2008年 11月 27日 ( 1 )

京都からの到来の湯葉もむなしく、、、
2008年11月27日 木曜日 曇り後雨

English Here

 昨日の朝顔は色を変えてまだ開いたままに感風に揺れている。
切ないな〜〜〜〜

 少し早く帰ったら、すぐにピンポン〜〜〜
京都のYさんからの宅急便だった。
すご〜〜〜い! 好物のおゆばさんが届いた。
ありがとうございます。

 京都御所そばの「ゆば長、さんのゆばは最高に美味しい!
くみ上げ湯葉、さしみ湯葉、引き上げ湯葉など どれも絶品!!!
数日はもつので、週末までが楽しみだ。

 さて、今夜は少しゆっくりしよう、と夕食の用意と思っていたところに電話がなった。PM6:30
“今夜は、例年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーを楽しむ会ですよ〜〜
“皆さん集まってらっしゃいますか、、、、うかがえなくてごめんなさい、、”

突然Sさんの声が変わった。
“樽が届いてなのですよ、、、樽が。瓶が12本だけですよ、、、
40人の会には足りないし、第一皆さん樽からのボージョレヌーヴォーを楽しみたくて集まってるのですよ、
“そ、、、そんな、、、ばかな、、、
今夜の会は、ピゼイファン、作家、弁護士さん、元超有名人、うるさがた(失礼)、、、
“と、ともかく、、、嗚呼〜〜〜〜〜〜〜〜〜

心臓がパクパク鼓動し始めた、、、
一昨日の八重子さんの会で、一応一段落と思っていて、なんとか無事に終わったから。ほっとしていた矢先、
もうホントにどうなっているの、、、
私ってどうして、こうドラマティックいや、アップダウンの幅が大きいの〜〜〜

 スタッフはもう帰ってしまった。
空港業者さんの営業の方はつかまらない、もう6時半を過ぎたのだから、、、
携帯も出ない、、、時間はどんどん過ぎていく。
留守舞台の業務もSさんに、実情を説明、これは完全に、発想業者のミスなのだから、なんとかしてと、、
電話を切って、またかけて、と、、、、必死になれば常に救いの神は動き出してくれる。

7時に空港近くの発送業者にスペアーで預けてあった樽が出発。
途中の道が混んでないことを祈ったが、ああ無情。
樽が千代田区の会場に着いたのは8時半になってしまいました。

もう〜〜どっと疲れが出て、熱が出そう、、、、

a0031363_1424445.jpg
  (二日目なのに、今日はまだ青いままなの、、、)
a0031363_14244276.jpg
 (エンジェルのカーテンの向こうに見える借景の木の葉が落ち始めて、、)

a0031363_14252925.jpg
  (もう、この湯葉をぱくぱくといただきながら、私もピゼイをぐんぐん飲みました〜〜〜〜)

by pretty-bacchus | 2008-11-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)