shinichi SATO le Chef et Mr,Pierre le Moullac au Restauran PASSAGE 53


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2011-12-15 23:58 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(0)

今日の巴里 15 December 2011 Paris
15 December 2011 Paris
Passageに写真を追加。
by pretty-bacchus | 2011-12-15 23:58 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(0)

エッフェル塔100年記念
(原稿途中)
2011年12月15日

a0031363_120781.jpg


 そして、ミレニアム2000年をさがのぼる832日前の記録があるが、データは残っていない。
幸いにもエールフランスの機内誌のスカイブティックに使ったものが残っているので、、、
a0031363_2072673.jpg



そして
a0031363_0145467.jpg
(二十一世紀を前にエッフェル塔にはカウントダウンの光が入った)


ミレニアム2000年のカウントダウンの
1990年代最期の、夜のパリの大好きな一枚は、
a0031363_1331981.jpg

(好きな写真の一枚。1999年12月、西暦2000年まであと22日とエッフェル塔に灯がともる。
メリーゴーランドが回って人々を夢に誘っていた、、、。
(この時代のコンタックスツアイスレンズで、夜に手持ちで一瞬のこの写真を撮るのは至難の業だった)

 エッフェル塔にダイアモンドイリュミネーションが輝きだしたのは、
ミレミアム2000年を過ぎてからだった。
a0031363_0193887.jpg
  2000年の12月からダイアモンド照明がされ、二十一世紀へのカウントダウンがはじまった。
(夕闇のトロカデロからシャイヨー宮、アンバリッドなどがのぞまれる)
(最初のデジカメ200万画素でも、こうしてなつかし記憶と思い出になる。
一瞬の写真が長い間の記録になり、のこされていく、、、、、やっぱり写真は素晴らしい!

そして、一枚前のショットは前日の2000.12.17 の真夜中のパリの光り輝くエッフェル塔の一枚でした。

 写真って楽しい〜〜〜そしてデジカメ時代の写真って凄い!
写真の記録は記憶を甦らせ、時に希望の光を放つのだ!
 
a0031363_814599.jpg  (毎時5分〜10分だけダイヤモンドイリュミネーションのエッフェル塔の年齢は? )
(21 Dec,2008 Paris)

http://keico.exblog.jp/8948153/
2009年9月10日のブログ


http://keico.exblog.jp/9435668/
エッフェル塔は御年120才
2009年12月14日 月曜日 曇り後晴れ

2008年のエッフェル塔h、EUの数の☆が輝くブルー
http://keico.exblog.jp/7770647/
遡っての巴里の記録 七日目

http://keico.exblog.jp/7770652
遡っての巴里の記録 七日目 その二

a0031363_18101427.jpg  (Dec 2008 Paris =友人から送られた写真)


http://keico.exblog.jp/7770647/
2008年12月21日 日曜日のブログへ
遡っての巴里の記録 七日目 12月21日

遡っての巴里の記録 七日目 12月21日続き
a0031363_8532762.jpg
(21 Dec,2008 Paris アレキサンダー三世橋の像と遠方のエッフェル塔を多重でトライ)

http://keico.exblog.jp/7770652

遡っての巴里の記録 七日目 12月21日の続きで


 そして、今回のパリのエッフェル塔です!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 追記;
そして二十一世紀のエッフェル塔は、
JourneyAbroad旅海外2005
JourneyAbroad旅海外2006
JourneyAbroad旅海外2008
にたくさんある

More>>ブログの検索で<暗い日曜日>の一部
by pretty-bacchus | 2011-12-15 23:55 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(0)

今日の巴里 15 December 2011 Paris
2011年12月15日 火曜日 
a0031363_21252852.gif
a0031363_17938.jpg
今日の巴里、
15 December 2011 Paris


今回は、LEICA M+E RAYQUALマウントアダプターLEICA SUMMILUX 35mmF1.4をつけたSony NEX-5を忍ばせてきた。
時にはもって歩いて撮ろうと思っていたのだが、それをする前に脇腹をいためて一台でも大変な重さを感じるので
スーツケースにしまったまま。

 何カットかを撮ったので、ブログにアップしておきましょう。

a0031363_8302455.jpg (まずは失敗作から、、)

a0031363_831617.jpg

ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ トリュフ La MAISON de la TRUFFE
マドレーヌ広場

そして、、、、
a0031363_828674.jpg


by pretty-bacchus | 2011-12-15 23:53 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(2)