2011年 12月 07日 ( 2 )

☆回想のわが巴里の街1965~1973 ーアパルトマン
2011年12月7日 水曜日 曇りのち雨、雨模様、、、その一
a0031363_21252852.gif
 あれはもう40年も前になるのだ、、、、、、
フランス語もおぼつかない私が突然の巴里駐在員に任命されて、
あれよあれよというまに巴里で仕事をすることになったのは、、、。
慣れない仕事に疲れ果て、ホテルに帰ってドアをしめると崩れるように座り込み
崩れてしまっていた、、、、あのころ。

 会社は部屋を探してくれなかったし、巴里到着翌日から仕事にかかっていた。
そのとき泊まっていたホテルは7区のアンヴァリッドのちかくのはずで、回りは庶民的な食料品店が多かった。
ホテルの中心にほんとうに小さい中庭があってとても慰められたのを覚えている。
今回はぜひ訪れてみよう。

 そして、仕事の合間に不動産屋さんを訪ねて何軒かをみて、やっときまって住み始めたのは、
車で空港にいきやすいようにとポルト・ドゥ・ヴェルサイユから少し街中に入った15区の七階のアパルトマンだった。
17 Rue Desnouette Paris Paris 15 arrondisement
この道は一方通行で、そこをでたところがリュウ・ドゥラ・コンヴァンションだった。角にはシャルキュトリ−があって、
うさぎとかイノシシの皮をむいたのが下がっていて、もうほんとうに驚いたモノだった。

家はその少し手前の右側のゲートを入って、中庭を問うって小さいエレヴェーターに乗って七階へ。
太ったもそもそと話す管理人さんのオジサンにはとってもよくしてもらったな、、、 
ゲートに入る左側にはハムやさん、チーズやさんなどがあった。
ジャンボン・ドゥ・パリと、ブリというチーズを覚えたのはこのお店で、おばさんがよくおまけをしてくれたものだった。

 芸術の都巴里の逸品たち、自然豊かなフランス全土の食とワイン、風物、、、
私たちは毎週末にフランス中を、いや世界中を旅しながら、フランス駐在を楽しみ始めた。
フランス人たちの粋とエスプリ、マナー、冷たそうな裏の優しさ、人間愛、なども
この時代に自然とわかっていったに違いない、、、
二十代に養われた、ヨーロッパ文化は、その後の人生に大きな豊かな感性を与えてくれた。
(それは日本文化の基礎があってのことなのだが、、<<<両親に感謝!)

 パリの暮らしに少し慣れ始めた私は、サンジェルマンやサントノレ通りやカンボン通りを歩き、
知らない小径を歩いて地図に赤い線を引いていった。地図はだんだんと色づいていった。
週末はクリニャンクールの蚤の市を歩き回ったり、

 その次のパリのアパルトマンは、1980年頃に友人のジャクリーヌの家だった。
81年からホテルメリディアンチェーンの仕事だったから、ポルトマイヨーのメリディアンパリの後の出口から数百歩の
Rue du Debarcadere. Paris 8 arrondisement
(1980年春から1990年頃まで)

扉をあけて最初の建物を抜けて中庭を通ってその先の二階だった。
この中庭からは一つ手前の建物の裏口に入れて、なんとここが一つ星のレストランだった。
ここのオーナー夫妻にはとてもよくしていただいたし、生涯の友人となったランブロワジーのディレクターの
ピエール・ル・ムラックとあったのもこのレストランでシェフソムリエをしていた頃だった。

そして十年後の1990年には、
1990年から2000年1月まで
2 Rud Boucicaut 15 arrondisement

どうやらパリのアパルトマンの歴史は十年ごとになったようだ。
2000年に病を得て、それらを縮小ししてから、もう十年以上になるのだ。


a0031363_6392018.jpg
 グーグルアースで、パリで住んだ三つのアパートメントにピンをうってみた。
 そのどれもからエッフェル塔がみえていたのが、よくわかる。

1969年9月から1973年春まで
17 Rue Desnouette Paris 15 arrondisement
a0031363_412217.jpg



仕事場は、オルリー空港と、121 Avenue de Champs-elisee

1980年春から1990年頃まで
Rue du Debarcadere. Paris 8 arrondisement
a0031363_4365939.jpg



1990年から2000年1月まで
2 Rud Boucicaut 15 arrondisement

a0031363_453585.jpg
(額の中の写真はブシコーのアパルトマンの玄関にて)


a0031363_124091.jpg

(ブシコの家の玄関で撮った写真を東京の我が家で、、、)

