曇天の 空にひときわ 赤く咲き
 新日曜美術館はギュスターブ・モローの世界。
特に好きな画家ではないが、やはりこの一つの世界はすごい。アトリエであった館が美術館になっている。このあたりの街並みは落ち着いた巴里の街の散歩道のひとつ。

 昨夜の豪雨はようやく去り、どんよりと濁った空。蝉も鳴かず鳥もさえずらずの曇天は突然の晩秋の感。巴里の秋のよう、、、。

 下葉から黄色になりはじめたハゴロモルリコウソウの伸びた葉の先にはが5つも真っ赤な花がさいている。最後にみせる花の世界か?

 イグナチオ教会の鐘の音が遠くに聞こえて、、、、。今日は日曜日、ゆっくりとできることに感謝して、、、、。
 2004年 9月 5日 日曜日
a0031363_11581867.jpg

by pretty-bacchus | 2004-09-05 11:50 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/979675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 白き花鈴虫の音に寄りそうて      朝顔が 雨、雨、雨の 朝に咲き >>