「水谷八重子のディナーショー良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」
2008年11月5日 水曜日 晴れ

English Here

 寒風に今日も朝顔が揺れていた。
茂りきった朝顔の葉は、ベランダの天井についてしまいそうで、そのてっぺんに
ゆらゆらと揺れている。

向こう側からみると、きっともっと咲いているのかもしれないが、誰も鑑賞する人はいないだろうし、
朝顔はさびしいだろうな〜〜〜。
a0031363_031156.jpg



 夕方から、グランドハイアットで、25日に行われる、「水谷八重子のディナーショー、
良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」の試食のお手伝い。
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーの樽を割ってのディナーショーだし、
なにより食いしんぼの私は、試食とかは、なぜかお声がかかるのだ。

 二百数十人のお料理を美味しく出していただくには、シェフも開催者も、メニューの選択には
気を遣わねばならない。
とっても美味に満足(詳しくは明日レポートすることにしましょう)

 京都で数キロ太ってしまったと、ジム通いをしながら、新曲の練習に余念がないという良重さん、
いや八重子さんのホームページから拝借。
八重子さんのホープページ (ここから入って彼女のブログをみると面白いですよ!)
a0031363_052826.gif
(撮影は不肖ワタクシで友情撮影!? D300に慣れていないのに、一番後ろから望遠で手持ちで撮ったのだが、
VR手ぶれ補正のレンズが見事に作動してくれましたね、、、
沢山の写真からいつのまにか誰が選んだのでしょうね〜〜)

下記は、最近の八重子さんのHP管理人のももえさんへ送られたもの、、、
〜〜〜〜〜〜

何となく、曲目、決まりました。
やはり懐かしんで下さる方が多いので、西部劇メドレーはカットしないことにしました。

去年亡くなった一度もお目に掛かったことがなかった大、大先輩「ナンシー・梅木」さんの、
アルバムに入っている曲にチャレンジ。
ナンシーさんは「ミヨシ・梅木」で大活躍。

マーロン・ブランドの映画「さよなら」に出演。
無知な(アメリカ人から見て)可愛いい日本女性を好演。
アカデミー助演女優賞で見事、オスカー像を手にしました。
その後、中国人の役で「フラワードラムソング」に主演。
ブロードウエイで主役を張った人なんですよ。

新派の私のオリジナル曲は「明治一代女、、、私はいけない女でしょうか」
「滝の白糸、、、、渡ればこその橋だから」
「鶴八鶴次郎、、、幸せってなにさ」
「遊女夕霧、、、、与之さん」

さて、、、大冒険です。近年ずーっと大好きな曲に挑戦です。
うーーーーん、、、内緒です。何処まで歌えますか、伝えられますか、、、。

北村英治さんが今回も来て下さいます。この一曲の為に、、、。
そして、、、ずっと唄ってきた歌の最後は「夢で会いましょう」
そして、お見送りをさせて頂きます。
どうか、お楽しみ頂けますように祈っております。

              八重子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2008-11-05 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/7635198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ab Workout e.. at 2014-11-13 12:07
タイトル : ab Workout equipment
「水谷八重子のディナーショー良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」 : 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく... more
Commented by scottts at 2008-11-06 03:44
ディナーショーというのは行ったことがないのでが、日本にいたらきっと見に行くと思います。
pretty-bacchusさんも影で重要な役割をはたす立役者、ご成功をお祈りします。
Commented by funnygirl at 2008-11-06 11:48 x
有り難うございました。scottsさんが日本にいらっしゃらないのが残念です。ボージョレーヌーボーの樽を前に、pretty-bacchusさんが、マイクを持って熱くワインについて語ってくださるんです。
Commented by scottts at 2008-11-06 15:34
pretty-bacchusさんのワイン講座も聴きたいです。 う~ん誠に残念。 二重の楽しみがありましたのに。
Commented by pretty-bacchus at 2008-11-07 17:13
scottsさん、ありがとうございました。
私は、黒子に徹したいのですが、昨年突然、長い時間お客様の前で、ボージョレヌーヴォーの説明やらをいたしました。
八重子御大が20のテーブルを回って、お客様とお話しする間の時間を、ワインのことをお話しした次第です。
スコットさんが日本にいらしたら是非おいでいただきたいですね〜〜〜残念です!


Commented by pretty-bacchus at 2008-11-07 17:17
funnygirlさん、試食はなかなかでした!
新しい曲も入って、昨年以上に盛会になることでしょうね、、、
今年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーは、昨年以上に香り豊かで凝縮感豊かなようですから、樽が楽しみですね〜〜〜


名前
URL
削除用パスワード


<< 木枯らしを 目で追いながら       志村ふくみ&洋子と月の会(都機の会) >>