2008年 11月 10日 ( 1 )

寒風に 酔眼朦朧 月も揺れ 
2008年11月10日 月曜日 晴れ

English Here

 寒い〜〜〜!
東京がこんなに寒いのだから、北海道とかシアトルはどんなに寒いことか。
パリも5度くらいというし、、、、お〜〜寒む〜〜〜!

 ここ数ヶ月の懸案事項が一段落して、あとは友人に五穀豊穣の便りを送るだけ。
一年の感謝を込めての一言と、シャトー・ドゥ・ピゼイのパスカルからのボージョレヌーヴォーの
出来具合を書いて、、、。
中に入れるこの挨拶状も昔は頑固に毛筆で毎年書いていたのだが、ここ十数年はマックでいろいろと
デザインとかを遊んでいるから、宛名書きだけでも自筆の毛筆。

 久しぶりに墨をすって心を落ち着ける。
古墨の香りがたちあがってくるこの瞬間が大好きだ。

お世話になった方へ一人一人、乱筆でも心を込めてお名前を書くときは、
その方との長い間の交友関係が走馬燈のように浮かんでくる。

小学校の時に交換したあの絵手紙は今はどこにしまってあるのかしら?
と美也子さんを思いながら、、

一緒に拾ったあの時のあの小さな小石はどこにいったかしら?と、
Dさんとの昔々の思い出、、、

ピレネーの山を見ながら、Yさんのバースデイワインを一緒に味わった1929年のボルドーのブションは
まだ小箱にしまってあるかしら?
いつまでも元気でいていただきたいとYさんがなつかしい、、、、

朝寝坊をしてしまい脱兎のごとく空港に向かった、あの朝のダンフェールロシュローの
ホテルのメモパッドはどこかにあるかしら?

喧嘩をしながら車を走らせたモンサンミッシェルからの帰り道に見ていたあの地図はどこにしまったかしら?

 ボージョレヌーヴォーに託して晩秋の便りを送るのは、私自身の人生の歴史をかいま見ているみたい、、、、
父と一緒に再演を見た映画、「舞踏会の手帖(Un carnet de bal)は、
久田総省もお好きだったとうかがったことがある。
その後お具合は大丈夫なのかしら?

 葡萄酒とその文化の魅力にとりつかれて半世紀、プレジール・ドゥ・ヴィーヴル
(生きる歓び)をもっとうに、ワインの仕事に携わって三十数年。
お世話になった皆様に、晩秋の便り&ボージョレ・ヌーヴォーをお送りしはじめて二十数年。
歳を重ねてその数は増え、ワインの輪が更なる芳醇な人の輪を醸しだし、私たちの人生を
心豊かな実りに導いてくれている。
ご縁をいただいた沢山の人々のの温かい励ましとご厚情に支えられて今日まで続けてこられた。

一年に一度のワインと共にの手紙は、私の人生の大切な記録なのだ。
山あり谷あり、まさかの坂も数回ありと、女性としては超ドラマティックな人生だと思うけれど、
もういいわ、、、、と思ったこともあるけれど、どこかで
神様がのそっ〜と囁いている。
マダマダですぞ1 と。

う〜〜ん、まだまだ苦労が続くのかしら?
セラヴィ!
でも持ち前のパワーと明るさで、もう少し頑張ろう!

 寒いほんとの真冬がやってくるませに、晩秋の杯を挙げたいものだ。
友人達ばかりでなく地球上の人々の健勝を祈って
  そして世界の平和に願いを込めて! 万物の神に感謝を捧げて!
       ア・ヴォートル・サンテ! 乾杯! 
    
a0031363_2022710.jpg
  (酔眼で月も揺れて、、)
a0031363_203078.jpg

 (まだ試写の段階、でもこのレンズは難しい)
by pretty-bacchus | 2008-11-10 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback(3) | Comments(6)