新しき葉と 残りたる葉が 雪に揺れ 
2009年2月27日 金曜日 雪と雨

English Here

 寒い一日だった。
お昼頃から雪がひどくなった。
雪の写真を撮りにいきたいと思うだけで、行動には移らないなまけ者。

 広報誌用の写真の整理をして、今回は7点選んだ。
銀塩で撮ったものをプロラボでデジタル化して日仏学院の写真展に使ったのを6点と、
一昨年オリンパスE-300に超広角のOlympus ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmで友人のアパルトマンの三階から撮った、
朝日に輝くノートルダム寺院とセーヌ河。カメラとレンズの相性がよく、独特の青空がきれいに出ている一点にした。
(ブログにはまだアップしていないので、記事が出てからアップしましょう、、、)

 写真のキャプションと説明だけ先に出来てしまったが、本文はまだ手に着いていない。
4〜6枚はすぐにも書けるだろうが、いろいろ資料を読み直したりしていると、机の前は本の山、山、、、
この新聞社の旅の広報誌には、十年ほど前に隔月で数年書かせていただいたことがある。
題して「プレジール・ドゥ・ヴィーブル(生きる歓び)楽しいワインの旅」
少し読み返してみたら、まあよく書いたこと、、、こんなに、と驚いてしまう。
二ページぎっしりに写真は二〜三枚だったから、毎回7〜8枚の原稿だったことになる。

重いカメラを持っての撮影旅行ばかりでなく、それと一緒に原稿を書くことも、若いからこそ出来たのだろうか、、、

 机のiMacではなく、ソファーに座ってマックブックでのこの頃なので、
疲れると隣のおいた望遠でかしゃカシャッ、、、、

a0031363_22113870.jpg
(雪ってキレイだ〜〜〜と、東京の人は言う、、、
でも雪国の人は大変なのだ、、、、)

a0031363_2291460.jpg

a0031363_22174440.jpg

a0031363_22213047.jpg

雪のあとは氷雨になっているのに、鳥たちが遊んでいた。
木の芽もしっかりと分かるようになって、春の兆しが嬉しい今日この頃だ。


 そして数時間後、、、、
もう一方の借景の木に、夕方にやってきたひよどりは、何かを食べ始めた、望遠でみてみると、
なんとそれは木に残った数枚の葉の一枚のようだ、、、、カメラで追ってみた。

a0031363_2227548.jpg



a0031363_2233672.jpg  (あ、、、木に付いている最後の葉っぱを食べ始めた、、、)


a0031363_22314050.jpg   (首を動かしながら、葉をむしりとったみたいだ、、、、)


a0031363_22383062.jpg

 (あ〜〜また別の葉をつついている、、、鳥さん最後の一葉くらいは残しておいて〜〜〜、、、)

a0031363_22385434.jpg


この間、ほんの数分のこと、、、、冬にえさがなくなると、木の葉までたべてしまうのだ、、、
雀を追い払ういじわるヒヨドリの正体見たり、、、、
600ミリの横着手持ちで写真と遊んだ午後の一時、、、、
by pretty-bacchus | 2009-02-27 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/8012061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by daydreamerMS at 2009-03-01 02:05
こんばんわ♪金曜日のお昼頃はすごい雪でしたね~わたしはちょうど外出先の打ち合わせを終えたところで、「さむいぃ~」といいながらタクシーを拾っていました^^;
会員誌への記事とお写真楽しみですね~どちらの旅行会社のでしょうか? 6月下旬からのフランス旅行計画もそろそろ練らないと・・と思って情報収集中です♪
Commented by k7003 at 2009-03-01 03:59
(雪ってキレイだ〜〜〜と、東京の人は言う、、、)
一年の半分は雪の中だったニューヨーク州最北端での生活を思い出します。キレイなんてものではありませんでしたぁ。同じ意味で、田園風景に心の安らぎを感じると、都会人は言う・・・、でも、田舎の因習の中の暗い土間で青春を送ったボクには、やめてくれ~と叫びたいのです。
Commented by pretty-bacchus at 2009-03-01 10:59
daydreamerMSさん、お早うございます。
雪とか雨とかは出おっくうになってしまいますね〜〜
6月のフランス旅行にまにあうかどうか、、、この広報誌が出たらお送りいたしましょうね、、、

Commented by pretty-bacchus at 2009-03-01 11:03
k7003さん、お早うございます。隣の芝生は青いのですね〜〜〜。
<田舎の因習の中の暗い土間>そうでしたか、、、、晩年は
少し田舎と思っているのですが、難しいでしょうね、、、

Commented by salzburg-info at 2009-03-01 23:38
敬子様
 はじめまして、私達のブログへお越しいただきまして、ありがとうございました。東京は雪でしょうか? オーストリア・ザルツブルクは大雪が過ぎ、突然の15度(プラスです・笑)という気温で、春の近さを感じております。

 トニー・ザイラー氏との写真も拝見しました、オーストリアでは彼の偉業もスキー関係者以外は徐々に忘れつつありますが、私達日本人にとっては、いつまでもオーストリアを代表する人物に違いがありませんね。

ところで、敬子様は私の大叔父をご存知ではないか、ということに気づきました。
私の大叔父は長野県出身の元放送局勤務だったジャーナリスト・作家、日仏協会の会員でもあり、日仏通商条約締結150周年の時も日仏会館で講演しており、昨年はフランス人が作った群馬・富岡製糸場の歴史について講演しています。

多分お分かりになるのではないでしょうか?

私自身はフランスとあまりつながりがないものの、ブログを通して意外な接点がありそうです。

今後ともよろしくお願い致します。

sepp 
Commented by pretty-bacchus at 2009-03-03 06:00
salzburg-infoさん、ようこそおいでくださいました。
不思議な世の中になりましたね!ブログのご縁で、私たちの友人のトニー・ザイラーとお会いになったことを知って、また今こうしてseppさんの大叔父様と、日本で私がお目にかかっているとは、、、。
大叔父様は大先輩で雲の上の方でしたが、数年前に私も日仏教会の会員にいれていただき、お目にかかるようになりました。
とてもお優しく素敵な方で、時々お声をかけていただきます。
ブログに書きました先週の昼の会議では、私のお隣にいらして、いろいろお話しができました。
不思議なご縁に感謝しております。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

名前
URL
削除用パスワード


<< 旅の記憶に浸って>リオデ...      旅の記録をひもといて >>