蝉時雨 明日の命を 知り鳴くや
2008年7月24日 木曜日 晴れ 暑い

English Here

 真夜中の桜並木の下を静かに走るタクシー、、、
話す熟女二人の言葉が一瞬止まった。

“すごい蝉時雨ね、、、、
“セミシグレ、、、

“明日の命を知っているのかしら、、、
“きっと此の世の最後の歌なのね、、、、、

 人生の折り返し点をとっくに過ぎた二人は、人生のすばらしさも厳しさも実感している、、、
でも、こうして数ヶ月ぶりであって、静かに杯を重ねながら、子供の頃の父親のしつけや、
はたまた昔の恋の話に、夏の宵をすごすのはなんとも酔い、、、いや良い、、(変換の最初が酔いとはね〜、、)

 夕方遅くにKサンからお電話をいただき、出かけて良かった、、、
年下なのに、人生の経験豊かな彼女から学ぶことは沢山ある。

送っていただいて、過ぎ去る車に深く頭をさげた。
ありがとう!


(写真は数日前にバスの中から撮ったスナップ、、)

a0031363_14405533.jpg
a0031363_14431878.jpg (この日も暑く晴天で、空の青さが皇居のお濠に映ってキレイだった)
a0031363_14435031.jpg

木木の葉が輝いて柳がゆれて、、、まもなく黄昏の前、、、)
by pretty-bacchus | 2008-07-25 07:39 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/7336380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばさま@北海道・大沼公園 at 2008-07-25 09:58 x
蝉時雨・・・家の近くでは聞いていません。
今月、巣立った小雀が賑やかに鳴いています。
朝起きると、玄関先にたくさんの夏椿が落ちています。
一日花の儚さと美しさを知ります。
京都のお寺で苔の上に降り敷く夏椿(沙羅)を撮りたいものです。
鎌倉では春にピンクの美しい椿(一重咲きのちいさなものです)が苔に降り敷く模様を撮りました。

ところでバスの中からのスナップ・・・見られませんが・・・。
Commented by pretty-bacchus at 2008-07-25 14:54
おばさま、コンニチワ。
夏椿もはかないですよね〜〜〜。花の命の短さを活写したいものですね、、、
いつも応援をありがとうございます。

今日の暑いです。

名前
URL
削除用パスワード


<< 黒揚羽 緑の蜜を 吸いにきて      暑い〜〜〜! >>