カーテンの エンジェルの笛 木々揺らし
2008年11月30日 日曜日 晴れ

English Here

 早い〜〜〜もう11月最後の日になってしまった。
こんな風に月日がますます早く過ぎゆくと、あと何千日かな、、、って
思ってしまう。
でも、まあ、おぎゃ〜〜と生まれてから3万日くらいしか、この世にいないのが、
人間の運命で、それは誰にでも平等なのだから、、、、、

 イデさんから、今年もシクラメンをいただいた。
濃い緋色、むしろ紫にちかい緋色で、ビロードが重なったようで、なんともいわれぬ美しさだ。
窓辺において、スナップを撮って、お礼状の中にそっと忍ばせておこう。

 亀井さんからの小鮎と、ゆうこさんからの男爵いも、京都からの湯葉三枚で、
週末の夜は更けていく。

 マックのバックアップをしたり、本を読んだり、桜さんにお見せしたくて、
このエンジェルが笛を吹く手作りのコットンのカーテンを買った、
イタリアの世界遺産のアルベロベロに旅した時の写真を探したりと、、、、、

 今夜のBGMは、そんなわけで、桜さんを思って、
落合桜さんのライブのMP3で、ショパンのノックターンと、
ドビュッシー「水の精」

彼女のブログ、パリの風パリの風は、
音楽論ばかりではなく、詩のことや、お料理のことや、お花のこと、
小物のこと、
ブルゴーニュ君のこと、そしてパリのことなど、、、どれも素晴らしい!!

a0031363_19441984.jpg
  (借景の木々はすっかり黄葉して、毎日葉が少なくなって、遠くの建物が見えるようになった)


a0031363_1945366.jpg


a0031363_194658.jpg


a0031363_19454131.jpg



a0031363_19463571.jpg


by pretty-bacchus | 2008-11-30 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/7702345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by S at 2008-12-01 19:18 x
敬子様
今晩は。驚き恐縮しております・・・。音源は山のようにございますのにMP3に変換する時間がなかなか取れず、まだ数少なくてお恥ずかしいことです。

小鮎、男爵、湯葉、素敵に美味しい組み合わせのお食事ですね!
お部屋も 冬の赤い注し色で暖かそうです・・・♪
Commented by mokonotabibito at 2008-12-01 21:09
シクラメンの季節ですね。
半透明なカーテンが良いムードです。。
ショパンとドビュッシーにぴったりです。

私は最近、母を亡くしました。辛いです。
また、こちらで癒させていただきます。
Commented by おばさま@北海道・大沼公園 at 2008-12-01 23:29 x
深い色のすばらしいシクラメンですね。
これから冬枯れになるベランダを賑わしてくれることでしょう。
あっという間に北海道に移転して1年になろうとしています。
田舎であまり商品がないので、結構食材をインターネットで買っています。
そう、カメラ関係、PC関係も全部ネットです。
東京では便利すぎるところにいましたのでギャップは大きいです。
大不況の世の中、良い時に田舎に引き上げたと思っています。

風が冷たくなってきました。お体に気をつけて下さいませ。
Commented by scottts at 2008-12-02 05:21
このシクラメンの美しい赤が、背景の光を更にやさしく見せていますね。
一瞬時がまどろむような落ち着きを感じます。

Commented by pretty-bacchus at 2008-12-02 08:42
桜さん、おはようございます。
このお食事はちょっと変な取り合わせですが、皆な友人からいただいたもので、それぞれがとっても美味なのです。

Commented by pretty-bacchus at 2008-12-02 08:44
monokonotabibitoさん、おはようございます。
お母様のご逝去をお悔やみいたします。
おつらい時期にお母様のお里の紫野をおたずねになられたのですね。
モノクロの道と、晩秋の黄葉に、お心が入っていましたね。


Commented by pretty-bacchus at 2008-12-02 08:49
おばさま、いつもありがとうございます。
本当に、ひどい時代になってしまいましたね、、。
私たちの一時代にこんなことがあったのかもしれませんが、国民全員が頑張っている時代で、必死で乗り切れたのかもしれませんね、、、
今の時代を先取りしたように、故郷に帰った貴女には感服します。
その元を造ってくださったのはお母様なのですから、それは素敵なお話しですね、、、
東京が寒くなると、そちらはどんなだろうと、いつも思います。
ご自愛ください、、、、

Commented by pretty-bacchus at 2008-12-02 09:40
婆美以さん、おはようございます。
昨夜は、珍しくシンデレラタイムの前に床について、それ以降のコメントを拝見できませんでした。
遅くまで起きてらっしゃるのですね、、、。

このカーテンを、貴女様のように素敵に書いてくださった方は初めてでです。
布がお好きでらっしゃるのですね、、、嬉しいです。(私も大好きで困ってしまいますの)
そう、、手創りの良さがあふれているこのエンジェルカーテンは、横60センチ位長さは180センチ位のが二枚上の方だけついています。
エンジェルは二人いるのです!!

<作為のない糸目の乱れ…織機の前で黙々と続く作業…
アルチザンのこころ>そうなのです!
創ったおばあさんは小さい方でしたが手がとっても大きかったことを覚えています。
その時の事を少しブログに書いたことがあります。
http://keico.exblog.jp/3145686/

 YouTubeは、カメラの付いている動画機能で音を拾っているので、画像はひどいですが、付属機能にしては楽しめています。
いつか木枯らしの音も、ノートルダムのごミサの音を入れてみたいと思っています。
乞うご期待!!

Commented by pretty-bacchus at 2008-12-02 10:12
<一瞬時がまどろむような落ち着き>素敵な言葉ですね〜〜〜
そんな写真を撮りたいですね、、、
いつもありがとうございます。

名前
URL
削除用パスワード


<< エンジェルの笛の向こうに黄葉は...      新しいレンズ試写 >>