そして2000年2005年2006年に10日間ずつお世話になったSさんの邸宅は、
15 quais de Montebello

~~~~~~~~~~~
〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/715454/
記念日は アポロ11号 月に着く
2011年12月12日 月曜日
記念日は アポロ11号 月に着く
2004.07.22
 人類初の月面到着。1969年7月21日、日本時間午前5時18分。この時私は三度目のパリ行きの機内にいた。 

http://keico.exblog.jp/9187764
その頃の若い私はクリックしてみて下さい
凱旋門に励まされての遠いパリの日々
2009年11月1日 日曜日 


〜〜〜〜〜〜〜〜
そして
a0031363_17938.jpg
今日の巴里、
07 December 2011 Paris >>> 次頁へ

a0031363_0314738.jpg

by pretty-bacchus | 2011-12-07 23:59 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(7)

今日の巴里 07 December 2011 Paris~パッサージュ53
2011年12月7日 水曜日 曇り後雨 その二a0031363_21252852.gif
a0031363_17938.jpg
そして今日の巴里、
07 December 2011 Paris,

53 Passage des Panoramas 75002 Paris


 なんだかまだ体調がおかしい。
先週の火曜日にホネシンチの検査のおりに手の甲からの注射がはれてしまっているし、体の中に直接放射能が入ったと思うと、
そしてそれがまだ抜けきらないうちに飛行機に乗ってやってきたのだから、、、、その上ことによったらこれが時差? などとマイナス思考のパリの朝。

 それでも朝には目が覚めて、ホテルの朝食をいただいて少しゆっくりした。
午後一でのアポイントで出かけるころにはかなり雨がふってきてしまった。
オフィスの二階から百貨店がみえて、傘の波、、、。
 
a0031363_1431940.jpg

a0031363_1441154.jpg

a0031363_1444351.jpg


 用事を済ませてとぼとぼと家路に急ぎ、、、夕方まで少しお休み。
考えてみたら、こんなふうにゆっくりと巴里への<旅>をすごせるのは初めてかもしれない、、、。
過去何十年もいつも仕事のアポでばたばたしていたようで、、、、
今回は巴里に住んでいる感じで過ごしていきたい、、、。

 雨の夜に、ルーヴル近くの友人のお店におじゃまして、しばし旧交を深めてお互いの三十数年を振りかって感無量!
彼女も苦労を重ねたが、二人のお子さんが大きくなってご長男のAちゃんがお店を継いでくれることになって一安心のよう、、、がんばっていた姿を知っているから私も感動!

 今夜は、彼女の友人が二年前にオープンしたフレンチにお招きを受けた。
パリでは最も話題の若き日本人料理人佐藤伸一シェフのお店!

 小さなレストランやブティックなどが隙間なく軒を連ねるパッサージュ・デ・パノラマ。

a0031363_1494921.jpg

a0031363_151040.jpg


 その 53番地に二年前にオープンして、なんと一年目にミシュランの一つ星、二年目で二つ星をとった初めての日本人のお店で、
パサージュパノラマの中程にある席数二十数席のかわいいお店。
(パリで有名なブッシェー(肉屋) のユーグ・デノイエ 氏がパトロンとか)

a0031363_1532490.jpg 
暗めのパッサージュに溶けこむかのような黒いファッサードに、中はオフフォワイトののモチーフで統一されたお店、
お皿はシャガールの絵でベルナルドの新作とのこと。

a0031363_154413.jpg


 すでに特別なムニュ・デギュスタシオンをお願いしてくれているようで、今夜は白トリュフの季節の最後のようで、
トリュフ好きな彼女は驚喜している。

a0031363_1553139.jpg


 まずはシャンパーニュで乾杯! 〝お久しぶりです〜〜〜!
三人でパリでこうして夕食はなんと十五年ぶりなのだ!
知り合った頃はワインのことはあまり詳しくなかったのに、今やとっても詳しくてシャッポー!
今夜は、白はシャルドネをグラスで、赤はドゥニモルテのジュヴェリシャンベルタンの一級をお願いしている。
Gevrey Chambertin 1er cru 2008 、Denis Mortet

 まずおごそかに二色のバターが運ばれた。
ボルディエのもので、黄色がドゥミ・セル、オレンジ色がピーモン・デスペレット風味。
最初のアミューズですでに、今夜の佐藤シェフのお料理に、わくわくとした予感。
そこから続いたショートポーションのムニュ・デギュスタシオンには、すべてのお料理が実にレベルが高く,
久しぶりにうなってしまいました。

a0031363_1571452.jpg

a0031363_158516.jpg (コキーユさんジャックの下には、栗と、、、)

a0031363_1593653.jpg (トリュフの下にはジャガイモと卵)

a0031363_214982.jpg (フォワグラには、オレンジのジューを!)

a0031363_225372.jpg

a0031363_233994.jpg (五種類のデザート、、、)

a0031363_22252100.jpg  (厨房とトイレは細い螺旋階段を上った上にある)


 ここ数年はパリの三つ星でも、お味が濃くなっていまいちのお店が多くて、彼女も遠のいているそうだが、このお店は今や巴里一とか!
そうなると、お客様のクラスを感じさせる方が増えるそうで、二十数隻はそんな感じのお客様で満席だった。

 雨があがった巴里の街をホテルまで送っていただいて、、、本当にありがとうございました。

(今日の歩数=2904)

~~~~~~~~~
追記;今回の滞在中にもう一度訪ねた。

http://keico.exblog.jp/14176904/
2011年12月7日 水曜日 曇り後雨 その二
今日の巴里 07 December 2011 Paris~パッサージュ53




by pretty-bacchus | 2011-12-07 23:59 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(1)